« 犬と猫 | トップページ | カツオだし »

冷房と除湿

 ムシムシする日が続いています。人間は、発汗し、その汗が蒸発する際の気化熱によって体温調節を行っています。しかし、湿度が高いと、汗は流れ落ちるばかりでほとんど蒸発しなくなるため、体内の熱を放散することができなくなってしまいます。故に、湿度が高いと熱中症になりやすいのでご注意ください。

 ところで、寝苦しい夜にエアコンを使っている方が少なくないと思いますが、エアコンの「冷房」と「除湿」について、東京電力の説明を参考に、簡単に触れてみたいと思います。

 コップに冷水を入れますとコップの表面に触れた空気が冷やされ、空気中の水分がコップ表面に結露し、その分空気中の水分が減る、これが除湿です。コップに氷水を入れた方がより多くの水滴が付きます。

 つまり、エアコンですと、空気をよく冷やす「冷房」の方が除湿量が多くなるということです。尚、従来のエアコンの「除湿」は「弱冷房除湿」でしたが、最近は温度をあまり下げない「再熱除湿」モードがついているエアコンもあります。

 消費電力については、「再熱除湿」が最も多くの電力を消費し、次いで「冷房」、「弱冷房」の順となっており、これらの観点をまとめますと以下のようになります。

         <冷房>      <弱冷房除湿>  <再熱除湿>

消費電力    再熱除湿より少ない 最も少ない   冷房より多い
除湿量     最も多い         あまり多くない 多い
お部屋の湿度 最も下がる      少し下がる    あまり下がらない


 最近のエアコンは省エネ化がすすみ、機種によって性能の差もあります。扇風機との併用も効果的で、状況やニーズに合わせてエアコンのモードを使い分けることが大切です。

 ちなみに、室外機が囲われ、空気が上手く流れない状態になっていますと、エアコンの能力が下がり、冷暖房効果が2割程度低下してしまうそうです。

|

« 犬と猫 | トップページ | カツオだし »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冷房と除湿:

« 犬と猫 | トップページ | カツオだし »