« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

あじさい

雨が降っています。空の感じが、もう梅雨のようです。しかし未だ五月、梅雨と云うには早過ぎるかなと思った瞬間、道端に紫陽花(あじさい)が咲いているのを見つけました。「あぁ、やっぱり梅雨だ」-思わずそう呟いてしまいました。あの紫陽花の青い色、柔らかくて、私は好きです。朝顔の青色も、私は好きです。
ところで不思議なことにこの紫陽花と朝顔は、古今集の中で一回も詠まれていません。紫陽花は古の時代より、朝顔も奈良時代にはあった筈にも拘わらずです。紫陽花は土のPhによって青色と赤紫色の間を移ろいます。朝顔も花によって青色だったり赤紫色だったりします。そう云った不安定さを、平安の貴人は嫌ったのでしょうか?或いは今は(少なくとも私には)素敵に見えるあの青色は、当時は品のない色だったのでしょうか?或いはまた紫陽花と朝顔の形が、どこかウケない理由があったのでしょうか。今となっては解き明かすことの出来ない謎です。美の認識・基準は、時代と共に変化するものです。
平安時代の紫陽花に降った雨と、現代の紫陽花に降る雨。古の時代に思いを馳せながら、降りしきる雨を眺めたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紫外線

オゾンに吸収されやすい紫外線(UltraViolet、略してUV)は、オゾン層を通過する際の距離によって降り注ぐ量が増減するため、太
陽の位置が高い今の時期はオゾン層への進入角度が直角に近く、オゾン層を通過する際の距離が短くなるため、紫外線の量が多くなります。
昔は、ビタミンDの生成を助けるとの理由から、ビタンミンD不足が原因のくる病予防のため紫外線が必要とされ、日光浴が奨励されてきました。ビタミンD合成の他にも、紫外線には殺菌消毒や新陳代謝の促進などの効用があります。そのような有益な面がある一方で、最近は紫外線の悪影響がクローズアップされています。DNAの損傷、免疫力の低下、皮膚ガンや白内障を引き起こす恐れなどなど。有害な紫外線を防御してきたオゾン層が、フロン類によって破壊されてきたことも驚異となっています。
ある調査では、1日に必要とされるビタミンDが体の中でつくられるためには顔や手への1日15分間の紫外線曝露で十分とされており、母子手帳の「日光浴」という言葉は「外気浴」に置き換えられ、環境省はマニュアルを作成して保健指導にあたっています。
紫外線の量は薄曇りの場合で快晴時の約80%、曇りの場合は快晴時の約60%というのがおおよその目安ですが、雲が比較的多くても快晴の時よりも紫外線が多い場合があります。雨が降っている場合は快晴時の約30%にまで減少します。
尚、気象庁が、注意喚起のために提供している紫外線情報(UVインデックス)は下記のようになっています。

 1~ 2 弱   い 安心して戸外で過ごせる
 3~ 5 中 程 度 日中は出来るだけ日陰を利用すること
            出来るだけ、長袖シャツや日焼け止め、帽子の利用
 6~ 7 強   い  (上に同じ)
 8~10 非常に強い 日中の外出は出来るだけ控える
            必ず、長袖シャツや日焼け止め、帽子を利用
 + 11 極端に強い  (上に同じ)

ちなみに本日の関東地方のUVインデックスは雨のため2となっています。日光浴も気持ち良いのですが、何事も程ほどが良いようです。
http://www.jma.go.jp/jp/uv/ (気象庁HP)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

離 島

日本列島は6800以上の数多くの島々で構成され、そのうち人が住む有人離島は420程度あります。
それぞれの島に独特の魅力がありますが、以前「観光目的で行ってみたい離島」というアンケート調査を目にしました。それによりますと、沖縄県の石垣島がトップとなっています。
1、2、8位と人気の島はいずれも八重山諸島に属し、石垣島はその玄関口でもあり、年間60万人以上の観光客が訪れています。2位の西表島は石垣島から船で最短30分。沖縄県では本島に次ぐ面積であり、全体の90%が深い亜熱帯の原生林に覆われ、島全体が太古の面影を残した観光スポットになっています。
尚、40代以上の中高年層からの支持が比較的高かったのが、5位の佐渡島と北海道の礼文、利尻の両島(9、10位)で、南の島とはまったく異なる趣があり、登山や自然観察など幅広くレジャーが楽しめます。ちなみに、1~10位のランキングは次のようになっていました。

  1. 石垣島   (沖縄県)
  2. 西表島   (沖縄県)
  3. 屋久島   (鹿児島県)
  4. 奄美大島  (鹿児島県)
  5. 佐渡島   (新潟県)
  6. 宮古島   (沖縄県)
  7. 小笠原諸島 (東京都)
  8. 与那国島  (沖縄県)
  9. 礼文島   (北海道)
 10. 利尻島   (北海道)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

交通事故死者数

昨年の交通事故死者数が前年比9.6%減の5744人と54年ぶりに6000人を割っています。
飲酒運転の厳罰化やシートベルトの着用者率向上が死亡事故を減らす要因となっていますが、事故死者のうち半数(49.7%)がシートベルトを着けておらず、後部座席の事故死者では84%が未着用となっています。
後部座席でのシートベルト着用は今後の大きな課題となりますが、昨年10月に警察庁とJAFが実施した調査では、一般道でのシートベルト着用状況は、運転席95%、助手席86%に対して後部座席8%。また、高速道路でも運転席98%、助手席93%に対して後部座席13%といずれも極端に低くなっています。
6月1日からは、改正道路交通法により後部座席でのシートベルト着用が義務化されます。
http://www.asahi.com/national/update/0527/TKY200805270089.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時差ボケ

長時間のフライトの前に16時間の空腹期間を設ければ時差ボケを避けられる可能性があると、米ハーバード・メディカルスクールの研究チームが発表したそうです。
なんと!体内時計の時差調整は本来1週間位掛かるのだそうで、然しながら動物(哺乳類)たる人間は、空腹になると、先ずは食べ物を見つける迄は起きていると云うことを優先するために、第2の体内時計が動き始め、そちらが通常の体内時計に勝つために、時差ボケを克服できるのではないか、とのことです。
この研究をしたクリフォード・サパー博士は、例えば米東海岸から日本に行くには11時間程掛かりますが、機上で敢えて一切食べずに、日本に着陸したらすかさず食べれば、時差ボケを超えられる筈であると、そして今度自分が日本に行く時には是非試してみたいと、そう云ってるようです。これはかなり気になります。
しかし食べ物との関係で時差ボケをコントロールすると云うのは、なんとなく腑に落ちる気がします。http://www.excite.co.jp/News/odd/00081211515119.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アスパラガス

「疲れた時には、アスパラガスを食べるといい」と聞きますが、今、その「アスパラガス」が旬を迎えています。柔らかさや香りはこの時期が1番で、サラダや炒め物に人気があります。輸入品を中心に1年中出回っていますが、国内では長野県や福島県が主産地で露地物は5~6月が出荷の最盛期となります。
スーパーなどで見かける「アスパラガス」は、ほとんどがグリーンです。ホワイトもたまに見かけますが、傷みやすいために缶詰が中心です。品種は同じで、芽が出る前に土盛りして地中で育てたのがホワイト、日光をたっぷり浴びたのがグリーンです。
アスバラガスには、ビタミン群やアミノ酸の1種であるアスパラギン酸などが豊富に含まれていて非常に栄養価が高く、そのアスパラギン酸は新陳代謝を促すとともに、タンパク質合成を高める効果があり、疲労回復や滋養強壮に優れています。
また、カロチン、ビタミンC、ビタミンEを同時に摂取することができ、抗腫瘍作用もあり、赤血球をつくるために必要な葉酸を含んでいるため貧血にも効果があるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストレス(2)

●自分を人と比べない、人を気にしない
 傍若無人に振る舞いなさいということではなく、他人を意識しすぎるとストレスを増やしたり、くじけや落ち込みの原因となったりします。ライバル心は一概に否定できませんが、他人と自分を比べることにより、自信を喪失したり劣等感にさいなまれたりすることことがあります。人生の各時期でのしっかりとした目的を持って人生の意義を見いだせれば、他人との違いは苦にならないと思います。

●100点満点の人生を送ろうとしない
 元来人間は不完全で、人生で失敗や悔いを経験しなかった人は皆無といえます。完全主義を排し、自分の心を締め付けないようにすれば、心が軽くなって毎日の生活が楽になり、ストレスをコントロール出来るようになるのではないかと思います。自分の考え方や性格上の癖がストレス過剰反応を引き起こしている場合には、自分の考え方や性格、日常生活の仕方などを変えることが大切です。

●他人にも関心を向ける心の余裕を持つ
 自分は駄目人間で生きている資格がないとか、自分だけが不幸であると感ずることがあると思いますが、決して自分だけが不幸だということはありません。他人を見る余裕があると、自分よりもっと不幸な人がいることがわかります。また、幸福そうに見える人でも自分より大変な問題を抱えていることがあります。自分には他の人にない特技があるなどのプラス思考を持つことも大切です。

●発想の転換を図る
 問題の原因を他者や環境の責任にするような甘えをなくし、心の中で問題と向き合い、現状をありのままに受け入れることが大切です。他人と過去は変えられないが自分を変えることは可能で、問題を試練と受け止め、克服することにより心を成熟させるようにすべきであります。このように発想を転換することにより生きる勇気が湧き、前向きに生きる姿勢が作られます。

●この世で起こったことは、この世で解決がつく
 不運にみまわれたときには、“人間万事塞翁が馬“の気持ちを持つことも大切です。親しい人に悩みを聞いてもらったり、気持ちを受け止めてもらったりすることも大切です。この世で起こったことは、どんなことでも乗り越えることが出来るという信念を持つことが大切です。自分が大宇宙の中でいかに微小な存在であるかを考えると、抱えている問題が如何に小さいかが分かり、心を軽くするのに役立ちます。

●規則正しい生活を送り、活動と休養のバランスを心がけ疲れを持ち越さないようにする
 自律神経のリズムを保つ上からも、朝は早く起き昼間に活動し、夜に休息を取るよう規則正しい生活を心がけることが大切です。いいかえれば、早寝早起きと適度の運動をすることにより生活のリズムを保つことです。適度の疲労は心地よい睡眠を促し、健康管理上大切です。そして、その日の活動による疲れは休養によりなくすようにしましょう。頑張りすぎて疲れを残し、疲れを蓄積しないようにすることが大切です。

●心豊かなゆとりある生活、バランスの良い食生活
 自分の時間を作り、楽しみや趣味、生き甲斐を持ち、人との出会いを大切にして豊かな人生を送る事も大切です。また、バランスの良い食生活は体の健康を保つのに大切ですが、心の健康にも大切です。特にミネラル、ビタミン類は脳の機能や精神の安定のためにも大切な働きをしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストレス(1)

私たちの体には少しぐらいのストレスが加わっても、心身を安定した状態に維持するために「ホメオスタシス(恒常性)」という仕組みが備わっています。この仕組みは3つのシステム、すなわち「自律神経系」、「内分泌系」、「免疫系」の相互作用により維持されています。
適度のストレスは適度の緊張をもたらし、人の能力を向上させるといわれています。しかし、短期間でも過度の強いストレスや、中等度でも慢性的なストレスは心身に有害に作用します。急性ストレスは自覚出来ますが、長い時間をかけて徐々にたまっていく慢性ストレスは自覚出来ないことが多く、様々な病気を引き起こすといわれています。
慢性のストレスが続きますと、免疫力の低下、自律神経バランスの崩れ、内分泌機能低下のため様々な症状を訴えるようになります。症状は「不定愁訴」のことが多いのですが、人ごとに違います。このような状態が続くと万病のもとになる動脈硬化などを来たしたり、身体に様々な異常を起こしたりします。
慢性ストレスが続いている時に急性ストレスが加わりますと、脳卒中や心筋梗塞の発作などが起きやすくなります。脳内の神経伝達物質の機能が低下しますと、「仮面うつ病」を発症したり、すでに引き起こされている仮面うつ病が重症化したりして、生きる意欲が低下することがあります。
人は情動により生体反応を起こしますが、情動の感受性は個人の性格や体質の影響を受けます。几帳面で、完全主義者や真面目で責任感が強い人、周囲に氣を使いすぎる人など「ストレスマネッジメント」が苦手のようです。しかし、生体反応は訓練次第でコントロールすることが出来るようになりますので、訓練により「ストレス耐性」を高めることが出来ます。
現代はストレス社会といわれますが、高齢期になってその悪影響から身を守るためには、ストレスに対して「ストレス耐性」を高めることが大切です。そのためには、適度の休養と気分転換を行い、上手く心身の休息をとり、心をリフレッシュすることを心掛けたいものです。そのためには次のようなことを心がけることがヒントになるものと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の国技?

一昨日の大相撲千秋楽の結びの一番には驚きました。横綱同士の対戦です。
我々素人が見ても朝青龍のダメ押しがハッキリしています。これが原因なのです。
相撲協会の北の湖理事長は、朝青龍の行為は流れによるものだから、悪いのは白鵬だと言っています。
これはおかしな話です。朝青龍の不祥事が度々起きていますが、これを擁護・助長している元凶は相撲協会(北の湖理事長)だと思います。横綱審議委員会の意見に対し恫喝するような態度、国民の批判を無視する不遜な態度、大相撲を預かる理事長の資格はありません。
白鵬や朝青龍を注意する前に、理事長が辞任するべきだと思います。大相撲は他のスポーツとは異なり、日本の国技なのです。強ければすべて良しではありません。横綱審議には品格をもっと重視するべきだと思います。
今場所は琴欧洲の初優勝で盛り上がりましたが、モンゴル出身の二人の横綱が汚点を残す結果となりました。それを上塗りしたのが、朝青龍の擁護を続けている北の湖理事長です。
容貌についてとやかく言うべきではないとは思いますが、その人の心は如実に顔に表れます。北の湖理事長と朝青龍の表情は不遜の顔です。この二人が反省することはないでしょう。
それにしても日本人力士の不甲斐なさ、恥ずかしくないのでしょうか。大相撲は日本の国技なのです。横綱をはじめ上位力士の多くは外国人が占めています。これで日本の国技と言えるのでしょうか。「日本の若者、しっかりしろ!」と言いたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有害情報

政府の教育再生懇談会が昨日発表した第一次報告の冒頭の一文。
1.子供を有害情報から守る
携帯電話利用についての教育を推進し、必要のない限り小中学生が携帯電話を持つことがないよう、保護者、学校はじめ関係者が協力する。

これは有益情報だけを与えようと云う話になるのでしょうか?誰が有益か有害かを決めるのでしょう?終いには小中学生に留まらず、国民には有益情報だけを、なんてことになるのでしょうか?
有害情報がいいと云ってるのではありませんが携帯電話を子供に持たせるか否かは親が決めることであって、政府が決めることではないでしょう。
無力な子供を守ることは大切ですが、そのためにその他の情報や自由も取り上げてしまっていいのでしょうか?事前検閲的なことをするよりも、情報の善悪を見分ける能力を付ける方策を考えることの方が大切ではないでしょうか?
それに、そもそも実効性があるかどうか疑わしいですし、無駄なコストや仕事を生むだけのような気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

君死にたもうことなかれ

今日の朝日新聞の朝刊の投書欄「声」に投稿されていたものをご紹介します。
歌人与謝野晶子が、日露戦争に参戦する弟を嘆いて歌ったのが「君死にたもうことなかれ」。われ”予算野無き子”は高齢者医療の現状を憂え、こう替えて歌った。

ああ父母よ君を泣く
君死にたもうことなかれ
戦火をくぐりさまよいて
原爆空襲生き抜いて
日本をつくりし君なれば
たとえお上が死ねよとて
老人医療をつくるとも
君死にたもうことなかれ
お上のつくりし決まりでは
療養ベッドがなくなって
そのうえリハビリとまられた
早期退院迫られて
行き場を失う君なるも
この世にひいとりの君ならで
君死にたもうことなかれ
保険負担が高騰し
さらに扶養もはずされた
脳卒中と認知症
規制がかかり医療なし
自己負担も膨らんで
在宅死亡が進む日々
ああまた誰をたのむべき
君死にたもうことなかれ
      予算野無き子

(君死にたもうことなかれの原詩) http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/kimishinitamou.html  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅 雨

汗ばむ陽気となってまいりました。そろそろ「梅雨入り」が気になる頃ですが、先週の木曜日には沖縄地方が梅雨入り。平年ベースでは、近畿が6月6日、関東は6月8日となっています。
『梅雨』と言えば6月と思いがちですが、旧暦に直すと5月となります。昔の人は5月の雨を「さみだれ」(五月雨)と呼んでいました。もともと、「ばいう」(梅雨)は中国から伝えられた言葉で、梅の実のなる時期に長雨が続いたことから使われるようになったと言われています。また、梅雨(つゆ)を「梅」の「雨」と書くのは、梅の実が黄色く熟する季節の雨だからとも言われています。
梅雨の季節になると、体調をくずしたりする人もいますが、これを乗り切る最適な食品の1つが『梅干し』です。梅の効用は含まれるクエン酸が胃液の分泌を高め、殺菌効果から胃の中をきれいにし、大腸での良性細菌の増殖を促進させるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新タマネギ

腸内の善玉菌の働きを助ける健康食品として注目が高まっているタマネギですが、今、「新タマネギ」が旬を迎えています。
タマネギの多くは収穫後に1ヶ月程度日陰などで風をあて、乾かしてから出荷されますが、「新タマネギ」は収穫後にすぐに出荷されるため、水分が多く、辛味が少なく、甘さと香りがあり、みずみずしさと柔らかさが魅力です。
日本で栽培されるタマネギには春と秋の二つの旬がありますが、現在店頭に並んでいる新タマネギは佐賀県や淡路島など西日本の産地で秋に種をまいたものです。一方、国内生産量の約半分を占める北海道産は春まきであり、秋ごろに新タマネギとして出荷されています。
ガン、糖尿病、動脈硬化、高脂血症などの生活習慣病に悩む現代人に最適の野菜と言われていますが、この時期にサラダや酢の物にして生で食べる「新タマネギ」はまた格別の味わいがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野菜か果物か?

トマトやスイカなどについて野菜か果物かで議論したことはございませんか?
実際の判断は行政によって分かれるケースがあるのですが、野菜はごはんのおかずになるもので、果物はおやつやデザートとして食べるものという区別の仕方のように、一般的には多分に感覚的な判断が優先されています。
野菜と果物の定義を調べますと、辞書によって微妙に見解が分かれるものの、おおまかな区分は下記のようになります。

「野菜」は、食用に栽培された一年生か二年生の草で、様々な部位が食される。
「果物」は、多年生の木になる果実で、一般的に甘く生で食されるもの。果物は実だけを食用とする。果物は、本来「木(く)の物」である。

定義を見ましても曖昧で、人によっては判断が分かれるというのが容易に想像できますが、「一年生か二年生の草」と「多年生の木になる果実」という観点からいきますと、イチゴやメロンなどは野菜に分類されます。
ちなみにイチゴの場合、甘くておいしい実の部分は、狭義には実ではく仮果あるいは偽果として区別されています。実際にはまわりにたくさん付いている種だと思っているものが実で、さらにその中に種があるという構造になっています。
アメリカでは、トマトは野菜か果物かで係争になったことがあるそうです。「甘くて生で食べられるもの」か、「デザートではなく、食事中に食べられるもの」かで争われ、野菜か果物かで関税率が違ったため最高裁までもつれ、最終的には「トマトは野菜である」との判断が下されています。
ただ、トマトのように果実を食用とする野菜は「果菜」であるとの解釈を目にしますとまたややこしくなってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽田会の皆さんへ

Img_0485 昨夜日本橋にて「岡田修さんの社長就任を祝う会」が行われました。
4月1日より、旧エキスプレス本部より分離・独立し”ヤマト・グローバル・エキスプレス”として発足しました。
我々のグループよりこの会社の代表取締役社長が就任出来た事は仲間として非常に悦ばしいことです。
今後の益々のご発展とご活躍を期待して居ります
昨日は旧エキスプレス本部のOB・OG14人が参加しました。
出席されました皆さん大変お疲れ様でした。
羽田会のアルバムを更新しましたのでご覧になって下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トマト

初夏の陽気が広がるとともに「トマト」が旬を迎えています。この時期のトマトの魅力は何と言ってもみずみずしさで、秋の濃厚な味のトマトとはまた違った味わいが楽しめます。
ヨーロッパの諺(ことわざ)に、「トマトが赤くなると医者が青くなる」とありますが、Bカロチンをはじめリコピン、ビタミンC・E、ミネラル、食物繊維などトマトには毎日の健康維持にもってこいの要素が豊富です。リコピンはがん予防の効果が指摘されていますが、ハーバード大学の研究チームの調査結果では、イチゴと並んでトマトは前立腺癌の罹患率の低さと相関しているそうです。
尚、スーパーなどでトマトを選ぶ際には、皮に張りがあり、ずっしりと重くて均整のとれた丸いものを選ぶのがコツ。また、買ったトマトをおいしく保存するためには、真っ赤なトマトはそのまま冷蔵庫へ、緑色が残っているトマトは室温で赤く熟させてから冷蔵するのがよいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

  鮨

食べ残しもしくは箸を付けなかった料理を、使い回して他のお客様に提供していたと云う某有名店の話を聞いて、甚だ呆れています。呆れると云うよりは、不快感・嫌悪感を感じると云った方が正しいでしょう。
しかし料理店で提供される料理と云うものは、皆、或る程度同様のリスクを孕んでいると云えるでしょう。奥の厨房で作っている訳ですから、残った料理の使い回しは流石になくとも、ちょっと虫が入ったがつまみ出してそのまま出すとか、落としたものを使うとか、紫蘇の葉の類だけ使い回してしまうとか、色々なことが起きている可能性があり、我々は店を信頼する以外に術はありません。だからこそ、今回のような事件は、信頼全体に影響を及ぼしかねないので、本当に困ったものです。

しかしここで思うのは、私のこよなく愛する「鮨」と云う食べ物の、極めて傑出した優れた点です。鮨は目の前で握ります。しかもネタもザクから目の前で切り出すので、一切の不正があり得ません。まぁ正確に云うと仕込みの段階で何かが起きている可能性はありますが、それらも時間を掛けて問題なく直してからネタ箱に入れると思われるので、やはり不正、少なくとも出来心によるよろしくない行為は、先ずあり得ません。鮨は謂わば、全て「ライブ」の料理です。こんな料理は他にないでしょう。
更に云うならば、ライブであるが故、目の前のお客様の嗜好や、腕利きであれば見た目の体調などに併せて、微妙にネタやシャリの量や味付けを、握り分けることも可能です。なんと優れた料理であるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

副都心線

埼玉県和光市―東京・渋谷を結ぶ東京メトロの「副都心線」が1カ月足らずで開業する(開業予定日は6月14日)。「池袋」「新宿」「渋谷」という三大副都心を縦断して走ることから名付けられた新線は、総工費約2500億円、平均輸送人員は初年度15万人、3年後21万人が想定されている。

○池袋が沈み、新宿・渋谷が浮上
「副都心線」は開業後、和光市で東武東上線、東京都練馬区の小竹向原で西武有楽町線・池袋線と相互直通運転を行う予定。これにより、東武東上線、西武池袋沿線に住まう人は、「池袋」での乗り換えなしに「新宿」「渋谷」へアクセスできるため、新宿、渋谷まで足を伸ばす人が増えるとの見方がもっぱらだ。
百貨店激戦区の新宿では、新線開通に合わせ、花園神社近辺―高島屋・東
急ハンズを結ぶ全長約800メートルの地下道がオープン。地下道開設に伴
い、地下道から地上への出入り口が複数新設される。
○雑司が谷、埼玉県南西部、東京都北西部に関心
新線の工事着工はちょうど7年前。新線開業・新駅開設は近隣地価に織り込み済みとされるが、「これまで交通の便が良くなかったエリアは新線開業後に地価が上昇するケースがある。良い例が都営地下鉄12号線『大江戸線』の開通後、地価上昇を遂げた麻生十番駅の近隣エリア」(大手不動産)。副都心線でいえば、これまで都電荒川線のみだった「雑司が谷」は、新線開通に伴う新駅開設効果が長続きする可能性がありそう。
副都心線は、2012年度をメドに渋谷駅で東急東横線と相互直通運転を行う予定。埼玉県南西部方面から都心を経由し、神奈川・横浜方面に至る広域的な鉄道ネットワークが完成する予定だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

判 定

この季節、最高なのはやっぱり野球観戦。ビール片手に芝生に座って、なんて最高ですね。ところで、最近ちまた(特にスポーツ紙)をにぎわせているのが、審判問題。先日審判を侮辱したとして退場処分を食らったオリックスのローズ選手。何でも、ストライクの判定を巡り審判に暴言を吐いたそうです。しかし、ローズ選手の話によると、ただ「高いのでは?」と言っただけ。審判は英語がわからず、ローズ選手の表情から「顔が侮辱行為と感じた」そうです。「顔が侮辱」って、なんだかアバウトですよね。一方、Jリーグでは4月末の東京FCと大分トリニータの試合で、この日の主審が大分の選手に対して「死ね」と言ったとか言わなかったとかで揉め事になりました。結局、主審が抗議してきた選手に対して「(早くプレーを)して」と言ったのを選手が聞き間違えたということで一応解決したそうですが、これもなんだか苦しい言い訳。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高齢社会白書

本日の閣議で決定された2008年版「高齢社会白書」によります
と、昨年10月1日時点での65歳以上の「高齢者」人口は約2746万人(男性1170万人、女性1576万人)で過去最高を更新。総人口に占める割合(高齢化率)も21.5%(5人に1人)に上昇しこちらも過去最高を更新しています。
うち75歳以上の「後期高齢者」は約1270万人(男性477万人、女性794万人)で、10人に1人の割合となっています。
日本は数年前にすでに高齢化率で世界最高になっていますが、2055年には65歳以上の高齢者が総人口の40%に達し、4人に1人は75歳以上の後期高齢者という「世界のどの国も経験したことのない高齢社会」が到来する見通しです。
2055年といえば現在28歳の人が75歳に達する頃。誰も老いから逃れることはできません。年金や医療を含め現在議論されている諸問題はほとんど全ての人に関わってくる問題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

交流戦

プロ野球はいよいよ今日からセ・パ交流戦がスタート!
セは阪神、パでは西武がここまで快走してますが、交流戦もこの勢いで突っ走るのでしょうか?昨年の覇者・中日と日ハムはともに2位をキープ、どちらもV3に向け虎視眈々。巨人とロッテは意外な苦戦を強いられてる感がありますが、ここで本領発揮といけるでしょうか?毎年のことながら、今年の交流戦もホントに見どころ満載です。
両リーグともここまでの時点で予想以上に上位、下位の差が開きましたけど、レギュラーシーズン3位までに入ればプレーオフ(クライマックスシリーズ)進出という現行ルールなら、まだまだ12球団全てにチャンスあり!出遅れた球団はこの交流戦でぜひ頑張って欲しいと思います。
交流戦といえば、限られた試合数ながらソフトバンクが前身のダイエー、更にはその前の南海ホークス時代のユニフォームで戦うとか。これはなかなか粋なファンサービスですねー。特に20年の時を経て南海のグリーンのユニフォームが帰ってくるなんて、大阪の昔からのホークスファンにとってはたまらない演出でしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食糧危機

ミャンマーのサイクロン、中国の四川大地震ととても悲しい出来事が相次ぎました。ご冥福をお祈りするとともに、被災地の1日も早い復旧をお祈りします。
さて、人類に迫り来る危機は、なにも天変地異、自然災害だけではありません。今週の『Newsweek(日本語版)』の特集記事は、「世界食糧危機」。最近は原油高ばかりがクローズアップされがちですが、穀物をはじめ食料価格もどんどん高騰。日本でも家計を直撃しつつありますが、貧困に苦しむ国にとってはまさに死活問題!なんでもここ数ヶ月の間、実に22カ国で食糧不足に起因する暴動が起きてるそうです。
牛肉1キロ生産するには穀物が10キロ必要とのこと。世界中が食肉消費を減らせば食糧難も解消って理屈になりますが、経済成長に伴い食生活も欧米化ってことでしょうか、中国やインドで食肉需要が増加。あの莫大な人口でこぞってお肉を食べるとなるとどうなるのか?
雑誌には「人類の食卓を救うのはGM革命?」なる記事もありました。アメリカのビッグスリー、自動車のゼネラルモーターズと食糧問題にどんな関係が!?と思いきゃ、遺伝子組み換えのことをGMと言うんだとか。
GM作物が広く受け入れられれば今までより栄養価の高い作物を収穫できる、やせた土地や過酷な気候で育つGM作物を開発できれば、食糧問題と貧困問題の改善に・・・との話ですけど、やはり気になるのは安全面ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サクラマス

春に相応しい名前を持つ「サクラマス」(桜鱒)が旬を迎えています。「本マス」とも呼ばれますが、マス科という分類はなく、サケ科に属しています。最近は数が減って幻の魚とも呼ばれ、都内の百貨店では一切れ(100グラム前後)2000円程度という高級魚です。
川でふ化し、1年半ほど川で過ごした後、海に下ります。このとき川に残り一生を過ごすものが渓流釣りでも人気の「ヤマメ」(山女)で、海に下ったものが「サクラマス」。そして、60センチ近くに成長し、次の春に川に戻ります。
「サクラマス」の名前の由来は、桜の頃に戻るためとも、産卵の頃に魚体に桜色の模様が現れるためとも言われていますが、英語でも「チェリー・サーモン」と呼ばれています。
バター焼き、揚げ物などにして食すのが多いようですが、富山名産の「鱒寿司」に使われているのはこの「サクラマス」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アヤメとカキツバタ

Pict0104 肌寒い日が続いていましたが、五月は一層濃くなってきた葉の緑とともに花々が美しい季節です。
水辺に際立つ水芭蕉。藤棚から垂れ下がる藤の花。紫色のアヤメ(文目、綾目、菖蒲)もこの時期に咲く花で、同じアヤメ科に属するカキツバタ(杜若)とともによく目にする花となっています。
ちなみにアヤメとカキツバタは「いずれアヤメかカキツバタ」と言われますように区別が難しいのですが、葉の幅が広いのがカキツバタで細いのがアヤメというように葉の幅も判断材料の一つとされています。
近くの新江戸川公園では鮮やかな黄色い黄菖蒲や花菖蒲Pict0111 (写真)が咲き始めて居ました。また、地面に近い場所で咲いている白いボンボンのような小さな花はクローバー。本来は白詰草という名を持ち、昔、交易のために来航していたオランダ人が商品を箱詰めするときの詰め物として用いていたことからこの名が付けられたようです。稀に見る四ツ葉は、その形が「十字架」に似ていることから幸運のシンボルとされています。
「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」の芍薬(シャクヤク)もこの時期の花で、根は鎮静・鎮痛剤として使われる漢方薬の一つです。牡丹と芍薬もまた似ており、まっすぐに伸びた枝の先に花をつけるのが芍薬、枝分かれして横に膨らんでいるのが牡丹で、芍薬の花は牡丹が咲き終わるのを待つようにして咲きだします。

羽田会では6月7日(土)の歩こう会で堀切菖蒲園に行きますが、私は生憎と旅行の予定がありますので残念ながら参加出来ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サラリーマン川柳

例年注目を集める「サラリーマン川柳」。昨日、その人気投票結果が第一生命保険から発表されました。1位から10位は以下のようになっていますが、それ以外にも、「ミシュランよ 手が届くのは ガイドだけ」、「年金は 賭けるつもりで 掛けている」・・・等々、思わず笑ってしまう秀作が揃っています。

1位 「空気読め!!」それより部下の気持ち読め!!

2位 「今帰る」妻から返信「まだいいよ」

3位 減っていく…ボーナス・年金・髪・愛情

4位 円満は見ざる言わざる逆らわず

5位 ゴミだし日すてにいかねばすてられる

6位 「好きです」とアドレス間違え母さんに

7位 国民の年金、損なの関係ねえ

8位 社長より現場を良く知るアルバイト

9位 赤字だぞあんたが辞めればすぐ黒字

10位「いつ買った?」返事はいつも「安かった」

ちなみに、過去5年の第1位は以下の通りです。

 脳年齢 年金すでに もらえます        

 昼食は 妻がセレブで 俺セルフ        

 オレオレに 亭主と知りつつ 電話切る    

 「課長いる?」返ったこたえは「いりません!」

 タバコより 体に悪い 妻のグチ        

http://event.dai-ichi-life.co.jp/senryu/200805_best10.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

主婦の年俸

「母の日」にちなみ、「主婦の仕事の重大さを認識してもらうきっかけ
に」との主旨で米人材情報会社が専業主婦の仕事を賃金(年収)換算した試算結果を発表していますのご紹介したいと思います。
試算の方法としては、まず主婦の家事労働を以下の10種類に分類しています。

  【職種】       【内容】
  保育士     子供の世話
  コック      料理・炊事
  事務員     家計管理等
  洗濯人     洗濯
  清掃作業員  掃除
  設備管理者  住宅のメンテナンス
  CEO(経営者) 家族の中でリーダーシップを発揮している場合
  運転手     子供の送迎
  精神分析医  子供や家族の心のケア
  ハウスキーパー 買い物や介護等、上記以外の家事労働

それぞれの作業を外注した場合の時給と労働時間から賃金を積算し、さらに週40時間を超過した分や休日・深夜について割増しの時間外手当を支給した場合、年収は1000万円を優に超える試算結果となっています。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080511-00000026-jij-soci

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛鳥週間

5月10日から今日16日までは「愛鳥週間」でした。
昨日から久しぶりの青空。ウグイスがのどかな声を響かせ、「日晴(ひはる)」が由来のヒバリはさえずりながら天高く舞い上がり、「目白押し」の例えのように身を寄せ合って樹上にとまるメジロなどなど。時おり聞こえる野鳥の声は、季節を一層すがすがしく感じさせます。
ホトトギスは日本三鳴鳥の一つで(他にコマドリ、オオルリ)、キョキョキョと鋭く鳴きます。この鳥は別名が多いことでも知られ、文目鳥(あやめどり)、妹背鳥(いもせどり)、黄昏鳥(たそがれどり)、子規(しき)、不如帰(ふじょき)、杜鵑(とけん)等々、霍公鳥や不如帰などはそのまま「ホトトギス」と読みます。
ホトトギスの鳴き声は「特許許可局」とも聞こえますが、昔の人には「田を作らば早くつくれ、時過ぎぬれば実らず」と聞こえたようで、田植えの時期を教えてくれる鳥でもありました。時鳥あるいは時つ鳥、早苗鳥などもホトギスの異称です。
また、冥土に往来する鳥ともいわれ、魂迎鳥(たまむかえどり)等の名もあり、古代中国の蜀の望帝の魂が化してこの鳥になったという伝説もあります。
ホトトギスは万葉集で最も多く詠まれた鳥でもあり、ウグイスを詠んだ歌のおよそ3倍、150首以上の歌に詠まれています。
ところで、ホトトギスによく似た鳥にカッコー(郭公)がいます。どちらも同じカッコー科の鳥で託卵の習性や灰色の体に黒い横斑模様も同じなのですが、鳴き声が違い、カッコーの鳴き声からは閑古鳥の字も当てられました。
カッコーは賑やかな街中には寄り付かず、鳴き声にはどこか寂しさが漂います。閑という字と相まって、人が集まらなくて閑散としている様を「閑古鳥が鳴く」というようになったそうです。

 「憂き我を さびしがらせよ 閑古鳥」 芭蕉

 「淋しさを 我にさづけよ かんこ鳥」 一茶

| | コメント (0) | トラックバック (0)

信楽焼

信楽焼を一躍全国区にならしめたタヌキの置物。このタヌキの置物には「八相縁喜」という八つの縁起があり、商売繁盛の縁起物として瞬く間に全国に広まったそうです。タヌキは右手に「御通」あるいは「大福帳」を持ちますが、これには「世渡りは先ず信用が第一ぞ活動常に四通八達」という意味が込められているそうです。
http://www.tanukimura.com/tanuki.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

信用第一(2)

戦後、占領軍による経済・財政改革の一環で旧来の財政・税制が大きく変貌をとげることになります。いわゆる「シャウプ勧告」により、それまでの単式簿記から、貸借対照表を加え資産と負債のバランスを見るのに適した複式簿記が導入され、青色申告も制度化されます。ここにきて、黒田の店先に得意先が現金を積み上げて行列をつくるほどに帳簿需要が急激に増大。需要が増大すれば価格を上げるのが通常ですが、「今の状況はアブクのようなものだ。そんなもんに目がくらんではダメだ」とし、原価ぎりぎりの値段で品物を渡していったそうです。そういった行動が巡り巡ってコクヨの地位を確固たるものにしていきます。
帳簿の表紙作りというニッチ産業で産声を上げたコクヨは、事務用品にとどまらず、オフィスにおけるニーズ全般を手がけ、情報や教育へと分野を広げ、今や年商3000億円を超える大企業へと変貌しました。

黒田はある時、自身の信条を聞かれて次のように語っています。
「人は無一物で生を受け、父母の恵み、恩師の導き、社会のおかげによって心身ともに成長し、やがて社会に出て一つの仕事を与えられる。それは天より授けられた転職である。天職には貴賎の別なく、人が生ある限り自らの全力を尽くして全うせねばならぬ。天職を全うするには、人の信を得ることがもっとも大切である。人に信を得る最善の道は、自ら誠を以って実行することである。」

まさに「世渡りは先ず信用が第一ぞ活動常に四通八達」を体現した生き様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

信用第一(1)

明治の頃、富山で育った黒田善太郎は幼少の頃、家業が人出に渡ったのをきっかけに丁稚奉公にでます。紙の卸問屋で、大福帳の表紙を販売する奉公先で寝る間も惜しんで働き、その経験を活かして黒田表紙店として独立します。成功して国(富山)に錦を飾りたいとの思いから作った商標が「国誉(現コクヨ)」でした。
表紙のみの加工販売から、やがて帳簿そのものを製作するようになり、下請けからメーカーへと成長してゆくことになります。「良い品物を作れ」が口癖だった黒田の作った品物は決して安くはなかったとのことですが、「良い製品は結果として安くなる」との信条で手作りの良品にこだわったそうです。
黒田が商売を始める時、知人から「今頃、いい商売など残っているはずがない。もっとお金をもっている人、もっと賢い人たちがすでに始めている。今頃残っている商売はカスの商売だ」と言われたそうです。しかし、自分が出来ることに磨きをかけ、誠心誠意で商品を作り出す黒田は、徐々に客の信頼を獲得していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕張メロン

景気のいい話を一つ。札幌市中央卸売市場で今朝行われた夕張メロンの初競りで最初の1箱(2玉入り)が史上最高値の250万円で落札されました。夕張市を応援する意味も込められているとは思いますが、広告宣伝費と考えた場合、高い買い物ではないのかもしれません。ちなみに過去の夕張メロンの初競り落札価格は、2003年が2玉33万円、04年は2玉42万円、05年は2玉60万円、06年は2玉80万円、そして昨年が200万円となっているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天 災(2)

大規模な災害が発生した場合、一時的に情報が遮断されることから発生直後の被害の把握は容易ではなく、発生後に死亡する例や二次被害も含め時間を追うごとに、まず例外なく被害が拡大します。
昨日、四川省で発生した地震の規模を示すマグニチュード7.8、震源の深さは約10km。マグニチュードは1増えると地震のエネルギーは約32倍、2増えると1000倍になり、今回の四川の地震の規模は阪神・淡路大震災(M7.3)の5~6倍、新潟県中越地震(M6.8)の約32倍ということになります。さらに震源の深さが16kmだった阪神・淡路大震災の時よりも浅いところで発生しています。
ちなみに、日本の10倍、約13億人の人口を抱える中国には東京クラスの大都市がいくつもあり、震源地から約150キロ離れた四川省の州都、成都市の人口は約1200万人で東京に匹敵、以前は四川省の一部で現在は政府直轄市となっている重慶(震源地から約500キロの距離)の人口は3000万人を超える中国最大の都市です。
もちろん、ミャンマーでのサイクロン被害や四川での大地震は、日本に住む私たちにとりましても決して「対岸の火事」ではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天 災(1)

5月4日にはミャンマーを大型のサイクロンが直撃し、死者は10万人超。そして昨日は中国・四川省でM7.8の大地震が発生して死者は8000人以上と報じられていますが、自然災害の恐さを改めて痛感します。
四川省では、過去100年の間にマグニチュード7.0以上の地震が少なくとも4回起きており、計約1万5200人の死者が出ているそうです。また、この度の震源となった同省アバ・チベット族チャン族自治州は、漢族・チベット族・回族・チャン族が混在し、総人口は約10万6000人で、西南部にはパンダの自然保護区があるそうです。
ちなみに、1995年(平成7年)1月17日午前5時46分に発生した阪神・淡路大震災では、マグニチュード7.3。死者は6434名、負傷者は4万3792名となっており、1923年(大正12年)9月1日午前11時58分に発生した関東大震災は推定マグニチュード7~8といわれ、死者・行方不明者は10万5000人余りとなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

救急車(2)

119番通報から救急車が現場に着くまでにかかる平均時間は「悪化」したといわれています。この間、いかに重症者の命をつなぐのかが問題となり、救命率向上のため「救急現場に居合わせた人」を指す「バイスタンダー」の養成を目的に「救急普及協会」が設立する地区が出てきました。
救命率向上のために重要とされる心肺蘇生法を中心とした応急手当を、民間への講習会を通して普及させるのが目的で、救急を本業とする救急隊員の負担を減らすために、救急隊員に代わり登録ボランティアが講師を務めます。6~7分間の応急手当で救命率はまったく違ってきます。
救急受け入れ拒否の理由は、(1)手術中や設備不十分などで処置困難、(2)ベッドが満床、(3)専門外で治療不可能が主で、理由が判明しているうちの8割以上を占めます。搬送先の決定が困難になってきていることについて、関係者は医師不足で夜間の救急体制を十分に組めなくなってきているのでは、と指摘しています。
また、救急入院に対応できる「2次救急病院」の数は減少傾向にあります。救急の主体は2次救急ですので、ここが機能しないと救急への対応は困難となります。救急病院でも入院患者がいますし、重傷患者がいて処置をしていると、外来の救急は受け入れられないのが実情です。
最近は、夜間病院のコンビニ化で、軽症でも、多くの患者がやってきます。そのような患者の対応で受け入れができないので、救急本来の仕事が出来ない状況にあります。また、最近は患者側がすぐに訴訟を起こす傾向にありますので、無理な受け入れは、しないことも考えられます。今後、いい救急医療システムの構築が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

救急車(1)

消防庁の統計によりますと、1995年に約328万件だった救急車の出動件数は、2005年には528万件まで増加しています。救急車の出動件数が増え続けています。
消防庁や県内の消防本部は「タクシー代わりに使われているケースもある」として、本当に必要か、冷静に判断するよう呼びけに躍起となっています。重症患者の処置に支障が出ることも懸念されており、「自分の命は自分で守る」という姿勢を民間に浸透させるための取り組みも始まりました。
「子どもが夜泣きして泣きやまない」「2週間前に転んで打ったところがはれて治らない」など出動要請の6割以上が入院を必要としない軽症のケースといわれています。危機感を募らせる消防庁などは「本当に救急車が必要か」の判断をし、「本当に危ないと思ったらどんどん使ってほしいが、困ったら何でも救急車とは考えてほしくない」と注意を促しています。
出動要請が増加した背景には、「権利意識」の高まりで抵抗がなくなったことと、高齢者が増えたことなどを挙られています。核家族化が進み、近くに相談する相手がいない時代状況があるとみられています。1人暮らしの多い都市部の住民ほど容易に通報する傾向があるといわれています。
外国では救急車を要請した場合には有料が当たり前ですから、日本は有り難いことですが、それだけ費用がかさむということを理解しなければなりません。入院が必要な状態であれば救急車の利用は必要でしょうが、たいしたことがない人は権利の乱用ですから、費用を負担すべきでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母の日

母への感謝を示す特別の日を設けるようになったのは古代ギリシャやローマの頃にまで遡りますが、母への感謝の意としてカーネションを捧げる現在のような形は、ある女性の母への想いをきっかけに20世紀初頭のアメリカにおいて始まったそうです。
「母の日」の市場規模はバレンタインの数倍に達し、クリスマスをも凌ぐとの見方もあります。小売り各社は様々な商品やサービスで消費者の心をつかもうとしていますが、やはり母への贈り物は「花」というのが一番人気となっています。
「純粋な愛情」「ありがとう」などの花言葉を持つカーネーションが定番で、母が健在な人は赤、亡き母には白。ピンクやオレンジなどの花色の他に、品種改良で誕生した青いカーネーション(花言葉は「永遠の幸福」)も見かけるようになりました。
ちなみに、贈られてうれしいプレゼントを聞いたある調査では、花やケーキ、手紙などの定番がランクインする一方で、「ありがとう」の言葉や気持ち、そして一緒に過ごす時間があれば十分として「何もいらない」という回答も上位となっています。母親に対する思いは様々でも、せめてこの日は素直に「ありがとう」の気持ちを伝えたいものです。
 
「たわむれに母を背負いて そのあまり軽きに泣きて 三歩あゆまず」啄木

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギネス

ギネス…調べてみました!
日本にもたくさんのギネスがあるのですね

桜島大根:世界最大の大根
新宿駅:世界一乗降客の多い駅
日光杉並木:世界一長い並木道
法隆寺:現存する世界一古い木造建築物
トヨタ・カローラ:世界一広範囲に販売されている自動車
ええじゃないか:富士急ハイランドにある世界一回転数の多いジェットコースター

そして、世界一も見つけましたのでそちらもどうぞ~

世界一長い地名:タウマタファカタンギハンガコアウアウオタマテアポカイフェヌアキタナタフ(ニュージーランド)
世界一長い駅名:ランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホ(イギリス・ウェールズ)
世界一長い湖の名前:チャーゴグガゴグマンチャウグガゴグチャウバナガンガマウグ湖(アメリカ)

うーん、長い…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お祭り

新緑が映える五月は、連休中の博多どんたくや沖縄ハーリーから始まって様々なお祭りが催されます。
五月は田植えに代表されますように農事の始まりであることから、この時期に各地で行われるお祭りの多くには五穀豊穣への願いが込められています。
また、衛生環境が悪かった昔は気温や湿度の上昇ともに疫病が流行ることが多く、疫病は悪霊の仕業と考えられていた昔は、その時期の前に禊祓え(みそぎはらえ)の神事や悪霊を鎮める儀式などが盛んに行われ、それらが祭りとして現代に残っています。

ちなみに今月行われる大きなお祭りには下記のようなものがあります。

「神田祭」5月9日~15日 神田明神 
江戸総鎮守である神田明神が行う神田祭は「江戸三大祭」及び「日本三大祭」の一つで、徳川将軍上覧の祭りであったこととから「天下祭」とも呼ばれます。
ちなみに徳川家康が関が原の合戦の前に神田明神の勝守(かちまもり)を授かり勝利を得た古事から、神田明神の勝守は取引や勝負事の御守りとして有名です。

「葵祭」 5月15日 賀茂別雷神社(上賀茂神社)と賀茂御祖神社(下鴨神社)
絢爛豪華で平安絵巻そのものの葵祭は京都三大祭の一つ。三大勅祭(国家の祭)となった9世紀ごろから華麗を極め、「源氏物語」などの書物にも登場し、平安の頃から綿々として続いてきたお祭りです。ちなみに葵祭の名は葵の葉を飾りとして使うことに由来します。

「三社祭」5月16日~18日 浅草神社
三社祭は、江戸の伝統的な町並みを残す浅草を威勢のよい神輿が練り歩く豪気なお祭りですが、昨年神輿に乗り込む担ぎ手が相次ぎ逮捕者も出たことから今年は祭りの見所だった宮出し等が中止となるそうです。

いずれも大勢の人が集まる大きなお祭りで、夏の訪れを感じさせる日本ならではの風物詩となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供の人口

「こどもの日」にちなみ、総務省から4月1日現在の子供の数(15歳未満)が発表されましたが、前年に比べて13万人少ない1725万人で過去最小を更新となっています。減少は27年連続で、総人口に占める割合も0.1ポイント低下して13.5%と34年連続で過去最低の更新となっています。
男女別では、男子が884万人、女子は841万人。3歳ごとの年齢層で区切りますと、中学生(12~14歳)の359万人が最多で、0~2歳が324万人と最も少なくなっています。
都道府県別では、沖縄県の子供の割合が18.1%で最も高く、滋賀県が15.2%、愛知県の14.7%と続き、東京都の11.7%が最低となっています。
主な国の子供の総人口比は、アメリカは20.3%、中国は19.4%、韓国は18.0%となっており、日本はイタリアとドイツの14.1%をも下回り、世界的にも相当低くなっています。
ちなみに、昭和25年(1950)の子供の数は2943万人で割合は35.4%となっており、当時と比較しますと総人口が4453万人増えている中にありまして、子供の数は1218万人の減少となっており、いかに少子高齢化が進んでいるかが顕著に分かります。
http://www.stat.go.jp/data/jinsui/topics/topi290.htm(総務省のHP)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地 震

昨日の深夜、茨城と栃木で震度5程度の地震が発生。茨城県沖を震源とし、マグニチュード(M)7.0程度だそうですが、関東地域にお住まいの方は、突然の揺れで布団から飛び出た方も多いようです。ところで、地震が起きますとニュース速報等で『マグニチュード』とか『震度』といった言葉がよく出てきます。「一体、マグニチュードと震度はどう違うの?」と思ったことがある方も多いのではないでしょうか。結論から申し上げますと、地震が起きた場所(震源)の揺れ方の大きさが「マグニチュード」で、震源から離れたそれぞれの場所でのゆれかたの強さを、いくつかの階級に分けて表したのが「震度」です。例えば、電灯は60ワットでも100ワットでも、そばだと明るいですが、どっちも離れますとだんだん暗くなります。この明るさの度合いをルクス(照度)と言いますが、これと同じように地震も起きた場所(震源)はものすごく揺れますが、そこから遠くなりますと揺れ方はだんだんと小さくなっていきます。この震源から離れた場所での揺れた度合いが「震度」であり、それに対して地震自体の揺れ方の大きさが「マグニチュード」という訳です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高齢者の健康管理(3)

○こころの不調に早く気づく
高齢者では体の病気だけでなく、こころの病気にも早く気づく必要があります。特に、うつ病と認知症(痴呆)について注意する必要があります。
うつ病は高齢者ではしばしばみられる心の病気ですが、治ることが多い病気ですので、早期発見、早期治療が大切です。初期にはいろいろな症状がありますが、不眠症、疲れやすい、食欲不振、頭痛、肩こりなど、高齢者ではしばしば自覚するような身体症状のこともありますので、内科などの検査で異常がない場合には、うつ病の存在を疑わなければなりません。このように身体症状という仮面を被ってしまってしまい、本来のうつ病が隠れてしまうものを「仮面うつ病」と呼ばれています。
認知症(痴呆)も発症を予防し、なるべく早く見つけて対処すべき病気です。
高齢者で知的機能が低下するのは、ある程度は生理的なこととして仕方のないことですが、知的機能のなかの種類によって変化の仕方が異なるという点が重要です。
知能テストから言語性テスト(単語・算数・理解・類似など)と動作性テスト(積木・絵画配列・組み合わせなど)を分離して検討してみると、加齢によって動作性テストに反映される機能は低下していく一方で、言語性テストに反映される機能はむしろ向上していることがわかっています。つまり高齢者にとっては、言語性テストに反映される機能が知能の主役となっているといえます。この機能は、日常的な経験や学習によって獲得され維持されるものですが、この機能を維
持するためには高齢者にとっても日常的に新たな知識を獲得していこうという努力が必要になってきます。
認知症(痴呆)の予防には、やはり絶えず脳を刺激していることが必要で、新
聞や本を読む習慣はできる限り続け、視力の問題でそれが不可能ならばラジオのニュース番組を聞いたりすることが効果的です。それに、手足を使ったり、何かの作業を行ったりすることも脳を刺激することになります。
最近の報告によりますと、ボケ防止には頭を使うことよりも身体を動かすほう
がよいという結果が出ています。運動は認知症を予防する効果もあります。その機序が体を動かすことによる脳血流増加によるものかどうか、まだ分かっていません。
高齢期という円熟した時期を充実したものにするためには、まず心身の健康が
前提になります。そして、そのうえに趣味や生きがいとか、それぞれが置かれた環境や立場での最も充実した人生、生活の質(QOL)を考えていかなければなりません。
こころやからだの健康は、日常の注意、ちょっとした努力によりかなり向上するものです。人や社会との関わりのなかで自分を変えていこうとすることが知的活動にもつながります。出来れば社会の現役として、後輩たちにいろいろな助言を行い、充実した人生を送りたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高齢者の健康管理(2)

○軽い運動の習慣を取り入れる
軽い運動の習慣を取り入れることも、からだの病気を予防・治療にはとても大切なことです。「軽い運動」とはせいぜい30分程度を歩くことか、プールなどで水の中を歩くことです。ちょっと呼吸が早くなる程度が目安です。軽い運動は、とくに高齢者の基礎疾患の治療・予防には大切です。しかも、高齢者の生活を充実させてくれ、いつまでも健康感を持たせてくれることになります。運動というとスポーツを考えますが、家事労働なども結構いい運動で、改めてジムなどでトレーニング出来ない人は日常生活の中での運動を心がけることが大切です。いずれの運動にしても大切なことは継続して行うことです。

○からだの不調に早く気づく
高齢者に様々な病気が起こってきます。ここで大切なことは、高齢者の病気は典型的な症状を出さないことがありす。たとえば、肺炎でも熱が出ることが少ないので、発見が遅れてしまうことがあります。また、心筋梗塞も胸痛ではなく、単に気分が悪いとか、疲れやすい、といった症状で始まることが多いのです。このような理由から、高齢者では、自覚症状として気分が悪い、いつもと違う状態になった、などの体の不調に気づいたときには、何らかの病気の可能性を考える必要があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高齢者の健康管理(1)

高齢者の健康への意識が高まることはいいのですが、健康長寿はあくまで人生の目的のための手段であって、そのものが目的ではありません。すなわち、健康は人生の目的を達成するための大切な手段といえます。
人生で何を目標にするかが重要で、それを達成するために健康が大切となります。体の健康と同時に、ボランティアなど何らかの社会貢献を行うことは達成感を持つのに有益です。心に生き甲斐と幸せ感を持つことによって、心と体の両者が健康となり、豊かな人生を送ることができるようになります。
高齢者の健康管理の大切な基本は、日常の生活を自立して行う生活機能を維持することであります。そのために、次のような事に注意を払い「Successful Aging」を実現しましょう。

○規則正しい生活をする
まず大切なことは規則正しい生活をすることです。このことは、高齢者にとってだけでなく、どんな人にも大切なことです。そして、疲れたと感じたら十分な休養と睡眠をとることが大切です。高齢者は不眠になりやすいですが、どうしても寝つきが悪い、眠りが浅い、早く目が覚めてしまう、などの睡眠障害が長期間続く場合には、精神科や心療内科などを受診しましょう。

○食生活に気を配る
食生活に気を配ることは、病気発症の予防・治療にも大切です。特に高齢者で問題となる病気に動脈硬化・糖尿病・高血圧・高脂血症・骨粗鬆症がありますが、これらの病気が基礎になって、心筋梗塞や脳卒中などの致命的な病気に発展していく可能性があります。このような基礎疾患は、毎日の食生活に気を配ることで十分に予防・治療が可能です。
高齢者の食事にとって一番大事なことは食品ならびに調理方法の多様性であるといわれています。すなわち、食品数が多く、同じ食品でも色んな方法で調理することが望ましいといわれています。厚労省は1日30品目を目標とすることを勧めています。高齢者は魚を食べてもよいが、肉はよくないといわれますが、大量でなければ肉も魚と同じくらい食べるのがよいといわれています。和食は多様性があるので、長寿食といわれています。要は、いろんな種類の食品をバランス良く食べることです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

振替休日なぜ火曜日?

2007年1月、改正祝日法が施行された。改正法には「昭和の日」の新設などが盛り込まれたが、実はひっそりと振替休日の定義も変わっているそうです。
振替休日とは、祝日が日曜日に当たった時に代わりの休日を設ける仕組みだ。この振替日について旧法では「直後の月曜」と定義していたが、改正法では「そのあと祝日でない日」と定義しなおした。
今年この定義が初適用される。まず5月4日は「みどりの日」で日曜と重なる。ところが5日は「こどもの日」なので振替休日にはならない。そこで6日の火曜が振替休日となるのだ。1973年に振替制度が始まって以来、火曜への適用は初となる。
ところで来年秋に大型連休が登場することをご存じだろうか? 祝日に挟まれた日を休日とする「国民の休日」は改正法でも健在。来年秋には、敬老の日と秋分の日に挟まれた「国民の休日」が初登場する。週休2日の人は土日も含めた5連休となる。ぜひカレンダーを確認してほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

端午の節句

Koinobori_2 「こいのぼり」が泳ぐ季節、今日は「端午の節句」です。
他の魚と比べて生命力が強く、多少汚れた沼地や池でも平気な鯉は、子供の健やかな成長を願う親心の象徴となっています。
中国の故事に『鯉が黄河の急流を登り、その水脈(登竜門)に達したとき、龍になる』という言い伝えがありますが、「こいのぼり」を立てることは、元気に成長して立派になってほしいという願いを託した親の気持ちの表れそのものと言えます。
ちなみに、「端午」とは月始めの午(うま)の日のことで、中国の陰暦では5月が物忌み(ものいみ)の月とされ、5月5日を重五(ちょうご)と呼んでいました。災いや病気を祓う(はらう)日とし、蘭の湯に浸かったり、菖蒲(しょうぶ)入りのお酒を飲むなどの風習が中国にありました。日本の宮中でも同様な行事が催されました。
やがて、宮中から武家の世の中に移ると、武士達はこうした行事から「菖蒲」を「尚武」(武道を重んずる)とかけて、5月5日を尚武の節目の行事とし、盛んに端午の節句を祝うようになります。
江戸時代になると、端午の節句は男子の節句とされ、武家の男の子の出世を祝う日として定着してゆきました。子供が強く、たくましく育ってほしいという気持ちから、武者人形やのぼりを飾りました。それを真似、庶民の間で紙で出来た鯉を飾ったのが、「こいのぼり」の始まりと言われています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空巣家族

今週の週刊ダイヤモンドは中国&ロシア特集。記事中、現代中国を読み解くキーワードが紹介されていて、これがなかなか楽しめました。
中国における酸性雨の俗称が「空中鬼」。農薬に汚染された野菜「毒菜」。
海外から帰国した留学生は「海亀族」、月の給料をすべてその月のうちに使ってしまう「月光族」など。そんな中、思わずギョッとする言葉がありました。
読んでびっくり、「空巣家族」!
これは字から察するに、家族みんなで空き巣に入る、不届き千万な一家のことでしょうか?お父さんやお母さんはおろか、お爺さんやお婆さん、果ては小さなお子さんまでセッセと盗みをはたらいているのでしょうか?盗みを生業にする一家が跋扈するなんて、これも経済成長の光と影、日本の比じゃない格差の産物か、なんて思ってたらこの「空巣家族」、実は全っ然違った意味で、「高齢者だけで生活する世帯」のことを指すんだとか。そ、なんでもかんでも日本語と同じ感覚で漢字読んじゃダメですよね!

ところでこのゴールデンウィーク、楽しくお出かけの皆さまも多いことと思います。どうか日本で言うところの空き巣に注意、戸締りはしっかりと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山笑う

近所の江戸川公園ではつつじの花が色鮮やかに咲いています。つつじは非常に種類が多く、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に固有種があり、花色も様々。それぞれの種が季節を追うように山を彩ります。
中国伝来の表現に「山笑う」というのがありますが、若芽が吹いて、つつじ類が彩りを添えるちょうど今の時期の山の風情を言います。
また、大輪の花を咲かせる牡丹も見頃をむかえています。牡丹は中国の国花であり、一説には弘法大師(空海)が中国から持ち帰ったのが日本における牡丹の始まりとされています。つい立ち止まって見入ってしまうほどの美しさと風格を備えている牡丹の花は、「百花の王(花王)」「花神(かしん)」とも呼ばれます。
つつじや牡丹は春の最後に咲く花で、これらの花が咲き終わると季節はいよいよ初夏。各地で夏を先取りするお祭りやイベントが花盛りとなってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長寿の市区町村

厚生労働省が市区町村別生命表を公表していますが、全国の市区町村のうち平均寿命が最も長かったのは、男性が横浜市青葉区で81.74歳、2位は川崎市麻生区の81.71歳となっており、1位と2位を神奈川県が占めています。
3位は三鷹市の81.39歳、4位は国分寺市の81.38歳、5位は練馬区の81.16歳と3~5位は東京都が占め、男性の上位30市区町村のうち、東京が11と約3分の1を占め、神奈川が7、長野が4となっています。
また、女性の1位は沖縄県北中城村の89.35歳となっており、2位は兵庫県猪名川町の88.68歳、3位は長野県高森町の88.51歳、4位は沖縄県豊見城市の88.46歳、5位は同南城市の88.26歳となっています。上位30位のうち、沖縄が12、長野が5、神奈川が4となっています。http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/ckts00/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

光化学スモッグ注意報

昨日は西日本中心に、今日は北海道の一部で30℃を超える真夏日となりました。東京の一部地域では昨日、4月としては27年ぶりに光化学スモッグ注意報が発令されています。
光化学スモッグは大気汚染の一つで、自動車の排ガス等の二酸化窒素が原因とされており、太陽の紫外線によって起こる化学反応の結果、オキシダントという刺激性の強い有害物質が発生します。これが「光化学スモッグ」です。ちなみに昨年の調査では中国で発生し流れてきた大気汚染物質の影響が光化学スモッッグ発生原因の25%を占めています。
光化学スモッグによって眼やのどが痛くなるというのは軽微なほうで、ひどい時には痙攣や意識障害を起こすこともあるようです。注意報の発令は大気中にオキシダントが確認できたということですから、屋外での激しい運動は避けたほうが無難です。
ただ、せっかくの清々しい今の時期ですから、屋内に閉じこもるよりも、野に行き山に入り身体をのばして新鮮な空気を肺いっぱいに吸い込んでみたいものです。
緑あふれる森林で、風や空気、せせらぎの音、小鳥の声などを聞いたり感じたりすることはそれだけでも癒しの効果絶大。フィトンチッドを吸い、マイナスイオンを浴びる「森林浴」の効果は科学的にも実証されています。
もちろん海辺でも同じような効果が得られます。海辺には、打ち寄せる波しぶきでたくさんのマイナスイオンが発生し、ヨードなどのミネラルを含む潮風を吸い込みながら歩くことは「森林浴」と同等の効果があり、これを「海気浴」と言います。果てしなく広がる青い海と青い空、それを眼前にするだけでも気分がいいものです。
いずれにしましても、喧噪を離れ自然の中に身をおくことは心身をリフレッシュさせてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八十八夜

「夏も近づく八十八夜・・・」という有名な茶摘み歌がありますが、本日はその「八十八夜」です。立春から数えて八十八日目に当たり、歌にうたわれていますように、この日に摘んだ茶の葉は上等とされています。
八十八夜は、まさに夏も近づくということで、農村では田の苗代(なわしろ)作りや畑作物の種蒔きを始める重要な時期です。特に、「八十八夜の別れ霜」と言われますように、霜による農作物の被害から開放されるときであり、「八十八」は漢字の「米」に通じ、末広がりの「八」が重なる縁起の良さも加わって、昔から農事の目安として欠かせない日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »