« 勲章と褒章 | トップページ | 戻りガツオ »

左甚五郎

 左甚五郎は、日光東照宮陽明門の眠り猫を彫った彫刻の名人として有名です が、実在したかどうか不明な方です。一説によると、播磨国生まれ、高松で 没した宮大工、伊丹利勝(1594~1651)ではないかとされていましたが、近 年では、和泉国貝塚の岸上(きしのうえ)甚五郎左義信ではないかと言う説 も出ています。

 普段は正体を隠し、酒ばかり呑んでいますが、ひとたび、まわりの人たちに困難が起こると、一心不乱に彫刻を行い、出来上がった作品はすばらしく、 その作品が高価で売れ、まわりの人たちの困難を助け、まわりの人たちは、 甚五郎の正体がわかる、と言うのが甚五郎伝説の典型です。日本人は、昔か ら、この手のどんでん返しストーリーが好きなようで、越後の縮緬問屋の隠居の光右衛門さんが、実は先の副将軍、水戸光圀公であったり、遊び人の金 さんが、実は名奉行遠山左衛門尉だったり、貧乏旗本の三男坊、得田新之助 が、実は八代将軍吉宗だったり、少し抜けた様なデブが、実は山下清画伯だ ったり、と言うような内容と同じ系列の話しです。

 冒頭に書きました「眠り猫」の他にも、甚五郎作と伝わる作品は、全国に分布していて、上野の撞桜堂「昇り龍下り龍」、浅草の「木馬」、秩父神社の「つなぎ龍」、京都祇園祭りの「鯉山の鯉」などが有名です。また、京都知恩院御影堂の軒裏には、甚五郎が魔よけのために置いていったと言う「忘れ傘」なるものがあります。しかし、すべてが本物だとすると、甚五郎は二百年以上、江戸初期から幕末まで生きていたことになってしまいます。

 京都の黒川道祐と言う医師が、延宝三年(1675)に書いた「遠碧軒記(えん ぺきけんき)」と言う本によると、「甚五郎は狩野永徳の弟子で、左手で細 工物をよくした」とありますが、根拠不明です。また、文化元年(1904)刊・ 山東京伝著の「近世奇跡考」では、甚五郎を「いつの時代のどこの人だと詳しく知っている人はいない」とし、江戸中期には、すでに伝説の人となっているようです。

 なお、甚五郎の名字が「左」と言うのも、左利きだったから、朝廷から「左官(ひだりかん)」の官職を受けたから、才能をねたんだ大工に右腕を 切り落とされたから、飛弾出身のため、飛弾の甚五郎がなまって、左甚五郎になった、など諸説があり、これも、混沌としたままです。

|

« 勲章と褒章 | トップページ | 戻りガツオ »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 左甚五郎:

« 勲章と褒章 | トップページ | 戻りガツオ »