« 紅葉を見に行きたい湖 | トップページ | キノコ »

オープンスカイ協定

 日米両政府は先日、スケジュールどおりに航空自由化(オープンスカイ)協定の覚書に署名しました。

 航空機が国を越えて運航する場合、航空会社や便数などは政府間の交渉に委ねられますが、オープンスカイ協定を締結すると、航空会社の裁量範囲が広がり、発着枠内であれば航空会社数、路線、便数などの制限が消え、運賃も原則的に自由化されます。

 これまでのオープンスカイ協定はアジア諸国中心に9カ国・地域に限定され、しかも発着枠に余裕のない羽田と成田は対象から外されていました。今後は羽田や成田の国際線発着枠が大幅に増えることから、政府は既存の協定にも羽田や成田を含めるよう改定交渉をすすめる予定です。

 尚、羽田空港の国際線発着回数は現在の年間1万2千回から2013年には9万回に増加し、航空運賃については1~2割下がるとの見通しもあります。

 そんな状況を踏まえ、ネット調査会社のマクロミルが1都3県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)の20才以上の会社員の男女を対象に行った調査では、羽田空港発の国際便や仕事帰りに出発する夜発便を利用した「週末海外旅行」に行ってみたいとした回答が全体の8割に達し、海外旅行経験がない人でも63%が「行ってみたい」としています。

 週末海外旅行で行きたい国は、1位「韓国」59%、2位「グアム」36%、3位「ハワイ」35%の順で、行く場合の同伴者は、男性が「配偶者」54%、女性は「友人」67%が最多となっています。

 ちなみに現在、足元の歴史的な円高も追い風となており、海外旅行の問い合わせが急増しているそうです。

|

« 紅葉を見に行きたい湖 | トップページ | キノコ »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オープンスカイ協定:

« 紅葉を見に行きたい湖 | トップページ | キノコ »