« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

清く、正しく、美しく

 宝塚歌劇のモットー「清く、正しく、美しく」は、創設者の小林一三が礼儀作法やマナーをわきまえ、社会人としての品格を忘れないようにと贈った言葉だそうです。

 そんな宝塚に伝わる「ブスの25箇条」が以前話題になりましたが、その一部を改めてご紹介したいと思います。

    ・笑顔がない

    ・御礼を言わない

    ・グチをこぼす

    ・いつも周囲が悪いと思っている

    ・なんでもないことにキズつく

    ・謙虚さが無くゴウマンである

    ・自分が最も正しいと信じ込んでいる  等々


 もちろんここで言う「ブス」は内面的なもので、醜い内面があらわれた立ち居振る舞いのことを指します。この戒めに共感する人は多く、意外な場所で見かけたりします。

 心を清く、行いを正しく、所作を美しく・・・簡単なようで難しいことですが、そうありたい思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カツオだし

 連日の暑さで夏バテ気味の方もいらっしゃることと思います。こんな時は、疲労回復に効果があるとされる『カツオだし』を一度試してみてはいかがでしょうか。


 時速60キロで「一生泳ぎ続けるカツオ」には、人間の体内に蓄積する疲労物質を消去するパワーがあるそうで、上手に使えば夏バテの解消に役立ちそうです。


 味の素食品研究所の実証実験では、3時間かけて2.1キロ走ったネズミに濃度25%のカツオだしと蒸留水を飲ませてその後の運動量を測定した結果、カツオだしを飲んだ方は蒸留水に比べて5倍多く動き回ったそうです。


 また、エネルギー源が肝臓にどれだけ残っているかを示す数値も、カツオだしは蒸留水の2倍となったそうです。


 疲れを知らずに一生泳ぎ続け、エサを追う時に示す驚異的なスピードはカツオ特有です。疲労回復だけでなく、老化防止、生活習慣病の予防などにも効果が期待され、夏バテ気味の方は是非一度試してみる価値がありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

百日紅

 サルスベリの花は次々と咲いて咲き続けているように見えるため漢字で「百日紅」と書き、花の少ないこの時期に華やかな彩りを添えてくれます。

 木の幹がスベスベで木登りが上手な猿もすべってしまいそうなイメージから「サルスベリ」の名がついていますが、どちらかといえば登りやすい方の木です。

 ところで、木登りに関して、徒然草には次のような話が記されています。

 ある木登り名人が人に指図して高い木の上で作業をさせる時、登り始めでもなく、目的の高さに達した時でもなく、降りる際、あともう少しで地面というところで「あやまちすな。心して降りよ」と声をかけたという話です。

 「あと少しで終わる」という時に大きなミスや事故が起こってしまうことは多々あることで、それまでの苦労が水泡に帰してしまうこともあります。

 「油断大敵」あるいは「百里を行く者は九十を半ばとす」という言葉が示しますように、何事におきましても最後のツメが重要であり、慣れや慢心は大きなミスにつながります。

 「木登り名人」の話は、上手く行きそうな時こそ、初心にかえり最後まで丁寧に事を運ぶことが大切であるということを伝えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恒産なくして恒心なし

 古代中国の儒学者・孟子の言葉に「恒産なくして恒心なし」というのがあります。

 一定の職業や財産がないと安定した道徳心をもつことはできないという意味で、孔子の言う「衣食足りて礼節を知る」も同じ意味です。

 人間の精神は物質的な豊かさと密接な関係にあるということであり、日本のことわざ「貧すれば鈍す」も同様の意味を含みます。

 また、「窮すれば通ず」という言葉もあります。これは易経にある「窮すればすなわち変ず、変ずればすなわち通ず」からきた言葉で、「物事が行き詰まりまでくるとそこに変化が生じ、変化が生じればそこからまた新しい道が開けてくる」という意味です。

 白と黒の勾玉(まがたま)を組み合わせたような「大極図」はまさにこの事を表した意匠であり、「陰極まれば陽に変じ、陽極まれば陰に変ず」または「陽中の陰、陰中の陽」を表現しています。

 陰中の陽とは、大極図の陰の中央にある魚眼のような白色の点のことで、陰が強大になってもその中心には陽があり、変化の芽がすでにそこにあることを示唆しているそうです。

 そういった展開を頭に思い描いていないと、どん詰まりで窮して取り乱して誤った判断で進退を間違えるということにもなりかねません。慌てず、変化を恐れず、準備してその時を待つことが大切だということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸のほうじ茶事情

 そもそも、ほうじ茶とは、日本の緑茶の一種で、茶葉を焙じて飲用にするものです。つまり、煎茶や番茶、茎茶を焙煎(焙じた)ものです。ほうじ茶は、茶葉を焙じているため、お茶の色は茶色く、お茶の苦み成分であるタンニンが飛んでいるので苦みや渋みが少なく、独特の香ばしさがあり、口当たりがあっさりしているのが特徴です。そう言えば、元犬のご隠居さんも、お茶を焙じるから、焙炉(ほいろ)を取りな、なんて台詞を言ってましたね。このご隠居さんも、普通のお茶より、焙じ茶の方が好きな様です。しかし、ほうじ茶のお茶としての格付けは、玉露や煎茶より下で、番茶などと同ランクです。

 日本茶を大まかに分類すると、下図の様になります。この図にある緑茶とは、日本の緑茶の事で、中国の緑茶は含みません。つまり、玉露も番茶も煎茶の一種で、煎茶も抹茶も緑茶の一種で、緑茶も発酵茶(黒茶)も、日本茶の一種と言う事です。しかし、この図の中には、ほうじ茶が入っておりません。この図にある番茶とは「摘採期、品質、地域などで外れた低級品緑の茶」になります。ほうじ茶は、この「番茶あるいは煎茶を焙じたお茶」の事になります。しかし、高級な煎茶を焙じる事は稀で、おおくは番茶を焙じたものが一般的です。
               
      ┏抹茶      
   ┏緑茶┫  ┏玉露   
日本茶┫  ┗煎茶┫     
   ┗発酵茶  ┗番茶   
   (黒茶)        
             

 また、高級なほうじ茶として知られているものに、京都府南部を中心として、遠赤外線を用いた焙煎により生産され、京都府および奈良県あたりでは、キログラム単位で売られている「京番茶(いり番茶)」。茎茶(棒茶)をほうじたもので、昭和天皇に献上され、一躍その名が広まった、石川の「加賀棒茶」。一番茶から茎(「かりがね」という)の部分だけを丁寧に選り取り焙じた雁ヶ音ほうじ茶(茎ほうじ茶あるいは棒ほうじ茶とも)。摘み取った茶葉をよく蒸し、天日で乾燥させてから焙じる奈良吉野の日干(にっかん)番茶などがあります。

 なお、ほうじ茶は出来るだけ熱いお湯で淹れる方が美味しく、急須で淹れる場合、三十秒程で、ほどよくお茶の成分が浸出されます。ただし、一煎目でほとんど成分が出てしまうので、二煎目を淹れるより、新しい茶葉に変えた方が良いそうです。

| | トラックバック (0)

平均寿命

 昨年(2016年)の日本人の平均寿命。女性87.14歳、男性80.98歳となり、過去最高を記録しています(厚生労働省調べ)。

 国際比較では男女とも香港に次いで世界2位です。1位の香港は女性が87.34歳、男性が81.32歳です。

 女性の3位はスペインで、85.42歳、4位はフランスで85.40歳、5位は韓国で85.20歳です。

 男性は3位がキプロスで80.90歳、4位がアイスランドとスイスで80.70歳となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

即席ラーメンの日

 本日8月25日は「即席ラーメンの日」です。世界初の即席ラーメンは日清食品の会長・安藤百福氏によって開発され、1958年8月25日に発売されました。お湯をかけたら2分で食べられる「チキンラーメン」の誕生です。


 当時のうどん玉が1個6円に対し、価格は35円もしました。お店で中華そばを食べるのと同じ値段だったようです。「チキンラーメン」は精力がつく、肌つやによいと評判となりヒット商品となりました。

 日常的な食品としてのインスタントラーメンは、世界中で今や年間に約1000億食が食べられています。近所のスーパーやコンビニに行くと各メーカーの工夫を凝らした様々な商品が店頭に並んでおり、どれにしようか迷ってしまいます。ファンの中には、地域限定の商品を探したり、海外のインスタントラーメンを通販で入手する方もいらっしゃるようです。


 現在、即席めん市場は中国が世界最大の消費国で約4割を占めています。日本の年間総需要56億食に対して中国の総需要は385億食にのぼります。2位はインドネシアで130億食、3位が日本で4位がベトナムで49億食、5位はインドで42億食となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シ ソ

 連日のように暑い日が続き、そろそろバテ気味の方もいらっしゃると思います。こんな時は、『紫蘇』(シソ)を試してみる価値があるかもしれません。

 「紫の葉で蘇(よみがえ)らせる」と書いて「紫蘇」となり、中国では人を生き返らせる力のある植物とされています。せきやたんを鎮める効果があるとされ、強力な殺菌作用や防腐効果はよく知られていますが、最近では抗アレルギー効果が注目されています。

 また、栄養価が豊富で特にビタミンAやCが多く、カリウム、カルシウムなどミネラルも含まれ、砂糖と水で煮出して薄めて飲むと疲れを和らげる効果もあるそうです。

 葉が緑の「青ジソ」と紫の「赤ジソ」に大別され、「青ジソ」の葉は「大葉」とも呼ばれ、元来の旬は夏。その香りと殺菌作用から刺し身のツマなどに適していますが、天ぷらや麺類の薬味など幅広い用途に使われています。

 一方、「赤ジソ」はシソジュースにしたり、梅干しを着色するのに使います。出回りますのはやはり初夏から7月。最近は、シソジュースブームで「赤ジソ」の人気が高いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地蔵盆

 お盆が終わってご先祖様をお送りすると、次にやってくるのが『地蔵盆』。『地蔵盆』は近年、8月23、24日の地蔵菩薩の縁日に行なわれますが、盛んなのは主に京都を中心とした関西地方で、子供たちが主役となって地蔵尊に供物を捧げたりします。


 大阪や神戸では地車を出したり、町内からお菓子を頂く習慣があり、また、盆踊りを行なう地域もあるようです。


 ご存知の通り、『お地蔵様』は実質的には民間信仰の中にある神様ですが、一応は仏教に所属する『地蔵菩薩』です。『地蔵菩薩』はお釈迦が入滅してから未来仏の『弥勒菩薩』(みろくぼさつ)がこの世に現れるまで、人間界のみならず地獄・飢餓・修羅・畜生・天といった六道すべてにおもむき、人々を救済する存在です。


 これが平安時代以降に阿弥陀信仰と結びつき、地蔵信仰は民間に広がりました。村を守る道祖神と同じ役割を担うようにもなります。そして、地獄の鬼から子供を救うとして子供の守護神となり、現在まで続いています。


 地蔵盆が終わると、子供たちは夏休みの宿題に追われ、木々から降り注ぐ蝉の声も少なくなります。そして虫の音色とともに秋の気配がぐっと近づきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人気テーマパーク2017

 1983年4月に東京ディズニーランド(TDL)が開園し、累計の入園者数が1億人を突破したのは1991年5月で、丸8年かかっています。

 2001年9月には東京ディズニシー(TDS)が開園し、2014年4月にTDLとTDSを合わせた入園者数の累計が6億人を突破。そして先日、累計の入園者数が7億人に達しました。6億人突破から約3年4カ月で1億人上乗せした計算で、過去最速のペースだそうです。

 ところで、今は夏休みシーズンで、夏休みに行きたいところと言えばテーマパークが相変わらずの人気です。

 参考までに、世界最大の旅行口コミサイトを運営するトリップアドバイザーが口コミ評価をもとにまとめた「人気テーマパーク2017」によりますと、国内テーマパークの最新の人気ランキングは下記のようになっています。※順位の次のカッコは前年順位。


   1位( 2) ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪府大阪市)

   2位( 3) 東京ディズニーランド(千葉県浦安市)

   3位( 1) 東京ディズニーシー(千葉県浦安市)

   4位( 6) ナガシマスパーランド(三重県桑名市)

   5位( 4) 富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)

   6位( 9) ふなばしアンデルセン公園(千葉県船橋市)

   7位( 7) 東京ワンピースタワー(東京都港区)

   8位( 8) 江戸ワンダーランド 日光江戸村(栃木県日光市)

   9位(10) メガウェブ(東京都江東区)

  10位( - ) ハウステンボス(長崎県佐世保市)



 ちなみに、ランキングの発表が始まった2013年以降、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)が首位に立つのは今回が初めてです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏バテ

 夏バテとは、疲労や倦怠感、食欲不振など体調の崩れを指す言葉で、「暑気あたり」や「夏負け」などとも言います。

 昔は暑さによる体力低下・食欲不振などで「夏痩せ」の症状が主でしたが、エアコンを利用する機会が多い現代は温度と湿度の急激な変化で自律神経のバランスを崩すことで夏バテになることが多く、睡眠不足やストレスなども原因とされています。

 夏バテの予防としては、体を冷やし過ぎないようにすること、睡眠を十分にとること、バランスの良い食事を摂ることなどがあげられます。

 夏バテを解消する方法も同じようなことですが、身体が冷えすぎた際はお風呂で身体を温めることが効果的で、十分な休養と栄養補給で回復が早まります。

 食欲がないからといって食事を摂らないのでは衰弱するばかりですので、多少無理をしてでも食べたほうが良いそうです。栄養が不足がちだと感じた場合にはビタミン剤や栄養ドリンクで補うのも効果的です。

 また、この時期は熱中症予防のため、意識してこまめに水分を補給した方が良いのですが、水分の摂り過ぎは食欲不振につながり、夏バテを招くことになりますので注意が必要です。

 ところで、今年は土用の期間中に丑の日が二度あり、6日(日)がその「二の丑」です。

 夏バテを予防・解消するためにも鰻を食べて精をつけたいものですが、鰻が苦手な方は、鰻と同じく夏バテにも効くとされる「とろろ」(山芋)が良いかもしれません。

 山芋には滋養強壮の効果があり、「山薬」(さんやく)または「山うなぎ」との別名があるほどです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アナゴとウナギ

 「アナゴ(穴子)とウナギ(鰻)、どう違うの?」と思われた方もいらっしゃると思いますが、そろそろそのアナゴが旬となります。今では1年中出回り、味もそれほど変わりませんが、やはり旬は夏場です。

 寿司や天ぷらのネタとして大変人気がありますが、一般にアナゴと呼ばれるのはマアナゴです。江戸前の寿司店では東京湾産のものが上物とされ、西日本では兵庫県明石市と淡路島の間の海域で水揚げされるアナゴが美味といわれています。

 体長はオスで40~50センチ、メスで90センチ前後になりますが、食用に好まれますのは20センチ程度のもので、大きくなると骨が太くなって食べにくくなるためです。かば焼きやアナゴ飯、酢の物など様々な料理に使われますが、良質のたんぱく質やビタミンAが豊富で夏バテ防止用に高い人気があります。

 そのアナゴ(穴子)とウナギ(鰻)。どちらも細長く円筒形ですが、アナゴには側線(体の両側に線状に並んでいる感覚器)の各孔に白色点があり、背びれの下にも白色点が1列に並んでいるのが特徴です。また、頭部にも白色点がみられます。

 ウナギは淡水域に生息していますが、成熟した親は産卵のために海へ下ります。一方、アナゴは海に生息しており、海で一生を過ごします。また、食品としてみた場合の違いは、アナゴの脂質含有量はウナギの半分程度です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年間給与ランキング

 東京商工リサーチが発表した上場企業の2017年・平均年間給与ランキングの上位10社は下記のようになっています。

        <企業>        <平均年間給与>

     1位)TBS         1661万円

     2位)朝日放送        1515万円

     3位)フジ・メディア     1485万円

     4位)野村HD        1451万円

     5位)日本テレビ       1427万円

     6位)日本M&Aセンター   1418万円

     7位)三菱商事        1386万円

     8位)伊藤忠商事       1383万円

     9位)テレビ朝日       1373万円

    10位)スクウェア・エニックス 1365万円


 テレビ、金融機関、総合商社の給与水準が高いのはよく言われるところですが、メディア関連の給与の高さは突出しています。

 ちなみに、市場別の年間平均給与は、東証1部の676万円が最高で、以下、マザーズの624万円、地方上場の559万円、東証2部の553万円、ジャスダックの542万円の順となっており、東証1部上場企業とジャスダック上場企業の平均給与には134万円の開きがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパイス

 蒸し暑い日が続きますと食欲も減退しがちとなりますが、こういう時はスパイシーなものが美味しく、また食欲をそそります。カレーライス、キムチ、冷ややっこのショウガ、ワサビのきいた寿司・・・等々です。


 私たちは、これらの香辛料の刺激を「辛い」と表現しますが、隣の中国では「麻」(まー、サンショウのしびれる刺激)、「辣」(らー、唐辛子やコショウのひりひりと熱い辛さ)、「麻辣」(まーらー、舌がしびれるような辛さ)、「辛」(しん、広い意味の辛さ)などと使い分けられています。


 素材や水の持つ淡い味が好まれた日本に比べ、古来より香辛料や濃厚な味付けが発達した中国では、辛みを一語で片づけられないのかもしれません。


 サンショウ「花椒」・トウガラシ「辣椒」・コショウ「胡椒」を総称して「三椒」と言い、これが中国料理の辛みを作る代表的スパイスとなっています。


 ところで、物を食べて感じる味覚(甘い・酸っぱい・しおからい・苦い・うまい)は舌で感じますが、「辛み」を感じるのは舌ではないそうです。カラシ・ワサビの辛みは揮発性の辛み成分が鼻を抜け粘膜を刺激することで感じ、サンショウやトウガラシの辛みは、成分が人体の痛点を刺激して「痛み」として感じるそうです。


 いずれにしましても、暑くなるこれからの時期、スパイスを上手に使うのもまた「食」の楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車の盗難被害

 全米保険犯罪局の報告によりますと、2016年に米国内で最も盗まれた車はホンダのアコード(1997年型)で、年間で5万0427台盗まれています。

 スマートキー(ドアノブに手をかけたりするだけで解錠ができ、スタートボタンでエンジンが始動する装置)が採用される以前に発売されたファミリー向けセダンやピックアップトラックが盗難被害に遭いやすいようです。

 また、2016年11月の1カ月間に保険金を支払った事案を対象にした日本損害保険協会の調査によりますと、日本国内ではトヨタのプリウス、ハイエース、ランドクルーザーが盗難被害のワースト3となっています。

 同調査においてハイエースは2013年まで7年連続でワースト1でしたが、代わって世界的な人気の高まりとともに交換用バッテリーの需要が高いプリウスが3年連続でワースト1となっています。プリウスはバッテリーの消耗が激しく、交換費用も高額となるため、バッテリーだけ盗難されるケースも多いようです。

 ちなみに、最近はイモビライザー(盗難防止装置)を解除する「イモビカッター」やスマートキーを悪用した「リレーアタック」などの手口が増えており、窓ガラスをたたき割るような手荒な手口はほとんどないそうです。

 ハイエースは、積載量が多く耐久性に優れ、部品が手に入りやすく修理がしやすいなどの理由で、海外、特に中東やアフリカなどで人気があります。悪路などの走破性が高く耐久性に優れるランドクルーザーも、中東やアフリカ発のニュース映像でよく見る車です。

 警察庁の資料によりますと、国内で発生した自動車盗難の認知件数は、2003年の6万4223件をピークに減少傾向にあり、昨年は1万1655件とピーク比で5分の1以下にまで減少していますが、上記3車種の比率は相変わらず高いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にっぱち

 8月は旅行や帰省で移動する人が多く、乗降客で賑わう駅の売店は8月の売上高が年間を通して最も多くなります。

 一般的に昔から、年度末前の2月とお盆休みの8月を「ニ八(にっぱち)」と言い、他の月に比べて荷動きや人の動きが緩慢になり、商売が振るわない傾向があると言われますが、サービス業の比率の増加などから実際にはこの時期が掻き入れ時となっている企業もあります。

| | トラックバック (0)

電気自動車

 フランス政府がガソリンやディーゼル燃料で走る自動車の販売を2040年までに全廃し、電気自動車などクリーンエネルギーを使った自動車だけの販売を認めると発表しています。


 そのフランスに続いて7月26日には英国も2040年までに国内でのガソリン車およびディーゼル車の販売を全面的に禁止すると発表。スウェーデンの自動車メーカー、ボルボ・カーは2019年までにエンジンだけで走る自動車の生産を終了し、全車種を電気自動車(EV)かハイブリッド車にすると宣言しています。


 既に世界最大の自動車市場の中国も大気汚染への対応などからEVの普及を国策として強力に推進しており、こうした世界的な流れは益々加速するものと考えられます。

| | トラックバック (0)

洞 察

 「連想」と似たような言葉に「洞察」がありますが、こちらは本質を見抜き先を見通すという意味が加わります。中国の故事に次のような話がありますのでご紹介いたします。

 王が初めて象牙の箸を作った際、それを見た重臣はひそかに恐れました。

 象牙の箸を使うようになれば、汁を盛る器も、土器をやめて玉でつくるようになる。そのような立派な器を使うようになれば、食べる料理も粗末なものはやめて天下の珍味を求めるようになる。そうなると今度は、錦の衣を着て立派な宮殿に住みたくなるにちがいない。

 このようにして次ぎから次と象牙につり合うものを求めていけば、天下の富を集めてもまだ足りなくなるだろう。と、その重臣は思ったそうです。案じたとおり、その後、この王は自らの国を滅ぼしてしまいます。

 このレベルの洞察力に達するのは容易ではありませんが、なるほどと思う話です。ちなみにこの故事は次のような言葉として今に伝えられています。

 「見微以知萌、見端以知末」

  微を見て以って萌を知り、端を見て以って末を知る

 (びをみてもってほうをしり、たんをみてもってすえをしる)

| | トラックバック (0)

団 扇

 もともとは占いや魔除けの道具だった風鈴は、一服の涼を運ぶ情緒豊かな夏のアイテムです。

 群馬県の前橋市と桐生市を東西に結ぶ上毛電鉄や兵庫県川西市などを走る能勢電鉄では、風鈴を吊るした風鈴電車を走らせ、乗客を楽しませています。

 古くからある夏のアイテムといえば団扇(うちわ)もそうです。もともとは団扇も占いや魔除け、行司・軍配などに使われていましたが、涼や炊事、虫追いなどに用いられるようになりました。

 「丸亀うちわ」で知られる香川県の丸亀市は生産量も日本一で、「伊予竹に土佐紙貼りてあわ(阿波)ぐれば讃岐うちわで至極(四国)涼しい」との古歌も残ります。

 団扇はすたれることなく、風を起こす他に、浴衣に合うおしゃれの小道具として、または広告の媒体として今も盛んに利用されています。

 また、この時期の抱き枕は冷感素材を使ったものが今は主流ですが、昔は竹で編まれていました。通気性抜群で、竹ならではの冷たい感触も好まれ、「抱き籠」または「竹夫人」という名称で呼ばれていました。

 ちなみに、英語の「ダッチワイフ」は本来はこの竹夫人(バンブーワイフ)のことを指し、日本での意味合いとは異なるそうです。

| | トラックバック (0)

手足口病

 乳幼児を中心に感染する「手足口病」が全国的に大流行しているそうです。全国約3千ヶ所の小児科で手足口病と診断された患者数は7月10~16日の1週間だけで約2万6千人と前年同時期の約11倍に達しているそうです(国立感染症研究所調べ)。


 症状として「熱が長引いて夜泣きする」、「口内炎が痛くてご飯を食べられない」などがあるそうです。国は更なる流行拡大の恐れがあるとしており、これからは一段と手洗いの徹底やタオルを共用しないなどの予防を徹底する必要があります。

| | トラックバック (0)

お盆玉

 今日は「山の日」(祝日)のため週末は3連休となり、月遅れのお盆の期間(13日~16日)でもあるため、今週末から来週にかけてが帰省のピークとなります。

 ところで、お盆に帰省した子どもや孫にお小遣いを渡すかどうか、もらったことがあるかどうかという調査が行われました。

 ソニー損保がお盆の帰省に関して行った調査の一項目ですが、お盆にお年玉をもらったことが「ある」と回答した割合は15%、あげたことが「ある」との回答は8.5%となっています。

 お盆のお小遣いは「お盆玉」というそうですが、この言葉を「知っている」と回答した割合(認知率)は37%です。

 お盆玉を「用意(持参)する」割合を居住地域別にみてみますと、「関東」「中部」「北海道・東北」の順で高くなっています。
 
 ちなみに、お盆にお小遣いを渡す風習は、江戸時代に山形地方で奉公人に衣服や履物などを渡す習慣からきたものとされており、そういったこともあって東高西低の傾向があるとのこと。

 広く一般化した風習とはまだ言えませんが、全国の郵便局(一部の簡易郵便局を除く)では2014年から毎年、かわいい絵柄の「お盆玉袋」を販売しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お 盆

 お盆を故郷などで過ごす人びとの帰省ラッシュは、空、鉄道、高速道路ともに明日がピークとなる見通しですが、首都高速に関しては早めに休みをとった人の移動に加え、休みに入る前に仕事を片付けようと営業車や配送のトラックが大幅に増えるため今日が混雑のピークだそうです。

 ところで、お盆の時期は冥界(死後の世界)の裁判官・閻魔王(閻魔大王、閻魔様)もお休みで、地獄の窯の蓋が開くため、霊魂がこの世とあの世を行き来することが可能になります。

 ご先祖様の霊魂を迎えるため、8月13日には迎え火を焚きます。この世とあの世を行き来するための乗り物として、きゅうりやナスでつくった「精霊馬(しょうりょううま)」を用意する地方もあります。

 きゅうりは、あの世から早く家に戻って来られるようにとの願いを込めて、足の早い馬。ナスはゆっくり帰ってもらいたいとの計らいと、たくさんの供物を積んであの世へ持ち帰ってもらうために牛に見立てています。

 ちなみに閻魔王は人類最初の死者で、死んだ後に天界を支配し、その後、死者を裁くという役割を担うようになり、しだいに冥界・地獄の王として性格づけされ今日に至ります。

 イメージの中にある閻魔王はいかにも恐ろし気でありますが、日本には閻魔王の本地(本来の仏・姿)は衆生を救う地蔵菩薩であるとの考え方があります。

 現世の罪を裁く冥官である閻魔王は、地蔵菩薩として現世での人々の行いをつぶさに見ているからこそ、死者を正しく裁くことができるとされ、閻魔王が地蔵菩薩であればこそ救済の道も残されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貿易額

 島国である日本の輸出入の手段は必然的に船か飛行機を使うことになり、全国の海港や空港、つまり税関を経由して貿易が行われます。

 全国に九つある税関は先日、今年上半期(1~6月)の管内(港や空港)の貿易額についてまとめており、個別港でみた輸出額トップ5は下記のようになっています。

 =港 名=  =上半期の輸出額= (前年同期比) 

   名古屋港  5兆6141億円  ( 6.4%増) 4期ぶりプラス

   成田空港  5兆4109億円  (26.9%増) 2期連続プラス

   横浜港   3兆4312億円  ( 1.9%減) 3期連続マイナス

   東京港   2兆7849億円  ( 4.9%減) 4期連続マイナス

   神戸港   2兆7107億円  ( 6.2%増) 4期ぶりプラス


 世界でも有数の製造業・トヨタ自動車のお膝元の名古屋港は日本最大の輸出拠点として機能しており、貿易額も日本一です。

 尚、成田空港では、スマホ向け需要で半導体等製造装置や科学光学機器(液晶パネル含む)などの伸びが著しく、輸出額は名古屋港に迫っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8並びの日

 今日は8並びの日で、一年のうちで最も「○○記念日」が多い日だそうです。

◆8月8日 今日は何の日 六曜:仏滅  満月、部分月食

 そろばんの日、ぱちんこの日、まるはちの日、ベーグルの日、プチプチの日、屋根の日、ヒゲの日、歯並びの日、笑いの日、タコの日、ちょうちょうの日、ブルーベリーの日、地球歌の日、おばあさんの日、パパの日、パパイヤの日、マルちゃん焼そばの日、醤油豆の日、葉っぱの日、洋食の日、子ども会の日、親孝行の日、発酵食品の日、ひょうたんの日、鍵盤の日、白玉の日



 日本では「八」を「末広がり」の数字として縁起を担ぐ人がたくさんいますが、中国でも「八」の発音は「発財(儲かる)」や「発展」の「発」に通じるため縁起の良い数字とされており、8並びの車のナンバープレートや電話番号はオークションで高値がつきます。

 数字にまつわる「縁起」も国にや文化によって様々ですが、日本で「九」は「苦」に通じるとして忌数(いみかず)とされてきましたが、中国の陰陽思想では「9」は陽数(奇数)の究極数であり、崇高なものの象徴です。

 中国では陽の極数である「9」が重なる9月9日を「重陽の節句」として祝い、九が「久」に通じるとしてこの日に結婚するカップが多く、タイでは「前進」を意味するタイ語と同じ発音の「9」はラッキーナンバーで、やはり9月9日には婚姻届けを提出するカップルが多いそうです。

 洋の東西を問わず聖なる数字として捉えられているのが「7」です。

 天地を創造した神は7日目を安息のための聖なる日と定め、仏陀は生まれてすぐ七歩歩いたとされます。

 日本においては、生後七日目にお祝い(お七夜)があり、七五三で七歳の成長を祝い、初七日や四十九日など、法要は七日を単位として行われます。また、「七福神」や「七つ道具」など、個性あるものをまとめる数詞としても利用されます。

 ちなみに、よく使われる「ラッキー7」は、アメリカの野球の試合で、終盤の7回に打ち上げたフライが風に乗って勝ち越しのホームランになり、この時の勝利チームの選手が「ラッキー7」と言ったのが始まりとされています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生産性とお盆

 生産性とはなんでしょうか。生産的であることが重要ですが、生産的でない時間を減らすことがとても肝要に思えます。では生産的とはどういうことでしょうか。結果を多く出すことだと思いますが、生産出力を上げることも重要ですが、生産に費やす時間を減らすことも肝要に思えます。以上の2点を実行すると、人に等しく与えられた時間の中で、生産に使う時間が多くなり、かつ生産の回数が増えるので、生産性が上がると云えるでしょう。

 この2番目の、一生産当たりの消費時間を短くすると云うのは、意識するとしないとで大きな差が出ます。やり方次第で大きく変えることも出来ます。大体大勢で議論したり、大勢と確認しながら物事を決めようとすると、関係者全体の時間を大きく占有しますから、チーム全体の生産性は大きく下がります。自分ひとりで決める範囲内でも、判断・決断するのに長く時間が掛かってきたら、意識を持って時間を延ばさずに決めないといけないと思います。下手な考え休みに似たり、とは良く云ったものです。

 考え、判断し、アクションを取ることが仕事であると、重々分かってはいますが、更に自分に云い聞かせて、物事に臨んでいきたいと思います。お盆休みは、生産力が上がるかどうかは不明ですが、生産性は上がる期間だと思います。世間がお盆らしくなってくる中で、そんなことを思うのでした。

| | トラックバック (0)

金 魚

 各地で夏祭りが行われるこの時期、露店がそこかしこに並ぶ風情は昔も今もあまり変わらず、金魚すくいをねだる子供の姿もほほえましく感じられます。

 金魚はもともと突然変異のフナを飼育・交配させ、改良を重ねて定着させた観賞魚で、光があたるとキラキラ輝いて見えるので「金魚」。日本には15世紀頃に中国から伝来、江戸時代後半には広く庶民も愛玩するようになりました。

 ところでこの金魚、中国では「金余(お金が余る)」の発音に似ていることから縁起物として知られています。

 明治の頃、日本から移入されたアメリカでは、「ゴールドフィッシュ」という縁起のよい名前と相まって、ペットとして飼育している愛好家も多いそうです。

 ちなみに、風水を非常に気にする香港ビジネス界では、風水の観点から水槽の位置やその中に入れる金魚(風水魚)の数まで決まっていると聞きます。

 風水では、水には「気」を引き込んで蓄積するという特性があり、「お金が余る」という縁起物の金魚を入れることで、「幸運や財を引き込む」という験(げん)担ぎとなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界の人口

 世界の人口が50億人に達したのが30年前(1987年)の7月11日で国連人口基金はその日を「世界人口デー」としました。

 50億人目と認定された赤ん坊を、当時の国連事務総長が祝福した映像がニュースで流れましたのでご記憶の方もいらっしゃるかと思います。

 世界の人口は1999年に60億人を突破し、2015年時点では約73億人、2030年には80億人を超え、2050年には98億人に達する見通しです。

 ちなみに、国連の推計によりますと、33年後の2050年における人口の多い国ランキング上位5カ国は下記のようになっています。※カッコ内は2017年の推計人口。


  1位)インド      16億6000万人 (13億4000万人)

  2位)中 国      13億6000万人 (14億1000万人)

  3位)ナイジェリア  4億1064万人 ( 1億9089万人)

  4位)米 国       3億8959万人 ( 3億2446万人)

  5位)インドネシア  3億2155万人 ( 2億6399万人)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猛暑日

 気象庁は最高気温が35度以上(猛暑日)になることが予想される場合に高温注意情報を発表し、熱中症への注意を呼び掛けています。

 ちなみに、気象庁は全国に設置された無人観測所(アメダス)で気温を計測しています。

 アメダスの温度計は、昔の百葉箱のように地上から1.5m程の地点で、人工的な熱源の近くを避け、熱がこもらないように風通しが配慮され、地面は照り返しの影響が少ない芝生などで、直射日光が当たらないようにして設置されています。つまり、気象庁は風通しの良い日陰の気温を計測し発表しています。

 風の有無や湿度、発汗や服装などによって違ってきますが、直射日光の下での体感温度は天気予報等で聞く気温よりもかなり高いというのが実際です。

 都心などの市街地では、アスファルトからの照り返しに加え、ビルからの輻射熱、エアコンの排出熱といったヒートアイランド現象も気温上昇に拍車をかけます。

 暑い日は無理な運動を避け、屋外では帽子や日傘を用い、歩く際はなるべく日陰を選び、水分をこまめに補給、多量に汗をかいた場合は塩分も摂取し、カーテンで日射を遮る、冷房を適切に利用するなどして、皆様も熱中症にならないようくれぐれもお気を付けください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最高気温

 暑い日が続いています。世界最高気温は、1921年7月8日にイラク南部の都市バスラで記録したセ氏58.8度だそうです。

 60度近い暑さともなりますと想像がつきませんが、ペルシャ湾の一番奥にあるこの一帯は、世界で最も暑い地域の一つです。


 その暑さの経験者によりますと、「暑い」よりも「痛い」感じらしいです。そのため、長袖のゆったりした衣服を着て、極力肌が直射日光に当たるのを避けるということです。


 国内の最高気温は高知県での41.0度(2013年8月12日)です。果たして今年の最高気温は何度になるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビットコイン

 フォークとは食器のフォークのことです。英語(fork)では、干し草などを刺す道具のことも云います。要は(基本)2つの細い尖ったものが並んでいる道具などを指します。指で作るVサインも似ているので、Vの指で投げる野球のボールの種類フォークボールも、このフォークです。同様に、道や川が二股に分かれている場所も英語でフォークと云います。

 一昨日から話題のビットコインのハードフォークは、ビットコイン(のブロックチェイン)が2つに分岐することです。急に分かりにくいですね。極端な比喩を使うと、100万円預けてある銀行の預金通帳が、90万円の通帳と10万円の通帳に分かれるようなもの、もっと正確に云うと100万円と100万新円の通帳に分かれ、1円は0.9旧円、1新円は0.1旧円の価値が当初はある、とでも云えるでしょうか。ですからこのこと自体はあくまでも「分岐」であって「分裂」ではありません。報道では「ビットコインの分裂危機」などと日本語では書かれていますが、分裂とするのは誤訳に近いと思います。

 然しながら、何故このようになったかと云う経緯を見ると、ビットコイン関係者の間で、性能強化に向けた改変の話し合いが付かなかったからであり、その意味では分裂と云えるでしょう。性能とは、これも様々な定義がありますが、例えば送金などの取引を1秒間に取り扱い出来る回数が、ビットコインは大手クレジットカードに比べて約700分の1しかない、などの問題があります。

 さて、分岐はいいのですが、分裂は不安定です。ドル紙幣や日本円紙幣は、どこでもいつでも誰相手でも使えると云う安定感があり、それが利用量、即ち流動性を高く維持することになっています。分裂による不安定は、流動性に関してマイナスです。シンガポールのような抜け目のない政府は、国の通貨のデジタル通貨化を図っています。デジタル通貨の利便性と、しっかりとした国が運営する安定感の双方を提供し、仮想通貨マーケットに超弩級の殴り込みを掛けるつもりでしょうか。そうするとビットコインは、隠したい取引の世界など、ニッチな世界でのみ存在感を維持し、全体の流動性は伸び悩むかも知れません。

 分岐か分裂かは、狭い世界での覇権争いなのか、広い世界での覇権争いなのか、の違いを生むでしょう。この話は分かりにくくて面倒くさい話なのですが、興味と注意を払っていかねばならないと思っています。

| | トラックバック (0)

炎上商法

 炎上商法と云うものがあります。SNS等で敢えて問題発言をしたりして、注目を集め、謝罪したりもしますが、それは確信犯で、見てもらう回数を増やすことで媒体価値を高め、宣伝効果を大きくして、商売に繋げると云う概念です。最近は炎上商法が増えてきているように感じます。

 更には一般的な宣伝に留まらず、例えば炎上させてフォロワーを増やして、将来の稼ぎの素にしているように思われるケースや、或いは知名度が必要な職業をしている人に於いて、敢えて炎上させて知名度を上げたり維持しようとしているケースに見えるものが、ママあります。

 飛んで火に入る夏の虫、と云う言葉があります。炎上に飛び込むのは相手の思うツボです。ホットに見える話題に惑わされないことが肝要だと思います。

| | トラックバック (0)

IoT

 カタカナ語や外来語に馴染めないという方向けに、改めて「IoT」について簡単に説明したいと思います。

 IoTは「Internet of Things」の略で、「アイ・オー・ティー」と読みます。あらゆるモノがインターネットでつがなり、相互に情報をやり取りすることで自動認識や自動制御、遠隔計測などを行うという概念で、ビックデータ(巨大で複雑なデータ集合の集積物)解析やAI(人工知能)、自動運転などとも密接な関係にあります。

 あらゆるモノがインターネットにつながった(IoTが進んだ)世の中はどうなるのか、具体例としては下記のようなことが考えられます。

・人工知能を備えた車がスマホに登録した「午後2時にタイヤを交換」というスケジュールを履行。運転者がオフィスで仕事中であっても車が自動運転で目的地まで動き、午後2時にタイヤを交換して元あった位置に戻る。

・車が自宅に到着すると、自動で居間の照明が点灯し、その日の天気やその人の好みに応じて空調や照明を調整する。

・高齢者の住まいで、夜間に鍵が開いたら介護者に自動で連絡する。

・公共の場所に設置されたゴミ箱がいっぱいになったら担当部署に知らせる。

・工場で稼働する機械やロボットなどの稼働状況から故障予測を行うなどで生産性が向上する。

・ロボットが人の筋肉の動きなどから人の意図を予測して、協調しながら動作をサポートする。

 光量や温度を自動で調整し、適した音が流れる快適な空間で、毎朝気分よく目覚め、ロボットが食事や身支度をサポート。椅子に座るとディスプレイにはその日のスケジュールやニュースが映し出され、外出時の決まった動作を検知して車が自動で車庫から玄関先に移動して運転者を迎える・・・まるでSF映画のような世界ですが、これも「IoT」の描く未来です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »