« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

恵方巻

「1月は行く、2月は逃げる」と申しますが、本当に早いもので、1月も本日が最終日となります。そして、もうすぐ季節の分かれ目となる「節分」(2月3日)を迎えます。

「節分」とは元来、「季節を分ける」ことから「節分」といいますが、現在では節分といえば立春の前日だけを指すようになっています。しかし、季節の始まりを示す「立春」、「立夏」、「立秋」、そして「立冬」の前日はいずれも節分です。

ところで、節分の夜にその年の恵方(吉神がいる方位)を向いて「恵方巻」を無言で丸かぶりすると幸せが訪れるといいます。今年の恵方は丙(ひのえ)の方位で、「南と南南東の間」ですが、巻寿司は「福を巻き込む」とされ、「縁を切らない」ために包丁を入れず、まるごと食べるのが良いとされています。

例年この時期、セブン-イレブンやローソンなどのコンビニでは、100~300万本程度の「恵方巻」の売り上げがあるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネットでのサイどビジネス

インターネットを使って収入を得るにはさまざまな方法がありますが、最近そのうちのいくつかに資料請求してみました。
資料を取り寄せたのは、ネットでのサイドビジネスをうたっている会社数社です。
サイトには詳しい業務内容が書かれてなく、なにか怪しい雰囲気も感じるところでした。
一般的に資料請求のページは郵便番号、住所などを入力するようになっていますが、不思議な事にそれらの会社は全て電話番号と名前だけしか求められませんでした。
前日の夜に手続きしたら早速翌日電話がかかってきました。
電話では概要だけの説明しかなく、詳しくは資料が届いてからという事ということでした。
電話で住所を伝えると、資料は翌日届きました。
請求した全ての会社がほぼ同じような内容でした。
以下詳しく説明します。

これらの会社は、利用者にドロップシッピングのシステムを提供します。
ドロップシッピングとは販売店(代理店)が実際に商品を仕入れる事なく商品を販売するシステムです。
顧客から注文が入ると、店舗が仕入れ代金を支払った上で商品は卸し先から顧客に直送してもらい、代金は販売店が受け取ります。
販売店は在庫をかかえるリスクなしにショップを運営できるというのがドロップシッピングです。
しかし、今回資料を請求した業者が行っているのは、この商品を卸すだけでなくショッピングサイトの作成からシステムの使用料、集客、決済など販売システム全体を提供するというものでした。
料金プランは販売できる商品の種類やサイトの内容によっても異なるようでしたが、初期費用が50万円から120万円くらい。
業者によってはさらに月間の売上金額によって手数料を20%~30%要求するところもありました。

つまり、まとまった料金を払って自分がオーナーとなる店を業者に作ってもらい、商品の選択から商品の発送まで代行してもらうというものでした。
いわばその会社とフランチャイズ契約を結び、一定の経営指導料や販売手数料を支払いながら商売をするようなものでしょうか。?
ただネットショップなので店員を店に常駐させる必要はありませんけどね。
これらの会社にどのくらいの会員がいるのかは分かりませんが、同じような商品を同じような価格で販売しているネットショップが多くある中で、ノウハウの乏しい個人が参入して、これだけの投資を回収できるだけの売り上げを確保できるとは思えず、業者側も会員が初期費用を回収するのは難しいだろうという事を承知の上で行っているビジネスのように感じました。

表面上ネット上に自分の店が持てて、うまく回ればほとんど何もせず収入が確保できるように思うかもしれませんが、こういったビジネスモデルは本部だけが有利になるように作られている事が多いようで、個人のショップが経費を回収するのはかなり難しいはずです。
お金を捨ててもいい人以外は手を出さないほうがいいようです。

これを利用するなら商品はネット問屋から仕入れショップサイトはサイト構築会社に外注するか勉強して自分で作るかしたほうがずっとリスクは少ないと思います。やはりうまい話は注意が必要とつくづく思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報の整理(2)

情報を管理するには、クリアファイル、スクラップブック、ファイルボックス、PC、システム手帳など様々方法がありますが、自分が管理しやすい方法を用いればよいと思います。出来れば管理方式を統一すれば、いざというときに情報が取り出しやすいと思います。

収集する情報の量が多くなりますと、ファイル、フォルダーの数も増えてきます。そこでフォルダーのタイトルを色分けし、重要度のランク付けをすることも大切な管理法となります。通常3つぐらいの順位をつけ、現在の作業に用いている重要な情報を最重要なランク付けとし、次いで今は必要ではないが将来必要になるかもしれない情報、興味がある情報を第二のランク付けとします。捨てるような情報でも、場合によっては短期間保管後に処分すべきものは、余裕があれば第三のランク付けとして保管します。

蔵書は貴重な情報源ですが、いつの間にか増えてしまうのが常です。大きい収納家具や本棚を置くと、どうしても蔵書が増えることになります。とくに部屋を広く使いたいと考えている人は、本棚や収納家具は、計画を立てた上で必要以上に大きいものではなく、使い勝手の良いものを置くことが大切です。そうすれば大切な資料となる本以外は、一度読んだら処分してしまうことを考えるようになります。

洋服の整理も蔵書と同様、余り大きなクローゼットを置かない方がいいと考えます。小物類は引き出し、あるいはケースに入れるとして、全ての洋服をハンガーに掛けることです。ハンガーに掛けることにより洋服がシワになりにくく、すべてを一気に見渡せるますので、仕舞ったり取り出したりする作業が楽になります。この整理法も蔵書の収納と同じく、購入を制限しお気に入りの服に限定する
ことが出来ます。

デスクは仕事をする上での必需品ですが、デスク周り整理が仕事の効率を上げることは万人が認めるところです。デスクを有効に使うには、必要なもの以外は置かずに面積を有効に使うことが大切です。文具や小物は引き出しの所定の場所に保管するようにしましょう。使用後は元に戻しておくように習慣づけましょう。机の上にはメモや書類が散乱し、文具がちらかり放題では仕事に集中できません。
用済み資料はファイルし、これから取りかかる書類のみを置くようにする必要があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報の整理(1)

整理の基本はPCによる情報整理と同様、情報はすぐに入力することが大切で、後で入力しようと思っていると多くの情報がたまってしまって、どこから手を付けてよいか分からなったり、入力を忘れてしまったりします。すなわち、PCで情報を発生源入力するように、その場で整理することが大切です。

情報収集後に行っておかなければならないことの一つに、その情報を「いつ」「どこから」入手したかを明確にしておく必要があります。すなわち、後に情報を引用するときなどに、情報の入手日付と出処を分かるようにしておくことが大切です。衣類でもいつ、どこで購入したかがはっきりしておれば、後に処分する時の参考になります。

情報はカテゴリー別の分類をしておくと、必要なときに取り出しやすいと思います。以前はファイルボックスに情報をファイリングしていましたが、PCを使えばファイルをカテゴリー別のフォルダーに入れておけば管理が容易となります。

情報は集めるだけでは意味がなく、使いこなすことによって価値が生まれます。情報に価値を持たせるには情報をうまく管理する必要があります。そのためには出来るだけ頻回にフォルダー中の情報の「取捨選択」を行い、古くなって価値を生み出しそうもない情報は思い切って捨てなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜スペ

26日から杉並区立和田中で始まった進学塾講師による夜間有料授業「夜スペ」。賛否両論あるようですが私は大賛成です。先ず第一に、学校の校舎を使っての企画であると云うこと。塾にとって、付加価値との関係で、最大のコストは不動産費でしょう。その負担が一気に軽くなります。これは国有(自治体)資産の正しい効率的な活用だと思います。そしてこの結果、授業を行う費用も大幅に安くなるのでしょう。
第二に、費用負担者が、自治体や学校側ではなく、サービスを受ける生徒側であると云うことです。これも正しい規律が働いて、大いに結構なことだと思います。初回の反応は上々だったようです。いずれ学校の先生も、夜になると塾の先生に変身したりもするようになるでしょうか?賛否両論、加えてこれからも紆余曲折があるでしょう。どんなことにもいい点と悪い点があります。なるべくいい点に注目して、建設的・前向きに拡がっていくことを期待したいと思います。http://sankei.jp.msn.com/life/education/080126/edc0801262011006-n1.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「鱈」と書いて「タラ」。魚に雪と書くぐらいで、雪が降り始める1~2月に旬を迎えて美味しくなる魚です。口が大きく、大食漢の魚で、『たら腹(ふく)食う』の語源になったと言われています。

冷え込んだ夜に味わうタラちり鍋は格別の味ですが、一般にタラといえば「マダラ」のことを指します。「スケソウダラ」は水分が多く、鮮度が落ちやすいため、「かまぼこ」や「ちくわ」など加工品の原料になることが多く、また身よりも雌の卵巣を塩蔵した「たらこ」や唐辛子で漬けた「からし明太子」の方が馴染みが深いかもしれません。

「タラ」は雄、雌とも味は変わりませんが、珍味の白子がとれる雄は雌の倍近い価格で取引されています。切り身を店頭で選ぶ際は、透明感のあるピンクがかったものが新鮮で、逆に身が白く不透明なもの、皮が白っぽいものは鮮度が落ちているので避けたほうが良いようです。
また、白子は身くずれしているものは鮮度が落ちており、透明感があって身がしっかりしているものを選ぶのが良いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成功曲線

勉強でも仕事でもスポーツでも何でも同じですが、物事を新しく始める場合、かけた時間と成果は必ずしも比例しません。
最初は時間をかけて学んでも、ほとんど成果に結びつきません。
それでもくじけずに学び続ける事で少し成果がでてきます。
そして、学んだ時間の合計が一定のレベルを超えたところで大きな成果が現われます。
ちょうど二次関数のような放物線を描いて成果が伸びていく、これが成功曲線です。

例えば朝食に鮭の切り身を焼くときの事を考えてみます。
最初に片面を焼き始める時はグリルが冷えていますから焼けるまでに時間がかかりますよね。
でも、その面が焼き上がる頃にはグリルが熱くなっているのでもう片面は最初の面の1/3程度の時間で焼けます。
これも時間と焼き具合をグラフにすれば同じ結果になるはずです。
あるいはお湯を沸かす時も同じ。
水を入れたやかんを火にかけます。
最初のうちはいくら加熱しても何の変化もありませんよね。
ところが90度くらいまで熱せられると突然音がし始めます。
そして95度で気泡ができ始め、約100度になってはじめて沸騰します。
いくら加熱しても何の変化も起きない = 結果がでないので、つまらなくなってやめてしまったら絶対に沸騰させる = 成功のステージに立つ 事はできません。

成功者とそうでない人の違いは実はほんの小さな事でしかありません。手に入れたい結果が得られるまで続けたか、
その前にやめてしまったかの違いでしかないのです。

あなたがパソコンの技術を身につけたいとしても方法は同じ。
理解できるまで学び続ければいいのです。
時間の許す限りパソコンを触ってみる。
キー入力をマスターしたければとにかく多くの文字を打ってみる。
そういった努力を続ける必要があります。
ノウハウなんて大して重要ではありません。
絶対にそこに到着したいというマインドさえ持っていれば、その方法は自然に見えてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漬物ランキング

胃もたれ気味になっている時などは、炊きたてご飯に「漬物」と熱いお茶。これだけあればご馳走で食が進みますが、以前に「好きな漬物」というランキングを目にしました。
その第1位はキムチです。キムチは、激辛ブームや健康食ブームを追い風にここ10年ほどで急速に日本の家庭に普及しましたが、日本の漬物との大きな違いは、野菜と一緒に漬け込む材料の豊富さにあります。唐辛子やニンニク、小エビに似たアミ、小魚、果物など野菜と海の幸を合わせて発酵させますので、植物性乳酸菌と動物性乳酸菌がみごとにマッチ、「乳酸菌の固まり」と言われています。
乳酸菌には、腸内の酸度を下げて有害物質の排出を促進し、腸内環境を改善する作用があるとされ、また唐辛子の辛口成分「カプサイシン」は新陳代謝を活発にして脂肪を燃焼させ、体内への脂肪の蓄積を阻むダイエットの味方、すなわち美容効果の期待大です。

尚、ランキングは以下のようになっていました。
1.キムチ・・・・・白菜キムチ、大根キムチ、水キムチなどが有名
2.浅漬、一夜漬、お新香
3.梅干し
4.野沢菜漬・・・長野県を代表する漬物
5.柴漬け・・・・京都を代表する漬物の一つ
6.千枚漬け・・・・しば漬けと並ぶ京都を代表する漬物
7.沢庵漬
8.福神漬
9.ザーサイ
10.メンマ

一言で漬物と言いましても、数多くの種類がありますが、皆様のお好きな漬物は何でしょうか。http://ranking.goo.ne.jp/ranking/013/pickles/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横文字

言うまでもありませんが、現在のパソコンはアメリカ生まれのアメリカ育ちです。
コンピュータに関する用語は横文字、つまりカタカナが非常に多く登場します。
初心者がコンピュータを学ぶ場合、この意味不明のカタカナが最初の障害になる事が多いようです。
以前、ある方に説明をしていた時、その高齢者の方からクレームがついた事があります。
「横文字で言われても分からないから日本語で説明してくれ」私が説明していたのは、マウスのクリックという操作でした。
クリックとは マウスのボタンを押した時に "カチッ" という音を表す擬音語ですが、これを日本語でいってくれという注文でした。

コンピュータというアメリカの文化を日本に持ち込む際、一番の問題になったのは当然ながら言語の違いをどう克服するかという事でした。
英語は1バイト、つまりアルファベットの組み合わせですが、日本語は漢字やかなといった2バイト文字を使います。
これは漢字変換という技術を開発する事で解決しました。
今、私がこの記事を書くのにも使っていますが便利で素晴らしい技術です。
一方でクリックの例でも分かるように、日本語にするのが非常に難しい用語が多数あります。
例えば、
アイコン
ドラッグ&ドロップ
ソフトウェア
ハードディスク
DVD
エディタ
とか、一体どう訳すんだという用語がたくさんありますね。

Windows や MacOS などのソフトを総称してOS (Operating System)と呼びますが、これを日本語で基本ソフトなどと呼ぶ事があります。
しかしソフトが日本語になっていません。
こうなると、すでに日本語とか英語という概念にとらわれず外来語としてそのような名前なんだと受け入れるしかありません。

でも、考えてみてください。
これはなにもコンピュータ用語に限った事ではありませんよね。
例えばスキー用語なら、
ゲレンデとかシュプール、プルークボーゲンといったドイツ語が普通に使われますし、車だって、シート、エンジン、ブレーキ、クラッチ、オイルなどカタカナ用語が普通に使われますよね。
でも、これらの用語が障害になってスキーができないとか車を運転する事ができないっていう人はあまり聞きません。

つまりカタカナだから難しいのではなく、慣れていない用語だから抵抗を感じるだけという事なんです。
実はこれも人間が持っている潜在意識が変化を嫌っているから起こる現象だと思います。
新しい事や従来と大きく異なる環境に身を置く事を本能的に避ける事で自分の安全を確保しようという心理が働く、これが潜在意識が持っている現状維持システムです。

良い変化を積極的に受け入れられるようになるためにはこの潜在意識、つまりマインドを改革する必要があると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初天神

Yun_2244_2 菅原道真公は、生まれた日も、大宰府にお移りになった日も、お亡くなりになった日もすべて25日で、天神様の日として毎月25日には様々な神事が行われています。

今日は今年最初の「初天神」。全国に約1万300社ある天神社は、稲荷神社、八幡神社に次いで三番目に多い神社で、東京の亀戸天神や湯島天神では「鷽(うそ)替えの神事」が行われました(大宰府では7日)。その湯島天神では早咲きの梅がちょうど見頃を迎えていました。
 
鷽替えの神事は菅原道真公が無数の蜂に襲われた際、鷽が飛来し危機を救ったという伝承に由来し、現代におきましては前年に買い求めた手彫りの「鷽」に災いを託して、新しい「鷽」と取り換えることで吉運を招くとされています。また、知らず知らずのうちについてしまった「嘘」を、至誠の神であらせられる天神様の御力で「誠」に替えていただき、正しい幸運を招くという願いも込められているそうす。
ちなみに今日が左遷の日とされるのも、道真公が1月25日に大宰府に旅立ったことに由来し、この時詠んだ句が有名な「東風(こち)吹かば 匂いおこせよ梅の花 あるじなしとて春なわすれそ」です。

この梅の木は、道真公を慕って一夜にして大宰府に飛んできたという「飛梅伝説」を持ち、1100余年を経た今でも、毎年この時期になると清香の花を咲かせます。http://www.yushimatenjin.or.jp/pc/saiji/usokae.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自信を持つ(5)

マザーテレサの言葉と言われる名言があります。
愛の反対は・・・無関心
そう 愛の反対は憎悪ではなく無関心なのです。
では 成功の反対はなんでしょう?
失敗だと思った方・・・ ブブー
成功の反対は何もしない事。

失敗とは実行した人だけが得られる結果であり、
それを分析する事で成功に近づくという一里塚に
相当する勲章です。
何もしない事で得られる事はなにも無く、
これは失敗する事よりもずっと悪い事なんです。
人生はチャッチボール。
相手に投げたものが自分に返ってくるだけ。
何かを得たいのならまずはボールを
投げなければいけません。
モチベーションを高めて、目標に向かって
どんどん前進する・・・思った結果が
得られなければ方法をかえてみる・・・
その結果として目標に近づける
というのが成功の方程式ですね。

パソコンが上達したいと思うなら、まずは
パソコンが好きになる事が必要です。
テーマパークに向かう時のように、
パソコンに向かうとワクワクする。
こういった状態が維持できれば、
あえて勉強しようなんて思わなくても
自然に新しい知識が身につきます。
そうなれば成功したのと同じです。
モチベーションはマインドと言っても
いいかもしれません。
ビジネスに限らず、子育てでもダイエットでも、
何かを成功に導くためにはマインドこそが
最も重要な要素だと言えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自信を持つ(4)

ここで別の視点で考えてみたいと思います。例えば、浦安にあるディズニーランドに行くとしましょうか。
この場合、そこに行く手段がノウハウにあたります。
車を運転して行く人、電車でいく人、あるいはタクシーや
自転車に乗って行く、また歩いていく人もいるかもしれません。
車を運転していくなら、その運転の仕方や道順を知っている
= ノウハウを知っているという事になります。

ではモチベーションとはなんでしょうか?
この場合、そこに行きたいという気持ちが
モチベーションにあたります。
いくらノウハウがあっても、
すなわち車の運転ができたり
電車の乗り方を知っていたとしても
モチベーションがない、
つまりそこに行きたいという
気持ちがなければ
目的地にいきつく事は
できませんよね。
もちろんそのテーマパークが好きな人なら
モチベーションを維持する事は容易です。
あの動物のキャラクターに逢えると思うだけで
嬉しくて眠れないという状態ならモチベーションが
最高潮であると言えます。

一方で人ごみが嫌い、あるいは混雑している
ところや行列に並ぶ事がキライという場合なら当然そこに
行く事を考えると気が重くなって、積極的に
行きたいという気持ちにはならないでしょう。

テーマパークへ到着する事 = 成功と考えれば、
ノウハウとは物事を成功に導く際の付随的な要素に
過ぎないという事がこの例から分かると思います。
逆に、高いモチベーションがあればノウハウは
どうにでもなります。
自分で車が運転できなければバスや電車に乗って
行くだけだし、その方法が分からなければ
他の人に聞くでしょう。
どうしてもそこに行きたいという気持ちがある
からこそ恥ずかしさも克服できるし、
早起きも苦にならないのです。

この例から分かるように、
高いモチベーションさえあれば
必ず目的は達成できるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自信を持つ(3)

◆ 今回(1)(2)のまとめ。
○ 反省するな。
もちろん全人類に当てはまる話かは分かりません。
「でも、○○な人が反省しないと…」という意見は当然あるかと思います。
ただ、他人のことではなく、あなた自身が自信を持ちたいのなら、心にとどめておくことが大切です。
一つの考え方としてご理解いただければ幸いです。
◆ さいごに。
メンデルという人物がいます。
彼は神父であるにも関わらず、遺伝子の存在を発見し、学会に発表しました。
しかし彼の発見があまりに革新的すぎたため、当時の学会には理解することはできませんでした。
彼の研究が正しいと認められたのは、死んでから数十年たったあとです。
そのメンデルは、こんな言葉を残しました。
「全ての人間がなんらかの間違いをしでかしてるのに、私だけが例外のはずはない。だが、たとえ間違ってるとしても、正しいと思えた時に、正しいと言ったり行動したりしないとしたら、人間には何も無いんだ。」

すべての人が、間違いを持っているんです。

反省という言葉で、今という時間をムダにしないでください。

大切なのは、行動することなんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自信を持つ(2)

◆ 本能は学んでますから。
また人間、本当に「やっちゃダメ」な行動をしたら、もう「意識的に反省をする」なんてレベルではなく、体そのもので学ぶものです。
たとえば僕、子供のころにアイロンの底面を触ったことがあるんです。
小学生のとき。
理由は、「本当に熱いかどうか確かめたかったから」。
バカ以外の何者でもありません。
よく人として生きていられているなぁ、と自分でも不思議です。
しかしこんな自分でも、それ以来二度とアイロンの底面を触ることはありませんでした。
一応は学習しています。
こんなたとえで恐縮ですが、人間には本能があるので、自分にとって本当に大切なことは、無意識に学ぶのです。
意図的に「これについて反省しよう」なんて考え、わざわざさらに時間を取らなくても、大丈夫なのです。

◆ 反省よりも行動です。
また、想像してみてください。
誰かがミスをして、あなたに損害を与えてきた場合。
こんな場合、「反省した」と言われるよりも、「そんな精神論はいいから、とにかく損害を賠償して!」「もっとプラスαの何かをくれ!」と思いませんでしょうか。
反省よりも何より、大切なのは「行動」です。
「時間をかけて反省をする」というのは、結局は行動をしない言い訳にすぎません。
人間というのは、すべて「高くてガッチガチの石山の上に乗っている子供」だと思っています。
石山は、あなたの過去の行動の積み重ね。
地位・職業・収入なども含めて、今までのあなたの象徴です。
そしてそれは、決して変えることはできません。
すべて「しょうがない」のです。
今日のあなたは、その上に突然置かれた子供。
子供に「この石山について反省しないと…」と言い出してほしくありません。
大切なのは、「今日、そこで何をするか」だけなのです。
ちなみに自分も、バストバスト書いてる自分を反省しません。
もう気づいたら書いてましたから。
この状態で強制的に引き継がれた子供だと開き直ってます。

ある意味、ガッチガチのバストの石山。
あぁでも硬いバストはちょっと、と思う自分はもうダメかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自信を持つ(1)

あるメルマガに「自信を持つ、とてもシンプルな方法」というものがありました。そういう考え方もあるのかなと関心しましたのでご紹介します。

◆ 反省、するな。
実は、カナダの心理学者であるディーポーラら(2002)らは、心理調査によって、たくさんの人間を「自信がある人間」と「自信がない人間」に分類しました。
そしてその上で、それぞれにどんな差があるかを調査したのです。
その結果。
「自信がある人間」は、「反省しない」ということが分かったのです。
そう。
あえて言い切りましょう。
あなたが自信を持ちたいのなら、「反省してはいけない」ということなのです。
◆ 例外もありますけども。
いえ、言うまでもなく、犯罪者などは別です。
さらに自信持って犯罪続けられても困りますし。

今回の話は、全人類が決して反省するな、と言っているわけではありません。
ただ、あなたに自信がないなら、「反省しすぎてるからかも」と考えて、あえて「反省しないでもいい」と思ってみた方がいい、というアドバイスです。
もちろん、反省を通して、新しく行動をしたりするのなら構いません。
しかしたいてい、自信がない人というのは、「反省をする」と言いつつも、結局は自分を責め、後悔するだけで終わります。
結果的に気持ちが落ち込み、「もうあんなことをしないでおこう」⇒「何もしないでおこう」というように、行動力が全般的になくなってしまうことが多いものです。

それは謙虚ではなく、卑屈。
反省の名を借りた自虐です。
未来にたいしてマイナスこそあれ、プラスはまったくありません。
特に卑屈になっている人は、「俺が反省しているんだから、お前もしろ!」と周囲に無意味に行動をあらためることを強制するので、周り全体にもいい影響を与えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玉の輿の日(2)

103 先の話は1903年、JPモルガンを設立したジョン・ピアポント・モルガンの甥ジョージ・D・モルガンが京都で豪遊中、芸妓のお雪に一目惚れしたことが始まりです。
外国の殿方に気乗りしないお雪は、無理を承知でモルガンに4万円で身請けして欲しいと頼みます。当時の4万円は現在のほぼ1億円に相当しますが、巨大財閥が後ろ盾にあるジョージ・モルガンには何の障害にもならなかったようです。その額でお雪を落籍し、二人は1904年1月20日(後の「玉の輿の日」)に
結婚式をあげました。

当時“玉の輿”と言われましたが、世間からの冷たい目とかなりの苦労を伴い、決して乗り心地のいいものではなかったようです。
この恋の物語は1951年に越路吹雪主演にて帝国劇場第1回ミュージカル「モルガンお雪」として上演され大きな話題となりました。

尚、JPモルガンは2000年に“ロックフェラー銀行”あるいは“石油銀行”と呼ばれたチェースマンハッタン銀行に吸収され(JPモルガン・チェース)、さらにその後バンク・ワンを買収し、シティーグループ、バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)に次ぐ米銀3位の地位にあります。
また、モルガンはロスチャイルドとも関係が深く、現在はドイツ銀行傘下のモルガン・グレンフェルはもともとはモルガン家とロスチャイル家の結合体です。米金融大手のモルガンスタンレーは、グラス・スティーガル法(商業銀行と投資銀行を分離する銀行法)によってJPモルガンから分離・独立した投資銀行・証券会社です。

攻撃的な現実主義的戦略家として名を馳せ、黒人女性初の国務長官に就任したライス女史は、米石油大手シェブロンや米オンライン証券チャールズ・シュワブの役員の他、JPモルガン国際諮問委員会理事などの経歴を持ちます。http://www.anecs.net/calen/kinenbi/01/tamanokosi.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玉の輿の日(1)

101 今日1月20日は玉の輿の日です。

江戸時代の話ですが、八百屋の娘のお玉が大奥に奉公に出、三代将軍徳川家光の側室となりました。その後、五代将軍となる綱吉を出産し、女性としては最高位の従一位という官位を授かっています。

このことが「玉の輿」という言葉の由来の一つとされていますが、王の席を「玉座」と言うように「玉の輿」は王のような貴人に嫁ぐ際の婦人の乗り物を表し、そこから女性が婚姻によって手にする富貴な身分のことを「玉の輿」と呼ぶようになったとの説もあります。いずれにしても同じことで、女性が憧れる「シンデレラ・ストーリー」のひとつの形態です。

もう一つ、この「玉の輿」ではミュージカルにもなった実話があります。今からおよそ100年前の話で、モルガン家の御曹司と日本人女性の話です。
1900年の初頭、モルガンと言えば当時既に世界有数の金融財閥で、「国家をも上回る支配力で金融界に君臨し、産業界を陰で支配した一大金融帝国」として存在していました。余談ではありますが、モルガンはタイタニック(ホワイトスター社保有)の実質的なオーナーで、沈没事故の後に巨額保険金を受け取り、当時経営難にあった支配下のホワイトスター社は経営危機を乗り切ったとの逸話もあります。

日本とモルガンとの関係は深く、1923年の関東大震災の際には日本の外債をモルガン商会がいち早く引き受けています。また、JPモルガンによってアメリカで日本最初のADR(アメリカ預託証券)を発行したソニーの故盛田昭夫氏は、1969年にJPモルガン国際委員会役員に就任。この「モルガン人脈」がソニーの発展を陰で支えたとも言われています。http://www.anecs.net/calen/kinenbi/01/tamanokosi.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タッチタイピング

パソコンを操作する際、キーボードを見ないで文字を入力する事をタッチタイピングと呼んでいます。
以前は別の名前で呼ばれていましたが、視覚障害者に対する差別的な意味を含むのではないかとの指摘から現在ではこの名前が使われています。
最近ではほとんど聞かなくなりましたが、昭和40年代はキーパンチャーと呼ばれる女性たちが活躍していた時代がありました。

会社のコンピューター部門のパンチ室で、女性たちがデーターをパンチカードにに打ち込んでいました。
パンチ室のそばに近づくと何か駅の雑踏のような騒がしい音が聞こえてきました。
それは数十人の女性たちが一斉にタッチタイピングでキーボードを叩く音だったのですが、その様子を見せてもらった時、世の中にはすごい技術を持った人がいるものだと感心した事を思い出します。

タッチタイピングはとりたてて難しいものではなく、練習すれば誰でも覚えられます。
基本は2つ。
1つはホームポジション。
これは標準で指を置いておく位置の事で、左手の人差し指を F キー、右手の人差し指を J キーに置き、残りの3本はその隣から外側に向かって置いて行きます。
基準となる F と J には、目印となる突起などがついていますよね。

次が、指が担当するキー。
そのそれぞれの指が担当するキーが決まっていて、各キーはその担当する指以外ではタッチしない。
というのが基本です。

パソコンに文字を入力する場合、画面だけを見て打つのと、キーボードと画面を交互に見ながら打つのでは当然効率が違いますのでこれができるに越した事はありません。
しかし、この基本にこだわらなくても常にキーボードに触れていれば自然に覚えていくものなので、上達したいと思うのでしたらとにかく文字を打ってみる事です。
常にキーボードで文字を入力していれば、自然と指が覚えてくるものです。

障害者支援の団体の会議を見学したことがありましたがそこには、視覚、聴覚、肢体などさまざまな障害を持った人たちがいるので会議の方法も工夫されていました。
その団体では、総会などの大きな会議の際にはパソコン要約筆記というのを採用していました。
これは、聴覚障害者のために行うのですが、パソコンの画面を前方のスクリーンに映し出し、司会者や発言者が話した内容を担当者が要約しながらパソコンに打ち込むと、その文字がスクリーンに表示されるというものです。
これは1チーム2人で行います。一人が要約しながら入力し、もう一人がその間違いを修正して表示させるという素晴らしい技術でした。
参加者として見ていると、ほぼ人が話すスピードで文字が表示されていきます。
私もそれなりの速度でキー入力をしていますが、あの人たちの技術にはまだまだ遠く及びません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

社長輩出数

今日から2日間の日程で大学の共通入学試験となるセンター試験が行われます。
寒中の今の時期は天候が荒れることが多いのですが、センター試験が実施される日は特にその傾向が強く「雪で交通機関が乱れ、受験生の足にも影響」というニュースを毎年のように聞いているような気がします。今年はどうなんでしょうか?関東地方は今朝の天気予報では今日は大丈夫のようですが、明日は雪との予報でした。各地の天候が心配です。
ちなみに最近は法学や教育など資格・実学系の人気は下降気味で、今年は国公立、私立とも経済学部の人気が高いそうです。

昨日の中日新聞によりますと、帝国データバンクが昨年1年間の全国の社長を分析したところ、人口10万人当たりの社長輩出数で福井県が1611人(人口10万人当たり)でトップとなっています。
しかも同調査では、過去26年間連続で福井県が首位の座にあるということですから、土地柄や県民気質が企業のトップになるために必要な資質に近いのかもしれません。

成功した人は決まって「人は努力しだいで何にでもなれる」と言いますが、生まれ育った土地柄や気質、環境といった要素も多少なりとも影響していそうですhttp://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20080118/CK2008011802080210.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ATOK

ATOTop3pack_3 K(エイトック)という日本語システムをご存知でしょうか。?
それには、誤字や打ち間違いを、強制的に直してくれる機能があります。
たとえば「ふいんき」と打ち込んで変換すると、
⇒ 雰囲気 <<「ふんいき」の誤り>>
表示され、間違っていても正しく変換してくれます。
同じく、「もとどうり」と打ち込むと、
⇒ 元通り <<「もとどおり」の誤り>>
と変換してくれます。非常に便利です。

たとえば、「みくしぃ」と打ち込んで変換すると、
⇒ セクシー <<「せくしー」の誤り>>。

「りありてぃ」と打ち込んで変換すると、
⇒ リアディゾン <<「りあでぃぞん」の誤り>>

「ノウハウ」と打ち込んで変換すると、
⇒ ウハウハ <<「うはうは」の誤り>>

「ばっと」と打ち込んで変換すると、
⇒ バスト <<「ばすと」の誤り>>

「ばすすとっぷ」と打ち込んで変換すると、
⇒ バストとヒップ <<「ばすととひっぷ」の誤り>>

「わがはいはねこである」と打ち込んで変換すると、
⇒ 我がパイは二個である <<「わがぱいはにこである」の誤り>>

「だんせいかいしゃいん(ごじゅうきゅうさい)」と打ち込んで変換すると、
⇒ 女子大生(21才) <<「じょしだいせい(にじゅういっさい)」の誤り>>

後半は冗談です。
こうなると変換システムというより、ただのコンピュータウィルスす。
自分の脳内にもウィルススキャンの必要性を感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

職種別平均年収ランキング

平年よりも14日遅れで東京にもようやく初雪が舞いました。未明の木々はまだ淡い雪化粧をしていましたが、夜明け頃には寒さだけが残されました。

景気の先行きについても今後冷えるのかどうかの論議が盛んですが、団塊世代の大量退職などで企業の採用意欲は強く、4年制大学を今春卒業する就職希望者の内定率が9年ぶりに8割を超えています。
「就職氷河期」との言葉が流行したのは1994年のこと。売り手市場が続いている現在、当時と比べますと隔世の感があります。
ところで、転職サービス「DODA(デューダ)」が発表した「職種別平均年収ランキング」によりますと、25~29歳、30~34歳、35~39歳の全ての年代で平均年収のトップは「投資銀行業務」となっています。
さらに、2位は全ての年代で「運用会社(ファンドマネジャー、アナリスト、ディーラー)」となっており、投資関連の専門職が1位・2位を独占した格好です。

そういえば、2004年の長者番付では投資顧問会社のサラリーマン(推定年収100億円)が番付トップになり世間を驚かせましたが、それ以後プライバシー等の問題で長者番付は発表されなくなりました。

金融部門の人材需要は引き続き旺盛ですが、今後は上位の入れ替わりがあるかもしれません。

(DODA)http://doda.jp/guide/heikin/topics.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月17日

1995年(平成7年)の本日1月17日(火)午前5時46分、阪神・淡路大震災が発生しました。死者6436名、負傷者は4万人を越すという甚大な被害に見舞われましたが、当時の首相は村山富市氏(社会党)、自社さ連立政権でした。混乱している現地から東京へ被害の実態や情報が伝わるのが遅く、テレビ報道などでようやく状況を把握する事態となったことは鮮明に記憶に残っています。

また、1991年(平成3年)の本日、アメリカ軍を主力とする多国籍軍がイラクが占領したクウェートのイラク軍拠点に攻撃を開始、「湾岸戦争」が勃発しています。

さらに、一昨年の本日1月17日にはライブドア・ショックが発生。日経平均株価は462円という大幅安となりましたが、その後も会計疑惑などの不安は払拭されず、ジャスダック・マザーズ・ヘラクレスといった新興マーケット低迷のきっかけとして未だに尾を引く状況となっています。

また、本日は尾崎紅葉の「金色夜叉」の主人公(間貫一)が熱海の海岸で貫一を裏切った恋人のお宮に「いいか、宮さん、1月の17日だ。来年の今月今夜になったらば、僕の涙で必ず月は曇らして見せるから。月が曇ったらば、宮さん、貫一は何処かでお前を恨んで、今夜のように泣いていると思ってくれ。」と言い放った日です。それ以来、1月17日の夜空が曇り空なら『貫一曇り』と呼ばれています。

様々なことがあった1月17日ですが、本日はどのような日になるか気になるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震保険

今日17日は阪神・淡路大震災が発生した日で、あれから早いもので13年が経ちます。
その後も福岡県西方沖地震や新潟県中越地震などの大地震が相次いでおり、大規模地震の想定地域付近では地震保険への加入は徐々に増えつつあるそうです。(損保ジャパンHPより)

地震保険とは、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没または流失による損害に対する保険で、建物または家財の全損、半損または一部損について補償されます。
地震保険は火災保険の付帯契約となっており、地震保険の契約金額(保険金額)は建物5千万円、家財1千万円を限度に、火災保険の30%から50%の範囲内となっています。地震保険は被災物件の完全復旧ではなく、被災者の生活の安定に寄与することを目的としているためこういった限度額が定められています。

例えば、火災保険の契約金額が2千万円の場合、地震保険は最大1千万円まで設定できますが、半損(主要構造部の損害額が時価の20%以上50%未満または焼失あるいは流失した部分の床面積が20%以上70%未満である損害)の場合は、保険金額の50%の支払いとなります。

保険料は建築年または耐震性能によって割引があり、等地によっても異なります。等地というのは、地震の発生や被害リスクを都道府県別に等級分けしたもので、岩手県、秋田県、山形県、福島県、栃木県、群馬県、富山県、石川県、福井県、鳥取県、島根県、山口県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、鹿児島県の各
県が最もリスクが低い1等地、千葉県、東京都、神奈川県、静岡県、愛知県、三重県、和歌山県、徳島県、高知県が最もリスクが高いとされる4等地の設定(07年10月1日以後)になっています。

昔から「天災は忘れた頃にやってくる」と言います。そうなってからでは遅いということもありますので日頃からの心構えと備えが大切です。

(損保ジャパンHP)http://www.sompo-japan.co.jp/kinsurance/habitation/earthquake/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

敵に塩を送る

上杉謙信が、武田信玄が治める敵国の甲斐に塩を送った事は、戦国の美談として「敵に塩を送る」と言う慣用句にまでなっていますが、実は越後の頸城郡(現・新潟県上越市)の海岸で製塩された塩は、古くから、信越国境の関所を越えて、信州松本へ売られていました。その塩は、やがて松本から甲府へ流通していましたので、謙信が塩の輸出を止める様な措置を取らない限りは、「敵に塩」は送り続けられるのです。わっ、美談にケチつけるようですが真実です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボリューム名

「Windows Vista」発売開始から間もなく1年になりますが、昨年の秋頃から「Windows XP」の人気が上がってきています。BTOの場合も、最近は半数以上が「Windows XP」希望だそうです。

「Windows Vista」に対応したアプリが増えた反面、重い、使い難い、サイズが大きいなどのマイナス面が分かってきたからでしょう。「Windows XP」で快適だったパソコンを「Windows Vista」にバージョンアップすると、 極端に動きが鈍くなり、1GBのメモリを搭載してもイライラします。

ところでハードディスクをパーティションに分割すると、各ドライブのボリューム名は「ボリューム」となります。みな同じ「ボリューム」ですから、識別には役に立ちません。

そこで「ドライブ文字」によって識別するわけですが、常に同じ「ドライブ文字」で表示されるとは限りません。例えば「Acronis True Image」を起動すると違う「ドライブ文字」で表示されることがあります。

間違って他のドライブを上書き保存やフォーマットをしては大変です。必ず「ボリューム名」を分かりやすい名前に変更しておくことが必要です。

例えば起動ドライブは下記のようになります。

 Vista_1(C)

 「Vista_1」が「ボリューム名」、「C」が「ドライブ文字」です。

万一「ドライブ文字(C)」が「ドライブ文字(D)」と表示されても「ボリューム名(Vista_1)」は変わることがありません。 「Vista_1(D)」のように表示されます。

「ボリューム名」を変更するには、ドライブを右クリック、→「プロパティ」をクリック、→「全般」タブの最上部の入力欄で変更します。

ハードディスクを2台搭載して、1台目に「XP」、2台目に「Vista」というようにインストールして、BIOSで起動ハードディスクを選択する場合も、起動するOSによって「ドライブ文字」が変わりますので、「ボリューム名」設定は必須です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第一印象

人は見かけじゃわからない」といいますが、果たしてそうでしょか?やはり、第一印象で受けたイメージはおおよそあたってしまうものではないでしょうか。人は第一印象で決まる、といえるような気がします。しかし、じつは第一印象があたるのには、ちょっとしたワケがあるそうです。

心理学の言葉に「予測の自己実現」というものがあります。これは、初対面の相手に対して何かしらのイメージを抱いたら、そのイメージにあてはまるよう無意識のうちに相手を誘導してしまう心理メカニズム。第一印象で受けたイメージは、この「予測の自己実現」のからくりによって、さもあたったかのように感じられるのだというのです。

たとえばAさんが初めてBさんに会ったとき、Bさんに対して「優しそうな人だな」という第一印象を持ったとします。するとAさんは「自分もBさんに優しく接しよう」と無意識のうちに考え、行動していきます。となると、今度はBさんがAさんのことを「優しい人だ」と思うようになり、「優しいAさんに自分も優しく接しよう」と思ってしまうんですね。結果、AさんがBさんに対して抱いた第一印象は、見事あたったかのような格好になるわけです。しかし実際は、AさんがBさんを“優しい人のイメージ”に導いたといえるでしょう。

なんだ、第一印象ってあてにならないな・・・というのがここでお話したいことではありません。つまり、相手に対する第一印象をつねにポジティブなイメージで抱けるよう意識すれば、“イヤな人”にはなかなかめぐり合わずにすむ、というのがポイントなのです。本当はちょっと意地悪な性格の人であっても、「予測の自己実現」のからくりによって誘導をかければ、あなたにだけは“いい人”でいてくれるかもしれません。初対面の人と会うときは、ぜひ、その人のポジティブな面を注視して、いい第一印象を持つように心がけてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成人の日

今日14日は「成人の日」ですね。祝日法では「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝い励ます国民の祝日」と定められており、先に成人になった私達もそのような気持ちで新しい成人を祝ってあげたいものです。今年の新成人は1987年4月2日から1988年4月1日に生まれた最後の昭和世代で、その数は21年ぶりに過去最低を更新し135万人とかなり少なめです。

ちなみに1987年の大河ドラマは渡辺謙主演の「独眼竜政宗」。大韓航空機事件もこの年で、「サラダ記念日」や「ビジネスマンの父より息子への30通の手紙」などの本がベストセラーとなりました。

竹下新政権が発足し、4月に国鉄の分割民営化によりJRがスタート。10月にはニューヨーク株式市場の大暴落、いわゆる「暗黒の木曜日」となります。花の金曜日を略して「花金」、「朝シャン」、「ワンレン・ボディコン」なる言葉が流行し、「地上げ屋」や「バブル」といった言葉がメディアに頻繁に登場するのもこの年です。

そういった時代に生まれた新成人を対象にしたアンケート調査の結果が発表されていますので、いくつかご紹介したいと思います。
 
 ・仕事に燃えている人はすてき      YES 49%
 ・年功制よりも能力主義が良い      YES 24%
 ・20歳の自分をおとなだと思っていない YES 76%
 ・親のようなおとなになりたい      YES 45%
 ・親のような夫婦になりたい       YES 30%
 ・親をみて結婚はいいなと思う      YES 29%
 ・社会に出て必要だと思う力(○○力)
     1位:洞察(空気読)力 2位:忍耐力 3位:適応力 3位:判断力

 
外面的には着物で豪華に着飾っていても、実際には幼稚な子供の集まり・・・成人式の「七五三現象」が言われて久しいのですが、成人すると法律的には大人とみなされ、自覚のあるなしに関わらず法律上独立した社会人としてすべての行動は自己責任となります。親子関係でも社会的にもそういう扱いが望ましいようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魚の名前の語源

Kurodaiicon 魚(さかな)は、「酒菜」と書き、お酒のつまみと言う意味で、古くは塩や味噌を指しましたが、江戸時代に入り、酒の肴に魚肉が使われるようになったため、魚肉をさかなと言うようになりました。また、古くは魚類全体を「いを」と言っており、「いを」→「いお」→「うお」となったと考えられます。

イワシは、魚偏に弱いと書きますが、小魚で腐りやすいため、「弱し(ヨワシ)」の転。マグロは、眼が黒々としているので「眼黒」の転と言います。クジラは、口広(くちひろ)あるいは黒白(くろしろ)が転化したと言う説があります。ほうぼうは、海底を這うように移動するため、這う(はう)が転じたもの、または、ボーボーと海底に響き渡るような音を出すからと言われます。こちは「忽(こつ)=しゃく、聖徳太子が手に持ってるヤツ」に似た形の魚というのが、有力な説。

コイは、見た目が小さく平たいので小平(コヒラ)が語源と言う説もありますが、詳細は未詳です。あゆは、非常に動きが早く、アイヌ語で矢を意味するアイ(ay)が転じたもの。漢字では魚偏に占うと書きますが、神功皇后があゆを釣って征韓の戦いを占ったためと言います。ひらめの「め」は眼ではなく、魚を意味する「み」の転化で、平たい魚の意。カレイは、唐(中国)のエイ、「からえい」の転とも、「半月」のことを「片割れ月」言うので、その姿から「片割れ魚(カタワレイオ)」が転化したものとも言います。

どじょうは、泥から生じると言う説もありますが、本来、どぢょうと書きますので、音節が「じ」と「ぢ」で違います。泥や土を表す「どぢ」に魚(ウオ)がついてどぢゃうと言う説もありますが、詳細な語源は分かりません。うなぎは、古くは「むなぎ」と書き、「む」は身を、「なぎ」は、長しの「なが」からと言います。ぶりは、歳を経た魚と言う意味で「フリウヲ(経魚)」、脂が多いので「アブラ(脂)」がなまったもの、炙って食べるため「あぶり(炙り)」、躰が大きいので「身太り」の転などの説があります。

さかなを表す魚偏の漢字です。鯵=あじ、鮎=あゆ、鮑・鰒=あわび、鯔=いな、鯆=いるか、鰯・鰮・鰛=いわし、鯏=うぐい、鰻=うなぎ、鰕=えび、鰍・鮖=かじか、鯑=かずのこ、鰹=かつお、鰈=かれい、鱚=きす、鯨=くじら、鯉=こい、鯒=こち、鮗=このしろ、鮴=ごり、鮭=さけ、鯖=さば、鮫=さめ、鰆=さわら、鯱=しゃち、鱸=すずき、鯣=するめ、鯛=たい、鮹・鱆=たこ、鱈=たら、鯲・鰌=どじょう、鯰=なまず、鯡・鰊=にしん、鰰=はたはた、鱧=はも、鮠=はや、鰉=ひがい、鮃=ひらめ、鱶=ふか、鰒=ふぐ、鮒=ふな、鰤=ぶり、鯔・鰡=ぼら、鱒=ます、です。本当はもっといっぱいあるのですが、第二水準までにない漢字ばかりなので、全部ご紹介できません。鮪=まぐろ、ですが最近は漁獲量が減って値段が高騰しています、将来は魚へんに無と書いてまぐろになるかもしれません?

 第二水準以下の漢字でおもしろいのだけ、選りすぐってご紹介しますと、魚偏に肅で、しゃちほこ。魚偏に臘の右側だけつけて、からすみ。魚偏に毛で、とど。魚偏に吉で、はまぐり。魚偏に昌で、まながつお、なんてのもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十干十二支

一般的に「干支(えと)」という場合、現在は十二支のことを指しますが、本来は十干(じっかん)十二支(じゅうにし)を合わせたもので、「十干十二支」あるいは「六十干支」などと呼ばれます。「壬申の乱」や「戊辰戦争」なども干支にちなんだ呼び名です。

十干は甲(きのえ)、乙(きのと)、丙(ひのえ)・・などからなり、十干と十二支で60の組み合わせができます。今年の干支は「戊子(つちのえね)」ですが、前回の「戊子」は60年前ということになります。

江戸の頃までは「人生五十年」などと言われるほど、平均寿命は今と比べて大変短いものでした。そこで六十干支を一回りすることを「還暦」といってお祝いします。

還暦のお祝いに赤いチャンチャンコを贈ったりしたら叱られそうですが、還暦に赤いものを身につける風習は、赤は赤ん坊の赤であり、もう一度生まれた時の干支を迎えて「今一度生まれ変わる」「生まれ変わって出直すつもりで、心機一転始める」という意味が込められておりいます。

現在は60歳と言いまして現役の人も多く、退職後の人生を「セカンドライフ」として謳歌しようとの雰囲気もあります。そのようなこともあり、長寿の祝いを70歳の「古希(こき)」から行う人が増えているそうです。
http://www.tctv.ne.jp/tobifudo/onyo/eto12/etoHyo.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三連休

年末年始の休みが終えたと思ったら、明日から三連休なのですね。以前、日本人は働き過ぎだからと休日を増やしたのですが、休日が増えれば消費が増えるという思惑だったようです。

三連休を取れるのは、公務員と大手企業の社員がほとんどでしょう。零細企業社員には三連休は無縁ですが、仮に三連休を取れたとしても消費の増大には繋がらないでしょう。

休日について考え直す必要があるのではと思います。細切れ休暇を頻繁に取るよりは、年に一度、年休と併せて長期休暇を取れる制度を考えてみることも必要です。一ヶ月の休暇を取れたなら、あなたならどう過ごしますか? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鏡開き

今日1月11日は「鏡開き」の日です。ご存知の通り、鏡開きとは、正月の20日ないし11日に、正月中飾っておいた鏡餅を割って、雑煮やお汁粉にして家族一同で食べる儀式です。

そもそもは江戸時代に将軍と大名、大名と藩士たちが年頭に際して主の鏡餅を分け合うことによって主家の繁栄を祝福し、主従関係を固める意味合いがあったそうです。刃物で切るのは切腹を連想させるため、手で割ったり、木鎚で砕いたりしますが、「切る」という言葉を避けて「開く」という縁起の良い言葉を使っています。

これを私たちの家庭にあてはめてみますと、家庭での家族間の結束を密にし、繁栄を祝福するのが鏡開きということになりそうです。

ちなみに、元々は1月20日に行われていましたが、徳川家光が亡くなったのが20日(慶安四年四月)であったため1月11日に変更されて現在に至っています。今でも1月20日に行う地方があるほか、京都では1月4日に行われているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニート

「ニート」という言葉から何を連想なさいますか?
ニート(NEET)とは英国政府が労働政策上の人口の分類として定義した言葉で「Not in Education, Employment or Training」の略語であり、日本語訳は「教育を受けず、労働をおこなわず、職業訓練もしていない人」となる
働かない、勉強をしない、親のすねかじり、引きこもり…そんなところでしょうか。引きこもりのオタクっぽいイメージも強い「ニート」でが、実は女性の方が多いことをご存知ですか?いわゆるニート娘です。

02年の内閣府の調査によると、男性が48.4%(41万人)、女性が51.6%(43.7万人)という結果です。この調査は1993年頃より始められ現在に至るまで大きな数値の変化はありません。
ニートだけでなく、フリーターや家事手伝いの女性も含めると、その数は大変なものになります。

近頃では「ネットカフェ難民」という言葉もメディアでよく取り上げられています。定職を持たない彼女達は、周りの友人達や恋人が就職や結婚をするのを機に、周りから距離をとって1人で行動することが多くなっていきます。
某大手ファーストフード店が深夜営業を始め、彼女達の行動範囲は拡大される一方で寂しさから開放される事は依然ないまま。
仮にそんな彼女達が男性に声を掛けられたとしても、ニートという立場の自分に劣等感を感じ他人との関わり合いに拒絶反応を起こしてしまうのは仕方ない事ではないでしょうか?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後世々代への責任

昨日の日経新聞の経済教室、冨山和彦さんの書かれていたことは、正に的を射ており、私も全く同感です。要約は『拝金主義を非難する声もあるが、実際の日本経済は「カネを稼ぐこともできない国」になりつつある。
世代間対立や既得権をめぐる対立の解消こそが焦点である。真の「品格」とは数の力で劣る後世世代にも思いをはせ、将来「食えない国」に転落するのを回避することであるべきだと云うものです。

私は冨山さんの見識を尊敬し、その内容を称讃させて頂きたいと思います。冨山さんは、国家と国民経済の衰退に歯止めが掛からない理由のひとつとして、現行の選挙制度や一票の格差が放置されていることにも触れ、世代別の議員定数も解決案のひとつとして論じられています。僭越ながら私も以前にそう思った事がありました。日本は沈下しつつあります。私たちはその当事者であり、後世世代に対しても責任があると思います。じり貧の縮小均衡案ではなく、先ずは国際競争力を付け、成長し、分配すべきパイを大きくすることを論じなければいけません。そしてそう云った議論が、自由に、安全に、建設的になされなければ、またその前提として、なされ得る環境が担保されていなければいけません。

このような声がもっと出され、聞こえてくること、そして他人事ではなく、自分も当事者としての自覚をもって行動していくことが大切であると、そう再認識しないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

慣用句(2)

文化庁は、1995年度(平成7年度)より毎年、今後の国語施策の参考とするため、現代の日本人の国語意識の変化を調べることを目的として「国語に関する世論調査」行っています。今回(平成19年度)は、敬語に関する意識や慣用句の使い方などについて調べております。

調査は、2006年2月14日~3月14日にかけて、全国16歳以上の男女3,652人を対象に、調査員による面接聴取法によって行われ(実施:社団法人中央調社)、2,107人から回答を得ています。

二つの言い方のどちらを使うか、五つの例を挙げて尋ねた結果は以下のとおり。(本来の言い方とされるものに下線を付けた。)本来の言い方を使うと答えた人は、(1)では2割強、(5)では3割台半ばとなっており、本来の言い方をする人の方が少ないという結果でした。

(1)「混乱したさま」を
 (a)上や下への大騒ぎ・・・・・58.8%
 (b)上を下への大騒ぎ・・・・・21.3%
 (a)と(b)の両方とも使う・・・・・2.5%
 (a)と(b)のどちらも使わない・・・・・12.9%
 分からない・・・・・4.5%

(2)「前言に反したことを,すぐに言ったり,行ったりするさま」を
 (a)舌の根の乾かぬうちに・・・・・53.2%
 (b)舌の先の乾かぬうちに・・・・・28.1%
 (a)と(b)の両方とも使う・・・・・2.2%
 (a)と(b)のどちらも使わない・・・・・2.0%
 分からない・・・・・4.5%

(3)「そんなに思いどおりになるものではないこと」を
 (a)そうは問屋が許さない・・・・・23.5%
 (b)そうは問屋が卸さない・・・・・67.7%
 (a)と(b)の両方とも使う・・・・・1.9%
 (a)と(b)のどちらも使わない・・・・・4.4%
 分からない・・・・・2.6%

(4)「差し出て振る舞うものは他から制裁されること」を
 (a)出る杭(くい)は打たれる・・・・・&#160;73.1%
 (b)出る釘(くぎ)は打たれる・・・・・19.0%
 (a)と(b)の両方とも使う・・・・・2.5%
 (a)と(b)のどちらも使わない・・・・・3.0%
 分からない・・・・・2.4%

(5)「夢中になって見境がなくなること」を
 (a)熱にうなされる・・・・・48.3%
 (b)熱にうかされる・・・・・35.6%
 (a)と(b)の両方とも使う・・・・・1.9%
 (a)と(b)のどちらも使わない・・・・・10.5%
 分からない・・・・・3.7%

この他に誤用されやすい慣用句としては次のようなものが挙げられる。

●「小股(こまた)が切れ上がる」(すらりとした粋な姿の女性を形容するとき
  によく使う)。
●「流れに棹(さお)さす」(大勢に従う)
●「気が置けない」(相手に遠慮がいらない)
●「やおら」(ゆっくりとした)
●「役不足」(能力の割に役目が軽いこと)
●「ぞとしない」(おもしろくない)
●「怒り心頭」に「達する」(「発する」が正しい)

文化庁国語課は「大半の人が逆の意味で使っている言葉もある。本来の意味をもう少し意識するようになってほしい」としています。日本語に対する関心が大変高くても、それとは裏腹に、慣用句や成語の誤用が目立つようになってきているという実態が明らかとなりました。

(文化庁HP)http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/yoronchousa/h18/kekka.html     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

慣用句(1)

言語ごとに慣用句があり、うまく使うと気の利いた言い回しとなり、聞いた方は相手に一種知的レベルの高さを感ずるものであります。

ところが、慣用句は曲者で、案外誤用していることがあります。例えば、ある役職に指名されたときなどに、「自分には荷が重いですが、努力してみます」の意味で、「役不足ですが、やらせて頂きます」などということがあります。「役不足」を「役目が重いこと」と思っている人が多いと思いますが、正しくは「その人の力量に比べて、役目が軽すぎること」を意味します。

今回の慣用句の意味について尋ねた文化庁の調査では、本来と違う意味にとらえている人が目立ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

慣用句(1)

言語ごとに慣用句があり、うまく使うと気の利いた言い回しとなり、聞いた方は相手に一種知的レベルの高さを感ずるものであります。

ところが、慣用句は曲者で、案外誤用していることがあります。例えば、ある役職に指名されたときなどに、「自分には荷が重いですが、努力してみます」の意味で、「役不足ですが、やらせて頂きます」などということがあります。「役不足」を「役目が重いこと」と思っている人が多いと思いますが、正しくは「その人の力量に比べて、役目が軽すぎること」を意味します。

今回の慣用句の意味について尋ねた文化庁の調査では、本来と違う意味にとらえている人が目立ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落語イロハガルタ

10005138_t 新暦では一月四日になりましたが、旧暦では、十一月二十七日で、まだまだ、冬のまっただ中。寒さもひとしおです、風邪などお召しにならない様に。落語イロハガルタをお届けします、落語の題名は織り込んでいません。どの落語だか、考えてみてください。

い いやよそう また夢になると いけねえや
ろ 六尺の イタチは天に なるでしょう
は 腹の玉 押すとおならが 出ると言う
に 二足す二 これがどうして 四になる
ほ 房州は いかん目黒に 限るなり
へ べべを着て コツが礼しに やって来る
と とっつぁまだ いいや女だ 尼さんだ
ち 提灯にゃ もうおよばねぇ 夜が明けた
り 吝嗇は 石を吊して 涼を取る
ぬ 抜け出した 後にはカゴを かきましょう
る 留守番は ヒョーゴのヒョーゴのと 大騒ぎ
を をもいだす 口上聞かずに 来た事を
わ 若いねぇ どうやってみても 半分だ
か 雁首を 探しに来たと 負け惜しみ
よ 吉原を 二階にこさえて 喧嘩する
た たもとのは 納める梨で ございます
れ 列席者 長い道のり 麻布まで
そ そろばんの インチキ占い 大当たり
つ 次の晩 ひげをやってと 訪れる
ね 猫一両 そのお皿ごと 売ってくれ
な 泣きながら この浦舟に 助け舟
ら ライオンが 俺も十万円で 雇われた
む 昔から 干物にすると 名が変わる
う 牛の尻 お札を張って 屁の用心
ゐ ゐぬは今朝 ほど人間に なりました
の 呑みすぎて 旦那をしくじる 鰻裂き
お お客様 血止め薬は ござらんか
く ぐるぐると 回る家など いりません
や 矢が当たり カーンと音が したからだ
ま 真っ裸 もう済んだかと 賊が言い
け 下駄のまま 布団に入り 震えてる
ふ 二日分 やって明日は お休みに
こ 五十両 身投げにやったと 長兵衛は
え 閻魔ごと 地獄の役人 いなくなり
て 天下取る たしかにそうと 聞こえたが
あ あれが虎 あたしゃ猫かと 思ってた
さ 三十両 谷底に残し 無事生還
き 忌中札 そばに近日と 書いてある
ゆ 幽霊だ 足は出さぬと もう一番
め 目を読むな 狸困って 天神に
み 水は駄目 豆腐もご飯も 断ちました
し 勝負は五分 けどまだ六部が 来てません
ゑ ゑえこれは 図抜け一番 小判型
ひ ひぃふぅみぃ 六連銭で イモを買い
も もういやと 自分の頭に 身を投げる
せ 船頭を 一人雇って くださいな
す すべすべと お湯屋のはめ板 洗ってる
京 京都から 二階のションベン 引き取りに

(解 答)  いろは順に、芝浜、雑俳、代脈、壺算、目黒のサンマ、野ざらし、松山鏡、権助提灯、しわい屋、抜け雀、金明竹、粗忽の使者、子ほめ、巌流島、二階ぞめき、佃祭、黄金餅、御神酒徳利、権兵衛狸、猫の皿、高砂や、動物園、てれすこ、牛ほめ、元犬、素人鰻、ガマの油、親子酒、やかん、蔵前駕籠、宿屋の富、お菊の皿、文七元結、死ぬなら今、紀州、ねずみ、愛宕山、近日息子、へっつい幽霊、たぬさい、家見舞い、花見の仇討ち、付き馬、真田小僧、あたま山、船徳、堀の内、有馬小便、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子 年

Ei08_0034 今年は子年です。十二支のサイクルが始まる年です。

中国最古の国語辞典「爾雅」に「子にあたる歳を困敦(こんとん)という」とあるそうです。困敦とは混沌のことであり、「爾雅」の注釈書である「爾雅義疏」には、「旧暦十一月(子)になると陽気動き出し、万物は始めて萌え出て、地下は混沌となる」とあるそうです。

和漢三才図絵からの受け売りですが、子年は全ての始まり。その年の始まりである正月は、「始まりの始まり」であり、これからの大いなる成長を期待せずにはいられません。

私はこの子年を、私にとって最後の子年であるという決意をもって臨みたいと思います。今回の十二支サイクルの次のサイクルにはいると、早々に私にも喜寿が訪れます。恐ろしい、到底信じられない話ですが、事実です。あー、恐ろしい。しかしこの恐怖感を、決して忘れてはいけないと思います。不退転の決意だけはもって、あまり頑張らずにひたすら邁進する所存です。本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中くらい

Ne_mai_2 「あけましておめでとうございます。今年は怠けず、欲を張らず、中くらいでいきたいと思います。『中くらい』ってところを強調しといてよ」
「なんで?」
「ねずみ年だから」
「えっ?なんで?」
「ねずみ年だから!・・・・チューくらいでしょう」
「えっ?あっ、そうか。そういうことですか」
「にぶいんだからな。大丈夫かい?そんなんで」
「大きなお世話ですよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初 夢(2)

1fui2taka2_2 縁起の良い初夢として知られる「一富士二鷹三茄子四扇五煙草六座頭(いちふじにたかさんなすびしせんごたばころくざとう)」はすべて静岡に縁のある品々で占められています。
このように言われるようになったのは江戸開幕以降で、駿府(現在の静岡市)で過ごした徳川家康の栄達にあやかったからだそうです。

富士山は高く大きく、鷹は高く舞い上がり運気をつかみ取り、茄子は事を成す。無事(富士)に高(鷹)く成す(茄子)」とされる験かつぎで、さらに、扇は末広がりで、煙草は煙が立ち昇る縁起の良さ、座頭には毛がない(怪我ない)とのシャレにもなっており、上の句にもそれぞれ対応しています。

夢占いも様々ですが、雪が降る夢は何か喜び事がある知らせだそうです。ちなみに北条政子は、「高い山に登り、太陽と月を左右のたもとに入れ、みかんの実が三つついた枝を髪に挿した」という妹が見た夢を買い取り、尼将軍にまでのぼりつめたとの伝承が残っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初 夢(1)

11604331_t_2 皆さん、今年はどんな「初夢」をご覧になりましたか。初夢として縁起の良いものを「一富士、二タカ、三なすび」といいますね。もしかしたら、大みそかのスペシャル番組を見過ぎてしまった! 深夜、早朝に初詣でに出掛けた! それで新年から初日から爆睡して初夢を覚えていない。そんな方もこれを読んでいらっしゃるかも知れませんね。

元日の夜から2日の朝にかけて見るのが 、「初夢」という方もあります。初夢はその年を暗示するともいいますが、さあ、今年はどんな年になりそうでしょうか。今年も皆さんにとって良い年でありますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お屠蘇

"お屠蘇"との初めての出会いは、単に言葉でしかありませんでした。

屠蘇散は薬屋でも最近は売っていないところもありますが、漢方薬を販売している店であれば大抵おいてあるようです。

屠蘇散を普通酒に漬け込み、砂糖を混ぜて飲んだのですが、どうもバランスがおかしい。不自然。では最初から甘みのある純米酒はどうか?、試したらこれが一番バランスが良かったです。

私が正月に試したのは、日本酒に砂糖ではなく味醂を入れました。これは馴染みます。でも、どうしても屠蘇散の漢方の臭いが嫌いな人は受け付けないと思います。
薬だと思い、飲めば良いのでしょうが、私は始めて飲んだ時、意外と抵抗なく薬臭いのを身体が受け付けました。

でも、「どこでこの臭いを嗅いだ記憶があるのだろう?」いろいろ考えていたのですが思い出せません。後日中華料理屋に行きました。

注文したのが豚の角煮が入った麺で食べるのは2回目なのですが、味を忘れていました。
豚の角煮を食べたら、まさに屠蘇散の香りがしました。「これだったか?」と今更ながらに気がつき、「なるほど、中華料理=屠蘇散、本物だ」そんな結論に結びついてしまいました。

屠蘇散の裏を読むとつらつら歴史が記載されており、「唐から伝わり天皇に献上して、その後国民に伝わった・・・」と細かく書かれています。歴史を感じます。

私同様に味を知らなかった方ののために、屠蘇散の中身として"桂皮・山根・陳皮・桔梗・・・"読めない字もあります。ティーパックが2つ入っていて210円でした。来年お試しください。

三が日に悪いはやり病を除き、幸せの年を迎えるとして家庭で飲むものです。日本酒=お屠蘇ではなかったんですね。でもお屠蘇を飲んでから、美味しい自分の気に入ったお酒を飲みましょう。来年のお勧めです。

(お屠蘇の作り方と飲み方)http://www.ne.jp/asahi/cn-jp/gold-net/jp_life/jp_guide08_toso.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

門  松

Kadomatu1 正月飾りの門松。松は長寿を、竹は発展を願い、「松は千歳を契り、竹は万代を契る」との諺もあります。さらに縁起を担ぐ場合は、風雪に耐え、百花に先がけ花開く梅花を、ワラなどでかたどり添えます。ちなみに門松は、苦に通じる二十九日を避け、三十日までに飾るとされ、大晦日に慌てて飾るのは、「一夜飾り」といって年神様に対し礼を失するといわれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お せ ち

M_200801 お正月のお節(おせち)。来客の度に台所に立たなくてもいいように、日持ちのよい料理を重箱に詰めたお節料理も縁起の良い食材でいっぱいです。マメ(健康)に暮らせるようにと黒豆を、子孫を増やし家が繁栄するようにと数の子を、喜ぶことが多いようにと昆布巻きを、腰が曲がるまで長生きしたいとの願いで海老を、金運を呼ぶ栗きんとん、遠くまで見通せるレンコンなどなど。私の家でもおせちは殆どは購入しますが、栗きんとんだけはおふくろの味を引き継いで自家製です。ご近所の方食べに来て下さい。3日位まではあると思います。

また、赤い実の南天も、福寿草の花とセットで「難を転じて福となす」という縁起物として正月飾りに用いられます。

単なる縁起担ぎと笑う人もいるかもしれませんが、大事なのは形ではなく、そこに込められた気持ちですね。

r⌒⌒ヽ     ┏━┓
彡wMwwミ┃謹┃
σ σ㍉l   ┃賀┃
( -  丿l     ┃新┃
彡> イリ  ┃年┃
あ ∨/ ̄ヽ┗━┛
け //    У ̄l
ま〓〓〓v+  l
し      ┃  +l
て  ⑧  ┃_ノ
  ⑧Ⅲ⑧ ρ お
  HⅢHβ    め
+★※★+    で
Ψ*※※*Ψ と
┗〓〓〓┛ う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »