« サ ケ | トップページ | 世界の農産業 »

ハブ空港

 国内初の格安航空会社(LCC)対応空港として生き残りをかける茨城空港は、中国上海のLCCである春秋航空が茨城─上海線で片道4000円(1便あたり総座席数の約1割にあたる18席程度)の航空券を販売(先月30日から)したことで話題になっており、日本の航空会社からのLCCへの参入も相次ぐと見られています。

 一方、1978年の成田空港の開港による棲み分けで長い間国内線専用だった羽田空港が、今年10月に再国際化します。

 2002年のサッカーワールドカップ日韓大会開催を契機に羽田空港と金浦空港を結ぶチャーター便が就航し、現在は上海(虹橋空港)、ソウル(金浦空港)、香港便が定期便に限りなく近い「定期チャーター便」という方式で運行されていますが、今年10月21日には4本目の滑走路(D滑走路)と新国際ターミナルの併用が開始され、同31日には32年ぶりに国際定期便が再就航し、国際線定期チャーター便は定期便に格上げされます。

 これにより、前述の上海、ソウル、香港に加えて、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ホノルル、パリ、バンコク、シンガポール、台北などへも羽田から行けるようになる予定です。

 羽田空港は都心からモノレールで約20分で行けるという好立地に加え、新滑走路の新設と新国際ターミナルの開業、P4平面駐車場の立体化(完成)、第2ターミナルビルの増床(10月13日オープン)で利便性はさらに増します。

 現在の羽田は国内線のハブ空港(拠点空港、広域航空路線網の中心として機能する空港)として機能していますが、今回の拡張により地方空港から羽田経由でそのまま海外に行くことも可能となり、日中韓の相互訪問旅行者の拡大方針と相まって、羽田空港を運営管理する日本空港ビルデングや航空会社、旅行会社のみならずビジネスチャンスのすそ野が拡大するのは確実です。
 羽田の国際線の年間発着能力は大幅に増える計画ですが、その一方で深夜早朝に到着する利用客への対応などの課題が残されており、また近隣にはシンガポール・チャンギ空港、中国・香港空港、韓国・仁川空港などのアジアを代表する国際線ハブ空港がすでに存在しますが、羽田はこれから大きく飛躍する可能性があります。

|

« サ ケ | トップページ | 世界の農産業 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハブ空港:

« サ ケ | トップページ | 世界の農産業 »