« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

ヒラメ

 この寒い時期に最も美味しさが増すのが「ヒラメ」です。「寒ビラメ」とも呼ばれ、厳寒期の冷たい海水にさらされることで 身が引き締まり、脂の乗りが良いです。高たんぱく・低脂肪の食材であり、特に背びれと尻びれの付け根に当たる縁側(えんがわ)は寿司だねの中でも絶品であり、肌の若返りが期待できるコラーゲンが多く含まれています。

 天然物は裏側がピンクがかった白色であり、養殖物にはまだら模様があるため、簡単に見分けることが出来ます。買う時は切り身が多いかと思いますが、身が透き通っているもので、切り口から水気、血液が滲み出てないものを選ぶのが良いです。

 ちなみに、カレイに似ており、『左ヒラメの右カレイ』と申します通り、背鰭(せびれ)を上にして目が左側にあるのがヒラメ、右にあるのがカレイです。また、カレイに比べて口が大きく、鋭い歯があることでも区別できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カリフォルニア

 大阪市の橋下市長は、同市の米シカゴの事務所の米西海岸への移転を検討しているそうです。ハイテク産業などが集まる西海岸の重要性が高まっているとの判断が背景にあります。

 米西海岸に位置するカリフォルニア州は、人口は米国最大の3720万人、面積は全米3位で日本の総面積を上回る広大な州です。ハイテク産業の密集地シリコンバレー、娯楽・映画のハリウッドやディズニーリゾートなどを抱える州経済も全米屈指の規模を誇ります。

 カリフォルニア州の2010年のGDP(国内総生産)は1兆9010億ドル(約145兆円、米商務省推定)で、米国GDP全体の13%を占めています。世界各国と比較した場合、同州経済はブラジルの2兆1000億ドル(世界銀行調べ)に次ぐ世界第9位の規模で、インドの1兆7000億ドル(同)上回ります。

 カルフォルニアの消費税率は地方税分を加えますと10%を超えますが、少数の富裕層が納める所得税が州の財政全体の半分以上を占めるいびつな構造が災いし、州財政は金融危機も追い打ちとなって赤字が拡大し実質的に破綻しています。

 また、カリフォルニア州の公務員退職年金基金(カルパース)は米国最大の公的年金基金で、積極的な運用で知られています。そのカルパースは住宅バブル期に取得した住宅用地を、同州の不動産開発業者と積水ハウスの関連会社に売却し、多額の損失を計上する見通しとなっています。

 ちなみに、全米最大の年金カルパースの総資産は邦貨換算で20兆円以上とも言われますが、国民年金・厚生年金の積立金を管理する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は世界最大規模の機関投資家で、資産額は約120兆円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋入学

 欧州の主要サッカーリーグは、8月に開幕し、5月に閉幕します。リーグが終了した6月から欧州の移籍市場が動くため、Jリーグで活躍中の主力選手がシーズンの途中で日本を去るということが度々繰り返されてきました。

 シーズン途中で主力選手を失うということは、その後のリーグ戦を戦う上で大きな痛手であり、応援してくれているファンに対しても裏切ることになり、チーム運営上好ましくないのは明白です。また、Jリーグが終了後、有力な外国人を獲得し補強しようとしましても、その時期は海外がシーズン中のため多額の違約金が発生します。

 こうしたことから、日本のサッカー界では秋春制への移行を望む声が以前からあります。日本の春秋制による弊害は、教育界でも長年憂慮されてきたことであり、東京大学の秋入学への全面移行に関する議論もそうした流れの一つです。

 ハイレベルな教育を授ける大学も国際競争の場にさらされています。東大生に占める外国人留学生の割合は1割程度ですが、ケンブリッジ大学(英国)やマサチューセッツ工科大(米国)では学生の2~3割が留学生です。また、逆も然りで、あるノーベル賞受賞教授は、海外の大学で日本人留学生を見る機会がめっきり少なくなったと語っています。

 日本の大学において留学生が少ない原因の一つが春入学にあるのは明らかで、約8割の大学が9月入学を採用している欧米から見て、4月から新しい学期が始まるに日本を留学先とし選ぶのは難しいという現実があります。ちなみに、成長著しい中国では9月入学制を採用しています。

 九州大学が秋入学の検討組織を2月に立ち上げるなど追随する動きも見られ、産業界からも歓迎する声が聞かれる一方、検討すべき課題も多く、右へ倣えといかなかった場合の弊害も考えられます。

 秋入学制が大きな流れになるには相当な時間と相当な盛り上がりが必要になるだろうことは想像に難くありませんが、昨年の震災と電力不足を期に、就業時間と終業時間を早める日本版サマータイム制の導入が広がったというケースもあり、何かのきっかけで事が進むかもしれません。

 サッカーでは海外の優秀な選手を国内に迎えたり、日本の選手が海外の一流チームに移籍したりすることが日本人選手層の底上げにつながりました。事は東大だけの話ではなく、国内の教育の現場でもっと国際交流が進めば様々な方面に好影響があるのではないかと思うしだいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸の知能犯的泥棒事件

 とあるお寺の住職が、自分のお寺の墓地を歩いていると、最近、若い娘さんを埋葬した新墓の前で、今にも割腹自殺をしようとしている若者を見つけ、あわてて抱き留めました。訳を聞いてみると、若者は、死んだ娘と恋仲で、末は夫婦と誓い合った仲。惚れた娘が死んでしまった今、自分は生きている甲斐が無い、自分も死んで、あの世で添い遂げるのだと、涙ながらに言います。死んで花実が咲くものか、和尚は説得しますが、男は泣きじゃくるばかり、しかたなく、和尚は墓守を呼んで、墓を掘り返させ、娘の遺体を見せ、もうこの通り娘は死んでいるのだから、あきらめるように。生きていれば、やがて心の傷も癒え、新しい恋人も出来るだろうと、こんこんと意見をしました。若者はしばらく娘の遺体にすがりついて泣いておりましたが、あきらめがついたとみえて、自殺を思い止め、すごすごと帰って行きました。和尚は、人助けが出来たと喜びましたが、ところがこれが、大間違いでした。

 数日後、死んだ娘の実家(お金持ちの大店)に、一人の旅の僧侶が訪れます。その僧侶の言うには、昨日、私の夢枕に死んだお宅の娘さんが現れた。成仏できずに、いまだに迷っているので、私に盛大な供養を頼みたいとの事だったと言う。半信半疑でいる娘の両親に、私が目が覚めると、枕元にこれがおいてありましたと、僧侶が見せたのは、娘を埋葬する時、娘の遺体に持たせたはずの「守り刀」。すっかり信用してしまった両親は、莫大な「供養料」を「旅の僧侶」に渡し、盛大な供養で娘の成仏を依頼したとの事です。

 さて、賢明な読者様なら、このカラクリはおわかりですね。まだ、死者の成仏、夢枕など、非科学的な事が信じられていた江戸ならではの犯罪ですが、それでも、何時の世にも、知能犯はいるもので、落語に出てくる「愛嬌のある泥坊さん」とは、大違いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

火の用心

 今から300年程前の江戸は、人口100万人を超える世界最大級の都市でした。当時の家屋は木材と紙(襖や障子)で出来ていたため、ちょっとした火の粉が元で大火となることもしばしば。

 「火事と喧嘩は江戸の華」と言われましたように火事は日常茶飯事でしたが、1657年1月18日に発生した「明暦の大火(振袖火事)」は死者数10万とも言われ、震災戦禍を除けば日本史上最大の火災となっています。

 明暦の大火があった旧暦1月18日は新暦でいえば2月9日頃となりますが、東京都心では乾燥注意報の発令が34日間続いており、現在は非常に火事になりやすい状況です。

 ちなみに、今回の乾燥注意報の連続記録は19日に35日間で終わりました。1973年11月18日から翌74年1月21日までの65日間が過去最長で、次いで2010年12月31日から翌11年2月6日までの38日となっています。今回の連続発令日数は1995年11月25から同年12月28日までの34日間を超えて歴代3位の記録となりました。

 なお、乾燥注意報は、木材の乾燥具合を示す実効湿度が50%以下、または1日の最小湿度が25%以下になると予想される場合に出されるもので、本来が火災に対する注意喚起です。

 また、空気の乾燥によりインフルエンザが広がりやすくなっていますため、「風邪に用心、火に用心」を心がけたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

物価指数

 経済の状況を物価との関係から見た場合、教科書的に言えば次の4つの局面があります。

 ・リフレーション     物価上昇率が高く、かつ経済成長率も高い局面

 ・インフレーション    物価上昇率が高く、経済成長率は低い局面

 ・ディスインフレーション 物価上昇率は低いが、経済成長率が高い局面

 ・デフレーション     物価が下落、かつ経済成長率も低い局面


 景気不況時や加熱時に、物価を安定させ、経済の健全な発展を促すために、金融の緩和や金融引き締めによって景気を刺激したり抑制を図る日銀は、必然的に物価の動向に注目することになります。

 物価を示すには経済統計はいくつかありますが、中でも「消費者物価指数」と「企業物価指数」の重要度が高いといえます。

 物価指数(Price Index)の一つ「消費者物価指数」は「CPI(Consumer Price Index)」とも呼ばれ、日本の場合、毎月26日を含む週の金曜日に発表されます。

 消費者物価指数は約600品目に関して消費者が購入する小売り段階での価格を指数化したもので、すべての商品を総合した「総合指数」以外に、物価変動の大きい生鮮食品を除いた「生鮮食品除く総合指数(コア指数)」も発表されます。生鮮食品は消費者物価全体の数パーセントを占めるに過ぎませんが、その価格は天候等で大きく左右され、全体への影響も無視できないものとなるため、生鮮食品を除いたコア指数の動向に注目が集まります。

 ちなみに、アメリカのCPIでは、変動の大きいエネルギーと食品を除いたコア指数の動きが重要視されます。

 消費者物価がお金の流れの下流域(消費段階)での価格変動を示しているのに対し、企業物価指数(CGPI:Corporate Goods Price Index)はもう少し上流域、生産者あるいは企業間取引での値動きを示しています。

 ちなみに似たような指標に、アメリカの生産者物価指数(卸売物価指数:PPI:Producer Price Index)があります。

 企業物価指数では、主に国内企業物価、輸出物価、輸入物価の3つの指数が作成され、毎月第8営業日に前々月の確報値と前月の速報値が発表されます。

 企業物価指数は輸入依存度の高い日本では世界の商品市況や為替動向の影響が受けることになります。また、原材料価格の変動が最終製品価格に反映されるには時間がかかることから、物価指数の中では最も先行性があります。

 通常、企業物価が緩やかに上昇し、消費者物価は安定しながらが徐々に上昇することが成長に伴う本来の経済の姿です。企業収益が増加するとともに労働者への還元(賃上げあるいは一時金の増加)により消費者の懐も潤い、消費者心理も明るく、景気も巡航速度で上向いているというのが理想的な経済の状態です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初天神

 菅原道真公は、生まれた日も、大宰府にお移りになった日も、お亡くなりになった日もすべて25日であることから、毎月25日は天神様の日として様々な神事が行われます。

 今日25日は今年最初の「初天神」。全国に約1万300社ある天神社は、稲荷神社、八幡神社に次いで三番目に多い神社で、東京の亀戸天神や湯島天神では「鷽(うそ)替えの神事」が行われます。(大宰府では1月7日)

 鷽替えの神事は菅原道真公が無数の蜂に襲われた際、鷽が飛来し危機を救ったという伝承に由来し、現代におきましては前年に買い求めた手彫りの「鷽」に災いを託して、新しい「鷽」と取り換えることで吉運を招くとされています。

 また、知らず知らずのうちについてしまった「嘘」を、至誠の神であらせられる天神様の御力で「誠」に替えていただき、正しい幸運を招くという願いも込められています。

 今日が左遷の日とされるのも、道真公が1月25日に大宰府に旅立ったことに由来します。ちなみに、その時詠まれたのが下記の句で、歌に詠まれた梅の木は一夜にして大宰府に飛んできたという伝説が残ります。


「東風(こち)吹かば 

  匂いおこせよ梅の花 あるじなしとて春なわすれそ」


 なお、昨年12月からの少雨と低温傾向で、今季の梅の開花は全国的に遅れ気味だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍋事情

 寒さ厳しい今の時期は鍋を囲む日が多くなります。今冬は特に、東日本大震災の影響により、家族や身近な人との絆を確認・深めるツールとして鍋料理などでの団欒が見直されていることもあり、全国的にその機会が多いようです。

 ところで、ウェザーニューズが、昨年暮れから年明けにかけて「鍋事情」について調査し(有効回答1万6428人)、先日結果を発表しました。

 「ひと冬に何回くらい鍋を食べますか?」との質問に対する回答を見ますと全国平均は11.31回で、県別では最も多いのが香川県の13.54回、最も少ないのが沖縄県の9.22回となっています。

 ちなみに、「一番好きな鍋の種類は?」との質問から、日本人の好きな鍋の種類は以下の順位となっています。

1位 寄せ鍋 

        
2位 キムチ鍋

        
3位 すき焼き 

4位 しゃぶしゃぶ

                 
5位 ちゃんこ鍋      

6位 おでん

7位 もつ鍋

8位 湯豆腐

9位 水炊き

10位 豆乳鍋



 上記は全回答を合算しての順位ですが、仔細に見てみますと岩手県ではキムチ鍋、福岡県と佐賀県ではもつ鍋がそれぞれトップになるなどの地域差が確認できます。
 
 尚、昨今は様々な鍋つゆが売られており、気軽にいろいろな鍋の種類を楽しむことができるようになっていることも、家庭での鍋の機会を増やしているのかもしれません。

http://weathernews.com/ja/nc/press/2012/120111.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春 節

 今日は旧暦で1月1日、旧正月となります。お隣の中国では1年で一番大きな祝日となり、この旧正月(春節)から1週間程度の連休入りとなって「春節祭」で大賑わいとなります。春節にはたいていの人は里帰りや親類を訪問して過ごし、どの家庭でもお正月料理の材料の買い入れ等に大忙しとなるそうです。

 広東料理、北京料理、上海料理、四川料理など中華料理のファンの方も多いかと思いますが、中華料理は元来、医食同源の思想のもと薬と同じ感覚で食べられ、それをいかにして美味しくするかを工夫しながら発達してきたそうです。

 そして、その特徴は「福」・「禄」・「寿」の3つのキーワードに凝縮されます。「福」は幸福、「禄」はお金、そして「寿」は長生きを意味し、中国人の食生活の根底にあるといいます。

 それが一番顕著に表れるのが正月の料理だそうです。正月の食卓には1年で一番豪華な料理が並び、それぞれの料理には幸福や商売繁盛、長生きへの願いを込めた食材が使われます。

 もちろん、国土が広い中国は地域によって食文化が異なりますが、揚子江が境界となって北は小麦文化、南は米文化と言われます。この差が正月料理にも反映され、北京など北部では水餃子、広東や上海など南部ではもちを食べるのが一般的だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大 根

 寒くなると甘みが増し、おでんや鍋物に欠かせない「大根」。ジアスターゼなど消化酵素を多く含むことから、食べ過ぎで疲れた胃にはうってつけです。

 「大根」は中国から伝わり、栽培が簡単なことから江戸時代に各地に広がりました。スーパーなどの店頭に並んでいる大半は根の上部が淡い緑色をした「青首大根」で千葉などが主産地です。その他にも肉質がきめ細かい神奈川の「三浦大根」や世界一大きい鹿児島の「桜島大根」など全国に様々な種類があります。

 一般的には、大根の緑色の部分は甘みが強く、おでんや煮物向け。先端は辛味があり、大根おろしによく合います。また、葉には鉄分やビタミンAなど栄養素が多く含まれています。店頭では、葉が青々して根につやのあるものを選ぶと良いそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

商品名・商標名

 商品名や商標名が一般名詞(普通名称)として通用、あるいは商品名とは知らずに用いられているケースは多々あります。

 たとえば「ホッチキス」がそうであり、一般名詞では「ステイプラー」と言います。「エスカレーター」ももともとは商品名でしたが、現在は「ホッチキス」ともども商標権が消滅し普通名称化しています。

 他にも、よく知られているものとしては下記のようなものがあります。


  <商標・商品名>  <登録企業>   <一般名詞>

   アイスノン     白元       冷却まくら

   ウォシュレット   TOTO     温水洗浄便座

   うどんすき     美々卯      寄せ鍋うどん

   エレクトーン    ヤマハ      電子オルガン

   キャタピラー    米キャタピラー  無限軌道

   サランラップ    米ダウケミカル  食品用ラップフィルム
             旭化成ケミカルズ

   シーチキン     はごろもフーズ  マグロの油漬け缶詰

   シャワートイレ   INAX     温水洗浄便座

   宅急便       ヤマトHD    宅配便

   テトラポッド    不動テトラ    消波ブロック

   バンドエイド    米J&J     ガーゼ付き絆創膏

   ピアニカ      東海楽器     鍵盤ハーモニカ

   ホカロン      ロッテ      使い捨てカイロ

   ポリバケツ     積水化学     プラスチック製バケツ

   マジックインキ   内田洋行     油性マーカー

   マジックテープ   クラレ      面ファスナー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暮らしの言葉の変遷

 年月の移り変わりとともに日常使われる言葉も次第に変わってきています。例えば、着物文化に欠かせない「衣紋掛け」(えもんかけ)が洋服文化の浸透につれて「ハンガー」と呼ばれるようになり、「下駄箱」(げたばこ)が「靴箱」となっています。

 「変わりつつある暮らしの言葉」という特集を以前に新聞で見かけましたが、感慨とともに懐かしささへ覚えました。その中から、以下にて一部ご紹介したいと思います。


・字引   → 辞書      

・アベック → カップル
    

・庭いじり → ガーデニング  

・流し   → シンク     

・寝間着  → パジャマ    

・ズボン  → パンツ     

・チャック → ファスナー   

・筆箱       → ペンケース

・とっくりセーター → タートルネック

・バンド      → ベルト

・魔法瓶      → ポット

・コップ      → グラス

・下着       → インナー

・クーラー     → エアコン

・お勝手  → 台所    → キッチン 

・パーマ店 → 美容院   → サロン

・ジーパン → ジーンズ  → デニム

・乳母車  → ベビーカー → バギー


 ちなみに、一昔前まではパンツと言えば、感覚的に下着というイメージがありましたが、最近の若い世代の間ではズボンのこと。下着のことは、インナーという人が増えているようです。どうやら年月の移り変わりと共に確実に言葉の使い方も変わってきているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

干 支

 十干(じっかん)と十二支(じゅうにし)を組み合わせた、干支(えと)については十干は「甲乙丙丁戊己庚辛壬癸(きのえ・きのと・ひのえ・ひのと・つちのえ・つちのと・かのえ・かのと・みずのえ・みずのと、又は、こう・おつ・へい・てい・ぼ・き・こう・しん・じん・き)」の十通り、十二支は「子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥(ね・うし・とら・う・たつ・み・うま・ひつじ・さる・とり・いぬ・い、又は、し・ちゅう・いん・ぼう・しん・し・ご・び・しん・ゆう・じゅつ・がい)」の十二通りで、これを組み合わせた今年の干支は、壬辰(じんしん、または、みずのえ(水の兄)たつ)と読みます。これも、毎年江戸では、歳徳神(としとくじん)と言う、若くて美人の神様が、その年にいらっしゃる方角を、恵方(えほう)と呼び、お正月に、その方向にある神社仏閣にお参りすると、一年の運が開けると言います。恵方はその年の十干によって毎年変わります。江戸の方角は下図のとおりで、甲・己(こう・き )の年は 寅卯の間=東微北壱乙・庚(おつ・こう)の年は 申酉の間=西微南弐丙・辛(へい・しん)の年は 巳午の間=南微東参丁・壬(てい・じん)の年は 亥子の間=北微西肆戊・癸(ぼ ・き )の年は 巳午の間=南微東参に、歳徳人様はいらっしゃいます。今年は、壬辰つまり壬の年ですから、歳徳人様は、亥子の間、つまり北微西の肆の方角にいらっしゃいます。
 お正月、そちらの方角の神社仏閣に詣でて、今年一年の幸せを祈念しましょう。 Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木曜島

 司馬遼太郎さんといえば大河ドラマにもなった『竜馬がゆく』や『功名が辻』、『坂の上の雲』など大長編のイメージが強いでしょうが、短編作品も非常に多く、『木曜島の夜会』もその一つ。

 オーストラリアにある木曜島は面積わずか3平方キロメートルの小島で、当のオーストラリア人ですら知らない人が多い島。ところがこの島、日本との関係は非常に深く、明治初頭から第二次大戦まで数多くの日本人が出稼ぎに。そんな異国の地でどんな仕事をしてたかというと、貝殻採集。当時は白蝶貝が高級服用ボタンの素材として重宝されていて、それを拾うため海へ潜りに行ったのです。なんせ潜水技術の未熟な時代。海中での作業は過酷を極め、実に700人以上の日本人ダイバーがその命を落としたと伝えられます。

 『木曜島の夜会』は島から帰国した元ダイバーの証言、そして司馬さん自らの現地入りを軸に話が進みますが、面白かったのは真珠の話。揚げてきた海の中から真珠が取れることもあったものの、ダイバーの雇い主はこれに興味を示さず、作業員たちの間で適当に分配、小遣いにしたというのです。もったいない、貝殻なんぞより真珠の方がよっぽど貴重でしょーに!と思うのですが、物の価値というのは時代や土地柄により大きく変わるようです。

 もう一つ面白かったのが原住民の話。英国商人は日本人ダイバーを採用する前、島の近場にいたニューギニアの原住民に貝殻採集させようとしたものの、失敗に終わったそうです。彼らの間にはまだ貨幣経済が定着しておらず、大金を積まれてもさっぱりモチベーションが上がらなかった様子。そりゃあ今までお金ナシで楽しい暮らしを謳歌してりゃ、お金なんて得体のしれない物をもらっても危険な海中作業をする気にゃなれないってもんで。物の価値、人にとって大切な物は時代とともに移り変わる・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフルエンザ動向

 厚生労働省が季節性インフルエンザの「流行期入り」を発表したのは昨年暮れの12月16日で、そろそろピークの時期を向かえます。

 昨年のピークは1月第3週で、毎年この時期にインフルエンザの流行が本格化するのは、冬休みの終了に伴い小中学校で授業が再開し一気に拡大するためです。

 ピークが近い季節性のインフルエンザについて今からどうこうはありませんが、アメリカで昨年末からブタ由来インフルエンザウイルス(A/H3N2)のヒト感染例が増えており、ヒト-ヒト感染の可能性を示唆するケースもあるとの報道は気になるところです。

 また、昨年末には中国で毒性の強いH5N1型鳥インフルエンザ感染による死亡が発生し、年明けすぐに世界保健機関(WHO)はその事実を確認したと発表しており、今後の動向が注目されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月17日(2)

 大災害が発生した後の現実は、起こる直前まで想像することさえできなかった過酷なものです。

 兵庫県南部地震(神戸・淡路大震災)の発生は午前5時46分。5時55分に大阪管区気象台から地震情報第1号が発表されましたが、神戸の震度情報なし。5時59分の地震情報第2号でも神戸の情報なし。6時13分に出された3号情報でようやく「神戸 震度6」と発表されました。一部地域の震度が、地震レベル設定以来の「7」に修正されたのはその後です。
 
 地震発生後しばらくは神戸からの情報がまったく入って来ず、状況が分からなかったと言います。それもそのはずで、NTT通信回線の大部分が破断、および他の通信会社のネットワークも破損・切断、受信装置壊滅、停電、電源切断、防災無線(消防庁行政無線)不通といった状況で、緊急時に役立つはずの衛星車載局も他の地に出払っていました。

 阪神高速道路が倒壊・落下、神戸港壊滅、市内炎上・・・不正確な情報も含めて錯そうし、各々奮闘するも、空前の被害に対応が後手にまわり、適切な処置が施せず。混乱する中、奇跡的に第3師団隷下の第3特科連隊(兵庫県姫路市駐屯)と兵庫県庁との電話がつながり、「このやりとりをもって要請と受け止めてよろしいか」「お願いします」・・・電話をとった課長補佐がほぼ白紙委任で自衛隊に災害派遣を要請しました(知事が事後承諾)。実に、地震発生から4時間ちかく経過した後でした。

 あれから17年。神戸は美しい姿を取り戻しました。しかし、まだ終わってはいません。世界の五指に入っていた神戸港のコンテナ取扱量は、震災前の8割にまで回復したものの、今は世界48位の水準(2010年)です。

 神戸市によりますと、昨年11月時点で、震災後に生まれた子供や市内に新たに転居してきた住民は全体の約39%を占めており、震災経験の風化を懸念する声も高まっています。

 当時50歳で被災した人は今は67歳。60歳で被災した人は77歳になりました。災害復興公営住宅に入居する世帯の43.7%は一人暮らしの高齢者です。

 東日本大震災でも身寄りを亡くした人が大勢います。自身も被災者である高齢の縁者が、両親を亡くした幼子(おさなご)を引き取ったケースも多く、「この子ために命の続くかぎり頑張ります」と涙声で話していたお年寄りの顔がまぶたに焼き付きます。

 長い長い先まで見据えた取り組みが必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月17日

 1995年(平成7年)の本日1月17日午前5時46分、「阪神・淡路大震災」が発生しました。死者6436名、負傷者は4万人を越すという甚大な被害に見舞われましたが、当時の首相は村山富市氏(社会党)、自社さ連立政権でした。混乱している現地から東京へ被害の実態や情報が伝わるのが遅く、テレビ報道などでようやく状況を把握する事態となったことは鮮明に記憶に残っています。

 1991年(平成3年)の本日には、アメリカ軍を主力とする多国籍軍がイラクが占領したクウェートのイラク軍拠点に攻撃を開始、「湾岸戦争」が勃発しています。

 また、2006年の本日1月17日には「ライブドア・ショック」が発生。日経平均株価は462円という大幅安となり、その後も長らく会計疑惑などの不安は払拭されず、ジャスダック・マザーズ・ヘラクレスといった新興マーケット低迷のきっかけとなりました。


 ちなみに、本日は尾崎紅葉の「金色夜叉」の主人公(間貫一)が熱海の海岸で貫一を裏切った恋人のお宮に「いいか、宮さん、1月の17日だ。来年の今月今夜になったらば、僕の涙で必ず月は曇らして見せるから。月が曇ったらば、宮さん、貫一は何処かでお前を恨んで、今夜のように泣いていると思ってくれ。」と言い放った日です。それ以来、1月17日の夜空が曇り空なら「貫一曇り」と呼ばれています。

 様々なことがあった1月17日ですが、本日はどのような日になるか気になるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米大統領選

 今年は4年に1度の米大統領選挙が行われる年です。

 共和党の大統領候補はいくつかの党員集会や予備選を経て確定しますが、過去30年で、米大統領選挙戦序盤のアイオワ州党員集会とニューハンプシャー州予備選のどちらかを制した候補が共和党の大統領候補となっています。

 ちなみに今回は、ミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事が史上初めてアイオワ及びニューハンプシャーの両州で勝利し、指名獲得競争で断然有利となりました。

 【米大統領選挙の主な日程】


  1月21日     サウスカロライナ州予備選

    31日     フロリダ州予備選

  3月 6日     スーパーチューズデー
                (共和党は11州で予備選や党員集会)

  8月27日~30日 共和党全国大会

  9月 3日~ 6日 民主党全国大会

 11月 6日     一般有権者による投票及び開票


 なお、米大統領選では失業率が大きな鍵になると言われています。過去50年、再選された現職で失業率が最も高かったのは1984年のレーガン大統領の7.2%でした。

 現在のアメリカの失業率は9%前後に高止まりしたままで、先週6日に発表された12月の失業率は8.5%となっています。「投票日に失業率が7.2%の上か下かで勝敗は決まる」とまで言われる米大統領選では、現政権による今後の経済運営も注目ポイントの一つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸っ子のヒーロー

 江戸時代、江戸っ子のヒーローは誰だったでしょう。北条氏を滅ぼしながら、足利尊氏に破れた新田義貞。新皇と称し関東に威を張りますが、平貞盛・藤原秀郷に討たれた平将門。平家を滅亡させるものの、兄・頼朝の猜疑を受け、奥州で憤死した源九郎判官義経。そして、仇討ちには成功しますが、最後は切腹となった、忠臣蔵の赤穂四十七士などなどが人気がありました。「江戸っ子の判官贔屓」と言う諺があるように、江戸っ子たちは、悲劇のヒーローを好んだのです。そしてそして、江戸っ子たちに、もっとも人気があったのが、日本三大仇討ちの立て役者、曾我兄弟の弟、五郎時致(ごろうときむね)でした。江戸では、お正月になると必ず、歌舞伎で「曾我物」と呼ばれる「曾我兄弟の仇討ち」をテーマにした芝居が上演されました。

 そんな「曾我物」の中で、一番の人気を得たのが「助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)」と言う芝居です。この芝居の主役「助六」は、江戸人に大人気のキャラクターで、江戸人は「そんな事をしたら、ご先祖の助六にすまねぇ」とか「俺は助六の子孫で、助八」などの洒落を飛ばしました。歌舞伎ファンならずとも、ご存じだと思いますが、この「助六」こそ、誰あろう「曾我五郎」なのです。

 この芝居の主な登場人物は、立役=侠客・助六(実は曾我五郎)、立女形=吉原の遊女・揚巻(あげまき、助六のガールフレンド)、敵役=謎の大尽・髭の意休(いきゅう・実は平家の武士、伊賀平内左衛門)、二枚目=白酒売新兵衛(実は曾我十郎)、若女形=吉原の遊女・白玉、老女形=満江(まんこう・曾我兄弟の母)、端役=男伊達・くわんぺら門兵衛、三枚目敵(半道敵)=朝顔仙平です。

 武士である曾我五郎は、親の敵を討つため、侠客の助六に身をやつして吉原に通います。そこで、誰彼と無く喧嘩をふっかけ、刀を抜かせますが、これは、親の敵が持っている「名刀・友切丸」を探すためです。すると、謎の大尽・髭の意休が現れ、揚巻を口説きますが、揚巻は拒絶。怒った意休は助六の悪口を言いますが、揚巻も負けじと、意休をやりこめます。そこへ助六が現れ、意休に喧嘩をふっかけますが、意休は挑発に乗りません。助六が意休の子分を蹴散らすと、白酒売新兵衛が現れ、喧嘩ばかりする弟をいさめますが、これも親の敵を討つためだと知り、納得したところへ、母の満江が現れ、白酒売新兵衛を伴って帰ります。助六と揚巻の濡れ場から、再び現れた意休に、とうとう刀を抜かせた助六は、その刀が「友切丸」である事を確信し、助六は意休を討ち、友切丸を手に入れ、仇の工藤祐経を討ちに行く、と言ったストーリーです。

 江戸のお正月、歌舞伎で演じられた「曾我物」は、この「助六由縁江戸桜」だけではありません。元禄十年(1698)中村座で「兵根元曾我」、宝永元年(1704)山村座で「平安城都定」。宝永五年、中村座で「傾城嵐曾我」。正徳三年(1713)山村座で「花館愛護桜」。同五年、中村座で「坂東一寿曾我」。同六年、中村座で「式例和曾我」。享保十八年(1733)市村座で「英分身曾我」。 元文四年(1739)市村座で「初髷通曾我」。延享三年(1746)市村座で「聞往昔曾我物語」。寛延二年(1749)中村座で「男文字曾我物語」。宝暦五年(1754)市村座で「儘愛護曾我」。そして、同十一年に市村座で「江戸紫根元曾我(助六所縁江戸桜)」が上演されるなど、幕末の慶応三年(1867)守田座「当九字万成曾我」まで、「曾我物」は、江戸のお正月を彩る一大イベントだったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

センター試験

 今日15日は「小正月」、近所で見かけないのが残念ですが、この時期に餅や正月飾りを持ち寄って焼く「どんど焼き(どんと焼き、左義長、歳の神 等々)」が懐かしく思い出されます。

 そんな時期ではありますが、受験生にとりましてはシーズン本番。昨日から2日間の日程で大学入試センター試験が行われます。

 今回、4年制大学(国立82、公立79、私立513)は過去最多の674校、短大161校(公立16、私立145)を含めますと合計835校が共通入学試験としてセンター試験を利用します。

 志願者数は、昨年度より3447人減の55万5537人で、うち今春高校を卒業する現役生は43万9713人(全体の79.2%)となっています。

 昨年のセンター試験では携帯電話を使った不正行為が問題になりましたが、今年は携帯電話をかばんにしまわず身につけていた場合は即座に不正行為とみなし、かばん内でマナーモードの振動音がしただけでも同じく失格にするといった厳格な対応を徹底する大学もあるようです。

 ところで、毎年この時期になりますとユニークな験担ぎや受験グッズが話題になります。

 博多弁で「きっと勝つとぉ」(きっと勝つよ)に商品名が似ている「キットカット」が御利益があるお菓子として有名ですが、モノレールの車両が落ちないように支える落下防止のワイヤや、氷の上でも滑らないアザラシの爪、電車の線路の滑り止めの砂などを御守りにしている受験生もいるそうです。

 ちなみに、これからが旬の「いよかん」は愛媛県(伊予国)特産の柑橘で、同地では「伊予柑でいい予感」として受験生の応援に一役買っているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落語イロハガルタ

 毎年オリジナルの落語イロハガルタを、読者様への御年賀とさせていただきます。(少々遅くなりましたが)今年もすべて落語・小噺だけで作ってみましたが、落語の題名は折り込んでいません。どの落語だか考えてください。

い 意趣晴らし 不気味に笑う どくろ哉
ろ ろくでなし 牛の御前に なりすまし
は 話しには 多少尾鰭が 付いてます
に 二百両 ぎった坊主が 還俗し
ほ 奉公し 教育すれば 真人間
へ へぼとへぼ 笠を被って 囲碁を打ち
と 道楽は 喧嘩の仲裁 する事です
ち 長者町 ほうきを売ってる べっぴんさん
り 律儀にも 百人縛って 縛られる
ぬ 盗まれた 釜の中には おじいさん
る 留守宅の 富くじ燃えたと 思い込み
を 奥様は 先の仏を 大事にし
わ 若殿の ために太鼓を 打ちまする
か からかさじゃ させそうでても させません
よ よう効くで 大和炬燵の 薬やで
た 谷風の 情けがしみて 嬉し泣き
れ 礼をする 月に雁金の 謎解きの
そ 早漏の 旦那はいつも 先に行き
つ 着きました ここはどこだい 網走です
ね 念の為 雨具持参が 礼儀だろ
な 吉原(なか)へ行く ならば羽織を 着てお出で
ら 来年の 事を言うたら 鬼笑う
む 麦畑 が川あぜ道が お寺さん
う 生まれたら 金の鳥居を 差し上げます
ゐ 一年後 子供がいるのが バレました
の 呑めるなら それで差し引きに しておこう
お おこもさん 美味い蕎麦だと 関取は
く 口開けは 半額ですと 啖呵売
や やせ我慢 払い落として おお冷てぇ
ま 間夫はオラ ほくそ笑んでる 角蔵さん
け けさがけに きられやしたと 百兵衛さん
ふ 風鈴を 猫の尻尾に 結びつけ
こ この店は ウナギの丸焼き 専門店
え えひゃひゃんひゃん ヘッコロ谷の 浪花節
て 鉄砲の 値を聞いたなら ズドンなり
あ 甘い汁 そんなんとうに 吸うてます
さ 魚屋さん マンションに入居 いたします
き きざなヤツ 腐った豆腐を 食わされる
ゆ 湯の中で ふんどし洗う 田舎者
め 目が覚めて 冷やでも良かったと 悔やみ言
み 水を飲み うどんは食わぬ 酔っぱらい
し 十二支は ネズミ半切りで 揃います
ゑ 閻魔でも 行きたくなるよな 良い世界
ひ ひょっとこの 顔になるのは あなたです
も 餅食らえ 蕎麦は無いから 酒食らえ
せ 清蔵さん すっかりミイラに なりました
す 捨松が 舟を漕いでる 夢の中
京 京都の お愛想義理で 茶漬け出し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13日の金曜日

 映画の影響が強く、13日の金曜日は西洋では忌日とされているという俗説が一般に信じられています。13日の金曜日を縁起が悪いとする説にはいくつも理由があり、様々な逸話がこの説を強化していますが、この日が不吉とされるのは英語圏の国と独仏などで、欧州でもその他の国ではそうではないようです。

 13の手前の12という数字は、1、2、3、4、6など多くの公約数を持ち、調和のとれた数字として洋の東西を問わず神聖視されています。「十二使徒」然り、「十二神将」然り、「十二支」然り。しかし素数である13は、古くから調和を乱す存在と考えられていました。建築物では13番目の階や施設を意図的に外す例もあります。また、カーレースのF1においてはカーナンバー「13」はなく、米中部標準時刻13時13分に打ち上げられたアポロ13の事故なども13という数字の縁起の悪さを印象づけています。

 もちろん国や文化によって縁起の良し悪しは違っており、13日に13歳の子が「十三参り」で福を授かる風習や、広東語で「實生(実るという意)」に発音に似ている「十三」を吉数とする中国の地方もあります。

 日本では死や苦を連想させる4や9が忌まれますが、好日悪日の判断としては大安や仏滅などの六曜(六輝)が一般的に用いられます。「本日はお日柄も良く」の「お日柄」も主に大安を指しており、お釈迦様が入滅(死亡)したとされる大悪日(仏滅)は祝い事には避けられます。

 ちなみに、「仏滅」と書くので仏教と関係のある言葉のように思われていますが、お釈迦様の入滅した日の旧暦2月15日が必ず仏滅となるのは偶然で、もとは「物滅」であり、本来はお釈迦様の入滅とは関係のない言葉です。今のような解釈となったのは明治に入ってからで、その他の六曜も後付の解釈が一般化しています。仏教本来の考え方は、たとえば禅語にある「日々是好日」です。

 江戸時代まで、ゲン担ぎとして六曜を使っていたのは主に博徒で、物がなくなるという意味の物滅が忌まれていました。物滅には「物が一旦滅び、新たに物事が始まる」との意味があるとして、物事を始めるには良い日との解釈もあります。


 戦国時代、陶晴賢(すえはるかた)は、毛利元就の拠点を攻める際、悪日となっている明日、明後日の決戦を避けるために近隣まで軍を進めながらそこで進軍を止め、日が経過するまで様子見を決め込んでしまいました。「明日、明後日が日が悪いのは分かる。しかし見方に取って悪日なら敵方にとっても悪日ではないか、目に見えない陰陽などを用いるより、目前に明らかな勝敗の理を逃す手はありません」と晴賢に進言する者もいましたが聞き入れてもらえなかったそうです。

 一方の毛利元就も明日、明後日が悪日であるということは承知しており、陶氏は吉日を選んで攻めてくるだろうことを推察していました。そしてあえて悪日の夜に出陣し、油断していた陶軍を見事撃破。毛利氏は出陣する際、扇の日の面を表にし、すでに悪日が明けて吉日に変わったとみたて、自軍を鼓舞したそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒稽古

 芸事や武道などでは、一年で最も寒いこの時期にあえて「寒稽古」を行います。寒中水泳などがテレビで放映されますが、本来の意味は我慢比べや余興などではありません。身を切るような凍てつく寒さの中に身を置き修練することで、自らの弱さに打ち勝ち(克己)、自らの前途を開くことを一つの眼目にしていると聞きます。「冬なくば、春なきに」と申しますが、厳しい環境の中で専心努力できる人には次への飛躍が待っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年のびっくり予想

 年始のウォール街の風物詩となっている「びっくり10大予想(テン・サプライズ)」は、世界最大の投資ファンド運用会社ブラックストーングループのバイロン・ウィーン氏が、一般的には可能性が低いと見なされていても同氏が5割以上の確率で起こると思う事柄を予想したもので、毎年の恒例となっています。

 ちなみに先日発表された今年の予想は下記のようになっており、今回は4項目が追加されています。


1)原油価格が1バレル=85ドルに下落。(5日終値比で約17%下落)

2)S&P500種指数は1400を上回る。(5日終値比9.3%上昇)

3)米実質GDP成長率は3%超、失業率は8%未満に低下。

4)大統領選は現職オバマ氏対民主ロムニー氏。民主党は下院で勝利するが、上院では敗北。

5)欧州は単一通貨ユーロ維持で結束、危機解決に向けた広範な計画を作成。ギリシャの大規模な債務再編などの苦痛を伴うが金融システムの崩壊は回避。緊縮財政の影響で欧州の景気は後退。

6)主要金融機関へのハッカー攻撃で一時的な銀行閉鎖を引き起こす。

7)スカンジナビアやオーストラリア、シンガポール、韓国など「自国経済を管理している」と思われる国の通貨が買われる。

8)米議会(与野党)は、今後10年間で債務を1兆2000億ドル削減することで合意。防衛費や医療費が大幅に削減され、農業補助金は減少、石油やガス関連の減税も縮小へ。

9)中東の民主化運動「アラブの春」拡大でシリアのアサド大統領が更迭。

10)中国、インド、ブラジルの株価指数が15~20%上昇。

11)米住宅市場が回復。

12)米10年債利回りが4%へ向けて上昇。(5日現在1.99%)

13)NY金先物相場は年内に1800ドルへ反発。(5日終値比11%高)

14)米州政府による財政引き締めで、州債の利回りは低下する。


 年始のニューヨーク市場で話題になる市場予測はもう一つあります。世界最大の資産運用会社ブラックロックのボブ・ドール氏による「10大投資予想」がそれで、今年の内容は下記にようになっています。

 1)欧州は景気後退に陥るが、債務危機は徐々に改善に向かう。
 2)米経済はもたついた状態が続く。
 3)経済成長は鈍るが、中国とインドで世界経済の成長の半分以上を占める。
 4)米企業業績は緩やかに拡大するものの、市場予測は下回る。
 5)米国債利回りは上昇に転じる。
 6)米国株は2ケタ上昇。
 7)米国株の値動きは3年連続で米国以外の市場を上回る。
 8)配当と自社株買いが過去最高を更新する。
 9)ヘルスケアとエネルギー株が、公益と金融株を上昇率で上回る。
10)共和党大統領候補がオバマ大統領に勝つ。


 ウォール街のご意見番として名高い両氏が、いずれも株価上昇を予想しているというのは興味深いところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十日えびす

 早いもので年が明けてから10日が経ちました。本日は「十日えびす」で、明日は「鏡開き」です。ご存知の通り、「鏡開き」とは、正月の20日ないし11日に、正月中飾っておいた鏡餅を割って、雑煮やお汁粉にして家族一同で食べる儀式です。

 そもそもは江戸時代に将軍と大名、大名と藩士たちが年頭に際して主の鏡餅を分け合うことによって主家の繁栄を祝福し、主従関係を固める意味合いがあったそうです。刃物で切るのは切腹を連想させるため、手で割ったり、木鎚で砕いたりしますが、「切る」という言葉を避けて「開く」という縁起の良い言葉を使っています。

 これを私たちの家庭にあてはめてみますと、家庭での家族間の結束を密にし、繁栄を祝福するのが鏡開きということになりそうです。元々は1月20日に行われていましたが、徳川家光が亡くなったのが20日(慶安四年四月)であったため、1月11日に変更されて現在に至っています。今でも1月20日に行う地方があるほか、京都では1月4日に行われているそうです。

 ちなみに、大小2つ重ね合わせるのは、月(陰)と日(陽)を表し、福徳が重なって縁起がいいと考えられたからだそうです。また、鏡餅を飾るのは12月28日が最適とされていますが、「八」が末広がりで良い数字とされているからです。大安を選んで供える地域もあるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成人の日

 総務省が昨年末に発表した人口推計によりますと、新年を20歳で迎えた新成人は前年より2万人少ない122万人(男性62万人、女性60万人)で、減少は18年連続、過去最少記録の更新は5年連続、日本の総人口に占める割合は0.96%となっています。

 ちなみに統計をさかのぼれる1968年以降、新成人人口の過去最高は、いわゆる第1次ベビーブーム世代が20歳を迎えた1970年(昭和45年)の246万人で、その半数を今回初めて下回りました。

 なお、辰年生まれの人口は1022万人(年男は496万人、年女は526万人)で、総人口の8%を占めますが、十二支別では10番目となっています。

http://www.stat.go.jp/data/jinsui/topics/topi560.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸新春小噺

【目出度い】
 ある所に、大変、縁起を担ぐ旦那様がおりまして、旦那「お目出度く、年が明けましたよ。お目出度く、布団を畳んで、お目出度く、お雑煮を頂きましょう。ああ、権助や。」
権助「あんか、用か?」
旦「ちょっとね、台所へ行ってほしいんだ。この前から、ネズミが出て、いたずらをして困っている。神棚に上げた御神酒の徳利を落とされるといけないから、見張っていておくれ。」
権「あんだ、そんな事か。」
旦「それから、言っておくが、万が一、ねずみがお徳利を落として、損じてしまっても、『割れた』『壊れた』などと、縁起の悪い事を言ってはダメだよ。そう言う場合は、『数が増えて、お目出度くなった』と言うんだ。」ってぇと、権助さん、襷十字にあやなしまして、鉢巻きをして、手には薪ざっぽうを持ち、台所へ来ると。
権「さあ、オラが来たからには、何が何でも、目出度くさせてなるもんか!」

【堪忍】
旦那「権助や、人間と言うものはな、怒ってはいけない。何事も、『堪忍』の二字が大事だ。」権助「そうかねぇ、旦さま。(指を折りながら)か、ん、に、ん。旦さま、堪忍てのは、四字でねぇか。」
旦「(ムッとして)そうじゃないよ。堪え忍ぶと書いて、堪忍てのは、二字だ!」
権「たえしのぶ!(指を折りながら)た、え、し、の、ぶ。ってぇと、旦さま、五字になりますだ。」
旦「お前もどうしようもない馬鹿だな!堪忍てのは二字だ!!」
権「旦さま、怒ってはいかねぇだよ。はぁ、オラは、堪忍の四字をしっかり守るべぇ。」

●能書き

【目出度い】
 縁起担ぎの噺のマクラとして、しばしば高座にかかる小噺です。権助さんにかかっては、縁起担ぎの旦那様も、たじたじと言う所ですね。

【堪忍】
 怒ってはいけないと、諭すはずの旦那が、逆切れしてしてしまうなど、これは、権助さんの勝ちの様です。新年になると、今年の目標を立てる方もたくさんおられるようです。権助さんは「堪忍」を今年の目標に掲げた様ですが、読者の皆様の今年の目標は?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸の富くじ事情

 江戸の富くじは、江戸以前の鎌倉時代からある、互助的な金融組合の「無尽講(むじんこう)」「頼母子講(たのもしこう)」がルーツと考えられます。この講は、組合員が一定の掛金を出し、抽籤などによって選ばれた当選者が、すべての掛金を入手できると言う組織で、抽選に当たった者でも、次回の開催には参加が義務づけられ、なおかつ、過去に当選した者は、再度、当選する権利が派生しないタイプのものと、当選したら、もうそのまま、次回からは参加しなくて良い、よりギャンブル制の高いものがあります。当選者は、当選金をもらい、次回から参加しなくて良いタイプのものは「取り退き無尽」とも呼ばれました。そして、この「講」の参加者を、一定の会員だけに限定せず、万人に開放したタイプのギャンブルとして、富くじが誕生しました。

 家康公が天下を平定し、生活が安定し、消費生活が盛んになると、一攫千金を狙う人達が増え、富くじは盛んになります。賭博行為は禁止していた江戸幕府も、財政が逼迫し、寺社への援助が出来なくなると、名君・吉宗公治世の享保年間(1716~35)に、寺社で富くじを発売する事を容認します。寺社で富くじを発行させ、そこから出る利潤で、寺社の修復等の必要経費を捻出させたのです。公認された富くじは、たちまち人気沸騰で、特に、谷中感応寺、湯島天神、目黒不動は、江戸の三富と呼ばれました。

 富くじは、落語での定番設定は「一枚一分で当たると千両」となっていますが、実際は、一枚の値段、発売枚数、賞金金額は、様々でした。ちなみに、「千両富」の場合は、くじ一枚が一分で、一万五千から三万枚ほど売り出されました。

 抽選方法は、大きな木箱に売り出された札と同じ番号を書いた木札が入っており、木箱の上部に開いた穴から、錐で突いて、当選番号を決定します。当たりは一本だけではなく、一等賞金千両の富くじだと、錐で突く事を百回繰り返し、一両、三両などの少額の当選番号から決定して行きます。最後の百番目を突き留めと呼び、突き留めが一等当選の千両となります。

 現代の宝くじの「前後賞」と「組違い賞」の様なものもあったそうです。すべての当たりくじへの払い戻し率は、総売上の約七割で、支払いは翌日か翌々日。もちろん、当たり札と交換。仮に一枚一分の富くじが二万枚売れたとしますと、二万分=五千両。ここから七割を払い戻すと、残千五百両。立ち会いの寺社奉行様や、検視役のお役人に、五百両ほどの袖の下を渡しますが、それでも、発売元の寺社には、千両もの大金が入って来るのです。

 この富くじは、化政期(1804~29)に最盛期を迎え、多い時は、一ヶ月に二十回以上も開催されました。しかし、堅物老中の水野忠邦が行なった天保の改革で禁止され、「宝くじ」となり、再び庶民が購入できる様になるのは、昭和二十年(1945)(当時は、勝札(かちふだ)と呼んだ)になってからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いろはうた

色は匂へど 散りぬるを (諸行無常 しょぎょう むじょう)
我が世誰ぞ 常ならむ  (是生滅法 ぜしょう めっぽう)
有為の奥山 今日越えて (生滅滅己 しょうめつ めつい)
浅き夢見じ 酔ひもせず (寂滅為楽 じゃくめつ いらく)

かぐわしく美しい花も やがては散る時がくる
生けるものはやがて死ぬ この世に不変なものなどありはせぬ
有為転変(常に移り行く)の現世の迷いを今越えて
浅はかな夢などもう見るまい 夢に酔ったりもするまい
(浅はかな夢を見ていたかのようである 酔っているわけでもないのに)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

睡眠不足だと太る

 何かと忙しい年末、睡眠不足の方もいらっしゃることかと思います。以前、米国のスタンフォード大学とシカゴ大学の研究チームが、「睡眠不足だと食欲が増えて太る傾向があるのは、食欲を高めるホルモンの分泌が増える一方、エネルギー消費を促すホルモンが減るのが原因である」とする調査結果を発表していました。

 これまで、睡眠時間と食欲ホルモンの相関関係は動物実験では分かっていましたが、人間で実証されたのは初めてです。20台前半の健康な男性12人を対象に、睡眠時間が2日連続で1日4時間の場合と9時間の場合を比較したところ、4時間だと主に胃から分泌され、食欲を高める「グレリン」の血中濃度が平均28%増える一方、エネルギー消費を促す「レプチン」が18%減少。実際に全員が強い食欲を訴えたそうです。

 また、別の調査では、1日の睡眠時間が常に5時間の集団は、8時間の集団に比べ、グレリンが平均14.9%多く、レプチンが15.5%少ないと判明しています。

 「睡眠不足だと太る」というのは、どうやら本当のようであり、メタボリック予防のためにも出来れば十分な睡眠を心掛けたいものです。


 ちなみに、『メタボリックシンドローム』とは、内臓脂肪型肥満によって、さまざまな病気が引き起こされやすくなった状態を言い、治療の対象として考えられるようになっています。肥満症や高血圧・高脂血症・糖尿病などの生活習慣病は、それぞれが独立した別の病気ではなく、肥満、特に内臓に脂肪が蓄積した肥満(内臓脂肪型肥満)が原因であることが分かってきたことが、その背景にあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しらたきと糸こんにゃく

 ここのところめっきり冷え込んで鍋物の美味しい季節となりましたが、その鍋物やすき焼きなどに使われる「しらたき」、或いは「糸こんにゃく」。「一体、どこが違うの?」と思ったことはありませんか。

 結論から申し上げますと、どちらも成分は同じです。「しらたき」も「糸こんにゃく」も、こんにゃく芋を粉にして石灰乳を混ぜて固めたものです。ただし、両者は加工法が若干違います。

 しらたきは、こんにゃくの液をところてんのように突き、細くしてお湯に放して固めます。これに対して糸こんにゃくは、固まってこんにゃくになってから突いて細い麺状にします。つまり、『こんにゃくになる前に突くのがしらたきで、こんにゃくになってから突くのが糸こんにゃく』という訳です。

 ご存知の通り、見た目では白くて細いのがしらたきで、黒っぽくて太めなのが糸こんにゃくです。糸こんにゃくが黒っぽいのは、海草(アラメ・ヒジキ)やお茶などで着色しているからです。しらたきの白は、こんなにゃく芋の粉そのものの色なのです。

 ちなみに、すき焼きの時、肉と糸こんにゃくを並べて煮ると凝固剤のカルシウムイオンの作用で肉が固くなりますので、なるべく離して煮るようにするのがコツです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたに出会えて良かった

 外は寒波のお正月となりそうですが、お正月は人の温もりを感じられる時でもあります。

 そこで今日は、有名な実話なのでご存知かもしれませんが、温かみを感じる話を一つご紹介したいと思います。

 その先生は小学5年生の担任をしていました。先生には、クラスにどうしても好きになれない児童がひとりいました。その少年は不潔でだらしなく、成績も悪く、友達もいない・・・そんな子で、どうしても愛することができなかったそうです。

 そしてある時、その生徒の1年生からの記録・評価が目にとまります。

1年生時「活発で人気者。人にやさしく、勉強もよくできます。」
2年生時「母親が病気で、世話のため学校に遅刻するようになる。
      明るさもなくなってきた。」
3年生時「母親の病気が重くなり、疲れて教室で居眠りするようになる。」
      母親が亡くなり、授業に全く興味を示さなくなっている。」
4年生時「父親がアルコール依存症となり、暴力を振るわれている様子。
      友達もいなくなってしまったようだ。」

 先生は愕然とします。ダメと決めつけていた生徒が突然、悲しみや苦しみに耐えて生きている生身の人間、やさしさで包んでくれる保護者のいないまだ小さな人間として目の前に立ち現われたのです。

 クリスマスが近づいたある日、クラスのみんながプレゼントを持ち寄りました。少年の持ってきた袋には、切れたネックスレスと半分くらいに減った香水の瓶が入っていました。笑う生徒もいましたが先生はたしなめ、香水を手につけました。そしてその日の夕方、少年は先生のところへやって来てこう言います。「先生、先生の匂いは、僕のお母さんの匂いと一緒だったよ」と。

 そう、少年のプレゼントは母親の形見だったのです。生徒が全て帰った後、先生は1人教室に残り、泣き崩れました。それ以来、先生は少年を一生懸命に勇気づけ、勉強にもついていけるように教えました。

 担任ではなくなりましたが、小学校を卒業する時に少年から手紙をもらいます。「先生は僕のお母さんのようです。そして今まで出会った中で一番素晴らしい先生です。」

 そして6年後、また手紙が届きます。「明日は高校の卒業式です。僕は五年生で先生に担任してもらって、とても幸せでした。おかげで奨学金をもらって、医学部に進学することができます。先生は、今まで出会った中で一番素晴らしい先生です。」

 数年後、また手紙が届きます。そこには医者になれることが記され、「僕はよく五年生のときの先生を思い出します。あのまま駄目になってしまう僕を救ってくださった先生を神様のように感じます。僕にとって、最高の先生は五年生の時に担任して下さった先生です。」

 そしてしばらくして今度は結婚式の招待状が届きます。カードには「母の席に座って下さい」と書き添えられていました。

 式の檀上で新郎は隣に座る先生に「先生、先生はこんな私でも、社会に何か貢献できることを教えてくださいました。本当にありがとうございました。」とささやきます。それを聞いた先生はこう言います。「あなたは間違っているわ・・・あなたこそが・・・ 私に・・・何か社会に貢献できることを教えてくれたのよ。あなたに出会ってから、あなたに教わったから・・・真の教師になれたのよ。本当にありがとう。」


 あなたに出会えて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

辰 年

 今年は「辰・竜年」ですが、何かと「辰・竜」に関する話題に接することが増えると思いますが、本日はいくつか辰・竜に関する諺や慣用句などをご紹介させて頂きたいと思います。


  ・竜の髭(ひげ)を撫でる

     大きな危険を冒すこと

  ・画竜点睛(がりょうてんせい)

     僅かなことでも、それを加えることによって物事が完成・成就すること

  ・画竜点睛を欠く

     肝心なところが欠けているために、完全とはいえないこと

  ・竜頭蛇尾(りゅうとうだび)

     始めは勢いが盛んでも、終わりは振るわないこと

  ・竜の髭(ひげ)を蟻(あり)がねらう

     弱い者が無鉄砲な勇気をふるって強い者に立ち向かうこと

  ・竜は一寸にして昇天の気あり

     俊才は、幼い時分から非凡な所があるということ

  ・雲は竜に従い風は虎に従う

     徳のある君主のもとには立派な賢臣が現れること

  ・虎口を逃れて竜穴に入る

     災難が次々に来ること

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お正月

  Photo_3                                                                                                                                                                                                      日本人にとりましてお正月は特別なものです。その証拠に、この時期にしか聞かない言葉 が数多くあります。そのお正月にまつわる様々な言葉と、それが表すしきたりに込められ   た「心」を理解できれば、新年の行事がより清々しく感じられるます。

 「注連縄」と書いて「しめなわ」と読みますが、これもお正月に年神様を迎える準備の一つです。神聖な場所と下界を分ける役割を持つ縄で、自分の家が年神様を迎えるにふさわしい、清められた所であることを示すものです。

 かつては年末に家庭で新しく注連縄を作り、家長が神棚のある座敷や井戸、蔵など家の中でも特に大切な場所に張り巡らせる習慣がありました。現在は簡略化され、注連縄と同じ効果があるという輪飾りや、注連飾りを玄関などに飾るようになりました。

 注連飾りは、小さな注連縄に長寿を願う植物の裏白(うらじろ:正月のお飾りに使われるシダで、表面は緑色ですが、裏面は白。裏を返しても色が白いことから、心に裏が無い、清廉潔白を願い、また白髪になるまでの長寿を願います)や、後の世代まで「福を譲る」という意味のゆずり葉、家が「代々栄える」よう願いを込めたダイダイなどをあしらったものがよく使われています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »