« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

大晦日の借金攻防事情

 江戸では、「掛け売り」と言って、売買の支払いは盆暮れの二回です。購入側の通常の買い物は「掛け(今で言うツケ)」と言って、お金を払わず、商人に帳面につけてもらうだけで、商品を貰います。そして、盆暮れの二回、「掛け取り」と言って、商人側が貸していた代金を請求して回るのです。

 その最大の攻防が大晦日です。「大晦日箱提灯は怖くない」、箱提灯とは、お侍さんが外出時に持ち歩く大型の提灯です。無礼を働くと、無礼討ちにされちゃうお侍さんは、ふだんは怖い存在なのですが、大晦日だけは、箱提灯より、借金取り立てに回る商人が持つ手丸提灯の方が怖い存在となります。

 借金を取る方は、自分の店の存亡がかかっています。「大晦日首でも取っ
て来る気なり」、借金払わなければ、首を取ってやるぞ、の意気込みで出か
けますが、払う側にお金がなければしかたありません。「大晦日首でもよけ
ればやる気なり」と開き直る借り方との丁々発止のやりとりが繰り広げられ
るのです。

 しかし、この様な「ツケ払い」が認められるのは、踏み倒しをしないと認められた信用のおける人や、払う時にはちゃんと払える裕福な家の方達で、落語に出てくる貧乏連中や、馴染みの薄いお客さんに対しては、現金払いが原則でした。商人としては、落語の様に借金を踏み倒されてばかりいたのでは商売にならないから、当然です。大晦日の借金攻防合戦は、天候不順で思ったより仕事が出来ず、見込まれていた収入を得られなかった大工、左官などの出職(でじょく=自宅外で仕事をする人達)や、病気や怪我で仕事が出来なかった摺師、傘張りなどの居職(いじょく=自宅で仕事をする人達)で、仮病を使ったり、一晩中、長屋の共同便所に身を潜めたりの攻防が繰り広げられます。

 けれど、朝日が昇ればお正月(江戸での日付変更は、日の出の刻)。無条件で借金の返済期間が半年延長されるのです。「お正月昨夜の鬼が礼に来る」、昨晩、鬼のように借金の催促をした商人が、ニコニコとお年始に来ます。けど、「元日はまだ怖いから戸を開けず」、多額の借金を背負っている人は、元日になっても、まだ掛け取りが来るんじゃないかと心配です。「お正月今年も来るぞ大晦日」、大晦日には借金完済出来るように、早くから準備すれば良いのですが、明日は明日の風が吹くと、江戸っ子は相変わらずのその日暮らし、なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年越し蕎麦

 今日の大晦日に食べる蕎麦については、晦日蕎麦、年越し蕎麦、つごもり蕎麦など言い方は様々ですが、由来にもいくつかあるようです。一つは、その昔、あるお寺が、貧しくて年の越せない人々に蕎麦がき(蕎麦粉を熱湯でこねたもの)をふるまったところ、翌年から皆に運が向いてきたことから、“運そば”として広まったというもの。または、もともと商家では、つごもり、つまり月末に蕎麦を食べる習慣があり、それが元になったとする説等々。

 金細工の職人が金粉を集めるのに、練った蕎麦粉を使っていたことから、蕎麦は金を集める縁起物として食され、またはその形状から細く長く達者に暮らせるように願ったとの話や、蕎麦は切れやすいことから、その年の苦労を切り捨て翌年に持ち越さないよう願ったという話もあります。

 縁起の良さもさることながら、この時期は、忘年会等で疲れ気味の胃腸を整え新陳代謝を高める効用も見逃せません。

 痩せ地でも実を結ぶ蕎麦は、雨や風にも強い植物です。風に寝かされても、雨に打たれても翌日には起き直ります。このことから捲土重来(けんどちょうらい)を期す食べ物とも言われています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミカン

 関東地方もかなり寒くなってきました。コタツでミカンを食べながらのんびり
過ごす、そういった時間が恋しい季節です。

 ミカンには、実がよくなる「表年」と実りが少ない「裏年」とがあり、今年は
表年にあたります。実をたくさんつけたミカンの木は、翌年には滋養をつけるために休むためこのようなことが起こるのですが、表年と裏年の品質の差も大きく、豊年の年ほど品質が良いと言われます。

 また、今年は景気の低迷で消費が伸びず、嗜好品ともいえる食材や果物の売れ行きが鈍いそうです。そのためカズノコやカニ、リンゴやイチゴなどは例年よりもかなり安く売られています。収穫量が多い表年にあたるミカンも、昨年よりも2割前後価格が下がっています。

 例年ですと、小ぶりのミカンがまず出回り、今の時期はやや大きめのミカンが主流になってくる頃ですが、今年は小ぶりで甘味と酸味のバランスの良い美味しいミカンがまだ手に入ります。

 理由としては、今年は品質の良いミカンがたくさん実る表年だったことや、暖冬の影響でミカンの花の時期がいつもよりも早く終り、その分木になっている日数が長く、味が充実したこと。さらに、地面が乾燥すると甘味を増すミカンにとって秋の小雨も幸いし、小雨で実が大きくならずに小玉が多いというのがあげられます。

 ちなみにこのミカン、2~3個食べれば1日に必要とされる量のビタミンCを摂取でき、総コレステロールや中性脂肪を減少させるためメタボ対策にもなります。また、骨粗しょう症の原因となる骨密度の低下の予防にも効果があることが研究で明らかになっており、動脈硬化や糖尿病、肝機能などにも有効とされています。

 年末・年始は夜の付き合いが増え、アルコールの量も多くなりがち。生活が不規則になり身体の疲れも溜まるこの時期、今年はいつもより多めにミカンを食べてみてはいかがでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「睡眠不足だと太る?」

 以前、米国のスタンフォード大学とシカゴ大学の研究チームが、「睡眠不足だと食欲が増えて太る傾向があるのは、食欲を高めるホルモンの分泌が増える一方、エネルギー消費を促すホルモンが減るのが原因である」とする調査結果を発表していました。

 これまで、睡眠時間と食欲ホルモンの相関関係は動物実験では分かっていましたが、人間で実証されたのは初めてです。20台前半の健康な男性12人を対象に、睡眠時間が2日連続で1日4時間の場合と9時間の場合を比較したところ、4時間だと主に胃から分泌され、食欲を高める「グレリン」の血中濃度が平均28%増える一方、エネルギー消費を促す「レプチン」が18%減少。実際に全員が強い食欲を訴えたそうです。

 また、別の調査では、1日の睡眠時間が常に5時間の集団は、8時間の集団に比べ、グレリンが平均14.9%多く、レプチンが15.5%少ないと判明しています。

 「睡眠不足だと太る」というのは、どうやら本当のようですが、いずれにしましても、健康のためには、しっかりと睡眠をとること、これが重要です。


 ちなみに、『メタボリックシンドローム』とは、内臓脂肪型肥満によって、さ
まざまな病気が引き起こされやすくなった状態を言い、治療の対象として考えられるようになっています。肥満症や高血圧・高脂血症・糖尿病などの生活習慣病は、それぞれが独立した別の病気ではなく、肥満、特に内臓に脂肪が蓄積した肥満(内臓脂肪型肥満)が原因であることが分かってきたことが、その背景にあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有酸素運動と無酸素運動

 有酸素運動は、主に酸素を消費して筋収縮のエネルギーを発生させ、長い時間をかけて心肺機能を刺激する運動をいいます。それに対して、無酸素運動は、酸素を必要とせず、筋肉に貯めたグリコーゲン(糖質)を主な原料として使って、筋肉を鍛える短時間の運動をいいます。

 この2つの運動は、大雑把にいって激しい運動かどうかの違いで、走る運動に例えますと、長距離走は有酸素運動で、短距離走は無酸素運動だといえます。速歩のように、いつもより大股で早く歩くウォーキングが有酸素運動の代表といえます。

 有酸素運動は十分な呼吸をしながら行う運動で、血液循環が改善し代謝が良くなり、中性脂肪が下がり、善玉コレステロール値が上昇するといわれています。 従って、有酸素運動には、高脂血症・高血圧・糖尿病などの予防や治療などにも利用されます。

 ただし、有酸素運動をしすぎると、無酸素運動に変わってしまいますので、運動の強さは、軽く汗ばむ程度が適切といわれています。すなわち、脈拍が1分間に110~120を越えない程度が理想的といわれています。

 通常、比較的弱い力を20分以上筋肉にかけ続けると、酸素を燃焼材料として体内に蓄えられている体脂肪をエネルギー源として脂肪燃焼が起こります。

 人間の体は、もともと動いてカロリーを消費するようにできていますが、現代のように便利な時代になって、生活のなかで運動がなくなってきましたので、意識的に取り入れる必要があります。

 有酸素運動を「週に1日」まとめて行うよりも、たとえば「週3日」に分けて行うほうが効果的です。これまで運動してこなかった人が突然、有酸素運動を始めた場合、筋肉痛を起こすことがあります。そのようなときは、筋肉痛が取れるまで休養をとりましょう。
 
 いくら有酸素運動といっても、運動の強度が強すぎたり、速すぎたり、時間が長すぎたたりしないよう調節する必要があります。また、極度に疲れているときとか、睡眠不足のときなどには、無理に運動せずに休養をとりましょう。

 週に3日でも充分効果があり、ある程度長い間、継続して行うことにより、基礎代謝量を高めて太りにくい体質にすることが可能です。有酸素運動には即効性がありませんので、継続して少なくとも3ヶ月以上、毎日少しの時間でも身体を動かすことが大切です。

 有酸素運動には心肺機能改善などの効果がありますが、筋力向上の効果は少ないとされています。従って、有酸素運動のみでは運動能力を向上させることは難しいようです。

 体脂肪を減らしつつ、筋肉トレーニングも行いたいのであれば、この有酸素運動と無酸素運動を組み合わせることが大切です。例えば、ウォーキングの合間に筋力トレーニングなどの無酸素運動をはさむ方法(サーキット・トレーニング)を行うと、さらに効率よくエネルギーを燃焼させることが出来ます。

  有酸素運動をする前に、まず準備運動としてのストレッチをすれば、ケガの心配もなく、安全に運動できます。通常の有酸素運動のウォーミングアップとして行う場合は、足先から腰までのストレッチで充分だといわれています。
また、有酸素運動をしたあとに、”クールダウン”としてのストレッチをすると、さらに効果的だといわれています。

 最近NHKの「ためしてガッテン」で紹介された「スロージョギング」などは適当な有酸素運動の一つかもしれません。
→ http://cgi2.nhk.or.jp/gatten/archive/program.cgi?p_id=P20090610

 要は、自分の体力に合った運動で、出来れば筋肉トレーニングも組み合わせて、無理なく続けられる運動プログラムを作り、それに従った運動を継続するのがベストと考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大仏餅

 江戸後期の「三省録後篇」に、この大仏餅のことが書かれています。『大仏餅は、もともと京都誓願寺(せいがんじ=京都市中京区にある浄土宗西山深草派の総本山)前にて作っていました。
今もって、広くお公家様へも召されています。また、方広寺(ほうこうじ=京都市東山区にある天台宗の寺)大仏殿の前でも売っています。江戸の浅草で売っているものは、これを模したもので、大仏餅の名前を名乗っていますが、近頃は数々の餅があります。
いが餅(しんこ餅で餡を包み、その外面にもちごめをつけて蒸したもの)、さつき餅(詳細不明、朴(ほう)の葉で包んだ餅と思われます)、あん餅(あんをまぶした餅、あんころ餅)、くり餅(詳細不明、栗の粉をまぶした餅と思われます)など種類が多く、提重(さげて携行するようにつくった組重箱)や杉折(杉の薄い板で造った箱)にたいへん美しく盛ってあります。 
 現代では、ほとんど耳にしない「大仏餅」ですが、江戸から明治にかけては、三題噺のお題としてあげられ、それを演者やお客など、誰もが疑問や異議を発しなかったと言う事は、かなり有名でポピュラーなお菓子だった事が推測されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸の田舎侍事情

 江戸っ子たちは、地方から江戸へ出てきた田舎侍を「武左衛門(ぶざえもん、略して武左とも)」、「浅黄裏」と呼び、野暮の代表として扱いました。武左とは、田舎侍は武左衛門と言う名前が多かったことからの命名。浅黄裏とは、田舎侍は、丈夫であるからとの理由で、浅葱色の木綿の裏地をつけた着物を着ている場合が多かったことからの命名です。浅葱は薄い水色で、浅黄は薄い黄色です。田舎侍が来ていたのは、浅葱色の裏地なのですが、江戸では浅黄裏と書く慣習がありました。

 地方のお大名に仕えるお侍さんで、江戸にいる方は、三通りあります。一つめは「江戸詰め」と言って、江戸に住み、大名の江戸屋敷に勤務している方です、江戸支店勤務と言うところですね。二つめは「立ち帰り」と言って、殿様が大名行列を組んで江戸へ来る時に、大名行列を豪華に見せるため、随行して江戸へ来る方で、殿様が江戸へ着くと、すぐに国元へ戻ります、江戸への短期出張と言うところですね。そして、三つめが「国侍」「勤番侍」と呼ばれる方で、大名の参勤交代に随行して、国から江戸へ出て来た方で、大名が国へ帰る時までの一年間江戸にいます。江戸への単身赴任と言うところですね。一年間、江戸屋敷に住み、江戸屋敷で勤務するのですが、たいした仕事はありません。ルーチンワークは、江戸詰めの方達がさっさと、てきぱきとこなしていますから、手を出しても邪魔になるばかり。殿様の江戸城への登城の時の警護ぐらいしかすることはありませんが、殿様の登城などは、二~三日に一回あれば良い方で、とにかく、する事がない暇な方達です。

 そして、この「国侍」「勤番侍」が野暮の代表として扱われ、江戸川柳でも、格好の嘲笑の的。武骨で乱暴、女性への思いやりなどは皆無です。「浅黄裏手をこまねいて待っている」、粋を重んずる吉原では、性欲処理しか頭にない田舎のあんちゃんはもっとも軽蔑されました。「こりゃ喜助身共枕は買いに来ぬ」、花魁の張りも廓の粋も通じませんから、花魁が来ないとすぐに怒りだします。「まだあとにこれやと四、五両浅黄裏」、おいどんが金をもっていないとでも、見くびっているのか、金ならこのとおりあるぞと財布を見せる。金で女を自ままにしようとするなんて、花魁からもっとも軽蔑される行動だと言うのがわかりません。あげくの果てには、「亡八に見参さんと武左怒り」、亡八(ぼうはち)とは、妓楼の主人の事で、仁義礼智忠信孝悌の八つの徳を忘れた者との意味です。女が来ない、お前じゃ話しにならん、社長を呼べと叫んでいるなんて、田舎者丸出し。振られるのも、吉原の面白さのうちとわきまえている江戸っ子から見れば、眉をひそめたくなる光景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブ リ

 「師走の魚」と書いて『鰤(ブリ)』。「寒ブリ」とも呼ばれ、寒くなるにつれて脂が乗って美味しくなります。刺し身・照り焼きなどが代表的な食べ方ですが、大根と合わせての煮物は家庭の味として広く親しまれています。

 日本では昔、武士や学者などは成人して元服(げんぷく)すると、幼名とは違った名を名乗りましたが、魚も成長すると風味が変わるので、呼び名が変わる魚があります。これが『出世魚』で、子供の成長や知人の栄進を祝福する時、この出世魚を贈呈することがあります。

 その代表が「ブリ」で、地域によって呼び名が変わりますが、関東では大きくなるにつれて「ワカシ」→「イナダ」→「ワラサ」と名が変わり、ブリになると体長が1メートルにも達します。東京周辺では、養殖物を無条件に関西の若魚の呼び名であるハマチと呼ぶことも多くあります。

 ちなみに、関西では「モジャコ」→「ワカナ」→「ツバス」→「ハマチ」→「メジロ」→「ブリ」と呼ぶところが多いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホット飲料

 寒くて忙しいこの時期、ホッと一息つくときに味わいたいのが、温かい飲み物です。スーパーやコンビニには、お湯を注ぐだけで簡単に作れる粉末タイプのホット飲料が数多く並んでいます。「どれにしようか?」と迷うところですが、先日、売れ筋の中から専門家が選んだランキングを目にしました。

 トップは、カフェラテ(ミルク入りエスプレッソコーヒー)にキャラメルの風味を加えた『ネスカフェ ホームカフェ 焦がしキャラメルマキアート』。封を切るとキャラメルの甘い香りがふんわりと広がり、熱湯を注いでかき混ぜると、ふわふわの泡が立ち、見た目も楽しく、癒されるそうです。

 2位は、冬の飲料の定番ココアで、『バンホーテン ミルクココア カカオリッチ』です。ココアブランドの代表とも言われるオランダのバンホーテンのココアパウダーを使用しており、プロがケーキなど製菓用に使うことも多い上質なパウダーで、贅沢な風味を感じるそうです。

 また、健闘しているのが紅茶です。3、8、9、10位と4つを占め、それぞれ違った風味を楽しめます。3位は『マキシム カフェメニュー チャイ・ラテ』で、チャイとは香辛料を加えたインド式のミルクティーのことです。ジンジヤー、クローブ、カルダモンの3種類のスパイスが香る本格的なミルクティーに仕上がっています。


 尚、ベストテンは以下のようになっていましたが、皆様も一度試してみてはいかがでしょうか。


 1.ネスカフェ ホームカフェ 焦がしキャラメルマキアート

 2.バンホーテン ミルクココア カカオリッチ

 3.マキシム カフェメニュー チャイ・ラテ

 4.森永 甘酒

 5.辻利休 抹茶ミルク

 6.ホットレモン

 7.森永 ミルクココアカカオ2倍

 8.日東紅茶 ロイヤルミルクティー

 9.ネスレ ホームカフェ ダージリンティーラッテ

10.名糖 レモンティー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の10大ニュース

 次から次へと重大事件や事故が相次ぎ、新聞やテレビでは毎日たくさんのニュースが報じられています。ほんの数か月前に起こった事も数年前の事のように感じられるときさえあります。

 毎年恒例ではありますが、在京の新聞と通信8社の社会部長が選ぶ今年の10大ニュースが発表されていますのでご紹介したいと思います。

1)脱官僚・マニフェストで政権交代

2)裁判員制度スタート、市民が法廷に

3)足利事件、DNA不一致で菅家さん釈放

4)鳩山首相、小沢幹事長をめぐる違法献金事件

5)新型インフルエンザ大流行

6)政府がデフレ宣言。企業業績悪化、高まる雇用不安

7)「核なき世界」でオバマ大統領にノーベル平和賞

8)生活保護受給者ら入居の「たまゆら」で火災、10人死亡

9)高速道路1000円に家族連れ殺到

10)18歳石川遼が賞金王


 ちなみに時事通信社が選んだ10大ニュースでも政権交代や新型インフル、裁判員制度など同様の事柄が上位に並びますが、「世界同時不況」や「GDP、3年ぶり2ケタ減」、「日航の経営危機表面化」、「政府、月例報告でデフレを宣言」など経済的な出来事もランクインしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自宅で行う簡単な運動

 リハビリ病院でよく「適度の運動」を続けなさいと指導されが、「適度の運動」とはどのような運動でしようか?
 
 理学療法士ならびに作業療法士のアドバイスをもらって作成した「適度の運動」の具体的な処方箋を紹介することにしましたので活用して下さい。

 病院でのリハビリの効果を高めるためには、病院でのリハビリに加えて、自宅での「適度の運動」、すなわち上下肢の筋力増強、関節可動域改善、バランス能力の向上などの運動を行うことが大切です。このような運動を毎日続けることにより、転倒を予防し、日常生活動作を改善することが出来ます。運動の効果を期待するには、継続が何より大切です。

 「適度の運動」は個人個人で違って来ます。従って、各個人の能力に応じて、以下の運動から適当と思われるものを選択し、無理のないように1日のセット回数を決めて行って下さい。その際、負荷の軽いものから重い順(番号順)に行い、出来れば家人が傍についてもらって行うのが望ましいでしょう。

 なお、次の運動で鍛えられる主な筋肉を参考までに記しておきます。

<立位での運動>
1.足首の上げ下げ(つかまり立ちで10回)
→上げは前頸骨筋、下げは下腿三頭筋
2.ハーフスクワット(つかまり立ちで10回)
 →ハムストリングス(下腿後面の筋群)・大腿四頭筋
3.廊下歩行(20メートル往復、杖使用可)
 →下肢・体幹・バランス
4.開眼片足立ち(手すりのあるところで、左右5秒ずつ)
 →中臀筋・バランス
5.階段の昇降(踊り場まで昇降、手すり使用可)
 →臀筋・大腿四頭筋

<椅子に座っての運動>
1.肩周りのストレッチ(左右5秒ずつ)
 →肩甲上腕関節の関節包後部筋群の伸張、僧帽筋(上部)
2.両上肢の挙上と側屈(挙上、左右側屈各5秒)
 →肩甲帯周辺の筋群、広背筋、僧帽筋および体幹側面筋群の伸張
3.膝の伸展(伸展位で5秒止める、左右10回)
 →大腿四頭筋
4.膝関節屈曲での股関節の屈曲(左右5回ずつ)
 →股関節屈曲による大臀筋伸張、膝関節屈曲による大腿四頭筋の伸張
5.椅子からの立ち上がり(5回)
 →臀筋・下腿伸筋群

 以上の説明では理解しにくいところがあるかも知れません。そこで、実際に運動するに当たっては、次のサイトにアクセスし、イラスト入りの解説文をコピーして活用して頂ければ幸いです。
 なお、イラストは、すこやかな杜リハビリテーション病院作業療法士杉本徹
主任により描かれたものです。

http://www.i-kochi.or.jp/prv/morik/secondlife/sukoyaka/sukoyaka1.pdf
http://www.i-kochi.or.jp/prv/morik/secondlife/sukoyaka/sukoyaka2.pdf
http://www.i-kochi.or.jp/prv/morik/secondlife/sukoyaka/sukoyaka3.pdf
http://www.i-kochi.or.jp/prv/morik/secondlife/sukoyaka/sukoyaka4.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬 至

 今日は二十四節気にいう「冬至」ですが、昔はビタミンが不足しがちなこの時期になりますと、ビタミンAなどを含む肝油ドロップを食べていた人も多いのではないでしょうか。

 現在ほど医療(対処療法)が進んでいなかった昔は、当然ながら予防に重点が置かれていました。西洋医学と東洋医学の違いは、「病気や怪我を治す」という発想と「健康を保つ」といういう発想の違いであると言われます。

 野菜が不足しがちなこの時期に栄養価の高い「南瓜(かぼちゃ)」を食すのも、精油成分や有機酸類が多く含まれ香りのよい「柚子湯」につかるのも、健康を保つという発想から、経験によってその科学的効用を知っていたからであり、そこには無病息災への祈りが込められています。

 冬至に食す南瓜の食べ方に決まりはありませんが、和菓子屋では冬至までの期間限定でこの時期にしか味わえない南瓜のお菓子が並びます。これもこの時期の楽しみの一つとなっています。

 ところで、冬至は年間を通して夜が一番長く昼が最も短い日でもあります。つまり、この日以降は太陽が出ている時間がしだいに長くなり、「一陽来復」と言われますように「陰極まりて陽再び生じ始める日」でもあります。

 一陽来復は「悪いことが長く続いたあとで,ようやく良い方へ向かうこと」と
いう意味でも使われます。一陽来復、季節が巡るように、誰のもとにも良い時期が必ず巡ってくるものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大 根

 冬の代表的な野菜「大根」。短気な人が大根をおろすと辛くなるという話がありますが、どうやらこれは本当のようです。大根を急いで力まかせにおろすと細胞が壊れ、その時にミロシナーゼという酵素の作用で辛くなってしまうのだそうです。そのため、昔から短気な人や乱暴者が大根をおろすと辛くなると言われています。

 大根は部分によって味が違います。大根の上の方は甘味が強いので、大根おろしや生で食べるサラダに最適。真ん中辺りは大きく輪切りにして、おでんやふろふき大根などによく、そして、下の辛味の強い部分は味噌汁の実にするなど比較的濃い味付けに向いています。

 従いまして、一人暮らしで大根を半分だけでいいという場合は、どんな料理に使うかを考えて上下を使い分けるのが最適です。

ちなみに、尻尾の部分にクレンザーをつけて、ステンレスのシンクや包丁を洗うと傷がつかずピカピカになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴボウ

 食物繊維が豊富なことから最近は健康野菜としての人気が高まっている「ゴボウ」(牛蒡)が、旬を迎えています。冬の野菜として煮物や鍋物に欠かせない食材ですが、熱いご飯に甘辛い味付けの「金平ごぼう」はまた格別です。

 低カロリーのためここ数年はサラダへの利用も広がっており、これもまたなかなか美味です。収穫量の約4分の1を占める最大産地は青森県。根を食べる野菜は珍しく、日本以外では台湾など一部地域で食べられているだけだそうです。

 特に注目されるのは野菜の中でも特に多く含まれる食物繊維。腸内を浄化する効果があり、腸のぜん動運動を促進することから便秘に大変効能があり、また腸内の発ガン物質など有害物質を吸収してくれるので大腸がん予防にも効果があるそうです。

 ゴボウの香りや風味は皮の部分にあるため、皮を厚く剥くのはNG。包丁の背で軽く剥くくらいが良いそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坂本龍馬

 スペシャルドラマ「坂の上の雲」第1部が終了しますと、年明け1月3日から坂本龍馬の生涯を描いた大河ドラマ「龍馬伝」が始まります。

 オリコンが「日本の歴史を大きく変えた歴史上の人物は?」というアンケート調査を実施したところ、「坂本龍馬」が圧倒的な得票数で1位になっており、国民的英雄として常に根強い人気を誇っているのが坂本龍馬その人です。

 坂本龍馬を題材にした作品は、やはり司馬遼太郎の「竜馬がゆく」があまりにも有名ですが、今回は「HERO」や「海猿」、「CHANGE」、「救命病棟24時」、「ガリレオ」など民放で数々の人気ドラマを手がけた福田靖氏が脚本を担当。今回特にユニークなのは、龍馬の成長を岩崎弥太郎の視点で描くという点です。

 龍馬は亀山社中(後の海援隊)という浪士結社(日本初の株式会社)を作りますが、土佐藩から出仕して亀山社中の監査・会計係的な存在だったのが、龍馬の遠縁といわれる岩崎弥太郎です。

 岩崎弥太郎はいわずと知れた三菱財閥の創始者で、龍馬の死後、海援隊を引き継ぎ、船会社(後の日本郵船)を起こして大三菱の基礎を築き上げていきます。

 「竜馬がゆく」において、武市半平太の人物論議として作者が語った弥太郎に対する人物評は「もってうまれた気力胆力が超人的で、そのうえ文字にも明るいくせに、この男だけは、勤王でも佐幕でもないのである。主義めかしい事は一切口にしなかった。興味がないのだろう。弥太郎に主義があるとすれば、徹頭徹尾、自分主義である。信奉すべきは、天皇でも、将軍でもなく、自分であった」となります。

 そして司馬遼太郎は、「(人間に対する優しさと人間的な愛嬌の部分以外では)弥太郎は、人間として竜馬に、おどろくほど似ている」としています。

 ところで来年の大河ドラマ「龍馬伝」の主な配役は下記のようになっています。

坂本龍馬   福山雅治    西郷隆盛  高橋克美
岩崎弥太郎 香川照之    桂小五郎  谷原章介
坂本乙女   寺島しのぶ    吉田松陰  生瀬勝久
山内容堂   近藤正臣     千葉重太郎 渡辺いっけい
後藤象二郎 青木崇高    千葉佐那   貫地谷しほり
武市半平太 大森南朋     お龍      真木よう子
勝海舟    武田鉄矢     岡田以蔵  佐藤 健
近藤長治郎 大泉 洋
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坂の上の雲

 NHKより日曜夜に放送されている大河ドラマは社会への影響力も高く、「篤姫」から「天地人」への流れの中で、戦国武将に興味を持つ女性「歴女(れきじょ)」なる存在もクローズアップされました。歴史や歴史上の人物などに興味を持ったきかっけを聞いたアンケートでは、男性は「小説」との回答が1位だったのに対し、女性の回答は「大河ドラマ」が最多となっています。

 ちなみに「天地人」終了後は司馬遼太郎原作の「坂の上の雲」が、第1部として年末まで5回放送されています。

 今までも「二百三高地」「日本海大海戦・海ゆかば」「八甲田山」など、日露戦争をテーマにした映画はありますが、「坂の上の雲」は長い間ドラマ化が不可能とされてきた経緯があり、脚本家の自殺という不孝も重なりましたが、三部構成合計13回放送、3年越しで毎年年末に放送される予定だそうです。
 
 この小説は多くの企業経営者が愛読書としており、日本が戦争でロシアを破ったという歴史的壮挙を題材にしているという点でも人気があり、その後、太平洋戦争に突入することになった遠因を知る上でも貴重な手掛かりとなっています。

 参考までに今回の「坂の上の雲」の主な配役は以下のようになっています。

秋山真之 (本木雅弘) 連合艦隊参謀
秋山好古 (阿部 寛)  真之の兄で「日本騎兵の父」と称される
正岡子規 (香川照之) 俳人・歌人 真之の幼なじみ
東郷平八郎(渡 哲也) 連合艦隊司令長官
山本権兵衛(石坂浩二) 日露戦争時の海軍大臣
大山 巌(米倉斉加年) 西郷隆盛の従兄弟で満州軍総司令官
児玉源太郎(高橋英樹) 満州軍総司令部総参謀長
乃木希典 (柄本 明)  旅順を担当した第三軍司令官
伊地知幸介(村田雄浩) 第三軍参謀長

 原作者の司馬遼太郎はこの小説で、国家として誕生したばかりの、純粋で楽天的な日本という国が「日露戦争というとほうもない大仕事にくびをつっこんでゆく」経緯を描いています。楽天的ということに関しては、「町工場のように小さい国家のなかで、部分々々の義務と権能をもたされたスタッフたちは世帯が小さいがためにおもうぞんぶんにはたらき、そのチームをつよくするというただひとつの目的にむかってすすみ、その目的をうたがうことすら知らなかった。この時代のあかるさは、こういう楽天主義からきているのだろう」との見方を記しています。

 そしてタイトルが意味するところを司馬遼太郎は次のように述べています。「楽天家たちは、そのような時代人としての体質で、前をのみみつめながらあるく。のぼってゆく坂の上の天にもし一朶(いちだ)の白い雲がかがやいているとすれば、それのみをみつめて坂をのぼってゆくであろう」と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界の人口

 世界の人口は68億2940万人と08年に比べて約7970万人の増加となっています。前年比の伸び率は1.2%で、これを上回る地域はアラブ諸国の4.4%、アフリカの2.3%、北米1.8%などです。

 一方、日本の人口は70万人の減少(0.5%減)で1億2790万人と国別でみて前年と同じ10位です。国別の首位は中国で13億4580万人、インドが2位で11億9800万人となっています(2009年版世界人口白書)。

 尚、白書の推計人口では2050年の世界人口は91億5000万人に達する見通しです。先進国は年平均の増加率が0.3%のペースにとどまる一方、アフリカやアラブ諸国は2%を超す増勢が続くとしています。50年時点の日本の人口は09年に比べて20%の減少、1億170万人に縮小するとしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米国の医療保健改革

 米国の医療保険制度は日本のような国民皆保険制度をとっておらず、社会保障制度としての公的医療保険は、基本的には65歳以上の高齢者向けの「メディケア」、低所得層を対象とした「メディケイド」、軍人向けのもの、などに限られています。

 民間の保険会社が提供する保険プランには、いろいろのものがありますが、大別するとFFS(Fee For Service)とマネジドケア〔HMO(Health
Maintenance Organization)、PPO(Preferred Provider Organization)、
IPA(Independent Physician Association)、POS(Point of Service)〕の2つに大別されますが、近年はFFSへの加入者が減少し、保険料の安いコスト抑制型プランのマネジドケアへの加入者が急増しています。

 マネジドケアは、あらかじめ医師や病院と標準的な医療費用の幅を設定しておき、指定医や指定ネットワーク(医師・病院の集まり)を利用することにより、比較的低額の医療コストで効率の良い医療サービスを行うことを目的にしたものです。HMOでは一人の指定医しか利用できないのに対して、PPOプランはnon-networkで、基本的にどの医師や病院も利用できます。

 現在のところ、国民の約3分の2は民間の私的医療保険に加入していますが、15%にあたる約4700万人が無保険者です。民間保険加入者の約9割は勤務先を経由して加入しているため、失業した場合には無保険者となってしまうなどの弊害が出ています。

 私的な保険は、当然、資格審査や掛け金の面で貧困者には厳しいものとなります。そのため、私的保険に入ることのできない高齢者や貧困層は、メディケアやメディケイドの適用範囲が狭いため、病気になれば明日をもしれぬ生活を強いられることになります。

 公定診療費も設定されておらず、経済協力開発機構(OECD)の統計によりますと、1人当たり年間医療費は2007年に7290ドル(日本は06年に
2581ドル)と高額で、国民医療費の国内総生産(GDP)比も16%(同8.1%)と高く、財政を圧迫しています。

 米国では糖尿病や循環器系疾患など慢性疾患の罹患率が上昇し、肥満者に対する医療費は、正常体重者に比べ600ドルから1,600ドルも高くなっています。2011年までにベビーブーム世代がメディケア対象年齢に達し、多数の高齢者を抱えます。この世代の医療費は、2008年の12%から、2010年までにはGDPの20%を占めると予想されます。

 マイケル・ムーア監督の作製した「米国医療残酷物語」映画『シッコ Sicko』にもでてきますように、米国の治療単価も非常に高いようです。診療
報酬制度が自由裁量の認められる出来高払い制であり、高額な薬剤の使用と新しい医療機器、診断法などの導入が米国の医療費を著しく上昇させ、主要7か国中で最も高額といわれています。

 オバマ大統領は、何百万人もの国民に無保険の苦しみを味わわせているのは先進国では米国だけだとし、選挙公約で、米国民全員に質が高く、手ごろな「ポータブル」健康保険を提供する事実上の国民皆保険を約束しています。

 オバマ大統領の基本目標は、医療保険の既加入者には安心と安定を与え、無保険者には手ごろな保険を提供し、家庭、企業、政府の医療費の増加を鈍らせることにあるといわれています。

 改革の主眼は、無保険者に保険を提供することで、公的保険導入は手段の一つにすぎず、究極の目標を達成するためには他の選択肢も排除しないとしています。例えば、協同組合や非営利組織の設立や、個人や中小企業が医療保険に低価格で加入できるような新たな保険市場の創設なども案として視野にいれているようです。

 しかし、米国では欧州型の福祉国家に反対する保守派の考え方は非常に根強く、クリントン政権時代にも医療保険改革は試みられましたが、議会や業界との調整不足から頓挫しています。オバマ大統領も、新たな公的保険制度の導入が民間企業を圧迫し、肥大化した公的保険は財政を圧迫する、との強い反対勢力に抗していかなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬のボーナス

2009年12月11日の日経新聞によりますと冬のボーナスの企業の支給額ランキングは以下の通りです

1位:任天堂        1,453,306円
2位:武田薬品工業  1,167,000円
3位:JFEスチール    1,105,000円
4位:ホギメディカル   1,085,600円
5位:日本たばこ産業 1,055,000円
6位:日本IBM       1,006,300円
7位:インフォコム     1,002,311円
8位:東宝           994,000円
9位:住友金属工業   990,000円
10位:大塚商会      977,047円

 任天堂は昨年に引き続き首位をキープしています。

 この中で昨年のベスト10は、他には、2位の武田薬品工業(昨年は8位)と、JFEスチール(昨年は4位)の2社だけです。

 ※「ホギメディカル」は、病院やクリニックで使う医療用の製品を製造・販売する会社。

 景気の影響を受けながらも一定以上の収益を確保し、報酬が高いレベルにとどまっている会社にお勤めの方は、ひそかに、大きな買い物をするチャンスです。

 周囲に向かって大きな声で「うちの会社は絶好調!」とも言いにくいですが、世の中は値下げラッシュ、補助金・助成金も、モノによってはたくさん支給されています。

 お得な買い物をする環境がしっかりと整ってきているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸の横綱事情

 江戸の相撲の最高位は「大関」で、その大関が、奉納土俵入りをする時に、まわしの上に「横綱」をしめて、土俵入りをしたので、「横綱」とは、地位ではなく、奉納土俵入りをする日下開山(ひのしたかいざん)と呼ばれる大関の別称でしたが、伝説上の横綱を除き、四代目横綱とされる谷風から、「横綱」が相撲道最高位の地位になります。そのため、古今無双と呼ばれた江戸の名力士「雷電」の地位は「大関」で、横綱にはなっていません。

 江戸相撲の歴代横綱は、初代が明石志賀之助(あかししがのすけ・宇都宮、一説には上総国久留里出身。寛永年間(一六二四~四四)。横綱在位年月不明)。二代・綾川五郎次(あやがわごろうじ・栃木県・一説には茨城県出身。享保年間(一七一六~三六)。横綱在位年月不明)。三代・丸山権太左衛門(まるやまごんだざえもん・陸前国遠田郡中津山村出身。元文年間(一七三六~四一)。横綱在位年月不明)。四代谷風梶之助(二代・たにかぜかじのすけ・陸奥国霞目出身。伝説を除く事実上の最初の横綱。横綱在位一七八九年十一月~一七九四年十一月)、五代・小野川喜三郎(おのがわきさぶろう・近江国京町出身。一七八九年十一月~一七九八年十月)で、阿武松緑之助(おうのまつみどりのすけ・能登国鳳至郡七海村(現石川県鳳珠郡能登町)出身。一八二八年二月~一八三五年十月)が六代目。七代・稲妻雷五郎(いなづまらいごろう・常陸国阿波崎村(現茨城県稲敷市)出身。一八二九年九月~一八三九年十一月)。八代・不知火諾右衛門(しらぬいだくえもん・肥後国宇土郡轟村栗崎(現熊本県宇土市栗崎)出身。一八四十年十一月~一八四四年一月)。九代・秀ノ山雷五郎(ひでのやまらいごろう・陸前国(宮城県気仙沼市)出身。一八四七年九月~一八五十年三月)。十代・雲龍久吉(うんりゅうきゅうきち・筑後国山門郡大和村(現福岡県柳川市)出身。一八六一年九月~一八六五年二月)。

十一代・不知火光右衛門(二代・しらぬいこうえもん又はみつえもんとも・福岡県山田市(現嘉麻市)出身。一八六三年十月~一八六九年十一月)。十二代・陣幕久五郎(じんまくきゅうごろう・出雲国意宇郡(現・島根県八束郡東出雲町)出身。一八六三年十月)です。

 明治以降は、十三代・鬼面山谷五郎(きめんざんたにごろう)。十四代・境川浪右エ門(さかいがわなみえもん)。十五代・梅ヶ谷藤太郎(初代・うめがたにとうたろう)。十六代・西ノ海嘉治郎(初代・にしのうみかじろう)。十七代・小錦八十吉(こにしきやそきち)。十八代・大砲万右エ門(おおづつまんえもん)。十九代・常陸山谷右エ門(ひたちやまたにえもん)。二十代・梅ヶ谷藤太郎(二代・うめがたにとうたろう)。

 二十一代・若嶌權四郎(わかしまごんしろう)。二十二代・太刀山峯右エ門(たちやまみねえもん)。二十三代・大木戸森右エ門(おおきどもりえもん)。二十四代鳳谷五郎(おおとりたにごろう)。二十五代・西ノ海嘉治郎(二代・にしのうみかじろう)。二十六代・大錦卯一郎(おおにしきういちろう)。二十七代・栃木山守也(とちぎやまもりや)。二十八代・大錦大五郎(おおにしきだいごろう)。二十九代・宮城山福松(みやぎやまふくまつ)。三十代・西ノ海嘉治郎(三代・にしのうみかじろう)。

 三十一代・常ノ花寛市(つねのはなかんいち)。三十二代・玉錦三右エ門(たまにしきさんえもん)。三十三代・武藏山武(むさしやまたけし)。三十四代・男女ノ川登三(みなのがわとうぞう)。三十五代・双葉山定次(ふたばやまさだじ)。三十六代・羽黒山政司(はぐろやままさじ)。三十七代・安藝ノ海節男(あきのうみせつお)。三十八代・照國萬藏(てるくにまんぞう)。三十九代・前田山英五郎(まえだやまえいごろう)。四十代・東富士欽壹(あずまふじきんいち)。

 四十一代・千代の山雅信(ちよのやままさのぶ)。四十二代・鏡里喜代治(かがみさときよじ)。四十三代・吉葉山潤之輔(よしばやまじゅんのすけ)。四十四代・栃錦清隆(とちにしききよたか)。四十五代・若乃花幹士(初代・わかのはなかんじ)。四十六代・朝潮太郎(三代・あさしおたろう)。四十七代・柏戸剛(かしわどつよし)。四十八代・大鵬幸喜(たいほうこうき)。四十九代・栃ノ海晃嘉(とちのうみてるよし)。五十代・佐田の山晋松(さだのやましんまつ)。

 五十一代・玉の海正洋(たまのうみまさひろ)。五十二代・北の富士勝昭(きたのふじかつあき)。五十三代・琴櫻傑將(ことざくらまさかつ)。五十四代・輪島大士(わじまひろし)。五十五代・北の湖敏満(きたのうみとしみつ)。五十六代・若乃花幹士(二代・わかのはなかんじ)。五十七代・三重ノ海剛司(みえのうみつよし)。五十八代・千代の富士貢(ちよのふじみつぐ)。五十九代・隆の里俊英(たかのさととしひで)。六十代・双羽黒光司(ふたはぐろこうじ)。

 六十一代・北勝海信芳(ほくとうみのぶよし)。六十二代・大乃国康(おおのくにやすし)。六十三代・旭富士正也(あさひふじせいや)。六十四代・曙太郎(あけぼのたろう)。六十五代・貴乃花光司(二代・たかのはなこうじ)。六十六代・若乃花勝(三代・わかのはなまさる)。六十七代・武蔵丸光洋(むさしまるこうよう)。六十八代・朝青龍明徳(あさしょうりゅうあきのり)。六十九代・白鵬翔(はくほうしょう)となります。

 朝青龍関、白鵬関は現役の横綱。では、さかのぼる事、何代目の横綱から記憶にありますか?名横綱と呼ばれ、六十九連勝した双葉山あたりですと、人生の大ベテラン。巨人大鵬玉子焼きと呼ばれた大鵬関あたりは団塊の世代?今テレビでお相撲の解説やっている北の富士勝昭さんて、横綱だったんですネ!五十一代横綱の玉の海関と同時に、横綱に昇進しました。私が子供の頃の横綱と言うと千代の山や吉葉山が印象に残っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンドワゴン効果

 政府はデフレ認定で検討を始めていますが、たしかに食材や日用品など、低価格で手に入る商品が増えています。

 価格を下げて需要を喚起するという経済的合理性に合致する動きではありますが、価格を下げると販売が伸びるケースがある一方で、一概にそうとも言えない側面が消費にはあります。

 同じ品質の商品でも、3千円のモノよりも6千円のモノが売れる。あるいは物産展などで、それまで売れなかったモノが価格を上げたら売れるようになったという話は少なくありません。

 その要因として、一つには「ヴェブレン効果」が上げられます。製品の価格が高まるほど製品に対する満足度が高まるという効果で、高級品を持つことで得られる顕示的な満足(見得)、高ければ品質的にも良いだろうという盲目的な安心感(買い物に失敗したくないという心理)等、価格そのものが満足度に影響を与えるというものです。

 需要増加による反動として、同じような製品が氾濫した場合、他人との差別化のために希少性に対する欲求が高まります。これを「スノッブ効果」と呼びます。

 もう一つは、スノッブ効果と逆の「バンドワゴン効果」。バンドワゴンとは行列の先頭をいく楽隊車のことで、「バンドワゴンに乗る」とは、時流に乗る、多勢に与するということを意味します。ある製品に対する需要が増えた場合、さらに需要が増すことをバンドワゴン効果と呼び、多くの人が買っているものは良いものに違いないという思い込みがこうした消費行動につながると考えられています。ヴェブレン効果同様、ここでも買い物に失敗したくないという心理が働いています。

 消費行動における上記3つの効果は、その商品が持つ機能や品質とは別に価値が生じたことを示しており、他の人の判断やどのように見られているかといった観点が消費行動に影響しているため、これら3つを総称して「消費の外部性」と言うそうです。

 限定品や、多少割高であってもプレミアム感があるものが売れるのは、これら3つの効果が機能しているためです。つまり、他の商品よりも高価であることでヴェブレン効果(高級感)とスノッブ効果(希少性)が生じ、一部の間でのヒットが報道等により認知されることでバンドワゴン効果(流行)が生じるという仕組みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デスボンド

 多数の債券を束ね、計算上のリスクを分散させた上で新しい金融商品に仕立て直すことを「証券化」と言います。これは「サブプライムローンの証券化」でもお馴染みの手法です。

 これと同じ手法で証券化された金融商品があり、今回の金融危機の影響もさほど受けずに米金融市場でじわり広がっています。その名も「デスボンド」。日本では「死亡債」と訳されます。

 「ライフ・セトルメント」と言って生命保険を第三者に転売することが可能なアメリカでは、金融機関がまだ存命中の人の生命保険を買い取り、それを数千人から数万人の規模で集めて証券化した金融商品が「デスボンド」です。

 自分の生命保険を売却する人、つまり生命保険の加入者からみたメリットは、生命保険を現金化することで生きているうちに多額の金額を手にすることができるという点です。

 通常、生命保険を途中解約しますと、割引率が大きいため受け取る金額はかなり少なくなってしまいますが、金融機関がその生命保険を買い取る場合には、例えば70歳の人の1億円の生命保険を買い取る場合には保険金額の3割の3000万円、75歳なら4割の4000万円という額で買い取ることになります。死亡した際の保険金は金融機関が受け取り、デスボンドを購入した投資家に分配されます。

 住宅価格の値上がりが続くことを前提にしたサブプライムローンの証券化ビジネスは当然のごとく破たんしましたが、死亡率というのはそれほど大きな変動をしないため、投資家にとりましては低リスクで収益が安定している金融商品といわれます。

 身寄りがない、あるいは子供が成長し大きな保健が必要なくなったなどの理由で、死後に支払われるお金よりも生前に現金を手にしたいと思う人が自身の生命保険を転売するケースがあります。また、昨今の景気悪化で経済的な困窮のために自身の生命保険を売却するというケースもあるそうです。

 ちなみに、「低リスク」という言葉はサブプライムローンの証券化の際も使われましたが、保険会社が保険金の支払いを拒否するケースが増えた場合にどうなのかという懸念も残ります。

 人の死を担保にするというデスボンドに対して、さすがのアメリカでも多くの批判があるようです。

 また、デスボンドの性格上、金融機関は生命保険の契約者が早いうちに死亡すれば短い間に支払い額以上の満額の保険金額を受け取ることになります。作為として死亡率を人為的に操作するようなこと(例えば大量殺人)はないかもしれませんが、早期に死亡した方が収益にプラス貢献するということはそこに暗黙の期待が存在します。

 かのタイタニック号は、巨額の保険金を受け取るために沈められた(そういうふうに仕向けられた)という風聞があったと言われますが、このデスボンドも倫理的・道義的に問題があるというのが一般的な感覚ではないでしょうか。ちなみに日本では生命保険の第三者への転売は無効とされています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

創作四字熟語

 住友生命が年末恒例の「創作四字熟語」を発表しました。政権交代や新型インフルエンザの流行など、今年起こった様々な出来事や世相をわずか4文字で表現しているのですがいずれも秀作揃い。その中からいくつかご紹介したいと思います。


「一票両断」いっぴょうりょうだん(一刀両断)

  解説:一人ひとりの1票で政権が交代。

「遠奔千走」とおほんせんそう(東奔西走)

  解説:土日休日の高速道路料金が遠くまで走っても千円に。

「千車万列」せんしゃばんれつ(千差万別)

  解説:高速料金の引き下げで渋滞が頻発。

「顔面総白」がんめんそうはく(顔面蒼白)

  解説:新型インフルエンザの流行でマスク姿が急増。

「一咳触発」いっせきしょくはつ(一席即発)
 
  解説:ひとつセキすれば周りが即反応。

「環境車買」かんきょうしゃかい(環境社会)
 
  解説:エコカー減税でハイブリッド車を購入する人が増加。

https://cam.sumitomolife.co.jp/jukugo/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウーマン・オブ・ザ・イヤー2010

 日経WOMANが今年各界で最も活躍した女性を表彰する「ウーマン・オブ・ザ・イヤー 2010」が先日発表されました。

 日経WOMANが毎年行っているこの企画も今回で11回目。第1回目の大賞はドコモの「iモード」を立ち上げた松永真里さんが受賞しており、その後も「ハリー・ポッター」の翻訳者松岡佑子さん、DeNA社長の南場智子さんらが受賞しています。

 今年のトップに選ばれたのは、都市計画プランナーの西郷真理子さん。西郷さんが長い年月にわたり手がけてきた高松市の丸亀町商店街の再開発では、商店街の売上げが再開発前の3倍、通行量が1.5倍に増加すなど、日本の商店街の再開発成功事例として国内外の注目を浴びています。

http://wol.nikkeibp.co.jp/article/trend/20091204/105105/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白 菜

 英語で「チャイニーズ・キャベツ」と言えば「白菜」。今では年間を通して出回っていますが、夏場は長野産、秋冬は茨城産が多く、これから気温が下がるにつれて需要が拡大する鍋物向けの多くは茨城産となります。

 英語名の通り中国が原産地とされ、明治時代に日清・日露戦争に従軍した日本の兵士が大陸で白菜を初めて食べ、その大きさや味に感心して持ち帰ったのが日本全国に広まるきっかけになったそうです。 

 スーパーなどの店先で鮮度を見分ける際は、芯の部分に注目。2分の1や4分の1にカットしたものは芯の部分の断面が膨らんでいないものが良いそうです。カット後も芯の部分は成長を続けるため、盛り上がる度合いで新鮮さが分かり、高くなっていたら鮮度が落ちています。栄養面ではビタミンCが豊富で風邪の予防効果があるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤ちゃんの名前ランキング

 ベネッセコーポレーションは先日、今年生まれた赤ちゃんの名前ランキングを発表しました。

 名付けの傾向はその時の世相を反映すとともに、メディアに取り上げられることが多かった著名人の名前も命名に影響します。ちなみに今年のランキングは下記のようになっています。(集計数3万7340人)※「」内は主な読み。

【男の子】             
第1位(昨年1位)大翔「ひろと」    
第2位(同   6位)翔太「しょうた」 
第3位(同  2位)蓮  「れん」   
第4位(同  8位)颯太「そうた」    
第5位(同 10位)蒼空「そら」 
  
【女の子】
第1位(昨年4位)凜  「りん」
第2位(同  8位)さくら
第3位(同  3位)陽菜「ひな」
第4位(同  5位)結愛「ゆあ」
第5位(同  6位)結奈「ゆな」


 ベネッセの担当者は「厳しい社会状況に負けない、強さを感じさせる名前が上位だった」と分析しており、「明」「光」「晴」「幸」などの漢字の人気も急上昇しています。

 また、今年も話題を提供した「遼」の字は不動の人気で、もともと人気が高い「さくら」は2位に浮上。芸能人の名前からは「瑛太」「旬」「春馬」、「奈々」「樹里」「綾香」なども順位を上げています。

 尚、男の子の「大翔」はベネッセの調査で4年連続1位となっていますが、同じく名前ランキング(毎年20日前後に発表)を集計している明治安田生命の調査でも昨年まで2年連続の1位となっています。

http://women.benesse.ne.jp/event/hakase/rank2009/namae.html

http://www.meijiyasuda.co.jp/profile/etc/ranking/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

商い益々繁盛

 蕎麦屋などでよく見かける「春夏冬二升五合」という文字。ご存知の方が多いとは思いますが、「春夏冬」には秋がありませんので「あきない(商い)」、「二升」は升が二つなので「ますます(益々)」、「五合」は一升の半分、つまり半升(はんじょう)で「繁盛」、つなげますと「商い益々繁盛」とな
ります。

 「二升五合(ますますはんじょう)」という名の居酒屋もありますが、「一斗二升五合」はどうのように読むでしょうか? 「一斗」は「五升の倍」なので、「ご商売ますます繁盛」となります。たまに「春夏冬中」というのも見かけますが、これは「商い中」と読みます。

 では、「生麦大豆二升五合」はどうでしょう?

 これは趣が違い、そのまま「なまむぎだいずにしょうごんごう」と読みます。
 
 弘法大師(空海)ゆかりの四国八十八箇所を巡拝するお遍路さんの着る白装束の背中には、弘法大師の御宝号「南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)」が記されていますが、その御宝号が転訛して「生麦大豆二升五合」となったそうです。

 「生麦大豆二升五合」は、本来の字義からは離れてしまいましたが、難事を避けるための呪文として古くから伝わる言葉だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人間ドック

 1984年に人間ドック学会が人間ドック受診結果の全国集計を始めましたが、当初、大きかった健康度の地域差が次第に縮小してきました。この傾向は、かつて健康度の良いと言われていた地域が次第に悪化の傾向をたどり,地域特性が失われてしまったことによるといわれています。

 その結果、日本人の健康度は年々悪くなり,健常者が人間ドック受診者全体に占める割合は1984年の29.8%から,2008年には9.6%と20.2%も減ってしまいました。

 今回の調査は、同学会などが昨年2008年に指定した全国の病院や施設約700ヵ所で人間ドックを受診した約295万人(男性185万人、女性110万人)を対象に実施しました。

 今回の調査では、生活習慣に関係の深い6項目、すなわち、肥満,耐糖能異常,高血圧,高コレステロール,高中性脂肪,肝機能異常の中で高中性脂肪を除いては,いずれも異常頻度の増加が認められました。

 同学会は調査結果を分析・考察し、健康度悪化の理由としては、次の4項目をあげています。

●厳格な基準値の採用

 人間ドック学会の基準値は、専門学会のガイドラインを参考にしたため、より厳格になっています。特に肥満度の判定は従来体格指数(BMI)のみでしたが、メタボリックシンドロームの選別のために腹囲径を採用したことが肥満者の増加原因の一つになっています。しかし,高中性脂肪を除き,高血圧,高コレステロール,高血糖,肝機能異常の4項目で総て異常頻度が増えており,悪化の原因が単一でないことを示しています。

●人間ドック受診者の高齢化

 人間ドックの普及に伴い、全国調査によれば反復受診者の割合は全受診者の70~80%を占めるようになりました。その結果、人間ドック受診者の平均年齢が40歳代から50歳代へと移行し、今回は30歳代が減少、60歳代以上が増加しており、異常頻度の総計に影響を及ぼしています。加齢と共に健常者が減り、異常者が増加する傾向は当然のことです。しかし、各年代別の比較では、今回はC(要経過観察)、D1(要医療)共に総ての年代で過去最悪であり、加齢の影響のみではないことが明らかです。

●社会環境の悪化

 厳しい経済環境の中での過重労働、サラリーマンのリストラや出向・単身赴任、煩わしい人間関係による心身状態の悪化など、社会環境の悪化がストレスを生み出すことが考えられます。このような社会環境の変化は、心のバランスを失い,ストレスがうつ病増加の原因となっていると共に,生活習慣を悪化させる引き金になっています。

 健康度悪化最大の理由はメタボリックシンドロームの源流である生活環境の悪化であると考えられます。わが国では,平成10年以来,自殺死亡率(人口10万人対)が欧米先進国に比べて突出して年間3万人前後の状態であり,近年は増加傾向にあります。

 厳しい生活環境のストレスに適応出来ない人のうち内向的性格の人は次第に不眠,倦怠感,食欲不振が続き,うつ病へと発展し,外向的性格の人は,体調に変化が無く,ストレス解消として特に夜の過食・過飲の習慣が続き,結果として運動不足となり,メタボリックシンドロームから動脈硬化に基づく生活習慣病に発展するといわれています。

●食習慣の欧米化と運動不足

 ファーストフード店やコンビニエンス・ストアの普及により,手づくりの家庭料理を作る頻度が減少し、和食中心から,洋食や中華風の料理など嗜好が多様化し,食物の中に占める脂肪の割合が25%を越すようになり,野菜の摂取量が少なくなりました。また,交通機関の発達や車の保有台数の増加が歩行量を減らし,疲労による負担と共に,運動不足を来しています。

 今回の人間ドック全国集計結果は,予想に反して健康度が最悪の状態を示しましたが、その主要因として生活環境の悪化に基づくストレスが異常者の増加につながっていることが明らかにされ、生活習慣病は生活環境病であると認識し,その対策として,特にメタボ該当者に対する心体両面にわたる「対面式指導」の実施とさらなる普及の必要性が示されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

減価償却

 企業が使用する機械や設備などの固定資産は、時間が経てばその価値は低下するものであり、その価値の低下分(減価)を経費として計上することを減価償却といいます。

 設備投資と違い、減価償却はあくまでも会計上の支出に過ぎず、実際にお金が流出するわけではなく、資金繰り上はプラス要因となります。企業のキャッシュフロー(個人でいうところの現預金残高)を計算する際に減価償却費が加算されるのはそのためで、減価償却は企業の収益や資金繰りを見る上で重要な意味を持っています。

 一般的には、設備投資に多額の費用がかかる鉄鋼や紙・パルプなどの装置産業、あるいは設備投資に積極的な企業ほど減価償却費は多くなります。こうした減価分は、製品やサービスの原価に含めることで回収し積み立て、設備等の更新時の資金に充てます。

 企業は製品開発や販売競争の激化により、コストダウンや合理化を推し進めるとともに、技術革新に対応した生産体制の見直しを行っています。そのような状況の中、将来にわたり成長を維持するためには高水準の償却が行われることが不可欠であり、企業の将来性にも関わってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸の鬼子母神事情

 鬼子母神はインド仏教に伝わる夜叉女神で、古代、中インドにあったマガダ国の首都で頻婆娑羅王(びんばしゃらおう)・阿闍世王(あじゃせおう)の居城である王舎城(おうしゃじょう)の夜叉(やしゃ=神霊。人を害する鬼神でもあり、財宝神としても信仰される)神の娘です。

 千人の子を生み、我が子を養うため、人間の子を奪って食すので、仏様は彼女の最愛の末子、嬪伽羅(べんがーら)を隠します。最愛の末子がいなくなり、半狂乱になって我が子を探す鬼子母神に、仏様は「千人のうちの一子を失うもかくの如し。いわんや人の一子を食らうとき、その父母の嘆きやいかん。」と戒め、悟った鬼子母神は、それ以後、仏法の護法神となり、求児・安産・育児などの祈願を叶えるという神様となります。像に刻まれるその姿は、一人の子供を懐に入れ、吉祥果(ざくろ)を持つ天女形と、忿怒相の鬼形とがあります。

 江戸人たちがびっくりした時に「おそれ入谷の鬼子母神」と洒落たとおり、入谷の鬼子母神が有名ですが、江戸三大鬼子母神は、入谷の鬼子母神と雑司ヶ谷の鬼子母神と千葉県市川市中山の正中山法華経寺です。入谷の鬼子母神は今では、夏の朝顔市が有名ですよね。江戸では、小児の息災や福徳を求めて、鬼子母神を本尊とするお寺に詣ったり、上層貴族の間では、安産を願って邸内に鬼子母神を祀りました。また、鬼子母神と名前の中に「鬼」と言う字が入っていますが、仏様の教えにより角は取れたとの解釈から、鬼の一画目を書かない事が多いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総量規制

 来年(平成22年)6月から借金に規制が設けられます。

「総量規制」といわれているその内容は、年収の3分の1を超える借入に制限を加えるというもの。

「私たち個人が借りちゃダメ!」なのではなく「貸金業者が貸しちゃダメ!」。

 たとえば、年収600万円の人は、200万円までは借金ができるが、それ以上は、借りたくても業者が貸してくれなくなります。

 うっかり貸してしまうと、業者が行政処分されてしまいます。


 少し立ち止まって考えてみると、「借金」は、借りるほうに問題があるのか、貸すほうに問題があるのか、よくわからなくなってきます。

 貸すほうに規制を加えて手っ取り早く社会問題化しないようにするよりも、時間をかけてでも借りる人を賢くするほうが、社会全体としては「強く」なるような気がしませんか?

 自分の責任で自己を管理できるようにする。無茶な借金をしないように個人が賢くなれば、悪徳業者が現れてもだまされないはずです。

 しかし、たとえば、飲食店業であれば、業者がお客さんにたくさん食べさせようとしても、食べるほうのお腹に限界があります。満腹になるとそれ以上は入りません。

 ところが、「お金」に対する欲望には限度がありません。
 だから、業者のほうにもシバリが必要なのもわかります。

 さて、「総量規制」をもう少し掘り下げてみると・・・・。

 対象は、消費者金融会社からのキャッシングやクレジットカードによるキャッシング等、個人向けの借入です。

 個人でも、事業を行うための借金は対象からはずれます。
 個人事業主が仕事のために融資を受ける場合には、あてはまらないのです。

 また、住宅ローンや自動車ローンも対象外です。

 クレジットカードでの買い物もはずれます。

 さらに、銀行やゆうちょ銀行、農協などからの借金も対象外です。消費者金融業者、クレジットカード会社、信販業者等の貸金業者の個人向けのものが対象です。

「年収の3分の1まで」とは、一業者当たりの融資限度額ではありません。
 一人当たりの限度額です。

 さきほどの例でいうと、年収600万円の人の借入限度額は200万円ですが、ある業者から100万円の借金をすると、他の業者からの借入限度額は残り100万円になります。

「自分がお金を借りていることは、他の業者にはわからないのではないの?」と思うかもしれませんが、、、心配はいりません。ちゃんと筒抜けです。

 情報はデータベース化されており、業者は簡単にアクセスすることができます。


 なにはともあれ、私たち個人は、できるだけ「借金に近づかない暮らし」ができるよう、日ごろからリスクに配慮して備えておきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒラメ

 「平目」と書いて「ヒラメ」。白身魚の代表格で、特に冬に捕れるヒラメは「寒ビラメ」と呼ばれて一段と美味しさが増します。身は締まっていてクセがなく、「タイ」と並んで古くから高級魚として賞味されています。刺し身にしても美味しく、味が淡白なのでムニエルやフライなど洋食の素材にも向いています。

 ところで、「ヒラメ」(平目)と「カレイ」(鰈)の見分け方、ご存知の方も多いと思いますが、『左ヒラメ・右カレイ』と言われますように、腹を下にした状態で左を向いていれば「ヒラメ」で右を向いていれば「カレイ」です。

 ただ、これは日本ではほぼ当てはまりますが、タイワンヒラメのように例外もありますので海外では注意が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湯 葉

 湯葉はもともと寺方の精進料理として発達したものですが、肉や魚類に代わるたんぱく質として古くから作られてきました。

 やがて、神社や寺への参拝客にも供されるようになり、それが評判を呼んで定着、日光の名物になったそうです。大豆をすりつぶしてしぼり、その汁をゆっくりと過熱し続けると表面に薄い黄金色の膜ができます。その膜を竹の棒などですくい上げたのが生湯葉です。

 生湯葉は、たんぱく質や脂質などが含まれて栄養価の高い、しかも消化吸収がよい食品で、これを豪快にワサビ醤油をつけて食べるとまるで豆腐のトロです。

 ちなみに、生湯葉を乾燥したものが『干し湯葉』で、保存性が高く、ヘルシーな日光のおみやげとして人気があります。干し湯葉のもどし方は、ぬるま湯なら2~3分、水なら8分くらいつけます。また、濡れ布巾をかぶせてもどす方法もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

非風非幡

 禅の公案に次のようなものがあります。

 風になびく幡(はた)を前に二人の僧が言い争っていました。一人は「幡が動いている」と主張し、もう一人は「風が動いている」と主張し互いに譲らなかったそうです。

 この様子を見ていた禅師は「是れ風の動くに非ず、是れ幡の動くに非ず、任者が心動くのみ」(風が動くのでもなければ、幡が動くのでもなく、汝らの心が動くのだ)と言ったそうです。これが有名な「非風非幡」の公案です。

 その事象を捉えた心の動きがなければ、幡の揺らぎも風の動きさえも存在しないのではないか・・・つまり目に映る何事も心の動きに過ぎない。

 この公案は世の中のを動かすのは事象でもなく、事実でもない、そこにいる人の心こそ重要な要素であると。

 例えば、昨日と今日ではそれほど大きく変わったことがなくても、私たちは日々何らかの変化に直面し右往左往しています。しかし、よくよく考えて見れば変化しているのは心だということに気づかされます。つまり、どのように捉えるかは心次第というわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マネー川柳

 オリックスが「お金」をテーマとした「マネー川柳」を募集していましたが、過去の受賞作品を見ますと、どれもユニークで思わず微笑んでしまいます。以下にて、いくつかピックアップしてご紹介させて頂きます。


      心配は 老後じゃなくて 半年後

     「百年に一度」も長寿 なればこそ

      ETC 値下げするころ クルマ無し

      子に投資 元本割れは DNA

      医者でなく 財布がとめる 酒煙草

      お年玉 あげた子供に 励まされ

      社保庁は 未納者だけを 覚えてる

      アドレスは あるが住所の ない暮らし

      団塊の 家つきカー付き ニート付き

      きんにくつう 変換したら 「金に苦痛」


 オリックスマネー川柳のページ
 http://regist.orix-mail.net/cd/senryu/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年間のベストセラー

 出版流通大手トーハンが年間(08年12月~09年11月)のベストセラーを発表しましたのでご紹介したいと思います。


年間総合
1位 「1Q84」(1)(2)           各1,890円

2位 「読めそうで読めない間違いやすい漢字
    誤読の定番から漢検1級クラスまで」 500円

3位 「ドラゴンクエストIX
    星空の守り人 大冒険プレイヤーズガイド」
                          1,200円

4位 「新・人間革命」(20)          1,300円

5位 「日本人の知らない日本語」       924円


 昨年は「ハリー・ポッターと死の秘宝」が総合1位で、血液型の本が上位にランクインしましたが、今年は発売前から話題となった村上春樹著の「1Q84」が圧倒的に強く、合計発行部数は223万部に達しています。文芸作品が1位になるのは1900年の集計開始以来初めてのことだそうです。

 ちなみに、出版流通業界ではトーハン(昨年度売上高5748億円)と日本出版販売(日販、同6327億円)が2大企業で、セブン&アイHD代表取締役会長最高経営責任者(CEO)の鈴木敏文氏はトーハン出身であることから同社の副会長も兼務しています。

http://www.tohan.jp/cat2/year/2009_1/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たばこ税

 日本たばこ産業(JT)が発表した2009年の全国たばこ喫煙者率調査によりますと、男性の喫煙率は18年連続減少の38.9%、男女合わせた成人の喫煙率は24.9%で14年連続で過去最低を記録しましたが、欧米と比較した際の日本の喫煙率はまだ高い水準です。

 たばこ税に関しては03年と06年に小幅な増税が行われましたが、価格や課税の措置でたばこの消費を減らそうとする世界の流れもあり、健康(医療費抑)や環境の面からもたばこ税の増税は他の増税に比べ受け入れられやすいと見られ、政府も検討しています。

 ちなみに現在、20本入り300円のたばこ1箱には189.16円(価格の63.1%)の税金がかかっており、内訳は下記のようになっています。

   国たばこ税  71.04円(価格の23.7%)
   地方たばこ税 87.44円( 同 29.1%)
   たばこ特別税 16.40円( 同  5.5%)       
   消費税    14.28円( 同  4.8%)

   税負担合計 189.16円( 同 61.1%)


 厚生労働省によりますと、1ドル=90円換算でのたばこ1箱の値段はドイツが466円、フランス556円、英国843円、米ニューヨーク州が705円となっています。これを踏まえ、日本における増税の目安として先進国平均の600円程度に引き上げる案が議論されており、厚労省の税制改正要望の当初案には「1本当たり税額を10円程度引き上げ、主力商品で現在1箱300円を500円に」との文言が記載されていました(最終的に具体的金額の提示は見送り)。

 たばこ税増税には、たばこをすわない鳩山首相も一定の理解を示しており、来年度の税制改正の焦点の一つとなっています。

http://www.jti.co.jp/investors/press_releases/2009/0814_01/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒット商品番付

 毎年この時期になりますと、一年の総まとめのような話題が増えてきます。流行語大賞をはじめ今年を総括するランキング等の発表が相次いでいますが、日経新聞社が昨日発表した「ヒット商品番付」もその一つです。

 今年前半は「100年に1度の不況」とまで言われましたが、今年のヒット商品番付(下記)は、株価が安い時(景気が悪化した時)は消費者のニーズが低価格商品にシフトするという経験則どおりの結果と言えます。

          東                                西

   エコカー          【横綱】 激安ジーンズ
   フリー(キリンビール) 【大関】 LED
   規格外野菜       【関脇】 餃子の王将
   下取り           【小結】 ツイッター
   アタックNeo(花王)  【前頭】 ドラゴンクエスト9(スクエニ)
   ファストファッション   【 同 】 フィッツ(ロッテ)
   韓国旅行        【 同 】 仏像
   新型インフル対策グッズ【 同 】 ウーノ フォグバー(資生堂)
   お弁当          【 同 】 THIS IS IT


 また、今年の特徴としましては「環境対応」と「節約指向」というのが2大潮流で、生活に密着した身近な商品からヒットが生まれています。

 前頭には上記以外にも「ハイボール」や「ザ・ビートルズ リマスターCD盤」「山崎豊子」などがランキング入り。以前からあるモノが見直され、マーケティング戦略と相まって再び脚光を浴びています。ちなみに、ウィスキーを炭酸水で割った「ハイボール」は比較的マイナーな存在でしたが、テレビCMの効果もあって、サントリー「角瓶」の今年の出荷量は前年比で3割増となり、ハイボールをメニューに載せる店が激増。ウイスキー市場は11年ぶりに拡大に転じる見通しです。

 尚、今年のヒット商品番付における話題賞は「オバマ演説集」、残念賞は「開国博Y150」だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カリフラワー

 「花野菜」とも呼ばれ、晩秋から冬にかけて旬を迎えるカリフラワー。ブロッコリーと似ていますが、「ブロッコリーは緑色」で「カリフラワーは白色」といった具合に見分けがつきます。最近は品種改良でオレンジや紫色のカリフラワーも登場しており、食卓に彩りを添えてくれます。

 原産地は地中海沿岸。日本に入ってきたのは明治初期で高度経済成長期の食生活の多様化に伴い、急速に普及しました。

 現代人に必要なミネラル、食物繊維、そしてビタミンCを多く含み、ゆでた時の損失分が他の野菜に比べて少ないのが特徴で、美肌やがん予防効果が期待されています。

 鮮度が落ちやすいので早めの調理が必要で、選ぶ際はつぼみの締まりが良く、ずっしりと重みがあるものを選ぶと良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南 天

 この時期の花といえば、冬の木と書く柊(ひいらぎ)ですね。
葉は固くて光沢がありギザギザに尖っているのが特徴で、可憐な白い花をつけます。木犀科に属するだけあって良い香りがします。

 柊には、鬼が目を突かれて退散したという伝説や葉っぱのトゲで邪気を払うとされ、昔から庭に植える習慣がありました。節分に柊の枝葉を立てておくのも邪気を払うためです。ちなみにクリスマスによく用いられるのはこれとは違い、赤い実を結ぶ柊黐(ひいらぎもち)か西洋柊です。

 邪気を払う縁起ものの木といえば、南天(なんてん)もそうです。開花時期は初夏ですが、今頃に赤い実を結びます。「難を転じて福となす」という縁起を担ぎ、福寿草とセットで庭先や鬼門に植えられたり、正月飾りとしてよく目にし、殺菌効果があるとされる葉は料理の添え物としても用いられます。諸毒を消し無病息災を願う「南天の箸」や、金閣寺にある茶室「夕佳亭(せっかてい)」の「南天の床柱」も有名です。

 南天の実には消炎、鎮咳薬などの薬効があり、その成分を含むのど飴はこれからの時期の必需品ともなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

流行語大賞

 今年1年の間に流行したコトバや世間を賑わせたコトバを選ぶ「2009ユーキャン新語・流行語大賞」が昨日発表されました。

 年間大賞には『政権交代』が選ばれていますが、振り返りますと、8月30日の衆院選で民主党が115から308へと議席を大きく伸ばし、一方で自民党は300から119へと議席を大きく減らしました。この結果、9月16日に鳩山由紀夫氏を首班とする民主党内閣が発足しています。

 その他、トップテンにはトヨタ自動車のCMから誕生した「こども店長」、新政権下で高い注目を集めた「事業仕分け」、「草食男子」、「新型インフルエンザ」、「脱官僚」、「派遣切り」、「ファストファッション」、「ぼやき」、「歴女」が選ばれています。

http://singo.jiyu.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

救急車

 総務省消防庁の調べによりますと、救急車が通報を受けてから現場に到着するまでにかかった時間の2008年の全国平均は、前年より0.7分遅い7.7分で、1984年以降のワースト記録を更新したことが分かりました。
 
 救急車の出動件数は近年、増加を続け、救急車を病院へのタクシー代わりに使うなどの問題も指摘されていましたが、救急車の出動件数は、軽症の場合は使わないといった適正利用の呼び掛けが浸透し、08年は全国で509万5千件と、過去最多だった前年に比べ19万4千件(3.7%)減りました。

 搬送者数も22万5千人(4.6%)少ない467万7千人でした。件数、搬送者数とも、63年に統計を取り始めてから最も大幅な減少となりました。
同庁は、適正使用を呼びかけた効果が出てきた、とみています。

 一方、通報から患者を医療機関に収容するまでの時間は1.7分遅くなり、過去最悪の35.1分で、98年の26.7分から10年間で8.4分も延びており、救命救急現場の深刻な実態が浮き彫りになりました。

 消防庁は、搬送先が決まらないと、救急隊が待機場所である消防署へ戻るのが遅くなり、結果的に次の出動や現場到着が遅れる悪循環が起きている、と指摘しています。来月施行の改正消防法は、救急と医療の関係者が事前に搬送のルールを取り決めることなどを定めており、搬送時間の短縮を目指すことになります。

 救急車の到着までに、居合わせた人が心臓マッサージなどの応急手当てをしたのは、心肺停止状態の患者の40.7%に当たる4万6149人でした。実施率は前年より1.2ポイント増えました。

 04年から一般の使用が認められた自動体外式除細動器(AED)が使われるケースが増加し、心疾患の急病に限った428人についてはAED使用の1カ月後の社会復帰率は38.8%と、前年から3.3ポイント増えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

病院選び

 厚生労働省は1996年から3年ごとに、患者から病院での診療の状況や受けた医療の満足度などを聞く調査を行っています。

 今回発表された2008年調査は5回目で、全国の病院を利用する外来・入院患者に無記名で答えてもらい、医療施設を通じて調査員が回収します。

 調査は約500病院の患者を対象に実施。有効回答数は外来患者約10万人、入院患者約5万3千人でした。

 質問項目は、診療の満足度や診察時間、説明の理解度などで、今回は、病院を選ぶ際に患者が必要とする情報がどの程度提供されているかについて初めて聞きましたので、その結果について紹介します。

●外来患者が必要とした情報・入手できた情報(複数回答)

 病院を選択する際の情報について、情報が「必要であった」と回答した外来患者を項目別にみると「医師などの専門性や経歴」が48.5%と最も多く、「受けることができる検査や治療方法の詳細」47.7%、「安全のための取り組み」34.7%となっています。また、情報が「必要であった」と回答した外来患者のうち、その情報が「入手できた」と回答したのは、「医師などの専門性や経歴」が14.7%、「受けることができる検査や治療方法の詳細」13.7%、「安全のための取り組み」5.5%となっています。

●入院患者が必要とした情報・入手できた情報(複数回答)

 病院を選択する際の情報について、情報が「必要であった」と回答した入院患者を項目別にみると「受けることができる検査や治療方法の詳細」が50.8%と最も多く、「医師などの専門性や経歴」49.6%、「治療に要する平均的な入院期間」43.7%となっている。また、情報が「必要であった」と回答した入院患者のうち、その情報が「入手できた」と回答したのは、「受けることができる検査や治療方法の詳細」が21.4%、「医師などの専門性や経歴」16.6%、「治療に要する平均的な入院期間」21.5%となっています。

 以上の結果から、外来患者と入院患者のほぼ2入に1人が、治療を受ける病院を選ぶ際に必要とする情報として、医師の専門性や経歴、検査・治療方法を挙げる一方で、実際に「入手できた」とする人は、外来で15%程度、入院でも20%程度にとどまっていることが分かりました。

●病院を選択する際の情報源(複数回答)

 病院を選択する際に参考とした情報がある患者(外来の76.9%、入院の84.8%)について、その情報源を項目別にみると、「医師による紹介」が、外来、入院ともに最も多く、外来42.8%、入院58.5%となっており、「家族・友人・
知人」が外来40.2%、入院32.1%となっています。病院の種類別にみると、外来では特定機能病院、大病院、中病院は「医師による紹介」が最も多く、小病院と療養病床を有する病院では「家族・友人・知人」が最も多くなっています。
入院ではすべての病院の種類において「医師による紹介」が最も多く、次いで「家族友人・知人」が多くなっています。また、療養病床を有する病院では「病院の談窓口」が他の病院に比べ19.1%と多くなっています。

 以上の結果から、病院選びの際、どのような情報が必要かとの質問(複数回答)で、10個の選択肢のうち多かったのは「医師らの専門性や経歴」(外来48.5%、入院49.6%)と「受けることのできる検査や治療方法の詳細」(外来47.7%、入院50.8%)でした。

 しかし、これらの情報を入手できたと答えたのは「専門性や経歴」が外来14.7%、入院16.6%にとどまり、「検査や治療方法」も外来13.7%、入院21.4%と少なかったです。

 対象病院のうち、大学病院など高度医療を提供する「特定機能病院」では、これらの情報を求める患者が外来、入院ともほぼ6割に達し、「入手できた」はいずれも2割前後と全体の平均よりは高かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春 菊

日ごとに寒さが増し、鍋料理の美味しい季節となりましたが、その鍋料理に彩りを添える『春菊』が、これから需要のピークとなります。

 春に花が咲くことから名付けられ、関西や東海地方では『菊菜』(きくな)とも呼ばれます。ホウレン草や小松菜と並んで代表的な緑黄色野菜で、ベータカロチン(ビタミンA)、ビタミンB・Cなどが多く含まれていますが、そのビタミンAやCは風邪や肌荒れ、さらにガンを予防する効果もあるそうです。

 春菊200グラムで1日に必要なビタミンAが摂取でき、他の緑黄色野菜と比べて、鉄・カルシウム・カリウムなどのミネラルが多いのも特徴。さらに食物繊維も多く、便秘に効果を発揮するそうです。

 その独特の香りは、胃腸の働きを促進したり、痰(たん)や咳(せき)を鎮めたりする効果も期待でき、中国では肝機能を増強し、腸内の老廃物質を排出する漢方薬としても使われています。

 ちなみに、春菊は入浴剤にすることもでき、菊や葉を陰干しして、ネットや布袋に入れてお風呂に浮かべますと、体をあたため、肩こり、神経痛に効果を発揮するそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カワハギ

 水温が下がるこれから身が引き締まり、一層うまみが増す「カワハギ」。ご存知の通り、体はひし形で、おちょぼ口が印象的ですが、ヤスリのようにザラザラする丈夫な皮を簡単にはがすことができるので、「皮剥」、「カワハギ」という名がついたそうです。

 関西では「ハゲ」や「マルハゲ」、名古屋では「スブタ」とも呼ばれるようですが、北海道以南に広く分布しており、貝類やエビ・カニ類などを食べています。

 栄養学的には、高たんぱく質かつ低脂肪、透き通った白身は淡白で気品があり、刺し身はフグのように薄切りにして食べます。特に、秋から冬にかけて大きくなる肝臓はまた格別です。

 以前は漁獲量が多かったのですが、近年は水揚げが減っており、今では中高級魚。サバやサンマを大きく上回る価格となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お歳暮

 「歳(年)の暮れ」と書いて「お歳暮」。今では、お世話になった人に日頃の感謝の気持ちを込めて年末に贈る「贈り物」を指しますが、もともとは、「歳暮の礼」といって、新年を迎えるために必要な食べ物を実家などに持って行く習わしだったそうです。

 最近は、インターネットでの予約が増えていますが、「もらって嬉しいお歳暮ランキング」を見てみますと、1位は商品券、2位.選べるギフト(カタログギフト)、3位.お菓子詰め合わせ、4位.ホテル・名店の味詰め合わせ、5位.肉、6位.ビール、7位.洗剤、8位.ハム、9位.カニ、10位.お米・・といった順になっていました。

 ちなみに、先方が喪中の場合にどうしたらよいのか気になるところですが、喪中とは仏式では四十九日、神式の場合は五十日とされています。歳暮は「ふだん世話になったお礼」という性質のものなので、一般には不幸に関係なく贈っても良いと言われています。

 ただし、亡くなってからあまり月日がたっていない場合は、贈る時期を少し遅らせるのが良く、また、赤と白の水引が気になるのなら、白短冊を使うのも一つの方法です。尚、一家の主が亡くなった家庭には、簡単な手紙を添えた上で「忌中御見舞」と書いて届ければ、相手への慰めにもなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラ・フランス

 秋から冬にかけてが旬の西洋ナシ。代表種の『ラ・フランス』がよく知られていますが、芳純な香りと濃厚な甘味は「フルーツ界の女王」にも例えられています。名前の通り、フランス生まれで、余りの美味しさに「国を代表するに相応しい果物」ということからその名前がつけられたそうです。


 この「ラ・フランス」はもぎたてが一番おいしい果物ではなく、収穫直後の「ラ・フランス」を食べてみても、固くてほとんど味も香りもありません。追熟期間が必要で、触ってみて「耳たぶ」くらいのやわらかさになったころが食べ頃、「完熟」です。

 生で食べると本来の甘みと香りを味わえますが、菓子や洋食の素材としても使われ、タルトやパイなどに添えられたり、ワイン煮にしたりと用途が広がっています。たんぱく質を分解する酵素を豊富に含んでいるため、肉料理との相性も良いです。

 日本に入ってきたのは20世紀初頭で、国内で出回る量の約8割は山形県産です。出荷する前に10日近く低温貯蔵庫で冷やしたうえで、さらに常温に戻し熟成させますが、家庭で保存する際には熟れ過ぎを防ぐため常温には置かず、冷蔵庫に入れておくのが良いです。

 味覚の秋、その芳純な香りと濃厚な甘味を楽しんでみてはいかがでしょうか。スーパーなどの店先では大きさにもよりますが、一玉300~400円程度となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »