« 肥満予防 | トップページ | 勲章と褒章 »

清華閥

 人はその時々によって様々にグループ分けされたりします。それは時に出身地であったり、出身大学であったり、宗教であったり、派閥であったりします。

 中国の支配層も様々な色分けがなされます。次期国家主席就任が事実上確定した習近平国家副主席の場合は「太子党」であり、「上海閥」の流れを汲むとされています。

 太子党とはマスコミが付けた呼称で、中国共産党の高級幹部の子弟等で特権的な階級に属する者をこのように呼びます。共産党の若手エリートが集まる「中国共産主義青年団(共青団、団派)」は胡錦濤氏の出身母体であり、胡氏が最高指導者に就任して以降、共青団出身者が重要なポストにつくようになりましたが、習近平氏が後継者に決定したことで太子党の勢力拡大が確実視されています。

 1989年の天安門事件の後、中央にしがらみの少ない上海市長の江沢民氏が中央入りし、中央に縁故の少ない江氏が上海時代の部下を呼び寄せ、枢要なポストにつかせたことで出来上がったグループが「上海閥」で、中国における最高意思決定機関である中国共産党中央政治局常務委員会の顔触れは上海閥が多数を占めており、胡氏と上海閥との確執もたびたび噂されてきました。

 今回の後継者選びには胡氏直系の共青団出身の李克強氏(副首相)を推す動きもありましたが、上海市党委書記を経験した習近平氏の軍事委入りには江氏ら上海閥の後押しがあった可能性が指摘されています。

 なお、胡錦濤氏と習近平氏の母校はともに清華大学です。同大学は、中国におけるナンバー1の大学と評価する声も多く、胡氏・習氏の他、元首相の朱鎔基氏や現全国人民代表大会常務委員会委員長(国会議長に相当)の呉邦国氏らなど、政財界に多くの人材を輩出し「清華閥」ともいえるグループを形成しています。

|

« 肥満予防 | トップページ | 勲章と褒章 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 清華閥:

« 肥満予防 | トップページ | 勲章と褒章 »