お知らせ

おみくじ

 店先や玄関先に飾られた正月飾りが今の季節を教えてくれていますが、仕事が始まり、年始回りが終われば、普段と変わらない日常に戻ります。

 ちなみに、正月飾りをつけておく期間を意味する「松の内」は、もともとは15日の小正月まででした。江戸の頃に7日をもって飾り納めを指示する御触書が発せられてから、関東で正月飾りは7日までという習慣が生まれましたが、関西圏では15日までのところが多いようです。

 ところで、初詣の際におみくじを引いた方も多いかと思います、意外と知られていないのがおみくじの縁起の良い順番で、上から順に下記のようになっています。

 大吉 中吉 小吉 吉 末吉 凶 大凶

 さらに細かく分かれている場合には、

 大吉 中吉 小吉 吉 半吉 末吉 末小吉 凶 小凶 半凶 末凶 大凶

 となります。

 引いたおみくじをどうするかについては、良いおみくじは持ち帰り、良くないおみくじは境内の木の枝などに結ぶというのをよく見ますが、決まりはないそうです。

 凶のおみくじを、利き腕でない方の腕で境内の木に結べば、困難な行い(修行)を達成をしたことになり、凶が吉に転じるとの説がありますが、「結ぶ」という行為には神さまとの縁を結ぶという意味があるため、良いおみくじを結んでも構いません。

 また、良くないおみくじでも、記されている教訓を戒めのつもりで持ち歩くという人もおり、逆に滅多に出ない凶や大凶のおみくじを縁起が良いとする考え方もあります。

 この一年の吉凶を占うおみくじですが、「陽極まれば陰生じ、陰極まれば陽に転ずる」と言われますように、良いおみくじであっても怠らず励み、良くないおみくじであっても用心して誠実に事にあたれば、必ず御加護があるということだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

センター試験

 京都の北野天満宮などでは早咲きの梅が開花し、ひと足早い春の訪れを告げています。

 学問の神様として知られる菅原道真を祀る全国の天満宮(天満神社)には受験生たちの合格祈願の絵馬がたくさん結び付けられており、大学合格を祈願した絵馬の主は明日から2日間の日程で行われる大学入試センター試験(以前の共通1次試験)に臨みます。

 今回の志願者数は前年度に比べ5千人余り多い55万8984人で、志願倍率は4倍。志願者の内訳は現役生44万2421人(79.1%)、既卒者11万0211人(19.7%)、その他(高卒認定試験合格者など)6352人(1.1%)となっています。

 センター試験は全国706会場で実施され、全国の国公立大161校、私大504校、短大163校の計828大学が利用します。

 ちなみに、景気低迷や就職難が指摘される現在、受験生に人気の高い学部は専門知識や資格取得で就職にも有利とされる医療系学部や教育学部、理工学部などで、法学部や経済学部の人気が低迷しているそうです。

 センター試験は、天候が荒れることが多い寒中の今の時期に行われるため、悪天候で交通機関がマヒし受験生にも影響が出たということが過去に何度もありました。今年は関東の平野部など一部を除き全国的に大荒れの天候が予想されており、受験生に注意が促されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽田会の皆さんへ

Img_0485 昨夜日本橋にて「岡田修さんの社長就任を祝う会」が行われました。
4月1日より、旧エキスプレス本部より分離・独立し”ヤマト・グローバル・エキスプレス”として発足しました。
我々のグループよりこの会社の代表取締役社長が就任出来た事は仲間として非常に悦ばしいことです。
今後の益々のご発展とご活躍を期待して居ります
昨日は旧エキスプレス本部のOB・OG14人が参加しました。
出席されました皆さん大変お疲れ様でした。
羽田会のアルバムを更新しましたのでご覧になって下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽田会の皆さんへ

Pict0107_2   昨日は羽田会の歩く会、懇親会が行われました。
歩く会の方は目黒川沿いのソメイヨシノが八分咲きでした、幸い天候にも恵まれて楽しいお花見気分をあじわいました。
出席された方はお疲れ様でした。
今回は歩く会7名、懇親会13名の出席でした。
羽田会のアルバムを更新しましたのでご覧になって下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽田会の皆さんへ

Pict0035_9 昨日は羽田会の歩く会、懇親会が行われました。
出席された方は寒いなかお疲れ様でした。
今回は歩く会6名、懇親会9名の出席でした。
羽田会のアルバムを更新しましたのでご覧になって下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)