« アボガド | トップページ | IT用語 »

おいあくま

 人生訓に「あせるな、おこるな、いばるな、くさるな、負けるな」(最初の字をとって「おいあくま」)というのがあります。

 怒るな。徳川時代300年の礎を築いた家康は「怒は敵と思え」「堪忍は無事長久の基」といっています。上手くいかない時というのは不平・不満がつのる時でもあります。そのような時は心が曇っている時でもあり、良案など浮かばないものです。ましてや良い商いができるはずもありません。

 威張るな。有頂天とは、天にも頂が有ることを意味します。調子が良い時というのは、そのことを自慢したり威張りたくなるのが人情。ただ、謙虚な人が成功したという話は聞きますが、自慢したり威張ることで心底認められたという話は聞いたことがありません。誰にでも良い時があれば悪い時もあり、陰陽は循環するもの。「事が敗れるは多く得意の時」との言葉もあります。

 腐るな。くよくよしても何の解決にもなりませんし、それどころか一向に前に進みません。上手くいかないのは未熟ゆえ、謙虚に精進せよとの教えです。

 負けるな。これは自分自身に対してであり、境遇に対してです。成功した人は諦めなかった人です。

 いずれにしましても容易なことではありませんが、こういったことに気付くだけでも違ってくるのだと思います。

|

« アボガド | トップページ | IT用語 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おいあくま:

« アボガド | トップページ | IT用語 »