« 商売訓 | トップページ | バナナ »

マクロとミクロ

 経済動向を解説する際に「マクロ」と「ミクロ」という言葉がよく使われます。例えば、「マクロ経済指標が・・・・」とか「ミクロ的には回復傾向が見られる・・」といった具合です。

 「マクロ」とは巨視的とか総合的といった意味であり、経済学的には、国民所得や設備投資、消費・輸出入といった社会全体の流れを把握し、経済全体に関わる問題を分析することを指しています。マクロ経済指標としては、GDP統計の他、失業率、鉱工業生産指数などがあります。

 それに対して、微視的という意味の「ミクロ」は、経済学で言う場合、個々の企業や家計など個別的な事象に着目します。

 ミクロ的な変化はマクロ的な変化に先んじて表れるものです。もちろん、現状認識にはどちらも重要な要素となります。

|

« 商売訓 | トップページ | バナナ »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マクロとミクロ:

« 商売訓 | トップページ | バナナ »