« 新タマネギ | トップページ | 口蹄疫 »

気象用語

 テレビの天気予報などで耳にする用語には定義や目安があります。
例えば、時間帯の表現。気象庁が示す目安では、「未明」は午前零時ごろから同3時ごろまで、その後の午前6時ごろまでは「明け方」となります。

 強く降る雨を表す言葉は「やや強い」・「強い」・「激しい」・「非常に激しい」・「猛烈な」の5段階に分かれています。やや強い雨は1時間の雨量が10ミリ以上20ミリ未満で、人の受けるイメージは「ザーザーと降る」程度です。猛烈な雨は80ミリ以上の雨量で「息苦しくなるような圧迫感」があります。

 以下にて、よく耳にする言葉の定義・目安をまとめますと以下のようになります。


☆時間帯を表す用語


  未明   0時~3時      昼過ぎ    12時~15時

  明け方  3時~6時      夕方     15時~18時

  朝    6時~9時       夜のはじめ頃 18時~21時

  昼前   9時~12時     夜遅く    21時~24時


☆暑い日、寒い日の表現


     猛暑日  最高気温が35度以上

     真夏日  最高気温が30度以上

     夏 日   最高気温が25度以上

     熱帯夜  夜間の最低気温が25度以上

     真冬日  最高気温が0度未満

     冬 日   最低気温が0度未満


 ちなみに、「あられ」は直径5ミリ未満、「ひょう」は直径5ミリ以上だそうです。

|

« 新タマネギ | トップページ | 口蹄疫 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気象用語:

« 新タマネギ | トップページ | 口蹄疫 »