« 流行語大賞 | トップページ | カリフラワー »

南 天

 この時期の花といえば、冬の木と書く柊(ひいらぎ)ですね。
葉は固くて光沢がありギザギザに尖っているのが特徴で、可憐な白い花をつけます。木犀科に属するだけあって良い香りがします。

 柊には、鬼が目を突かれて退散したという伝説や葉っぱのトゲで邪気を払うとされ、昔から庭に植える習慣がありました。節分に柊の枝葉を立てておくのも邪気を払うためです。ちなみにクリスマスによく用いられるのはこれとは違い、赤い実を結ぶ柊黐(ひいらぎもち)か西洋柊です。

 邪気を払う縁起ものの木といえば、南天(なんてん)もそうです。開花時期は初夏ですが、今頃に赤い実を結びます。「難を転じて福となす」という縁起を担ぎ、福寿草とセットで庭先や鬼門に植えられたり、正月飾りとしてよく目にし、殺菌効果があるとされる葉は料理の添え物としても用いられます。諸毒を消し無病息災を願う「南天の箸」や、金閣寺にある茶室「夕佳亭(せっかてい)」の「南天の床柱」も有名です。

 南天の実には消炎、鎮咳薬などの薬効があり、その成分を含むのど飴はこれからの時期の必需品ともなっています。

|

« 流行語大賞 | トップページ | カリフラワー »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南 天:

« 流行語大賞 | トップページ | カリフラワー »