« 十干十二支 | トップページ | 成人の日 »

魚の名前の語源

Kurodaiicon 魚(さかな)は、「酒菜」と書き、お酒のつまみと言う意味で、古くは塩や味噌を指しましたが、江戸時代に入り、酒の肴に魚肉が使われるようになったため、魚肉をさかなと言うようになりました。また、古くは魚類全体を「いを」と言っており、「いを」→「いお」→「うお」となったと考えられます。

イワシは、魚偏に弱いと書きますが、小魚で腐りやすいため、「弱し(ヨワシ)」の転。マグロは、眼が黒々としているので「眼黒」の転と言います。クジラは、口広(くちひろ)あるいは黒白(くろしろ)が転化したと言う説があります。ほうぼうは、海底を這うように移動するため、這う(はう)が転じたもの、または、ボーボーと海底に響き渡るような音を出すからと言われます。こちは「忽(こつ)=しゃく、聖徳太子が手に持ってるヤツ」に似た形の魚というのが、有力な説。

コイは、見た目が小さく平たいので小平(コヒラ)が語源と言う説もありますが、詳細は未詳です。あゆは、非常に動きが早く、アイヌ語で矢を意味するアイ(ay)が転じたもの。漢字では魚偏に占うと書きますが、神功皇后があゆを釣って征韓の戦いを占ったためと言います。ひらめの「め」は眼ではなく、魚を意味する「み」の転化で、平たい魚の意。カレイは、唐(中国)のエイ、「からえい」の転とも、「半月」のことを「片割れ月」言うので、その姿から「片割れ魚(カタワレイオ)」が転化したものとも言います。

どじょうは、泥から生じると言う説もありますが、本来、どぢょうと書きますので、音節が「じ」と「ぢ」で違います。泥や土を表す「どぢ」に魚(ウオ)がついてどぢゃうと言う説もありますが、詳細な語源は分かりません。うなぎは、古くは「むなぎ」と書き、「む」は身を、「なぎ」は、長しの「なが」からと言います。ぶりは、歳を経た魚と言う意味で「フリウヲ(経魚)」、脂が多いので「アブラ(脂)」がなまったもの、炙って食べるため「あぶり(炙り)」、躰が大きいので「身太り」の転などの説があります。

さかなを表す魚偏の漢字です。鯵=あじ、鮎=あゆ、鮑・鰒=あわび、鯔=いな、鯆=いるか、鰯・鰮・鰛=いわし、鯏=うぐい、鰻=うなぎ、鰕=えび、鰍・鮖=かじか、鯑=かずのこ、鰹=かつお、鰈=かれい、鱚=きす、鯨=くじら、鯉=こい、鯒=こち、鮗=このしろ、鮴=ごり、鮭=さけ、鯖=さば、鮫=さめ、鰆=さわら、鯱=しゃち、鱸=すずき、鯣=するめ、鯛=たい、鮹・鱆=たこ、鱈=たら、鯲・鰌=どじょう、鯰=なまず、鯡・鰊=にしん、鰰=はたはた、鱧=はも、鮠=はや、鰉=ひがい、鮃=ひらめ、鱶=ふか、鰒=ふぐ、鮒=ふな、鰤=ぶり、鯔・鰡=ぼら、鱒=ます、です。本当はもっといっぱいあるのですが、第二水準までにない漢字ばかりなので、全部ご紹介できません。鮪=まぐろ、ですが最近は漁獲量が減って値段が高騰しています、将来は魚へんに無と書いてまぐろになるかもしれません?

 第二水準以下の漢字でおもしろいのだけ、選りすぐってご紹介しますと、魚偏に肅で、しゃちほこ。魚偏に臘の右側だけつけて、からすみ。魚偏に毛で、とど。魚偏に吉で、はまぐり。魚偏に昌で、まながつお、なんてのもあります。

|

« 十干十二支 | トップページ | 成人の日 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魚の名前の語源:

« 十干十二支 | トップページ | 成人の日 »