« 世界人口白書 | トップページ | 弁慶は京言葉? »

かさね色目

 山々が秋色を深めています。紅葉(こうよう)とは申しますが、そこにあるのは紅色ばかりではありません。この時期の山々は黄色や濃い赤色、茶色など様々な色彩・グラデーションが鮮やかです。

 紅葉(もみじ)とは、もともと「色を揉み出づる」の意で、秋になって草葉の色が変ることを指し、万葉集では「黄葉」の字をあてています。たくさんの紅葉がある中で、楓(かえで)の紅葉が愛されたことから、紅葉(もみじ)と言えば楓を指すようになったそうです。

 ところで、昔の人は季節特有の「色」について、実に情緒豊かな表現を使っていました。

 茜色(あかねいろ)、柿色(かきいろ)、紅色(べにいろ)、蘇枋色(すおういろ)、牡丹色(ぼたんいろ)、赤朽葉(あかくちば)、支子色(くちなしいろ)、鬱金色(うこんいろ)、黄蘗色(きはだいろ)、黄朽葉(きくちば)等々。もちろん、色の定義をその生成方法や自然のものに形容したほうが合理的という理由もあります。

 また、平安時代の十二単では、衣に花や木をイメージさせる様々な色を重ねることで季節を表現していました。これを「かさね色目」と言います。

 秋の野山に紫紅色の花を咲かせた山萩の花色を表した色目、晩秋の赤く色づいた朽葉の色をあらわした色目など、これらの色目の作法をそれぞれ「萩」、「朽葉」などと言います。

 季節を表す色目はしだいに変化し、冬枯で草葉の色が淡茶に変った情景を模した「枯色(かれいろ)」から、白を重ねた「氷(こほり)」へと移ってゆきます。

|

« 世界人口白書 | トップページ | 弁慶は京言葉? »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かさね色目:

« 世界人口白書 | トップページ | 弁慶は京言葉? »