つぶやき

仮想通貨バブル?

 世界の様々な地域で、様々な時期に、或る資産のバブルと云うものが起き、それはいずれ崩壊してきました。有名なものでは17世紀オランダで起きたチューリップの球根のバブルや、それこそ1980年代に起きた日本の不動産バブルがあります。日本のバブルでは「皇居を買うお金があればカリフォルニア州を買える」と云うエコノミストの記事が世界的に大きな注目を集めました。

 バブルはどうしても起き、どうしても崩壊するものですが、その崩壊のタイミングと大きさは決して予測することが出来ない、と云うのが、複雑系物理学の考え方で、私はこれは完全に正しいと考えています。

 このような歴史上起きた全てのバブルに於いて、個人は高値掴みをして大きな損を被ってきましたが、唯一の例外が日本のバブルで、家計部門はバブルのピーク付近で不動産を大きく売り越しており、担保権の実行などの形でピークで不動産を大きく買い越したのは銀行セクターです。それが不良債権問題となった訳です。日本の個人は、世界の歴史の中で見ても、特別に優秀な投資判断をしたことを、忘れるべきではありません。

 さて昨日、アメリカの大手銀行JPモルガンチェースのCEOであるジェイミー・ダイモンは、ビットコインは典型的なバブルであり、チューリップバブルより酷く、いずれ崩壊することは間違いない、と発言しました。さてどうなることやら。世界的にビットコインを大きく保有しているのは日本にいる個人だと云われています。不動産バブルの時と同じように、うまく売り抜けることが出来るか。物理学の決まり通り、そのタイミングと大きさは予測することは不可能です。この問題は、なべてマーケット全般に云えることですが、だからこそリスク管理が肝要になります。気を付けましょう。

 しかし、ジェイミーの発言は動画で見て聞いてみたのですが、世界中にそのまま流れる枠組みの中の発言としては、ちょっと云い過ぎではありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国会議員の給料

 我が国の国会議員の給料は高すぎる、と云う声があります。さて、どうでしょうか?私は逆にもっと高くすればいいと思うのですが、理由を説明します。給料を上げればいい人材が集まると決まったものではありませんが、それでもやはり一般的には、高い給料の方がいい人材が集まるでしょう。特に、スペシャル高額な給料であれば、流石に一定数の優秀な人材は集まるものと思われます。国会議員の給料、4倍くらいに引き上げたらどうでしょうか?同時に定数は4分の1にすれば、全体のコストは変わりません。

 国会議員の年収(歳費)は約2200万円、文書通信交通滞在費という手当が月100万円(年1200万円・無税)、立法事務費が月65万円(年780万円・会派に支給)、秘書3人までの給与に当てられる秘書雇用手当が年間約2500万円。全部足すと実質6700万円程度です。この中から政策秘書を雇ったりする訳ですが、年収2200万円と云うより、年収6700万円だがこの中で秘書から立法経費まで全て賄ってもらっている、と云う方が納税者に分かりやすいと思います。

 この総年収を4倍にすると約2億7000万円。これだけ払うと云えば、優秀なコンサルタントや経営者的人材も含めた様々な優秀な人材が、やってみるか!と国会議員になろうとしないでしょうか?なべて我が国の政治家コミュニティは、なりたい人が限られていると云うか、人材不足の感が否めないと思うんですよね。どうでしょうか?

| | トラックバック (0)

江戸の「のれん」事情

 江戸研究のバイブル、近世風俗史(守貞謾稿)によりますと、

 『暖簾と訓ず。のれんなり。専ら木綿製なり。また地紺、記号および屋号等を白く染め抜くなり。三都ともに上の短き物を暖簾と云ふ。下の長きを、京坂にては長暖簾と云ふ。江戸にては日除(ひよけ)と云ふなり。けだし、長暖簾も上を縫ひ合せ、下は縫ひ合せず。日除は上下全く縫ひ合すなり。江戸にても下を裂きたるは、長のれんと云ふなり。江戸は図(省略)のごとき物を造りて、庇より上に暖簾を掛くる店もあり。京坂にはこれなし。庇より上に掛くるは、暗くては売物に利あらず、あるひは平屋にて屋根低き店等なり。巨賈(きょこ=大きな商店)にはこれなし。江戸の烟草店(たばこみせ)は、右の暖簾・日除ともに茶染木綿を用ひ、他色を用ひず。また他賈にてこの色を用ひず。また京坂は烟草店にもこれを用ひず。けだし江戸、この日除は下に空櫃(からびつ)を筵包みにし飾り荷と云ふを積み、日除の裾を斜に前に出し、飾り荷の前に垂るるなり。暖簾・日除ともに記号・屋号等を染め抜き、あるひは無地茶木綿に墨書するもあり。行燈を掛けて招牌(しょうはい=看板)に代ふるあり。(故に昼夜ともこれを掛く。)』とあります。

 そもそも、暖簾とは、古くは建物に直接風や光が入るのを防いだり、外からの目隠しにするため、冬は寒風を遮る厚い布をかけ、夏季は涼しげな竹や葦を編んだものをかけたの始まりです。最初は、冬用のものを「暖簾」、夏用のものを「涼簾(りょうれん)」と呼んだのですが、次第に布製の「暖簾」に統一され、「涼簾」の語は寺院などを除き一般に使われなくなり、「涼簾」は「簾(すだれ)」と呼ばれる様になります。

 江戸期は、一般家庭の部屋の入口の目隠し・風よけとして下げられた他、上記「守貞謾稿」にあるように、商店の入り口などに営業中を示すため掲げられ、屋号・商号や家紋などが染め抜かれてて、看板代りに使われました。それがやがて、商店の営業中の目印とされるようになり、屋号を暖簾名(または単に暖簾)と呼び、商店の信用・格式も表すようになります。そこから、「暖簾に傷がつく(店の信用が落ちる)」、「暖簾を分ける(同じ屋号で分店の営業を認められる)」、「暖簾を下す・暖簾を畳む(廃業する)」、なんて慣用句が派生したのです。
 なんか近頃、歪んだ人権意識を持つ方々が、盲人などの障害者を扱った落語を、極端にタブー視する傾向があります。でも、それは甚だしい思い違いで、『扱いにくいものには触れない』だけです。落語はしっかりと、『盲人』と言う存在に目を向け、共にこの世に生きる仲間として取り入れ、落語に参加させているのです。変にタブー視して、抹殺してしまう事の方が、どれだけ『盲人』を差別する事になるのか、そういった方々は気付いていないのでしょうか?人間としての存在を抹消されてしまう事の方が、『盲人』にとって耐えがたいのではないでしょうか。はっきり言って、この世の中に目の不自由な方は、残念ながら多くおられます(私の落語仲間にも、盲人がいます)。無視するのではなく、その扱い方に気を配る事の方が、よほど大切なのではないでしょうか・・・

| | トラックバック (0)

ICO

 ICOとは、イニシャル・コイン・オファリングの略で、新規株式公開のIPOになぞらえた、仮想通貨による資金調達の方法です。ビットコインによる資金調達という訳でも必ずしもなく、かなり複雑で、平易に説明するのは難しいです。しかし、仮想通貨と云うものが、世界のほとんどの地域では法制化されておらず、いわば国家権力の外側で色々なことが起きるので、しかもその金額が急にかなり大きくなってきたので、各国政府も知らない、見えない、分からない、では済まされなくなって来ました。

 アメリカのSEC(証券取引委員会)は、ICOで公開される仮想通貨が権利の表象である場合は、その仮想通貨は有価証券であると宣言し、シンガポール政府もすぐにそれに追随しました。そして中国政府はICOの全面禁止を宣言しました。(価値と云う意味での)お金の流れを管理することは、国家権力にとって、その実力を維持する上で、重要なのでしょう。この流れは強くなっていくかも知れません。しかし仮想通貨に対するニーズもある。

 この分野はビジネス的にも要注目領域ですが、国家権力のあり方と云う観点でも、要注意になってきました。高く広くアンテナを張っていきたいと思います。

| | トラックバック (0)

太陽フレア

 太陽表面で大きな爆発が起きたとのこと。この現象は「太陽フレア」と云いますが、観測されたのは6日夜。そして今日8日の深夜に掛けて、このフレアに伴って太陽から放出された様々な荷電粒子が地球に到達し、停電やGPSの異常などを惹き起こす可能性があるとのことです。太陽は地球から約1億5000万キロ離れていますから、秒速30万キロの光が地球に届くのは8分強。しかしこの「様々な荷電粒子」が地球に到達するのはその1日半から2日後だとすると、そのスピードはザックリ光の300分の1程度の速さになります。随分遅いですね。とは云っても秒速1000キロ程度ですから、猛烈に速いですけど。

 イメージとしては、地上でどこかで大きな爆発が起きると、先ずはその光景が瞬時に目に入り、ちょっと間を置いて爆発音が聞こえ、更に暫くしてから瓦礫や砂などが爆風と共に迫って来ますが、そんな感じに、観測出来る光に大きく遅れて、太陽からの嵐がやって来るのでしょう。そう考えると300分の1のスピードは、遅いというよりはかなり速いですね。

 今回の太陽フレアは、ほぼ10年ぶりの規模だそうです。オーロラみたいな現象も、緯度の低いところでも起きるのでしょうか?流れ星みたいな現象も起きるでしょうか?いや、流石にそれはないですね。この週末は色々なことがあり得るスケジュールですが、何事も大事に至らないことを願っています。

| | トラックバック (0)

江戸のほうじ茶事情

 そもそも、ほうじ茶とは、日本の緑茶の一種で、茶葉を焙じて飲用にするものです。つまり、煎茶や番茶、茎茶を焙煎(焙じた)ものです。ほうじ茶は、茶葉を焙じているため、お茶の色は茶色く、お茶の苦み成分であるタンニンが飛んでいるので苦みや渋みが少なく、独特の香ばしさがあり、口当たりがあっさりしているのが特徴です。そう言えば、元犬のご隠居さんも、お茶を焙じるから、焙炉(ほいろ)を取りな、なんて台詞を言ってましたね。このご隠居さんも、普通のお茶より、焙じ茶の方が好きな様です。しかし、ほうじ茶のお茶としての格付けは、玉露や煎茶より下で、番茶などと同ランクです。

 日本茶を大まかに分類すると、下図の様になります。この図にある緑茶とは、日本の緑茶の事で、中国の緑茶は含みません。つまり、玉露も番茶も煎茶の一種で、煎茶も抹茶も緑茶の一種で、緑茶も発酵茶(黒茶)も、日本茶の一種と言う事です。しかし、この図の中には、ほうじ茶が入っておりません。この図にある番茶とは「摘採期、品質、地域などで外れた低級品緑の茶」になります。ほうじ茶は、この「番茶あるいは煎茶を焙じたお茶」の事になります。しかし、高級な煎茶を焙じる事は稀で、おおくは番茶を焙じたものが一般的です。
               
      ┏抹茶      
   ┏緑茶┫  ┏玉露   
日本茶┫  ┗煎茶┫     
   ┗発酵茶  ┗番茶   
   (黒茶)        
             

 また、高級なほうじ茶として知られているものに、京都府南部を中心として、遠赤外線を用いた焙煎により生産され、京都府および奈良県あたりでは、キログラム単位で売られている「京番茶(いり番茶)」。茎茶(棒茶)をほうじたもので、昭和天皇に献上され、一躍その名が広まった、石川の「加賀棒茶」。一番茶から茎(「かりがね」という)の部分だけを丁寧に選り取り焙じた雁ヶ音ほうじ茶(茎ほうじ茶あるいは棒ほうじ茶とも)。摘み取った茶葉をよく蒸し、天日で乾燥させてから焙じる奈良吉野の日干(にっかん)番茶などがあります。

 なお、ほうじ茶は出来るだけ熱いお湯で淹れる方が美味しく、急須で淹れる場合、三十秒程で、ほどよくお茶の成分が浸出されます。ただし、一煎目でほとんど成分が出てしまうので、二煎目を淹れるより、新しい茶葉に変えた方が良いそうです。

| | トラックバック (0)

にっぱち

 8月は旅行や帰省で移動する人が多く、乗降客で賑わう駅の売店は8月の売上高が年間を通して最も多くなります。

 一般的に昔から、年度末前の2月とお盆休みの8月を「ニ八(にっぱち)」と言い、他の月に比べて荷動きや人の動きが緩慢になり、商売が振るわない傾向があると言われますが、サービス業の比率の増加などから実際にはこの時期が掻き入れ時となっている企業もあります。

| | トラックバック (0)

電気自動車

 フランス政府がガソリンやディーゼル燃料で走る自動車の販売を2040年までに全廃し、電気自動車などクリーンエネルギーを使った自動車だけの販売を認めると発表しています。


 そのフランスに続いて7月26日には英国も2040年までに国内でのガソリン車およびディーゼル車の販売を全面的に禁止すると発表。スウェーデンの自動車メーカー、ボルボ・カーは2019年までにエンジンだけで走る自動車の生産を終了し、全車種を電気自動車(EV)かハイブリッド車にすると宣言しています。


 既に世界最大の自動車市場の中国も大気汚染への対応などからEVの普及を国策として強力に推進しており、こうした世界的な流れは益々加速するものと考えられます。

| | トラックバック (0)

洞 察

 「連想」と似たような言葉に「洞察」がありますが、こちらは本質を見抜き先を見通すという意味が加わります。中国の故事に次のような話がありますのでご紹介いたします。

 王が初めて象牙の箸を作った際、それを見た重臣はひそかに恐れました。

 象牙の箸を使うようになれば、汁を盛る器も、土器をやめて玉でつくるようになる。そのような立派な器を使うようになれば、食べる料理も粗末なものはやめて天下の珍味を求めるようになる。そうなると今度は、錦の衣を着て立派な宮殿に住みたくなるにちがいない。

 このようにして次ぎから次と象牙につり合うものを求めていけば、天下の富を集めてもまだ足りなくなるだろう。と、その重臣は思ったそうです。案じたとおり、その後、この王は自らの国を滅ぼしてしまいます。

 このレベルの洞察力に達するのは容易ではありませんが、なるほどと思う話です。ちなみにこの故事は次のような言葉として今に伝えられています。

 「見微以知萌、見端以知末」

  微を見て以って萌を知り、端を見て以って末を知る

 (びをみてもってほうをしり、たんをみてもってすえをしる)

| | トラックバック (0)

団 扇

 もともとは占いや魔除けの道具だった風鈴は、一服の涼を運ぶ情緒豊かな夏のアイテムです。

 群馬県の前橋市と桐生市を東西に結ぶ上毛電鉄や兵庫県川西市などを走る能勢電鉄では、風鈴を吊るした風鈴電車を走らせ、乗客を楽しませています。

 古くからある夏のアイテムといえば団扇(うちわ)もそうです。もともとは団扇も占いや魔除け、行司・軍配などに使われていましたが、涼や炊事、虫追いなどに用いられるようになりました。

 「丸亀うちわ」で知られる香川県の丸亀市は生産量も日本一で、「伊予竹に土佐紙貼りてあわ(阿波)ぐれば讃岐うちわで至極(四国)涼しい」との古歌も残ります。

 団扇はすたれることなく、風を起こす他に、浴衣に合うおしゃれの小道具として、または広告の媒体として今も盛んに利用されています。

 また、この時期の抱き枕は冷感素材を使ったものが今は主流ですが、昔は竹で編まれていました。通気性抜群で、竹ならではの冷たい感触も好まれ、「抱き籠」または「竹夫人」という名称で呼ばれていました。

 ちなみに、英語の「ダッチワイフ」は本来はこの竹夫人(バンブーワイフ)のことを指し、日本での意味合いとは異なるそうです。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧