« 古河発祥の企業 | トップページ | 徳川家康の癖 »

春眠暁を覚えず

 孟浩然歌うに、「春眠不覺暁 處處聞啼鳥 夜来風雨聲 花落知多少」(しゅんみんあかつきをおぼえず しょしょていちょうをきく やらいふううのこえはなおつることしるやいくばく)。さてこの「春眠暁を覚えず」とはどういう意味でしょうか?

 春は眠りが深くて朝が来たのに気が付かない、という解釈が一般的ですが、春は自然現象として朝が来るのが単純に早くなるので起きたらもう朝が来てしまっている、とも解釈出来るでしょうし、春は時間的にかなり早い時間から鳥が鳴いたり天候も不順で夜静かに眠れず寝不足になってしまう、とも解釈可能のように思えます。

 この歌の要諦は、まさに「春眠暁を覚えず」という句自体が持つ語呂の良さと、「春は眠い」という共感ではないでしょうか。?

|

« 古河発祥の企業 | トップページ | 徳川家康の癖 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春眠暁を覚えず:

« 古河発祥の企業 | トップページ | 徳川家康の癖 »