« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

好きな漬物

 胃もたれ気味になっている時など、炊きたてご飯に漬物と熱いお茶さえあれば食が進みます。以前、その「好きな漬物」というランキングを目にしましたが、第1位はキムチです。

 キムチは、激辛ブームや健康食ブームを追い風にここ10年ほどで急速に日本の家庭に普及しました。日本の漬物との大きな違いは、野菜と一緒に漬け込む材料の豊富さにあります。

 トウガラシ、ニンニク、小エビに似たアミ、小魚、果物などを混ぜて乳酸発酵させ、アミや小魚にはたんぱく質、トウガラシには脂肪を燃やす効果のあるカプサイシンなどが含まれています。


 「好きな漬物」ランキングは以下のようになっていました。


 1.キムチ・・・・・白菜キムチ、大根キムチ、水キムチなどが有名

 2.たくあん漬け・・江戸時代の僧・沢庵(たくあん)宗彭が考案という説

 3.野沢菜漬け・・・長野県を代表する漬物

 4.しば漬け・・・・京都を代表する漬物の一つ

 5.らっきょう漬け・整腸作用があるそうです

 6.千枚漬け・・・・しば漬けと並ぶ京都を代表する漬物

 7.福神漬け・・・・大根、茄子、鉈豆、蓮根、胡瓜、紫蘇、白ゴマの7種
           の野菜を「七福神」に見立てのが由来

 8.高菜漬け・・・・福岡や熊本など九州を代表する漬物

 9.べったら漬け・・大根のこうじ漬け

10.わさび漬け・・・静岡を代表する漬物

| | トラックバック (0)

カラス

 江戸の頃もカラスは早朝からうるさく鳴いていたそうですが、そのカラスは熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)のお使いでもあります。

 昔は熊野三山で配布される神札に約束や契約を書いて起請文(誓紙)としましたが、嘘を起請したり反故にすると熊野の神使であるカラスが三羽死んで、約束を破った人は地獄に堕ちるとの俗信がありました。

 また、花街の女性が、年季があけたら夫婦になることを誓紙に書いて男性に渡せば、その女性はいずれその男性のところへ嫁ぐことになります。

 高杉晋作の作として知られる下記の都々逸(どどいつ)にはそんな時代背景があります。

  「三千世界のカラスを殺し 主(ぬし)と朝寝がしてみたい」


(意味)この世あの世の全てのカラスを殺して(あなたが誰かと交わした約束を反故にして)、そうすれば明け方のまどろみの静寂を破るカラスの鳴き声も消えてしまうから、何も気にせずあなたと朝まで一緒にこうしていたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電子マネー

 電子マネービューアー機能の付いた歩数計(価格は3千円程度)があり、これでSuica(スイカ)やnanaco(ナナコ)などの電子マネーの残高がいつでも確認できます。

 対応機種で「おサイフケータイ」を利用すればアプリで残高がチェックでき、専用の機器「パソリ」があれば利用履歴の確認やチャージもできますが、それほど積極的に利用しないない方にとって電子マネービューアーは非常に便利なアイテムです。

 ところで、日銀の調査によりますと、電車やバスなどの交通機関を利用する際の支払いを除いた電子マネーによる決済金額が、昨年は5兆1436億円となり、2007年の調査開始以来初めて5兆円を突破しました。

 2014年の電子マネーの決済金額は4兆0140億円(前年比28.0%増)、2015年が4兆6443億円(同15.7%増)、そして2016年が5兆1436億円(同10.8%増)と2ケタ増が続いています。

 ちなみにSuica(スイカ)、楽天Edy(エディ)、nanaco(ナナコ)、WAON(ワオン)などの電子マネーはソニーの非接触ICカード技術「FeliCa(フェリカ)」を採用していますが、昨年はアップルの「iPhone(アイフォーン)7」がFeliCaチップを搭載し、「おサイフケータイ」となったことで電子マネーの利用が拡大しました。

 クレジットカードの利用額49兆円と比べますと、電子マネーの決済金額はまだ小規模ですが、フェリカを採用する端末やサービスが増えており、裾野は拡大しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

式亭三馬

 式亭三馬(しきていさんば、安永五年(1776)~文政五年(1822))。江戸時代後期の地本作家で薬屋、浮世絵師。滑稽本『浮世風呂』『浮世床』などで知られ、名は菊地泰輔、字は久徳。通称は西宮太助。戯号は四季山人・本町庵・遊戯堂・洒落斎(しゃらくさい)など。

 浅草田原町(現・東京都台東区雷門一丁目)の家主で版木師、菊地茂兵衛の長男に生まれ、晴雲堂と号する父は、後に三馬の作品の版木を彫りました。祖先は八丈島の神官だったと言う事です。幼少の頃から読書が好きで、天明四年(1784)八歳から、寛政四年(1792)十六歳まで、本石町(現・中央区日本橋本石町)の地本問屋翫月堂掘野屋仁兵衛方に住み込み、出版界の事情を知ります。父が版木師で奉公先が地本問屋(版元)ですので、自然と戯作者へと歩み、寛政六年十八歳のとき、黄表紙『天道浮世出星操』を、親友の春松軒西宮新六から初出版し、平賀源内・芝全交・山東京伝を慕ったと言います。

 寛政九年(1797)頃、本屋の蘭香堂万屋太治右衛門の婿養子となり、作家と出版屋を兼業。寛政十一年に出した『侠太平記向鉢巻』を読んだ火消人足らが、その内容に意義をとなえ、大騒ぎとなったため、処罰され、翌年は新刊を出せませんでしたが、戯作者としての名は広まります。婿養子に入った妻が亡くなったため、文化三年(1806)万屋を去り、古本屋を開くと、戯作に励みました。

 その後、故掘野屋仁兵衛の娘を後妻に迎え、文化六年、前号、今号の落語の元となる『浮世風呂』を刊行し、これが売れに売れまくります。文化九年には、一子虎之助(後の式亭小三馬)が生まれると、古本屋をやめ、文化七年(34歳)から売薬の販売製造を始めます。著書で薬を宣伝し、薬の客が読者にもなる相乗効果で、暮らしも豊かになって行きます。

 著作には古典の翻案や既存作品の模倣・剽窃が混ざると言う批判もありますが、多作で、黄表紙から書き始め、洒落本・合巻・滑稽本・読本と、いろいろな形式の地本を書き、主題も郭咄・仇討ち・武勇伝・歌舞伎もの・狂歌と広範囲ですが、中でも江戸庶民の日常を描いた『浮世風呂』『浮世床』などの滑稽本類が評価されております。短気ながら親分肌の人柄で、門弟には、為永春水・楽亭馬笑・古今亭三鳥・益亭三友らがおります。

 作品は
『天道浮世出星操』寛政六年(1794)(黄表紙)
『人間一心覗替操』寛政六年(黄表紙)
『辰巳婦言』寛政十年(1798)(洒落本)
『侠太平記向鉢巻』寛政十一年(1799)(黄表紙)
『稗史億説年代記』享和二年(1802)(黄表紙)
『麻疹戯言』享和三年(1803)(滑稽本)
『送麻疹神表』享和三年(滑稽本)
『戯場訓蒙図彙 巻一~八』享和三年(歌舞伎の解説書)
『狂言綺語』文化元年(1804)(滑稽本)
『船頭深話』文化三年(1806)(洒落本)

『酩酊気質』文化三年(滑稽本)
『戯場粋言幕の外』文化三年(滑稽本)
『小野篁嘘字尽』文化三年(滑稽本)
『敵討宿六始』文化五年(1808)(合巻)
『吃又平名画助刃』文化五年(合巻)
『難有孝行娘』文化五年(合巻)
『玉藻前三国伝記』文化五年(合巻)
『鬼児島名誉仇討』文化五年(合巻)
『浮世風呂 初編』文化六年(1809)(滑稽本)
『冠辞筑紫不知火』文化七年(1810)(合巻)

『腕雕一心命』文化七年(合巻)
『大尽舞花街濫觴』文化七年(読本)
『浮世風呂 第二編』文化七年(滑稽本)
『早替胸からくり』文化七年(滑稽本)
『当世七癖上戸』文化七年(滑稽本)
『腹之内戯作種本』文化八年(1811)
『狂言田舎操』文化八年(滑稽本)
『浮世風呂 第三編』文化八年(滑稽本)
『三芝居客者評判記』文化八年(滑稽本)
『忠臣蔵偏癡気論』文化九年(1812)(滑稽本)

『四十八癖 初編』文化九年(滑稽本)
『一盃綺言』文化九年(滑稽本)
『浮世風呂 第三編』文化十年(1813)(滑稽本)
『田舎芝居忠臣蔵 初編』文化十年(滑稽本)
『浮世風呂 四編』文化十年(滑稽本)
『浮世床 初編』文化十年(滑稽本)
『四十八癖 第二編』文化十年(滑稽本)
『日高川清姫物語』文化十年(合巻)
『浮世床 第二編』文化十一年(1814)(滑稽本)
『古今百馬鹿』文化十一年(滑稽本)

『人心覗からくり』文化十一年(滑稽本)
『素人狂言紋切形』文化十一年(滑稽本)
『田舎芝居忠臣蔵 後編』文化十一年(滑稽本)
『女房気質異赤縄』文化十二年(1815)(合巻)
『艶容歌妓結』文化十四年(1817)(合巻)
『契情畸人伝』文化十四年(合巻)
『四十八癖 第三編』文化十四年(滑稽本)
『大千世界楽屋探』文化十四年(滑稽本)
『大全一筆啓上』文化十四年(文例集)
『四十八癖 第四編』文政元年(1818)(滑稽本)
 と多彩。

 没後に刊行された作品としては、
『坂東太郎強盗譚 初編』文政七年(1824)(合巻)
『坂東太郎強盗譚 中編』文政八年(1825)(合巻)
『雲竜九郎倫盗伝 一、第二編』文政十年(1827)(合巻)
『潮来婦志』天保元年(1830)(洒落本)
 があります。

 戯作の執筆をする傍ら、浮世絵師でもある三馬は、自ら肉筆浮世絵も描いています。代表作として、立てた三味線を持つ大島田の芸妓が、片膝を立てて振向いている様子を描き、自画賛を入れてた「三味線を持つ芸妓図(紙本淡彩・熊本県立美術館所蔵)」が挙げられます。

 暮らしが豊かになった頃から、酒に親しみ、前からの病弱が募り、四十六歳と言う若さで文政五年(1822)に没。法名、歓誉喜楽奏天信士。深川の雲光院寺中の長源寺(現・江東区三好二丁目)に葬られますが、大正十五年(1926)に起こった関東大震災後の時、墓は東京都目黒区碑文谷一丁目の正泉寺に改葬され、現存しているそうです。

| | トラックバック (0)

ブルーマンデー

 一般的に、気分が乗らず、憂うつな気分で迎える人も多いことから、休み明けの月曜日は「ブルーマンデー」とも呼ばれます。

 海外では月曜日は脳卒中や心筋梗塞などの心血管系疾患の発生が多いことが知られており、日本でも同様の調査結果があります。

 ゆったり過ごした週末から、仕事などで緊張する平日に変わることからくるストレスが影響するものと考えられています。実際、自殺が最も多い曜日は男女ともに月曜日ということが厚労省の統計でも明らかになっています。

 このようないわゆる「月曜日病(ブルーマンデー症候群)」は、休日の朝寝坊にも関係があるようです。休日に遅い時間に起きることで体内時計に狂いが生じ、軽い時差ボケ状態で月曜日を迎えてしまうことが月曜日病の一因と言われています。

 ある調査では、休日の「寝だめ(朝寝坊)」は平日の不眠を招き、結果的に抑うつ(うつ状態)を招く要因となることが明らかになっています。つまり休日の「寝だめ」は逆効果で、身体的にも精神的にも悪循環に陥る可能性が高いのだそうです。

 ところで、平成以降の国内の自殺者の数は2003年の3万4427人がピークで、2010年以降は減少傾向が続き、昨年は2万1898人まで減少しています。

 減少傾向にあるとは言え、自殺者全体に占める中高年男性の割合は高く、自殺は三大死因(がん、心疾患、脳血管疾患)に匹敵する問題となっています。

 先に月曜日に自殺が増えると申しましたが、月別では3月が最も多いことから、政府は3月を「自殺対策強化月間」と定め、自殺対策を集中的に展開しています。

 ちなみに、自殺する人のおよそ75パーセントが精神疾患を抱え、そのうち半数がうつ病だと言われます。うつの症状の中で最も自覚しやすいものは「不眠」です。つまり、不眠の早期発見・自覚が、うつ病の早期発見・早期治療、ひいては自殺予防につながります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくら(2)

 本日は彼岸明けです。


      「思い出す、様々のことさくらかな」 芭蕉


 一昨日(火)に全国トップで東京の桜の開花宣言が出されましたが、開花から7日~10日程度で満開となり、いよいよ桜の季節が始まりました。


 街中で咲く桜にふと見入ってしまいますが、この時期、「満開の桜並木に新入生の晴れ姿」という光景がふと瞼を閉じると想い浮かびます。やはり、日本人の文化と心に宿す花といえば桜かもしれません。


 「春のうららの・・・」で始まるメロディーを聞きますと、誰しも幼き日の思い出が蘇り、日頃の邪心は束の間消え失せるのではないでしょうか。


 この季節は、別れと出会いの人生の岐路に立ち、多くの涙を流し、多くの出会いに感動します。いにしえより貴賎貧富の差はなく、等しく公平に美の喜びを与え続け、それぞれの思い出と重なり合うという人も多いかと思います。


 また、桜に感じる魅力を「一斉に咲き、一斉に散るところにある」と言う人もいます。「同期の桜」の連帯感とハラハラと散る切なさ、一晩の嵐に散る「散り際の良さ」が日本人の心情にたまらないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくら

 昨日は気象庁が観測しているソメイヨシノの標本木が開花しました。近所のソメイヨシノはまだですが、いわゆる「寒桜」は薄ピンクの花を咲かせています。

 ちなみに、日本に存在する桜の品種は600を超えるそうです。

 10月頃に咲くのは、1年に二度咲く四季桜。沖縄などで1月から鮮やかな濃いピンク色の花を咲かせるのは緋寒桜(ひかんざくら)で、寒緋桜(かんひざくら)とも呼ばれます。

 「早咲きの桜が満開」と毎年話題になるのが2月中旬頃から咲き出す河津桜で、同じ仲間の寒桜よりも濃い花色です。

 3月の彼岸の頃に咲き始めるのが彼岸桜。枝垂桜(しだれざくら)や大島桜の花も開き始めます。ちなみに大島桜は白花で、おおぶりの葉は塩漬けにして桜餅に用いられます。

 そしてソメイヨシノの季節となります。ソメイヨシノは1本の木から人口交配によって増やされたクローンで、同じDNAを持つため一斉に咲き出します。

 気象条件や地域差などによって違いがあるかもしれませんが、関東地方ではおおむね上記のような順番で花が開きます。

 4月に入りますと八重桜が鈴なりの花を咲かせ、桜の季節も終わりを迎えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

采根譚

 そろそろ、サクラの開花宣言が出る頃となりました。今年の桜は西の方では平年よりやや遅め、関東・東北は平年並み、北海道はやや早めとなりそうです。

 一番早い開花予想は福岡で3月22日頃。大阪は3月29日、名古屋が3月27日、東京は3月23日、仙台は4月9日、札幌は5月4日頃となっています。


 この時期になりますと、中国古典にある

   「花は半開を看る」(はなは、はんかいをみる)・・・采根譚

を思い出します。


 満開に咲き乱れている花は確かにきれいですが、すぐに見飽きてしまいます。それよりも五分咲きぐらいの方に、かえって風情があるようです。満ちたりた状態というのは、だれでも願うところです。しかし、それが果たして幸せなことなのかどうか、よくわかりません。


 まわりから見て、なんの不自由も心配もなさそうな人がいます。しかし、そんな人に限って意外に深刻な悩みをかかえていたりします。それに、満ち足りた状態というのはおおむね長続きしません。いや、そこまで登りつめたら、満開の花がすぐ散っていくように、転落する日も近いと覚悟すべきです。だからいよいよ悩みも尽きないということになるかもしれません。


 それを考えますと、満開、絶頂はあまり誉められた状態ではないかもしれません。むしろそこまで登りつめないで、ほどほどのあたりが理想ということになります。「花は半開を看る」、この時期、改めてこの言葉を噛み締めてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浮世風呂

 今回は、「浮世風呂(式亭三馬が書いた本の方)」の、導入部だけですが、ちょっとご紹介します。

前編 巻之上 浮世風呂大意 熟(つらつら)監(かんがみ)るに、銭湯ほど捷径(ちかみち)の教諭をしへなるはなし。其故(そのゆゑ)如何となれば、賢愚邪正貧福貴賤、湯を浴(あ)びんとて裸形(はだか)になるは、天地自然の道理、釈迦も孔子も於三(おさん)も権助も、産(うまれ)たまゝの容(すがた)にて、惜い欲(ほし)いも西の海、さらりと無欲の形なり。

 欲垢と梵悩と洗清(あらひきよめ)て浄湯(をかゆ)を浴あびれば、旦那さまも折助も、孰(どれ)が孰(どれ)やら一般をなじ裸体(はだかみ)。是(これ)乃(すなは)ち生れた時の産湯から死(し)んだ時の葬潅(ゆくわん)にて、暮(ゆふべ)に紅顔の酔客(なまゑひ)も、朝湯に醒的(しらふ)となるが如く、生死一重が嗚呼まゝならぬ哉。

 されば仏嫌(ほとけぎら)ひの老人も風呂へ入れば吾(われ)しらず念仏をまうし、色好(いろごのみ)の壮夫(わかいもの)も裸になれば前をおさへて己から恥を知り、猛き武士(ものゝふ)の頸(あたま)から湯をかけられても、人込じやと堪忍をまもり、目に見えぬ鬼神(おにかみ)を隻腕(かたうで)に雕(ゑ)りたる侠客(ちうつはら)も、御免なさいと石榴口(ざくろぐち)に屈(かゞむ)むは銭湯の徳ならずや。心ある人に私(わたくし)あれども、心なき湯に私なし。譬へば、人密(ひそか)に湯の中にて撒屁(おなら)をすれば、湯はぶくぶくと鳴なりて、忽ち泡を浮うかみ出いだす。嘗聞(かつてきく)、薮の中の矢二郎はしらず、湯の中の人として、湯のおもはくをも恥(はぢ)ざらめや。惣(すべて)銭湯に五常の道あり。湯を以て身を温め、垢を落し、病を治し、草臥(くたびれ)を休むるたぐひ則(すなはち)仁なり。

前編 巻之上 朝湯の光景 四十余の男、六ツばかりの男の子の手をひき、猿まはしのやうにせなかへ負(おひ)しは、三ツばかりの女の子。竹でこしらえたる持あそびの手桶と、やきものゝかめの子をもたせて、なまのろいくちびやうし

 よいよいよいよ、アそりやそりや来たぞ。おぶうはどこだ。兄さんヤ、ころびなさんなよ。能く下を見ておあるきよ。アよいよいよいよ。アおぶうはこゝだ。そりやそりやばゝつちいだばゝつちいだ。飛だりとんだり。ヲヽきたなやきたなや。コレ、兄さんはの、わわんのばゝつちいを踏うとしたよ。坊はおとつさんにおんぶだから能いゝのせなかのいもと「坊おんぶ「ヲヽ、ヲヽ、坊はちやんにおんぶ、兄さんはあんよ。サア下しな。コリヤコリヤ待まつたり待たり。ころぶよころぶよ。サア兄さんひとりで衣(べゝ)を脱ぬぎな。坊の衣(べゝ)はちやんが脱せる。ソリヤ、手を抜たり兄「おいらはモウ衣(べゝ)を脱だよ。跡の跡の千次郎、おめへはおそい、おめへはおそいとトちいさい子のあごの下をこそぐる

「コリヤコリヤじやうけるなじやうけるなそばの人「ヲヤ、兄さんのには、似指(おちんこ)があるが、鶴(つう)はんのはねへの「アイ、鶴(つう)は落しました。へヽヽヽヽヽ。福助さん、扠(さて)此日和は能く続く事でござりますね福助「さやうさ、是ぢやア豊年でござります
金「さやうさ、サア、這入ませう。コレコレ兄さん、すべりなさんな。鶴(つう)さんはお持遊(もちや)を落すまいぞ。アよいとこさ。福助さん、モウ是ぢやア納おさまらねへ。子(がき)が出来ちやアみじめだゼ源「能いゝおたのしみだア金「能いゝ苦(くるし)みさ。いくぢやアねへ。ソリヤ、あたまあたま。ハイ、子供でございござい

トざくろ口へ入り、二人の子をしめしながら 兄さんは手のとゞく所をしめしな。ソリヤ、だぶだぶだぶだぶ。アヽ、能(いゝ)いぞ能いぞ。温(あつた)で能いゝぞ
徳蔵「是は金兵衛さん、子供衆には、チトしつぱり物でござりませう
金「ハイ、徳蔵さん、きのふは何所へお出なすつた。大分御機嫌だつけネ
徳「ハイ、王子へ行ました
金「ハヽア、海老屋か扇屋かネ
徳「夫(そん)ばかりですめば能いゝのに、田圃通(たんぼどほり)を抜ました
金「例の今口巴屋かネ。ハヽヽヽヽ。どうも打留はさう来るて。ハヽヽヽヽヽ
徳「チトうめて上あげやう。子供といふ者は熱い湯で懲(こり)させると湯嫌ひになるものさトントントントント、はめをたゝく トン ト返詞 湯をかきまはす時は、逆櫓(さかろ)の浄瑠璃を語る人が能(いい)。

サアサア皆さまはねます。ヤツシツシ、ヤシツシ トかきまはす
金「ハイハイ是はありがたうござります。サア這入ましよ。兄さん、早く這入な
兄「おとつさ゜ん、まだ熱いものを
金「ナニあつい事があるものか。おぢさんが折角うめてお呉だは。鶴(つう)は強いから、コリヤ、コリヤ、這入ました「鉄炮の方までぬるくなった。モウよし。トントン
金「鶴(つう)は強いぞ強いぞ
兄「おとつさ゜ん、おいらも強いよ。コレ見な。這入(へい)つたよ
金「ヲヽつよいつよい。手桶でだぶだぶを汲で、ソレざア引、面白ぞ面白ぞ。ヲヤ、ヲヤ、亀の子がおよぐよ。ヲヤ、そりや、ぶくぶくぶくぶく。アヽ能いゝぞ能いゝぞ。兄さん、能沈(よくしづん)で温あつたまんな

兄「アイ、よく沈むと金魚や緋鯉が出るのう
金「ヲヽ、出るとも出るとも。啼(な)くと水虎(かつぱ)が出ます。ヲヽ、こわい事。いやいや、水虎(かつぱ)出るな、鶴(つう)は利根者(りこうもの)だから啼(な)きませぬ。のう、なかねへのう
兄「おいらも弱虫じやアねへよ
金「ヲヽ、ヲヽ、兄さんも強い。ソリヤ、耳の脇にばゝツちいの溜らぬやうに、アよいと、目(めへ)ねぶつてな。ソコデ鼻の下のお掃除をして虫ちいちいの食付(くつつ)かねへやうに、ヤレ、能子(いゝこ)になつたぞ。アレ、他所よそのおぢさんがお誉(ほめ)だよ。ソリヤ、お舌をべろり。ヤレ、
能子(いゝこ)になつたぞ。ホイホイお咳が出る。ヲ、ヲ、悪いおとつさ゜んだの。あんまりお舌を洗つたから、腹(ぽんぽん)の方は灸(あつゝ)があるからよしませう。灸(あつゝ)ウ誰すえた
妹「おつかア
金「ホヽツ、おつかアか。にくい母めだの。うなうなをしてやらう。可愛坊に灸(あつゝ)ウすえて
妹「おつかア、うのウ
金「ヲヽヲヽ、母アうなうなしてやらうぞ

兄「おとつさ゜ん、モウ出よう
金「まだまだ、モツト温(あつた)まつて
兄「それでもせつねへものを
金「ナニ、おとなしくねへ。鶴(つう)は是ほどおとなしいものを。サアサ
ア、兄さんも鶴(つう)も哥をうたひな
兄「おウ月さまいイくウつウ十三なゝつ
金「そりや
兄「まだ年わアけへなあ
金「あの子をうんで
兄「この子をうんで
金「サアサア、鶴(つう)もうたひな
妹「おまんだかちよ
金「ヲヽヲヽ、おまんにだかしよ。夫(それ)から「サア夫(それ)から

妹「太鼓あつて
金「ナニナニまだサ。お万どうけつた
兄「油買に茶ア買に
金「アリヤ、兄さん上手だよ
兄「油屋の椽(えん)で
妹「氷張(こい)あつて
金「ヲヽ、氷が張つて
兄「すべつてこヲろんでヱ
金「あアぶら一升こウぼしたア
金「サア、鶴(つう)もいひな。その油どうちたト。サアいひな「次郎どん
の犬と
兄「わアいわアい、おとつさん違つたア。太郎どんだものを
金「みんな嘗なめて
妹「ちイまつた
金「おとつさんは忘れますのうハヽヽヽヽヽ

兄「其犬どうした
金「サアサア、そこだそこだ
妹「たいこ張て
兄「あつちら向ちやアドドドン
金「こつちらもドドドン
兄「さうじやアねへ。こつちら向ちやアどゝどん
金「ホイさうか。アどんどんどんよ。サア、あがりましよ。ハイ、出ますも
の、子ども子ども。おつかアが待てゐるだらうぞ。お芋か、餅か、何でも能
子(いゝこ)になつた御褒美に待々(まちまち)して居るだらう。ヤレ、能
子(いゝこ)になつたぞ。アリヤアリヤ、初がお浴衣を持て、お迎ひに来たぞ
妹「はちゆべゞ
金「ヲヽヲヽ「サア、初や、あげるぞよ。ヤレ、能子(いゝこ)になつたぞ

 こんな感じの本です。江戸の銭湯の様子がありありと、目に浮かびますネ。

| | トラックバック (0)

檀 家

 江戸期は、すべての国民が、何れかの寺院に「檀家」として登録する事を義務付けられました。お寺の和尚さんと言えば、温厚である様な印象を受けますが、安土桃山時代までは、お寺の僧侶は坊主でありながら、戦闘員でもありました。武蔵坊弁慶を思い出してください、武蔵坊弁慶はお坊さんですよね。けれども、かなりの戦闘能力を持った戦士でもありますよね。そして、自分達のオリジナルの自治を築き、中央政権樹立を目指す戦国武将にとっては、侮れない存在でした。

 織田信長が、徹底的に逆らう比叡山の一向門徒千六百余人(一説によると三千人)を根絶やしにし、石山本願寺の真宗門徒一揆勢を徹底的に叩いたのはご存知の通りです。そして、信長亡き後、豊臣秀吉が刀狩を行い、武士以外の者が武器を持つ事を禁じます。そして、徳川家康公が天下人となります。家康公も過去に一向宗(浄土真宗)に手を焼いた経験を持っていました。その家康公が取った政策が、その危険な仏教勢力を自分の配下に置いてしまうと言う奇策です。

 日本国民はすべていずれかの寺社の檀家として登録を義務付けたのです。おりからのキリシタン禁令を強化するため、自社の檀家になる事でキリシタンではない事を証明させ、檀家が増えて寺社が裕福になると言う政策です。日本国民の戸籍管理を寺社に行わせる事により、寺社は幕府の末端組織となり、幕府には逆らいにくくなります。ましてや幕府のおかげで檀家が増えて、寺社が裕福になれば、その現状に満足してしまい、幕府に反旗を翻す事もなかろうと。まさに狸オヤジらしい家康公の政策ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彼 岸

 白くて大ぶりで清楚な花を咲かせる白木蓮(ハクモクレン)。その花は、ソメイヨシノよりも少しだけ早く開花します。通りや公園などでは白木蓮の白い花が満開の時期を迎えています。


 話は変わりますが、昔の書物にこんな話があります。

 一人の旅人が東から西へ向かって歩いていると、突然前方に業火渦巻く火の河と激しい流れの水の河があらわれ、後ろへ戻ろうとすると盗賊や獣が襲いかかってきました。旅人は窮地に陥りますが、西へ延びる白い細い道を見つけます。

 河に呑み込まれずに白道(びゃくどう)を渡りきれるかどうか分からず立ちすくむ旅人に、「心を決めてその道を渡りなさい。信じなさい。河を恐れることはない」と声がします。

 その声に勇気付けられ旅人は西に進みますが、今度は背後から「引き返しなさい。その道の先には何もない」との声がします。しかし旅人はその声に耳を貸さず白道を渡りきりやがて西岸に辿り着きます。

 この話で東は現世(此岸)、つまり今いるところ。西にあるのが極楽浄土(彼岸)で旅人の目的地。怒りや憎しみで燃えたぎる火の河、何もかも流しつくす欲望の心をあらわす水の河、そして背後の声は煩悩です。

 怒りや憎しみの業火に焼かれることなく、欲望に流されず、我愛、我見、疑い、迷い、慢心といった煩悩を振り切って進んだ先に目的地があるということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落とし物

 東京都の昨年の現金の落とし物(正確には警察に届けられた現金の落とし物)は36億7千万円となり、過去最高となったとのこと。これまでの最高は1990年の35億円で、リーマンショック直後の2009年には25億円まで落ち込んだとのこと。むぅ。景気が良くなって来た影響ではないかとの記事を読んだのですが、果たしてどうなのでしょう?

 そもそも全世界的にキャッシュレス化が進んでいる中で、30年近く前の、しかもバブル期を超える現金が拾われたと云うのが、どうもしっくり来ません。もしかすると拾われた現金はバブル期の方がずっと多くて、しかしお金に対する欲望がその頃の方が強いので、警察に届けられた比率が今の方がずっと高いのかも知れません。そのように裏スジを読むと、景気回復とは随分色合いの違う風景が見えてきます。市中通貨流通量も随分増えてますしね。データの解釈は、中々難しいものです。

 因みに36億円のうち27億円は落とし主に返還された、5億円は落とし主が現れず拾った人に渡され、そのうち4億円は権利の放棄などで東京都の収入になったとのこと。いい国ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

犬も歩けば棒に当たる

 「急いては事を仕損じる」と申しますが、一方で「善は急げ」と言い、「渡る世間に鬼はなし」と思いきや「人を見たら泥棒と思え」と言ったりします。

 このように反対の意味を持つことわざがあるのは珍しくありませんが、一つのことわざが二つの正反対の意味を持つという例もあります。

 たとえば、いろは歌留多の一番に登場する「犬も歩けば棒に当たる」です。

 この札には棒で打たれて逃げ廻っている犬の絵柄が描かれていますように、用もないのにうろうろ出歩いていると災難に遭うという教訓を伝えていますが、一方でこの言葉は積極的に出歩いていると思いがけない幸運に出会うことがあるという意味でも使われます。この札が登場した江戸時代の半ば頃から、両方の意味が存在したそうです。

 他に、二つの意味を持つものとしては「斧を研いで針にする」(努力すれば成功する、ムダな骨折り)などもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナショナリズム

 オーストラリア政府は、外国人が違法に購入した不動産の強制売却を始めたとのこと。これは約1年前に、外国人は中古の不動産を購入してはいけないという法律を作ったのですが、その実行を始めたとのことで、罰金のみならず最長3年の懲役刑もあるようです。主に中国人による不動産の投資目的などの購入が、シドニーやメルボルンの不動産価格を押し上げており、自国民の生活コストが上がっていることに対応するもののようですが、その目的は合理的に思われますが、実際に法の実行をしたということには、ちょっと驚かされます。

 トランプに関する残り「半分の声」が海を越えては聞こえてこないとのことですが、その後、そのグローバル企業の役員未満の幹部や、他の国のいくつかの企業のトップや明白な言葉を使って話すのは避けつつも、トランプは「あり」だよね、という雰囲気でした。残り半分の声が聞こえた訳ですが、上記のオーストラリアの話も合わせて考えると、いわゆるナショナリズムが、事実として上昇して来ていることを感じます。

 日本はほぼ常に、事実上の鎖国のような状態が続いてきているので、トランプが煽るようなナショナリズムはあまり国内に感じませんが、世界はちょっと変わって来ているのかも知れません。一方でそんな方向に向かっているかも知れないからこそ、本当の意味で国境を越えたビジネスが重要になって来るかも知れません。

 今年は色々と動きの大きい年です。常に世界に注意を払っていかねばならないですね。

| | トラックバック (0)

サヨリ

 一昨年(2015年)3月14日に開業してから2年が経つ北陸新幹線。その開業で賑わいを見せる石川県ですが、石川県の春の県魚に指定されているのが、冬から春にかけて水揚げされる「サヨリ」です。その姿形から漢字では「針魚」、「細魚」と書きます。


 「花見魚」の別名でも呼ばれ、京都府でも春の府魚に指定されるなど春を告げる魚とされています。


 昔から多くの詩人の歌などにも詠まれ、

  ・橋影に 失せてはのぼる サヨリかな   吾 亦紅

  ・汁椀に 沈むさよりの 結び文      山本 櫓村

  ・サヨリはうすい サヨリはほそい

   銀の魚 サヨリきらりと光れ サヨリお姉様に似ている  北原 白秋

等々があります。


 脂の乗り具合はほどほどで、姿形と同様に味は上品。刺し身が最も一般的ですが、てんぷらやお吸い物、一夜干しにしても美味。寿司店では、通好みのネタとして扱われています。鮮度が落ちやすく、腹部から痛んでくるため、スーパーなどで選ぶ際には、腹部が銀白色のものを選ぶとよいです。


 ちなみに、お腹の部分を開けると中が真っ黒なため、腹黒い人のことを「サヨリのような人」 と言う場合があるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉野梅郷

 都下で梅の名所といえば青梅市の「吉野梅郷」(よしのばいごう)でしたが、名所と呼ばれた頃の景観は今はありません。

 平将門が地面に突きさした梅の枝が根づいてよく伸び、その梅の実は秋になっても青々として落ちなかったとの伝説が市名の由来になっており、同地は古くから梅の栽培が盛んな「梅の里」として知られていました。

 ところが、09年に青梅市の吉野梅郷で「ウメ輪紋ウイルス」(プラムポックスウイルス)の国内初感染が確認されたため、青梅市全域が「防除区域」に指定され、市内全域の梅の木約3万6千本が伐採されることになりました。

 青梅市では数年かけて皆伐を完了しましたが、防除区域の指定解除には「3年間感染した植物がゼロ」という条件があり、再植樹が認められたのはまだ市内の一部地域に過ぎません。

 昨年11月には、復活への第一歩として吉野梅郷の中にある「梅の公園」で小学生らによって6本の梅の苗木の植樹が行われ、今月初旬にはその梅が開花したそうです。

 青梅市では今年度中に園内に600本、JA西東京が地域の農家に約2千本、さらに20年度までに公園に1200本、農家に3500本を再植樹し、「梅の里」の復活を目指す計画です。

 かつての梅のにぎわいを取り戻すにはまだかなりの時間がかかりますが、来月にはパレードやおはやし、大道芸などの市民まつりと合わせて、「吉野梅郷梅まつり」が3年ぶりに復活するそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六 曜

 本日は「赤口」。冠婚葬祭などの日取りを決めるときに、「大安なので、この日に結婚式を・・・」とか、葬儀の日を決めるのに「友引なので、葬式を繰り上げよう・・・」といった話をよく聞きます。


 ここで使われている「大安」「友引」、そして「赤口」などは、古代中国の「六曜」(ろくよう)という暦の考え方にもとづいており、三国志で有名な諸葛孔明が戦いの際に、吉凶の日を知るのに利用したことに端を発しているそうです。


 この六曜が日本に伝わったのは江戸時代半ばで、現在使われている六曜のそれぞれの日には、次のような意味があります。


・先勝(せんしょう、せんがち)・・・午前が良く、午後は悪い

・友引(ともびき)      ・・・正午のみが凶

・先負(さきまけ、せんぶ)  ・・・午前が悪くて、午後が良い

・仏滅            ・・・1日じゅう最凶の日

・大安            ・・・1日じゅう良い日。大安吉日という。

・赤口(しゃっこう、しゃっく)・・・昼だけが吉。朝・夕は凶で災いに出合
                  いやすい


 本来は中国で、戦や争いごとの吉凶の日を占うものでしたが、次第に日本では日常生活全般に用いられるようになりました。


 なかでも「友引」は、その文字の連想から「友を引く」との意味に取られるようになり、葬儀などの弔事が避けられるようになったそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

テキサス新幹線

 トランプ米大統領は航空会社幹部と会談し、米国の空港や管制システムは時代遅れだとし、航空インフラの整備を行って航空会社を支援する考えを表明。そのために今後数週間以内に大規模な法人減税を打ち出すことも明言しました。

 トランプ大統領が、運輸システムの刷新の必要性に言及した文脈の中で「中国と日本には高速鉄道が至る所にあるが我が国に一つもない」と発言したようです。

 北米には鉄道公社のアムトラックが運行する高速列車はありますが、フランスのTGVや日本の新幹線のように、専用の列車が時速200キロ以上のスピードで専用軌道を走る高速鉄道はまだありません。

 いくつかの構想や計画はありますが、その中でも早い2022年の開業を目指して計画が進んでいるのが、テキサス州のヒューストンとダラス間(約400キロ)を結ぶ「テキサス・セントラル・レイルウェイ」、いわゆる「テキサス新幹線」です。

 テキサス新幹線は、JR東海が技術支援し、日本の「N700系」をベースにした日本方式の新幹線を前提に計画が進んでおり、総事業費は約1兆3千億円、ヒューストン─ダラス間を約90分で結ぶ北米大陸初の高速鉄道となる見込みです。

 現在は用地買収の途上で着工もまだですが、インフラ投資を公約に掲げたトランプ氏が当選後にまとめた優先リストにこの「テキサス新幹線」も盛り込まれており、大統領の号令の下、一気に話が進む可能性があります。
 
 カリフォルニア州でもサンフランシスコとロサンゼルス間を2時間半で結ぶ高速鉄道の計画があります。総事業費が7兆円を超えるかもしれない巨大プロジェクトで、こちらはJR東日本が受注を目指しています。

 米国では以前、「ニューディール政策」と言って、大規模な公共事業などで景気浮揚を図ったことがありますが、今回の高速鉄道の整備を含めた大規模なインフラ投資はトランプ版ニューディール政策と言え、日本勢にとっても追い風となりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WBC

 2020年の東京オリンピックでは男子野球・女子ソフトボールが正式競技に復帰しますが、08年の北京オリンピックを最後に野球がオリンピックの正式種目から外されました。

 その理由にはいくつかあり、野球に熱心な国・地域はアメリカやカリブ海諸国、日本や韓国、台湾など東アジアの地域に限られること、オリンピックの開催時期はメジャーリーグのペナントレースの山場と重なるため、実力も人気もあるメジャーリーガーの出場が期待できないことなどがあげられます。

 オリンピックと野球の冷ややかな関係が続く中、アメリカ大リーグ機構(MLB)とアメリカ大リーグ選手会の主導で野球マーケットの拡大を目指して始まったのが「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」です。

 世界野球ソフトボール連盟(WBSC)公認の「野球の世界一決定戦」という位置づけではありますが、長いシーズンを戦う下地を作るこの時期の召集を辞退する選手も多く、選手の怪我が懸念されることや契約上の問題で各球団の全面的な協力を得るのは難しいという現実もあります。

 ちなみに、MLB主導の国際大会(WBC)の実施が提唱された際、日本側は開催時期の問題から参加をしぶりましたが、MLBは日本の参加を強く要求し、もし日本の不参加によりWBCが失敗に終わった場合は日本に経済的補償を要求することを通達、さらにはWBCへの不参加は「日本の国際的な孤立を招くだろう」とも警告し、日本をひっぱり出したという経緯があります。

 第1回大会は06年に行われ日本が優勝、第2回大会は09年で日本が連覇しました。それ以降、4年に1度の開催となり、13年開催の第3回大会ではドミニカ共和国が優勝しました。

 現在行われているのが第4回大会で、日本、アメリカ、韓国、台湾、キューバ、メキシコ、ベネズエラ、カナダ、オランダ、オーストラリア、イタリア、プエルトリコ、ドミニカ共和国、中国、コロンビア、イスラエルの16チームで本戦を戦っており、3月23日に米ロサンゼルスのドジャー・スタジアムで決勝が行われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連想ゲーム

 昔からのことわざに「風が吹けば桶屋が儲かる」というのがあります。意味は・・・


  風が吹けば砂ぼこりが舞い、そうすると目の悪い人が増える。

  眼の悪い人が増えると三味線引き(盲目の人が三味線を引いて日銭を稼ぐ
  職業、いわゆる琵琶法師)が増える。

  三味線引きが増えるとネコがいなくなる(昔はネコの皮で三味線を作って
  いたため)。

  ネコがいなくなるとネズミが増える。増えたネズミが桶をかじる。

  そうすると新しい桶を買い求める人が増え、桶屋が儲かる。


というもので、一つの事象が次々に影響してゆくことを言い表しています。

 連想ゲームとは「起」を見て「承転結」を想像することですが、慣れてきますと「起」からいきなり「結」に発想が飛び、さらには「起」が発生する前にそのことを想定して動くようなこともあります。

| | トラックバック (0)

レンコン

 「蓮」の「根」と書いて「蓮根」(レンコン)。名前の如くハスの地下茎が肥大したものです。今では年中出回っていますが、秋口から冬場にかけて多くなります。このレンコンには、ビタミンCが豊富で、みかんの1.5倍、大根の3.7倍に相当する量が含まれているそうです。


 レンコンの地下茎に穴があいているのは、水中で生育する特性から空気を運ぶ通気の役割があるためだそうです。食用として広まったのは鎌倉時代といわれ、「先が見える、見通しがきく縁起のいい食材」として重宝されてきました。ひな祭りの時期にちらし寿司の材料として需要が増えるなど、今でも祝い事が近くなると消費が伸びます。


 主産地は茨城県で全国の5割近くを占めています。人気があるのは徳島県産で、一本一本手掘りで収穫するため品質もよく、産地に近い関西圏では卸値が他産地の2倍になることもあるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸の内

 東京都千代田区丸の内は、三菱グループ企業の本社が数多くあることから別名を「三菱村」と言い、それらビル群のオーナーでもある三菱地所は「丸の内の大家」と呼ばれます。

 尚、三菱が「丸の内の大家」となったのは明治になってすぐのことです。

 明治維新後しばらくは陸軍省の直轄地であった「丸の内」が売りに出されたという新聞公告を出張先のロンドンで見た三菱幹部の荘田平五郎が、当時の三菱の総帥岩崎弥之助にあてた「マルノウチカイトラルベシ」と電報を打ちます。それがビジネス街「丸の内」誕生のきっかけです。

 「我が国の事業は発展したが、依然として執務ぶりは旧態依然である。速やかに西洋式のオフィス・ストリートを建設することが必要・急務」と荘田は語り、三菱は約35万平方メートルを128万円で払い下げを受けました。この額は当時の東京市の予算の3倍に匹敵しました。

 ちなみに、三菱の大番頭であった荘田は、東京海上、日本郵船、明治生命、三菱銀行、三菱倉庫、三菱地所、帝国劇場など、数多くの設立に関わっています。空想上の動物「麒麟」を商標にしてキリンビールと名付けたのも荘田です。

 福沢諭吉の娘婿で、希代の相場師として鳴らし、後に電力王となった福沢桃介は、「数理と経済にかけて、天才的頭脳と、これを実行する勇気をもっていた・・・明治年間で一番えらい人」と荘田を絶賛し、「岩崎弥太郎(三菱の創業者)も渋澤栄一(500社以上の設立に関わる、日本資本主義の父)も、そういう点では、荘田に到底は及ぶまい」と評しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最低気温

 国内における過去最低気温は1902年(明治35年)1月25日に北海道の旭川で記録した氷点下41.0度が気象庁の公式記録となっています。

 ちなみに、日本においても世界においても近代山岳史上最悪の遭難事件となった八甲田雪中行軍遭難事件が発生したのもその日です。

 国内最低気温については、気象庁の公式観測データの対象外であったため公式記録とはなっていませんが、1978年2月17日に北海道幌加内町(ほろかないちょう)で計測された氷点下41.2度が最寒記録となっています。

 1978年2月17日はよほどの寒気が上空にあったのか、気象庁の過去最低気温のランキングには北海道の各地で同日記録した気温が並んでいます。

 ところで、大気中の水分がごく小さな氷晶(氷の結晶)となり、キラキラと輝いて見える現象を「ダイヤモンドダスト」と言います。氷点下20度を下回るような極めて低温でないと発生しない現象です。

 別名を「天使のささやき」とも言い、明日2月17日の「天使のささやきの日」は、国内最低気温を計測したことを記念して幌加内町が申請した記念日だそうです。

 尚、「天使」の名がつく気象現象は他にもあります。

 雲の切れ間から光が漏れ、光線が放射状に地上に降り注いで見える現象は、気象用語では「薄明光線」と呼ばれますが、旧約聖書の逸話から別名を「天使のはしご」または「天使の階段」と言います。

 17世紀のオランダの画家、レンブラントが好んで描いた情景でもあることから「レンブラント光線」とも呼ばれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

河津桜

 濃い桃色の花を咲かせる「カワヅザクラ」(河津桜)が一足早く見頃を迎え、随分と春らしい陽気となってまいりました。そろそろ奈良東大寺のお水取りも始まり、草木萌(も)え出る爛漫の春到来となります。


           『梅は匂い、桜は花、人は心ぞ、振りいらぬ』


という言葉を思い出しますが、「梅はその香を、桜は花の美しさを、そして人は心を愛(め)でよ」といいます。


 そして、人は心があれば外見を飾りつけて装うことなどどうだっていいと言っています。単純なことを言っているようで、なかなかに含蓄が深く、日本古典の素晴らしさかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

啓 蟄

 今日は「啓蟄」。冬ごもりをしていたヘビやカエル、虫などが春の訪れを感じて土中から這い出してくる頃です。

 もちろん虫たちが暦を知る由もなく、実際には最低気温が5度を下回らなくなってから、平均気温が10度以上になってくると活動を開始するそうです。

 この時期になると大気が不安定になり雷が発生することがありますが、春の到来を告げる「春雷」で、雷鳴に驚き土中の虫が這い出してくるとの意味から「虫出しの雷」とも呼びます。

 冬眠からの目覚めに気温が関係しているように、桜の開花にも気温が大きく関係しています。

 桜の花芽は前年の夏に形成され、その後は成長を止め「休眠」状態に入ります。冬が訪れ、一定期間、低温にさらされると眠りから覚め、開花の準備を始めます。これを「休眠打破」と言います。

 そして、春になって気温が上昇するにつれて蕾が膨らみ、開花の準備が進みます。

 ちなみに、桜(ソメイヨシノ)の開花の統計上の目安としては、2月1日以降の最高気温の積算が600度を超えると開花するという「600度の法則」と、2月1日以降の平均気温の積算が400度を超えると開花するという「400度の法則」が知られています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コーヒー

 本日は「コーヒー好き」の人には嬉しい話です。以前、コーヒーに肝臓がんの抑制効果があるとの調査結果を東北大学の研究チームが発表し、厚生労働省の研究チームも「コーヒーを多く飲む人ほど肝臓がんになりにくい」との調査結果を米医学誌で発表しました。


 調査は、40~69歳の男女約9万人を約10年間追跡し、コーヒーの量と肝臓がんの発病率を分析したもので、1日5杯以上飲む人はほとんど飲まない人より発病率が4分の1に低下するそうです。ほとんど飲まない人の発病率を1とした場合、毎日1~2杯では0.52、3~4杯で0.48、5杯以上で0.24となり、量が多いほど肝臓がんの発病が少ないという結果が出ています。


 コーヒーにはクロロゲン酸という成分が含まれており、これが肝臓がんの発生を抑えている可能性があると研究チームはみていますが、コーヒー好きの人にとりましては、ちょっと嬉しい話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サラリーマン川柳

 第一生命保険が発表する「サラリーマン川柳」は毎年の恒例となっています。

 30回目の今回は5万5067句が集まり、その中から傑作100選が本日発表されましたのでその一部をご紹介したいと思います。


    「使途不明 共働きの 妻の金」

    「風邪気味だ 今日は病院 止めとこう」

    「ノー残業 居なくなるのは 上司だけ」

    「ポケモンで 希望者増えた 外回り」

    「寝顔好き 確かに言ったが 起きてくれ」



 傑作100選から投票によって数が絞られ、5月下旬頃に「ベスト10」が発表されます。


http://event.dai-ichi-life.co.jp/company/senryu/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雛祭り

 本日は3月3日、「雛祭り」です。カレンダーを見ますと「耳の日」ともなっていますが、虫歯予防デーが6月4日、鼻の日が8月7日等々、日本人が数字を気にする習性は非常に強く、洞爺丸遭難が9月26日で伊勢湾台風も同じ9月26日だったりと重なりますと皆が9月26日を気にするようになったりします。


 また、奇数を好む人、偶数を好む人もそれぞれで、切符を買えば印刷された通し番号の数を見て、一喜一憂する方もいるそうです。二で割り切れると吉で、三で割り切れる数は凶、と縁起をかつぐ人もいます。六の字嫌いの極端な人は九まで嫌います。おかしいようですが、「9」は「6」のさかさまだからやっぱりイヤというわけです。


 電話番号や車のナンバーで嫌がられるのをちょっとまとめてみますと、49─死苦、63─無産、79─泣く、86─病む、89─厄、0079─まるまる泣く(まるまるなくす)、1564─人殺し、1818─いやいや、3742─皆死に、4286─死に病む、4979─よく泣く、4989─四苦八苦・・・ときりがありません。


 ラッキー7ではありますが、一方で「七難九厄」ともいい、七、九のつく年を厄年にする地方もあるそうです。余りこだわりますと、それこそ四九八九することになりかねません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気 配

 暦の上では二月初旬の立春から「春」になりますが、気象庁の定義では三月から五月までを「春」と呼びます。明日からは弥生三月、いよいよ春の始まりです。

 ところで、春の気配というものは五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)で感じることができますが、五感で感知したわけでもないのになんとなく感じる「気配」という感覚があります。物音がしたわけでもなく、後ろを向いているのに、人が近付いてくる気配を感じたというあれです。

 東京大学生産技術研究所などの研究によりますと、人の気配を感じる時のような五感を超えた感覚は、人体の周囲を包むように存在する弱い電界(電気の膜)が関係している可能性があるそうです。

 人間を含め生物の体は電界(準静電界)に包まれたアンテナのようなもので、身体を動かしたり外からの刺激などに対して常に電界の状態が変化しており、この変化が数メートル離れた場所にいる別の人間の生体電位に影響を与えるというものです。

 例えばサメには生物がまとう微弱な電気を鋭敏に感知する超高感度センサーが備わっており、視界にも嗅覚にもとらえられない離れた場所からエサの存在を検知することができますが、人間の場合は皮膚表面の産毛や内耳が微弱な電界を捉えるセンサーの役目を果たし、五感よりも先に電界の変化による気配を感じ取っている可能性があるとしています。

 ちなみに、犬が離れた場所にいる飼い主を察知して尻尾を振ることがあるのは、飼い主の電界を敏感に感じ取っているためではないかと説明しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お 灸

 お灸は、近年、その効能が見直され、様々な病気治療に用いられている他、海外でもmoxaの名前で、愛用されています。日本の文化って、本当にすばらしいですね。今回は、お灸を据えるツボの内、代表的な13カ所のツボの名称、効能、位置をご紹介します。

壱・風池(ふうち)
【効能】熱っぽい、セキが出るなどの風邪の症状。その他、目、耳、鼻、頭痛にも効果あり。
【位置】首の後ろの左右のスジに指を置き、指をすり上げていって、髪の毛の生え際まできたら、左右外側のくぼみで一番へこんでいる所。

弐・肩井(けんせい)
【効能】首や肩のコリ、寝違え、目、耳、歯痛、頭痛など。全身の血行がよくなるので冷え症にも効果あり。
【位置】乳頭から真上に手をすり上げ、肩の一番高い所を押して痛みを感じる所。

参・志室(ししつ)
【効能】元気がでない、腰痛、冷え症、疲労回復などに効果あり。
【位置】まずヒジの高さを確認して、ヒジと同じ高さで背骨の両脇やや外側を親指で押して気持ちよく感じる所。

肆・腰陽関(こしようかん)
【効能】様々な不調の原因となる骨盤のゆがみ、姿勢のくずれ。その他、消化不良、腰痛、女性特有の症状にも効果あり。
【位置】両手親指を腰骨のきわにあて、そのまま背骨にむかってスライドしていき、両手親指と背骨が当たった所で、背骨と背骨の間のへこんでいる所。

伍・中かん(ちゅうかん)
【効能】呼吸を深くして胃腸の働きを高めます。他に、せき、たん、消化不良、むくみ、動悸、息切れ、不眠などにも効果あり。とくに不調がない方にもお勧め。
【位置】おへそに小指を当てて、親指までの指幅五本。親指が当たっている所を目安にして、指でなでるとへんでいる所。

陸・関元(かんげん)
【効能】いわゆる丹田(気力が集まるところ)と言われる所です。下腹部を暖め、尿に関する症状、女性特有の症状、情緒不安定、足腰が弱くなるなど加齢による諸症状にも効果あり。
【位置】指幅四本をそろえて人差し指をおへそにおき、小指が当たる所。

漆・合谷(ごうこく)
【効能】風邪のひきはじめや目、鼻、歯の痛みなど首から上の症状に効果的。他にも肩コリ、ストレスなど万能のツボとも言われています。
【位置】親指と人差し指の骨がまじわった所から、やや人さし指よりのへこんだ所。

捌・神門(しんもん)
【効能】心の安定とリラックス、気持ちの切り替えをスムーズにして、不安、不眠、動悸、息切れ、便秘などの症状にも効果あり。
【位置】手首の曲がりジワを小指側へなでてゆき、骨の出っぱりの手前で指が止まる所。

玖・手三里(てさんり)
【効能】胃腸の働きを整えて、消化不良に効果的。他にもだるい、やる気が起きない、悩みやすいなど精神的な症状にも効果あり。
【位置】ヒジを曲げた時にできるシワに人差し指を置き、指幅三本。くすり指が当たる所。

拾・足三里(あしさんり)
【効能】病気予防、体力増強以外にも足のつかれ、むくみ、胃腸の症状、膝の痛みにも効く、万能養生のツボ。
【位置】ひざのお皿のすぐ下、外側のくぼみに人差し指をおき、指幅四本そろえて小指が当たる所。

拾壱・三陰交(さんいんこう)
【効能】消化器、肝臓、腎臓などの働きを助けると共に女性特有の症状にも効果あり。
【位置】内くるぶしの一番高い所に小指をおき、指幅四本そろえて、人差し指が当たる所。

拾弐・承山(しょうざん)
【効能】足のつかれ、むくみなど足の症状にきくツボ、こむらかえり、ギックリ腰にも効果があり。
【位置】つま先立ちをしてアキレス腱をふくらはぎの方へなで上げていくと、へこんでいる所。

拾参・湧泉(ゆうせん)
【効能】首のコリをほぐし、頭の血行をよくする他、体のだるさ、つかれを取るり、足の冷え、不眠にも効果があり。
【位置】足でグーをした時、足裏で一番へこんでいる所。足裏を三等分して約三分の一の所。


 お灸の効能は、ただ単に体のツボを刺激し、暖めるて、血行を良くし、人が持っている自然治癒力を高めて、体におこっている症状を改善するだけではなく、薬草に含まれる芳香成分(テルペン、シネオール、ツヨン、コリン、アデニン)、タール、たんぱく質、類脂質(脂肪)、無機塩類(灰分)、ビタミンB、ビタミンCなどが有効に作用して、病気治療には大変効果的なんだそうです。だから、少し前に「頭の悪い女子高生」がやっていた「根性焼き」みたいに、タバコなんかの火を体に押し付けても、効果は無いのです。
 今は薬局などで、ちゃん有効成分を含んで、簡単にすえられる、熱くないお灸なども売られています。ちょっとお灸を買って来て、その効能を試してみては如何?

| | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »