« お 米 | トップページ | 日本車の良さ »

糖尿病薬

 糖尿病治療では、作用機序の異なる経口薬や作用時間の異なるインスリン製剤が登場したことで、糖尿病の病態を考慮したうえでの最善の薬が選択できるようになりました。

 「経口血糖降下薬」としては次の 5種類が知られています。

・スルホニル尿素薬(US薬):第3世代のグリメピリド(商品名;アマリール)

・α-グルコシダーゼ阻害薬:商品名グルコバイ、セイブル、ベイスンなど

・速効型インスリン分泌促進薬:商品名スターシスなど

・インスリン抵抗性改善薬:商品名アクトスなど

・ビグアナイド薬:商品名メデット、メルビンなど

 以前は糖尿病の飲み薬といえば、まずスルホニル尿素薬が使われていました。
最近では、α-グルコシダーゼ阻害薬や速効型インスリン分泌促進薬が最初に使われることが多くなりました。

●スリフォニル尿素薬(グリベンクラミド、グリクラジド、グリメピリドなど)

 インスリンの分泌を促して血糖値を下げる薬で、以前から糖尿病の飲み薬として良く使われてきましたが、安全で高血糖を是正するのに有効なことから、現在でも第3世代が最もよく使われています。この薬は、すい臓のランゲルハンス島のベータ細胞を刺激してインスリンの分泌を促し、ブドウ糖の利用を促します。

●α-グルコシダーゼ阻害薬(アカルボース、ボグリボース、ミグリトール)

 食事の直前に飲む薬で、小腸での糖質の分解・吸収を多少遅らせ、食後の急激な血糖値の上昇を抑える働きがあります。低血糖を起こしにくいのが特徴で、薬物療法を始める時、最初に選択されることが多い薬です。また、他の糖尿病の治療薬と併用されることが多い薬でもあります。

●速効型インスリン分泌促進薬(ナテグリニド、ミチグリニド)

 この薬もすい臓のランゲルハンス島の細胞に働いてインスリンの分泌量を増やす薬ですが、SU薬と比較して効き目が速く、食事の直前に服用すれば、インスリンがすぐに増えて血糖値が高くなるのを抑えます。発病して間もない糖尿病患者さんにみられる食後の高血糖を治療するために使います。

●ビグアナイド薬(メトホルミン、ブホルミン)

 肝臓や筋肉のインスリンに対する反応を良くし、肝臓が糖を作って血液中に送り出すことを抑え、消化管からの糖の吸収を抑えるなどの作用のある薬です。主に肥満などによって筋肉や肝臓のインスリンに対する反応が悪くなった患者さんに使います。インスリン分泌に影響を与えないため、低血糖が起こりにくい薬です。

●インスリン抵抗性改善薬(塩酸ピオグリタゾン)

 肝臓や筋肉のインスリンに対する反応を良くし、血液中のブドウ糖が肝臓や筋肉に取り込まれやすくする薬です。主に肥満などによって肝臓や筋肉のインスリンに対する反応が悪くなった患者さんに使います。低血糖を起こしにくい薬ですが、むくみなどの副作用があり、太りやすくなります。

 医師を対象としたアンケート調査によりますと、2型糖尿病治療の第1選択薬としてよく使われる薬は、肥満を伴う2型の場合には、インスリン抵抗性改善薬(商品名アクトス)が、肥満を伴わない2型の場合は、スルホニル尿素薬(商品名アマリール)という結果が出ています。

|

« お 米 | トップページ | 日本車の良さ »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 糖尿病薬:

« お 米 | トップページ | 日本車の良さ »