« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

クールビズ

 オフィスなどではクールビズでエアコンの設定温度を28度にしているところが多いのですが、28度は「人が我慢できるぎりぎりの室温」だとする専門家の意見もあり、実際にはパソコンなどが放出する熱が体感温度をさらに高めています。

 なぜ「28度」かについては、50年ほど前に旧厚生省が「室温の許容限度範囲は冬季は17~23度、夏季は21~28度」と提言したことが影響しており、科学的な根拠はないとされます。

 最近は「28度は不快な温度だ」「設定を28度に上げれば消費電力が節約できるかもしれないが、仕事の効率は下がる」との意見をよく耳にします。

 ちなみに、NHKで天気予報を伝えている気象予報士は「エアコンの設定温度を28度以下にするよう」すすめていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芍 薬

 「芍薬」と書いてシャクヤク。「牡丹」(ボタン)が「花王」と呼ばれるのに対し、「芍薬」は花の宰相(さいしょう)の意で「花相」(かしょう)とも呼ばれます。ボタンは樹木、シャクヤクは草です。


 『立てばシャクヤク、座ればボタン、歩く姿はユリの花』と女性の美しさの形容にも使われますが、そのシャクヤクの出荷がそろそろ最盛期となります。


 豪華さと上品さを備えた大輪の花は一本でも存在感が十分です。ヨーロッパでは初夏を飾る代表的な花として愛され、「5月のバラ」とも称されます。生産量が最も多いのは長野県です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メモリアルデー

 アメリカでは今日29日は戦没者追悼記念日(メモリアルデー)の祝日です。

 当初は南北戦争で亡くなった北軍兵士を称えるために設けられましたが、現在は男女問わず全ての戦争、軍事行動で国に命を捧げたアメリカ合衆国の兵士を追悼する日となっており、各地で追悼行事が行われます。

 アメリカの夏、バカンスシーズンはこのメモリアルデーの連休から始まります。メモリアルデーの5月最終月曜日はスポーツイベントなども盛んで、週末から連休となるため大勢の人がピクニックや旅行を楽しみます。

 今年は25日から連休をとる人も多く、全米自動車協会では25日から29日の期間中に旅行を計画している米国民は前年比5.7%増の3930万人と2005年以来の高水準になる見通しです。

 ちなみに、旅行する人の9割近く(88%)はドライブ旅行だそうです。故にこの週末はドライブシーズンの幕開けでもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カール

  カールが東日本で販売終了とのニュースを聞いて、はて、東日本と西日本で嗜好に差があるのかと思ったのですが、どうやらそうではなくて全国4つの工場のうち3つを閉めることにして、何かしらの理由で残すことにした工場が松山にあるので、運送コストを考えて西日本での販売のみにしたようです。

  いや、やはりそもそも西日本の方が売上げが大きくて、その結果松山工場での生産のみ残すことにしたのかも知れません。いずれにしろ、全面終了も考えたが、長年愛好してきたお客さまもいるので、ブランドは残したとのことです。中々難しい判断だったのでしょうね。

  しかし「カール」と云う音や文字列は、五十音2つで構成されていると考えると、約2500通りしかないので、かなり貴重な名前です。お菓子の中身は時代に合わなくなって来たけれど、ブランド名は貴重な数限られた資産なので、取り敢えず生産を大幅に縮小してブランドの火を消さないようにして、いずれ同じブランドで新時代のお菓子を出してくるのかなぁ、などと想像を巡らしてしまいました。インターネットのドメイン然り。ブランドマネジメントがとても大切な時代ですね。

| | トラックバック (0)

外国人観光客

 4月の外国人観光客が単月としては過去最高となる257万人を記録した模様です。前年同月比で24%増加となり、今年1~4月の訪日客も911万人と前年同期比で16%増加。

 中国人による爆買いが縮小して1人当たりの消費単価は低下していますが、観光客数の増加で消費総額は伸びています。

 これまで最も多かったのは2016年7月の229万人であり、今年4月は28万人上回っています。国・地域別では韓国が55万人と前年同月比で56%増えたほか、香港が20万人と64%伸び、台湾など13の国・地域で訪日客数は過去最高を記録しています。

 大型クルーズ船の寄港数の増加や格安航空の利用が観光客数増加に寄与しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五月蝿

 先日は沖縄・奄美地方が梅雨入りしましたが、平年の関東地方の梅雨入りは6月初旬ごろとなります。

 関東が梅雨入りする時期、陰暦で言えば五月頃となりますが、ちょうどその頃に湧き出し群がり騒ぐハエを「五月蝿(さばえ)」と言います。

 「五月蝿なす」は「騒ぐ」や「沸く」にかかる枕詞で、後に「五月蝿い」と書いて「うるさい」と読ませたのが夏目漱石です。

 ところで、ハエに関してこんな話があります。

 ある和尚のところに、資産家がこの先どうしたらいいか相談しにやってきました。資産家は苦しい現状を話し、進退窮まっている状況を嘆いて懸命に話すのですが、和尚はボロ寺の破れた障子と飛び回るハエのほうばかりを見ていて、聞いていないような様子。

 たまりかねた資産家が「和尚、私の話を聞いているのですか?」とたずねると、和尚は「かわいそうに、このハエは外に出ようと何度も何度も障子にぶつかっておるわ。ボロ障子であちこち破れて穴が開いているのにのぉ。」

 資産を築いた人物だけに、これを聞いてハッとします。今の自分はこのハエと何ら変わらないではないか! 目先のことにとらわれて、実は何も見ていなかった自分に気づきました。資産家は丁重に礼を言って寺を辞したそうです。

 人は時に、些細なことにとらわれ、悩み苦しみます。大河の中、下流に行きたいのに一本の杭に引っ掛かっているようなものです。引っ掛かっているならまだしも、自分の手で掴んでいて、困った困ったと言っていることが案外多いのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツの日

 体育の日をスポーツの日に衣替えする法案が、今秋の臨時国会に出てくるとのこと。そうか。スポーツの日か?

 でもスポーツが苦手、或いは嫌いな人もいるのにな。先日も書きましたが、運動はしてもスポーツはするな、と主張する人もいます。体育とか運動なら全国民的だと思うのですが。

 体育・運動とスポーツは、ちょっと違うものですよね?然しながら、学校には文化系の部とスポーツ各種の部があるのに、文化の日はあってもスポーツの日はないか。でも体育の日は既にあるし。

 どうでもいいことではあるのですが、ちょっと気になります。ちょっとだけ押し付けがましいように感じるのは、私が運動はするけれども、そしてスポーツを見るのは好きだけど、得意ではないからでしょうか?。

| | トラックバック (0)

写 真

 私は小学生の頃に黒白フィルムの現像を始めました。ダークバッグに手を入れて、パトローネを開けてフィルムを引き出し、リールに巻いて、それからダークバッグから出して現像液を入れ、温度を計りながら時間を調整し、そして停止・定着の工程へとなります。

 中学生になってからようやく自宅に暗室が出来、大きい印画紙への焼き付けや引き伸ばしなどもしました。現像液のハイドロキノン、定着液はハイポを水に溶かすと温度が下がったのを覚えています。自分で現像液や定着液を作ることは当時はプロ写真家位しかやらなかったのではないでしょうか? これらは高校までのこと。以来現像の類いは一切やらず、写真を撮ることですら、ほとんどやらなくなってしまいました。しかし今でもカメラは大好きで、実は写真を撮ることにも自分なりのこだわりはあるのです。

 そんな私が、本当に久し振りに現像室や暗室を訪れる機会がありました。今は昔、使い込まれていても良く整備されている作業室は、あの酢酸の臭いはほとんどしませんでした。或いは健康への配慮から、使う薬品自体があまり臭気を発生しなくなっているのかも知れません。しかしそれでも尚、あの懐かしい臭いがぷ~んとしました。長い、綿々とした年月受け継がれてきたものを感じました。

 写真は奥が深いものです。テキトーに撮っててもダメですよね。私の場合、かつて深くやり込んだ時期があるために、逆に淡々と撮ってしまう嫌いがあるのです。たまにはちゃんと考えて撮ってみようかなと、酸っぱい臭いを感じて、久し振りに一瞬思ったのでした。臭覚は記憶を刺激しますね!

| | トラックバック (0)

早松茸

 寒暖の差があって秋の気候によく似たこの時期、稀に早生のマツタケが見つかることがあります。「早松茸」(さまつたけ)といって、希少性ゆえに高値が付きます。

 阪神百貨店の梅田本店では昨日、100グラム10万円で4本の早松茸が売り場に並び、すぐに買い手がついたそうです。

 ところで、松茸は「シロ」と呼ばれるコロニーを作って発生するため、シロの場所を知らないと採取するのが難しいと言われます。

 松茸の採取が難しいことに関連して「キノコ(松茸)は千人の股をくぐる」という言葉を聞いたことがあります。

 松茸を探しに行きましても、多くの人が探し歩き回った後ではもうみつからないだろうと考えるのが普通ですが、千一番目に歩いた人が偶然見つけることがあるという例えです。

 新しいことは既に誰かが見つけているかやっているはず、だからもうないだろうと決めてかかるのではなく、諦めないこと、そして虚心坦懐(何のわだかまりもない素直な心で、物事にのぞむ姿勢)であることが大事だということを上記の言葉は教えてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バナナ

 栄養たっぷりで低カロリーのバナナ。果実の中で輸入量第1位であり、この時期に最も消費が増えるそうです。


 日本に最初に入ったのは今から110年以上前の1903年。当初は台湾産バナナが中心で高級食材でした。1963年に輸入が自由化され、現在は主力のフィリピン産(90%超)を中心に糖度が高いインド産やベトナム産も出回っています。


 テニスやゴルフなどスポーツの舞台では栄養補給の定番となっており、東京マラソンでもランナーにはバナナが配られます。消化酵素のアミラーゼを多く含むためエネルギーの吸収効率が良く、血圧の上昇を抑える効果のあるカリウムが豊富に含まれており、脳梗塞や心筋梗塞などの予防に効果が期待できます。


 また、食物繊維やフラクトオリゴ糖が消化を促進し、便秘改善にも効果的だそうです。フラクトオリゴ糖には腸内のビフィズス菌を増やす効果があるされ、普段からバナナを食べている人は大腸がんになりにくいとも言われています。


 生産量はインドが1位で26%近くを占め、2位が約11%の中国、3位が8%程度のフィリピンとなっています。(2013年FAOSTAT調べ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

過 信

 健康面を含めて誰もが「過信」に陥ることがあります。いくつかの心理学の研究によれば、判断を誤る原因は、一般的に人々が自信過剰であることだそうです。


 多くの人に、「自分は平均を上回る運転技術を持っていますか?」と質問すると分かるそうです。圧倒的多数が、自分は優れたドライバーだと答えるとのことです。その結果を見ますと、下手なドライバーはどこにいるのかという疑問が生じます。


 自信があること自体は悪い事ではありません。しかし、自信過剰となると話は別です。自信過剰な人は愚かな決断をするだけでなく、他人にも大きな影響を及ぼします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミズバショウ

 大きな葉をもつバショウは、温帯性で耐寒性にも優れるため、日本でも古くから観賞用として栽培されてきました。

 葉などの見た目はバナナの木によく似ていますが、バナナ(沖縄の島バナナを除く)は日本では温室の中でしか栽培されず、露地で育つバナナらしき植物はみなバショウと思って良いそうです。

 バショウという名は中国名の「芭蕉」の音読みで、松尾宗房(むねふさ)は自宅の庭にあった芭蕉にちなみに、その名を俳号にしたとされています。

 ところで、尾瀬の玄関口・群馬県片品村の「片品水芭蕉の森」では、春の高山植物の代表花・ミズバショウがちょうど見ごろを迎えているそうです。

 高山は春でありましても低地はすでに初夏の候。唱歌「夏の思い出」にありますように、ミズバショウは初夏のイメージそのものです。

 ちなみに、ミズバショウは花時が終わりますと、バショウのような大きな葉をつけます。水辺に生えるバショウのような植物ということで「水芭蕉」の名がついたそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウ リ

 「瓜」と書いて「ウリ」。そのウリがスーパーなどの店先に出回り始めています。ウリ科の植物として、キュウリ、カボチャ、スイカが含まれますが、そう言えば、「胡瓜」と書いて「キュウリ」、「南瓜」の書いて「カボチャ」、「西瓜」と書いて「スイカ」となるなど「瓜」の文字がいずれも入っています。


 ただ、一般にウリと呼ばれるのはマクワウリやシロウリ、ハヤトウリだそうです。かつて、日本でウリという場合にはマクワウリを指しましたが、現在では全国的に栽培が多いのは奈良漬に使われるシロウリです。


 成分の大部分が水分で、低カロリー。ビタミンCやビタミンB1、カロチンを含んでいます。奈良漬の他、葛煮や炒め物、浅漬けなどの料理にされます。徳島県がシロウリの全国の生産量シェアの半分を占めており、奈良漬発祥の地で店先にも並ぶ奈良県ですが、シロウリの生産はほとんどないそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

右と左

 政党の思想・立場による「右派」と「左派」の区別について簡単に触れておきたいと思います。 

 「右派」とは、保守主義と同義で「伝統的な社会秩序や価値を尊重・維持するスタンスを取り、急激な改革に反対する層」を指しており、従来の体制下での既得権益を守る側はこちらになります。

 これが「右翼」となりますと、国粋主義(国独自の文化や伝統を礼賛することで国家意識の発揚をはかる思想)的な意味合いが強まり、極端に右翼的な思想を持つ個人や集団を「極右」と呼びます。

 対して「左派」とは、政治や主義において「より平等な社会を目指すための社会変革を支持する層」を指しており、富の再分配や福祉・社会保障を積極肯定する側で、「リベラル」(弱者擁護的な自由主義)的なニュアンスも帯びています。

 これが「左翼」となりますと、急進的、革新的、革命的社会主義的、共産主義的、無政府主義的な色彩が濃くなり、極端に左翼的な思想を持つ個人や集団を「極左」と呼びます。

 このような区別はフランス革命時の国民議会に由来しており、旧体制の維持を支持する王党派、貴族派、国教派などが議長席から見て右側の席を占め、急進的な共和派が左側に座ったことから上記のような呼称・区別が生まれました。

 また、一般的に政党は右・左で呼ばれることを嫌い、左寄り(中道左派)は「リベラル」、右寄り(中道右派)は「保守」を標榜しています。

 尚、上記に挙げたような右・左の区別は相対的なものであり、何を「右」あるいは「左」と呼ぶのかについては、時代や国、立場や視点などによって変化しています。

 また、一つの政党の中に右も左もあって、多種多様な主義主張が混在しているケースも珍しくありません。右・左のレッテルは政敵を攻撃する際にもよく使われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木香薔薇

 初夏に咲くバラの中でも花時が比較的早いモッコウバラ(木香薔薇)が見頃を迎えています。

 バラのような芳香はありませんが、病気や害虫に強く、バラのような棘もなく、七重八重、九重に黄色い花を咲かせたモッコウバラの姿は圧巻です。

 ちなみに、モッコウバラは秋篠宮家第一女子・眞子内親王の御印章で、本日はその眞子さまがご婚約されるとのハッピーなニュースが世間の話題をさらいました。

 なお、今後の事について、今までの例を参考にしますと下記のような運びとなります。※カッコは儀式


  「納采の儀」 :一般の結納で、婚約が正式決定

  「告期の儀」 :結婚の日取りを伝達

   皇室経済会議 :皇籍離脱される女性皇族に贈る一時金を決定

  「賢所皇霊殿神殿に謁するの儀」 :宮中三殿でお別れ

  「朝見の儀」 :天皇、皇后両陛下にお別れ

  「入第の儀」 :結婚当日、使者が宮家にお迎え

   結婚式


 参考までに、2005年にご結婚された紀宮・黒田清子さんの場合は、前年の12月末に正式に婚約を発表し、結婚式は翌年の11月でした。2014年の高円宮家の次女・千家典子さんのご結婚の際は、5月に婚約内定を発表し、10月に結婚式が行われました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葵 祭

 五月は田植えに代表されますように農事の始まりであることから、この時期に各地で行われるお祭りの多くには五穀豊穣への願いが込められています。

 また、衛生環境が悪かった昔は気温や湿度の上昇ともに疫病が流行ることが多く、疫病は悪霊の仕業と考えられていたこともあって、その時期の前に禊祓え(みそぎはらえ)の神事や悪霊を鎮める儀式などが盛んに行われ、それらが祭りとして現代に残っています。

 本日行われた京都の「葵祭」は、平安の昔からの王朝風俗の伝統を受け継ぎ、古くは国家的行事として行われてきた祭りです。

 葵祭の起源は、6世紀半ば、当時起こった飢饉が賀茂大神の祟りであるとされ、その怒りを鎮めるために行われたのが始まりとされ、その後、賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ、通称は上賀茂神社)と賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ、通称は下鴨神社)の例祭となりました。

 今から1千年ほど前に書かれた世界最古の長編小説とされる「源氏物語」の「葵」の巻は葵祭が舞台となっており、葵祭に参列していた光源氏の姿を見ようと、源氏の正妻・葵の上と源氏の恋人・六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)が見物の場所を巡り争いますが、多くの人の前で恥をかかされた六条御息所が生霊となって葵の上を呪い殺すというものです。

 ちなみに、賀茂氏(加茂氏、鴨氏)は、八咫烏(やたがらす)に化身して神武天皇を導いたとされる賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)を始祖とする天神系氏族とされ、その子孫が上賀茂・下鴨の両神社の神官となりました。

 葵祭はもともとは「賀茂祭」と呼ばれていました。賀茂神社のご神紋は葵紋(二葉葵・加茂葵)で、江戸時代に牛車や衣冠などを葵の葉で飾るようになって以降、「葵祭」の名で呼ばれるようになりました。

 尚、徳川将軍家の御紋も葵紋ですが、賀茂氏は古くから三河武士との関係が深かったとされています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お 花

 昨日は母の日で、至る所で花が買われ、花を持って歩いている人も多くいました。そしてその現象は、恐らく世界中だったことでしょう。カーネーションが定番ではありますが、それに限らず、バラなども多く買われていたと思います。

 しかし世界中でそのようなことが起きていると云うことは、カーネーションやバラに対する一時的な需要、或いは供給は極端に大きく、しかし花は工業製品ではなく生き物ですから、バレンタインデーのチョコレートのようには行かず本来供給量は或る程度一定と思われ、どのようにあの一時的需要(或いは演出された供給)に対応しているのか、気になります。

 日本で売られているカーネーションのほとんどは南米コロンビア産だと聞いたことがあります。それが本当かどうかは定かではありませんが、生産地が世界的にも偏って限定的に存在することはまず間違いなさそうで、そう考えると、少ない生産地であの一時的な世界的需要に対応すると考えると、尚更どうしてるのだろう?と疑問が湧きます。恐らく、生花と云いながら、かなり長い期間に亘って、冷蔵などで持たせて、一時巨大供給をしているのでしょう。

 私はバラを良く買いますが、これも実はピンからキリで、同じ値段でも、その持ち方には大きな差があります。短いものは一日二日でもうダメになり、いいものは一週間、或いは二週間でも持ちます。どこに差があるかと云うと、品種とかではなく、花屋さんによって大きく違うので、仕入れルートなどにより、事前冷蔵期間が大きく違ったりするのでしょう。或いは片や生鮮食品、片や冷凍食品ぐらいの違いがあるのかも知れません。気を付けないといけないですね。

 いずれにしろ昨日は、世界的に大量の出番調整を受けた花が出回ったことでしょう。花は好きですが、継続安定的に買ってあげることが、花には優しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母の日

 以下はアメリカの新聞に以前掲載された求人広告です。

 
 「内容は主に危機管理、ほかに多種多様な業務

  労働時間は1日19時間、週135時間程度、時間制限なし、休憩なし

  立ちっぱなしの場合も多く、スタミナは必須

  経済、薬、調理などのさまざまな知識が必要

  しかも無給」


 これを見た読者から、「法律違反では?」「クレイジーだ」との批判が寄せられたそうです。日本であれば「最悪のブラック企業」との非難を受けるのは間違いありません

 しかし、実際にはやりがいがあり、大勢の人がやっている仕事です。答えは「母親」。母親の偉大さを再認識してもらうための企画だったというわけです。

 また、米人材情報会社は専業主婦の家事労働を以下の10種類に分類し、主婦の家事労働の対価を試算しています。


  ※職種     (内容)

   保育士     子供の世話

   コック     料理・炊事

   事務員     家計管理等

   洗濯人     洗濯

   清掃作業員   掃除

   設備管理者   住宅のメンテナンス

   CEO(経営者) 家族の中でリーダーシップを発揮している場合

   運転手     子供の送迎

   精神分析医   子供や家族の心のケア

   ハウスキーパー 買い物や介護等、上記以外の家事労働


 上記のような労働について、それぞれの作業を外注した場合の時給と労働時間から賃金を積算し、さらに週40時間を超過した分や休日・深夜について割増しの時間外手当を支給した場合、主婦の家事労働の賃金(年収)換算額は優に1000万円を超えるそうです。

 ちなみに、今日(5月14日)は「母の日」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紫外線

 暦の上の季節は5日の「立夏」から夏となります。気象庁の分類では5月までが「春」となっていますが、降り注ぐ日差しは夏そのもです。

 実際、今は紫外線(UltraViolet、略してUV)が盛夏並みに強くなる時期です。

 紫外線の人体への影響は波長によって異なりますが、紫外線を浴びすぎると免疫力の低下、紫外線角膜炎、皮膚がん、白内障などになりやすいことが明らかになっています。

 尚、紫外線の強さを知るには、気象庁が公表している「UVインデックス」(UV指数)が便利です。

 UVインデックスは、紫外線の強さ(紫外線の人体への影響度)を指数化したもので、通常1から11までの数値(下記)で表され、値が大きいほど人体に影響する紫外線が強いということになります。

 ちなみに、関東(茨城県つくば市)のUVインデックスは、5月に入ってから9前後で推移しています。

 このレベルになりますと、気象庁では「日中の外出は出来るだけ控え、必ず長袖シャツ、日焼け止め、帽子を利用」するよう促しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宏観異常現象

 今から9年前の本日、2008年5月12日14時28分。中国・四川省でM7.9の大地震(四川大地震)が発生。死者は9万人超とも報じられています。


 昨年(16年)の4月14日には熊本地震が発生。一昨年(15年)の4月25日にはネパールで大地震が発生。同年には神奈川県の箱根山で小規模な火山性地震が頻発して5月6日には噴火警戒レベルが初めて引き上げられました。


 2014年の9月27日には御嶽山が噴火、同年9月14日には熊本県の阿蘇山が噴火、同年9月10日には茨城・常総市で鬼怒川の堤防が決壊して大惨事となるなど自然災害が相次いでいます。


 ところで、中国・四川大地震の際、地震発生の数日前からいくつかの「宏観(こうかん)異常現象」が観測されていたそうです。


1)5月10日には四川省で数十万匹のヒキガエルの大規模な移動が見られた

2)四川省に近い湖北省の恩施の池で8万トンの水が5時間でなくなった

3)地震の約10~30分前に色が付いた地震雲が観測された・・・

等々です。


 「宏観異常現象」とは、大きな地震の前触れとして発生ないし知覚されると言われている生物的・地質的・物理的異常現象を呼称するものです。犬や猫が激しく走り回ったり、朝焼けや夕焼けが強くなったり、井戸水の水位が変わったり、温泉の温度が上昇したり、リモコンの動作不能など電気製品の不調といったものもあるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛鳥週間

 草を見れば草の名を、花を見れば花の名を、夜空を見上げれば星の名を、言えたら恰好良いのですが、残念ながら名前が出て来ないことのほうが多いのが現実です。

 ところで、昨日から愛鳥週間が始まりました。

 自然の中で野鳥のさえずりに耳を澄ましたりするのにはもってこいの季節ですが、野鳥の声をただ単に聞くだけでなく、聞き分けができればもっと楽しい時間になるはずです。

 そこで思い出すのが、鳥の声を覚えるための「聞きなし」です。ピンとこないかもしれませんが、ウグイスであれば「法、法華経」というあれです。

 ちなみに、よく知られた「聞きなし」には下記のようなものがあります。


 ◎ ホホジロ  「一筆啓上仕り候」または「源平ツツジ白ツツジ」

 ◎ ホトトギス 「特許許可局」あるいは「テッペンカケタカ」

 ◎ コジュケイ 「ちょっと来い、ちょっと来い」、「母ちゃん怖い」

 ◎ キジバト  「デ、デ、ポッポー」や「年寄り来い」


 鳥が「母ちゃん怖い」と言っているように聞こえたら、それはおそらくコジュケイです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

言の葉

 今更ですが、ローグ・ワン(ROGUE ONE:A STAR WARS STORY)を見ました。やっぱり面白いです。私はこの手の映画が(も)好きです。七人の侍、ランボー2、どこか似てますね。

 ローグ・ワンの中で鍵となるコトバは、CHANCE と CHOICE と HOPEです。勝てるチャンスがあるのか?との問いに、チャンスじゃなくて闘うというチョイスをするかしないかだ、と答える。残っているものは希望しかないのか?との問いに、希望の上に全ては成り立っている、と答える。いいなぁー、好きだなぁ-、ツボに嵌まるなぁ。

 最近思うのは、コトバと意志の大切さです。人を人たらしめているのは意志だと思いますし、人が集団を動かせるのはコトバが共同幻想を皆に持たせることが出来るからです。意志とコトバは、大切にし過ぎると云うことはないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャパン・ローズ

 躑躅(ツツジ)は非常に種類が多く、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に固有種があり、花色も様々。それぞれの種が競うように山々を彩ります。

 中国伝来の表現に「山笑う」というのがありますが、若芽が吹いて、ツツジ類が彩りを添えるちょうど今の時期の山の風情を言います。


 「ジャパン・ローズ」とも呼ばれる山吹の花時も今時分です。

 山吹で思い浮かぶのは、室町時代の武将で、天才的な戦略家であり、歌人としても知られる太田道灌の話です。

 道灌がまだ鼻っ柱が強い若武者だった頃の事で、道中で雨に降られ、農家で蓑を借りようとしたところ、その家の娘は蓑ではなく山吹の花を道灌に差し出しました。

 「七重八重 花は咲けども山吹の 実のひとつだに なきぞかなしき」

                       (後拾遺和歌集・兼明親王)

 上記の歌を知っていた娘は、山吹を差し出すことで、実をつけない(実のひとつもない)山吹のように、貧しい我が家は蓑ひとつもなくお役にたてなくて悲しいという気持ちを道灌に伝えました。

 道灌は娘が差し出した花の意味が分からず、後からその意味を知って自身の素養のなさに恥じ入ったとされ、道灌が歌に目覚めるきっかけとなった話として今に伝わっています。

 ちなみに、道灌の歌としては下記がよく知られています。


 「急がずば 濡れざらましを旅人の あとより晴るる 野路の村雨」


 もう少し待てば雨があがったものを・・・誰もが経験したことのあるようなエピソードですが、警句とすることもできます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モエヘネシー・ルイヴィトン

 フランスのLVMH(モエヘネシー・ルイヴィトン)はいくつも高級ブランドを傘下に収めるファッション業界の巨人で、「帝王」または「法王」の異名を持つベルナール・アルノーがトップ(会長兼CEO)に君臨しています。

 アルノーはLVMHとは別にクリスチャン・ディオールのトップも務めており、今回ディオールの株式を買い増しして完全子会社化、今後はディオールの事業のほとんどがLVMHの下で展開されます。

 参考までに、LVMHの傘下には下記のようなブランドがあります。

【ファッション・革製品】
ルイ・ヴィトン、ロエベ、モワナ、ベルルッティ、セリーヌ、フェンディ、エミリオ・プッチ、ロロ・ピアーナ、ジバンシィ、イードゥン、ケンゾー、リモワ、クリスチャン・ディオール・クチュール 等

【時計・宝石】
タグ・ホイヤー、ゼニス、ブルガリ、ショーメ、フレッド、ウブロ 等

【コスメ・香水】
パルファン・クリスチャン・ディオール、パフュームス・ロエベ、ゲラン、パルファム・ジバンシィ、フレッシュ、メゾン・フランシス・クルジャン、アクア・ディ・パルマ、ベネフィット、メイクアップ・フォーエバー 等

【ワイン・蒸留酒】
モエ・エ・シャンドン、ドン・ペリニヨン、ルイナール、ヴーヴ・クリコ、シャトー・ディケム、クロ・デ・ランブレイ、アードベッグ、クリュッグ、ヘネシー、メルシエ、グレンモーレンジィ 等


 世界最大の免税店「DFS」や世界最初のデパートとして知られる「ル・ボン・マルシェ」、フランス初のアミューズメントパーク「ジャルダン・ダクリマタシオン」などもLVMHの運営で、クルーズや出版事業なども営んでいます。

 ちなみにアルノーは、ケリーバッグやバーキンで知られるエルメスの株式も保有しており、今後エルメスもLMVHの傘下に加わる可能性があります。

 尚、LVMHの2016年通期(1~12月)売上高(約4兆5千億円)は三菱重工や住友商事などよりも上で、NTTドコモやデンソーなどとほぼ同水準です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五香の儀式

 初夏の陽気となったかと思えば大雨や強風を伴う嵐になったりと、春の天気は変わりやすいことを実感します。

 晴れの日があれば雨の日がありますように、人生にも良い時期と辛抱の時期があります。

 中国には、生まれたばかりの赤ん坊に、酢をなめさせ、塩をなめさせ、苦い薬をなめさせ、さらにトゲのあるカギカズラをなめさせ、最後に砂糖をなめさせる「五香の儀式」というのがあるそうです。

 人生は、「すっぱく」「からく」「にがく」「痛い目」に遭わなければ「甘い」ものにはありつけないということを、この世に生をうけたばかりの赤ん坊に体験させるというわけです。もちろん、困難に打ち克って素晴らしい人生を勝ち取ってほしいとの親の願いが込められています。

 日本にも「一生食べるのに困らないように。健やかに育つように」との願いを込めて、一歳の誕生日に一升のお餅を背負わせるといった風習が残りますが、もちろんこれにも「困難に負けぬように」との願いが込められています。

 甘いものを先にほしがり、楽な方を選びたがり、困難に遭えば簡単に諦めたりへこむ人が多い世の中ですが、上記のような風習は、見失いがちな大切な事に気づかせてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安全色

 曇り空の下では、園児や小学生生の黄色い帽子はよく目立ちます。

 この「黄色」を最も目立つ色として規定したのは、「ファウスト」や「若きウェルテルの悩み」などを残したドイツの文豪ゲーテです。

 ゲーテの活動は戯曲や文学のみにとどまらず、化学、科学、解剖学、地質学、哲学、政治家など広範囲に及び、補色を発見した色彩学者としての顔も持っていました。

 ゲーテは自著の「色彩論」で、黄色は光にもっとも近い色、すなわち色の中で最も明るい色であると規定しています。

 純色の黄色は明度の高さだけでなく、彩度(鮮やかさ)も高く、目立つ色として強い印象を与えます。そのため児童がかぶる帽子やレインコートなどにも安全色(注意を促す色)として黄色が使われています。

 また、目立つかどうかは組み合わせの色との明度差が関わってきますが、黒地に黄色の配色は、視認性が高く、最も認識しやすい色の組み合わせとして知られています。工事現場や踏切などでこの配色が使われるのもこういった理由からです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こどもの日

 「こどもの日」にちなんで総務省が子供の数を公表(平成29年4月1日時点)していますが、14歳以下の子供の数は前年と比べて17万人減の1588万人と36年連続の減少で過去最低となっています。


 総人口(1億2679万人)に占める割合は12.4%で43年連続の低下。データのある1950年以降、人数・割合ともに過去最低を更新し、少子化に歯止めがかからない現状が浮き彫りとなっています。内訳は男子が805万人、女子が767万人です。


 人口に占める子供の割合は沖縄の17.2%(24.8万人)が最高で、秋田の10.3%(10.4万人)が最低です。東京は11.3%(153.5万人)、神奈川県は12.4%(113.5万人)、愛知県は13.6%(101.8万人)、大阪府は12.3%(108.3万人)、福岡県は13.3%(67.7万人)です。


 子供の数は1954年の2989万人をピークに減り始め、現在はそのピーク時の53%と半分近くになっています。


 国連人口統計年鑑に人口4千万人以上として掲載されている31ヶ国では、子供の割合はドイツの13.2%を下回り、最低です。アメリカは19%、中国は16.6%、インドネシアは27.8%、インドは30.8%、フィリピンは31.8%です。

http://www.stat.go.jp/data/jinsui/topics/topi1010.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頭語と結語

 メールでの連絡が多くなる中、時折、知人から手書きの手紙をもらうと心が「ぐっ」と来ます。その手紙文を書く際に迷うのが、頭語(冒頭に書く言葉)と結語(結びに書く言葉)の組み合わせです。


 例えば、「拝啓」で始めて「敬具」で締めるのが一般的な頭語と結語の組み合わせで、「拝啓」は「拝=つつしんで」「啓=申し上げる」という意味となり、「敬具」は「敬=つつしんで」「具=申し上げました」という結びになります。


 手紙を出す相手が媒酌人や恩師などの場合には、より丁寧な頭語と結語を使います。例えば、「謹啓」→「敬白」などで、「拝啓」→「敬具」と意味は同じですが、より一層丁寧な表現になります。


 また、急用の手紙の場合には、「急啓」→「草々」と書き、時候のあいさつを省略する場合には、頭語を「前略」・「冠省」などと書き、結語は「草々」などで結びます。「草々」とは、「ぞんざいな走り書きで、失礼しましす」という意味となります。死亡通知やお悔やみなど弔事の手紙には、頭語を省くのが習わしで、「敬具」などの結語は使ってもよいそうです。


 尚、女性の手紙では頭語はあまり使わず、結語は「かしこ」で終わるのが一般的です。「かしこ」とは「恐れ多い」という意味の「畏し(かしこし)」の語幹で、「これで失礼します」といった意味となります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸の髪結い事情

 現代の床屋さんは「理容師」と言うと、厚生労働大臣が指定するそれぞれの養成施設に二年以上通い、国家試験に合格する必要がありますが、江戸期は国(幕府)の免許は必要なく、誰でも髪結いを営業する事が可能でした。しかし、人の髷を結ったり、髭や襟足、月代(さかやき)を剃ったりするのですから、それなりの技術がなければ務まらない商売ですので、不精床に出て来た小僧さんの様に、子供の内から、親方に付いて修行して、髪結いの技術を習得した方が独立して営業する場合がほとんどで、ぽっと出で髪結をやっても、すぐに『あの髪結に髭剃ってもらったら、傷だらけになった』、なんて噂が立ちますので、お客は途絶えてしまい、営業は成り立ちません。あの不精床の親方でさえ、若いころはしっかり修行していたのです(きっと)。

 しかし、職業選択は自由ですが、「髪結床」「床屋」の店を出すのは、「株制度」で、髪結床の株を持っていないと、店を出す事は出来ません。江戸は女性より、男性の方が圧倒的に多い町でしたので、男性はかなり頻繁に床屋に通いました。株を持って一軒の店として営業しているものを「内床(うちどこ)」、橋のたもとや辻々で営業するものを「出床(でどこ)」、そして、道具を持って得意先回りをするものは「廻り髪結い」と呼びました。余談ですが、当時のお店の床屋さんは、お客さんが通りに向かって座る形式でしたので、お客さんの頭を結う髪結いさんも表通りに向かって仕事をします。常に表の方を向いて仕事をするのです。そのため、髪結床の株を取得し、幕府に届出して開業した後の髪結床の親方は、町の管理下で、不審者、酔っ払いなどの見張りなどの役割を請け負っておりました。

 当時の髪結床は、現在のバーバーと違って、整髪だけではなく、客の髭を剃ったり、眉を整えたり、耳掃除までしてくれますので、一人前の髪結職人になるには、かなり長い年月の修行が必要になりました。髪結床の料金ですが、江戸後期の天明年間(1830~44)で、一回二百八十文(現代価格換算で凡そ一万五百円)と現代に比べるとお高めですが、月代・顔剃り、耳掃除、髪の結い直しまでしてくれますので、そのお値段の様です。

 そしてそして、「株」を持たない職人さんは、新三さんの様に「廻り髪結い」として、大店などの得意先と年季契約して、定期的にお店の方へ出向いて、主人からは一回百文(現代価格換算で凡そ三千七百五十円)程度、ほかの従業員さんからはその半額程度の料金をもらいます。決められた料金のほかに、「あごつき」といって得意先に食事を出してもらう契約のところもあり、また祝い事のご祝儀なども届けられるので、腕のよい髪結いさんならそれなりに余裕のある暮らしを送れました。また、「廻り髪結い」には、女性の方も多くおられました。

| | トラックバック (0)

八十八夜

 ♪夏も近づく八十八夜・・・ 唱歌「茶摘み」に歌われた八十八夜は立春から数えて八十八日目にあたる日で、平年なら5月2日となります。

 八十八夜を過ぎますと数日後は「立夏」で、暦の上では早くも夏到来です。

 ちなみに「茶」という字を分解しますと、草冠の下が「八十八」に分解でき、八十八夜に摘んだお茶は極上品とされます。また、この日にお茶を飲むと長生きするとの言い伝えも残ります。

 唱歌が伝えますようにそろそろ新茶の季節で、昨日は静岡市の静岡茶市場で新茶の初取引が行われました。

 新茶の初取引では、縁起を担いで末広がりの「八」並びの1キロあたり8万8800円のご祝儀価格がつくのが恒例だそうですが、今年は手もみの新茶1キロに108万円と例年の10倍以上の過去最高値がついています。

 実は「108」もお茶にちなんだ数字で、「茶」の草冠は二つの「十」に分解できることから「二十」、下の「八十八」と合わせて108になり、108歳の長寿を「茶寿」というところからこの価格で札を入れたそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マグニチュードと震度

 地震が発生しますと、ニュース速報等で『マグニチュード』とか『震度』といった言葉が出てきます。


 『一体、マグニチュードと震度はどう違うの?』と思ったことがある方も多いのではないでしょうか。


 結論から申し上げますと、地震が起きた場所(震源)の揺れかたの大きさが「マグニチュード」で、震源から離れた、それぞれの場所での揺れかたの強さを、いくつかの階級に分けて表したのが「震度」です。


 例えば、電灯は60ワットでも100ワットでも、そばだと明るいですが、どっちも離れますとだんだん暗くなります。この明るさの度合いをルクス(照度)と言いますが、これと同じように地震も起きた場所(震源)はものすごく揺れますが、そこから遠くなりますと揺れ方はだんだんと小さくなっていきます。


 この震源から離れた場所での揺れた度合いが「震度」であり、それに対して地震自体の揺れ方の大きさが「マグニチュード」という訳です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »