« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

独立運動

 イタリアの山村にある人口600人の村が、なんとイタリアからの独立&独自通貨導入を目指す方針を表明!この騒動、果たしてどんな結末を迎えるのか?興味津々です。

 平成の大合併により市町村の数が激減した日本ですが、イタリアも似たような道をたどるのか?緊縮財政策の一環として人口1,000人未満の村を統合、補助金を減らす案が浮上したのがそもそもの始まりでした。

 これに猛反発したのがイタリア中部にあるフィレティーノ村で、イタリアから離脱して公国を目指すことを高らかに宣言。この村、面積は山手線の内側よりもちょっと大きい程度で、人口は前述のとおりわずか600人。それでも独立後を見越した新通貨を早々に試し刷り、独立した際の君主にすべく旧イタリア王家の子孫にも接触を図るなど、どうやらかなり本気の様子。仮に独立成功、国際的にも承認されたとなるとバチカン市国(約800人)を凌ぐ世界最小人口国家になりますが、はてさて。

 ここで思い出すのが、井上ひさしさんの小説『吉里吉里人(きりきりじん)』。あれは日本政府に失望した東北の寒村が「吉里吉里国」として独立、やはり独自通貨を導入したほか、公用語も吉里吉里語(東北弁)・・・というお話でした。文庫で上・中・下巻に分かれる長編だけに読むのに時間はかかりますが、タイムリーなことに今は読書の秋。今月19日は敬老の日、23日は秋分の日と休みが続くことでもありますし、ご興味のある方はぜひ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

招き猫

 今日9月29日は「くる(9)ふ(2)く(9):来る福」の語呂合わせで「招き猫の日」となっています。

 農作物や蚕を食べるネズミを駆除する猫は、農家にとりまして豊穰と富を象徴する生き物でした。そのため、招き猫は古くは養蚕の縁起物であり、養蚕が衰退してからは商売繁盛の縁起物として親しまれています。

 招き猫には右手(向かって左)を上げたものと左手(向かって右)ものとがありますが、右手を上げている猫は金運を招き、左手を上げた猫は人(客)を招くとされ、両方を飾る場合には上げている手が外側にくるようにするのがコツだそうです。

 また、最もポピュラーな白地の三毛猫の他、厄除けの黒、病除けの赤、縁結びの黄、安全祈願の青、合格祈願の緑、満願成就を願う金など、最近は様々な色の招き猫が登場しています。

 日本発祥の縁起物の招き猫は、中国や台湾でも見かけることができ、アメリカでも「ウェルカム・キャット」あるいは「ラッキー・キャット」との呼び名で人気があり、ドル硬貨を抱えた招き猫(ダラー・キャット)がよく知られています。ちなみに、日本風の手のひらを下にした「おいでおいで」の仕草は、アメリカでは「シッシッ」と追い払う仕草になるため、ダラー・キャットは日本のものとは手の向きが逆で「Come on in(おはいりなさい)」のジェスチャーになっています。

 ところで、彦根藩主井伊家菩提寺である東京世田谷の豪徳寺には、彦根藩二代目藩主の井伊直孝が、手招きする猫によって命拾いしたとの縁から「招福猫児(まねぎねこ)」が祀られています。この招福猫児をモデルに、井伊家由来の赤備えの兜をかぶった猫のキャラクター「ひこにゃん」が誕生し、その後の「ゆるキャラ」ブームの走りとなりました。

 尚、日本では千万両小判や大入り袋を持った招き猫が一般的ですが、何も待たない招き猫(豪徳寺の招福猫児等)もいます。これは、招き猫は「機会を与えてくれるが、結果を約束するものではなく、与えられた機会を活せるかどうかは本人次第」という考え方に基づいています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

孫氏の兵法

   「進んで名を求めず、退(しりぞ)いて罪を避けず」

   (成功しても名誉を求めず、失敗しても責任を回避しない)


 孫子はこれをリーダーの条件としてあげています。功績を誇らないとは、すなわち謙虚ということになり、その謙虚の反対は傲慢です。では何故、謙虚であることが望ましいのでしょうか。

   「満(傲慢)は損を招き、謙(謙虚)は益を受く」

と「書経」にありますが、その方が人々の支持を集めることができるからです。

 「老子」の本にも、次のようにあります。

 「背伸びして爪先で立とうとすれば、かえって足もとが定まらない。自分を是とすれば、かえって無視される。自分を誇示すれば、かえって排斥される。自分の功績を誇れば、かえって非難にさらされる。自分の才能を鼻にかければ、かえって足を引っぱられる」


 オレがオレがと出しゃばったり、とかく目立ちたがったりするタイプは、どうやらリーダーとしては失格であるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋茄子

 今やスーパーに行けば大半の食べ物が季節を問わずに並んでいるご時世ですね。夏野菜、秋野菜なんて言葉がありますが、四季と関係なく一年じゅう売られているため「今が旬!」と言われても正直なところ今ひとつピンとこなかったりします。

 個人的に長いこと勘違いしていたのがナス。「秋茄子は嫁に食わすな」という言葉もあるので秋野菜だとばかり思っていたら、一般には夏野菜に分類されるとの事でかなり驚いた思い出があります。

 その「秋茄子は嫁に食わすな」の意味ですけど、こんなに美味しいものを憎たらしい嫁に食べさせるなんてもったいないとする「嫁いびり説」と、秋茄子を食べると体が冷えちゃうので大事な嫁には食べさせられないとする「嫁のためを思って説」がある模様。結果として嫁の口に入らない点では一緒ですが、そこに至るまでのプロセスは丸っきり正反対!なんとも興味深いお話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スマホ

 あるアンケート調査ではスマートフォン(スマホ)利用者の約半数が、スマホ購入後はゲーム機で遊ばなくなったと回答していますとおり、携帯型ゲーム機の競争相手は同業他社というよりも、今はスマホがライバルとなっています。
 先日の東京ゲームショウでもその傾向が鮮明となっているようです。
ゲームの主戦場はしだいにスマホに移りつつあり、ゲーム各社も有力タイトルのスマホ向け配信を強化。2010年に85億円だったスマホゲームの市場規模は、2015年には30倍の2550億円に拡大すると見られています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

球技の和名

 スポーツの秋と申しますが、各スポーツには固有の和名がありますが、皆様はいくつご存知でしょうか? 

  蹴球(しゅうきゅう サッカー)

  闘球(とうきゅう  ラグビー)

  鎧球(がいきゅう  アメリカンフットボール)

  杖球(じょうきゅう ホッケー)

  門球(もんきゅう  ゲートボール)

  避球(ひきゅう   ドッジボール)

  庭球(ていきゅう  テニス)

  籠球(ろうきゅう  バスケットボール)

  羽球(うきゅう   バドミントン)

  排球(はいきゅう  バレーボール)


 スポーツ名に限らずですが、和名のつけ方は、字面を見ればなるほどと感心させられます。

 では、中国語で「全球」といえばどのような意味かご存知でしょうか?

中国語の「全球」は全地球、つまり「グローバル」を意味し、「全球化」で「グローバル化」となるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽生語録

 羽生善治氏が5期ぶりに王位に返り咲き、王座・棋聖・王位の三冠となりました。羽生氏の7大タイトル獲得数は今回で通算80期を数え、故・大山康晴15世名人の史上最多記録に並んだそうです。

 ちなみに、7大タイトルとは「竜王戦」「名人戦」「棋聖戦」「王位戦」「王座戦」「棋王戦」「王将戦」のことで、その中でも竜王戦が最高峰のタイトルと言われます。

 ところで、下世話な話ですが、プロ棋士の収入は実力(ランク)によってかなりの差があります。

 将棋連盟から支給される基本給は最低ランクで月額10万円台からで、名人クラスになりますと月額100万円超の給与が連盟から支払われます。棋界は地位もお金も順位戦の成績次第です。

 基本給の他に歩合給のようなものとして、タイトル戦やその他の公式棋戦などに参加すれば対局料が支給されます。例えば竜王戦の場合、本戦1回戦の対局料は35万円程度、勝ち進むごとに対局料が上がり、竜王との決戦の際は700万円の対局料が支払われます。

 挑戦を受ける竜王には1450万円の対局料、さらに勝負に勝った新竜王には3200万円、敗者には800万円の賞金が出ます。本戦1回戦から勝ち上がり竜王となった者はトータルで4000万円以上を稼ぎ、1回戦で敗退した場合には35万円を得るのみです。

 このようにプロ棋士の年収にはかなりの格差があり平均は1000万円を下回るくらいと言われますが、トップクラスになりますと、アマチュアへの指導料、講演料、大会審判料、著書の印税など副収入も含めて億単位の年収となるそうです。

◎楽観はしない。ましてや悲観もしない。ひたすら平常心で。

   ・・・そのときをじっと待つ。期待せずに待つことだ。



◎意表をつかれることに驚いてはいけない。そんなことは日常茶飯事であって、予想どお

りにすすむことなど皆無といっていい。



◎私は、人間には二通りあると思っている。

 不利な状況を喜べる人間と、喜べない人間だ。

 ・・・最初からピンチを招こうと思っている人間はいないが、

 ピンチに陥って奮い立ち、知恵を出せる人と怯(ひる)んでしまう人がいる。



◎考える材料が増えれば増えるほど・・・(迷いや不安といった)マイナス面も大きく膨らん

で自分の思考を縛ることになる。そういうマイナス面に打ち勝てる理性、自分自身をコント

ロールする力を同時に成長させていかないと、経験を活かし切るのは難しくなってしまう。



◎勝負どころでは、あまりごちゃごちゃ考えすぎないことも大切である。



◎ミスはミスを呼び、悪手は悪手を呼ぶ。プロがミスをしないのは、ミスしにくい局面を選

択しているからなんです。

 本当に見たこともない新手は、ひらめきみたいものからしか生まれない。

でも、それは、先入観をすべて捨てて考えないとなかなかできない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸の硬貨事情

 江戸幕府が設立した頃、庶民が日常使う硬貨は、価格一文の一文銭だけでした。また、偽金も横行しました。偽金を作った犯人は、当然、処罰されましたが、、なんと時の幕府は、一度、市中に出回った偽金は、通用を認めていたのです(絶対的に硬貨の数が不足していましたし、江戸の少ない警察機構(町与力・同心)だけでは、偽金の回収が難しかった)。この様な偽金を、私的に鋳造した銭と言う事で「私鋳銭(しちゅうせん)」、または、質の悪い銭と言う事で「鐚銭(びたせん)」と呼びます。なお、出来の悪い偽金は、信頼がなく、偽の一文銭は二、三~四枚で、やっと一文として通用しました。現代でも、思い切り少額の事を「ビタ一文」と言いますよね、正式な一文銭一枚どころか、鐚銭一枚程度の価格、と言う事です。

 やがて幕府は、一枚で五文に通用する硬貨を発行しますが、なぜか、こ五文銭は評判が悪く、ほとんど流通しませんでした。そこで、明和五年(1768)一枚で四文に通用する硬貨を発行します。これが有名な「四文銭(しもんせん)」と呼ばれるもので、硬貨の裏に青海波(せいがいは)の模様が描かれているため、波銭(なみせん)とも呼ばれました。時そばでは、お客がそば屋に「銭は細かいんだ」と言う台詞、十六文の代金を四文銭四枚で支払うのではなく、一文銭十六枚で支払う、と言う意味になります。また、この四文銭が流通すると、安い餅菓子一つ四文、安い煙草一玉四文、お湯屋の入浴料八文、路上売りの甘酒一杯八文、屋台のそば十六文、床屋の料金三十二文など、四文銭で支払いがしやすいように、すべて四の倍数になります。お団子も、それまでは、一串に五個刺さっていて、一串五文だったのが、四文銭が流通すると、一串にお団子四個で四文と言う値段になります。このお団子一串四個と言う風習は、現代でも残っていますね(一部の三色団子などを除く)。

 そして、幕末の天保三年(1832)~十三年に鋳造した天保金銀の一つとして、天保六年に「天保銭」と言う硬貨が発行されました。黄金餅の中でも、生臭坊主が、葬式の代金として、「天保六枚」を要求してますね。この天保銭は、大きめの楕円形の鉄で出来た硬貨で、幕府としては、一枚百文で通用させようとして、裏面には「当百」の文字を刻印したのですが、幕末、黒船は来るし、世情は不安定になるし、インフレは進むしで、結局、市中では一枚八十文としてしか、通用しませんでした。ここから、少し足りないヤツの事を「天保銭」なんて呼ぶ悪口も生まれました。

 この天保銭が発行された天保三年から慶応四年(=明治元年)(1868)まで、わずか三十六年。なお、この天保銭は、明治に入っても、硬貨として存続し、一枚が八厘として通用しましたが、やがて、明治二十四年(1891)に廃止となります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンマ(2)

 先日は、「秋刀魚」(さんま)について触れさせて頂きましたが、どうやら選んだサンマによって当たりハズレがあるようです。そこで、美味しいサンマの簡単な見分け方がありましたので、ここでちょっとご紹介させて頂きたいと思います。

 まず、太って大きいものが良いそうです。しかも、メスの方が美味しいといわれます。オスは下あごがオレンジ色なのに対して、メスはオリーブ色(緑っぽい色)をしています。

 そして、体全体の色の対比がはっきりしていることと、尾の部分が黄色くなっているものがいいです。これは、脂がたっぷり乗っていて、身の部分だけではおさまりきれずに尾まで脂がにじみ出ているためです。

 これらのポイントを確認したうえで、もっと手軽に鮮度を確かめるには、サンマを手にとって頭を下にしてピンと立つかどうかを確かめるといいそうです。

 以上の点を知っておけば、美味しいサンマに当たりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国民年金

 国民年金は、主に自営業者向けの老後の公的年金として制度設計されていますが、近年は、パートや非正規労働者、無職者の加入が増え、これらの人たちの未納が問題になっています。

 国民年金を65歳から受給するには、20歳から60歳までの40年間のうち、最低25年間は年金保険料を納める必要があります。
そして、40年間納付すると、満額の年金が受けられます(年額で約79万円)。

 保険料の支払期間が25年を1か月でも下回ると、将来の年金は0円。払い損になってしまいます。

 また、25年以上で少しでも長い期間保険料を納めていると、それだけたくさんの年金を受け取ることができます。40年に近づけば近づくほど満額に近くなります。

 なんらかの事情で保険料を過去に払っておらず、あとになって、過去の未納分を一括で支払いたいという方も、なかにはいるでしょうね。

 過去の未納分を払えば、25年未満が25年超となって、受給資格ができる人。
また、このままいけば25年を超えて受給資格が得られるが、未納分を払うことで少しでも将来の年金額を満額に近づけたい人。

 しかし、これには、大きな壁があります。

「時効2年」

 未納分の保険料を過去にさかのぼって支払おうと思っても、過去2年間の未納分までしか納めることができないのです。

 時効があるために、このままいけば、大量の低年金、無年金者を生み出しかねません。

 そこでこのたび、年金確保支援法が成立し、期間限定で過去10年間の国民年金保険料の未納分を納付することができるようになりました。

 これによって、最大1,600万人の将来の年金額が増え、最大40万人が無年金にならずにすむといいますから、あてはまりそうな人は、ぜひ、確認をしてみてください。

 過去10年の間に未納だった期間がないかどうか?


 具体的な納付方法などは、来年の秋までに厚生労働省で決められ、公表される予定ですが、気をつけないといけないのは、この措置は、期間限定であること。

 具体的に決まってから3年間のうちに、過去10年以内の未納分を納めないと、元の「時効2年」に戻ってしまいます。

 というのも、「時効10年」を恒久的な仕組みにすると、逆に、新たな未納の人がたくさん発生しないとも限らないから。「時効が10年あるから、今は払わなくてもいいや」という人たちです。


 1年の未納分を一括して払うとすると、負担は約18万円になります。

 数年分まとめて払うと、かなりの負担になることは、覚悟が必要ですね。

 それでも、将来の年金は、終身で受給することができます。

 金融商品を購入して資産運用するよりも、まず、公的年金を増やすほうにお金を使った方が、私はよいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナ シ

 今スーパーなどの青果売り場には、ナシがずらりと並んでいますが、日本梨はタネまわりに酸味があり、皮の近くが最も甘いそうです。古くから日本人に親しまれている秋の果物の代表格ですが、なかでもこの9月に最盛期を迎えるのが大型で丸い「豊水」。

 「豊水」は日本ナシの生産量の約3割を占め、「幸水」に次いで生産量が多く、1個300~400グラムと他のナシと比較的して大玉です。果肉は軟らかくて、みずみずしいのが特徴、甘みと酸味のバランスもよいことからナシの最高級品と評価する人もいます。

 店頭で選ぶ際には、高さがあるものより横に張りのあるものが良いそうです。また、冷蔵庫などで保存する際には「ヘタの部分を下にする」、これが長持ちさせるコツだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

敬老の日(2)

 今日は「敬老の日」ですので、長寿の節目をいくつかご紹介させていただきます。


「還暦」 数え年61歳で、十干(じっかん)十二支(じゅうにし)の「六十干支(ろくじっかんし)」が一回りし、もう一度生まれた時の干支を迎えること。本卦還り(ほんけがえり)とも言い、現代では「まだまだこれから」の年齢です。

「古稀」 70歳 杜甫の「人生七十、古来稀なり」の詩から。

「喜寿」 77歳 喜の草書体が、七十七に見えるため。

「傘寿」 80歳 傘の略字が八十とも見えるため。

「米寿」 88歳 米の字を分解すると八十八となるため。

「卒寿」 90歳 卒の略字は、九と十を続け書きするため。

「白寿」 99歳 百の字から一をとると白になるため。

「紀寿」100歳 百年は1世紀。百寿(ももじゅ)とも言います。


 当たり前ですが、老人と言われる世代も若かりし頃がありました。育てられ、結婚をし、子供を育て、幾たびの困難があり喜びがあり、悩みや苦しみも当然あったでしょう・・・。

 いつの間にそんなに偉くなったのかと思えるほど次の世代の成長は早いものですが、今は老人でない人も間違いなく辿る道であり、そこにあるのは自分自身の姿でもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

敬老の日(1)

 厚生労働省がまとめた調査結果によりますと、9月15日時点で100歳以上の高齢者は前年に比べ3307人増の4万7756人となり、41年連続で過去最多を記録しました。

 また、年度内に新たに2万4952人(9月1日現在)が100歳になると見込まれ、こちらも過去最多更新です。

 100歳以上の高齢者の割合が最も多かった都道府県は、島根県(人口10万人当たり75.70人)で、2年連続トップ。2位は高知県(同67.58人)で昨年の3位から順位を上げました。一昨年まで37年間トップの座を維持していた沖縄県は、出生率が全国1位になるなどで人口が増えたため、昨年の2位から3位に順位を落としています。

 ちなみに国内最高齢は、1896年(明治29年)11月20日生まれの佐賀県在住の女性と、その5カ月後1897年(同30年)4月19日生まれの京都府在住の男性で、ともに114歳です。

 尚、昨年は実際には死亡していたケースが相次いだため、100歳を迎える人に関して今年の調査では、医療保険の記録や自治体職員による面会で存命確認を徹底したそうです。ただ、101歳以上に関しては、東日本大震災で行方不明となった人も含まれている可能性があるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸の「両国事情」

 江戸の初期、隅田川の下流域は、東岸が武蔵(江戸)で、西岸が下総(現・千葉県)でした。ここへ万治二年(1659)橋を架けたのですが、武蔵国と下総国、両方の国に架かる橋と言う事で、橋は「両国橋」と名付けられ、やがて、その地域も、両国と言う地名になります。
江戸川柳 橋杭で 国と国とを 縫ひ合せ。

 やがて、明暦三年(1657)に起きた、明暦の大火(振袖火事)で、西岸に大火の死者を供養するため、回向院が建立され、ほとんど湿地帯だった西岸に、開発の手が入ります。掘割を作って、その土で湿地を埋め、住宅地にしていき、江戸中期の享保四年(1719)には、西岸も江戸(武蔵国)に編入されます。新たに開発された土地の大部分は、武家地・寺社地に当てられ、町人の居住区は、川沿のごく一部だけでした。

 両国橋の東西は、大火が起きた時の延焼防止として、幅の広い道路が整備され、両国広小路と呼ばれました。特に、西岸は、現代のディズニーランド+ディスニーシーの様な、江戸一番の盛り場として多くの人が訪れまれる人気スポットでした。出開帳が行われ、見せ物小屋が建ち並び、夏場は花火が上がり、様々な食べ物屋の屋台が並び、そして、道路脇には、大勢の香具師があつまり、様々な啖呵売で、商品を売っていたのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温 泉

 早いもので、9月中旬となり北海道・東北地方から紅葉の季節がスタートしています。美しさを増す樹々の見物に山峡や渓谷などへ出かけ、現地の露天風呂にゆったりと浸かる風情もまた格別です。

 ところで、最近はあまり聞きませんが、近年各地の温泉で問題が生じていました。イオウ製剤の610(ムトウ)ハップを混入していた事件や、井戸水や水道水を使用して沸かした湯を温泉と偽り表示した事件など、失望させるニュースが続きました。

 温泉の定義とは、

1.温度(温泉源から採取されるときの温度とする)が摂氏25度以上。

2.温泉法で規定する成分(総イオウ、マンガンイオン、第1鉄または第2鉄イオン、ラドン等々)のうち、どれか1つが規定量以上含まれる。

1か2の、どちらか1つを満たしてしまえば温泉と名乗ることができます。

 つまり、温度が25度なくても1つ成分を満たしていれば、井戸水でも温泉と呼べてしまうのです。井戸水と温泉は紙一重の差です。目的地へ出かける前に、該当する宿などが温泉を使用しているかどうか、源泉100%か、あるいは水道混合か、また加熱の有無などを電話等で尋ねてみるのもいいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

確定拠出年金

 いまやサラリーマンの8人に1人が、確定拠出年金に加入している計算です。

 2001年にこの制度が作られて以来、右肩上がりで採用企業数が増加しており、現在は1万5千社を超えています。

 基本的には、企業が採用すれば、従業員は全員加入が原則です。したがって、加入者数もうなぎのぼりで増えています。

 そして、今後もこの傾向は続くとみられています。

 いずれ、「会社員であれば、確定拠出年金に加入しているのが当たり前」という時代が来るのではないでしょうか?

 この制度をひとことで表現すると、「自分の退職金や退職年金を、企業任せにせず、自己責任で運用する仕組み」。企業のなかで、自分の老後の生活資金を形成するのが目的です。

 具体的には、毎月、会社から自分専用の口座に一定の金額が掛金として振り込まれます。
 そのお金で、個人が金融商品を購入します。

 提供されている商品のラインナップのなかからであれば、どれを買っても構いません。
 預金でも保険でも、投資信託でも・・・。

 掛金の額は同じでも、人によって、資産運用の巧拙によって、60歳以降に受けとれる年金額は、当然のことながら異なってきますね。

 だから、自分の老後のことが心配ならば、運用の知識とスキルをきっちりと身につけておく必要があります。

 ところが・・・・。

 導入企業では、従業員に向けて、投資教育が行われているはずです。なぜなら、それが制度上義務づけられているから。

 しかし、従業員は目の前の仕事に忙しく、遠い将来の自分の退職金に興味を持たない人が多い。・・・特に若い人は、現実の問題としてとらえられないのかもしれません。

 そのため、投資教育をやっても、のれんに腕押し、ヌカに釘。打ってもまったく響かないんだそうです。

 企業の確定拠出年金担当者の最大の悩みは、「従業員ひとりひとりに自分の老後のことを考えてもらって、資産運用に主体的に取り組んでもらうこと」。


「会社を退職してからの自分の暮らしは、自分で守っていかなければならない」というごく当たり前のことを、会社が従業員に丁寧に教え込まないといけないほど、これまで、企業は従業員の面倒をみてきたのです。

 確定拠出年金を企業が導入するということは、従業員が退職する時に、その後の生活に十分な額の退職金を払わないということを宣言するのと同じです。

 だから、400万人のひとりひとりが、主体的に資産運用を行うようになってほしいですね。

 これだけの数の方々がもっと能動的な資産運用をするようになると、資金が効率的に使われて、日本経済を前に進める力を持ちます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石油と穀物

 アメリカは工業国であると同時に、最大の輸出品目は食料であるともいわれる世界最大の農業国でもあります。

 アメリカにはミズーリ川、アーカンソー川、イリノイ川、オハイオ川等いくつかの大河があり、支流も含めてこれらの川は穀倉地帯やコーンベルト地帯などの大農産地を経て穀物の水運に大きな役割を果たしています。

 そして大陸を縦断するミシシッピー川が穀物輸送の大動脈となっており、その終着点のルイジアナ州ニューオリンズはアメリカのとうもろこしや大豆など穀物輸出の約七割を担う要(かなめ)でもあります。

 また、フロリダ州、アラバマ州、ミシシッピ州、ルイジアナ州、テキサス州に接するメキシコ湾(ガルフ・オブ・メキシコ)は石油の一大産地で、石油精製施設が密集している地域でもあります。

 カリブ海で発生したハリケーンは、しばしばエネルギーと穀物輸出の両面で重要なこの地域を襲います。

 ちなみにハリケーンの動向を伝えるニュースで、単に「ガルフ」と言う時はメキシコ湾を指しています。

 ところで、石油と穀物は「バランス・オブ・パワー」を論拠とする地政学上からみた戦略的物資です。

 石油は「スーパーメジャー」と呼ばれる欧米系の他、最近はサウジのサウジアラムコ、中国のペトロチャイナなどの存在感が増しています。

 穀物では蘭ブンケ、仏ルイ・ドレフェス、スイスのアンドレなどの「穀物メジャー」が世界の穀物貿易の8割を握っていると推計されています。

 中でも強大なのが最大の農産物供給国であるアメリカのカーギル社(株式非公開)で、同社の売上高は世界第2位のADM(アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド)をはるかに上回り、非上場企業としては世界最大であると言われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナ シ

 代表的な秋の果物と言えば「ナシ」。弥生時代の遺跡から炭化した種が見つかるなど、古くから日本人に親しまれてきました。品種によって出荷時期が異なりますが、8月末から9月いっぱいが旬なのは、軟らかい果肉と豊かな甘みで人気が高い『豊水』です。

 一足早く8月中旬から店頭に並んでいる『幸水』も甘みと香りが豊かで人気を集めていますが、そろそろ次は「20世紀」の出荷が本格化してきます。

 「ナシ」は成分のほとんどが水で栄養分はそれほど高くないですが、繊維分と消化酵素を多く含み、咳止め・喉の渇き・二日酔い・解熱などに効果があるそうです。

 選ぶときのポイントは、皮に張りがあり、手に持ったとき、ずっしりと感じるものを選ぶのが良いそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サ ケ

 川で生まれ、海で育ち、秋になると生まれた川をさかのぼって産卵する鮭(サケ)。旬は9~11月といよいよこれからですが、生まれてから4年前後に川をのぼり、いったん海から川に入りますと、身がやせて味が落ちていきます。

 このため、海から川にあがる直前にとられた体が銀色に輝いている「銀毛」(ぎんけ)と呼ばれるもの、特にそのオスが最も味が良いとされており、たくさん水揚される鮭の中でも、わずか5%しかとれないそうです。

 また、最も極上とされる「鮭児」(ケイジ)と呼ばれる未成熟の鮭は、1~2万本に1尾の割合でしか水揚げされず、魚体全体に脂が乗っており、全身トロ状態で高級寿司ネタなどに使われています。

 ちなみに、昔からの鮭を贈る習慣は、

  「疎遠になったあなたが、鮭のようにまた私のところに戻ってきて欲しい」

との気持ちが込められているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山本権兵衛

 このたび誕生した野田新首相は震災後の難しい舵取りを強いられそうですが、同じく震災直後に就任した首相としての先輩格が「海軍の父」と呼ばれた山本権兵衛。2度にわたり首相になってる山本権兵衛ですけど、2度目の就任は1923年の9月2日。つまり、関東大震災の翌日です。先代首相・加藤友三郎が大腸ガンで他界したことに伴い再登板となったわけですが、帝都が大震災に見舞われた翌日の船出ですから、これは大変よね!

 悲運の首相といえば肺炎のため僅か65日で辞任した石橋湛山が真っ先に思い浮かびますが、山本権兵衛もまた首相としてはかなりアンラッキー。まず1回目、1913年に第16代首相として就任した際はドイツ・シーメンス社による日本海軍への贈賄事件「シーメンス事件」の余波をうけ、1年ちょっとで志半ばの辞職。関東大震災後に第22代首相となった2回目は、摂政宮(のちの昭和天皇)が銃で狙われた「虎ノ門事件」の責任をとらされ、約4カ月でまたまた辞職・・・。

 この山本首相、総理としての在任日数をカウントしてみると1回目は421日、2回目は128日。どちらも短命に終わってしまったわけですが、安倍→福田→麻生→鳩山→菅→野田・・・という1年ごとの短期の首相交代劇を見ていると、山本政権もそれほど短命に見えなくなるのは何とも皮肉な話ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸のウチワ事情

 現代、日本のウチワ生産量が一番多いのは香川県で、全国 ェアの90%を占めると言います。香川でウチワの生産が盛んになったのは、 江戸も後期にさしかかる天明年間(1781~88)の頃と言われます。当時の香川 は讃岐国と呼ばれ、京極家と言う名門外様大名が支配していました。

 今年はちょうどNHKの大河ドラマ「江」が放映されていますが、戦国一の美女とうたわれた織田信長の妹・お市の方の三人の娘は、長女が淀君で太 閤秀吉のお妾になり、三女がお江で二代将軍秀忠の妻となったのは有名ですが、次女のお初はこの京極家へ嫁いでいます。

 この京極家の江戸屋敷の隣が、名産の竹を使ってウチワ作りをしていた中津藩奥平家で、京極家の江戸留守居役が、奥平家からウチワ作りを教えても らい、参勤交代などで江戸へ来る京極家の下級侍に、ウチワ作りを伝授します。さらに、国に帰った下級侍が、ウチワ作りを庶民にも奨励します。讃岐国には、かの有名な讃岐の金比羅様があります。金比羅様の御紋にちなんだ朱赤に丸金の印が入った渋ウチワが、金比羅参宮のお土産として人気を博し、香川の地場産業としてウチワ作りが発展、現代に至っているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸の夏と冬

 前々から思っているのですが、現代人が、江戸へ行ったら、まず一日と持たないで音を上げてしまうだろうなぁと。

 夏、暑い夏・・・現代の総理大臣よりはるかな集中権力を持っていた徳川将軍でも、一夏の内に、氷を口に出来るのは一回か二回、それも、ほんの一カケラだけ。部屋の温度を外気より十度以上下げるクーラーなんかもちろん、扇風機もありません。徳川将軍でも、紀伊国屋文左衛門のような豪商でも、涼を取るなら、センスやウチワであおぐしかありません。将軍なら回りの小姓に、豪商なら店の小僧にあおがせるのでしょうが、小学生でも、クーラーの効いた部屋で、アイスクリームを頬張る現代社会には、比ぶべくもありません。

 冬は冬で、温風を吹き出してくれる空調施設などありませんし、ストーブもありません。炬燵に足を突っ込んで、火鉢の炭に手をかざし、後は厚着をしてひたすら我慢するだけです。

 さらに、炬燵や火鉢の炭に着火しようとしても、火打ち石で火を起こした事のない現代人では、一日かかっても、火を得る事はできないでしょう。火がなければ、炊事もできないし、お茶も飲めません。江戸の水道は、魚が泳いで いる川の水を、殺菌なしで、地下の樋を通して引いたもので、それを自宅の台所の水瓶に汲み込み、使用します。しかし、オリを食わせるために、水瓶の中に金魚や鮒を入れておく事もあります。現代人から見れば、金魚鉢の上澄み水を飲んでいるようなものです。江戸では、そのまま、飲む人もおりますが、たいていは、一度、沸騰させ、湯冷ましにしてから飲用します。と言う事は、火を起こせない現代人が江戸へ行ったら、お茶どころか、水も飲めない事になってしまいます。

 夜は暗く、テレビもラジオも、電話もインターネットもない。パチンコも映画もコンビニもない。冷蔵庫も電子レンジもガスコンロもない。私は火打ち石で火を起こした事もありますし、火打ち石がなくても、江戸で火を得る方法を知っています。江戸の庶民生活についても、詳細が分かっています。その上であえて、「江戸へ行きたい」と望んでいるのですが、はたして、石油や電気をバシバシ使った生活にどっぷりひたってしまった現代人に、そんな環境が耐えられるでしょうか?

 しかし今年の夏も暑かったですね。でも、今年は節電のため、クーラーを控えて、扇風機の風に当たっておられる方も多いでしょう。江戸は、電気なんかなくても、みんな元気に明るく暮らしていました。現代人も、そろそろ、石油なんて化石燃料を燃やし、電気がなければ何もできない様な生活を見直す時期に来ているのではと思っておりますが?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

重陽の節句

 昨日は、秋気が本格的に加わる頃と言われる二十四節気の「白露」。朝晩は涼しく感じるようになり、少し前まで温かった蛇口の水にも今は冷たさが宿ります。

 ところで、タイのバンコクでは「9」の発音が「前進」の意味を持つことから、9が二つ並ぶ今日9月9日は特別な「吉日」とされており、ユニクロの東南アジア最大のタイ1号店のオープンも本日に設定されています

 日本では「苦」に通じるとの理由で「九」という数字を嫌がる人もいますが、陰陽道では奇数は陽の数とされ、その極数である「九」が重なる九月九日は「重陽の節句」として祝う風習が昔からありました。

 この日は、不老長寿の霊草と信じられていた菊の花びらを杯に浮かべた菊酒を酌み交わし、お互いの長寿と無病息災を祝ったとされています。このことから重陽の節句は「菊の節句」とも呼ばれます。

 ちなみに、菊は日本原産と思われがちですが、薬草として日本に伝わった中国原産の植物で、後に天皇家の御紋になり、慣習上の国花(菊と桜)にもなっています。もちろん鑑賞用・園芸用として発展したのは日本においてで、日本の菊が本家中国や欧州の菊事情に大きな影響を与えています。

 また、葬儀の際の献花に菊が用いられることが多いのは、古来から日本人に慕われてきた花であるとともに、調達のし易さ、安価で長持ちという理由の他、西洋で墓参用に用いられていたことの影響もあるそうです。

 各地で菊花展や菊人形展が行われるのも重陽の節句に由来し、庶民の間では秋の収穫祭と習合し「お九日(おくんち)」として祝うようになったといいます。

 明治期に新暦に移行してからは季節とのズレが生じたことから、しだいに重陽の節句が廃れてきましたが、菊を愛でる風習や収穫祭としての意味合いは菊花展や九州北部のくんちとして今も残ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「どぶろく」と「にごり酒」の違いは?

 にごり酒を指して「これって”どぶろく”?」と聞かれることがよくあります。私も明確な返答ができないので困ってしまうこともあります。

 酒税法では濁酒(だくしゅ)と呼び、許可無く作ると酒税法違反に問われる事になるそうです。簡単に言うと、炊いた米に米麹や酒粕等に残る酵母などを加えて作る酒です。にごり酒は濁ってはいますが、お米のツブツブは入ってないですよね。

 多少ツブツブ感があっても米粒を潰してるか大きいものは取り除いているからです。
ですから濾しているので清酒となります。これに対してどぶろくは、濾してないのでお米そのものが入っています。

 にごり酒もどぶろくも味の特長として、一般的には味は濃厚なのが特長です。甘いにごり酒がい多く、酸味もあります。どぶろくは発泡しているのが特徴ですが、にごり生酒も火入れ処理をしていなければ酵母が活性していることもあり発泡します。
 

 
 さて、どぶろくの歴史的背景をみますと、日本のどぶろく作りは米作とほぼ同起源であると云われています。明治時代においては政府の主要な税収源であった酒造税(1940年以後、酒税)の収入を減らす要因であるとして、個人でのどぶろく造りは禁止されました。

 しかし、豊穣祈願などの宗教行事や地域産品としてのどぶろくを製造する地域は日本各地に存在する。このようなどぶろく作りでは、地域振興の関係から、同特別区内でのどぶろく製造と飲食店や民宿等で、その場で消費される場合に限り、販売も許可されている。これが通称「どぶろく特区」と呼ばれています。

 同特別区外へ持ち出す事になる「みやげ物としての販売」に関しては、酒税法が適用されるため、販売の許可が必要となります。こんどネタでどぶろくを飲んでみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドジョウ

 自らをドジョウに例えて「ドジョウのように泥臭く、国民のために汗をかきたい」と訴えて勝利した野田氏は、先日晴れて第95代の首相に選出されました。

 ところで、ドジョウといえば「2011地球環境保護 土壌・地下水浄化技術展」が先週31日から9月2日までの日程で東京ビッグサイトで行われました。

 昨春の改正土壌汚染対策法の施行にともない、土壌入れ替えによる汚染処理に対する規制が強化されたことに加え、原発事故による放射能汚染などもあり関心が高くなっています。

 シアンやカドミウム、トリクロロエチレンなどによって汚染された土壌の浄化は、以前は汚染土をいったん場外に持ち出して洗浄する方法などが主流でしたが、改正土壌汚染対策法が施行された昨春以降は汚染土の搬出が厳しく規制されたため、土壌を外部に搬出せずに現場で浄化する「原位置浄化」やコンクリートで汚染土壌を固める「封じ込め」の需要が増加しているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンマ

 暑さの中にも秋色を感じる頃となりました。秋の代表的な味覚といえば、「秋刀魚」と書いてサンマ。刀のように反り返った形からこの字が当てられたと聞きます。

 8月に北海道東部から南下を始め10月ごろ三陸沖を通り、11月には房総沖、そして遠州灘で産卵した後、3月頃には紀州沖に達し、その一生を終えるそうです。

 焼いてレモンを搾り、大根下ろしを添えて食べる塩焼きが一般的ですが、刺し身や握りずしにしても美味しく、また刺し身より細かくおろして大葉とネギを刻んで混ぜ、たたきにするのもさっぱりして美味しいです。熱いご飯とサンマの相性は抜群、食欲を駆り立ててくれますが、炭火で焼けばまた格別です。

 スーパーなどで選ぶ際には、背がやや緑がかった濃い青色で、ヒレや魚体に張りがあり、皮につやと弾力のあるものが鮮度が高いそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報伝達

 現在、相場の状況などはパソコンの画面で瞬時に確認できますが、江戸の頃の米相場の情報伝達には旗振り通信が使われていました。

 当時は経済の基盤がお米であり、各地に米の取引所がありました。米相場の中心地は堂島(大阪)でありましたから、米商人達は堂島の動向をいち早く掴むことで利ザヤを稼いでいたようです。

 そうした商人達の需要に応えるように発展した旗振り通信だったわけですが、大阪の堂島から和歌山まで3分、広島まで40分(27分という説も)で情報が伝わっていたといいますから驚きです。堂島の相場の前場と後場の引け値を伝えるため西は九州、東は江戸まで旗振り通信網が整備されていたそうです。

 相場において情報を持つ者と待たざる者の格差というのは、昔は今以上に歴然と存在していました。そして、情報を持たざる者は、正確な情報と判断によって行動しているかのように見える人にこぞって追従します。

 やがてその動きは、事の真実は二の次となり、勝手に拡大・増勢されていくというのが相場の一つの側面です。

 投資に関して素早い情報収集が巨万の富を生んだという話では、ロスチャイルドの「逆売り」の例があまりにも有名です。

 ちなみにこの話の主人公ネイサン・ロスチャイルドはフランクフルトに両替商を開いたマイヤー・アムシェル・バウワーの三男で、フランクフルト市の紋章を模した赤い盾の看板を挙げていたことからロスチャイルド(独語で赤い盾を意味するロートシルトの英語読み)と名乗るようになりました。

 時は1815年、ナポレオン率いる仏軍と英軍がワーテルローにて対峙。英軍がこの戦いに敗れるようなことがあれば英国の利権は一気に縮小することになります。膨大な戦費を公債で賄っていた英国では、ワーテルローの戦い直前の交戦ですでに英軍が負けていたこともあり、公債相場が下落を始めていました。もしワーテルローの戦いに勝てなければ、英国公債の暴落は必定という状況です。

 戦いの結果しだいでは公債相場が急騰あるいは急落する可能性があるため、投機家達は事の成り行きを注目していました。ただ、当時は情報伝達網が整備されていなかったため正確な情報が伝わるまで数日を要しました。そこで投機家達が注目したのが、優秀な情報網を構築していた投資家ネイサンの動向です。

 ワーテルローの戦いは、ウェリントン公率いる英軍の勝利に終わりました。独自のネットーワークを使い、ウェリントン公の急便より数日前にその情報を手にしたのがネイサンでした。

 その時点では英軍勝利の情報を知るのはネイサンただ一人。しかし、ネイサンが市場で出した指示は英国公債の売りでした。その動きを見ていた他の投機家達は英軍が敗北したと思いこみ一切に投売りに走ります。暴落の中、一転して怒涛のごとく買いに回ったのがネイサンその人です。暴落の翌日、英軍勝利の情報がもたらされると今度は一転して買いが殺到、相場は大暴騰です。

 この時の相場でネイサンは天文学的な巨富を得たとされ、後に「世界の富の半分を所有している」と言われたロスチャイルド家の礎になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都市鉱山

 特定の国が希少資源を占有し、資源価格の高騰が続いている現在、資源リサイクルの制度や仕組みを整備することが急務となっています。

 現在は、家電リサイクル法でテレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機の4品目、資源有効利用促進法でパソコンの回収・再利用が義務づけられているにすぎず、その他多くの小型家電製品は不燃ごみ扱いで埋め立て処分されているのが実情です。

 1年間に破棄される小型家電に含まれる有用金属は、重量で28万4千トン、金額では874億円にのぼるとされています。

 そうした現状を踏まえ、環境省は昨日の中央環境審議会の小委員会で、携帯電話など小型家電に含まれるレアメタル(希少金属)などを回収・再利用する新制度の骨子を提示しました。

 環境省の試算によりますと、回収率を3割に高めれば、最大45品目でリサイクル費用を徴収しなくても採算がとれるとしています。

 ちなみに、1キロ当たりの有用金属の含有量が最も多いのはPHS端末で、1キロ当たり2265円。次いで、携帯電話が1キロ当たり1699円、MDプレーヤーで1266円、ビデオカメラで1224円、デジタルカメラで1180円などとなっています。

 使わなくなった家電製品とともに廃棄される有用資源は膨大で、そのことを称して「アーバンマイン(都市鉱山)」と呼び、日本の都市鉱山には全世界の埋蔵量の一割を超える金属が多数存在するとの見方もあります。

   ちなみに、携帯電話の電子部品には以下のようなレアメタルが使われています。

<部品>       <使用されているレアメタル>

スピーカー      フェライト
振動モーター     ネオジウム
コンデンサ      銀、パラジウム、チタン、ニッケル
抵抗器         銀、ニッケル、パラジウム
液 晶         インジウム
カメラ           ニッケル、金
ハンダ         パラジウム
水晶振動子      ニッケル、金
半導体         金、銀
ボタン電池      銀
イヤフォンジャック  金、銀
ボタン接点      ニッケル、クロム、銀

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミネラルウォーター

 「水」(みず)は水道水を飲むのが当たり前のように子供の頃から育ってきましたが、このところペットボトル入りのミネラルウォーターが普通に飲まれるようになっています。ミネラルウォーターが日本の市場に本格的に登場したのは1970年代前半で、飲食店などウィスキーの水割り用の水として使われていました。

 ミネラルウォーターと言えば、「自然の水」、「ミネラルをたくさん含んだ水」をイメージしがちですが、「ナチュラルウォーター」・「ナチュラルミネラルウォーター」・「ミネラルウォーター」・「ボトルドウォーター」と大きく4つに分類され、メーカーが生産しているのは、ほとんど「ナチュラルミネラルウォーター」で生産量の約8割を占めています。

 この「ナチュラルミネラルウォーター」は、特定水源より採水された地下水のうち、濾過・沈澱および加熱殺菌による殺菌処理が行われたものを指し、一般的にイメージされている「自然の水」とは少し違います。殺菌処理されていないヨーロッパ産のミネラルウォーターが「自然の水」に近いと言えるかもしれません。

 「ミネラル」とは直訳しますと「鉱物」ですが、鉄・銅・カルシウム・マグネシウム・・・などのことであり、タンパク質・脂質・炭水化物・ビタミンと並んで5大栄養素と呼ばれています。


 ちなみに、品名について、食品流通局長通達の「3.表示の方法」には、以下のように記載されています。


ア.特定の水源から採水された地下水を原水とし、沈殿、濾過、加熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行わないものにあっては、「ナチュラルウォーター」と記載すること。

イ.ナチュラルウォーターのうち鉱化された地下水(地表から浸透し、地下を移動中又は地下に滞留中に地層中の無機塩類が溶解した地下水(天然の二酸化炭素が溶解し、発泡性を有する地下水を含む。)をいう。)を原水としたものにあっては、「ナチュラルミネラルウォーター」と記載することができる。

ウ.ナチュラルミネラルウォーターを原水とし、品質を安定させる目的等のためにミネラル調整、ばっ気、複数の水源から採水したナチュラルミネラルウォーターの混合等が行われているものにあっては、「ミネラルウォーター」と記載すること。

エ.ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター及びミネラルウォーター以外のものにあっては、「飲用水」又は「ボトルドウォーター」と記載すること。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カツオだし

 お盆休みが終わり、夏休みも終わりましたが夏バテ気味の方もいらっしゃることと思います。こんな時は、疲労回復に効果があるとされる『カツオだし』を一度試してみてはいかがでしょうか。

 時速60キロで「一生泳ぎ続けるカツオ」には、人間の体内に蓄積する疲労物質を消去するパワーがあるそうで、上手に使えば夏バテの解消に役立ちそうです。

 味の素食品研究所の実証実験では、3時間かけて2.1キロ走ったネズミに濃度25%のカツオだしと蒸留水を飲ませてその後の運動量を測定した結果、カツオだしを飲んだ方は蒸留水に比べて5倍多く動き回ったそうです。

 また、エネルギー源が肝臓にどれだけ残っているかを示す数値も、カツオだしは蒸留水の2倍となったそうです。

 疲れを知らずに一生泳ぎ続け、エサを追う時に示す驚異的なスピードはカツオ特有です。疲労回復だけでなく、老化防止、生活習慣病の予防などにも効果が期待され、夏バテ気味の方は是非一度試してみてはいかがでしょうか?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

防災の日

 本日9月1日は立春の日から数えて「二百十日」目にあたり、昔から嵐が襲来する確立が高い日として、8月1日の「八朔」や9月11日(今年)の「二百二十日」とともに三大厄日として怖れられてきました。

 ちょうど今は台風12号が本州に近づきつつありますが、伊勢湾台風が上陸し大きな被害をもたらしたのも1959年の9月で、例年これからが台風シーズンの本番となります。風害から農作物を守るよう神に祈る「風祭り」が行われるのも今の時期です。

 また、関東大震災(1923年)が発生したのも9月1日で、その教訓を忘れず、自然災害に対する備えを怠らないようにと制定されたのが今日の「防災の日」です。

 ところで、東日本大震災が発生した3月11日、都内の交通は大混乱を来し、緊急車両が通れなくなる事態も発生しました。

 都の地域防災計画では、都内で震度6弱以上の地震が起きた場合には緊急車両の通行を優先するため、一般車両について環状7号の内側などを全面通行禁止にすると規定されていますが、先の大震災では都内の最大震度が5強だったため、防災計画に基づく交通規制が実施されなかったことが大渋滞を招いた一因とされています。
 
 そうした反省も踏まえ警察庁は今日の防災の日に、首都直下地震を想定し午前9時から10分間、環状7号や国道16号等の幹線道路の交差点など計97か所を一斉通行止めにする大規模訓練を実施します。

 その他、例えば中部電力は原発を含む全社訓練、愛知に拠点のある大同特殊鋼では高さ10メートル級の津波が到達すると想定、JR東海でも巨大津波対応で乗客らを高台に避難誘導、東邦ガスでは最大震度6強の東海・東南海・南海の3連動地震が発生したと想定して、それぞれ例年以上の規模で訓練が行われるなど、例年はセレモニー的な面もあった防災訓練ですが、今年はどこも本気モードでの取り組みとなっています。

 尚、何度も耳にしたことかとは思いますが、中央防災会議は今後30年以内に87%の確率で東海地震が起こると予想しています。また、30年以内に発生する確率を70%と予想する首都直下地震(マグニチュード7.3)の被害総額は112兆円(東日本大震災の推計被害額は16兆9000億円)と想定されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »