« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

トイレ

 今のように寒い時期というのはどうしてもトイレに行く回数が増えてしまいます。この生理現象は暑い時期に比べ発汗が少ないことや寒さによる膀胱の収縮などが影響しているそうです。

 ところで、英語ではトイレを「バスルーム」や「レストルーム」、「パウダールーム(女性用)」、「メンズルーム」、または「loo(ルー)」などと言い、「WC(ウォータークローゼット)」と表記したりしますが、日本語にも数多くの表現が存在します。

 大昔は川の水を建物内に引き入れ、そこで用を足したことから「川屋」もしくは建物のそばにある「側屋」との言葉が生まれ、それらが語源となって「厠(かわや)」との言葉が使われるようになりました。

 他にも「雪隠」や「東司」、シーシー十六のシャレで「十六」、「手水場(ちょうずば)」、「はばかり」、「御不浄」、「つきあたり」などの言い方があります。近年では、公衆トイレのことを「ハムト」(ハム=公)と言ったりします。

 また、接客業などではトイレに行く際にも様々な隠語が使われてきました。例えば「遠方に行く」というのは比較的スタンダードですが、他にも下記のような表現があります。

「レコーディングに行く」 レコーディング=音入れ=おトイレ

「横浜に行く」      横浜の市外局番045=おしっこ

「花摘みに行く」     もともとはトイレのない山などで使われた言葉

「キジを撃ちに行く」   同上、男性の場合

「10番に行く」     10はトイレのト

「4番に行く」      4はシー、または店によっては4番テーブルが
             存在しないことから


 京の花街などで使われる「高野参りに行く」なども風情がある表現です。また、トイレを意味する番号は業界などによって様々だそうですが、英語でも主に子供向けとして「No.1」は小、「No.2」は大というふうに番号をトイレの符牒に用いたりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボーイング787

 資源エネルギー庁が先日発表した灯油の店頭価格(全国平均)は1缶(18リットル)1784円で、原油相場が高値圏で推移していることや、為替相場の円安傾向で輸入価格が上昇したことが国内価格に影響し、約4年3カ月ぶりの高値となってます。

 ちなみに、ニューヨーク市場のWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油、ロンドン市場の北海ブレント原油、そして東京原油スポット市場で取引されているドバイ産の原油が世界の三大指標原油です。

 WTIの原油は主にテキサス州西部で産出される軽質原油で、「LightCrude Oil」(未精製の軽質油)、または「Light SweetCrude」の名で取引されており、ガソリンや軽油などの生産に適しています。

 WTIの原油価格は、現在1バレル=90ドル台で推移していますが、3年ほど前は60ドル台、10年前は30ドル台で取引されていました。

 軽質油から精製されるジェット燃料も昨今の原油相場の上昇の煽りを受けて価格が急騰。ジェット燃料の価格上昇は航空会社の収益に悪化につながり、必然的に低燃費の航空機の需要が高まりました。

 そのようなニーズを酌んで開発されたのがボーイング787(ドリームライナー)です。B787は低燃費実現のために炭素繊維などを使った複合材を多用し機体を軽くしたことに加え、従来はエンジン出力の一部で油圧ポンプやエアコンなどの装置を動かしていましたが、装置用の電源を大容量のバッテリーに置き換えることで、エンジン出力の全てを推進力に使えるようして燃費改善につなげています。

 B787は、バッテリーの電気を使って機器のほとんどを電子制御化しました。結果として、電気配線が複雑化し、バッテリーも大型化、それ故この機体は「電気の塊」とか「電気のオバケ」とも言われています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リンゴ

 ミカンと並ぶ冬の果物といえばリンゴ。そのリンゴの値段は17年ぶりの高値水準にあるそうですが、『1日1個のリンゴで医者いらず』と言われます通り、食物繊維やカリウムが豊富で、生活習慣病予防や胃腸の働きを促進する効果があります。

 リンゴを丸かじりすると、噛むことで歯肉がじょうぶになり、唾液の分泌もよくなって虫歯や歯肉炎などの予防効果があり、さらに大腸がん予防や便秘の解消・・・等々、幅広い効用があり、貴重な果物と言えます。

 果汁が多い「ふじ」、大き目の「陸奥(むつ)」、甘みが多い「つがる」、甘酸っぱい「ジョナゴールド」や「紅玉(こうぎょく)」、貯蔵性に優れた「国光(こっこう)」、黄色種の代表「ゴールデンデリシャス」や「王林(おうりん)」・・・等々、様々な種類がありますが、選ぶ際は皮の色が濃く、ツルの周辺のくぼみが深いものが果肉が詰まっていて美味しいそうです。歯が弱い方は、すりおろしリンゴやリンゴジュースといった方法があります。

 国内生産量では青森県が6割近くを占めてトップ、2位は長野県で約18%、3位は岩手県で約6%。世界の生産量では、中国が断トツのトップで2位はアメリカ、3位はトルコとなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そばとうどん

 古くから、江戸は「そば」で、上方は「うどん」と言うイメージが定着しています。これは、食文化の違いと言うより、土地の違いに起因する所が多いのです。上方は濃尾平野の様な豊かな土壌の場所が多く、小麦の生産が盛んなため、小麦粉を使った「うどん」が主流となって行くのですが、東日本は、関東ローム層に代表される様な、どちらかと言うと植物の育成に適さない場所が多いため、やせた土地でも効率よく収穫できる「そば」の育成が主流となって行くのです。

 長野(戸隠蕎麦)、栃木(日光蕎麦)、岩手(わんご蕎麦)、新潟(へぎ蕎麦)などそばの名産地は、東から北日本にかけての寒冷地、やせた土地が多いですよね。そのため、江戸期には、「上方はうどんで、江戸はそば」と言う食環境が定着します。やがて、平和な江戸期が終わり、明治になり、文明開化のため、鉄道などの交通網が発達するに従い、今まで江戸に搬送されるのはほんのわずかで、ほとんど上方で消費されていた「小麦粉」も、関東以北へも運送可能となり、江戸(東京)でも「うどん」が食される様になります。そんな状況下で登場したのが、「鍋焼きうどん」の担い売りと言う事になります。それまでは、二八そば、風鈴そば、夜鷹そばと呼ばれる「そばの担い売り」しかなかった江戸(東京)の町に、「鍋焼きうどん」が進出して来たのです。

 しかし、「鍋焼きうどん」と言っても、現代売られている、玉子、かまぼこ、椎茸、ネギetcなどの具、盛りだくさんのものではなく、明治期の鍋焼きうどんは、かまぼこに菜っ葉が入っているくらいのものでした。

 江戸期、貧しい農村では米はあくまでも年貢用、売却用でした。できるだけ白米は売って、日常はお米に、麦やひえ、あわなどの雑穀を混ぜたものを主食としていました。こう言うと、江戸が嫌いな方達から、「だから、江戸時代は封建制、貧しい者から、搾り取れるだけ摂取した」などと揚げ足を取られてしまいますが、これは、あくまでも、貧しい農村に限られた事で、通常の農村や都市部では、普通にお米を食べていました。そして、西日本を中心に、お祭りなどの「ハレ」の日は「うどん」を食べる風習がありました。

 おめでたい日には「お赤飯」や「鯛」を食べると言うのが、現代では主流です。赤い色はおめでたい色で、喜ばれるのですが、お赤飯の原料の餅米や小豆、それに鮮魚の鯛は、江戸ではまだまだ高価で、庶民の祝いの席では、用意できるものではありませんでした。そこで、「ハレ」の日の食材として「うどん」が用いられたのです。うどんは高価ではありませんが、作るのに手間がかかる食べ物です。ですから「ハレ」の日などの特別な時にだけ作って食べる、特別料理だったのです。

 うどんを、焼きそばの様にフライパンで炒める「焼きうどん」ってありますよね。お酒のおつまみにもなかなか行けるし、お腹もいっぱいになるし、なかなか良い食べ物です。あるおそば屋さんに伺ったのですが、そこのお店の「裏メニュー」に「焼き蕎麦」と言うのがあるのです。もちろん、みんなが通常に食べている「焼きそば」ではなく、日本蕎麦を焼きうどんの様に味付けして炒めるもので、試しに一食ご馳走になりましたが・・・「美味しい!!!」。日本蕎麦には、こんなかくれた食べ方もあるのですね、一度お試しを・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カドイワシ

 沖縄では観測史上最速で桜(ヒカンサクラ)が開花し、ウグイスの初鳴きも観測されたそうですが、まだ厳冬の中にある北海道の小樽では、寒風が吹きつける中、ニシン漁が行われています。

 1970年代に流行った「石狩挽歌」という歌に「あれからニシンはどこへ言ったやら」という一節がありますが、冬の荒海でのニシン漁を歌った「ソーラン節」の威勢の良さと比べますと寂しさが漂います。

 その昔、ニシン経済とまで言われた北海道では、漁が始まる頃になると鉄砲打ちや子供が大声で遊ぶことを禁じたほど、ニシンに気をつかっていました。昔の日本経済はお米で成り立っていましたが、こと北海道にあっては「ニシンはお米であって、魚には非ず」としてニシン(鰊:東で多く獲れる魚の意)を漢字で「鯡」と書くようになったとも言われています。

 当地ではニシン漁で財を成し「ニシン御殿」が建ち並ぶほど活況でしたが、1950年代後半になるとバッタリと獲れなくなり、「幻の魚」とまで呼ばれるほど水揚げが激減していました。その様子が「石狩挽歌」の歌詞にもあらわれています。

 ニシンは昔「カドイワシ」と言い、塩蔵した卵は「かどの子」と呼ばれ、それが現在の「数の子」。漁獲量の激減で「黄色いダイヤ」の異名を持つようになった数の子は日本のお正月に欠かせない食材です。また、日持ちしないニシンを流通のため干物にした「身欠きニシン」も北国や山間部では昔は貴重な食材で、産地から遠く離れた京都では蕎麦の具や煮物に使われ、伝統的な京料理の一つとなっています。

 ニシンは「春告げ魚」とも言われます。小樽沿岸のニシンの漁期は1月10日から3月25日までで、近年は放流事業などが功を奏し水揚げが増えつつあり、水揚げされた銀鱗(ぎんりん:銀色に輝く魚)に北の漁港が活気づいているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春 菊

 鍋料理の美味しい季節ですが、その鍋料理に彩りを添えてくれる「春菊」。中部・関西では「菊菜」とも呼ばれていますが、春に黄色い花が咲き、菊の香りに似ていることから、そう名付けられたそうです。

 ホウレン草や小松菜と並んで代表的な緑黄色野菜で、ベータカロチン(ビタミンA)、ビタミンB、Cなどが多く含まれていますが、そのビタミンAやCは、風邪や肌荒れ、ガンを予防してくれます。春菊200グラムで1日に必要なビタミンAが摂取でき、他の緑黄色野菜と比べて、鉄・カルシウム・カリウムなどのミネラルが多いのも特徴、さらに食物繊維も多く、便秘に効果を発揮します。

 その独特の香りは、胃腸の働きを促進したり、痰(たん)や咳(せき)を鎮めたりする効果があり、中国では、肝機能を増強し、腸内の老廃物質を排出する漢方薬としても使われています。

 また、春菊は入浴剤にすることもでき、菊や葉を陰干しして、ネットや布袋に入れてお風呂に浮かべますと、体をあたため、肩こり、神経痛に効果を発揮するそうです。生産が盛んなのは、千葉県、大阪府、群馬県などです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

火事とインフルエンザ

 今から300年程前の江戸は、人口100万人を超える世界最大級の都市でした。当時の家屋は木材と紙(襖や障子)で出来ていたため、ちょっとした火の粉が元で大火となることもしばしば。

 「火事と喧嘩は江戸の華」と言われましたように火事は日常茶飯事でしたが、1657年1月18日に発生した「明暦の大火(振袖火事)」は死者数10万とも言われ、震災戦禍を除けば日本史上最大の火災となっています。

 明暦の大火があった旧暦1月18日は新暦でいえば2月下旬になりますが、現代でも今の時期は空気が乾燥しがちで、暖房器具の利用と相まって火災も発生しやすく、新聞やテレビなどでは毎日のように火災のニュースを伝えています。

 今日も多くの地域に乾燥注意報が発令されていますが、この注意報は木材の乾燥具合を示す実効湿度が50%以下、または1日の最小湿度が25%以下になると予想される場合に出されるもので、本来が火災に対する注意喚起です。

 また、空気が乾燥すればインフルエンザも広がりやすくなります。患者数が基準を超えた東京都は昨日、インフルエンザの流行注意報を発令し、手洗いやうがいの励行のほか、乾燥しがちな室内での適度な加湿、換気の促進を呼びかけています。

 インフルエンザにかかったり、火災が発生しやすい時期であることを認識の上、皆様も十分にお気をつけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

物価指数

 経済の状況を物価との関係から見た場合、教科書的に言えば次の4つの局面があります。

 【リフレーション】    物価上昇率が高く、かつ経済成長率も高い

 【インフレーション】   物価上昇率が高く、経済成長率は低い

 【ディスインフレーション】物価上昇率は低いが、経済成長率が高い

 【デフレーション】    物価が下落、かつ経済成長率も低い


 景気不況時や過熱時に、物価を安定させ、経済の健全な発展を促すために、金融の緩和や金融引き締めによって景気を刺激したり抑制を図る日銀は、必然的に物価の動向に注目することになります。

 物価を示すには経済統計はいくつかありますが、中でも「消費者物価指数」と「企業物価指数」の重要度が高いといえます。

 物価指数(Price Index)の一つ「消費者物価指数」は「CPI(Consumer Price Index)」とも呼ばれ、日本の場合、毎月26日を含む週の金曜日に発表されます。

 消費者物価指数は約600品目に関して消費者が購入する小売り段階での価格を指数化したもので、すべての商品を総合した「総合指数」以外に、物価変動の大きい生鮮食品を除いた「生鮮食品除く総合指数(コア指数)」も発表されます。

 生鮮食品は消費者物価全体の数パーセントを占めるに過ぎませんが、その価格は天候等で大きく左右され、全体への影響も無視できないものとなるため、生鮮食品を除いたコア指数の動向に注目が集まります。

 ちなみに、アメリカのCPIでは、変動の大きいエネルギーと食品を除いたコア指数の動きが重要視されます。
 
 消費者物価がお金の流れの下流域(消費段階)での価格変動を示しているのに対し、企業物価指数(CGPI:Corporate Goods Price Index)はもう少し上流域、生産者あるいは企業間取引での値動きを示しています。

 ちなみに似たような指標に、アメリカの生産者物価指数(卸売物価指数:PPI:Producer Price Index)があります。

 企業物価指数では、主に国内企業物価、輸出物価、輸入物価の3つの指数が作成され、毎月第8営業日に前々月の確報値と前月の速報値が発表されます。

 企業物価指数は輸入依存度の高い日本では世界の商品市況や為替動向の影響が受けることになります。また、原材料価格の変動が最終製品価格に反映されるには時間がかかることから、物価指数の中では最も先行性があります。

通常、企業物価が緩やかに上昇し、消費者物価は安定しながら徐々に上昇することが成長に伴う本来の経済の姿です。企業収益が増加するとともに労働者への還元(賃上げあるいは一時金の増加)により消費者の懐も潤い、消費者心理が好転、景気も巡航速度で上向いているというのが理想的な経済の状態です。安倍総理がインフレ目標を口にするのも、このようなことを意識してのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タ ラ

 「魚」に「雪」と書いて「鱈」(タラ)。字の如く、雪の降る節に産卵期を迎え、味が良くなります。すり身の原料にするスケソウダラなどもありますが、単に「タラ」と言う場合は「マダラ」(真鱈)を指すことが多いです。

 タラは食欲が旺盛で、貝や小魚、イカなどを手当たり次第に食べます。実際に食べ過ぎが原因で胃潰瘍(かいよう)にかかる魚もいるといいます。この大食いの性質から「鱈腹(たらふく)」という当て字が生まれたそうです。

 身は脂が少なく柔らかな白身で、たらちりなど鍋物にして食べるのが一般的です。世界でもタラはポピュラーな魚で、揚げたタラにフライドポテトを添えた英国の「フィッシュ&チップス」は有名です。

 ちなみに、「スケソウダラ」は水分が多く、鮮度が落ちやすいため、かまぼこやちくわなど加工品の原料になることが多いです。また、身よりも雌(メス)の卵巣を塩蔵した「たらこ」や唐辛子で漬けた「からし明太子」の方が馴染み深いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

非常用の備蓄

 大きな災害は甚大な被害をもたらしますが、反面、多くの教訓も残します。相次ぐ災害により、国民の防災意識は確実に高まりました。例えば非常用の備蓄に関してもそうです。

 大地震の際は火と灯りと情報の確保が重要とされ、「カセットこんろ」「懐中電灯」「ラジオ」が震災時に役立つ「三種の神器」と言われています。

 他に重宝するものとしましては、ラップフィルム(サランラップ等)や大きめのゴミ袋が挙げられます。ラップフィルムは、食器を包めば汚さずに済み、清潔な状態を保つことができ節水にもなります。身体に巻きつければ防寒、緊急時の包帯として利用することもできます。ゴミ袋も応用範囲が広く、水の備蓄の際にも役立ちます。

 東日本大震災の際はあらゆるモノが不足しましたが、被災地以外でも電池や燃料の他、地域によりましては停電や断水の影響で水や食料の調達に支障が生じ、女性の生理用品や乳児のミルクや紙おむつなども不足、トイレットペーパーは一時店頭から消えました。

 また、長時間停電した経験を踏まえ、ローソクやランタンを常備している人や携帯電話の予備バッテリーを準備している人も多いはずです。停電によりATMが使えなくなることを考えますと、いざという時のために現金もあった方が良いでしょう。

 ところで、カップ麺やレトルト食品、缶詰なども含め非常用として準備している食品の賞味期限は意外と短いものです。乾電池の使用期限は5年というものがあれば、2年という短いものもあります。備蓄は賞味期限や使用期限を確認し、消費しながらまた新しいものを補充してゆくというように、常にローテーションしながら更新することが大切です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変わりつつある暮らしの言葉

 早いもので、年が明けて3週間が経ちました。時の経つのは本当に早いものです。その時の移り変わりとともに日常使われる言葉も次第に変わってきています。例えば、着物文化に欠かせない「衣紋掛け」(えもんかけ)が洋服文化の浸透につれて「ハンガー」と呼ばれるようになり、「下駄箱」(げたばこ)が「靴箱」となっています。

 「変わりつつある暮らしの言葉」という特集を以前に新聞で見かけましたが、感慨とともに懐かしささへ覚えました。その中から、以下にて一部ご紹介したいと思います。


・字引   → 辞書      ・筆箱       → ペンケース
・アベック → カップル    ・とっくりセーター → タートルネック
・庭いじり → ガーデニング  ・バンド      → ベルト
・流し   → シンク     ・魔法瓶      → ポット
・寝間着  → パジャマ    ・コップ      → グラス
・ズボン  → パンツ     ・下着       → インナー
・チャック → ファスナー   ・クーラー     → エアコン

・お勝手  → 台所    → キッチン 
・パーマ店 → 美容院   → サロン
・ジーパン → ジーンズ  → デニム
・乳母車  → ベビーカー → バギー


 ちなみに、一昔前まではパンツと言えば、感覚的に下着というイメージがありましたが、最近の若い世代の間ではズボンのこと。下着のことは、インナーという人が増えているようです。どうやら年月の移り変わりと共に確実に言葉の使い方も変わってきているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

100年企業

 帝国データバンクの調査によりますと、143万社に達する日本企業の平均年齢は35.6歳で、今年に節目となる周年(創業10~200周年)を迎える企業(周年記念企業)は13万5千社を超え、うち上場企業は297社を数えます。

 上場企業では創業190周年を迎える戸田工業(4100:電子部材製造)や140周年の大成建設(1801:総合建設)、120周年のツムラがあり、その他、下記のような企業がちょうど100周年の節目を迎えます。


  ハウス食品 (2810) 食品製造

  住友化学  (4005) 総合化学

  サカタのタネ(1377) 種苗専業

  ニッカトー (5367) セラミックス中堅

  住江織物  (3501) じゅうたん類製造

  三井松島産業(1518) 石炭卸


 ちなみに、帝国データでは10年刻みで周年記念企業を集計していますが、5年刻みで創業記念行事を行うケースもあることから、実際にはさらに多くの企業が今年節目を迎えることになります。

 余談ではありますが、日本最古の企業は、聖徳太子の命によって四天王寺建立に関わった金剛組(大阪市)で、1440年前の西暦578年の創業以来、現在まで続く世界最古の企業でもあります。

http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p121201.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イノベーター理論

 マーケティングの世界には、消費者の商品購入態度を大きく5つのタイプに大別する「イノベーター理論」なるものがある模様です。

 新製品、新商品が発売された場合、まず目新しいものが好きな「イノベーター(革新者)」と呼ばれる層が買う。これに次いで流行に敏感な「アーリーアダプター(初期採用者)」層が続く。それから慎重派の「アーリーマジョリティ(前期追随者)」が購入。周りのみんなが買ってるから、きっと良い物なんだろうってことで「レイトマジョリティ(後期追随者)」も重い腰を上げる。そして最後に動くのが「ラガード(遅滞者)」と呼ばれる層・・・。物凄く大雑把に言うと、イノベーター理論はこんな感じです。

 家電製品などにその傾向が顕著ですが、発売当初は価格の高かった画期的新製品も時が経ち、世の中に普及してくるにつれてお手頃価格になっていくもの。すると買いたいのをできるだけガマン、購入をできるだけ先送りにした方がおトクっぽく思われますが、これが必ずしも賢い消費とも言えません。人の人生同様、製品にもライフサイクルというものがあり、ガマンにガマンを重ねてやっと購入した頃には、より便利な代替製品が登場しているケースが多いのです。

 ずーっと欲しかったのをガマンして、ようやく豪華オーディオセットを買ったものの、購入直後にレコード時代は終焉、世の中はCD時代へ。前から欲しかったワープロを買った直後、字が書けるだけでなく色々便利なパソコンが一気に普及。セガサターンというゲーム機を遅ればせながら購入すると、セガのゲームはドリームキャスト時代へ移行。MDウォークマンを買ってきたら、iPodなど内蔵メモリー型の時代に。年代物のビデオデッキがとうとう壊れ、やっとDVDを導入したら、時代はもうブルーレイ。

 購買に関しては非常に保守的で、言い換えるなら優柔不断の極みとも言える我が両親。慎重なのは決して悪いことではありませんが、時には即断即決するスピードも必要じゃないか?と思う次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

末尾が「3」の年

 過去、末尾が「3」の年(西暦)はエポック・メーキングな(新たな時代を切り開くような、革新的な)モノやサービスが多数登場しています。代表的なものを列挙するだけでも下記のような事例があります。


 1873年 陸軍食堂のメニューにカレーライスが登場


 1903年 浅草に日本初の常設映画館が開業


 1953年 NHKと日本テレビが本放送開始

       屋上ビアガーデン1号、日本初のスーパーマーケットが開業

       国産初の白黒テレビ受像機発売


 1963年 大河ドラマ第1作「花の生涯」が放映される

       日本アニメの礎となる「鉄腕アトム」放送開始


 1973年 イトーヨーカ堂がヨークセブン(現セブンイレブン)設立


 1983年 東京ディズニーランドが開園

       任天堂「ファミリーコンピュータ」発売

       カシオ計算機「G-SHOCK」発売


 1993年 プロサッカーリーグ「Jリーグ」が開幕

       シネコン(複合映画館)第1号が神奈川県海老名市に開業


 2003年 六本木ヒルズ開業


 今年も、歴史に名を残すモノやサービスがたくさん登場する可能性は大です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

交通事故

 警察庁のまとめによりますと、昨年1年間に交通事故で死亡した人は全国で4411人(前年比201人減)で、12年連続の減少となりました。

 交通事故による年間の死者数が4500人を下回るのは、1951年(昭和26年)以来、61年ぶりで、死者数が最多だった1970年(昭和45年)の1万6765人と比較しますと4分の1近くにまで減少しています。

 尚、昨年の死者数4411人のうち、65歳以上の高齢者は2264人(51%)を占め、割合としては過去最高を記録しています。

 ところで、運転免許証を取得する際、教習所では「だろう運転」と「かもしれない運転」を必ず習います。

 たとえば進行方向の路上に子供がいるのを視認した時、「飛び出しては来ないだろう」と思うのではなく、「飛び出してくるかもしれない」ので注意を怠ってはいけないという、事故予防の教えです。

 「大丈夫だろう」と思う心はすなわち「油断」であり、そこからは変化や危険に対応しようとする心の準備は生まれず、油断していたがために結果として事故を引き起こすケースも少なくありません。

 また、日常生活におきまして、手順どおりにやったつもりでも期待した結果が得られないということがあるかと思います。「間違いないはず」という思い込みや先入観が問題に気づかせることを阻害してしまうケースです。

 「手を上げて、渡る前に右左」の標語は、歩行者に確認の上にも確認せよと注意を促しています。システム化が進み、ボタンを押すだけで処理が実行される今の世の中では尚更そういった姿勢が求められます。

http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001105450

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国 籍

 2020年の夏季オリンピック&パラリンピック開催を目指し、マドリード・イスタンブール・東京の3都市が立候補ファイルを提出。招致合戦の行方に興味津々です。

 昨年夏のロンドン五輪は記憶に新しいとこですが、意外に忘れがちなのがタレント・猫ひろしさんの「幻のカンボジア代表」事件。男子マラソンで五輪出場すべくカンボジア国籍を取得した猫さん、一度はカンボジア代表として選出されたものの国際陸連の一声で資格を剥奪されてしまったわけですが、果たして2016年のリオ五輪出場はいかに?

 さて、外国国籍を取得するのは、何もオリンピック出場のためだけとは限りません。このたびフランスの人気俳優、ジェラール・ドパルデュー(63)はロシア国籍を取得、しかもプーチン大統領から直々にパスポートを手渡されるという超VIP待遇!・・・ちなみにドパルデュー氏のロシア国籍取得、年収100万ユーロ超は税率75%という仏・オランド政権の富裕層増税への抗議とか。

 そのドパルデュー氏に続け!とばかりにロシア国籍取得を検討しているフランス人が、往年の銀幕スター、お色気ムンムンのセクシー女優だった「BB」ことブリジット・バルドー(78)。

 70年代半ばに映画界を引退、その後は動物愛護運動に注力していたバルドー、今回ロシア国籍取得申請を進めているのも動物愛護ゆえと聞きます。なんでも結核になったサーカスのゾウ2匹に殺処分命令が下されたことに反対、「ゾウを殺すならフランス国籍を捨ててロシアに行くわ!」と宣言しているらしいのですが、彼女がフランス国籍を捨てることで愛護活動に何らかプラスがあるのか?また、数ある国の中で何ゆえロシアを選ぶのか?ちょいと気になるところです。

 ブリジット・バルドーと言えば数ある銀幕スターの中でも特に恋多き女性、スキャンダルの絶えなかった女性として有名。身を焦がすような衝動、情熱に全てを委ねることは一概に悪いこととも言えませんが、そうそう変えられないのが国籍だけに、国籍選びまで一時の熱情に駆られて「エイヤ!」と決めてしまっては大変。BBよ、国籍選択前の下調べ、調査は入念に!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペット

 人間のペットとしては、犬と猫が双璧です。日本人が犬を飼い始めたのは、新石器時代と言われ、秋田犬、甲斐犬、土佐犬、紀州犬などの優れた品種も生み出されています。しかし。猫は古代日本には生息していませんでした。 猫(家猫・飼い猫)のルーツは、アフリカからインドにかけて生息するリビア猫を家畜化したものと言います。これが古代ギリシャで愛玩され、八世紀頃ヨーロッパに伝わります。

 その猫が、中国を経由して日本にもたらされたのは、元慶八年(884)、つまり平安前期です。中国人が日本と行き来する船の中で、猫を飼っていたのです。これは、ペットとして日本へ高値で売るのと同時に、船中で貨物をネズミの害から守ると言う目的もありました。

 下って鎌倉時代、北条実時(ほうじょうさねとき=鎌倉中期の武将。義時の孫。(1224~1276))が、現・横浜近郊(金沢)に多くの書物を集め、「金沢文庫」を作ります。ここに多くの漢書が集積されましたが、その書籍を輸入するにあたり、中国の猫を船に乗せて、書籍がネズミにかじられない様にしました。日本に着いて、任務を終えた猫達は、北条氏などの豪族にペットとして配分されたのです。この猫達の子孫が後の「金沢猫」と呼ばれるものになります。

 やがて、戦国時代が終わり、平和江戸時代が訪れると、それまで上流階級でしか飼う事の出来なかった猫も、裕福な町民の間にも愛玩動物として普及し、江戸中期以降、町民が武家をしのぐ様な経済社会になると、裏長屋の庶民でも、少し生活に余裕のある家庭であれば、猫ちゃんをペットとして飼えるようになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成人の日

 今日は「成人の日」です。近頃の成人式はまるで七五三のようですが、「成人」とは本来は徳も学も備わった、心身ともに一人前の大人のことを言います。成人すると法律的には大人とみなされ、自覚のあるなしに関わらず法律上独立した社会人としてすべての行動は自己責任となります。

 ちなみに、総務省が昨年末に発表した2013年1月1日現在の人口推計によりますと、1992年生まれの新成人は122万人(男性63万人、女性59万人)で、データが残っている範囲で過去最低だった昨年と同じ値となっています。

 総人口比では3年連続で1%を割り込み、新成人人口が最も多かった1970年(昭和45年)の246万人の半数を2年連続で下回りました。

 尚、総務省の統計と違い、実際の成人式の参加者は学齢方式によることが一般的です。つまり、今年の成人式は1992年(平成4年)4月2日から1993年(平成5年)4月1日までに生まれた男女が対象となります。

 ところで、今年の新成人が生まれた1992年というのは景気後退が鮮明になった年でもありました。

 この年の2月、当時の経済企画庁は日本経済が前年1~3月期をピークにリセッション(景気後退)入りしたと発表し、公式にバブル景気が終結したとの認識を示しました。3月に発表された公示地価(1992年1月1日時点)は17年ぶりに下落し、8月には日経平均株価が6年ぶりに1万5000円を割り込みました。雇用情勢が悪化し、「就職氷河期」との言葉も登場しました。

 また、東海道新幹線の「のぞみ」が運転開始、長崎で「ハウステンボス」が開業したのもこの年で、大相撲では貴花田、小錦、曙らが活躍。NHKの大河ドラマは緒形直人主演の「信長 KING OF ZIPANGU」で、テレビCMでは双子のおばあさん「きんさんぎんさん」が人気者となりました。

 冬と夏のオリンピックが同じ年に開催されたのは1992年が最後で、2月8日からアルベールビル(フランス)で冬季オリンピック、7月25日からはバルセロナ(スペイン)で夏季オリンピックが開催されました。当時14歳の岩崎恭子選手の「今まで生きていた中で一番幸せです」 、マラソンに出場した谷口治美選手の「こけちゃいました」も話題になりました。

 その頃の赤子が成人になるのですから、年もとるわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びっくり予想

 金融機関や金融関係者が新しい1年の「びっくり予想」を出すケースが最近増えていますが、本家の米著名ストラテジスト(投資戦略設計の専門家)のバイロン・ウィーン氏(米ブラックストーン・アドバイザリー・パートナーズ副会長)による今年で28回目の「びっくり10大予想(テン・サプライズ)」は下記のようになっています。


1)イランが核ミサイルを製造するのに十分な濃縮ウランを保有していると発表。経済制裁や外交圧力を受けてもイランは兵器開発をやめず、世界各国はイランを核保有国として扱わざるをえなくなる。

2)世界景気減速や競争激化を背景に米企業の売上高の伸びが鈍化し、S&P500種指数は1300以下に下落する。

4)アメリカが中東産石油への依存から脱却。NY原油の先物価格は1バレル=70ドルに下落する。

5)共和党が移民政策で主導権をとり、居住10年超などの条件を満たす不法移民にも米市民権の申請を許可する法案を議会に提出。共和党は2016年の大統領選・議会選に向けたヒスパニックの支持拡大を狙う。

6)中国の指導部が汚職の根絶や7%超の経済成長の維持、健康保険・年金制度の拡充などを進め、上海株式市場は大きく上昇する。

7)今年も異常気象で農作物の不作が続き、穀物や畜産物の価格が大きく上昇する。

8)金価格が1トロイオンス=1900ドルに達する。

9)円の対ドル相場は1ドル=100円に下落する。輸出が改善し、世界3位の経済大国の株式に投資家が戻る。日経平均株価は強い上昇基調が続き、1万2000円を超える。

10)欧州は構造的な問題の大部分が残り、緩やかな景気後退が続く。欧州株式相場は米株式の下落につれ安し、10%下げる。


 ちなみに、この予想は「平均的な投資家は3分の1程度しか可能性がないとみているが、ウィーン氏自身は50%以上の確率で起きると考える」シナリオを列挙したもので、米ウォール街では年初の恒例となっています。


 ウィーン氏の今年の予想が的中するかどうかについては1年後に明らかになりますが、昨年のびっくり予想では「米原油先物価格が1バレル=85ドルに下落」「S&P500種指数は1400を上回る」「失業率が8%未満に低下」「NY金先物相場が年内に1800ドルへ反発」などの項目が的中しており、今年の日経平均に言及した部分も決して「びっくり(予想外)」ではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タンス預金

 越年した「タンス預金」は86兆円!!

 国民1人あたりに換算すると70万円。
 世帯人数の平均を4人とすると、1世帯あたり280万円もの現金が、自宅に置かれたまま、2013年の新年を迎えたようです。

 こうした現金は「タンス預金」と言われ、合計額は過去最高、86兆円といいますから、ものすごい金額ですよ。これは。

「誰が? どこで? なぜ?」と左右に首振りながら、連呼したくなります。


 背景にあるのは、近年の「超低金利」と「デフレ」の影響。

 銀行に預けておいても金利が低いのでお金が増えない。普通預金の金利はだいたい0.02%。100万円を1年間預けてたったの200円です。

 だったら、銀行に預けるのも、わが家のタンスに預けるのも、そう変わらない、、、じゃあ、手元にあるほうが安心できる・・・・、ということ。


 さらには、「デフレ」・・・物価の下落です。

 お金が増えなくても、物価が下がれば、お金の価値がアップします。

 数年前に10万円程度していた液晶テレビが、いま3万円で買えるとすると、いまの10万円では3台のテレビが買えるということ。
 これ、すなわち、物価下落によるお金の価値の上昇。
 同じ金額で買えるモノが増えるということですね。

「だったら、タンスの中に現金を入れておけばいい」という気持ちになるのもおかしくありませんね。


 昨年末に発足した新しい政権では、「デフレ退治」が最優先の取り込み事項とされています。

 金利、為替、株価が、当面、動きやすくなりそうです。

 一喜一憂、ジタバタしないようにするとともに、生活に直結するこれらの動向、その意味や背景の理解を含め、注視しておきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鏡開き

 今日は「鏡開き」です。ご存知の通り、「鏡開き」とは正月の20日ないし11日に、正月中飾っておいた鏡餅を割って、雑煮やお汁粉にして家族一同で食べる儀式です。

 そもそもは江戸時代に将軍と大名、大名と藩士たちが年頭に際して主の鏡餅を分け合うことによって主家の繁栄を祝福し、主従関係を固める意味合いがあったそうです。刃物で切るのは切腹を連想させるため、手で割ったり、木鎚で砕いたりしますが、「切る」という言葉を避けて「開く」という縁起の良い言葉を使っています。

 これを私たちの家庭にあてはめてみますと、家庭での家族間の結束を密にし、繁栄を祝福するのが鏡開きということになりそうです。元々は1月20日に行われていましたが、徳川家光が亡くなったのが20日(慶安四年四月)であったため、1月11日に変更されて現在に至っています。今でも1月20日に行う地方があるほか、京都では1月4日に行われているそうです。

 ちなみに、大小2つ重ね合わせるのは、月(陰)と日(陽)を表し、福徳が重なって縁起がいいと考えられたからだそうです。また、鏡餅を飾るのは12月28日が最適とされていますが、「八」が末広がりで良い数字とされているからです。大安を選んで供える地域もあるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巳年生まれ

 2013年の干支「巳(み)年生まれ」の年男と年女は合わせて1020万人。総人口に占める割合は8.0%となっています(2013年1月1日時点、総務省調べ)。内訳は男性494万人、女性526万人です。

 巳年生まれで最も人口が多いのは48歳になる昭和40年(1965年)生まれの178万人で、36歳になる昭和52年(1977年)生まれの171万人、72歳になる昭和28年(1953年)生まれの168万人が続いています。少子化の影響もあり、12歳になる平成13年(2001年)生まれになると116万人とグンと減少しています。


 十二支別の人口を見ますと、最も人口が多いのは丑(うし)年生まれで1145万人。子年1127万人、辰年1116万人と続き、巳年生まれは10番目。最も人口が少ないのは午(うま)年生まれで968万人となっています。

http://www.stat.go.jp/data/jinsui/topics/topi660.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

値 段

 皆さん御存知のように、今年の築地の初競りでは、222キロのまぐろがキロあたり70万円、なんと1億5540万円で落札されました。落札したお鮨屋さんは、このまぐろを高く売る訳ではなく、通常通りの値段で供したとのことで、この部分だけを見れば明らかな赤字です。宣伝・広告のために落札したとか、様々な理由が云われていますが、私はこの“値段”と云うものだけに着目したいと思います。

 値段は価値か?儲けることが価値とは云いませんが、或るモノを買う場合にはそれでそのモノ自体で儲かるか損するかは何かしらの意味でそのモノの価値と関係がある筈で、そう考えるとモノの価値と値段の関係は乖離している、或いは乖離し得ると云えます。宣伝と云う副次的な効果を考えても、そのような効果は他のモノを使っても可能だったと思われ、そう考えると副次的効果まで考慮しても、モノの値段はモノの価値から離れ得ると云うことになります。

 値段とはお金の現象である。株価然り、デフレ・インフレ然り。なべてモノの値段はお金の現象です。お金が向かう所、お金が向かった時に、そのモノの値段は上がるのです。今回の初競りのことを聞いて、釣り上げた漁師さんをお祝いしたい気持ちになると共に、今年の日本の値段現象を占う事柄のように思えるのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒 中

 5日の「小寒」から20日の「大寒」を挟み、2月3日の「節分」までの約1か月間を「寒中」と言います。「寒中見舞い」は極寒の今の時期のあいさつです。

 芸事や武道などでは、一年で最も寒いこの時期にあえて「寒稽古」を行います。寒中水泳などもテレビで放映されますが、本来の意味は我慢比べや余興などではありません。

 身を切るような凍てつく寒さの中に身を置き修練することで、自らの弱さに打ち勝ち(克己)、自らの前途を開くことを一つの眼目にしていると聞きます。

 「冬なくば、春なきに」と申しますが、厳しい環境の中で専心努力できる人には次への飛躍が待っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おみくじ

 店先や玄関先に飾られた正月飾りが今の季節を教えてくれていますが、仕事が始まり、年始回りが終われば、普段と変わらない日常に戻ります。

 ちなみに、正月飾りをつけておく期間を意味する「松の内」は、もともとは15日の小正月まででした。江戸の頃に7日をもって飾り納めを指示する御触書が発せられてから、関東で正月飾りは7日までという習慣が生まれましたが、関西圏では15日までのところが多いようです。

 ところで、初詣の際におみくじを引いた方も多いかと思います、意外と知られていないのがおみくじの縁起の良い順番で、上から順に下記のようになっています。

 大吉 中吉 小吉 吉 末吉 凶 大凶

 さらに細かく分かれている場合には、

 大吉 中吉 小吉 吉 半吉 末吉 末小吉 凶 小凶 半凶 末凶 大凶

 となります。

 引いたおみくじをどうするかについては、良いおみくじは持ち帰り、良くないおみくじは境内の木の枝などに結ぶというのをよく見ますが、決まりはないそうです。

 凶のおみくじを、利き腕でない方の腕で境内の木に結べば、困難な行い(修行)を達成をしたことになり、凶が吉に転じるとの説がありますが、「結ぶ」という行為には神さまとの縁を結ぶという意味があるため、良いおみくじを結んでも構いません。

 また、良くないおみくじでも、記されている教訓を戒めのつもりで持ち歩くという人もおり、逆に滅多に出ない凶や大凶のおみくじを縁起が良いとする考え方もあります。

 この一年の吉凶を占うおみくじですが、「陽極まれば陰生じ、陰極まれば陽に転ずる」と言われますように、良いおみくじであっても怠らず励み、良くないおみくじであっても用心して誠実に事にあたれば、必ず御加護があるということだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初競り

 全国各地で新春恒例の儀式・行事が行われておりますが、東京・築地市場における初競りもその一つ。初競りのマグロは「ご祝儀相場」として高値がつくのが常ですが、今年はレベルが違います。不況やデフレはどこへやら、青森県大間産クロマグロ(重さ222キロ)についたお値段、仰天の1億5540万円!これまで最も高かった昨年を3倍近くも上回り、ダントツの史上最高値を更新!・・・キロ換算すると1キロ約70万円にもなるこのマグロ、果たしてそのお味やいかに?

 初競りマグロに破格の値がついたから、商売繁盛で景気のいい一年に・・・というのはさすがに短絡的ですが、マグロを甘く見てはいけません。マグロと真正面から向き合うことで見えてくる物も色々とあるはずで、事実数年前には『会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ(齊藤正明著・マイコミ新書)』がベストセラーとなりました。

 この本のタイトルに嘘偽りなく、マグロが人間的成長を促してくれるであろうことは、マグロ釣りの第一人者・かの松方弘樹氏が芸能界の大御所として君臨してる事実を見ても明らかです。マグロ万歳!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

認知症

 日本人にみられる認知症は大部分がで、「アルツハイマー型認知症」は少ないといわれていましたが、最近では欧米人と同じく日本人にもアルツハイマー型認知症が増えています。また、脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症のほかに「レビー小体型認知症」も研究・注目されていますが、それぞれに症状が違います。

○アルツハイマー型認知症
 認知症の中で最も多く、全体の約半数。70歳前後の女性に多くみられます。記憶障害が初期から現れ、物忘れを自覚できず、新しく体験したことを覚えられません。具体的には「家事や趣味など今までできていたことをしなくなった」「同じことを何回も言うようになった」などの症状が出ます。時間、場所、人の順で、把握や理解ができなくなります。末期になるまで感情は保たれ運動障害はみられませんが、軽症でも「とられ妄想」が現れるのが特徴で、症状が進むと妄想、錯乱、徘徊などがみられます。発症後の寿命は約10年とされています。

○脳血管性認知症
 脳血管障害が原因で起こる認知症で、全体の約2割を占めます。50歳位から好発し男性に多くみられます。比較的急性に発症し、症状は不均一で脳発作のたびに階段状に進行します。片麻痺、構音障害、嚥下障害、歩行障害、尿失禁、病的反射などの神経症状を伴いますが、認知機能の障害は比較的軽く、いわゆる「まだらぼけ」のため、記憶障害は進んでいても計算や理解力は正常です。精神症状としては意欲、意識、感情の障害がみられ、症状が進むと、せん妄や被害妄想などがみられます。発症後の寿命は約7年ほどですが、生活習慣の改善などで予防が可能です。

○レビー小体型認知症
 脳神経細胞内に「レビー小体」といわれる異常なタンパク質の塊が出来るのが原因です。認知症全体の約2割を占めています。男性に多く、好発年齢は60歳以降ですが若年層にもみられます。症状は不均一で階段状に進みますが、症状が良くなったり悪くなったり動揺がみられます。初期に幻覚、幻視、妄想が出るのが特徴です。意識障害、注意力障害、パーキンソン病様の症状などもみられます。発病後の寿命は約7年ほどです。

 認知症はその進行を遅らせることはできても、治すことはできないというのが医療業界の見解です。しかし、脳腫瘍や慢性硬膜下血腫などからくる認知症の場合は、原因となっている病気の治療を行うことで、認知症もまた治療が可能です。脳神経外科医として、日々このような「治療可能な認知症」を見逃さないようにと心掛けています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中高年に多い病気 肺炎

若い人の肺炎が細菌やウイルスによって発症するのに対し、高齢者の肺炎の多くは異物の誤嚥によって起こる「誤嚥性肺炎」です。 

 「肺炎」は、高齢者の直接的な死因のおよそ3分の1を占めます。高齢者にとっては恐ろしい病気です。 

 免疫力が低下し体力がなくなった高齢者は、気管に上気道(鼻、口・のど)分泌液、唾液、食物などが入ってしまっても、咳き込みが弱いので外に出すことができません。そのまま気管支まで入れてしまう誤嚥(ごえん)を起こし、その結果、肺炎を起こしてしまいます。

 寝たきりの場合は特に、食べたものや唾液、胃液などを誤嚥しやすくなります。 

 高齢者の肺炎の特徴は、症状がはっきりせずまちまちで、熱も若い人ほど出ないことです。無症状に近く、急速に悪化することもあります。定型的な症状・所見に乏しいので、見逃しやすいのです。 

 食欲不振や全身倦けん怠たい感などが唯一の症状で、急速に意識障害に陥いることもあります。

 ですから、早期発見・早期治療が重要です。食欲が急に落ち、全身がけだるくなるなどの症状があれば、熱はなくても一応肺炎を疑って、かかりつけ医に胸のX線写真を撮ってもらいましょう。ただし、まれに胸部X線写真に明らかな肺炎像が現れる前に死に至ることもあります。 

 高齢者は、肺炎を誘発し悪化させる原因として多くの臓器に障害を抱えていることがあります。そのため治療は困難で、予後(回復の見込み)は、ほかの臓器機能に左右されるといえます。肺炎そのものの処置と並行して、多臓器障害の処置も重要となりますので、入院が必要になります。 

 肺炎に対する治療としては、幅広い効果をもつ抗生物質を組み合わせて使い、原因菌がはっきりした時点で最適な薬に切り替えます。しかし、高齢者では原因菌の同定が困難な場合が少なくありません。一般療法としては、水分の補給、酸素投与、理学療法などを行います。 

 予防は、風邪をひかないことが第一です。風邪が流行しているときは不要な外出を避けましょう。日頃から栄養管理に留意し、体力をつけておくことです。 

 食後すぐに横になると、食べた物が胃から逆流して誤嚥が起こりやすくなります。なるべくひと休みしてから横になるよう気を付けましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

将軍の屁

 西洋では、食事の最中にゲップをするのは大変失礼で、いやがるんだそうでございます、その代わり、おならはしてもかまわねぇってんだ、国が違うといろいろ違うもんで。昔の人の戯れ歌の「屁だ屁だと隔ててみれば憎けれど身から出てみりゃ我が子同然」、してみりゃおならもかわいいんでしょうか。お正月など綺麗なお嬢さんが、百人一首をして遊んでいる、札を取る時にお尻が上がって粗相をする、勝負はそっちのけで、大笑いになる、これは大勢さんだから、笑いになるんですが、一人じゃこんなつまらない事は無い、一人で本を読んでいて、足がしびれたんでかかとをずらす、こう言う時は、大きいのが、「誰だい、ブーだなんて・・・誰もいないや、あっ、今のは俺か。なんでぇ、つまらねぇ。」なんてんで、川柳に「屁をひって可笑しくもなし独り者」。

 「汝らは何を笑うと隠居の屁」。「屁をひりに屋根から降りる宮大工」、本当ですかね、屋根へ上がってお宮を作っている大工さんが、わざわざはしごを降りて、下まで来てやらないでしょう。「腕相撲屁をひったのが負けとなり」。「屁を殺しあたり四面に掛かり合い」。「ズボンの屁右と左に泣き別れ」。「前足の屁で後足はごく難儀」、お芝居の馬の足だ、芝居の最中に前足が粗相をする、臭いからったって、馬の横っ腹から顔を出せませんや。「またしても屁元争い下女小僧」、おっつけあっている。「すかしても音のするのが河童の屁」。「馬の屁の終いに困る渡し船」。「音も香も空へ抜けてく田植えの屁」。甚だしいのは「外で屁をひる雪隠の居催促」、便所の前で、おい早く出なよ、いつまで入ってんだよ、こっちは待ってんだから、ブー、なんてんで催促をするてんで。

 「尻と顔両方へ出る娘の屁」。「嫁の屁は五臓六腑を駆けめぐり」、我慢をすると逆に戻りますからな。我慢しないでご不浄へ入って、えばってやりなさい、けど、あまり大きいのはね、「屁をひって嫁は雪隠出にくがり」、よほど大きかったんでしょうな。「屁の論に泣くのもさすが女なり」。

 おならにも四季がございまして、春のおならは「川越しの肩温かき春の風」、大井川の川越し、川越人足の肩車で川を渡る、川の中程で客人が人足の肩の上で粗相をする、人足の背筋を通って、ふんどしで止まろうてんで。夏は「ぶくぶくと水に泡立つスイカかな」。秋は「ごめんごめんと芋食いすぎし今日の月」。冬が「炬燵から猫も呆れて首を出し」、よっぽど臭かったんでしょうな、猫が患っちまった、お医者へ連れて行って、熱を計ったら、平(屁)熱だった、てんで。

 ご自分の粗相を人に押しつけて、それを取り返した人がいる。姑と嫁が並んで座っている、姑さんがブーッとやってしまったが、この姑さん、少し底意地の悪いところがある、「なんです、あなたは、人の前でブーだなんて、気をつけなさいよ」、たいがいの人でしたら、「あら、今のはお母さんですわ」と言うのでしょうが、このお嫁さんは大変にお利口だ、「お母さん、申し訳ございません、つい、粗相をいたしまして、あのね、お母さん、私、この前、先生に伺ったんですけれども、おならと言うものは、体が丈夫なればこそ出るんですって、おならをなさる方は大変長生きするんだそうです」、「そうかい、じゃ今のあたしんだよ、返しておくれ」。

 お後は下女の屁だ、「おなべや、お茶持っておいで」、「旦那様、お茶持ってまいりました、プーゥ」、「コラ、なんだ主人の前でプーゥだなんて、お仕置きをしてやる」、下女のお尻を巻くって、打とうとすると、このお尻が白くてポチャポチャっとしてる、「幸い今日は女房は留守だ」なんてんで、このご主人が下女と浮気をしてしまった、明くる日も奥さんが留守、「おなべや、お茶持っておいで」、「旦那様、お茶持ってまいりました」、「お前、そこで何してるんだ」、「旦那様、私、今、おならしたんですけれども」、考え落ちと言うヤツで、末恐ろしい下女がいたもんで。

 さて、人間である以上、どんな尊い身分の方でも粗相をする、その昔、天下の将軍が粗相をした、しかも城中、おめでたい日で、御三家を筆頭に、御三家と言うと、水戸黄門に尾州公に紀州公、この御三家を筆頭に、二百六十余大名、きら星のごとくずらりーっと居流れている、御簾が上がると将軍様がしずしずとお出ましになる、結構な座布団へ座ろうとして、片足を上げた、どうしたはずみか、将軍様が大きいヤツをブーっと落としてしまった、さあ、普段楽をして、美味しいモノを召し上がっているから、前にいた水戸黄門、思わず鼻を押さえて、「草(臭)木もなびく、公のご時世」、上手い事を言ったもんで、今度は尾州公が「武(ブー)運長久」、紀州公が「天下泰平(屁)」、あまり手口が良いので、諸大名、思わず両手をついて、「へへっ、へっへぇー」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結 露

 この時期、窓や窓枠に結露(けつろ)が出来やすくなります。カビの原因ともなるので早めに手を打つ必要があります。以前、新聞にお奨めの結露対策という記事が出ていましたので、ご紹介させて頂きます。


1.あさは3分でも5分でも窓を開けて換気すると結露が少なくなる

2.寝る前に新聞紙を貼り付けておくと水分を吸収し、翌朝その新聞紙でガラスをふけば掃除にもなる

3.中性洗剤を溶かしたものをぞうきんに付けて窓ガラスをふくと少なくなる

4.洗濯物を部屋の中に干さない

5.押し入れのふすまは少し開けておく

6.市販の結露防止スプレーをかけると2週間くらいの効果がある


 既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、一度試してみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリジナル落語イロハガルタ

い いざ語らん 「怪談ショート ショート」をば
ろ 櫓を放し 「漁師の夫婦」は 熱戦中
は 馬鹿な事 「化物娘」を 孕ませる
に 臭うのは 腐った「須磨の 浦風」だ
ほ 本物は 「幽霊の辻」に 出ています
へ 変な客 ばかり来るのは 「代書屋」だ
と とっくりと 「備前徳利」 考えた
ち 誓います 「堪忍」の四字 守る事
り 立身は 「御神酒徳利」の お陰です
ぬ 盗人が 「表彰状」を もらいます
る 留守番の 「安兵衛狐」を 追い出した
を をへそから のぞいちゃいやと 「古手買い」 
わ 若旦那 「二階ぞめき」で 喧嘩する
か 「角兵衛の 婚礼」トッピキ トッピキピ
よ 良い「かしま」 なかなか探し 出せません
た 誰にでも 負ける相撲は 「大安売り」
れ 礼を言う 「不動坊」火焔は 宙ぶらりん
そ 蕎麦好きの 腹痛「疝気の 虫」のせい
つ 妻は死に 「アソコの幽霊」に なりました
ね 寝るのなら 「お馬」と一緒に 寝るしかねぇ
な 馴れ初めは お花半七 「宮戸川」
ら 来年も 「霜夜狸」よ 来ておくれ
む 無茶苦茶な 「端物講釈」 調合し
う 謡いなら まかせておけと 「高砂や」
ゐ 囲碁を見る 「岡目八目」 落っこちた
の 喉元を 過ぎて忘れる 「やめられない」
お おつまみを 賭けて言い合う 「ん廻し」
く グルメなら 「天狗刺し」など 如何です
や 「弥次郎」は 大猪を 退治する
ま 負からない 「道具屋曾我」の 大道具
け 「結婚式 風景」変な 祝辞かな
ふ 普請場で 「黄金の大黒」 掘り起こし
こ 「小間物屋 政談」粋な 裁きかな
え 江戸一の 花見の名所 「あたま山」
て 「天王寺 詣り」は犬の 供養する
あ あの家は そろそろお銚子の 「代わり目」だ
さ 侍が 「紋三郎稲荷」に 成り済まし
き 「きゃいのう」は 頭が火事で 熱いのう
ゆ 雪の夜 「和歌三神」で ございます
め 「めでたい」と 言ってなるかと 権助は
み 見たとおり 「蔵前駕籠」は 御用済み
し 借金の 攻防「掛取 早慶戦」
ゑ ゑえ何か 「妖怪ばばぁ」と 聞き返す
ひ 貧乏人 成りたい病は 「宝石病」
も 持ち寄った 「寄り合い酒」は みんなタダ
せ 前後から 屁まみれになる 「軽石屁」
す 「すかしっ屁」 中より外の 方がまし
京 京都から 「西京土産」は 嫁を取り 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸幕府の将軍の正月

 江戸幕府将軍は、通常は大奥ではなく、中奥にある御座の間と言う場所で寝ます。元旦も御座の間で目覚めると、手水を使い、トイレに行き、長裃(なががみしも=肩衣と、それと同じ色文様の長袴とを着る、諸大名の出仕の通常礼装)を着用します。それから、御錠口(おじょうぐち)と言う所を通って、大奥へ行き、大奥の女中がいっせいにひれ伏す中、御座所で、御台様(みだいさま=将軍正婦人)と顔を合わせ、新年の挨拶を交わします。御台様は「新年のご祝儀めでとう申しあげます」と丁寧に挨拶しますが、将軍の挨拶は「めでとう」の一言です。

 それから、夫婦でお雑煮を祝いますが、肝心なお餅は入っていません。初代将軍家康公は天下を取るため、日々戦に明け暮れ、惨めな負け戦もありました。正月もお雑煮など食べている余裕はありません、そんな初代の苦労を忘れないために、徳川将軍家の元旦のお雑煮は、お餅抜きのお雑煮です。

 そして、元旦の朝五つ(現代の午前八時頃)、将軍は大奥から中奥へ戻り、直垂(ひたたれ=垂領(たりくび)式の上衣で、袴と合せて用いる武家の代表的衣服)に着替え、白書院へ出ると、下段の間には、御三家を始め、親藩・譜代や大大名、老中・若年寄などの幕府重役がずらりと居並び、将軍が着座すると、老中が「新年の御慶、言上し奉る」と申し上げます。それに対する将軍の挨拶は、また「めでとう」だけです。次ぎに将軍は大広間へ行き、中大名・小大名、諸奉行の挨拶を受けますが、これは十把一からげで、一グループづつ順番に前へ出て、平伏するだけです。御簾の中にいる将軍は、あくびをしたり、居眠りしてたり、ひどい時は、トイレットタイムで不在。そうとも知らず、無人の御簾に平伏する大名もありました。

 二日は外様大名の年賀で、やはり「めでとう」の繰り返し。三日は「御判初め(おはんぞめ)」と言って、あらかじめ用意された重要ではない決裁書類に判子を押す儀式があります。四日は「坊主の日」で、殿中に勤める坊主達の祝賀を受けます。それからも、殿中のお能の鑑賞会、講書始め、武術始めなど、公式行事が六日までずらっと並びます。七日は大奥で七草粥を食べて、御台様とくつろいで過ごし、八日からは、通常通りの政務を中奥で執り行う事になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おせち

  

Kadomatu2

 正月飾りの門松。松は長寿を、竹は発展を願い、「松は千歳を契り、竹は万代を契る」との諺もあります。さらに縁起を担ぐ場合は、風雪に耐え、百花に先がけ花開く梅花を、ワラなどでかたどり添えます。

 お正月のお節(おせち)。来客の度に台所に立たなくてもいいように、日持ちのよい料理を重箱に詰めたお節料理も縁起の良い食材でいっぱいです。マメ(健康)に暮らせるようにと黒豆を、子孫を増やし家が繁栄するようにと数の子を、喜ぶことが多いようにと昆布巻きを、腰が曲がるまで長生きしたいとの願いで海老を、金運を呼ぶ栗きんとん(金団)、遠くまで見通せるレンコンなどなど。

 また、赤い実の南天も、福寿草の花とセットで「難を転じて福となす」という縁起物として正月飾りに用いられます。

 単なる縁起担ぎと笑う人もいるかもしれませんが、大事なのは形ではなく、 そこに込められた気持ちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »