« お歳暮 | トップページ | 春 菊 »

カワハギ

 水温が下がるこれから身が引き締まり、一層うまみが増す「カワハギ」。ご存知の通り、体はひし形で、おちょぼ口が印象的ですが、ヤスリのようにザラザラする丈夫な皮を簡単にはがすことができるので、「皮剥」、「カワハギ」という名がついたそうです。

 関西では「ハゲ」や「マルハゲ」、名古屋では「スブタ」とも呼ばれるようですが、北海道以南に広く分布しており、貝類やエビ・カニ類などを食べています。

 栄養学的には、高たんぱく質かつ低脂肪、透き通った白身は淡白で気品があり、刺し身はフグのように薄切りにして食べます。特に、秋から冬にかけて大きくなる肝臓はまた格別です。

 以前は漁獲量が多かったのですが、近年は水揚げが減っており、今では中高級魚。サバやサンマを大きく上回る価格となっています。

|

« お歳暮 | トップページ | 春 菊 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カワハギ:

« お歳暮 | トップページ | 春 菊 »