« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

三遊亭円朝師

 怪談噺「真景累ヶ淵」、「牡丹灯籠」や、「芝浜」、「鰍沢」の作者で、近代落語の祖と呼ばれる「三遊亭円朝師」について、お話しします。

 本名・出淵次郎吉(いずぶちじろきち)、天保十年(1893)四月一日、江戸湯島切通の生まれ。父は音曲師の橘屋圓太郎こと長蔵、母すみ。弘化二年(1845)数え年七歳で、父の勧めにより、小圓太の名前で江戸橋土手倉の寄席に初出演。二年後に父の師匠でもある二代目三遊亭円生に入門。安政二年(1855)に三遊亭円朝と改名し、真打ち。安政六年(1859)、安政大地震や安政の大獄などで、世間が騒然としている時、芝居噺を得意とし、メキメキ人気が上がってきた円朝師は、スケ(助演)に師匠の二代目円生を乞い、下谷御数寄屋町の吹抜けで落語会を開催しますが、なんと、先に高座に上がった師匠の円生が、あらかじめ道具まで用意して円朝が口演する予定だった芝居噺を素噺(道具・鳴り物なしで演じる噺)で演じてしまいます。自分がやるはずのネタを先に高座にかけられてしまった円朝師は、用意した道具の利用できるような別の噺で、その場をしのぐしかありませんでした。これが連日続いたのです。

 これは、師匠が弟子に「どんな時でも臨機応変に噺が出来る様に鍛えていた」と言う説と、「師匠をしのぐ実力と人気を持った弟子に嫉妬した、売れない師匠のいやがらせ」と言う二説がありますが、現在では、後者の方であったと推察されています。

 そこで、円朝師は、師匠円生のできない噺、つまり、円朝オリジナルの噺をたくさん創作し、それを高座にかけるようになります。やがて、明治五年に弟子である円楽に、三代目円生を継がせ、自分の持つ芝居噺の道具類をいっさい与え、自身は素噺に転向します。

 それまで衰退していた三遊一門を再興させ、数多くの落語を創作し、近代落語の祖とまで称せられた円朝師は、明治三十三年八月十一日、進行性麻痺兼続発性脳髄炎により没。墓所は谷中全生庵、墓石に刻まれた戒名「三遊亭円朝無舌居士」の文字は、円朝師が生涯、師と仰いだ山岡鐵舟が生前に書いたもの。現代でも命日の八月十一日には、谷中全生庵で、現役の落語家さんたちによる「円朝祭り」が開催され、落語家さんたちによる屋台販売や、円朝師コレクションの幽霊画の掛け軸が公開されているのは、落語ファンならずとも、周知のところです。

 師の没後、大看板となった「円朝」の名は、大正十三年(1924)十月二十四日、一門の初代三遊亭円右師が、二代目円朝を襲名しますが、この時すでに病床にいた円右師(二代目円朝)は、円朝の名で高座に上がる事はなく、円朝襲名から九日後の十一月二日に亡くなっています。それ以来、円朝と言う大きな名前は、落語界での「永久欠番」的な扱いとなっています。
(参考図書、三遊亭圓朝の明治・矢野誠一著・文春新書、明治の寄席芸人・三遊亭圓生著・青蛙房、他)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漢字で振り返る2009年

 毎年、財団法人日本漢字能力検定協会(京都市)が、その年の世相を漢字1文字で表す「今年の漢字」を全国募集し、選んだ文字を清水寺の貫主が大きな和紙に揮毫します。

 一文字の選定とは別に,住友生命保険が毎年、「創作四字熟語」を全国から募集し、優れた作品を発表しています。

 これらは漢字の持つ魅力を改めて示してくれ、その年を回顧する一服の清涼剤となります。
  
 昨年(2009年)の日本漢字能力検定協会への応募総数は16万1365通で、過去最高だった昨年を約5万通上回った中、「新」が1万4093通(8・7%)を集めました。

 清水寺の舞台で、森清範貫主により雨の中、縦1・5メートル、横1・3メートルの福井県産の越前和紙に、広島県熊野町産の特大の筆で力強く一気に「新」と揮毫(きごう)されました。

 「新」が選らばれた理由は、民主党新政権誕生や米大リーグのイチロー選手が樹立した9年連続200安打の新記録、新型インフルエンザの猛威などによります。2位は「薬」(1万184通)、3位は「政」(5356通)で、以下「病」、「改」、「変」、「民」、「鳩」、「代」、「交」と続きましたが、ほとんどが政権交代に絡んだ文字でした。

 20回目を迎える昨年の住友生命恒例の「創作四字熟語」には約6100作品の応募があり、50編の入選作品が発表されました。

 政治関連では変革を求める国民が前政権を「一票両断」(一刀両断)。阿部・福田に続いて人気低落の麻生太郎首相の早期退陣を予兆する「政権康太」(政権交代)。「友愛」の政治を夢見て登場した鳩山由紀夫首相を表現した「愛夢総理」(アイムソーリー)や「鳩世済民」(救世済民)など、「創作四字熟語」でも新政権に関する作品が多く選ばれました。

 社会現象では、新型インフルエンザ感染拡大で人々の顔がマスクで埋まった「顔面総白」(顔面蒼白)や、裁判員制度で市民が裁判に加わる「司民参加」(市民参加)が優秀作となりました。医師不足で救急対応が出来ない「窮々病院」(救急病院)。長寿の愛称も空しい「苦労長寿」(不老長寿)。金融不安、円高、物価高、首切りなど、折角のクリスマスも「暗増景気」(クラサマスケーキ)。

 スポーツでは、陸上100メートル走で世界新記録を速発したウサイン・ボルトの名前にかけた「電圧速帝」(電圧測定)が優秀作。マイケル・ジャクソン死去で華麗な舞が見られなくなった寂しさと故人への敬意をしたためた「舞消寂尊(まいきえるじゃくそん)」は入選でした。

 また、阪神タイガースファンに大阪の道頓堀川に落とされ、約24年ぶりに悲惨な姿で見つかったカーネルおじさんの人形を称した「川寝落惨(かわねるおちさん)」など、地域色の強い作品も選ばれました。

 昨年を振り返ってみれば、日本全体が揺れ動いた年でした。明るいニュースが少なかったことが残念です。

 高知県土佐清水の有志が「来年の一字」を企画しました。「夢の一文字」を選ぶイベント「足摺の叫び」が昨年12月、同市足摺岬の中浜万次郎像の前で開かれ、2010年は起死回生の一年にしようと、「いつまでも寝て夢を見ているのではなく、起きて夢を叶える努力をしよう。(中略)どんなに苦しいことがあっても絶対にあきらめない人になる」とする応募者の理由が高く評価され、「起」が選ばれました。

 皆さまにとって、今年2010年が幸多き一年でありますように祈念申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国内総生産

 国内総生産(GDP)とは、国全体の経済の規模を測るモノサシのひとつです。

 最も大きい国はアメリカ、2番目はわが国日本、3位は中国。
今年、わが国は中国に2位の座を追われるといわれています。

 もっとも、GDPが大きければそれだけ国民が経済的に豊かかというとそうでもありません。

 世帯収入1,000万円でも家族が10人いる家庭と、収入600万円で家族2人の家庭をくらべてみるとわかるでしょう。

 家族が多いほうが賑やかで楽しく、心は豊かになるかもしれませんが。

 人口13億人を超える中国がGDP第2位になったとしても、人口1億人強の日本と比較すると、、、、どうでしょう。


 つい先ごろ、内閣府が、主要先進国30カ国の2008年の1人あたりの名目国内総生産を公表しました。

 1人あたりのGDPは、GDPを人口で割った金額です。
国民の豊かさを測るには、こちらのほうが適切ですね。

 わが国日本は、38,371米ドル(1$=90円だと、345万円)で、30カ国中19位。
2000年の3位から毎年ずるずると順位を下げています。
1988年から2001年までは1990年と1998年の2年を除き、ずっとBest5でした。

 トップはどこだと思いますか?・・・・・



 ルクセンブルクです。・・・1991年から20年近く連続してずっとトップ。
それ以前も1987年~1990年は2位。
ちなみに、2008年は117,967米ドル(1,062万円)。

 上位の常連国は、スイス、ノルウェー、デンマーク、アイルランドなどですね。Best5の常連です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の富豪

 米経済誌フォーブス(アジア版)は13日、「日本の富豪40人」を発表しました。その中から上位10名の方をご紹介したいと思います。

1位 柳井 正  (ファーストリテ)  92億ドル(約8400億円)
2位 佐治 信忠 (サントリー)   86億ドル(約7800億円)
3位 森 章   (森トラスト)      61億ドル(約5600億円)
4位 孫 正義  (ソフトバンク)   56億ドル(約5100億円)
5位 毒島 邦雄 (SANKYO)   53億ドル(約4800億円)
5位 三木谷 浩史(楽天)      47億ドル(約4300億円)
7位 山内 博  (任天堂)     38億ドル(約3500億円)
8位 糸山英太郎(新日本観光)  34億ドル(約3100億円)
9位 滝崎 武光 (キーエンス)   29億ドル(約2600億円)
10位 武井博子(元武富士会長夫人)25億ドル(約2400億円)


 ちなみに、カジュアル衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は2年連続のトップで、先日は全米小売業協会の国際部門賞を受賞しています。
 
 柳井氏はつい先日、米国でユニクロをチェーン展開する方針を発表したものの、米国にはまだ1店舗しかありません。しかしながら、ユニクロのサイト上で閲覧でき自由にダウンロードもできる「ユニクロック」はアイディアの良さとクオリティの高さで世界中のクリエーターを驚かせ、カンヌ国際広告祭、クリオアワード、ワンショーの世界3大広告祭の全てでインターネット部門のグランプリを受賞(08年)、昨年6月に公開された「ユニクロカレンダー」は開始2カ月で閲覧国207カ国、閲覧回数3200万超を記録し、先の「ユニクロック」を越える勢いで世界中に広まりました。そうしたこともあってユニクロはWEBサイトを通じて世界に知られた存在となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タ ラ

 「魚」編に「雪」と書いて「鱈」(タラ)。字の如く、雪の降る季節に産卵期を迎え、味が良くなります。すり身の原料にするスケソウダラなどもありますが、単に「タラ」と言う場合は「マダラ」(真鱈)を指すことが多いです。

 タラは食欲が旺盛で、貝や小魚、イカなどを手当たり次第に食べます。実際に食べ過ぎが原因で胃潰瘍(かいよう)にかかる魚もいるといいます。この大食いの性質から「鱈腹(たらふく)」という当て字が生まれたそうです。

 身は脂が少なく柔らかな白身で、たらちりなど鍋物にして食べるのが一般的です。世界でもタラはポピュラーな魚で、揚げたタラにフライドポテトを添えた英国の「フィッシュ&チップス」は有名です。

 景気低迷を映し、今年は前年よりも1割前後安いようです。ちなみに、「スケソウダラ」は水分が多く、鮮度が落ちやすいため、かまぼこやちくわなど加工品の原料になることが多く、また身よりも雌(メス)の卵巣を塩蔵した「たらこ」や唐辛子で漬けた「からし明太子」の方が馴染み深いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全国人気温泉地ランキング2010

 今は寒中で、暦の上で寒さが最も厳しいとされる期間ですが、寒さ厳しい今日のような日は温泉にでも行って温まりたいというのが人情です。

 ちなみに全国に温泉地は数ありますが、リクルートが先日発表した「全国人気温泉地ランキング2010」では箱根温泉が、調査開始以来4年連続の1位となっています。(ランキングは以下のとおり)

  1位 箱根温泉  (神奈川県)
  2位 湯布院温泉 (大分県)
  3位 草津温泉  (群馬県)
  4位 登別温泉  (北海道)
  5位 別府温泉郷 (大分県)

 同調査の一度は行ってみたい温泉地のランキングでは、湯布院(=由布院)、登別、草津の順となっています。

 また、「2010年に最も行きたい温泉地」を聞いた日経の調査でも、湯布院がトップとなっており、湯布院の雰囲気や情緒が若い女性を中心に人気を集めています。
http://www.recruit.jp/library/travel/T20091214/docfile.pdf 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

倒 福

 中華料理屋に入りますと「福」の字を逆さまに掛けてあるのをよく見かけます。

 幸福を意味する「福」を逆さまにしたら幸福が遠のきそうですが、もともとは「福運」という意味を持つ「福」の字を倒して(逆さにして)「倒福」、この発
音は「到福(福が到る)」と同じ発音であることから、逆さまの「福」に「幸せ
に暮らせますように」「素晴らしい未来が到来しまうように」との願いが込められています。

 また、飲む機会が増えるこの時期、飲食店の入り口付近に盛り塩がしてあるのをよく見かけます。塩はお清めやお供えものとしてよく用いられますが、店先に塩を盛るのは下記の伝承が由来となっています。

 その昔、中国の皇帝は多くの妃を持っており、日本の大奥などと違い、妃達はそれぞれに居を構えていました。寵愛を受けたくとも、妃の数があまりに多いため、皇帝が乗った牛車がいつ自分のところへやってくるのか分からないという有様だったようです。皇帝も牛任せでその日の行く先を決めていたという具合だったのですが、ある時期から決まってある妃の家の前でばかり停まるようになります。必然的に皇帝もその妃のところで泊まることが多くなり、寵愛を受けるようになっていったとのこと。その時の仕掛けが、牛の好物の塩を入り口に盛っておくというものでした。

 塩につられた牛が待ち人をつれて来るというわけですが、この話が伝わり、客を呼ぶ縁起物として塩が盛られるようになったそうです。

 由来はともかく、先日も神楽坂のある料亭の店先で女将さんが塩を盛っていました。その人にとりましては、塩を盛ることも、挨拶することも、感謝することも、仕事をすることも、「真摯に」という点で全て同じ事なのだろうと、ふと思った次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界人口白書

 世界で最も長生きなのは男性がアイスランド人、女性は日本人。国連人口基金がまとめた2009年版「世界人口白書」では、こんな結果が出ています。

 福祉制度が充実しているアイスランドの男性平均寿命は80.4歳で、これは最下位のアフガニスタン44.3歳の2倍弱です。事実上の戦争状態にあるアフガンは、女性の平均寿命も世界で最も短いです。

 国・地域別の平均寿命ベスト10は以下のようになっています。

       =男性=
             
1.アイスランド     80.4歳   

2.香港        79.6歳   

2.スイス       79.6歳   

4.オーストラリア  79.4歳   

4.日本        79.4歳   

6.スウェーデン   79.0歳   

7.イスラエル    78.8歳   

8.ノルウェー    78.7歳   

9.カナダ       78.6歳   

10.ニュージーランド 78.5歳   


              =女性=

1.日 本        86.5歳

2.香 港       85.3歳

3.フランス      84.9歳

4.スイス       84.3歳

4.イタリア      84.3歳

4.スペイン     84.3歳

7.オーストラリア 84.0歳

8.アイスランド   83.5歳

9.スウェーデン   83.2歳

9.フィンランド  83.2歳

 尚、人口が多い上位10ヶ国は以下のようになっていました。


    国  名          人   口

   世  界       68億2940万人

1.中 国        13億4580万人

2.インド          11億9800万人

3.米 国         3億1470万人

4.インドネシア      2億3000万人

5.ブラジル         1億9370万人

6.パキスタン       1億8080万人
 
7.バングラデシュ     1億6220万人

8.ナイジェリア       1億5470万人

9.ロシア           1億4090万人

10.日 本          1億2720万人  



 世界の人口は2008年に比べて約7970万人増加して、68億2940万人となっています。前年比の伸び率は1.2%ですが、アラブ諸国の伸び率は4.4%増、アフリカは2.3%増、北米は1.8%増となっています。一方、日本は70万人の減少で0.5%減です。白書の推計では、2050年の世界人口は91億5000万人に達するとしており、先進国は年平均の増加率が0.3%にとどまる一方、アフリカやアラブ諸国は2%を越す増勢が続くとしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温泉の効用

 日本人ほど温泉好きな国民は稀だと思います。国内に数多くの温泉がありますが、温泉ごとに泉質が異なり、健康増進を目的の湯治の場合には、自分の好みに合った温泉を見つけることが大切です。

最近は、温泉の楽しみ方も多様化してきました。自炊して長逗留しての湯治から、高級大型旅館で展望露天風呂や料理を楽しむデラックス湯治まで様々です。
  
 日本の温泉法(1948年制定)によりますと、温泉とは溶存物質を1キログラム中1グラム含むか、泉度が25度以上のものをいうと規定されています。硫黄泉、食塩泉、炭酸泉、鉄泉などがあり、浴用または飲用として医学的効果を発揮するといわれています。

  近年のボーリングの技術の進歩により、日本には約3000カ所で温泉が涌いています。色んな温泉を巡るのも楽しみの一つですが、健康増進を目的の湯治の場合には、自分の好みに合った温泉を見つけることが大切です。

 最近、有馬温泉を訪ねましたので、有馬温泉について少し調べてみましたので、以下に簡単な歴史と泉質の概要を紹介します。

 有馬温泉は日本最古の歴史を誇る温泉で、遥か神代に大己貴命と少彦名命が発見、数千年もの永い歳月を経て現在に至っていると伝えられています。

 天正11(1583)年、秀吉は有馬を訪れ、長らく続いた戦で疲れた心身を天下に名高い有馬の名湯で癒そうとしたことが、記録に残る秀吉入湯の最初らしいです。その後も秀吉は再三有馬を訪れており、有馬に対してさまざまな援助を行っているようです。

 有馬の湯は、湧き出た時には無色透明ですが、空気に触れると酸化して鉄錆色に変わり、その中には海水の数倍の塩分が含まれているので、そのまま上がるとベタベタするらしいです。また、独特の赤い色は鉄さびなので、タオルや下着についたら洗ってもとれないと言われています。
 
 有馬温泉は、環境省の指針により療養泉として指定している9つの主成分(単純性温泉、二酸化炭素泉、炭酸水素塩泉、塩化物泉、硫酸塩泉、含鉄泉、硫黄泉、酸性泉、放射能泉)のうち、硫黄泉と酸性泉を除く7つもの成分が含まれており、世界的にも珍しい多くの成分が混合した温泉らしいです。

 有馬温泉には金泉、銀泉(炭酸泉)、銀泉(ラドン泉)の3つがあり、泉ごと
に適応症が違うといわれています。

●金泉(含鉄ナトリウム塩化物強塩高温泉)は、炎症性および非炎症性のリウマチ疾患、外傷、手術後のリハビリテーション、機能性不妊症、自律神経系障害、乾癬(かんせん)などの効果があるらしいです。
 
●銀泉(二酸化炭素泉(炭酸泉))は、高血圧症、末梢動脈閉塞性疾患、機能性動脈循環障害、難治性の創傷、手足の局所的循環障害などに効果があるらしいです。

●銀泉(放射能泉(ラドン泉))は、呼吸器からのガスの吸入により、全身の組織へ到達し、自然治癒力を高めるといわれます。硬直性脊椎症、関節の退行性症状、慢性多発性関節症、脊椎の退行性疾患、慢性痛風、関節・筋肉リウマチ、軽度の末梢性動脈血行障害、更年期障害、気管支性喘息などに効果があるらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モスキート音

 モスキート音って御存知ですか?若者にしか聞こえない高周波音で、17キロヘルツ程度の音です。元々は若者が店頭や公園にたむろすのを防ぐために開発されたそうです(その目的にモスキートという名前の製品がイギリスで作られたのが始まり)。しかし最近では高校生が携帯電話の着信音に利用して、先生に気付かれずに授業中に電話を受信したりするのに利用もされているようです。

「歳を取るにつれて高周波音が聞こえなくなっていく」というのは身近な実体験があります。若い頃、テレビ(ブラウン管です)から高い奇音が出ていて気になるのに、親は全く気にしていない。指摘しても聞こえないと云う。テレビの頭をパンと叩くとその高周波音は消える。そんなことがよくありました。その頃は、自分だけ人には聞こえない高周波音が聞こえる(小説の「砂の器」、いや「犬笛」みたいですね)と思い、ちょっと自慢な気がしていたのですが、単に若かっただけなのですね。

今日モスキート音の簡易可聴テストをしたところ、私は13kHzまでしか聞こえませんでした。近くにいた学生さんは14kHZ、20代後半位の人がかろうじて16kHzまで聞こえたようです。私も普通の耳になってしまいました。しかし可聴テストを何回かしたらそのあと気持ち悪くなりました。聞こえると識別していなくても、耳と脳には作用しているのでしょう。

ところでこのモスキート音、私が今現役の高校生だったら、携帯の着信音に設定可にするのはもちろん、その他にも色々と利用方法を考えたことでしょう。イタズラにも使えそうです。高校生に戻った気分で、利用方法(悪用方法?)を考えてみるのも面白いかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しらたきと糸こんにゃく

 めっきり冷え込んで鍋物の美味しい季節となりました。

 ところで、すき焼きや煮物などに使われる「しらたき」、或いは「糸こんにゃく」。「一体、どこが違うの?」と思ったことはありませんか。結論から申し上げますと、どちらも成分は同じです。「しらたき」も「糸こんにゃく」も、こんにゃく芋を粉にして石灰乳を混ぜて固めたものです。ただし、両者は加工法が若干違います。

 しらたきは、こんにゃくの液をところてんのように突き、細くしてお湯に放して固めます。これに対して糸こんにゃくは、固まってこんにゃくになってから突いて細い麺状にします。つまり、『こんにゃくになる前に突くのがしらたきで、こんにゃくになってから突くのが糸こんにゃく』という訳です。

 ご存知の通り、見た目では白くて細いのがしらたきで、黒っぽくて太めなのが糸こんにゃくです。糸こんにゃくが黒っぽいのは、海草(アラメ・ヒジキ)やお茶などで着色しているからです。しらたきの白は、こんなにゃく芋の粉そのものの色なのです。

 ちなみに、すき焼きの時、肉と糸こんにゃくを並べて煮ると凝固剤のカルシウムイオンの作用で肉が固くなりますので、なるべく離して煮るようにするのがコツです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玉の輿の日

 江戸の頃の話で、八百屋の娘のお玉が大奥に奉公に出、三代将軍徳川家光の側室となりました。その後、五代将軍となる綱吉を出産し、女性としては最高位の従一位という官位を授かっています。

 このことが「玉の輿」という言葉の由来の一つとされていますが、王の席を「玉座」と言うように「玉の輿」は王のような貴人に嫁ぐ際の婦人の乗り物を表し、そこから女性が婚姻によって手にする富貴な身分のことを「玉の輿」と呼ぶようになったとの説もあります。いずれにしても同じことで、女性が憧れる「シンデレラ・ストーリー」のひとつの形態です。

 もう一つ、この「玉の輿」では越路吹雪主演でミュージカルにもなった実話があります。今からおよそ100年前の話で、モルガン家の御曹司と日本人女性の話です。

 1900年の初頭、モルガンと言えば当時既に世界有数の金融財閥で、国家をも上回る支配力で金融界に君臨し、産業界を陰で支配した一大金融帝国として存在していました。

 JPモルガンを設立したジョン・ピアポント・モルガンの甥ジョージ・D・モルガンは、京都で豪遊中に芸妓のお雪に一目惚れするのですが、外国の殿方に気乗りしないお雪は、無理を承知でモルガンに4万円で身請けして欲しいと頼みます。当時の4万円は現在のほぼ1億円に相当しますが、巨大財閥が後ろ盾にあるジョージ・モルガンには何の障害にもならなかったようです。その額でお雪を落籍し、1904年の今日、二人は結婚式をあげました。この出来事から今日1月20日は「玉の輿の日」とされています。

 日露戦争直前のその当時、世間からは「玉の輿」と言われましたが、周囲の冷たい視線と苦労の中で、決して乗り心地のいいものではなかったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高齢者の入浴(2)

●高齢者が安心して入浴できる方法

 高齢者の入浴時の事故原因につき述べましたが、高齢者が事故を防止して安全に入浴するためには,原因となるものを避けなければなりません。とくに入浴時の急激な血圧の変動を避けるための方法が、入浴時の事故を予防するために大切です。

 以下に,具体的な注意事項を列挙しておきますので参考にして下さい。

・事前に脱衣室や浴室の温度を24~26℃程度に高くしておく。

・湯の温度を41℃以下にする(40~39℃が望ましい)。浴槽用の温度計の活
    用も役立つ。

・心臓病や高血圧症をもつ人は半身浴が望ましい。

・長湯をしない。浴槽には5分位つかって、入浴時間を20分以内とする。浴室に時計をおいておくのもよい。

・のどが渇いたという実感がなくても、お風呂に入る前にコップ一杯の水を飲み、入浴中にもコップ一杯の水を飲み、さらにお風呂から上がった後にもコップ一杯の水を飲んで水分補給を心がける。

・入浴中は浴槽のふたを胸の前に置き,溺水を防止する。

・浴室は滑りやすくバランスを崩しやすいので、手すりや滑り止めマットなどを利用し安全な入浴を心掛ける。

・浴槽はあまり大きいものは避け、足を伸ばしたとき届くものがよい。また、浴槽にあまりたっぷり湯を張らない。

・浴槽の底は滑らない工夫をし、浴槽内でつかまれる手すりがあるとよい。
    
・出入口は間口を広く段差を無くし、中折り戸などにするとよい。

・出入口や浴槽付近にはL字型手すりがあるとよい。

・風呂に入るときは家族に一声かけてからにすると同時に、入浴中は家人がこまめに声をかける。最も安全な入浴方法は入浴介助、すなわち誰かが高齢者と一緒に風呂に入ることである。

・飲酒・食事直後や早朝・深夜の入浴は避ける。

・高血圧、心筋梗塞、脳卒中、糖尿病などがある人は注意して入浴する。

・血圧降下薬、安定剤、睡眠薬などの服用後の入浴はさける。

・入浴直前・直後の薬の服用は避ける。

・気温の低い日は夜早めに入浴する。

・体調が思わしくないときは入浴を控える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高齢者の入浴(1)

 我が国には古くから温泉文化があり、体を清潔にするというよりは、体を温め、その日の疲れを癒し心身ともにリラックスするために入浴することが多いです。従って、高齢者もシャワーではなく、浴槽に入るのを好む人が多いと思います。

 毎年、冬季に高齢者の入浴に係わる死亡事故が問題になりますが、 これは日本固有の現象だと言われています。

 そこで、高齢者が入浴する際に事故を起こさない安全な入浴法について考えてみたいと思います。

●高齢者が入浴事故を起こす原原因

 これまでに報告されている高齢者の入浴時の突然死の原因について調べてみますと、入浴急死の三大因子(心疾患、脳血管障害、溺水)があげられます。

 浴室、脱衣場、居室との温度差が大きいと、お湯に入った直後に皮膚への温度刺激で交感神経が刺激され血圧が急激に上がり、脳出血をきたします。とくに高齢者は熱いお風呂を好む傾向にありますので,温度差が問題となります。

 お湯に入って10~20分すると皮膚の血流が増加して血圧の低下が起こります。すると、動脈硬化があり脳循環予備能の少ない高齢者では、血圧調節機能が低下しており、脳や心臓への血流量が急激に減少して脳梗塞、心筋梗塞を起します。

 飲酒後には血圧が低下しやすいので、酩酊していなくとも飲酒後の入浴は危険です。入浴後の血圧低下は長時間持続するため、入浴中のみならず出浴後も脳梗塞や心筋梗塞を起こす可能性が高くなります。

 血液は42℃を境にそれより高い温度では血栓を起こしやすくなるといわれています。長く高温で入浴すると、発汗による水分不足(血液量減少)や血液凝固亢進状態となり、脳梗塞や心筋梗塞の引き金になります。

 長く高温で入浴すると脳へ行く血液の温度の上昇しすることによる「湯のぼせ」、「湯あたり」と血圧低下で意識障害をきたし、溺水・溺死に繋がることがあります。

 半身浴と違って、全身浴では静水圧によって胸郭が圧迫される結果、心臓から肺への血流も抑えられるので心臓への負担は増加します。

 一番風呂(さら湯)は確かに気分が良いかもしれませんが、高齢者にはよくありません。他の人が入浴した後は浴室も暖まっており、浴槽内の湯も熱すぎず、体液や脂質、カリウムやナトリウムなどのミネラル分が体内から溶け出していますので、お湯質が「やわらかく」なっているためです。

 浴室のフロアーが濡れているための転倒、浴槽内で滑るための転倒、浴槽をまたぐ時の転倒、浴室に出入りする時の段差での転倒など、転倒による事故も多くみられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春遠からじ

 今日、17日は様々なことが起こったことで記憶に残る日です。

 1991年のアメリカを主力とする多国籍軍によるイラク空爆(湾岸戦争)、1995年の「兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)」。ライブドアへの強制捜査で株式市場が混乱した2006年のいわゆる「ライブドアショック」も1月17日です。

 ちなみにフィクションではありますが、尾崎紅葉の「金色夜叉」で主人公の間貫一(はざまかんいち)が「来年の今月今夜になったらば、僕の涙で必ず月は曇らせて見せるから」と言い放った日も1月17日で、この日の夜の曇天を「貫一曇り」というそうです。

 ところで、昨日から2日間の日程で大学入試センター試験が行われています。今年の志願者数は前年比9387人増の55万3368人で2年連続の増加で、現役生の割合は過去最高のが79.5%。センター試験を利用する大学も過去最多の811大学となっています。

 センター試験の両日は天候が荒れることが多く、交通機関がマヒしたというニュースが過去に何度もありましたが、今年は日本海側では雪が降っているようですが、幸いに今のところ特に問題が無いようです。

 受験生にとりまして今は春を待つ季節です。
近くの江戸川公園、新江戸川公園でも梅の花が咲き始めていますが、学問の神様湯島天神でも早咲きの梅が咲き始めたことは「春遠からじ」の報せです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暮らしの言葉

 最近は年月の移り変わりとともに日常使われる言葉も次第に変わってきています。例えば、着物文化に欠かせない「衣紋掛け」が洋服文化の浸透につれて「ハンガー」と呼ばれるようになり、「下駄箱」が「靴箱」となっています。

 「変わりつつある暮らしの言葉」という特集を以前に新聞で見かけましたが、感慨とともに懐かしささへ覚えました。その中から、以下にて一部ご紹介したいと思います。


字引   → 辞書       
アベック → カップル     
庭いじり → ガーデニング   
流し    → シンク      
寝間着  → パジャマ     
ズボン  → パンツ      
チャック  → ファスナー    
筆箱           → ペンケース
とっくりセーター  → タートルネック
バンド        → ベルト
魔法瓶        → ポット
コップ        → グラス
下着        → インナー
クーラー      → エアコン

お勝手  → 台所    → キッチン 
パーマ店 → 美容院   → サロン
ジーパン → ジーンズ  → デニム
乳母車  → ベビーカー → バギー


 ちなみに、一昔前まではパンツと言えば、感覚的に下着というイメージがありましたが、最近の若い世代の間ではズボンのこと。下着のことは、インナーという人が増えているようです。どうやら年月の移り変わりと共に確実に言葉の使い方も変わってきているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

興行収入

 米国の昨年の映画興行収入が過去最高を記録しています。興行収入も史上初めて100億ドル(約9000億)を超える見通しで、映画専門サイト「ハリウッド・ドット・コム」の調査では、今年の興行収入は前年比9%増の約105億ドルになるとしています。「トランスフォーマー」や「ハリー・ポッター」など人気シリーズの続編公開が相次いだうえ、チケットの値上げが収入増に貢献しています。

 12月13日の日曜日時点での興行収入は97億8900万ドルとなっており、過去最高だった07年の通年実績96億8000万ドルを既に上回っています。
12月中旬より話題の大型3D映画「アバター」を控えており、あと昨年中には100億ドルを突破したもようです。


 ちなみに、昨年現在で世界の最高興行収入ランキングベスト5は以下の通りとなっています。

1.タイタニック                 1997年  18億ドル

2.ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還   2003年  11億ドル

3.パイレーツ・オブ・カリビアンデッドマン 2006年  10億ドル

4.ダークナイト                2008年  10億ドル

5.ハリー・ポッターと賢者の石       2001年   9億ドル


 また、日本公開の歴代映画興行収入ランキングは、以下の通りとなっています。


 1.千と千尋の神隠し          2001年  304億円

 2.タイタニック              1998年  262億円

 3.ハリー・ポッターと賢者の石    2001年  203億円

 4.ハウルの動く城           2004年  196億円

 5.もののけ姫              1997年  193億円

 6.踊る大捜査線             2003年  173億円

 7.ハリー・ポッターと秘密の部屋   2002年  173億円

 8.崖の上のポニョ            2008年  155億円

 9.E.T.                  1982年  150億円

10.ラストサムライ             2004年  137億円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いろはうた

色は匂へど 散りぬるを (諸行無常 しょぎょう むじょう)

我が世誰ぞ 常ならむ  (是生滅法 ぜしょう めっぽう)

有為の奥山 今日越えて (生滅滅己 しょうめつ めつい)

浅き夢見じ 酔ひもせず (寂滅為楽 じゃくめつ いらく)


かぐわしく美しい花も やがては散る時がくる

生けるものはやがて死ぬ この世に不変なものなどありはせぬ

有為転変(常に移り行く)の現世の迷いを今越えて

浅はかな夢などもう見るまい 夢に酔ったりもするまい

(浅はかな夢を見ていたかのようである 酔っているわけでもないのに)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

齢者の水分摂取(2)

<水分をどのように摂取するか>

 水分摂取に際しては、水分をどのように摂取するかも考えなければなりません。清涼飲料水には糖分が多く含まれているものが多く、原材料名などをチェックして糖分が多すぎないかを確認することが大切です。

 通常、体内の水分量が不足しますと、血清浸透圧が上昇して口渇感を自覚し、水分を摂取して不足分を補います。しかし、高齢者では浸透圧が上昇しても口渇感を自覚しにくくなるため、水分摂取をしようとはしなくなります。

 一度に水分を摂り過ぎると、過剰な水を処理するために腎臓に負担がかかり、体内の老廃物を処理しきれなくなってしまいますので、少量ずつ、こまめな水分補給をこころがけ、1回200ml程度を何度かに分けて摂取することが望ましいと思います。

 運動をして通常以上の汗をかいたときには、その分の水分補給が欠かせません。補給が十分でないと脱水(熱中症)を起こすこともあるため注意が必要です。水分を補給するときには、一緒に塩分を摂ると吸収、回復が早く、さらに糖分を加えると効果的だといわれています。

 薄い塩水を飲むのは、あまりおいしいものではありませんので、糖分(砂糖など)を混ぜることによって、おいしくて飲みやすくなります。これが、スポ
ーツ・ドリンクです。脱水に対しては、水分、電解質の補給が不可欠ですが、普段の水分摂取の基本は、食塩や糖分を含まない水とお茶が望ましいです。

 摂取する水の温度 にも注意を払う必要があります。水は冷たいほうがおいしいですが、冷たいものばかり飲むと胃の働きが低下したり、腸を刺激して下痢をしたりする原因にもなります。水の温度は5~15度が腸で吸収しやすいといわれています。

 入浴中は汗をかくうえ、お風呂にも利尿作用があるため、入浴前後の水分補給は大切です。お風呂上がりにビールを飲む人がいますが、アルコールには利尿作用があるため水分補給にはなりません。

 高齢者は夜中にトイレに起きるといやだから、寝る前の水分摂取を控える人が多いですが、夜寝る前の水は、夜中に血液がドロドロになるのを防いでくれる大切な水です。就寝前や起床時の水分摂取は大切です。

<障害のある場合の水分摂取>

 高齢者は多病ですので、病気が障害となって十分な水分補給が出来ないことがあります。失禁などの排泄面が心配で水分補給を控える高齢者もいます。このような時には、排泄面での精神的ケアをすることで、水分補給をさせることが重要です。

 嚥下障害のある場合は、水分が気管に入ってしまい、誤嚥するとむせてしまい苦しいので、水分補給を嫌がり脱水症状になってしまうこともあります。また、腎臓病・心臓病などで水分を制限されている場合は、病状に合った適切な水分補給をしなければなりません。

 いずれにしても、病気が障害となって水分補給に問題のある場合には、それぞれの病気の専門医に相談して、脱水とならぬよう対策を講じなければなりません。

<水を飲むことによる効用>

 よく健康のために水を飲みなさいと言われますが、以下に様々名病気に対する水の効用をあげておきます。

・動脈硬化:血液がドロドロになるのを防ぎ、血流をよくする。

・膀胱炎:尿量を増やすことで膀胱内や尿道の細菌を洗い流すのに役立つ。

・尿路結石:尿を薄めて結石をできにくくし、小さな石ならば尿と一緒に排出
 されやすくする。

・疲労:体内の老廃物の排出を活発にし、新陳代謝が盛んになり疲労を回復させる。

・便秘:便をやわらかくして排泄しやすくする。

・肌の老化:肌のうるおいを保つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

齢者の水分摂取(1)

 高齢者になると、筋肉や皮下組織などの細胞内水分が減り、体の恒常性を保つ機能が低下するため、環境や病気の影響を受けやすくなります。体内の水分や電解質のバランスを保ちにくくなることにより、容易に脱水をきたすようになります。

 脱水とは、体の水分と電解質が減少する状態をいいます。私たちの体の水分量は体重の60~70%で、血液や筋肉の中に蓄えられています。高齢者では、基礎代謝量が減少し、代謝によって生成される水分が減少します。細胞内水分も少なくなり、筋肉・皮下組織などの備蓄水分量が減少します。
 
 加齢とともに口渇中枢の感受性が低下し、のどの渇きを感じにくくなるため、水分補給が減少し、高齢者はちょっとしたことで脱水状態になります。軽度の脱水では症状が明らかになりにくいのも高齢者の特徴です。脱水を予防するためには、日常の生活の中で適度の水分摂取を心がけることが大切です。

<水分の排出と摂取>

 人が1日に排出する水分は、尿1,000~1,500mL、便900mL、生理的に不感蒸拙で失われる水分100mLです。したがって、収支を合わせるためには、排出される量を摂取しなければなりません。

 1日の摂取量の内訳としては、食物中の水1,000mLと体内での代謝水200mLとして、飲料水を800~1,300mL取らなければなりません。大雑把に言うと、1日の水分摂取量は1,000mL(コップ3~4杯 )が目安となります。

 以上は通常の水分の摂取量であり、実際の摂取量を決めるときには、下痢や嘔吐、発熱による発汗、運動量の増加に伴う通常以上の発汗などの要因を考慮に入れなければなりません。

<脱水の及ぼす影響>

 脱水状態になると、元気がなくなり、発熱し、皮膚が乾燥します。発汗量が減り、尿の排出量も少なくなります。血液量と血圧を維持するために水分が細胞内から血流へ移動しますので、体の組織や細胞の水分が減少して機能が低下します。

 通常、水分が体重の10%喪失しますと循環不全を、15%の喪失で意識障害を来します。重度の脱水では、脳の神経細胞が特に影響を受けやすく、ときに昏睡状態となります。脱水状態に陥ると一気に体力が低下し、場合によっては生命を脅かすこともあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成人の日

 今日は「成人の日」。最近の成人式は七五三とほとんど変わらない感じがしますが、本来は大人としての自覚をもって新しくスタートする節目の日です。

 ちなみに「成人」とは、徳も学も備わった、心身ともに一人前の大人のことを言い、昔の中国では男性は二十歳で元服したことから、二十歳のことを「弱冠(弱にして冠す)」と呼びます。また、18歳で選挙権が付与される欧米では、大学生ともなれば学費は自己負担で親からの自立あるいは別居が普通だそうです。

 総務省の調査によりますと、2010年1月1日現在で20歳の新成人は前年より6万人少ない127万人で、1968年の調査開始以来初めて130万人を下回り、過去最少記録となっています。

 尚、実際の成人式は、総務省の集計範囲と違って、学齢方式によることが一般的です。つまり、今年の成人式は1989年(平成元年)4月2日から1990年(平成2年)4月1日までに生まれた同学年の男女が対象となります。

 1989年といえばバブル絶頂の頃で、国内にあっては消費税の導入やリクルート事件、海外ではベルリンの壁が崩壊した年でもあります。
1989年に生まれた子がはや成人式とは・・・、時の流れの速さを痛感させられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鏡開き

 今日11日(月)は「成人の日」であり、「鏡開き」の日です。

 ご存知の通り、「鏡開き」とは、正月の20日ないし11日に、正月中飾っておいた鏡餅を割って、雑煮やお汁粉にして家族一同で食べる儀式です。

 そもそもは江戸時代に将軍と大名、大名と藩士たちが年頭に際し主の鏡餅を分け合うことによって主家の繁栄を祝福し、主従関係を固める意味合いがあったそうです。刃物で切るのは切腹を連想させるため、手で割ったり、木鎚で砕いたりしますが、「切る」という言葉を避けて「開く」という縁起の良い言葉を使っています。

 これを私たちの家庭にあてはめてみますと、家庭での家族間の結束を密にし、繁栄を祝福するのが鏡開きということになりそうです。元々は1月20日に行われていましたが、徳川家光が亡くなったのが20日(慶安四年四月)であったため1月11日に変更されて現在に至っています。今でも1月20日に行う地方があるほか、京都では1月4日に行われているそうです。

 ちなみに、大小2つ重ね合わせるのは、月(陰)と日(陽)を表し、福徳が重なって縁起がいいと考えられたからだそうです。また、鏡餅を飾るのは12月28日が最適とされていますが、「八」が末広がりで良い数字とされているからです。大安(12月31日を除く)を選んで供える地域もあるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十日えびす

 烏帽子をかぶり、肩には釣竿、大きな鯛を抱えてご機嫌な顔で微笑む恵比須は商売繁盛の神様。今日の「十日えびす」に向けて各地の恵比寿(戎)神社は大勢の参拝客で賑わいます。蛭子系恵比須の総本社、兵庫県の西宮神社では午前6時の大太鼓を合図に参拝の一番乗りを競う神事「福男選び」も有名。恵比寿の福にあやかり、今年は恵比寿顔で過ごしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸弁事情

 時々、地方出の「自称・江戸っ子」が「飛行機」を「しこうき」と発音して、自己満足の世界に浸っているのを見かけますが、江戸っ子は露骨に「しこうき」とは発音しません。江戸っ子の「ひ」は、文字では表しにくいのですが、「Hi」と「Shi」の中間位の発音になります。それから、江戸っ子は巻き舌と言いますか、「大工」を「でぇーく」、「無い」を「ねぇー」などと発音します。これは「aiのeー変化(あいのいーへんか)」と言われるもので、江戸っ子は気が短いので、ローマ字つづりにした時、「ai」と母音が二つ続くのをめんどくさがり、これを「eー」に置き換えて発音するのです(ローマ字なんて知らない江戸っ子達は、そこまで意識していなかったでしょうけど)。ですから、「大工(daiku)」が「でぇーく(deーku)」、「無い(nai)」が「ねぇ(neー)」になるのです。他に「鯛」を「てぇ」、「さいころ」を「せぇーころ」、「入る」を「へぇーる」などと発音します。

 その他、江戸弁の特徴として、拗音の「ゅ」を省略する、と言うのもあります。「新宿で襦袢を着て、忍術の授業を受ける」は「しんじくでじばんを着て、にんじつのじぎょうを受ける」と発音します。私もワープロで「襦袢(じゅばん)」と言う字を出そうとして「じばん」と入力し、望みの漢字に変換されず、しばらく考え込んでしまった経験があります。

 さらに、江戸弁の特徴として「え」を「い」と発音する、と言うのもあります。小噺「料理屋の泥棒」で「鯉(こい)」と「声(こえ)」の、落語「家見舞い」で「鯉(こい)」と「肥(こえ)」の、落語「元犬」で「焙炉(ほいろ)」と「吠えろ(ほえろ)」の混同が見られます。他にも、「蛙」は「かいる」、「さえずり」は「さいずり」、「蠅」を「はい」、「苗」を「ない」などと発音します。この「苗」と「ない」の混同は江戸の「苗売り」と言う小噺にみられます。(ワープロで「羽二重=はぶたえ」を「はぶたい」と入力して、漢字にならなくて、なやんだ事も・・・)。

 では、おまけで、江戸の小噺「苗売り」をお届けします。

 苗売りが、荷を担って、いろいろな苗を売りにやってまいります。
苗売り「朝顔のぉ~、苗(なぁい)~。へちまのぉ~、苗(なぁい)~。」
おかみさん「苗屋さん、きゅうりの苗、あります?」
苗売り「今日はぁ~、持ってぇ~来、なぁい~。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結露対策

 この時期、窓や窓枠に結露(けつろ)が出来やすくなります。カビの原因ともなるので早めに手を打つ必要がありますが、以前、新聞にお奨めの『結露対策』という記事が出ていましたのでご紹介させて頂きます。

1.あさは3分でも5分でも窓を開けて換気すると結露が少なくなる

2.寝る前に新聞紙を貼り付けておくと水分を吸収し、翌朝その新聞紙でガラスをふけば掃除にもなる

3.中性洗剤を溶かしたものをぞうきんに付けて窓ガラスをふくと少なくなる

4.洗濯物を部屋の中に干さない

5.押し入れのふすまは少し開けておく

6.市販の結露防止スプレーをかけると2週間くらいの効果がある


 既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、一度試してみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七 草

 今日7日はいわゆる「七草」で、七種の野草を入れた粥を食し、正月のご馳走やお酒で疲れた胃を休め体調を整えます。この習慣は中国から伝わった「人日(じんじつ)の節句」に由来し、この日に七草粥を食べれば一年を無病息災で過ごせると言われます。

「せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ 春の七草」

 上記のように歌われる「春の七草」は、いずれもありふれた野草で、昔は母親や祖母が畦道や道端に自生している草などを指して教えてくれたものでした。すずなは蕪、すずしろは大根、なずなはいわゆるペンペン草ですし、セリやごぎょう(ハハコグサ)、ほとけのざなども雑草に近い存在です。この時期は七草セットとしてスーパーにも並びますので簡単に手に入れることができます。

 ちなみに今日7日までを「松の内」と言います。松の内とは松飾りのある期間のことで、玄関などに飾られた松を目印に降りてこられた年神様がおられる期間という意味があります。元々の松の内は15日の小正月まででしたが、江戸の頃に7日をもって飾り納めを指示する御触書が発せられてから、関東で正月飾りは7日までという習慣が生まれました。

 現在は、6日や7日に正月飾りを片付けるところもあれば、11日の「鏡開き」や「田打ち正月」の他、15日に行われる「左義長(どんど焼き)」に合わせて仕舞うところも多く、地域や神社によって様々なようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風 邪

 冬将軍の到来で冷え込んでいます。インフルエンザの感染者が減少傾向にあるようですが、朝晩の冷え込みで体調を崩したり、カゼをひく人が増えています。

 カゼは「風邪(ふうじゃ)」と書きますが、東洋医学ではこの邪が身体に進入することでカゼを引くと考えられており、その出入り口となる経穴(一般に「ツボ」)を「風門」と言います。ゾクっときたら風門を温めたり揉み解すことが予防に効果があることはよく知られています。

 カゼ対策(民間療法)はたくさんありますが、身体を温める効果のあるネギや生姜がよく用いられます。また、1センチ角に切った大根に蜂蜜を加え一晩くらい寝かせ、出てきた上澄みをそのまま、またはお湯で溶かして飲む「蜂蜜大根(大根あめ)」も知られており、ハチミツの抗酸化作用、殺菌作用、整腸作用、大根の消炎作用、血行促進作用などがじんわりと効いてくるそうです。

 せき止めとしては「カリン」の他、米ペンシルベニア州立大の研究チームが咳止め効果を実証した「そばハチミツ」もあります。

 また、ひきはじめのカゼに効果があるとされる漢方薬には下記のようなものがあります。もちろん漢方も服用に際しては医師や薬剤師との相談が必要です。

葛根湯(かっこんとう)       発熱や寒け、頭痛・手や肩の痛み等
小青竜湯(しょうせいりゅうとう)鼻水・鼻炎・たんを伴った咳等
麻黄湯(まおうとう)       寒気け発熱、ふしぶしの痛み等
駆風解毒湯(くふうげどくとう) のどの痛みやはれ等

 インフルエンザやカゼなどのウィルスは乾燥した環境を好み、多湿な環境は苦手であるため、即効性の予防策として加湿器があれば重宝します。

 もちろんインフルエンザとカゼは別の疾病です。素人判断をせずに早めに医師に診てもらうのが基本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運動習慣

 普段からウォーキングなど有酸素運動をしている人は、脳卒中にかかりにくいとされています。仮に脳卒中にかかっても回復が早いのではないかと推測されます。最近、米国の医療機関メイヨークリニックの研究チームが、そんな研究結果を英医学誌に発表しました。 
  
 脳卒中の患者673人に脳卒中になる前の運動習慣を自己申告してもらったところ、週1回未満の有酸素運動をしている人が50・5%で、週1~3回が28・5%、週4回以上は21%でした。 
 
次に運動習慣と、症状との関連をBarthel indexを用いて分析したところ、運動の頻度が高い人ほど、回復が早いことが分かりました。

 この研究結果から、研究チームは、普段から有酸素運動をしている人の脳は血液と酸素の循環がよいため、回復が早いのではないか、と指摘しています。

 この研究結果につき詳細を知りたい方は、次の論文を参照して下さい。

Stroud N, Leslie Mazwi TM, Case LD, Brown RD Jr, Brott TG, Worrall BB,
Meschia JF: Prestroke Physical Activity and Early Functional Status
After Stroke. J Neurol Neurosurg Psychiatry. 2009 Jul 14.

(注)Barthel indexとは

 脳卒中後遺症の日常生活動作の評価法の一つで、現在、最も広く使用されている。排便、排尿、整容、トイレ動作、摂食、椅子からベッドへの移乗、平地歩行、階段昇降、着衣、入浴の10項目にわたり得点を加算する。最高点100は完全自立、85点では65%以上が歩行自立、65点以上で基本動作は自立、40点以下では基本動作(食事・排泄・整容)は全介助か部分介助、最低点0は自立度なし。
 入院時20点以上の得点であれば、訓練効果が期待でき、退院時65点以上の者の85%は自宅に戻り、20点以下の者の90%は長期介護施設を必要としたとの報告がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

並河益義と三遊亭円生

 昭和の三大名人八代目桂文楽は、一九七一年八月三十一日、国立小劇場の第四十二回落語研究会で、十八番の「大仏餅」を口演中、登場人物の「神谷幸右衛門」と言う名前を忘れ、「勉強しなおしてまいります」と高座を降り、その年の暮れ、肝硬変により七十九歳の生涯を綴じるまで、二度と高座には上がらなかった。やはり昭和の三大名人六代目三遊亭円生は、一九七九年九月三日、自らの七十九歳の誕生日に、千葉県習志野市で開かれた落語会で「桜鯛」を口演後、体調不良を訴え、意識不明となり、そのまま帰らぬ人となった。

 文楽は自らの「老い」に対し、いつかくるエックスデーに備え、「勉強しなおしてまいります」と言う台詞の稽古までしていたと言う。そして訪れたエックスデーをもち、落語家桂文楽は没し、残り三ヶ月は、並河益義と言う一人の老人として過ごしたのだ。九月三日以降も落語のスケジュールを抱え、落語家として走り続けながら没した円生。人生の最後の三ヶ月は、一人の老人として、自分の生涯を振り返りながら逝った文楽、落語家として、あるいは人間として、幸せな最後はどちらだったのであろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サラリーマン

 作家の童門冬二さんが執筆された「サラリーマン生態学」の中で、大変興味深い話がありましたので、ここでご紹介したいと思います。

 「Aさんは万年課長だ。今まで何度か部長昇進の機会があったが、理由があってうまくいかなかった。しかし、人事異動期になると、Aさんは獅子奮迅の活躍をする。自分ではなく部下の売り込みだ。そのセリフが、『オレのような無能課長を支えてきた有能社員だ。ぜひ昇進させてやってくれ』というキマリ文句だ。
人事関係者は苦笑する。しかし、けっこうAさんの主張は通る。そのため、『社で出世するなら、まずAさんの部下になれ』というような冗談が半分本気でささやかれている。Aさんは無能ではない。逆に有能だ。ただ、正義感が強い・・」

 上記のような話でしたが、特に現在サラリーマンの方なら、いや既に引退されている方、退社された方、またOLの方等々は、「なるほど」と身に覚えのある方が多いのではと思います。

 恐らく、社内では「手ガラを自分の物にしてしまう人」で「責任は他人に押し付ける人」の方が一般的には相当多いのが現実です。Qさんとは逆で「あの人の部下になるといい目にあった人がいない」という上司も必ずいるものです。そうした中、Aさんのような方は、今時非常に貴重な存在かもしれません。何か、心に感じるものがありましたのでご紹介させて頂きましたが、皆様の周辺ではいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お雑煮

 お正月に欠かせないものの1つに「お雑煮」があります。「お雑煮」には、土地の特産物を使った様々な作り方があり、その家ごとに、また風習よってもその作り方が異なります。子供の頃、母親が台所から「餅をいくつ入れる?」と大きな声で聞いてきたのを思い出しますが、貴重な母親の味と言えるのかもしれません。

 全国的に多い味付けは「すまし汁」のようですが、近畿圏では「白味噌仕立て」、越前や四国の徳島・香川の一部地域では「赤味噌仕立て」、鳥取や島根では「あずき汁」を用いるところもあり、また名古屋のお雑煮はいたってシンプル。カツオだしのしょうゆ味で、具は餅菜(もちな:尾張地方で採れる小松菜の仲間)、最後に花カツオをトッピングといった具合です。

 時折、「丸餅」か「角餅」かということが話題に上りますが、餅の形は一般的に東日本が「角餅」で西日本は「丸餅」が多いようです。関ヶ原の合戦の影響で岐阜県関ヶ原を境に丸派と角派に分れたという説もあるそうです。

 お正月、都会から帰省する人達にとりましては、懐かしさを思い出させてくれる数少ない貴重な『ふるさとの味』かも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現代版「御用聞き」 

 御用聞きと聞いて思い浮かべるのはサザエさんの「三河屋さん」で、昔の酒屋さんや米屋さんはビールやお米の配達を通じて顧客世帯のニーズをよく把握しており、ついでの用事や注文などを聞いて回り商売につなげていました。

 サザエさんの三河屋さんのような存在は今はあまり見られませんが、社会の高齢化を背景に、外出が困難な高齢者らの買い物等を代行する現代版「御用聞き」の試みが各地で行われています。

 郊外型の大型スーパーの台頭で、シャッターを閉じる地元商店が相次ぎ、クルマを使えない高齢者にとりましては誰かの手を借りないとちょっとした買い物も不自由します。タクシーに買い物を頼むお年寄りもいるとか。そんなニーズをくみ取り、地域社会で日常の買い物や草むしり、ゴミ出しや粗大ゴミの片付けなどを代行するサービスが増えています。ただ、資金的にはどこも苦しく、代行サービスから撤退するところも相次いでいます。

 その一方で、インターネットを通じた代行サービスが拡大しています。大型家具の組み立てサービス、長蛇の列が予想されるセールスに並んで商品を購入してくれる代行サービスなどなど。

 また、インターネットで日用品などを注文し、商品を届けてくれるネットスーパーも拡大中で、最大手のイトーヨーカ堂のネットスーパーは月2万人のペースで会員数が増加しています。

 同じモノを購入するのでも、ネット通販で購入した方が時間も交通代も節約できると考える消費者が増えており、「巣ごもり消費」や「節約消費」の傾向も追い風です。

 従来からあるデリバリー(出前)やケータリング(仕出し)の他、風呂場やトイレなどの水回りの清掃、部屋の掃除、食事の用意、子どもの送り迎えなど、家事支援・家事代行サービスも、2000年に540億円程度だった市場規模が2010年には最大1200億円にまで拡大するとの試算もあります。

 こうした市場が伸びる背景には、高齢化もそうですが、出産後も働く女性の増加、単身赴任、共働き世帯の増加等があげられます。そして「機会費用」という観点も見逃せません。

 機会費用とは、何かをすれば得られたであろう利益が、それをしなかったかあるいは違う選択をしたことで失った利益のこと。ある試算では、東京の有職者の1時間あたりの平均的な機会費用は約2千円。つまり、何かを1時間すれば約2千円の費用がかかるということです。そのため、1時間あたり2千円以下の代行サービスを利用し、その時間を仕事に使うことで差し引きプラスならば代行サービスを利用した方が得だという計算が成り立ちます。
 
 もちろんそうしたビジネスライクな選択ばかりではないはずですが、厳しい経済環境の中で、時間と費用対効果に敏感な消費者が増えおり、自分で行うよりも間違いのない結果が期待でき、自分の時間を有効に使うことに役立つ代行サービスがじわり広がり始めています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

干 支

 ある年の暮れ、神様は動物たちに言いました。「元旦に新年のあいさつに来なさい。早いものから順に十二番まで一年間ずつその年の大将にしてあげよう。」

 足の遅い牛は大晦日のまだ暗いうちから出発。それを見ていたネズミは牛の背中に飛び乗ります。そうとはしらない牛はゆっくりながらも御殿を目指し歩きました。牛は神様の御殿の前に最も早く到着しましたが、門が開くと同時に牛の背中に乗っていたネズミがぴょんと飛び降りて門をくぐり、一番乗りで神様に挨拶をしました。だから、ネズミ(子)が十二支の最初になったそうです。

 ちなみに、鶏が犬と猿の間にいるのは、仲の悪い両者の仲裁をしていたから。また、猫が入らなかったのは、ネズミが猫に「挨拶は二日の朝」と嘘を伝えたから。一日遅れで着いた猫は、神様に「寝ぼけていないで、顔を洗ってきなさい」と言われ、それ以来、猫はしきりに顔を洗うようになり、騙したネズミを追いかけるようになったと言います。

 ところで、現在は十二支を指して干支(えと)と言っている場合が多いのですが、本来は十干(じっかん)十二支(じゅうにし)で、「六十干支(ろくじっかんし)」あるいは単に「干支(かんし)」と呼びます。「壬申の乱」や「戊辰戦争」なども干支にちなんだ呼び名です。また、歳徳神がいる方位「恵方」はその年の十干で決まります。

 十干は甲(きのえ)、乙(きのと)、丙(ひのえ)・・などからなり、十干と十二支で60通りの組み合わせが循環するようになっています。来年の干支は「庚寅(かのえとら、こういん)」ですが、前回の「庚寅」は60年前(1950年、昭和25年)ということになります。

 江戸の頃までは「人生五十年」などと言われるほど、平均寿命は今と比べて大変短いものでした。そこで六十干支を一回りすることを「還暦」といってお祝いします。この儀式には、もう一度生まれた時の干支を迎えて「生まれ変わって出直すつもりで、心機一転始める」との意味があります。

 60歳と申しましてもまだまだ若く、退職後の人生を「セカンドライフ」として謳歌しようとの雰囲気がある現在、還暦のお祝いに赤いチャンチャンコを贈ったりしたら叱られそうですが、還暦に赤いものを身につける風習は、赤は赤ん坊の赤であり、「今一度生まれ変わる」という意味が込められています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お年玉

 物価や所得が下がるデフレの世の中、そんなご時世と無縁なのが子どものお年玉です。

 住信SBIネット銀行が全国の20代から60代の男女を対象に最近行った調査では、来年あげる予定のお年玉の総額について「例年と変わらない」との回答が69.8%、「増える」が21.5%となっており、両回答を合わせますと全体の9割が「減らない」と回答したことになります。「減る」と回答したのは約9%に過ぎませんでした。

 「増える」と回答した人は、理由として「あげる人の年齢上昇」を一番にあげており、一方「減る」と回答した人は「収入源」や「節約」を理由にあげています。

 尚、日経による同じような調査でも、来年のお年玉について「今年とほぼ同じ金額をあげる予定」との回答が8割となっています。

 ちなみに、自分の子供が今年もらったお年玉の総額は、第1子が平均約2万5千円、第2子と第3子が同2万円前後。あげる方では、1人当たりの予定額は未就学児で約2千円、小学校低学年で約3千円、小学校高学年で約4千円、中学校で約6千円、高校生が約8千円、大学生では約9千円となっています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お正月

 正月飾りの門松。松は長寿を、竹は発展を願い、「松は千歳を契り、竹は万代を契る」との諺もあります。さらに縁起を担ぐ場合は、風雪に耐え、百花に先がけ花開く梅花を、ワラなどでかたどり添えます。ちなみに門松は、苦に通じる二十九日を避け、三十日までに飾るとされ、大晦日に慌てて飾るのは、「一夜飾り」といって年神様に対し礼を失するといわれています。

 お正月のお節(おせち)。来客の度に台所に立たなくてもいいように、日持ちのよい料理を重箱に詰めたお節料理も縁起の良い食材でいっぱいです。マメ(健康)に暮らせるようにと黒豆を、子孫を増やし家が繁栄するようにと数の子を、喜ぶことが多いようにと昆布巻きを、腰が曲がるまで長生きしたいとの願いで海老を、金運を呼ぶ栗きんとん(金団)、遠くまで見通せるレンコンなどなど。

 また、赤い実の南天も、福寿草の花とセットで「難を転じて福となす」という縁起物として正月飾りに用いられます。

 単なる縁起担ぎと笑う人もいるかもしれませんが、大事なのは形ではなく、そこに込められた気持ちではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »