« 年越し蕎麦 | トップページ | お正月 »

大晦日の借金攻防事情

 江戸では、「掛け売り」と言って、売買の支払いは盆暮れの二回です。購入側の通常の買い物は「掛け(今で言うツケ)」と言って、お金を払わず、商人に帳面につけてもらうだけで、商品を貰います。そして、盆暮れの二回、「掛け取り」と言って、商人側が貸していた代金を請求して回るのです。

 その最大の攻防が大晦日です。「大晦日箱提灯は怖くない」、箱提灯とは、お侍さんが外出時に持ち歩く大型の提灯です。無礼を働くと、無礼討ちにされちゃうお侍さんは、ふだんは怖い存在なのですが、大晦日だけは、箱提灯より、借金取り立てに回る商人が持つ手丸提灯の方が怖い存在となります。

 借金を取る方は、自分の店の存亡がかかっています。「大晦日首でも取っ
て来る気なり」、借金払わなければ、首を取ってやるぞ、の意気込みで出か
けますが、払う側にお金がなければしかたありません。「大晦日首でもよけ
ればやる気なり」と開き直る借り方との丁々発止のやりとりが繰り広げられ
るのです。

 しかし、この様な「ツケ払い」が認められるのは、踏み倒しをしないと認められた信用のおける人や、払う時にはちゃんと払える裕福な家の方達で、落語に出てくる貧乏連中や、馴染みの薄いお客さんに対しては、現金払いが原則でした。商人としては、落語の様に借金を踏み倒されてばかりいたのでは商売にならないから、当然です。大晦日の借金攻防合戦は、天候不順で思ったより仕事が出来ず、見込まれていた収入を得られなかった大工、左官などの出職(でじょく=自宅外で仕事をする人達)や、病気や怪我で仕事が出来なかった摺師、傘張りなどの居職(いじょく=自宅で仕事をする人達)で、仮病を使ったり、一晩中、長屋の共同便所に身を潜めたりの攻防が繰り広げられます。

 けれど、朝日が昇ればお正月(江戸での日付変更は、日の出の刻)。無条件で借金の返済期間が半年延長されるのです。「お正月昨夜の鬼が礼に来る」、昨晩、鬼のように借金の催促をした商人が、ニコニコとお年始に来ます。けど、「元日はまだ怖いから戸を開けず」、多額の借金を背負っている人は、元日になっても、まだ掛け取りが来るんじゃないかと心配です。「お正月今年も来るぞ大晦日」、大晦日には借金完済出来るように、早くから準備すれば良いのですが、明日は明日の風が吹くと、江戸っ子は相変わらずのその日暮らし、なのです。

|

« 年越し蕎麦 | トップページ | お正月 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大晦日の借金攻防事情:

« 年越し蕎麦 | トップページ | お正月 »