« 坂の上の雲 | トップページ | ゴボウ »

坂本龍馬

 スペシャルドラマ「坂の上の雲」第1部が終了しますと、年明け1月3日から坂本龍馬の生涯を描いた大河ドラマ「龍馬伝」が始まります。

 オリコンが「日本の歴史を大きく変えた歴史上の人物は?」というアンケート調査を実施したところ、「坂本龍馬」が圧倒的な得票数で1位になっており、国民的英雄として常に根強い人気を誇っているのが坂本龍馬その人です。

 坂本龍馬を題材にした作品は、やはり司馬遼太郎の「竜馬がゆく」があまりにも有名ですが、今回は「HERO」や「海猿」、「CHANGE」、「救命病棟24時」、「ガリレオ」など民放で数々の人気ドラマを手がけた福田靖氏が脚本を担当。今回特にユニークなのは、龍馬の成長を岩崎弥太郎の視点で描くという点です。

 龍馬は亀山社中(後の海援隊)という浪士結社(日本初の株式会社)を作りますが、土佐藩から出仕して亀山社中の監査・会計係的な存在だったのが、龍馬の遠縁といわれる岩崎弥太郎です。

 岩崎弥太郎はいわずと知れた三菱財閥の創始者で、龍馬の死後、海援隊を引き継ぎ、船会社(後の日本郵船)を起こして大三菱の基礎を築き上げていきます。

 「竜馬がゆく」において、武市半平太の人物論議として作者が語った弥太郎に対する人物評は「もってうまれた気力胆力が超人的で、そのうえ文字にも明るいくせに、この男だけは、勤王でも佐幕でもないのである。主義めかしい事は一切口にしなかった。興味がないのだろう。弥太郎に主義があるとすれば、徹頭徹尾、自分主義である。信奉すべきは、天皇でも、将軍でもなく、自分であった」となります。

 そして司馬遼太郎は、「(人間に対する優しさと人間的な愛嬌の部分以外では)弥太郎は、人間として竜馬に、おどろくほど似ている」としています。

 ところで来年の大河ドラマ「龍馬伝」の主な配役は下記のようになっています。

坂本龍馬   福山雅治    西郷隆盛  高橋克美
岩崎弥太郎 香川照之    桂小五郎  谷原章介
坂本乙女   寺島しのぶ    吉田松陰  生瀬勝久
山内容堂   近藤正臣     千葉重太郎 渡辺いっけい
後藤象二郎 青木崇高    千葉佐那   貫地谷しほり
武市半平太 大森南朋     お龍      真木よう子
勝海舟    武田鉄矢     岡田以蔵  佐藤 健
近藤長治郎 大泉 洋
 

|

« 坂の上の雲 | トップページ | ゴボウ »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/490756/32287303

この記事へのトラックバック一覧です: 坂本龍馬:

« 坂の上の雲 | トップページ | ゴボウ »