« 医療紛争を起こさないために | トップページ | 江戸の悪口事情 »

年賀状

 来年の干支・卯(うさぎ)がデザインされた年賀はがきが11月1日から発売となり、各地の郵便局ではさっそく買い求める人で行列ができたそうです。

 来年の年賀はがきの総発行枚数は今年とほぼ同じ約39億枚ですが、今回はディズニーなどの「キャラクター年賀」が大幅に増え、はがき本体に色付けした「いろどり年賀」、地球温暖化防止支援のため1枚あたり5円を寄付金とする「カーボンオフセット年賀」、裏面の絵柄をこすると花の香りがするタイプなどが限定発売となります。

 ちなみに、マクロミルが来年の年賀状について行った調査では、50枚以上出す人は全体の3割、今年に比べて出す枚数を増やすと答えた人は6%、減らすという人は15%となっており、メールで済ませてしまう人も少なくないようです。

 なお、博報堂アイ・スタジオはヤフー!ジャパンと連携して、年賀状作成、お年玉付年賀はがきの印刷・購入に加え、印刷工場からの投函・配達までの全てをインターネット上で可能にしたサービス「ネットで年賀状」を11月15日から開始します。

 今回のサービスでは、住所を知っている相手以外でも、Twitterアカウント(※要相互フォロー)かメールアドレスが分かっていれば、住所を知らない相手にも紙の年賀状を送ることができるそうです。

|

« 医療紛争を起こさないために | トップページ | 江戸の悪口事情 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年賀状:

« 医療紛争を起こさないために | トップページ | 江戸の悪口事情 »