« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

最高気温

暑い日が続いていますが、世界最高気温は、1921年7月8日に、イラク南部の都市バスラで記録したセ氏58.8度。60度近い暑さともなりますと想像がつきませんが、ペルシャ湾の一番奥にあるこの一帯は、世界で最も暑い地域の一つです。その暑さの経験者によりますと、「暑い」よりも「痛い」と感じるそうです。そのため、長袖のゆったりした衣服を着て、極力肌が直射日光に当たるのを避けるということです。
ちなみに、国内の最高気温は山形市での40.8度(1933年7月25日)です。

ところで、暑い日が続きますと食欲が減退して夏バテ気味になったりします。
そんな時は、沖縄の代表的な野菜で今が旬の「ゴーヤ」(ニガウリ)が最適です。

 ゴーヤに含まれるビタミンCはキャベツの2倍。加熱によってもほとんど壊れ
ず、そのビタミンCや緑色のゴーヤに含まれるカロチンは疲労回復に大変効果的
です。また、高血圧予防に役立つカリウムも多く含まれています。卵や豆腐と炒
めた料理ゴーヤチャンプルがポピュラーですが、夏バテ対策に試してみてはいか
がでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高齢者の眼の病気(2)

「老視」とは、加齢により水晶体の弾力性が低下し、眼の調節作用がうまくいかず、一般に40cm 以上遠ざけないと注視出来なくなる状態をいいます。特に遠視の人は、早くから老視となります。これに対して、近視の人は、老視になるのが遅いといえます。
老視になりますと、細かい字は遠ざけないと読みにくくなり、暗い場所でも字が読みにくくなります。従って、眼が疲れやすく、根気がなくなります。時には眼痛や頭痛を訴えることもあります。これでは新聞に丹念に目を通したり、読書を楽しむことが難しくなります。少し経済的に負担となりますが、眼科医と相談上、良い老眼鏡を作られることをお勧めいたします。

「白内障」とは、加齢のため透明な水晶体が混濁する病気で、進行して程度が強くなりますと、視力も低下してきます。一般的に、明るい外界で紫外線に当たる機会の多い人に多く見られます。眼科医は暗室での仕事が多いためか、眼科医には発生頻度が少ない傾向が見られます。
この病気は、幸いなことに、混濁した水晶体を人工のレンズ(水晶体)と入れ替えることにより、眼がはっきり見えるようになることが多いといわれています。長くゴルフをしている人で、眼内レンズを入れてから、ボールがよく見えようになり、パットがよく入るようになる人がおられます。
 
高齢者に見られる視力喪失の主な原因に加齢に伴う「加齢黄斑変性」があります。
視力の喪失は、通常、脈絡膜毛細血管から新生した血管により起こります。最近、レーザーを利用した光線力学療法(PDT)が有効だと報告されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高齢者の眼の病気(1)

加齢に伴い、高齢者では眼の働きが低下してきます。視力は人間が生きていく上で非常に大切な機能で、特に年を取ってからは快適な老後を過ごす妨げとなります。人との付き合いのみならず、行動範囲が制限されます。
高齢者には老視、白内障の他、緑内障、動脈硬化や糖尿病による眼底出血、網膜剥離、加齢黄斑部変性症などを来しやすいことが知られています。これら高齢者の眼の病気の中で、特に眼の障害を起こし問題となるのが、老視と白内障であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アボガド

昨日の日曜日も愛知県や岡山県の一部地域で38.0度、静岡県の佐久間で37.9度、和歌山県の新宮や奈良県十津川村で37.7度を記録するなど西日本を中心に猛暑日が続いています。

これだけ暑い日が続きますと、サッパリとしたサラダが普段にもまして美味しく感じます。そのサラダ向け具材としてこのところ人気が高まっているのが、健康効果が注目されている「アボガド」です。
アボガドは、「森のバター」と呼ばれ、「最も栄養価の高い果物」といわれています。全く甘みがなく、そのまま食べてもあまり美味しくありませんが、酸味のきいたドレッシングとみずみずしいレタスにアボガドのまったりとした脂肪分が絡み合うと豊かな食味となります。
最近は、てんぷらやグラタン、すしなど幅広い料理に用いられていますが、アボガドの脂肪分は「ノンコレステロール」です。また老化防止効果があるとされるビタミンEが豊富であり、風邪の予防に必要不可欠なビタミンCや便秘を予防して大腸がんを防ぐ作用がある食物繊維が多く含まれています。
スーパーなどの店頭で選ぶ際は、皮の色がより黒っぽいものが熟度が進んでいて食べ頃だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリンピック(4)

選手の間では北京の飲み水の汚染に対する懸念も根強いのですが、北京の1人当たりの水資源量が世界平均の30分の1に過ぎないため、河北省などの周辺地域から導水が行われた結果、同州住民の一部は飲み水にも窮しているとの報告もあります。チベットでの争乱を力で抑える一方で、信仰に対して「不寛容」との批判をかわすため、選手やメディア、観客に聖書の無料配布を行うとしています。ちなみにその聖書は五輪マークが印字された世界初の宗教書となる予定です。中国衛生省は間中の輸血用血液を確保するため、競技会場がある地域に対し「緊急性のない手術は延期するように」との通達を出したとの話もあります。

競技の模様は海外のメディアには生中継で配信され、中国政府が歓迎しない突発的なパフォーマンスを警戒し中国国内向けには10秒遅れの放送となります。なおかつ、破格のスポンサーとなったゼネラル・エレクトリック(GE、傘下にNBC)に配慮し、いくつかの競技決勝は現地時間の午前に行われます。近隣のアジア諸国において平日の昼間に行われるそれらの競技を生で視聴できる人は限られますが、米国民にとりましては夜のくつろいだ時間帯での生放送となります。

尚、北京オリンピックのテーマは「緑」「人文」「科学技術」。平易に言えば「科学技術を駆使し、環境にやさしく、人にやさしいオリンピックの実現」です。多くの矛盾を抱えながら、北京オリンピックは間もなく開催です。

この辺の事情にもしご興味がございましたら「北京五輪に群がる赤いハゲタカの罠」(浜田和幸著)に詳しく記されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリンピック(3)

北京には胡同(フートン)と呼ばれる伝統的な路地街(どちらかと言えば貧困層)が6千以上ありましたが、再開発の名目で多くの胡同が破壊され、国際人権団体は周辺に住む住民約150万人が強制移住させられたとみています(当局は否定)。個室や仕切りが無く「ニーハオ・トイレ」として悪名高い北京の公衆トイレも胡同とともに姿を消し、重点的に近代化が進められています。「トイレの中にハエ2匹、ゴミ2つまでしか認めない」など北京市当局の指示は微に入り細に入りで、海外からの大勢のメディアを迎えるにあたり、市中のタン壺を
大幅に増やし「たんや唾は必ず壺の中に吐くように」と指示、同じくコーヒーをスプーンですくって飲む習慣に対しては「コーヒーを飲む際はスプーンを使わぬように」との要請があったそうです。

多くのオリンピック開催都市がそうであったように、北京市では関連施設の建設が突貫工事で急ピッチに進められています。完成予定が開会式の1週間前という施設もあり、上記の話と合わせて尋常ではない慌ただしさです。資材需要が膨大なため、日本で盗まれたガードレールやマンホールの蓋などは中国に渡ったとの話があったほどですが、「9.11テロ」で倒壊した世界貿易センタービル跡地から回収された鉄骨のほとんどは、所定の検査の後に中国に運ばれ鋼材として再生され多くの施設に使われているという話は本当のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリンピック(2)

北京の大気汚染は、WHOが[最も深刻な都市」の一つに挙げるほ
どで、「人の生活に適さない」との評価もあります。男子マラソンの世界最高記
録を持つエチオピアの選手は大気汚染を理由に欠場を表明し、他の選手の間でも
北京での調整を回避しようとする動きが広がりました。

 「環境にやさしいオリンピック」を目指す中国政府は国家の威信をかけて北京
の大気汚染改善に躍起になっています。すでに数年前から大規模な製鉄工場や化
学工場は郊外に移転させられ、残る数百の工場は7月から8月にかけての操業停
止、オリンピック関連以外の建設工事は全面ストップ。自動車の市内乗り入れも
制限。交通渋滞の予防も兼ねて、開催期間中は一般の中国人の北京市内への車の
乗り入れを禁止するといった徹底ぶりです。

 大気汚染のイメージ緩和を狙い、降雨期でありながら開会式やマラソンの開催
日には北京市上空を青空にしようとの作戦も進んでいます。これも周知のことで
すが、ロケットや飛行機で大気中にヨウ化銀を散布して人工的に雨を降らせ、大
気中の汚染物質ともども空を覆う雲を前もって消し去ってしまおうという「人口
消雨」です。水銀と違いヨウ化銀は微量ならば毒性も弱いとされていますが、選
手でなくとも気分の良い話ではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリンピック(1)

いよいよ北京オリンピックの開催が近づいてまいりました。開会式開始は二〇〇八年八月八日午後八時八分。周知のことではありますが、中国語の「八」は「発展」や「発財(金持ちになる)」の「発」と同じ発音であるため最も縁起の良い数字とされていることから意図的に八並びを演出しており、日本、韓国に続きアジアで3度目のオリンピックを成功させ、国威発揚と一流国へのステップ・アップとの期待が込められています。
中国人の「八」に対する思い入れは強く、以前には8が5つ並ぶ車のナンバープレートがオークションにかけられ約2500万円で落札されたというニュースもありました。

吉祥とされる「八」ですが、2008年の中国は年初から様々なことが起こっています。まず1月25日には中国中南部を中心とした豪雪被害で7千万人が被災し82万人が避難。3月14日にはチベットで暴動。そして5月12日にはマグニチュード8の四川大地震が発生し被災者1千万人以上、10万人を超える死傷者が出ました。
ちなみに四川大地震はオリンピックが始まる8月8日の88日前に発生しており、豪雪、暴動、大地震の発生日をそれぞれ足し算してみますと合計が全て8になるという事実に因縁深さを感る中国人も多く、8がつく2008年は吉祥とされてきましたが、不吉な事象が相次ぎ今年だけは例外ではないかとの懸念がネットを中心に広がったということにも頷けます。それを示す例としては他にも、代表的な株価指数である上海総合指数は昨年10月の高値から現在は半値以下の水準にあり、あえてチベットを通り世界最高峰のチベット領エベレスト(中国名チョモランマ)を登頂し5大陸を走破、国威をアピールするはずだった聖火リレーは中国当局の意図とは全く違った展開となっています。
北京の8月は降雨期にあたり、日中の気温が40℃に達することもあるため本来ならば10月頃の開催が望ましいのですが、上記のような理由で開催は8月8日と決定したそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花火大会

今の時期は連日どこかで花火大会が催されていますが、今宵は空中ナイアガラで有名な熱海の海上花火大会や、毎年130万人の人出で賑わう大阪天神祭の奉納花火大会等が催されます。そして明日は日本の花火大会の発祥といわれる隅田川花火大会で、川の両岸では2万発の花火と技の競演におよそ100万人が酔いしれます。
日本の夏の夜空を彩る花火は、そもそもは中国からヨーロッパを経て渡来したもので、大輪の菊の割物の様式美に代表される日本の花火は、鍵屋、そこから暖簾分けした玉屋が活躍した江戸の頃に急速に発展し、世界で最も精巧で華麗な花火として海外にも広く輸出されています。
ちなみに花火の大きさでよく耳にする「尺玉」とは、直径約30センチの10号玉のことで、約330メートルの上空に、直径300メートル超の大輪の華を咲かせます。9月に行われる新潟の片貝まつりでは世界一と言われる直径121センチ・重量420キロの4尺玉が打ち上げられ、800メートル上空の夜空に直径800メートルの華を描きます。最も多くの花火が上がるのは、昨年12万発を打ち上げた「教祖祭PL花火芸術」。隅田川花火大会の2万発に比べても玉数の多さは際立っています。
花火の技術も年々進歩しており、ユニークな仕掛けで楽しませてくれ、赤色や
黄色、緑色、白色、紫色、紅色、銀色等の他、1998年に開発された水色や2000年になって実現したオレンジ色が加わるなど発色も見事です。
豪華絢爛。日本の夏、夏の夜の情緒。「Fire Art」と呼ばれる花火師たちの華麗なる刹那の技の競演が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土用丑の日(2)

日本人はかなり昔からウナギを食べていたようで、縄文時代の貝塚からもウナギの骨が出土してる模様。奈良時代の『万葉集』には、大伴家持が作ったウナギにまつわる歌も登場!意訳すると「石麻呂くん、夏痩せに良いらしいからウナギでも捕って食べたら?」といった内容だそうで、やっぱ昔から夏はウナギだったんですかね。

土用の丑の日にウナギを食べる習慣ができたのは江戸時代、仕掛人はあのスーパーマルチ人間・平賀源内という説が有力。静電気発生装置・エレキテルを復元してみたり、蘭学や医学に通じていたり、画家や脚本家としても活躍したりの源内ですが、不振に苦しむウナギ屋のためにもひと肌脱いであげてた様子。ホント、八面六臂の大活躍!
ところがそんな稀代の天才・源内も最後はとんだ晩年だったようで、
自分でしまっておいた家屋修繕の見積書を盗まれたと勘違い、無実の客人を斬殺!!誤解で殺してしまったことに気づいて切腹しようとするも止められ、最期は破傷風で獄中死・・・。
源内ほどの人物が勘違いで殺人なんて、ひょっとするとビタミンB1
不足とかでよっぽどイライラしてたんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土用丑の日(1)

今年は夏の「土用丑の日」が二度あり、今日はその「一の丑」です。数日前から新聞の折り込みチラシにはおいそうな鰻(ウナギ)の蒲焼きの写真が・・、街の鰻屋の換気扇からは何とも言えない芳ばしい薫りが漂っています。
しかし今年は産地偽装の影響が大きく、スーパーに並ぶ鰻にはほとんど全て「日本産」あるいは「鹿児島産」などのシールが貼られ、価格は例年よりも2割ほど高く、売り上げは鈍っているようです。

ところで、陰陽五行説では天地間の出来事のすべては木火土金水の五つの要素からなり、その盛衰、消長などによって定まると考えられました。春に「木」、夏に「火」、秋は「金」、冬に「水」を配し、季節と季節の間に「土」を配したのが「土用」の始まりです。
五行説では「土」は物を変化させる作用を持ち、「用」は働きを意味しており、「土用」とは本来季節の変わり目のことを言います。「土用」は年に4回ありますが、夏の土用(立秋まで)だけが話題になります。

ちなみに昔は土用の丑の日には「うの字つくもの」、梅漬、うどん、瓜などを食べ、水に浸かって禊祓(みそぎはらえ)をする習慣がありました。江戸の頃に平賀源内が鰻屋に「本日土用丑の日」と思わせぶりな看板を上げるよう知恵を授けて以来この日は鰻の日となったようです。

鰻が栄養価が高いことは皆様ご存知かと思いますが、内蔵や目の粘膜などを強化し、免疫力を高めてくれるビタミンAの含有量はイワシの100倍、牛肉の200倍。若返り効果のビタミンEや、疲労回復に欠かせないビタミンB1、美肌効果のコラーゲン、血液サラサラ効果のEPAや脳の働きを高めるDHAなども豊富に含まれています。

しかしながら、

「夏痩せて 嫌いなものは嫌いなり」(三橋鷹女)

何かにつけ忠告したり教えたがったりする人が多い昨今ですが、本人としては十分に分かっていても望まないことだったりします。上記の歌からはそんな気持ちが伝わってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国語

ANA(エー・エヌ・エー)は2003年に、それまで「全日空」だった公式呼称を「ANA」に変更しました。実際には今でも「全日空」や「アナ」と呼ばれることが多いのですが、「全日空」は中国語で「一日中空っぽ」という意味にとられるからというのが変更理由の一つだという話を耳にしたことがあります。
同じ漢字を共有しながら中国語と日本語では、意味が異なるケースは多々あります。中国語で「手紙」といえばトイレット・ペーパーであり、日本中いたるところにある温泉施設の「湯」というマークは中国語ではスープの意。バスの車内に貼られた「毎度ご乗車有難うございます」の言葉は、中国人が漢字だけ拾って読めば「乗車のたびに難に遭う」となります。

また、オリンピックを表す「五輪」という言葉は日本以外では通じず、中国語でオリンピックは「奥林匹克運動会(アオリンピークユンドンフイ)」、略して「奥運(アオユン)」と言います。「奥運」と名付けられた今年生まれのオリンピック・ベイビーはすでに4千人を超え、8月8日の開会式当日に生まれるように計画をたてている親も多いそうです。
普段英語を使うことの少なかった北京において英語の速習が盛んになっていますが、「滑らないようにご注意」との注意書きを「Careful of landslide」(地滑りにご注意)、「少数民族公園」は「Rasist Park」(人種差別主義者の公園)となっていたケースもあったようです。
北京オリンピックのマスコットは幸福をもたらす子供の意で「福娃(フーワ)」と名付けられ、パンダ(木を象徴)、聖火(炎)、ツバメ(空)、チベットカモシカ(大地)、魚(海)がモチーフとなっており、中国古来の五行の意も含み、本来の中国名を並べると「北京歓迎(ようこそ北京へ)」になるという工夫もされています。
これらのマスコットの英語名は当初、友好の象徴として「Friendlies(フレンドリーズ)」と名付けられましたが、「フレンド ライズ(友達が嘘をつく)」あるいは「フレンドレス(友達がいない)」と聞こえる畏れ有りとして急遽「Fuwa」に変更されたという経緯があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神楽坂

連日続く猛暑の中、神楽坂では23日からほおずき市、そして25日からは阿波踊りが開催されています。まだ日中の熱気が残る夕暮れの坂道を色とりどりの浴衣美人がそぞろ歩き、毘沙門様の境内では、ヨーヨー釣りなどの遊びに夢中な幼子たちの歓声が響いています。

神楽坂上近くの路地奥にあるイタリアンレストラン「アンジェラ」は、神楽坂らしい古民家を改造したスタイル。今年の春、文京区から移転してきました。引き戸を開け靴を脱いで上がる店内は、大通りから離れているのでとても静か・・・喧騒を離れて、ゆったりとした時間を過ごせます。店頭では数々のデリやナポリ風ピッツァも販売していますので、デリカテッセンとしてもご利用いただけそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

老後資金の準備

7月の初めに自民党の政府系ファンド(SWF)設立検討チームが中間取りまとめ案を発表しました。公的年金基金の一部(10兆円規模)を原資として、3.2%の利回りを目標に運用するという案です。
この案を最初に見たときに「おやっ」と思いました。「目標利回り3.2%」となっているではありませんか。この数字は公的年金基金を現在運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)と全く同じ水準です。これまで自民党のSWF設立検討チームは「日本の公的年金基金の運用利回りは低すぎる!日本版SWFでは7%~8%を達成する」と鼻息荒く主張していましたが、ここに来て出した数字がGPIFと同じ「3.2%」。目標を引き下げた真意は何でしょうか。
あくまでも私の推測ですが、まず日本版SWFがGPIFと同じ運用利回りを達成できることを証明し、その後さらに高いリターンを求めていくという狙いではないでしょうか。折しも、4日には07年度の公的年金の運用損失が5.8兆円(運用利回りはマイナス6.41%)になったと発表されたばかり。もしSWF設立検討チームが7~8%などという一見実現不可能と思われる目標利回りを打ち出せば「ハイリスク投資を目指して、さらに損失が膨らんだらどうする!」との批判が噴出していたでしょう。
いずれにせよ、政府が信用できない方は、投資信託やETF(上場投資信託)で老後に備えた方が良いようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大 暑

二十四節気「大暑」の日のきょうも、その名のとおりの炎天でした。大暑は一年で最も暑い時期と言われますが、本来の旧暦の大暑は一月後にあります。連休中に日本列島はすべて梅雨明けしこれからが夏本番、暑さはまだまだ続きます。

「念力のゆるめば死ぬる大暑かな」(村上鬼城) まさに酷暑の季節。

その暑い夏をさらに盛り上げるのに一役かっているのが、鳴き競うかのような蝉の声です。
何年も土の中で過ごし、脱皮して鳴けるようになった蝉は、そのわずかな期間を精一杯生きます。そのような蝉を、人間の生まれ変わりとする伝承が各地に数多く残っているそうです。
蝉の抜け殻を「空蝉(うつせみ)」と呼びますが、もともとはこの世に生きる人という意の「現身・現し臣(うつしおみ)」が語源で、現世という意味も持ちます。
空蝉という言葉は、樋口一葉の短編や源氏物語の表題にも使われ、万葉集などでの「うつせみ」は「人」や「世」にかかる枕言葉です。蝉の儚さ、空蝉のすぐに壊れてしまいそうな脆さや危うさは、まさに「人」であり「世」であるような気がします。
 
ちなみに源氏物語に登場する空蝉は作者である紫式部自身がモデルではないかと言われています。たった一度だけ肌を合わせたものの、その後は拒絶を続けた空蝉は、源氏にとって生涯忘れることのできない女性として描かれています。

また、一葉は「とにかくに越えてをみまし 空蝉の 世渡る橋や夢の浮橋」と詠み、儚い世の中なれどとにかく生きていこうとの思いを歌にしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

枝 豆

冷たいビールが美味しい頃となりましたが、おつまみの定番「枝豆」も今が最も美味しい季節です。
今では1年中冷凍品が食べられますが、7~8月が本格的な旬です。日本では栄養豊富な食品として平安時代から食べる習慣があったそうですが、最近では米国でも健康食品として注目が集まっています。
たんぱく質やビタミンB1、B2、カルシウム、食物繊維を含んでいますが、ビタミンB1にはアルコールの分解を促す働きがあり、ビールのつまみにはもってこいです。
ちなみに、枝豆を美味しくゆでるコツは、4%の濃度(水1リットルに塩40グラム、枝豆250グラム)で3~5分ゆでることだそうです。枝豆の場合、4%が最もバランスがとれた濃度であり、硬くならずに軟らかいまま、さらに水分を失わないので「プリプリ」、「ふっくら」。とても美味しく出来上がるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虚心坦懐

松茸といえば秋の味覚ですが、5月や6月頃の梅雨の時期にとれる季節外れの松茸は「早松(さまつ)」と呼ばれ、入荷が不定期であることや希少価値から高い値段で取引されます。ほとんどが予約で完売してしているため市中に出回ることはまずありません。
松茸はコロニーを作って発生します。その特定の領域は「シロ」と呼ばれ、シロの場所を知らない人間が採取するのは難しいと言われます。傘が開ききってしまうと味も香りも落ちる松茸は、地表からわずかに頭をのぞかせたところで採取されてしまうため、このことも素人がなかなか見つけられない一因となっています。
採取が難しい松茸ですが、「キノコ(松茸)は千人の股をくぐる」という言葉をご存じでしょうか?
松茸を探しに行きましても、多くの人が探し歩き回った後ではもうみつからないだろうと考えるのが普通ですが、千一番目に歩いた人が偶然見つけることがあるという例えです。

これから先も多くの人が新しい何かを発見し、同じモノを利用しながら人と違った考え方で上手くいったり、誰もが知っているやり方で成功する人がでてくるはずです。
新しいことはすでに誰かが見つけているかやっているはず、だからもうないだろうと決めてかかるのではなく、あきらめないこと、そして虚心坦懐(何のわだかまりもない素直な心で、物事にのぞむ姿勢)であることが大事だということを上記の言葉は教えてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターネット

私は本格的?に定年後にインターネット(ネット)を始めた者の一人ですが、当初は無尽蔵ともいえる情報に感動すると同時に圧倒され、ネットは情報の「宝箱」だと思えた。
ネットからは様々な情報が即座に得られるだけでなく、他者とのコミュニケーションができ、居ながらにして世界とのつながりを可能にしてくれる。
情報が氾濫する現代では、有用な情報ばかりでなく誤った情報も流布している。情報の選択は受け手の自由であるが、玉石混淆の中から金の玉を見つけ出す能力(メディアリテラシー)が要求される。
ネットは自分にとって不要なものも含まれた福袋のようなものかもしれない。福袋であれば不要でも有害なものは含まれない事を考えると、有害な情報を含むインターネットは福袋ともいえないでしょう。
ネットの中には、開いたばかりに法外な料金を請求されたり、有害な情報を提供したりするサイトも多くある。そうなるとインターネットは「パンドラの箱」に例えるのが適切かも知れない。
今後は、開いてしまった後の「パンドラの箱」に残される「希望」だけは失わずに、インターネットを「宝箱」として活用する智慧を持ちたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野茂引退

多くの勇気と感動を与えてくれた野茂選手、日本人大リーガーの道を拓いた野茂選手に、如何なる称賛と敬意の言葉を綴ればいいか、私には分かりません。
しかし思うのですが、野茂選手は、私を含めてこのように感じている人が日本には一杯いると云うことを、果たして知っているのでしょうか?是非一杯、知って欲しいと願います。英雄(えいゆう)の気持ちを推し量ったり、心配するのは、愚行かも知れません。英雄の誇りは、自らのものであり、私ごときが気にすること自体が、失礼千万のことかも知れません。しかし、どうしたらこう云う気持ちを伝えられるでしょうか。引退後も、英雄に相応しく、誇り高くいて欲しいと願います。
野茂選手、本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世代間抗争

少し話題が古くなり恐縮ですが洞爺湖サミットに於いて、G8と新興国の間で、温室効果ガスの減少に向けた枠組みの話し合いがされました。これは簡単な問題ではありませんが、我々が住んでいる地球と云う星の運命を考えると、避けては通れない重大なテーマであることは自明です。
ところでこの温室効果ガスの排出量削減問題、これは一種の世代間抗争であると、私は思います。既に出したい放題温室効果ガス出して発展した先進国。
一方、遅れてやって来た新興国は、或る一定期間は温室効果ガスを出してでも発展して、先進国にキャッチ・アップしたい。時間のズレの中で発生した既得権益を守ろうとする先行組と、そのギャップを埋めるべく、過去と同じ扱いを主張する後発組。まさに世代間抗争の構図と一緒です。

日本国内に於いては、年金や医療の受益を求める勢力と、その見合いとして発生する借金や負担の増加を嫌う勢力があります。しかしサミットのように、この二つの勢力間の問題は、大っぴらに議論されていません。後者の発言力があまりにも小さいからです。
しかしそれは、前者が後者に「力」を与えてあげなければいけないことです。G8も、進んで新興国をサミットに呼び、一緒に話し合おうとしている訳です。そうしないと、本当の解決には決して繋がらないからです。世代間の問題は、我が国の抱える最も大きな問題のひとつです。そして同時に、それは親子間の問題でもあり、しっかり話し合えば、自然と解決できる問題でもあると思います。
今回のサミットが契機になって、世代間の問題を真面目に議論する雰囲気が出来ることを望むのは、あまりにも非現実的でしょう。しかし少しずつでも、そう云った考え方が広がっていくことを期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝顔市

東京下町の入谷では、初夏の風物詩、朝顔市が今日から始まります。
その昔、中国での朝顔の種は漢方薬として使われ、牛と取引されたほど高価なものでありましたので、「牽牛子(けんごし)」と呼ばれていました。その名にちなみ、入谷の朝顔市は例年七夕頃の開催でしたが、今年は洞爺湖サミットと日程が重なり警備の関係から日程をずらしての開催となり、3連休と重なるため例年よりも多くの人出で賑わいそうです。

「朝顔や  客が好みの  立ち話」水原秋櫻子

「朝顔に  つるべとられて  もらひ水」加賀千代女

朝顔市が開かれているのは入谷の真源寺付近で、“恐れ入谷の鬼子母神”で知られる鬼子母神はこのお寺の境内にあります。
鬼子母神は仏教の神様で、自分で大勢の子供を持ちながら、人間の子供をさらって来ては食べていた恐ろしい鬼女でした。それを聞いたお釈迦さまは鬼子母神の子供を隠し、子供を失う悲しみを悟らせ改心させたと言います。故に鬼子母神の鬼という字にはツノがなく、安産、子授け、子育ての守護神として祀られています。
また、鬼子母神が持つザクロにはたくさんの実が詰まっており、その一つ一つに種を持つことから、子孫繁栄をあらわす縁起のよい果物として「吉祥果」ともいわれます。鬼子母神が手にしたザクロには、子孫繁栄の願いが込められているというわけです。

ところで朝顔と言えばこのような話もあります。朝顔が庭に一面に見事な花をつけたというので見物に来た秀吉を、千利休は全て摘み取り迎えました。庭に花がないことをいぶかりながらも茶室に入った秀吉は、床に生けられた一輪の朝顔を見て感動したという、これが有名な「朝顔の茶会」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑さ対策

最近は年齢のせいか暑さにはめっきり弱くなりました。
現役のサラリーマンのときは真夏でもスーツを着ることは苦になりませんでしたが、今はそういう人を見ると異常に見えてきます。
この時期、炎天下の中で立ちっぱなしの警備員さん、駐車場の誘導係の方を見かけると、本当に頭が下がります。見るからに暑苦しそうな制服を着せられているケースも多く、彼らの苦労、お察しします。
そんな彼らの更に上を行きそうなのが遊園地なんかでやっているヒーローショーのスーツアクター。顔までスッポリ隠れるぬいぐるみ、あれは見たとこ呼吸するのも大変そうですけど、あんなの着て大立ち回りを演じなくちゃいけないわけですから、ヒーロー稼業、怪獣稼業も大変です。真夏の盛り、夏休みなんかは出番が多くなりそうですけど、中の人にはホント頑張ってほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土用入り

暦では明日から夏の土用入り、月曜日は海の日の祝日。ほとんどの小中学生は明日から待望の夏休み。
今日の終業式を半日で終え、帰る際の子供たちの声は一段と賑やかなように感じられました。そんな子供達の姿は懐かしくもあり、羨ましくもあり、たくさん遊ぶようにと願ってみたり、です。
夏休みは海水浴を楽しむ機会も多くなるかとは思いますが、「土用波」と呼ばれる高波には十分に注意が必要です。
土用波は遠く沖合にある台風が作る“うねり”のことで、台風よりも速い速度で海岸に到達します。風もなく晴天でありましても突然うねりの高い、普段とは全くパワーの違う波が海岸に押し寄せます。
また、毎年「離岸流」による海の事故も多く発生しています。離岸流は、打ち寄せられた海水が強い勢いで沖へ引き返す帯状の流れのことで、遊泳者を一気に沖へ連れ去ってしまいます。
わずか1、2分で数百メートルも沖に流されてしまうこともあり、パニックを起こしたり、焦って流れに逆らって泳いでしまい、体力を消耗して溺れてしまうケースが多いとのこと。ちなみに離岸流の幅は10~30メートル程度ですので、海岸線と平行に泳げば流れから脱出できるそうです。
遊泳禁止区域など、危険な海域での遊泳はもってのほかですが、海水浴場などでも予めライフセーバーに潮の流れや離岸流の発生ポイントを確認しておくことが大切なようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

へそくり

ガソリンやパンなど多くの品が値上がり、あるいは量が減少していたり、質が低下している昨今です。
今夏の民間のボーナスの手取りは減少、物価は上昇、こういった時に頼りになるのはやはり蓄えです。
損保ジャパンDIY生命が6月に行った調査では、主婦の41%がへそくり(夫に内緒の資産)をしており、平均額は07年夏比で約88万円増の356万円となっています。
同調査で「家計に特に響く生活必需品の値上がり」について聞いた項目では、約6割の主婦が「ガソリン代」と回答し、続いて「パン・パスタ・麺類などの乳製品」、「牛乳・バターなどの乳製品」の順となっています。
また「家計が苦しくても削りたくない支出」では、「日々の食費」と「子供の教育関連費」の割合が高く、「余裕があればしてみたいエコ対策」としては「車(低燃費車やハイブリッド車などへ)の買い換え」、「住宅(ソーラー発電システムを設置する等)」が同数のトップ。
へそくりの増加は将来に対する危機感のあらわれであり、車を使う回数を減らしたり、チラシをこまめにチェックし、安い時にまとめ買い等々、生活防衛に努めながら、「いざという時の備え」としてへそくりに励む主婦の姿が垣間見えます。
http://diy.co.jp/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やぶ入り

本日、7月16日は「地獄の釜の蓋(ふた)も開く」といわれた日、「やぶ入り」です。今は、「やぶ入り」という習慣がそのまま残っているところはないようですが、お正月(1月)とお盆(7月)の16日ごろを指し、いわば昔の夏休みと冬休みでしょうか。
新嫁さんや奉公人は日頃の苦労の慰安のため、一泊の休みを貰えるので、この日が来るのを待ち焦がれていました。親元では里帰りした子をあたたかく迎え、子は「親腹七日」(おやばらなのか)の諺の通り、食べて寝て、縦の物を横にもせず一泊します。また、帰りには沢山の土産物を持たせて帰らせたそうです。わが娘が婚家に帰って恥をかかないようにとの配慮からです。
奉公人は、丁稚(でっち)、手代(てだい)、番頭とたたき上げて何十年も働き、運が良ければのれん分けしてもらい、店が持てました。早ければ10歳に満たない幼子が奉公に出て、貧しさ故、つらい労働に耐えていました。それは戦後まで引き継がれ、戦後の高度成長で昭和30年代から40年代にかけて、「金の卵」ともてはやされた中卒者の集団就職が盛んだったことは記憶に新しいところです。

現代の若者たちが恵まれ、甘やかされていると批判するつもりは毛頭ありませんが、今では死語になりつつあるこの「やぶ入り」。奉公、勤労の歴史があったことを風化させないよう、何らかの機会に今の子供や若者に伝えたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

路線価

東京都中央区銀座5丁目の銀座中央通りにある「鳩居堂」。
筆、和紙、硯、その他わが国で古くから使われる文具や香を販売している文具店です。創業が江戸時代、1663年というから、350年あまり続く老舗です。
7月1日になると、きまって「鳩居堂」がフォーカスされるのは、このお店の前の土地が日本でいちばん高く、連続23年して日本一だからです。
毎年7月1日に公表されるのは、土地の価格のなかでも「路線価」と言われるもの。
公表される土地の価格にはほかにもいろいろあり、都道府県毎年9月に公表する「基準地価格」、国土交通省が毎年3月末ごろ公表する「公示価格」、市町村が3年ごとに公表する「固定資産税評価額」があります。
「路線価」は、国税庁が公表しています。国税庁ですから、税金の香りがぷんぷんしますね。
路線価は、相続財産を算出するときに用います。故人が所有していた土地を相続するためには、土地の価値を金額で表す必要があります。
7月1日に発表された内容は、路線価が全国平均で10%上昇したと
いうことでした。そして上昇するのは3年連続。
土地の価格が上昇するということは、持っているものは変わらないのに、その価値が上がって財産が増えること。路線価の場合は相続財産算出用ですので、死んだときの財産が増えることを意味します。
たとえば、こんなことが起こります。
夫婦2人で子供が2人。このご家族でご主人がなくなった場合、ご主人の財産が8,000万円を超える(1,000万円+遺族3人×1,000万円)と相続税の支払い義務が発生します。
現在のご主人の財産は、現金が3,000万円、土地が4,000万円だとしましょう。合わせて7,000万円ですから、今亡くなっても相続税の支払い義務は生じません。
ところが、路線価がどんどん上昇して、6,000万円になったらどうでしょう。現金と土地で合計9,000万円になります。
非課税枠の8,000万円を超える1,000万円に対して、相続税がかかってしまうのです。
わが国で相続税を払うほど財産を持っている人は20人に1人と言われています。
したがって、関係のない人がほとんどなのですが、関係のありそうな方は、路線価のゆくえに注視しておく必要があるのです。
なぜなら、うまく立ち回ることで相続税対策を行うことができるからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盂蘭盆

先祖の精霊を供養する「お盆」はもともとは7月15日前後の「盂蘭盆」のことでありましたが、月遅れの8月に行うところも少なくありません。
盂蘭盆は、お釈迦様が、餓鬼道に落ちて苦しむ亡母を救ってあげられないと嘆く弟子に、7月15日に先祖を供養すれば母は苦しみから逃れられると弟子に教えたのが始まりですが、この日は古代中国の「三元論」を起源とする「中元」でもあります。
古代中国の道教の影響で、旧暦では1月15日、7月15日、10月15日をそれぞれ「上元」「中元」「下元」とし、年の折り目の日と考えられていました。
中元は、現代において目上の人や恩人に贈り物をして感謝の心を表す風習として形を残していますが、中元以外には1月15日の「小正月」にかろうじて上元の残影があります。
ちなみに、「御中元」は7月15日までに先方に届くように贈りますが、時期が過ぎてしまった場合、のし紙の表書きは、立秋(8月7日)までなら「暑中御見舞」、立秋を過ぎてしまった場合は「残暑御見舞」、目上の方には「残暑御伺」となります。
中元は本来、この半年間の無事を祝い、先祖を供養する日でありました。それが盂蘭盆と結びつき独特の行事となった経緯があります。月遅れの盆は、本来の旧暦の7月15日頃にあたることから、「お盆」と「お中元」が同時期にあって互いに関連している風習を残す地方もありますが、こちらのほうがことの起こりに近いと言えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷惑メール(2)

●インターネット上にメールアドレスを公開しない
被害にあわないためには、インターネット上にメールアドレスを公開しないようにすることです。例えば、アンケートや懸賞などに、むやみに答えないようにすることです。しかし、ウエブサイト管理者はどうしてもメールを公開しなければならないことがあります。その場合は、スパム業者にメールアドレスが収集されないようにする対策が必要です。一般ユーザも「掲示板」への書き込みの際に、自分のメールアドレスを記入するのは極力避けることです。

●IPアドレスをもとに受信を制限する
スパム送信者が利用するIPアドレスをもとに制限する方法は、スパム送信者が専用線を引いている場合などに効果的です。ただし、この設定ではサーバに直接接続してくる IP アドレスのみに対して有効ですが、スパム送信者がプロバイダの SMTP サーバを中継させて送信してくるような場合には利用できません。

●フィルタリング、ブラックリストを利用する
メールの中身によるフィルタリングや、インターネット上提供される「スパムの送信元となったアドレス」、「第三者中継を許すサーバ」 などのブラックリストを利用することによって、それらのサーバからの SMTPアクセスを排除することが可能です。

●受信拒否、イメージブロック、セーフティアドレスなどを利用する
受信したくない特定のメールアドレスやドメインを指定し、そこから送られてくるメールを受信しないよう受信拒否することもできます。イメージブロックで、メールの中身の安全性を確認してから画像を表示させることもできます。また、複数個のセーフティアドレスを持ち、親しい人とのメールのやり取りにはメインのメールアドレスを使い、それ以外の場合にはセーフティアドレスを使うのも迷惑メール対策になります。

参考までに下記のサイトを挙げておきます。引用については出典およびURLをご明記下さい。

●メール詐欺にご用心
http://www.ml-info.com/weekly/archives/2005/050223t.html

●警察庁「メールやホームページによる「架空請求」等への注意喚起」
http://www.npa.go.jp/cyber/warning/chuikanki/kakuu.htm

●みずほ銀行「詐欺メール(フィッシング詐欺)にご注意ください」
http://www.mizuhobank.co.jp/info/email.html

●インターネット界のオレオレ詐欺 “フィッシング詐欺”にご注意
http://allabout.co.jp/internet/netsecurity/closeup/CU20040426A/

●phishing---だましのメールに釣られるな
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/OPINION/20040306/141018/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷惑メール(1)

インターネットは多くの人に快適さと便利さをもたらしましたが、一部の悪意をもった送信者たちが行う迷惑メールの大量送信は、多くの人々に不快感を与える社会問題となっています。そこで、迷惑メールについての知識とその対処法を知ることが必要となってきました。
迷惑メールに対しては、「開封しない」、「返信しない」、「アドレスをクリックしない」が対処法の基本といわれています。個人的には、迷惑メールフィルターを用いて迷惑メールの疑いがあるメールを迷惑メールフォルダへ振り分けてメールを管理していますが、まれに感度を上げると重要なメールが迷惑メールフォルダに入ることがあります。

●スパムメールとは
UBE(Unsolicited Bulk Email) 、 UCE(Unsolicited Commercial Email)とは、インターネットなどを通じて入手したE-mailアドレスに向けて、営利目的で無差別に大量配信されるメールをいいます。宣伝やアダルトサイト系情報などが不特定多数に大量に送信され、俗に「スパムメール(spam mail)」と呼ばれています。このように無差別に送られてくる迷惑メールは、現代社会において大きな問題となっています。
特に嫌がらせの場合には、その送信元を隠蔽する目的で送信元を詐称したり、第三者中継を利用したりすることが多いようです。また、送信先をロボットで収集したり、売買されているアドレスリストを使用したりするほか、ツールで生成したアドレスを用いるなど、実存するアドレスかどうかを確認せずに送り付けることも多いようです。

●スパムメールに対しては開封・返信しない
インターネット上などでメールアドレスを自動取得して送信、もしくはランダムに作成したメールアドレスへ送信している業者は、メールを送信する時点では送信先のことは一切分かっていません。しかし、送ってきたメールに記載されている URLをクリックしたり、メールに返信したりすると、スパムメールを読んで返信やクリックをしてくれる受信者だと業者に知られてしまうことになります。
URLをクリックしたり メールを返信したりすると、「登録が完了致しました。クリックありがとうございました」などと「請求メール」が送られることもあります。URLが記載されていない場合でも、登録されることがあります。HTML形式のメールの場合、メールを開くだけで登録される可能性もあります。

●迷惑メールをプロバイダーへ報告する
スパムメールは無視することが一番ですが、もしも受信者が何もしないでいると、スパムを抑制することにはなりません。その業者が摘発されれば、その業者からのスパムメールは届かなくなります。
スパムメール送信業者は、ヘッダー(そのメールがどのような経路を通って配信されたのかを表示するメールの見出し部分のことで、分からないときにはPCに堪能な人に聞きましょう)から、どのプロバイダとの契約者かが特定できます。プロバイダ名が特定できたら、プロバイダにメールを送り処置を依頼しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猛暑日

週末の土曜日と日曜日は各地で猛暑日。東京都心の最高気温は平年より5.4度高い33.8度となっていますが、浜松市の天竜では37.3度、埼玉の熊谷では35.8度、岐阜県多治見市では35.9度、名古屋市では35.5度と各地で35度以上の猛暑日を記録しています。
ところで、『「真夏日」と「猛暑日」はどう違うの?』という単純な疑問を持たれる方もいらっしゃると思います。

気象庁の用語を調べてみましたら、以下のように定義されていました。

 ☆夏 日 ・・・・日最高気温が25度以上の日

 ☆真夏日・・・・日最高気温が30度以上の日

 ☆猛暑日・・・・日最高気温が35度以上の日

 ☆熱帯夜・・・・夜間の最低気温が25度以上のこと

ちなみに、「冬日」は、日最低気温が0度未満の日となっており、「真冬日」は日最高気温が0度未満の日という違いとなっています。

http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/faq/faq3.html(気象庁HP)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神楽坂

坂を上っていると、阿波踊りの音色が響く神楽坂・・・周辺の地域でも、みたま祭りや朝顔市など、さまざまな催しが控える7月半ばとなりました。強い日差しを避けるように木陰で氷菓を楽しむ姿を見ていると、いよいよ夏の到来ですね。赤城神社の近くに、エコライフという視点から注目されつつあるふろしきの専門店を見つけました。ふろしきや「やまとなでしこ」です。大小さまざまなサイズとデザイン、素材のものが500種類以上も揃っています。中には、防水加工を施したマイナスイオン効果のあるものや、冷房対策としても利用できる更紗素材のもの、チーフとして再利用できるポチ袋までありました。
店内で目立っているのは、ワインボトルをふろしきでラッピングしたディスプレイの数々・・・。実はこの店のオーナー、以前、フードコーディネーターやソムリエとして活躍されていたのだそうです。お近くの方、散歩の途中に、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香辛料

暑くなりますとスパイシーなものが美味しく、また食欲をそそります。カレーライス、キムチ、冷ややっこのショウガ、ワサビのきいた寿司・・・等々です。
私たちは、これらの香辛料の刺激を「辛い」と表現しますが、辛いは「気苛(けいら)し」からきた語で、すでに平安時代には記述が見られ、当時から強い塩味にも香辛料の辛味にも使われていたそうです。
隣の中国では、「麻」(まー、サンショウのしびれる刺激)、「辣」(らー、唐辛子やコショウのひりひりと熱い辛さ)、「麻辣」(まーらー、舌がしびれるような辛さ)、「辛」(しん、広い意味の辛さ)などと使い分けられています。
素材や水の持つ淡い味が好まれた日本に比べ、古来より香辛料や濃厚な味付けが発達した中国では、辛みを一語で片づけられないのかもしれません。
サンショウ「花椒」・トウガラシ「辣椒」・コショウ「胡椒」を総称して「三
椒」と言い、これが中国料理の辛みを作る代表的スパイスとなっています。
ところで、物を食べて感じる味覚(甘い・酸っぱい・しおからい・苦い・うまい)は舌で感じますが、「辛み」を感じるのは舌ではないそうです。カラシ・ワサビの辛みは揮発性の辛み成分が鼻を抜け粘膜を刺激することで感じ、サンショウやトウガラシの辛みは、成分が人体の痛点を刺激して「痛み」として感じるそうです。
いずれにしましても、暑くなるこれからの時期、スパイスを上手に使うのもまた「食」の楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スクランブル交差点

ロンドンの繁華街オックスフォード・サーカスで、「トーキョー・ルック」の交差点を導入する計画があるそうです。「トーキョー・ルック」とは、渋谷駅前(ハチ公口)の交差点に”インスパイア”されたものとのことで、要はスクランブル交差点です。
スクランブル交差点は、日本だけのようです。極めて混んでいる交通事情に対応し、「ワールド・クラス」の交差点にするためには、「トーキョー・ルック」は”完全に合理的"であると云うのです。私たちはスクランブル交差点に慣れていますが、ひょんな所でヤケに褒められて、ちょっと不思議な気分です。日本にはとても効率的な様々な仕組みや、素晴らしい文化なども一杯あります。外から云われて気付くのではなく、私たち自らが、日本のいいところを、もっと世界に発信していけるといいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターネット検索(5)

<検索の仕方>(2)

以下の検索はそれ程一般的ではありませんが、あげておきます。

●部分一致検索
部分一致検索には前方一致、中間一致、後方一致の 3種類があります。

●正規表現検索
検索するキーワードを正規表現で指定します。正規表現は /.../ のようにスラッシュ記号で囲みます。


●記号を含む語の検索
例えば、TCP/IPなどの検索できます。ただし、記号の処理は完全ではないので TCP and IP のように分割してAND検索をかけた方が取りこぼしの少ない検索ができます。しかし、余計なファイルまでヒットしてしまう可能性があります。

●ストップ語句検索
最近では、「IT(アイティー)」という言葉が浸透してきたため、「ITベン
チャー」などを検索語句にして調べても「IT」が「イット」とみなされることは減ってきました。しかし、少し前までは、「『イット』のような語句は一般的すぎるためにこのキーワードは省いて検索しました」といった結果が出ることもしばしばありました。勝手に省かれないようにするためには、その語句をストップ語句とみなす指示を与えればいいのです。語句の前に半角の+(プラス)をつけることで検索可能な語句になります。

●イメージ検索
検索結果からサイトを1つ1つ見て、写真があるかないかを探っていくより、画像があるページだけを結果として並べてくれるのが「イメージ検索」です。Googleのサイトhttp://www.google.co.jp/で「イメージ検索」を選び、 たとえば「 」の中に検索キーワードを入れて 「Google 検索」ボタンを押せば、地図や写真のあるサイトが表示されます。

●I'm Feeling Lucky
検索キーワードとして入力された語句にもっとも関連性が高いページを1つだけ結果として表示するのが、Googleの「I'm Feeling Lucky」です。あくまでも「検索結果1位」が表示される仕組みですので、思い通りのものが出ないこともあるかも知れません。

●翻訳検索
特徴的な検索の1つがExciteの「翻訳検索」です。英語で書かれているサイトを調べたいときにも、日本語でキーワードを入れて「翻訳」にチェックを入れ、「検索」ボタンを押せば翻訳されたものがでてきます。しかし、翻訳は自動で行われるため、不自然な日本語の部分があります。
各検索サイトによって、使用できる検索方法は異なることがあります。
以下のようなサイトが検索の参考になるものと思います。
●Googleの特殊機能→http://www.google.com/intl/ja/help/features.html
●Google の様々な使い方→http://www.google.com/intl/ja/options.html
●Google ヘルプ 検索やウェブ閲覧全般に関するヘルプ
 →http://www.google.com/support/?hl=ja
●Yahoo! 検索サービス「便利な機能・ツール」
 →http://search.yahoo.co.jp/promo/services.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターネット検索(4)

<検索の仕方>(1)
主な検索の仕方に以下のようなものがありますので、活用してみては如何ですか。

●単一単語検索
調べたい単語を一つ指定するだけのもっとも基本的な検索法です。

●AND検索
ある単語とある単語の両方を含む文書を検索します。検索結果を絞り込むのに有効です。3つ以上の単語を指定することも可能です。単語と単語の間に and を挿入します。and は省略しても検索できます。単語を空白で区切って羅列すると、それらの語すべてを含む文書を「AND検索」します。

●OR検索
ある単語とある単語のどちらかを含む文書を検索します。3つ以上の単語を指定することも可能です。単語と単語の間に or を挿入します。

●NOT検索(マイナス検索)
検索結果に関係ないことが多く出る場合には、関係のないことを省きたい条件にして検索することができます。ある単語を含み、ある単語を含まない文書を検索します。3つ以上の単語を指定することも可能です。単語と単語の間に not を挿入するか、省きたいものをマイナスの条件として、半角マイナスをキーワードの先頭につけます。

●グループ化
AND検索、OR検索、NOT検索を括弧でグループ化できます。括弧の両隣には空白を入れる必要があります。

●フレイズ検索
2語以上からなる複合語を検索します。 "  " と2重引用符で、あるいは {  } と中括弧で囲みます。半角で区切って入れていくと、1つずつのキーワードとみなされ、膨大な数の検索結果が表示されてしまいます。しかし、" "で括ることによって、これらの要素をひとかたまりとみなして検索してほしいという指示になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターネット検索(3)

<キーワードの選び方>

テーマをしぼって検索するにしてもキーワードの選び方を間違えると目的地に辿り着けません。キーワードの選び方につきいくつかの方法がありますので、主な方法を示します。

●キーワードを空白で区切って複数並べる。
例えば、米国の人口が知りたい時には、「米国 人口」で検索する。Googleなど多くのサイトでは正確に文字が一致しないと検索してくれないので、「てにをは」を除いてキーワードを区切ります。

●英語など外国語でも検索できる。
先ほどの米国の人口は「U.S.A. population」でも検索可能です。英語で調べれば、より広く情報収集できる場合があります。

●英語の用語の和訳でも検索できる。

●日本語の英訳でも検索できる。

●自分の名前をフルネームで検索してみる。
自分のネット世界での知名度を知るために、自分の名前をフルネームで検索してみる事をおすすめ致します。自分のネット世界での「住民台帳」を閲覧するようなものです。つまり、あなたはネット世界の“ROM”か、生産的な活動をしているかが分かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほおずき市

東京浅草の浅草寺では恒例のほおずき市が始まりました。今日と明日の2日間で約60万人の人出が見込まれています。
ほおずき市が催される日は、浅草寺では「四万六千日」の功徳日(くどくび)にあたり、この日参拝すると4万6千日分(約126年間)の、つまり一生分のご利益があるとされていることから大勢の人でにぎわっています。
ほおずき(鬼灯)には、大人は癪の種(腹立ちの原因)を切り、子供は虫の気を封ずるという云い伝えがあります。また、ほおずきと言えば、中の種を取り出し、口にくわえて音を鳴らして遊んだことが懐かしい思い出です。
源頼朝がこの地で兵士の病を治すためにほおずきを食べさせたという話がほおずき市の由来とされていますが、実際に解熱や鎮痛のための薬用としてほおずきが用いられていたようです。また、精霊は迎え火や提灯の火を頼りに帰ると言われていることから、ほおずきを提灯に見たてて仏壇に飾る風習も残ります。
ちなみに“四万六千日”という数は、“八万四千の法門”とか“白髪三千丈”の類と同じで、単に多い事と解釈して差しつかえないと思いますが、根拠として一番多く紹介されているのが、一生を一升にかけて、一升マスに米粒を入れて数を数えたところ、四万六千粒程あったことから、一升分の米粒の数を一生分の日数に準(なぞら)えたとされるものです。
朱夏(しゅか)と言いますように鬼灯の朱色は夏の色。ほおずき、金魚、江戸風鈴などの店が並び、毎年大勢の人で賑うほおずき市は、夏の訪れを告げるこの時期の風物詩です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サミット

「ザ・ウィンザーホテル洞爺」を会場として、本日までサミットが開催されています。環境・食糧問題が主要議題となっていますが、英各紙は「豪華ディナーを食べながら食料危機を語るとは・・・」、「世界が食料問題で苦しむ中で洞爺湖サミットに出席した首脳や夫人たちが歓迎夕食会でぜいたくな料理を楽しむのは偽善的」・・・等々、手厳しく報じているそうです。
英各紙ともサミット関係で最も大きく紙面を割いているのがこの歓迎夕食会だそうで、「キャビアやウニを食べながら、指導者は食料危機を考える」との見出しを揚げ、「アフリカの飢餓問題など、食料危機の協議は腹の減る仕事なのだ」と皮肉を込めて伝えている新聞もあるようです。
過剰な費用とぜいたくな消費。下見で福田首相は夫人同伴で1泊100万円以上の部屋に泊まったという真偽の程は分かりかねる話を耳にしたこともありますが、いずれにしましても投入されるのは国民の税金であり、何だかしっくりとこないものがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターネット検索(2)

<具体的な疑問が出た時に、テーマをしぼって検索する>

通常、インターネット上のウェブ(ホームページ)から情報を取り出すには「検索エンジン」を利用します。「検索エンジン」に入力するキーワードの数が足りないと検索結果が膨大なため、その中から情報をさがし出すことができないことがあります。そのようなとき、適切なキーワードをいくつか選べることにより、適切な答えが見つけることができます。
たとえば、米国の救急医療について調べたいときに、「米国 医療」で調べたのでは検索結果が膨大すぎて本当に知りたい情報にたどり着けません。日本との違いを知りたいのであれば「米国 救急医療」で簡単に調べることができます。もっと詳しく知りたければ、何か別のキーワードを足すとより詳しい結果が出るのではないかと思います。また、「救急医療問題」と入力するより、「救急医療問題とは」とするほうがより確実に目的にたどり着けます。
各ウェブサイトのトップには検索窓がついている場合があります。しかし、そこで検索するよりもGoogleで探しだした方が早い場合があります。Googleは定期的にデータを更新していますから、それ以前にウェブに登場したデータであればGoogleで検索できます。たとえサイトの検索窓でみつからない記事でもGoogleでは見つかることがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターネット検索(1)

インターネット上には膨大な情報が蓄積されています。しかし、その中から自分に必要な情報を取り出せなければ実際の役には立ちません。
インターネットで検索すると、どのようなことに関しても適切な情報が得られるといわれています。しかし、インターネットによる検索も上手く行わないと適切な情報が得られません。また、検索が適切でないと、膨大な情報が出てきて期待している情報に辿り着けないこともあります。
ときには、検索結果のなかに「ゴミ情報」も一緒に表示されてきます。このゴミをいかに出さずに、求めている情報を検索できるかが、検索エンジン各社・検索者の腕の見せ所です。目的にたどり着けるかどうかは、利用者の「検索リテラシー」(使いこなし力)に大きく左右されるといわれています。
各検索サイトによって、使用できる検索方法は異なってきます。よく利用される検索エンジンは主にgoogleとYahoo!だと思います。そこで、主として両者でのネット検索につき基本的なことをお伝えしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーの店頭に桃(ピーチ)が並び始めました。桃の収穫は山梨が約4割を占め、福島・長野・和歌山と続き、「桃太郎」伝説で有名な岡山も栽培が盛んです。
桃の品種は数多くありますが、国内で盛んなのが「白鳳(はくほう)」と「白桃」。「白鳳」は果皮の赤みが強いのが特徴で日持ちが良く、現在出回っているのはこの品種で山梨中心に栽培されています。一方の「白桃」は硬めの食感で糖度が高く、甘い分、白鳳に比べてやや日持ちは悪くなります。

ちなみに、美味しい桃の見分け方は、下記の通りです。

・左右対称で形のよいもの
・色がさえ、香りの強いもの 。
・果皮にうぶ毛があり、ツルツルしていないもの。
・軸の周辺が青っぽくないもの。

また、桃は冷やし過ぎると風味を損なうため、風通しの良い場所におき、食べる2時間ほど前に冷蔵庫に入れるのが良いです。
桃は食物繊維のペクチンを豊富に含んでいるため、便秘の改善・大腸ガンの予防に効果があるそうで、さらに多種多様なミネラルやビタミンをバランスよく含んでいるため、甲状腺ホルモンのバランスがとれて体脂肪を減少させる効果もあるそうです。さらに、桃の香りは、脳などのリラックス効果もあるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七夕そうめん

蒸し暑い日が続いています。「小暑」の今日から暑気入りとなり、暦の上では夏本番を迎えます。時候の挨拶は、梅雨明けを待って「暑中御見舞」となります。
そして外では冷やし中華、内では素麺(そうめん)の季節です。
その昔、宮中では七夕に素麺を食べると大病にかからないとの言い伝えから素麺を天の川にみたてて食べる風習がありました。それがやがて庶民の間に広がり、「正月十五日、七草粥。三月三日、桃花餅。五月五日、五色粽(ちまき)。七月七日、素麺。・・もって歳時」とされ「七夕そうめん」として今に伝わっています。
ちなみに日本農林規格(JAS規格)では、小麦から作る麺はその太さで分類され、手延べ麺の場合、直径1.3mm未満が「素麺」、直径1.3mm以上1.7mm未満が「冷や麦」、直径1.7mm以上が「うどん」と定められています。
ただ実際には、「一般消費者に誤認されない名称に替えることができる」ため、本来乾麺であるはずの素麺に生麺タイプが存在したり、規格上は冷や麦でありましても「細うどん」となっていたりするそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五節句

今日7月7日は七夕(たなばた)の節句。桃の節句や端午の節句と並ぶ五節句の一つです。月遅れの8月7日に七夕祭りを行うところが多いようですが、もともと中国からきた行事で、年に一度牽牛と織女が天空で逢瀬を楽しむというロマンチックな伝説は皆様もご存知のことと思います。
また、この日は短冊に様々な願いを書いて笹の葉に結びつけるという風習がありますが、織女はその名の通り天帝のために衣を織る星であり、中国ではこの日に裁縫の上達を願うところから広まってきたようです。
ちなみに、春夏秋冬と季節が美しく移り行く日本では、気候の変り目の祝祭日のことを節日(せちび・せつび)といい、お供え物をしたり行事をおこなって祝ってきたという歴史があります。
この節日の供物、「節供(せちく)」という言葉が、節日そのものを指すようになって「節句」ということばになったともいわれます。よく五節句というように現在にも下記のような五つの節句が伝えられています。

1月7日・・・七草粥で新年を祝う「人日(じんじつ)の節句」
3月3日・・・ひなまつりとして有名な「上巳(じょうみ・じょうし)の節句」
5月5日・・・男の子の成長を祝う、こどもの日「端午(たんご)の節句」
7月7日・・・おり姫、ひこ星の物語で有名な「七夕(たなばた)の節句」
9月9日・・・菊花の香りの酒で月をめでる「重陽(ちょうよう)の節句」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生 姜

徐々に暑さが増してくる時期ですが、室内の冷房により冷え性に悩む方が少なくありません。ストレスや睡眠不足などによって自律神経のバランスが崩れてしまうことも冷え性の一因です。
身体の内側から温める生姜(しょうが)は冷え性対策に適した食材で、他にも解熱、鎮静、発汗、殺菌、中毒予防、鎮咳、鎮吐、消化促進、抗潰瘍、強心作用、血栓予防・・、生姜の辛味成分と芳香成分には、全身の細胞の新陳代謝を促し、神経中枢に作用し、臓器の機能を高めるなど様々な効能・効果があり、科学的にも認められています。
中国では古来から「生姜は百邪を防御する」とされ、現在におきましても医療用漢方薬のおよそ7割に生姜が用いられており、これなしでは漢方は成り立たない「万病の妙薬」とも言われます。
日本において漢方薬の自給率は低く、約8割を中国からの輸入に頼っています。しかし先の四川大地震で生薬が大打撃を受け、中国産離れの影響もあって国内産の新生姜の卸値は前年比3割前後上昇しているそうです。
スーパーにはすでに新生姜が並んでいます。白い部分は白く、赤い部分は赤く、色がはっきりしているものが新鮮なのですが、不自然に鮮やかなものは漂白剤の影響と考えられるます。尚、チューブ入りの生姜にも辛味と香味が備わっており風味はありますが、加熱処理しているため酵素が働かず、お肉などを柔らかくする作用や旨みを増す作用はあまり期待できません。そのため、豚肉のしょうが焼きなどには生の生姜を使ったほうが美味しく仕上がります。
ちなみに中国伝来の生姜は日本でも昔から香辛料として用いられてきましたが、ヨーロッパでも古くからその薬効が知られていました。中世ヨーロッパで黒死病(ペスト)が流行した際、生姜が予防薬として認知され、国王が生姜を食すことを奨励したという話も残っており、英語の「ジンジャー」には「元気」「活気づける」という意味もあります。
雨だったり、蒸し暑かったり、冷房で冷えたりで、体調を崩したり気分がすぐれなかったりしますが、今が旬のみずみずしい新生姜は気力、体力、免疫力の回復にも効果があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旬の魚

蒸し暑い日が続いていますが、こうなりますとさっぱりした魚、特に白身の魚が食べたくなったりします。6月から9月頃までが旬で夏を代表する白身魚といえば「スズキ」。「マダイ」や「ヒラメ」にも負けない白身の高級魚です。エビやカニなどを食べ、成魚は1メートル近くに達し、大きいほど美味とされています。
「スズキの洗い」がポピュラーですが、氷水にさらした身は引き締まって涼味を存分に味わうことができます。洗いは薄い切り身にした後、氷水に入れ、身が白っぽくなったら引き揚げます。そして、水気を切り、氷と一緒に盛付ければ一段と清涼感が高まります。
ちなみに、このスズキは『出世魚』として有名で、関東では成長するにつれて、「セイゴ」→「フッコ」→「スズキ」と名前が変わります。
その他、夏が旬の魚としまして、「アジ」・「アユ」・「ウナギ」等がありますが、白身の刺し身として食べる「アジ」、これもまた「たかがアジ、されどアジ」といった感じで格別です。
夏バテ気味で食欲が落ちたときは、「ウナギ」もいいですね。ウナギは、ビタミンA・B1・B2・D・E・カルシウム・カリウム・鉄など栄養素をバランスよく含み、スタミナ消耗の激しい夏には最適です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七 夕

もうすぐ七夕です。神奈川の平塚では毎年300万人近い人出で賑わう日本最大規模の七夕祭りが昨日から始まりました。
織女は天帝の娘で機織りが上手でよく働き、牽牛も働き者でしたが一緒になった二人は結婚生活が楽しくて働かなくなってしまいます。怒った天帝は天の川を隔てて二人を引き離してしまうのですが、年に一度だけ逢うことを許されたというお話です。
この伝説が基になった古代中国の宮廷行事や、日本古来の棚機女(たなばたつめ)の禊ぎ(みそぎ)の行事が融合し現在の形になったようです。“たなばた”は奈良時代の万葉集では「棚幡」や「棚機」でしたが、平安時代の新古今和歌集で初めて、七月七日の宵という意味の「七夕(しちせき)」の字が使われています。
この七夕祭りも他の神事と同様に「夜明けの晩」、つまり7日の朝が空ける前の暗いうちに行うのが本来の様式です。また、童謡「たなばたさま」にある五色の短冊の五色は、五行説に由来する緑・紅・黄・白・黒の五色を指しています。
七夕祭りは全国各地で行われますが、ほとんどが商店街のイベントと化し、昔ながらの風習や神事とは縁遠くなりつつあります。ちなみに現在のような七夕祭り発祥の仙台では本来の旧暦で行われます。
新暦の7月7日は梅雨の最中なので曇り空か雨模様となることが多いのですが、最近流行のプラネタリウムで満天の星空の下、織女(こと座のヴェガ)と牽牛(わし座のアルタイル)を探してみるのもいいかもしれません。
ちなみに7月は愛逢月(めであいづき)とも言います。7日に雨が降りますと織姫が天の川を渡れなくなってしまいますが、そのときは何処からともなく鵲(かささぎ)が飛んできて天の川に翼で橋をかけて織姫を渡してくれるのだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

厚生年金

政府の発表によると、厚生年金のマイクロフィルム化された、即ち元々の紙台帳に書かれたオリジナルの記録と、コンピュータに記録された記録のサンプル照合テストをしたところ、なんと1.4%が間違いだったとのことです。唖然呆然。プログラミング等でのバグの発生率は0.1%程度と思われるので、文字通り桁違いの間違いの多さです。
牽制の仕組みがないものは、一事が万事ダメですね。しかし最終的にはこれは私たちの問題です。迷惑が降り掛かってくるのが私たちと云う意味よりも、行政の仕組みを律していくのは、最終的には私たちであると云う意味の方が重いと思います。当事者意識を持って、取り組んでいかねばなりませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頭語・結語

手紙を書くことが少なくなりましたが「頭語」(冒頭に書く言葉)と「結語」(結びに書く言葉)。日本では手紙文を書く際に頭語と結語を入れるのが一般的であり、これがなかなか難しいです。多くの場合は、「拝啓」で始めて、「敬具」で締めますが、「拝啓」は、「排
=つつしんで」「啓=申しあげる」という意味で、「敬具」は、「敬=つつしんで」「具=申し上げました」という結びになります。手紙を出す相手が媒酌人や恩師などの場合には、より丁寧な頭語と結語を使い、例えば、「謹啓」→「敬白」などで、「拝啓」→「敬具」と意味的には同じですが、より一層丁寧な表現になります。ちなみに、急用の手紙の場合には「急啓」→「草々」などと書き、時候のあい
さつを省略する場合には、頭語を「前略」「冠省」などと書き、結語は「草々」などで結びます。「草々」とは、「ぞんざいな走り書きで、失礼します」という意味です。
死亡通知やお悔やみなど弔辞の手紙には、頭語を省くのが習わしですが、「敬具」などの結語は使ってもよいそうです。
尚、女性の手紙では、「拝啓」や「謹啓」といった頭語はあまり使わず、「一筆申し上げます」というような頭語で書き始め、結語も「敬具」ではなく、「かしこ」で終わるのが一般的です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「滝」。何万年も前からその場所で落下し続けていますが、季節毎に、天候毎に、或いは見に行った人の心毎にその見え方が異なります。特に雪解けで水があふれ出すこの時期は、最もスケールが大きくなり、見るには格好の季節となります。
以前、滝の名所ベスト10という調査結果を目にしましたが、1位は北アルプスの山肌に落ちる「称名(しょうみょう)滝」となっていました。4段の滝で350メートルの落差は日本一、エメラルドグリーンの滝つぼも見事な「日本一の名瀑(ばく)」にあげる人が多くいます。
2位は「羽衣の滝」で、270メートル国内3位の落差を持つ7段の滝です。岩肌を伝う繊細な筋が優美な天女の羽衣のように見えるそうです。

尚、1~10位までは次のようになっていました。(日経調べ)

1.称名(しょうみょう)滝      富山県  350メートル  段瀑
2.羽衣の滝             北海道  270メートル  段瀑
3.不動七重滝(ふどうななえのたき) 奈良県  100メートル  段瀑
4.那智(なち)の滝         和歌山県 133メートル  直瀑
5.華厳(けごん)の滝        栃木県   97メートル  直瀑
6.三条の滝             福島県  100メートル  直瀑
7.白糸の滝             静岡県   26メートル 潜流瀑
8.安(やす)の滝          秋田県   90メートル 分岐瀑
9.松見の滝(まつみのたき)     青森県   90メートル  段瀑
10.吹割(ふきわれ)の滝       群馬県    7メートル 渓流瀑

垂直に一気に落下する「直瀑(ばく)」、段差のあるとことを落下する「段瀑」、途中で岩に当たって水が分かれる「分岐瀑」、傾斜の強い斜面を滑るように流れる「渓流瀑」、地中を流れてきた伏流水が断層などで地表に吹き出すように落ちる「潜流瀑」といった様々な滝の形状があります。
ちなみに、世界三大滝は、カナダの「ナイヤガラの滝」、南米の「イグアスの滝」、そしてアフリカの「ビクトリアの滝」と言われています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サクランボ

「初夏のルビー」とも呼ばれ、今が最盛期のサクランボ。食卓に彩を添え、見た目の美しさから贈答用の人気が高いです。
収穫期が短く日持ちしないサクランボは季節感を豊かに伝える数少ない果物の一つで、「佐藤錦」・「ナポレオン」・「高砂」などがありますが、赤みが強く大粒で甘い「佐藤錦」が主力品種です。
4月下旬から出回り始める米国産のアメリカンチェリーが終盤を迎える5月下旬頃、山梨、長野、新潟、福島といった産地で国産サクランボの出荷が始まります。そして、現在は国内生産量の7割を占める最大産地の山形が収穫期を迎えています。
ちなみに、「佐藤錦」とは山形県東根(ひがしね)市で佐藤栄助氏が大正元年「ナポレオン」と「黄玉」を交配・育成、昭和3年に命名された品種で、サクランボの中でも毎年人気ナンバー1の品種です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界遺産

JTBが発表した日本の世界遺産観光に関するアンケート結果によりますと、行ったことがある日本の世界遺産は日光(19%)、京都(15%)、厳島神社(12%)の順となっています。修学旅行の定番が並びますが、複数回訪れている人も多いようです。
また、次に訪れてみたい日本の世界遺産は屋久島が断トツのトップ、次いで白神山地。大自然にひたってみたいという意見が多くみられます。

ちなみに日本で登録されている世界遺産は、文化遺産が11カ所、自然遺産が3カ所の計14カ所となっています(下記、登録年順)。

屋久島(鹿児島県)
白神山地(青森県、秋田県)
姫路城(兵庫県)
法隆寺地域の仏教建造物(奈良県)
古都京都の文化財(京都府、滋賀県)
白川郷・五箇山の合掌造り集落(岐阜県、富山県)
厳島神社(広島県)
原爆ドーム(広島県)
古都奈良の文化財(奈良県)
日光の社寺(栃木県)
琉球王国のグスク及び関連遺産群(沖縄県)
紀伊山地の霊場と参詣道(三重県、奈良県、和歌山県)
知床(北海道)
石見銀山とその文化的景観(島根県)http://brd.dailynews.yahoo.co.jp/SIG=131l1p55g/EXP=1214752276/*http%3A//www.jtbcorp.jp/scripts_hd/image_view.asp?menu=news&id=00001&news_no=896

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玉ネギ

今が旬の玉ネギ、英語名ではオニオン「Onion」。最近は大分おとなしくなって、さほど刺激臭がないかもしれませんが、それでもミジン切りにしたりすれば、涙が出たりして苦労させられるかと思います。あの手この手で工夫している人も多いようですが、意外と簡単な解決策があります。
それは、水につけるという方法です。刺激臭の正体は硫化アリルという成分ですが、これは水に溶けやすいという性質を持っています。そこで、硫化アリルを多く含んでいる根元をまず切り落としてから水の中で皮をむき、丸ごと水に数分間つけておきます。こうすれば刺激臭が少なくなり、刻んでも涙ボロボロということはありません。
そして、もう一つ大切なことはよく切れる包丁を使うことが肝心です。切れない包丁ですとよけいな細胞を破壊してしまうため、新たな硫化アリルを発散させることになり、せっかく水につけておいても効果が半減します。
ちなみに、玉ネギには、ビタミンB1、B2、C、カルシウム、鉄が含まれ、せきやたんを鎮め、尿の出を良くし、血中の脂質を低下させる効用があり、発汗作用や解熱作用もあるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »