« 風 邪 | トップページ | 結露対策 »

七 草

 今日7日はいわゆる「七草」で、七種の野草を入れた粥を食し、正月のご馳走やお酒で疲れた胃を休め体調を整えます。この習慣は中国から伝わった「人日(じんじつ)の節句」に由来し、この日に七草粥を食べれば一年を無病息災で過ごせると言われます。

「せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ 春の七草」

 上記のように歌われる「春の七草」は、いずれもありふれた野草で、昔は母親や祖母が畦道や道端に自生している草などを指して教えてくれたものでした。すずなは蕪、すずしろは大根、なずなはいわゆるペンペン草ですし、セリやごぎょう(ハハコグサ)、ほとけのざなども雑草に近い存在です。この時期は七草セットとしてスーパーにも並びますので簡単に手に入れることができます。

 ちなみに今日7日までを「松の内」と言います。松の内とは松飾りのある期間のことで、玄関などに飾られた松を目印に降りてこられた年神様がおられる期間という意味があります。元々の松の内は15日の小正月まででしたが、江戸の頃に7日をもって飾り納めを指示する御触書が発せられてから、関東で正月飾りは7日までという習慣が生まれました。

 現在は、6日や7日に正月飾りを片付けるところもあれば、11日の「鏡開き」や「田打ち正月」の他、15日に行われる「左義長(どんど焼き)」に合わせて仕舞うところも多く、地域や神社によって様々なようです。

|

« 風 邪 | トップページ | 結露対策 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七 草:

« 風 邪 | トップページ | 結露対策 »