« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

チンゲンサイ

 中国語で「青梗葉」と書く「チンゲンサイ」。今ではハウス栽培が盛んで1年中出回っていますが、暑さに強く、青物野菜が全般的に品薄となるこの時期に露地物が収穫されます。国内の主力産地は静岡県です。

 ハクサイやカブと同じアブラナ科の植物で、中華料理の代表的な葉物野菜として普及。日本では1972年日中国交回復の中国野菜人気にのり、「タアサイ」とともに広がりました。

 あくが少なく、味に癖がないため肉と相性がよく、炒め物や煮物など調理方法は多彩。中華料理だけでなく、西洋料理から日本料理まで幅広く取り入れられています。アルカリ性のミネラルが豊富な緑黄色野菜で、ビタミンAやCが豊富な健康野菜としても知られ、夏風邪の予防に効果があるとされています。

 スーパーなどで選ぶ際は、葉の緑色が鮮やかでハリのあるものが良く、葉が黄色っぽくなっていたり、葉の茎の部分が筋っぽいものは古いので避けるのが良いそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴトー日要因

 銀行の窓口が混雑する日として週末や月末の他に「ゴトー日」があります。ゴトー日は「5・10日」または「五十日(ごとおび)」と記され、毎月5日、10日、15日、20日、25日、30日または月末を指しています。

 日本ではこれらの日に決済を行う企業が多く、給与や賞与が日払いでない場合の支払日もほとんがゴトー日で、そのため金融機関の窓口が混雑します。また、取引の締め(決済)がその日に多いということは人やモノの移動が増えるということであり、そのため道路が混雑することになります。

 決済がゴトー日に集中することは、為替相場にも影響を与えています。輸入代金の支払いのための手形の決済日もゴトー日になっていることが多く、その日は企業は輸入代金の支払いのためにドルを調達する必要があり、この点で普段よりもドル買い需要が強くなります。

 銀行は午前9時55分頃に仲値(その日の基準レート)を決定しますが、ゴトー日は企業のドル需要に応えるため銀行は普段よりも多めにドルを手当てしようとします。このためゴトー日の午前10時頃にかけてドルが上昇する傾向があります。このことを「ゴトー日要因」と言います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トウモロコシ

 トウモロコシ、漢字で『玉蜀黍』と書きます。5月から九州産が出始め、現在は関東産が中心、そして8月下旬からは北海道産が主流となってきます。

 食用にされるのは甘みの強いスイートコーンで、食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。収穫後も糖分を使って呼吸し続けるため、鮮度が落ちると甘みが減ります。そのため、購入後は早めに調理する必要があります。その日に食べてもらえるように多くの農家は夜明け前から収穫し、朝早い時間に出荷しています。

 ゆでて食べるのが一般的ですが、ラップに包んで電子レンジで4~5分過熱するだけでも食べられ、これが水分や甘みが逃げない美味しい食べ方だそうです。

 ちなみに、トウモロコシは小麦・米と並んで「世界三大穀物」の一つであり、世界全体の生産量のうちアメリカが4割を占める最大生産国です。2位は中国、3位はブラジルです。日本は世界最大の輸入国であり、輸入量の9割をアメリカに依存しています。また、日本国内で消費される75%は家畜の飼料用として使用されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピーマン

 連日の暑さで夏バテ、或いはお盆休み疲れの方もいらっしゃると思います。睡眠も浅く、食欲も減退となる訳ですが、疲労回復に効果的なのが「ピーマン」だそうです。

 今ではハウス栽培で1年中出回っていますが、本来の旬は夏。唐辛子を品種改良し、食べやすくしたのがピーマンで、蒸し暑いこの時期には目に鮮やかな緑が食欲を与えてくれます。

 ピーマン100g中のビタミンC含有量は約80mgと豊富で、中ぐらいの大きさのピーマン4個で1日に必要なビタミンCがとれるそうです。しかも、ピーマンのビタミンCは加熱しても壊れにくいのが特徴。夏バテ予防に試してみる価値がありそうです。選ぶ際には、色が濃くて表面にツヤがあり、果肉が厚めのものが良いそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日露戦争

 20世紀初頭、大国ロシアは不凍港を獲得すべく南下政策をとり、満州から朝鮮半島にまで進出する気配を見せていました。国力で10倍以上の差がある大国に対し、国の存亡を賭して否応なく戦ったのが日露戦争でした。

 国力の上では完全勝利はおろか8割・9割の勝利など望むべくもない戦争で、51:49というようなわずかであっても優勢な状況を得て、それをもって講和に持ち込むというのが開戦当初からの日本の思惑でした。

 ところどころに見事な勝利もあり、勝利が喧伝されるたびに国民は喜び、露軍を北極海に追い落とせ的な威勢の良い論調がはびこっていました。しかしながら、開戦から1年超が過ぎ、ロシアはまだ戦争継続が可能でしたが、日本の実情はほとんど戦争遂行能力を失っていました。日露戦争は小国の日本が大国ロシアに勝った戦争として歴史に刻まれていますが、賠償金を諦めざるをえないほど全体としては危うい勝利でした。

 一方では、大国に対する勝利で国民の気分は高まり、講和条約締結の報に接した大群衆が「条約を破棄しろ」「戦争を遂行しろ」と叫び暴動が起こり、一時は戒厳令が敷かれたほどです。気分に左右されがちな世論が、国の将来に対して常に正しいわけではないということの事例でもあります。

 日露戦争でかろうじて勝利を拾った理由としては、一つには当時の日本の首脳が自国の能力を正確に把握し、戦争遂行のために冷徹な計算を行ったことがあげられます。一方、当時のロシア側に敗因を求めるならば、少数の冷静な判断を抹殺する老化しきった官僚制度、「負けるわけがない」というロシア宮廷の気分・盲信・油断があげられますが、皮肉にも昭和初期にかけての日本も同じ病に冒されることになります。

 ところで、「寡をもって衆を制する」的な奇襲作戦は日本人が好むところであり、源義経の鵯越(ひよどりごえ)や織田信長の桶狭間の戦いなどが典型的な例です。しかしながら、圧倒的な兵力・火力・物資を予定戦場に集めて敵を撃滅するというのが古今東西の戦術の原則であり、織田信長も桶狭間を除けばすべてこのやり方です。信長の戦術家としての偉大さは、桶狭間の奇襲作戦の勝利を例外として、一度もその成功体験を自己模倣しなかったことです。

 日露戦争も実は桶狭間的な要素に満ちた戦争であり、それを先例としてしまったところにその後の第二次世界大戦終了までの日本の不幸の一因があります。また、日露戦争では「寡をもって衆を制する」ような劇的な勝利がところどころあったがために、その勝利を「天佑(天の加護)」と感じる者も少なからず、その後も天佑を当てにし、作戦に精神論が入り込む余地を生む結果を招いています。

 また、戦況報告に文飾は必要ありませんが、セメントで固められた要塞の銃火の前に日本人の新鮮な血肉をたたきつけるような戦いを行った第三軍にあっては「鋭意攻撃中ナルモ敵頑強ナリ、ワガ軍の士気大イニ熾(サカ)ンナリ」という具合で、負けている状況を粉飾し、精神論で糊塗するようなこともその後の悪しき先例となりました。

 尚、大日本帝国憲法(明治憲法)には「統帥権」というものが明記されていました。統帥権とは、明治憲法上の天皇大権の一つで、軍隊を指揮監督する最高の権限です。

 1930年(昭和5年)のロンドン軍縮会議で政府が軍縮条約に調印したことに対して、野党や軍部からは統帥権の侵害であるとする非難(統帥権干犯問題)が起こり、統帥権はしだいに三権(立法、司法、行政)から独立、ついには三権の上に立つようになります。実際上は天皇に統帥の執行責任はなく、実質的に統帥権を行使するのは参謀本部(大本営)であり、参謀本部は万能の権限を有するがごとくに膨張します。その後暴走し、国を引きずり回すことになったのは歴史が示すとおりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気温データ

 気象庁が提供する気温データは、全国に設置された無人観測所のアメダスで観測されており、昔の百葉箱のように地上から1.5m程の地点で、人工的な熱源の近くを避け、地面は芝生などのように照り返しの影響が少なく、直射日光が当たらないようにして、つまり日陰の外気の温度を計ったものです。

 しかしながら、実際の生活の場は日陰ばかりとは限りません。例えば都心などの市街地では、アスファルトからの照り返しに加え、ビルからの輻射熱、エアコンの排出熱といったヒートアイランド現象で実際の気温はかなり高めです。

 条件によって差がありますが、上記のような環境で、炎天下の下での気温は気象庁発表(アメダス観測)の気温よりも5度前後高いことがあります。

 風の有無や湿度、発汗や服装などによって違ってきますが、体感温度は天気予報等で聞く気温よりもかなり高いというのが実際で、外出の際は十分にお気をつけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸の百物語事情

 「百物語」とは、江戸で行われていた、怖い話しを百話語ると、本当の怪が現れると言う、納涼にはもってこい(?)のイベントです。そのやり方をご紹介します。

 用意するものは、壱・灯心百本(現代では入手困難なので、ティッシュペーパーをこより状によったものでOK)、弐・灯油(現代のガソリンスタンドで売っている暖房用の「灯油」ではなく、灯火用の灯し油。これも現代では入手困難なので、食用のサラダ油で代用出来ます。現代の暖房用の「灯油」はハイカロリーで、灯し油としては、危険で使えません。危ないので絶対使用しないで下さい)、参・油皿(陶器の大きめなもの、出来ればもう一回り大きなお皿も用意して、お皿を二重に敷いて、万が一、上のお皿から火が落ちても、下のお皿で受け止められる様にすると良いでしょう)、肆・青い紙を貼った行燈(これも現代では入手困難。B4サイズの青い紙を四枚用意し、それをセロテープで四角くつなげたもので代用しましょう)、伍・鏡一面。

 まず、二重に敷いた油皿の上の方のお皿に、灯油を入れ、灯心を百本放射状に並べます。灯心に十分油が染み渡った所で、百本の灯心、全部に火を灯し、青い紙で作った行燈代用品の中に入れます。灯心の火が、囲った青い紙に燃え移らない様に、十分距離を置いて下さい。

 新月の夜(つまり暗い夜です)、仲間で集まります。人数は七~八人が良いでしょう。みんなが集まって話しする部屋から、一部屋おいた先の部屋に、先ほど用意した百本心の青い行燈代用品と、その隣に鏡を一面並べます。部屋は下図の様に、真っ直ぐ繋がっていても、曲がっていてもOKですが、戸はそれぞれ閉めておきます。

1_2

 次の間も、もちろん話しをする部屋も、真っ暗で、明かりをつけてはいけません。部屋及び周辺に刃物があれば、とりまとめ、遠くへ片づけます。これで準備完了です。

 順番に「怪しげな話」をします。話しは、体験談ではなくて聞きかじりでも、でっちあげでもかまいません。なにも「幽霊の話」ではなく、「不思議な話」でもかまいません。江戸では(江戸時代の科学力では)説明のつかない怪異や不気味さが多く語られた様です。一話語り終えた人は、次の間を通り抜け、青行燈の部屋へ入り、灯心を一本抜いて、鏡で自分の顔を確かめて、元の部屋へ戻ります。その間も、順々に「怪しげな話」は続けます。

 こうして、灯心を一本ずつ引き抜いて行き、百話目に、最後の灯心を抜くと、真の闇となり、何かとてつもない「怪異」が起こるのだそうです。江戸でも、ほとんどの場合、安全策を取って、九十九話で止める事が多かったと言いますが、どなたか、百話に挑戦してみる勇気のある方、おられます?

 百物語をやる時のネタとして、怖いお話しを一話お届けします。とある四人組の山岳パーティーが、吹雪に見舞われ、定刻より大幅に遅れて、命からがら山小屋へたどり着きました。しかし、小屋の中には、灯りや暖房に使える薪などの燃料はありません。小屋の中は真っ暗で、どんどん冷え込んで行きます。このまま眠ってしまったら凍死してしまいます。そこで四人が考えたのは、まず、部屋の四隅に一人ずつ立ちます。一の角に立った一が、壁伝いにダッシュして、二の角にいる二にタッチします。タッチされた二も壁伝いにダッシュして、三の角にいる三にタッチ。三もタッチされたら、ダッシュして、四にタッチ・・・これを延々と繰り返し、おかげで全員、朝まで眠らず、凍死する事をまぬがれたと言う事です。ワーッ、怖っ、怖っ怖!!え?なんで怖いのか分からない?じゃ、分からない方には、なぜこの話しが怖いのか、考えてみてください。

2_3


(解答)

 1の角にいた一が、壁伝いにダッシュして、2の角にいる二にタッチ、二が壁伝いにダッシュして、3の角にいる三にタッチ、三が壁伝いにダッシュして、4の角にいる四にタッチ・・
・までは良いのですが、四が壁伝いにダッシュして、1の角にいっても、一はすでに日二にタッチしたため、2の角にいるので、1の角には誰もいないのです。想定の様に、部屋の四隅にいる人間が、次々にタッチ&ダッシュを繰り返し続けるには、五人の人間が必要なのです。しかし、山岳パーティーのメンバーは四人、すると残りの一人はだぁれ?うわー、怖っ!と言う事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奇想天外

 連日こうも暑さが続くと、より暑く過酷な環境下で頑張っている生き物たちに思いを馳せてしまうもの。暑い中でも頑張る動物の筆頭格はラクダですが、最大の特徴たる背中のコブ(脂肪の塊)には太陽の熱を遮る効果がある模様。人間は体の水分の1割を失うと生命の危機が訪れるといいますが、ラクダは約4割の水分を失うまで耐えられるとも聞きます。さっすが「砂漠の舟」、タフですな~。

 とは言えそのラクダもしっかりとした水分補給は不可欠で、水を飲む時は一度に80リットルほどをガブ飲み。なんせ太陽ギラギラの砂漠で暮らしてるわけですから水をガブ飲みするのは当然ですが、驚いたことには砂漠にいるくせ水を飲まなくても平気な哺乳類も!北米の砂漠地帯に生息する「カンガルーネズミ」などは主食たる植物や種子があればOK、生涯を通じて一度も水を飲まなくても大丈夫だそうです。

 動物ではなく植物ですが、アフリカのナミブ砂漠でのみ見られる巨大な怪植物が「ウェルウィッチア」。和名(園芸名)はズバリ、「キソウテンガイ(奇想天外)」!

 直径1メートル超の巨大な茎から、長さ数メートルのこれまた巨大な葉を伸ばし続けるウェルウィッチア。数年前にイギリスの王立園芸協会が発表した「世界の醜い植物ランキング」で上位入賞(?)を果たしただけあり、何とも不気味というか奇怪な形状をしてますが、異様に伸びまくった巨大な葉で大気中の僅かな水分を吸収するなど、独特のこの形状こそが過酷な砂漠で生き長らえる秘訣の様子。

 このウェルウィッチア、長寿植物としても有名らしく、その寿命は1000年とも2000年とも。死の世界とも形容される砂漠でこの長生き、まさに和名どおり何から何まで奇想天外!・・・そんな希少植物ウェルウィッチア、日本の京都府立植物園でも栽培されてるそうですが、2004年8月にはここから2株が盗まれる、通称「奇想天外盗難事件」があったとか。盗まれた物の和名だけでなく、こんなもの盗もうとする発想自体も奇想天外。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

健康寿命

 平均寿命が延びている日本ですが、今後はいかに“健康で長生きする”ことができるかが重要になってきています。
 「健康寿命」という指標があります。厚生労働省の資料によると、健康寿命は「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」と定義されています。

 日本の健康寿命は、平成22年で男性70.42歳、女性73.62歳です。一方、平均寿命は、平成22年で男性79.55歳、女性86.30歳です(完全生命表)。

 平均寿命から健康寿命を引いた年数は、日常生活に制限のある「不健康な期間」ということになります。
不健康な期間はどのくらいあるのでしょうか?平成22年では、男性は9.13年、女性は12.68年という年数になっています。

 不健康な期間を短縮することは、21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21<第2次>)でも目標の1つになっていますが、不健康な期間が短縮できれば、医療費・介護費など社会保障負担の軽減が期待できますし、なにより個人の生活の質をよくすることになります。


●都道府県別にみた健康寿命(日常生活に制限のない期間の平均)

 健康寿命が最も長いのは、男性で愛知県、女性で静岡県です。逆に最も短いのは、男性で青森県、女性で滋賀県です。そしてこの差は、男性で2.79年、女性で2.95年となっています。この地域間の格差を少なくすることも課題となっており、各県、各市町村でも健康寿命を延ばすための様々な取組が行われているようです。

<健康寿命の上下5位>

男性           女性
1位:愛知県(71.74歳) 静岡県(75.32歳)
2位:静岡県(71.68歳) 群馬県(75.27歳)
3位:千葉県(71.62歳) 愛知県(74.93歳)
4位:茨城県(71.32歳) 沖縄県(74.86歳)
5位:山梨県(71.20歳) 栃木県(74.86歳)

             
             
43位:岩手県(69.43歳) 徳島県(72.73歳)
44位:大阪府(69.39歳) 福岡県(72.72歳)
45位:長崎県(69.14歳) 大阪府(72.55歳)
46位:高知県(69.12歳) 広島県(72.49歳)
47位:青森県(68.95歳) 滋賀県(72.37歳)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お 茶

 冷たいお茶が何より美味しく感じられるこの頃ですが、緑茶・ウーロン茶・紅茶は全てツバキの仲間のチャノキから作られるそうです。

 違いは摘み取った茶葉の発酵度合いで、十分に発酵させると紅茶になり、反対に発酵を防いだものが緑茶です。発酵を途中で止めるとウーロン茶が出来上がるそうです。

 チャノキの原産地は中国の雲南省と周辺の山岳地帯とされます。17世紀に入り中国から欧州にまず渡ったのが緑茶。その後、英国人の嗜好に合わせ、紅茶が作られるようになったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水不足

 局地的な激しい雨による被害が報じられる一方で、ダムの貯水率は上がらず各地で水不足が深刻化しています。

 久米島では13年ぶり、大分市では60年ぶり雨乞いの神事が復活し、東京都では明日から人工降雨装置を試運転する予定です。稼働すれば12年ぶりのことだそうです。

 都心から約65km離れた奥多摩周辺にある降雨装置は、水蒸気と結び付きやすいヨウ化銀の混合液を燃焼させて、細かい粒子を含む煙を雲に向かって放出し、上空の雨雲の中で人工的に氷結晶の核をつくり、雨を降らせるというものです。

 ちなみに、中国では人工降雨をもっと大規模に運用しています。2008年の北京五輪の際は開会式が雷雨予報でしたが、開会式の数時間前にヨー化銀を積んだ小型ロケット約1100発を雨雲に打ち込み、雨雲が北京上空に流れてくる前に人工的に雨を降らせて雲を消散させ(人工消雨)、開会式の時間帯の北京上空を晴れにしたという実績があります(実際の因果関係は不明)。

 尚、中国の東部一帯では現在、記録的な猛暑と少雨による干ばつが深刻化しています。そのため、各地で人工降雨ロケットの打ち上げが相次いでおり、ロケットを打ち上げない自治体では打ち上げ実施を求めて暴動が発生しているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シ ソ

 連日のように暑い日が続き、そろそろバテ気味の方もいらっしゃると思います。こんな時は、『紫蘇』(シソ)を試してみる価値があるかもしれません。

 「紫の葉で蘇(よみがえ)らせる」と書いて「紫蘇」となり、中国では人を生き返らせる力のある植物とされています。せきやたんを鎮める効果があるとされ、強力な殺菌作用や防腐効果はよく知られていますが、最近では抗アレルギー効果が注目されています。

 また、栄養価が豊富で特にビタミンAやCが多く、カリウム、カルシウムなどミネラルも含まれ、砂糖と水で煮出して薄めて飲むと疲れを和らげる効果もあるそうです。

 葉が緑の「青ジソ」と紫の「赤ジソ」に大別され、「青ジソ」の葉は「大葉」とも呼ばれ、元来の旬は夏。その香りと殺菌作用から刺し身のツマなどに適していますが、天ぷらや麺類の薬味など幅広い用途に使われています。

 一方、「赤ジソ」はシソジュースにしたり、梅干しを着色するのに使います。出回りますのはやはり初夏から7月。最近は、シソジュースブームで「赤ジソ」の人気が高いようです。

 スーパーなどで選ぶ際は、色鮮やかで、葉がみずみずしく、葉先までピンとしているものを選ぶのが良いです。表面が乾燥しているもの、傷のあるもの、軸の切り口が黒く変色しているもの、葉が茶色くなっているもの、黒い斑点が出ているものは避けた方がよく、また、大きくなりすぎたものは味も香りも余りよくないためやはり避けたほうがよいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白物家電

 ここ数年は当たり前のように夏は猛暑となっており、そんな気候を反映して昨年度のルームエアコンの国内出荷台数は過去最高を記録。今年度の出荷額は天候不順だった4月・5月こそ前年度比マイナスだったものの、気温が上昇した6月は13.4%増と2ケタの伸びとなっており、6月の出荷台数は12.7%増の160万台と、1972年の調査開始以来、過去最高を記録しました。今後も高温傾向が続きますと省エネタイプの製品を中心に高水準の出荷が続く可能性があります。

 なお、国内のエアコン市場(出荷台数ベース)は、パナソニックとダイキン工業が2強で、昨年は日立アプライアンスが三菱電機を抜いて3位に浮上しました。ダイキンは世界シェアトップで、国内業務用では断トツのシェアを誇っています。

 ちなみに、エアコンや冷蔵庫、洗濯機、掃除機などは「白物家電」と呼ばれます。最近は白色以外のラインナップも目立ちますが、白物家電は生活に深く関係した家電製品の一般名称となっています。対して、デジタル家電のテレビやレコーダー、カメラなどの娯楽に関する家庭用電気機器は黒色の筐体が多いことから「黒物家電」と呼ばれることがあります。

 参考までに、2012年度の白物家電の製品別の国内市場規模は下記のようになっています。※日本電機工業会のデータから。

   エアコン  6719億円
   冷蔵庫   4196億円
   洗濯機   2891億円
   掃除機   1118億円
   炊飯器   1061億円
   空気清浄器  747億円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

活発な物流投資

 2012年度のインターネット通販の市場規模は前年度比15.9%増の約10兆2000億円。アマゾンジャパンが当日配送(関東や関西)などで業界をリードし、流通総額が約1兆3千億円でアマゾンに並ぶ楽天や、同3千億円のヤフーも当日配送などのサービスを拡充します。

 アマゾンの千葉県市川市の物流倉庫は東京ドーム1.3個分の広さがあり、ここが同社の当日配送の拠点になっています。ヤフーは資本提携するアスクルの東京都江東区の物流施設と新たに稼働させた埼玉県三芳町の物流センターを活用し、配送はヤマト運輸が担います。ちなみに、アマゾンの当日配送を担っているのは2010年に宅配事業から撤退した日本通運で、実際に市川の倉庫を運営しているのも日通です。

 スマートフォンなどを使ってどこからでも注文でき、朝注文すれば夜までに届くということのインパクトは大きく、2013年度のネット通販の市場規模は12年度比で約13%増の11兆5000億円にまで拡大する見通しで(野村総研調べ)、12兆円で横ばいが続くスーパーに追い付き・追い越すのは時間の問題です。

 ネット通販のサービス競争は物流の競争でもあり、整備が進みつつある首都圏中央連絡自動車道(圏央道)周辺などで物流拠点の新設・稼働が相次いでいます。

 アスクルの埼玉県三芳町の物流施設は関越道沿いにあり、圏央道や東京外郭環状道路(外環道)にもほど近い場所にあります。シンガポール系のGLプロパティーズは埼玉県三郷市の首都高速、常磐道、外環道が交わるインターチェンジ近くに、米系のプロロジスは千葉県習志野市や神奈川県座間市に、三井不動産は千葉県船橋市にそれぞれ大型の物流拠点を設け、ヤマトHDが神奈川県厚木市に設けた24時間運営の新拠点(厚木ゲートウエイ)は11日に稼働し、羽田には羽田クロノゲートが9月に稼働開始します。
 
 上記はほんの一例で、首都圏では物流施設の需要が増加しており、投資も活発化しています。

 日本政策投資銀行が昨日発表した2013年度の設備投資計画調査によりますと、首都圏の1都3県では製造業の設備投資計画が2年連続で2ケタの増加となり、投資額全体の7割強を占める非製造業は6年ぶりに増加に転じ、首都圏全体での伸び率も2012年の1.5%増から2013年は15.5%増と大幅に拡大する見通しです。

 非製造業における投資額増加の一因は、運輸業で倉庫や物流センターの新設が相次いでいるためで、首都圏1都3県の中でも設備投資計画の伸び率が高い埼玉県では、物流拠点としての魅力の高まりを背景に不動産業の投資額が前年実績比5.9倍となっています。

 顧客をつかまえたい通販会社、利便性を求める消費者、事業拡大を狙う物流会社の思惑が一致し、動きに拍車がかかっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2対8の法則

 一般的に昔から、8月と2月を「ニ八(にっぱち)」と言い、他の月に比べて荷動きや人の動きが緩慢になり、商売が振るわない傾向があると言われますが、サービス業の比率の増加傾向などから実際にはこの時期が掻き入れ時となっている企業もあります。

 また、「にっぱち」は経済学にも登場します。イタリアの経済学者パレートが発見したとされる「2対8の法則」(パレートの法則)がそれです。パレートの法則とは「上位2割の富裕層が資産全体の8割を所有している」というもので、これは現在においても当てはまります。また、様々な現象がこの法則によって説明されているのを見かけます。

 たとえば、「会社の利益の8割は、2割の社員が稼ぎ出している」「2割の商品あるいは2割の顧客(ロイヤルカスタマー)が、売上げ全体の8割を占める」「上位2割の原因がすべての事故件数の8割を占める」等々。

 他にも「2割を制するものは8割を制す」あるいは「最重要な2割の問題点を解決できれば8割は上手くいく」などと言われます。

 実際に何か問題があった場合でも重要な点はそれほど多くはありません。焦
点を絞ることが大切という考え方は様々な場面で成り立つ法則です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

河川の水質調査

 国土交通省は国が管理する全国の河川についての水質調査を毎年行っており、その最新結果が先日に発表されました。

 それによりますと、2012年の各河川において水の汚れを示す生物化学的酸素要求量(BOD)の年間平均値が1リットル当たり0.5ミリグラム以下だったのは下記の9河川となっています。ちなみに、BOD値が1リットル当たり1ミリグラムを下回れば、生活排水などで汚染されていない水質とされています。


  北海道 尻別川(しりべつがわ)

  北海道 後志利別川(しりべしとしべつがわ)

  福島県 荒川(あらかわ)

  富山県 庄川(しょうがわ)

  福井県 北川(きたがわ)

  島根県 高津川(たかつがわ)

  徳島県 吉野川(よしのがわ)

  高知県 仁淀川(によどがわ)

  熊本県 川辺川(かわべがわ)


 上記はいわゆる日本の清流ランキングで、それとは別に国交省は、ゴミの量、透視度、川底の感触、水のにおい、糞便性大腸菌群数などの項目から、北海道の間寒別川、東北の広瀬川、関東の渡良瀬川、北陸の常願寺川、中部の木曽川、近畿の九頭竜川、中国の太田川、四国の吉野川、九州の筑後川などを「泳ぎたいと思うきれいな川」として評価しています。

https://www.mlit.go.jp/common/001006654.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

閻魔大王

 「閻魔の庁」とは、閻魔大王が亡者の生前の行為に判決を下し、地獄へ行くか、極楽へ通るかを言い渡す場所です。そして、その庁の主である「閻魔大王」は、亡者の罪に判決を下すという地獄の王で、笏(しゃく)を持ち、中国の道服を着、怒りの相をあらわした姿で描かれます。もとインド神話中の神で、祖霊の王。焔摩。閻魔羅闍(らじゃ)。閻魔羅。閻羅。閻羅王。閻魔王。閻魔大王。閻魔法王などとも呼ばれます。「見る目かぐ鼻」は、地獄の閻魔庁にあるという、男女の頭を上に載せた幢(はたほこ)で、よく亡者の善悪を判別するという地獄の役人です。「牛頭・馬頭」、頭は牛・馬、身体は人の形をした地獄の鬼。そして、「浄玻璃(じょうはり)の鏡」は、地獄の閻魔王庁にあって、亡者の生前のすべてのおこないを残りなく映し出すという鏡で、玻璃の鏡とも呼ばれます。

 一口に「地獄」と言いますが、仏教では、八熱地獄(八大地獄)、百三十六地獄、六万四千地獄などと言われ、様々な地獄があると伝わります。その内の八熱地獄とは、

壱 

 殺生をした者が落ちる「等活地獄(想地獄)」。ここら落ちた罪人は互いに害心を抱き、自らの身に備わった鉄の爪や刀剣などで殺しあい、そうでない者も獄卒に身体を切り裂かれ、粉砕され、死ぬのですが、涼風が吹いて、獄卒の「活きよ、活きよ」の声で元の身体に等しく生き返り、また、責め苦が繰り返されるので、等活と言います。

弐 

 殺生の上に盗みまでした者が落ちる「黒縄(こくじょう)地獄}。罪人は地獄の獄卒に捕らえられ、熱く焼けた鉄の地面に伏し倒され、同じく熱く焼けた墨縄で打たれ、熱く焼けた鉄の斧や鋸(のこぎり)でその跡にそって体を切り刻まれます。また、左右に大きく鉄の山があり、山の上に鉄の幢(はたほこ)を立て、鉄の縄をはり、罪人に鉄の山を背負わせて縄の上を渡らせ、縄から落ちた罪人の体は砕け、あるいは鉄の鼎(かなえ)に突き落とされて煮られると言います。

 殺生・盗み・邪淫を犯した者が落ちる「衆合(しゅごう、しゅうごう)地獄(堆圧地獄)」。相対する鉄の山が両方から崩れ落ち、罪人は、圧殺されるなどの苦を受けます。また、剣の葉を持つ林の木の上に美人が誘惑して招き、罪人が登ると今度は木の下に美人が現れ、その昇り降りのたびに罪人は剣の葉に切り刻まれ、その体から血が吹き出し、さらに、鉄の巨象に踏まれて押し潰されると言います。

肆 

 殺生・盗み・邪淫・飲酒をした者が落ちる「叫喚(きょうかん)地獄」。 罪人は、熱湯の大釜や猛火の鉄室に入れられ、号泣、叫喚し、その泣き喚き、許しを請い哀願する声を聞いた獄卒はさらに怒り狂い、罪人をますます責めさいなみます。頭が金色、目から火を噴き、赤い服を着た巨大な獄卒が罪人を追い回して弓矢で射、罪人は焼けた鉄の地面を走らされ、体を鉄の棒で打ち砕かれると言います。

伍 

 殺生・盗み・邪淫・飲酒・妄語(うそ)を犯した者が落ちる「大叫喚地獄」。叫喚地獄で使われる鍋や釜より大きな物が使われ、更に大きな苦を受け叫び喚くと言います。

陸 

 殺生・盗み・邪淫・飲酒・妄語さらに邪見(仏教の教えとは相容れない考えを説き、また実践する)を犯した者が落ちる「焦熱地獄 / 炎熱地獄」。常に極熱で焼かれ、赤く熱した鉄板の上で、赤く熱した鉄串に刺されて、目・鼻・口・手足などに分解されてそれぞれが炎で焼かれます。この焦熱地獄の炎に比べると、それまでの地獄の炎も雪のように冷たく感じられると言われ、豆粒ほどの焦熱地獄の火を地上に持って来ただけでも地上の全てが一瞬で焼き尽くされると言います。

漆 

 殺生・盗み・邪淫・飲酒・妄語・邪見さらに犯持戒人(尼僧・童女などへの強姦)を犯した者が落ちる「大焦熱地獄 / 大炎熱地獄」。前の六つの地獄の一切の諸苦を十倍にして重く受け、また更なる極熱で焼かれて焦げ、罪人の苦しみの声は地獄から三千由旬(ゆじゅん=古代インドの距離の単位。壱由旬は約7マイル(約11.7Km)または9マイル(約14.4Km)) 離れた場所でも聞こえると言います。

捌 

 殺生・盗み・邪淫・飲酒・妄語・邪見・犯持戒人さらに父母・阿羅漢(聖者)を殺害した者が落ちる「阿鼻地獄/無間地獄」。、大阿鼻地獄の苦の千倍もあるという。剣樹、刀山、湯などの苦しみを絶え間(寸分・刹那)なく受ける。巨大で火を吐く奇怪な鬼がいて、舌を抜き出されて百本の釘を打たれ、毒や火を吐く虫や大蛇に責めさいなまれ、熱鉄の山を上り下りさせられる。これまでの地獄さえ、この無間地獄に比べれば夢のような幸福だと言われます。

 こんな仏教の教えから、針の山とか血の池なんて、現代にも伝わる地獄感が出来上がったのでしょうね。今回は、おどろおどろしいお話しになってしまったので、お口直し(お耳直し、いや、お目直し、ですか・・・)に、地獄にまつわる小噺をひとつ。

 死んで地獄に行き、地獄の鬼にどこの地獄でさいなまれるか、問われました。一つ目は針の山地獄。罪人は全身に針が突き刺さって、苦しんでいます。「あんな痛いのはいやだ」と言うと、次ぎに見せられたのが血の池地獄。罪人が大きな釜で煮えたぎった血の中で苦しんでいます。「熱いのはちょっと」と言うと、次が糞尿地獄。肥溜めの様な所へ罪人が入って、首だけ出して、煙草を吸っています。「ああ、ここが良いや、煙草が吸えるなら。臭いのだって、なれてしまえば大丈夫だろう」なんてんで、糞尿地獄を選ぶ。鬼に抱えられて、糞尿の中に入り、首だけ出して、煙草を吸おうとしたら、別の鬼が出て来て、「ハイ、休憩時間終わり。全員、もぐってぇー」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白くま

 この時期、かき氷店はどこも繁盛。人気の店は、整理券を配り、人が行列をなし、1時間以上待って順番がやってくるという盛況ぶりです。

 普段は手軽にコンビニのアイスで涼をとるという人が多いかと思いますが、最近は「白くま」の存在がとくに目につきます。

 練乳のかかったかき氷にフルーツや小豆をのせた「白くま」は、もともとは鹿児島の発祥ですが、今では全国区の定番商品となっています。

 バリエーションも増え、フルーツ盛りだくさんのものやイチゴのみで盛り付けしたもの、あっさりタイプや濃厚なもの、バータイプのものや白くまをイメージしたケーキなど様々。値段も様々。

 どこか懐かしい感じの白くま、食べ比べてみるのも楽しいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アボガド

 蒸し暑い日が続きますと、サッパリとしたサラダが普段にもまして美味しく感じます。そのサラダ向け具材としてこのところ人気が高まっているのが、健康効果が注目されている「アボガド」です。

 アボガドは「森のバター」と呼ばれ、「最も栄養価の高い果物」といわれています。全く甘みがなく、そのまま食べてもあまり美味しくありませんが、酸味のきいたドレッシングとみずみずしいレタスにアボガドのまったりとした脂肪分が絡み合うと何ともいえない豊かな食味となります。

 最近は、てんぷらやグラタン、すしなど幅広い料理に用いられていますが、アボガドの脂肪分は「ノンコレステロール」です。また老化防止効果があるとされるビタミンEが豊富であり、風邪の予防に必要不可欠なビタミンCや便秘を予防して大腸がんを防ぐ作用がある食物繊維が大変多く含まれています。

 スーパーなどの店頭で選ぶ際は、皮の色がより黒っぽいものが熟度が進んでいて食べ頃だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新高速乗合バス

 低料金で人気があった高速バスは、昨年4月の関越自動車道での事故をきっかけに安全対策が強化され、今月から新しい制度の下で運行されています。

 これまでは、バス会社などが停留場を設けて運行する「乗り合いバス(路線バス)」と、旅行会社が利用者をその都度募集して運行する「高速ツアーバス」がありましたが、昨年事故を起こした高速ツアーバスが廃止され、今日からは安全基準を厳しくした「新高速乗合バス」に一本化されました。

 新制度は、事業者に「停留所の設置」「自社で6台以上保有」「運行計画の事前届け出」「衝突防止装置の導入」「片道400キロメートルを超える夜間運行での運転手2人配置」などを義務付けています。

 昨年9月末の時点で高速ツアーバスの運行に関わっていたバス会社や旅行会社は286社ありましたが、安全基準の厳格化に伴う採算悪化で多くの事業者が事業継続を断念し、7月29日時点で事業許可を得たのは全体の3割に満たない79社(旅行会社49社、バス会社30社)にとどまっています。

 高速ツアーバスでおよそ8割のシェアを持つ主要6社は事業を継続し、予約状況に応じて増便が計画されているものの全体の減便は必至で、帰省やレジャーで需要が膨らむお盆の時期はバスが不足したり、予約が取りづらくなることが予想されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空き巣

 空き巣などの侵入窃盗事件はおよそ3分に1件の割合で発生していると言われ、特に帰省や行楽などで留守宅が多くなる今の時期は空き巣被害が増加します。

 ちなみに泥棒が留守を確認する方法として多いのが、「インターホンなどの呼び鈴を鳴らす」や「人の動きを見張る」で、「郵便受けに新聞や郵便物がたまっている」場合も狙われやすくなります。

 また、侵入の際に目隠しとなる生け垣や庭木、ベランダなども泥棒にとっては好都合。そして窓ガラスを破って侵入するケースが最も多いそうです。

 侵入に2分以上の時間がかかりますと55%の泥棒が侵入を諦め、5分でおよそ8割が侵入を諦めるとの調査もあります。窓の外に面格子があるからといって安心は禁物で、破られにくいガラスや防犯性の高い鍵に替えたり、補助錠を設置することが有効です。

 尚、侵入犯罪者の約6割が「声をかけられたので犯行をあきらめた」と答えています。日頃から近所づき合いを大切にし、不審者を見かけたら「何かご用ですか?」などと声をかけることが防犯につながるそうです。

 何事におきましてもそうですが、万が一のために用心してこその「安心」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本のお化け

 日本のお化けには「足が無い」のは、応挙の幽霊画に足が無かった事から始まっているようです。

 応挙とは、江戸中期の画家、円山応挙(まるやまおうきょ・1733~1795)のことで、雪舟・北斎と並んで知られている日本画のベスト3とも言える存在です。古来、日本の幽霊には足が無いと言うのは、応挙の描いた幽霊画の幽霊が、凄味を増すために、腰から下を煙のようにかき消されて描かれたことに因ると言います。したがって、幽霊には足がないことになるのは、江戸時代も中期以降。江戸中期以前の、水戸黄門や大石内蔵助の時代劇で「幽霊には足がない」旨の台詞を言ったら時代考証がおかしい事になるのです。暴れん坊将軍や大岡越前の時代劇も「幽霊には足がない」と言えるかどうか(吉宗・越前ともに、応挙数え年十九歳の年に没)。遠山の金さんや清水次郎長の時代劇は「幽霊には足がない」と言っても大丈夫です。

 しかし、問題があります、それは応挙の幽霊画が実在するのかと言う事。というのも、応挙真筆の幽霊画の存在が確認されていないのです。明治期の大名人・三遊亭円朝師の幽霊画コレクションが、師の眠る谷中・全生庵に保管されており、その中にこの曰く付きの応挙筆と伝えられる幽霊画の掛け軸がありますが、この掛け軸には「応挙の落款も印章」もないのです。描かれた幽霊のふくよかな顔の輪郭と、ややうつむき加減のまなざし、品のよい鼻や口などの描写に、応挙美人図の代表作である「江口君図」と共通した要素を感じます。ただし、応挙真筆かは確認されていないのです。

 ネットで探してみたら、応挙作とされる「幽霊図」がありました。こちらからどうぞ。
http://blogs.yahoo.co.jp/tefu_tefutefu/41834097.html

 どうでしょうか。確かに、並みの画家の絵ではありませんよね。怖さを通り越して、美しさまで感じられる「幽霊」です。さて、これは応挙の真筆でしょうか、否や・・・読者様の判定は??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神楽坂事情

 現JR、地下鉄飯田橋駅西口から早稲田通りに向かって行く上り坂が「神楽坂」です。江戸期の元文から 寛保(1736~44)年間には、すでに現・神楽坂三丁目あたりにあった行元寺の門前に、岡場所(幕府非公認の遊廓)がありました。当時は、神楽坂の遊女を、山の手の猫(芸者の隠語)をつめて「山猫」と呼び、常時七~九十人ほどの芸者(兼遊女)がいました。

 神楽坂の岡場所は、明治になると、花柳界として発展。周辺に芸妓屋や待合(現在のラブホテル)が出来、明治二十年代には、料理屋、待合、芸妓屋の、いわゆる三業地としての形を整えます。「坂の上の毘沙門様」とは、神楽坂五丁目に現存する「善国寺」の事で、縁日には夜店もたくさん出て、その賑わいは山の手随一だったと言います。

 日清戦争後の好景気の中で、明治三十年代より花柳界は大繁栄し、待合は十五、六軒もあったと言います。

 徳川家康公が江戸に入府する前には、神楽坂の直ぐ裏手に、この地の領主だった牛込氏の牛込城がありました。牛込氏がこの地に城を建てたのは、牛込台地の地盤の堅さが築城に適していたからと言われます。そのため、大正十二年に起きた関東大震災でも、神楽坂周辺は被害が少なく、震災後も好景気に沸いた当時の神楽坂の花柳界は賑わいました。しかし、昭和に入ってからは不景気となり、大塚、五反田、渋谷などの新興地に出来た花柳界に客足を奪われ、神楽坂は衰退して行きます。さらに、大東亜戦争で、神楽坂周辺はすっかり焼けてしまい、大きな痛手を負いますが、戦後、神楽坂はん子さんの歌う「芸者ワルツ」がヒットすると、神楽坂にも活気が戻ります。

 なお、「神楽坂」と言う地名の由来ですが、市谷八幡の祭礼で神輿(みこし)が牛込御門の橋の上で留まって神楽を奏するから、若宮八幡の神楽が聞こえるから、坂の途中の高田穴八幡の旅所で神輿が神楽を奏するからなど、諸説あり、定かではありません。


(おまけ)

 神楽坂を登り、さらにその先へ進んで行くと、現・新宿区矢来町です。名人級の落語家は、芸名や本名で呼ばれるのではなく、住んでいる地名で呼ばれる、と言うのは落語ファンならご存じですよね。昭和の三大名人、桂文楽師は黒門町、同じく三大名人、三遊亭円生師は柏木、彦六の正蔵師は稲荷町、人間国宝だった柳家小さん師は目白。そして、「矢来町」と言えば、そう、平成十三年に、六十三歳と言う若さで逝ってしまった、三代目古今亭志ん朝師ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豆知識

 ちょっと面白い豆知識を聞きましたので、本日はここでご紹介させて頂きます。但し、事実関係は確認していませんので、悪しからず。

・チキンは左足の方が美味しい。

・靴の臭いを簡単に取り除くには、10円玉を靴の中に1日入れておくだけでOK。10円玉の銅が臭いの原因であるバクテリアの増殖をおさえて消滅させる。

・ストッキングは履く前に一度冷凍してから使うと、驚くほど伝線しにくくなる。

・仲の良い夫婦の事を「おしどり夫婦」というが、実際のおしどりは一夫多妻制で、むしろオスは浮気性である。

・腐敗と醗酵の違いは、人間にとって有用か否かの差だけ。

・指などの関節を「ポキッ」と鳴らすあの音の仕組みは、今現在、科学的にも医学的にも解明されていない

・うるち米で作ったものを「せんべい」、もち米で作ったものが「あられ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八 朔

 旧暦での八月はすでに秋です。旧暦の八月は今年は9月5日からで、八月を「仲秋」と呼ぶのも頷けます。

 「葉月」という呼び名も「葉落ち月」からきています。他にも異称がたくさんありますが、草花が盛んな時期という意味の「壮月(そうげつ)」という呼び名が活力が満ちている感じがして一番好きです。

 ところで、月の満ち欠けを基準にした太陰暦(旧暦)では、新月から新たな月が始まり、満月が月の中旬となります。満月のことを「望(ぼう)」と言い、新月を「朔(さく)」と呼ぶことから、月の始まりは「朔日(さくじつ)」で、朔日と書いて「ついたち」とも読ませます。

 八月朔日は特に「八朔(はっさく)」と言い、今でも伝統を残す地域もありますが、昔は旧暦のこの日に各地でその年の五穀豊穣を祈願する行事や神事が行われていました。

 八朔の日は五穀豊穣の祈りを込めて、早稲の初穂、すなわち「田の実」を恩人等に贈る慣わしがあったそうです。いつしか「田の実」は「頼み」とも解され、お世話になっている人に日ごろの感謝を込めてこの日に贈り物などをしていたそうです。

 八月朔日に、祇園の芸妓さんや舞妓さんが黒単衣を着て、日ごろお世話になっている師匠宅やお茶屋へあいさつに回る伝統行事も同じ意味合いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏 真

 夏真っ盛り、連日のように暑い日が続いています。7月下旬からこの8月上旬にかけて最高気温を記録することが多いそうですが、この暑さを夏の趣に変えて精一杯風情を味わうことが出来ればと思います。

 夏の真っ白な入道雲、雷を伴なった夕立、木陰で涼しさを感じる一抹の風、かき氷、蝉の鳴き声、蚊帳、朝顔、西瓜、鮎・・・等々色々思いつきます。

 この時期になりますと、

        「朝顔に釣瓶(つるべ)とられてもらひ水」

という有名な句を思い出しますが、この句は、江戸中期の加賀の松任(まつとう、今の石川県白山市)の俳人、加賀千代女の句で、彼女は25歳の時に夫に先立たれ、幼子にも死別したという話を聞いています。


        「起きてみつ寝てみつ蚊帳の広さかな」

        「とんぼ釣りけふはどこまで行ったやら」


 普段はこういうものに疎いのですが、その感性にはつい惹かれてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱中症

 梅雨明け以降、多くの方々が「熱中症」で病院に搬送されていますが、「熱中症」とは暑熱環境で発生する障害の総称で、熱失神・熱疲労・熱射病・熱けいれんに分けられるそうです。

 その予防には水分補給が欠かせませんが、汗からは水と同時に塩分も失われ、塩分が不足すると熱疲労からの回復が遅れるため、水分補給には0.1%~0.2%程度の食塩水が適しているそうです。

 ところで、食塩の年間購入量には大きな地域差があります。購入量が最も多いのは青森県(4571グラム)で、全国平均の2692グラムより7割も多いです。上位には、山形、秋田、岩手のほか、新潟や福井といった北国の県が並んでいます(総務省家計調査2008年、単身を除いた2人以上の世帯平均)。


   年間購入量が多い順       年間購入量が少ない順

 1・青森県  4571グラム    奈良県 1538グラム

 2.山形県  4298グラム    兵庫県 1626グラム

 3.秋田県  4261グラム    三重県 1630グラム

 4.長野県  3681グラム    沖縄県 1715グラム

 5.岩手県  3511グラム    大阪府 1750グラム


 北国では雪に閉ざされる冬場の保存食として漬物などを多く作る習慣が古くからあり、必然的に食塩の消費量が多くなるそうですが、青森県は奈良県の3倍近くの消費量となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

降水確率

 降水確率というのは「過去に同じような気象条件だった時に、1ミリ以上の雨が降った割合」であり、それを「降る確率」として示したものです。例えば「降水確率30%」という場合は「過去に同じような気象条件が10回あった場合、そのうち3回は1ミリ以上の雨が降っている」という意味になります。

 ちなみに、過去のデータにおける発生の確率を示したものに「打率」がありますが、打率3割となりますと強打者の部類に入ります。降水確率も同じで、降水確率が30%であれば、数字から受ける印象以上に雨が降る確率は高いと言えます。

 なお、降水確率は雨の降りやすさだけを表した数値で、雨が降っている時間、雨が降る地域や面積、雨の量や強度のことなどは何も言っていません。

 ピンポイントで短時間先の雨の様子が知りたい場合には、気象庁の「降水短時間予報」や「降水ナウキャスト」が便利で、同じような情報は別名称で数多く提供されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滝の名所

 暑い日が続いています。これからの時期、涼と癒しを与えてくれるスポットとして「滝」が賑わい始めます。中でも「華厳の滝」(栃木県・97m)、「袋田の滝」(茨城県・高さ120m)、そして「那智の滝」(和歌山県・高さ133m)は『日本三大名瀑』とも呼ばれ、その見え方は季節毎に、天候毎に、また見に行った人の心毎にも異なります。

 水があふれ出すこの時期は最もスケールが大きくなり、見るには格好の季節となります。以前、滝の名所ベスト10という調査結果がありましたが、1位は北アルプスの山肌に落ちる「称名(しょうみょう)滝」となっていました。4段の滝で350メートルの落差は日本一、エメラルドグリーンの滝つぼも見事な「日本一の名瀑(ばく)」にあげる人が多くいます。

 2位は「羽衣の滝」で、270メートル国内3位の落差を持つ7段の滝です。岩肌を伝う繊細な筋が優美な天女の羽衣のように見えるそうです。

 尚、1~10位までは次のようになっていました。


  = 滝の名所ベスト10 =


 1.称名(しょうみょう)滝     富山県  350メートル  段瀑
 2.羽衣の滝            北海道  270メートル  段瀑
 3.不動七重滝(ふどうななえのたき)奈良県  100メートル  段瀑
 4.那智(なち)の滝        和歌山県 133メートル  直瀑
 5.華厳(けごん)の滝       栃木県   97メートル  直瀑
 5.三条の滝            福島県  100メートル  直瀑
 7.白糸の滝            静岡県   26メートル 潜流瀑
 7.安(やす)の滝         秋田県   90メートル 分岐瀑
 9.松見の滝(まつみのたき)    青森県   90メートル  段瀑
10.吹割(ふきわれ)の滝      群馬県    7メートル 渓流瀑


 垂直に一気に落下するのが「直瀑(ばく)」、段差のあるところを落下する「段瀑」、途中で岩に当たって水が分かれる「分岐瀑」、傾斜の強い斜面を滑るように流れる「渓流瀑」、地中を流れてきた伏流水が断層などで地表に吹き出すように落ちる「潜流瀑」といった様々な滝の形状があります。

 ちなみに、世界三大滝は、カナダの「ナイアガラの滝」、南米(アルゼンチンとブラジルにまたがる)の「イグアスの滝」、そしてアフリカ(ジンバブエ共和国とザンビア共和国の国境)の「ビクトリアの滝」と言われています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金 魚

 各地で夏祭りが行われるこの時期、露店がそこかしこに並ぶ風情は昔も今もあまり変わらず、金魚すくいをねだる子供の姿もほほえましく感じられます。

 金魚はもともと突然変異のフナを飼育・交配させ、改良を重ねて定着させた観賞魚で、光があたるとキラキラ輝いて見えるので「金魚」。日本には15世紀頃に中国から伝来、江戸時代後半には広く庶民も愛玩するようになりました。

 ところでこの金魚、中国では「金余(お金が余る)」の発音に似ていることから縁起物として知られています。明治の頃、日本から移入されたアメリカでは、「ゴールドフィッシュ」という縁起のよい名前と相まって、ペットとして飼育している愛好家も多いそうです。

 ちなみに、風水を非常に気にする香港ビジネス界では、風水の観点から水槽の位置やその中に入れる金魚(風水魚)の数まで決まっているそうです。

 風水では、水には「気」を引き込んで蓄積するという特性があり、「お金が余る」という縁起物の金魚を入れることで、「幸運や財を引き込む」という験担ぎとなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サラリーマンのお小遣い

 新生銀行が毎年行なっている調査の今年度版です。
 調査は、今年4月下旬ですので、円安・株高が進んで、世の中のムードがすこ~しだけ、期待先行でよくなっている時期でしょうか?

 さて、サラリーマンの平均お小遣い額は、38,457円です。
 昨年より1,299円減り、バブル崩壊後のワースト更新です。

 つまり、世の中のムードが明るくなったのは、一部のお金持ちやごくわずかな企業のサラリーマンだけ。明るさが行き渡っているとは、まったく言えない状況のようです。

 バブル期の1990年のお小遣いはこれまでの最高で、77,725円。

 今から思えば、天文学的な数字??

・・・細かく見ていきましょう。

 20代:38,480円

 30代:37,093円

 40代:36,924円

 50代:41,331円

 未婚:46,175円

 既婚:30,996円

 既婚子どもあり:29,522円

 既婚子どもなし:33,461円


 地域別では・・・・・・

 首都圏:40,909円

 関西圏:35,774円

 東海圏:36,492円

 北海道・東北圏:34,014円

 中部・甲信越・北陸圏:32,067円

 中国・四国圏:34,819円

 九州・沖縄圏:33,187円


 昇給の有無とお小遣いの関係についての調査もあり・・・・・

「昇給があった」ひとのうち、「お小遣いがアップした」のは10.2%。
「昇給がなかった」ひとのうち、「お小遣いがアップした」のは2.1%。

 お給料が上がっても、お小遣いはなかなか上がらない実態が浮き彫りに・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

訪日外国人客数

 2013年上期(1~6月)の訪日外国人客数が前年同期比23%増の496万人と過去最高を記録(日本政府観光局発表)しており、年間1000万人とする政府目標の達成が射程圏内に入ってきました。

 安倍政権発足後の円安進行や格安航空会社(LCC)の就航拡大が追い風となっており、地域別では韓国や台湾、東南アジア諸国連合(ASEAN)などで増加が目立っています。訪日客数が最大の韓国は132万人で前年同期比38%増。台湾とタイはともに5割前後の伸びを記録しています。

 一方、中国からの訪日客は6月まで9ヶ月連続で前年割れとなっており、沖縄県尖閣諸島を巡る対立の影響が色濃く残っています。

 その外国人観光客が集まる買い物スポットが、家電のアキバから高級品の銀座へと変わりつつあるようです。銀座の百貨店関係者は、数十万円のハンドバッグや宝飾品を大量に購入していると話しており、これまでの中国人一辺倒ではなく、タイ人など東南アジアからの観光客が高級ブランドをまとめ買いしているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »