« 歌舞伎 | トップページ | 江戸の鶴 »

ハマグリ

 冬から春先にかけてが旬で、旧暦の3月3日(現在の4月頃)が食べ納めとも言われる蛤。ペアの貝殻同士でしか形が合わないことから、相性の良い相手に出会えるようにとの願いを込め、桃の節句や婚礼のお膳に吸い物などにして並べられます。

 吸い物のほか、焼いたり酒蒸しにしたりして食べますが、火にかけると勢いよく殻を開きます。京都御所の蛤(はまぐり)御門は、江戸時代の大火の際に開門したことからこう呼ばれています。

 かつては日本各地で採れましたが、1980年代以降の干拓や埋め立て、海岸の護岸工事などによって生息地の浅海域が破壊されたために一部の地域を除いて絶滅状態になり、最近は中国産のシナハマグリが大半を占めています。

 輸入されたシナハマグリは、日本の浅海域で一時畜養されると、「国産」・「○○県産」・「地はまぐり」の表記が可能となるために、これが市場に大量に出回っています。

 ちなみに、「ハマグリ」という名前は、浜辺にあり、栗と形が似ていることから「浜栗」と呼ばれたことに由来するそうです。 

|

« 歌舞伎 | トップページ | 江戸の鶴 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハマグリ:

« 歌舞伎 | トップページ | 江戸の鶴 »