« 江戸の鶴 | トップページ | 江戸の高田馬場 »

春の彼岸

 13日の福岡に始まり、16日は熊本、宮崎、高知、浜松(静岡)で、今日は東京でソメイヨシノの開花が確認されました。桜前線は足早に北上しています。

 「暑さ寒さも彼岸まで」と言われますが、今日は春のお彼岸の中日。今日春分の日を境に昼が少しずつ長くなり、陰陽の気も入れ替わるとされています。また、ほぼ真東から日が上り、ほぼ真西に日が沈む春分は、古代中国では「龍天に昇る」とされ、春の気もいよいよ盛んになってゆきます。

 ところで、昔の書物にこんな話があります。

 東から西へ向かっていた旅人の前に、突然二本の川があらわれます。北は業火渦巻く火の河、南には流れ激しい水の河。東へ戻ろうとすると盗賊や獣が襲いかかってきて窮地に陥る旅人。しかし、二本の河に挟まれ通れそうになかったその場所に、西へ延びる白い細い道が延びていました。

 二本の河に呑み込まれずに白道を渡りきれるかどうか分からず立ちすくむ旅人に、東と西から「心を決めてその道を渡りなさい。信じなさい。火の河も水の河も恐れることはない」と声がします。

 その声に勇気付けられ旅人は西に進みますが、今度は背後から「引き返しなさい。その道の先には何もない」との声がします。しかし旅人はその声に耳を貸さず白道を渡りきりやがて西岸に辿り着きます。

 この話で東は現世(此岸)、つまり今いるところ。西にあるのが極楽浄土(彼岸)で旅人の目的地。怒りや憎しみで燃えたぎる火の河、何もかも流しつくす欲望の心をあらわす水の河、そして背後の声も煩悩をあらわします。

 目的を達成するためには、怒りや憎しみの業火に焼かれることなく、欲望に流されず、我愛、我見、疑い、迷い、慢心といった煩悩を振り切って進む必要があることを、この話は示唆してくれています。

|

« 江戸の鶴 | トップページ | 江戸の高田馬場 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の彼岸:

« 江戸の鶴 | トップページ | 江戸の高田馬場 »