« 江戸の田舎侍事情 | トップページ | 有酸素運動と無酸素運動 »

大仏餅

 江戸後期の「三省録後篇」に、この大仏餅のことが書かれています。『大仏餅は、もともと京都誓願寺(せいがんじ=京都市中京区にある浄土宗西山深草派の総本山)前にて作っていました。
今もって、広くお公家様へも召されています。また、方広寺(ほうこうじ=京都市東山区にある天台宗の寺)大仏殿の前でも売っています。江戸の浅草で売っているものは、これを模したもので、大仏餅の名前を名乗っていますが、近頃は数々の餅があります。
いが餅(しんこ餅で餡を包み、その外面にもちごめをつけて蒸したもの)、さつき餅(詳細不明、朴(ほう)の葉で包んだ餅と思われます)、あん餅(あんをまぶした餅、あんころ餅)、くり餅(詳細不明、栗の粉をまぶした餅と思われます)など種類が多く、提重(さげて携行するようにつくった組重箱)や杉折(杉の薄い板で造った箱)にたいへん美しく盛ってあります。 
 現代では、ほとんど耳にしない「大仏餅」ですが、江戸から明治にかけては、三題噺のお題としてあげられ、それを演者やお客など、誰もが疑問や異議を発しなかったと言う事は、かなり有名でポピュラーなお菓子だった事が推測されます。

|

« 江戸の田舎侍事情 | トップページ | 有酸素運動と無酸素運動 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大仏餅:

« 江戸の田舎侍事情 | トップページ | 有酸素運動と無酸素運動 »