« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

カジノ構想

 「IR」と言えば「インベスター・リレーションズ」の略語で、投資家向け情報としてよく使われる言葉ですが、最近は「インテグレーテッド・リゾート(統合型リゾート)」の略語として使われるケースが増えています。

 日本では、いくつかのギャンブルを公営で管理していますが、それ以外の賭博行為は社会的弊害が大きいとして認められていません。

 カジノ構想は過去に何度も議論されその度立ち消えになった話ですが、カジノ開設を認める「統合型リゾート推進法案(カジノ法案、IR推進法案)」が審議入りし、秋の臨時国会での成立を目指していることからカジノ解禁が現実味を帯びてきました。
 
 政府が目指すのは、たくさんのカジノが乱立するラスベガスやマカオのようなタイプではなく、ホテルや会議場、大型ショッピングモールの一角に少数のカジノを併設したシンガポールのようなタイプです。シンガポールの統合型リゾートでは、面積で5%未満のカジノ施設の売上げががリゾート全体の売上げの7~8割を占めるとされています。

 マリーナ・ベイ・サンズの3つの高層ビルの最上階にまたがる巨大な屋上プールの景観は日本でもよく知られていますが、シンガポールでは2010年にマリーナ・ベイ・サンズとリゾート・ワールド・セントーサの2つの統合型リゾートが開業し、観光客と観光収入が大幅に増加しました。

 シンガポールのようなカジノの開業は、観光立国を目指すという日本の方向性にも合致するというわけで、政府は東京オリンピックが開催される2020年までに3カ所前後のカジノ開設を認める方向で検討しています。

 ちなみに、ゴールドマン・サックス証券では、東京や大阪、沖縄に4つのカジノ施設を作った場合の市場規模を1兆5000億円と弾いており、博報堂では統合型リゾートが実現した場合の総消費額は年13兆5000億円に達すると試算しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピーマン

 連日の暑さで夏バテの方もいらっしゃると思います。睡眠も浅く、食欲も減退となる訳ですが、疲労回復に効果的なのが「ピーマン」だそうです。


 ピーマンという名前はフランス語の「piment」に由来。英語ではベルペッパー(bell pepper)、緑色のものはグリーンペッパー(green pepper)で、名前の通り、ペッパー(とうがらし)の仲間で辛みのないものです。


 今ではハウス栽培で1年中出回っていますが、本来の旬は夏。唐辛子を品種改良し、食べやすくしたのがピーマンで、蒸し暑いこの時期には目に鮮やかな緑が食欲を与えてくれます。


 ピーマン100g中のビタミンC含有量は約80mgと豊富で、中ぐらいの大きさのピーマン4個で1日に必要なビタミンCがとれるそうです。しかも、ピーマンのビタミンCは加熱しても壊れにくいのが特徴。夏バテ予防に試してみる価値がありそうです。選ぶ際には、色が濃くて表面にツヤがあり、果肉が厚めのものが良いそうです。


 生産量の日本一は茨城県、2位は宮崎県、3位は高知県。そして、鹿児島県、岩手県などが主な産地として知られています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スマホ経済圏

 ミクシィ、ガンホー、コロプラのゲーム関連3銘柄は、その高成長を背景に「新御三家」として人気化し、その次としてKLabなどにも物色の矛先が向かっています。

 これらの銘柄はゲーム関連であり、その主戦場はスマホです。

 ちなみに、出荷台数が10億台を突破したスマホを経由した様々なサービス、例えばゲームや通販、広告、決済などの一つひとつは少額でも、10億人の規模ともなれば巨額なビジネスとなります。これが「スマホ経済圏」と言われる概念で、ひとたび人気化すれば高収益のビジネスとなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

百貨店店舗別売上高ランキング

 夏らしい暑さは、夏物衣料や飲料、エアコンなど個人消費にもプラス効果があるはずですが、7月の全国百貨店売上高は台風などの悪天候がマイナス要因となり前年同月比で2.5%減となっています。

 4月の消費税増税で落ち込んだ個人消費は、当初は7月頃には回復すると見込まれていたものの少々後ズレしているようです。

 ところで、全国にはたくさんの百貨店がありますが、2013年度の店舗別売上高ランキングのTOP5は下記のようになっています。


  1位)伊勢丹新宿本店  2654億円

  2位)阪急うめだ本店  1922億円

  3位)西武池袋本店   1844億円

  4位)三越日本橋本店  1736億円

  5位)横浜高島屋    1353億円


 たとえば、関東や関西で家具店とホームセンターを計56店舗展開する島忠の年間売上高は約1600億円、ベビー・子供衣料と生活雑貨の大型店を全国で800店舗超展開する西松屋チェーンの年間売上高は1300億円であることを考えますと、上記百貨店1店舗あたり売上高がいかに大きいかということが分かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金持ちになる方法

 680年ほど昔に兼好法師が書いた「徒然草」の一節に、大金持ちがお金持ちになる方法を説いたくだりがあります。皆様も耳にしたことのある話かとは思いますが、要約してご紹介したいと思います。


 一、世の中は常に変わらないという信念を持ち、「世の中は無常だ」などと
   思ってはいけない。

 二、やりたいことをすべて思い通りにしてはならない。有限な財産で、無限
   の欲望をかなえようとするなど不可能である。

 三、お金を好き勝手に使えるものだと思っていたら、いつまでも貧乏を逃れ
   ることはできない。お金を主君や神のように尊ばなければいけない。

 四、金銭上のことで恥ずかしい目に遭っても、怒ったり恨んだりしてはいけ
   ない。

 五、正直にして、約束は守れ。



 これを説いた大金持ちは、貧しくては生きている値打ちがないと言い、このの5項目を守って利益を追求すればお金持ちになれるとしています。

 さらに、何かほしい物ややりたい事ができてお金を使いたい欲望が出てきたら、「我を滅ぼす悪念来れり」と思ってお金を使うなとしています。利益を求め、決して使わず、とにかく稼げということですから貯まらないはずがありません。

 そしてこの大金持ちは、お金が貯まっても、節約して、贅沢をせず、やりたかったことをしなくても、お金があっていつでもできると思っていられることで心が安らかでいられると説いています。

 これに対して兼好は、「人はやりたいことをするためにお金をほしがるものなのに、お金があっても、やりたいことができないならば貧乏人と同じではないか」と疑問を投げかけています。

 もしそうならば「貧乏と金持ちの区別はなくなる。最高の悟りと最低の迷いが同じことになる。金持ちになりたいという大きな欲は、お金はいらないという無欲と同じである」と看破しています。

 「ここに至りては、貧富分く所なし。

     究竟は理即に等し。大欲は無欲に似たり」


 金持ちの言う通りであるならば、大きな欲を持つほどに無欲な人と同じ状態になっていきます。これが私たちがよく耳にする「大欲は無欲に似たり」の意味であり、いっそお金に対する執着を捨ててしまうことが心の安寧を得る早道だというのが兼好の解釈です。

 欲を封じて節約に励む金持ちというのは、欲を捨てさった貧乏人と同じだというわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サルスベリ

 ご近所の庭先に「サルスベリ」のピンクの花が咲いています。

 サルスベリの花は一日花ですが、次々と咲いて途絶えることなく、花時が長いことから別名を「百日紅(ひゃくじつこう)」とも言い、花の少ないこの時期に華やかな彩りを添えてくれます。


 「散れば咲き 散れば咲きして 百日紅」 加賀千代女(かがのちよじょ)

 「炎天の 地上花あり 百日紅」     高浜虚子 (たかはまきょし)



 木の幹がスベスベで木登りが上手な猿もすべってしまいそうなイメージから「サルスベリ」の名がつきましたが、木肌といい枝ぶりといい、実際には非常に登りやすい木です。

 ちなみにサルスベリには、幹をくすぐると木が笑うとか動き出すとの言い伝えがあり、「くすぐりの木」という呼び名もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トウモロコシ

 故郷の夏祭りが懐かしいこの頃、焼きトウモロコシの香ばしい香りに幼き頃をつい思い出します。そのトウモロコシ、漢字で『玉蜀黍』と書きます。5月から九州産が出始め、現在は関東産が中心、そして8月下旬からは北海道産が主流となってきます。


 食用にされるのは甘みの強いスイートコーンで、食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。収穫後も糖分を使って呼吸し続けるため、鮮度が落ちると甘みが減ります。そのため、購入後は早めに調理する必要があります。その日に食べてもらえるように多くの農家は夜明け前から収穫し、朝早い時間に出荷しています。


 ゆでて食べるのが一般的ですが、ラップに包んで電子レンジで4~5分過熱するだけでも食べられ、これが水分や甘みが逃げない美味しい食べ方だそうです。


 ちなみに、トウモロコシは小麦・米と並んで「世界三大穀物」の一つであり、世界全体の生産量のうちアメリカが4割を占める最大生産国です。2位は中国、3位はブラジルです。日本は世界最大の輸入国であり、輸入量の9割をアメリカに依存しています。また、日本国内で消費される75%は家畜の飼料用として使用されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

経験と工夫

 関東地方では、うだるような暑さが続いています。「うだる」は「茹だる」と書きますが、外にいるだけでゆだってしまいそうです。

 この暑さで鉢植えの植物も、水遣りを少し怠けますと萎れがちとなってしまいます。植物も様々で、さんさんと照りつける太陽を好むものもあれば、直射日光の当たらない場所を好むものあります。

 水遣りも然りで、単に水をあげればいいという問題ではなく、適切な量とタイミングで水を補給してあげることがその植物の生育にとって重要なことだと言います。

 私達は実際の生活においても様々な場面で、「水をあげればそれで大丈夫」という考えは方をしがちです。ともすればそれは自己満足であって、時には益しないケースもあります。

 適切な量とタイミングについて、参考になる文献等があればある程度の知識は身につきますが、大きく育てるには経験と工夫、そしてなにより「今」の状態を適切に判断できるようになるための努力が欠かせません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地蔵盆

 お盆が終わってご先祖様をお送りすると、次にやってくるのが「地蔵盆」です。地蔵盆は近年、8月23、24日の地蔵菩薩の縁日に行なわれます。盛んなのは主に京都を中心とした関西地方で、子供たちが主役となって地蔵尊に供物を捧げたりします。大阪や神戸では地車を出したり、町内からお菓子を頂く習慣があります。また、盆踊りを行なう地域もあるようです。


 ご存知の通り、お地蔵様は実質的には民間信仰の中にある神様ですが、一応は仏教に所属する地蔵菩薩です。地蔵菩薩はお釈迦が入滅してから未来仏の弥勒菩薩(みろくぼさつ)がこの世に現れるまで、人間界のみならず地獄・飢餓・修羅・畜生・天といった六道すべてにおもむき、人々を救済する存在です。

 これが平安時代以降に阿弥陀信仰と結びつき、地蔵信仰は民間に広がりました。村を守る道祖神と同じ役割を担うようにもなります。そして、地獄の鬼から子供を救うとして子供の守護神となり、現在まで続いています。

 地蔵盆が終わると、子供たちは夏休みの宿題に追われ、木々から降り注ぐ蝉の声も少なくなります。そして虫の音色とともに秋の気配がぐっと近づきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軍師官兵衛

 「酒は飲め飲め、飲むならば、日本一(ひのもといち)のこの槍を、

       飲み取るほどに飲むならば、これぞまことの黒田武士」


 大河ドラマ「軍師官兵衛」の視聴率は一時低迷していましたが、回を追うごとに視聴率が回復してきているそうです。中国大返し、清州会議、賤ヶ岳の戦いを経て、これからは小牧・長久手の戦い、小田原征伐、朝鮮出兵、関ヶ原の戦いへと物語はすすみます。

 ちなみに上記「黒田節」の元となった、速水もこみち演じる黒田家家臣・母里友信(もり とものぶ)、通称・太兵衛(たへえ)と福島正則とのやりとりは、1回目の朝鮮出兵(文禄の役)後の休戦中に太兵衛が長政の使者として年賀のあいさつに正則を訪ねた際の逸話だそうです。

 ところで、黒田官兵衛(如水)を書いた小説は数多く、吉川英治、武者小路実篤、坂口安吾、池波正太郎、菊池寛、火坂雅志、童門冬二ら、名だたる作家が題材として取り上げています。司馬遼太郎の「播磨灘物語」が最もよく読まれている官兵衛本かとは思いますが、全く違ったアプローチから如水の深謀遠慮を描いた安部龍太郎の「風の如く 水の如く」も出色の出来栄えです。

 関ヶ原の戦いの後、東軍にいて活躍した息子・長政が、家康に手を取られて感謝されたことを父・如水に報告した際、如水は長政に対し「家康がいただいた手は右だったか左だったか」と問い、長政が「左の手でした」と答えると、如水は長政を見据えて「そのとき左の手は何をしておったのじゃ」とつぶやいたとされています。家康を刺す絶好の機会がありながら何故そうしなかったのかという問いかけで、如水の人物を伝える有名な逸話ですが、後世の創作とされています。

 関ヶ原の戦いで、息子長政は家康に見方し抜群の働きをした一方で、如水は九州平定に動きます。大河ドラマ「軍師官兵衛」では関ヶ原の戦いはもう少し先の話ですが、如水の九州平定の動きにどのような解釈を与えるのか、楽しみの一つでもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビール

 この時期のキンキンに冷えたビールはまた格別です。ビール類には酒税法によって一定の税が課せられていますが、ビール、発泡酒、第3のビールなどの種類によってその税率は異なります。

 今さらですが、大まかに定義しますと、原料の3分2以上が麦芽ならビール、麦芽の使用量が3分の2未満のものが発泡酒、麦芽以外の原料でつくられたビール風味のアルコール飲料が第3のビールで、ビールは小売価格のおよそ半分が税金であるのに対し、麦芽の使用量が減るほど税率は大きく下がります。

 サッポロビールが第3のビールとして販売していた「極ZERO」が実際には発泡酒と認定されたことから、サッポロは国税当局に追加で116億円の酒税を払うことになり、その分を特別損失として計上、通期業績も当初の黒字予想から赤字予想に修正しています。

 国内のビールを取り巻く環境は、高齢化や人口の減少、若者のビール離れもあって消費は頭打ち、国内のビール類(ビール、発泡酒、第3のビール)の国内総出荷量(2013年)は9年連続で過去最低を更新中です。

 一方で、世界のビール類の消費量は、アジアなどの新興国を中心に年々伸びており、国内市場とは対照的となっています。

 ちなみに、国別のビールの総消費量(2012年)は、1位:中国(4420万キロリットル)、2位:アメリカ(2418万kl)、3位:ブラジル(1280万kl)、4位:ロシア(1056万kl)、5位:ドイツ(863万kl)、6位:メキシコ(689万kl)の順で、日本(554万kl)は7番目となっています。※日本はビール、発泡酒、第3のビールの合計。

 また、1人あたり消費量でみると様相が変わり、1位:チェコ(148.6リットル)、2位:オーストリア(107.8リットル)3位:ドイツ(106.1リットル)、4位:エストニア(102.4リットル)、5位:ポーランド(98.5リットル)が上位で、日本(43.5リットル)は40位まで順位を下げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レジャー白書

 公益財団法人日本生産性本部が昨日発表した「レジャー白書2014」によりますと、昨年の余暇市場は前年比0.8%増の65兆2160億円で、11年ぶりに余暇市場が拡大したことが明らかになりました。

 参考までに、種目別にみた参加人口の上位は下記のようになっています。


 1位 国内観光旅行(避暑、避寒、温泉など) 5590万人

 2位 ドライブ               4690万人

 3位 外食(日常的なものは除く)      4470万人

 4位 映画(テレビは除く)         3780万人

 5位 複合ショッピングセンター       3690万人



 国内観光旅行(避暑、避寒、温泉など)」が首位となるのは3年連続。「ドライブ」や「外食(日常的なものは除く)」が大幅減となった一方で、「国内観光旅行(避暑、避寒、温泉など)」の参加人口の減少は軽微にとどまっています。

 その他、順位をあげた分野としては「音楽会、コンサートなど」、「動物園、植物園、水族館、博物館」「宝くじ」「ビデオの鑑賞(レンタルを含む)」「ウォーキング」「帰省旅行」「遊園地」などがあります。

 ちなみに、日本生産性本部発表の資料によりますと各部門の動向は下記のようになっています。※前年比は各分野の市場規模。


 ◆スポーツ部門(前年比0.1%増)

   ランニング、登山、キャンプ用品が好調を維持。ゴルフ用品も増加。

 ◆趣味・創作部門(前年比2.7%減)

   CD・音楽配信がマイナス。カメラ、音楽コンサートが堅調。

 ◆娯楽部門(前年比0.8%増)

   外食とカラオケボックスが増加。公営ギャンブルが2年連続増加。

 ◆観光・行楽部門(前年比4.0%増)

   遊園地・テーマパークが過去最高の売上。国内旅行もプラス。

http://activity.jpc-net.jp/detail/srv/activity001414.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キングの法則

 天気予報等で示される気温は、地面は輻射熱(照り返し)の影響のない芝生、地上1・5メートルのところに温度計を置いて、直射日光が当たらず(日陰)、ファンで強制的に空気が流れるようにして(風当りの良い環境で)測った気温です。予想気温も同じ条件下での気温です。

 一般的な屋外はさらに気温が高いのは自明です。日当たりの良いアスファルトに近い部分では気温が60度に達することもあり、背の低い幼児やペットなどは熱中症にかかりやすいためくれぐれも注意が必要です。

 ところで、先月はハムやソーセージ、今月に入りバターやチーズなど乳製品の値上げが相次いでおり、来月はちくわやカニ風味かまぼこ、サケ缶やサバ缶などの価格も上昇します。

 値上げの要因としては、原料費の高騰、燃料・輸送費の上昇などがあげられますが、需給動向と価格変動における相関関係ついて「キングの法則」というのがありますのでご紹介したいと思います。

 これはおよそ300年ほど前のイギリスの経済学者グレゴリー・キングが発見した穀物の収穫高と価格の変動についての法則で、それによりますと収穫や供給が10%減少すると価格は30%上昇、20%減で80%上昇、30%減で160%上昇・・となります。裏を返せば、1割余れば3割下落すると見ることができます。

 供給が1割減少すれば価格はおよそ1割の上昇、1割増加すれば価格はおよそ1割下落するというのが一般的なイメージですが、実際にはそうはなりません。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先生の平均年齢

 全国の小・中・高校の先生の平均年齢が1977年度の調査開始以降、初めて低下しています。平均年齢は小学校が44.0歳で前回より0.3歳低下。中学校は43.9歳、高校は45.3歳で、いずれも過去最高だった前回より0.1歳低下しています(文部科学省調べで国公私立の全ての小中高の教員が対象)。

 70年代前半の第2次ベビーブームへの対応で大量採用された教員が定年退職を迎え、若手の採用が増えていることが影響しているようです。


 本日はちょっと面白い豆知識を見かけましたので、ここでご紹介させて頂きます。但し、事実関係は確認していませんので、悪しからず。


 ・チキンは左足の方が美味しい。

 ・靴の臭いを簡単に取り除くには、10円玉を靴の中に1日入れておくだけ
  でOK。10円玉の銅が臭いの原因であるバクテリアの増殖をおさえて消
  滅させる。

 ・ストッキングは履く前に一度冷凍してから使うと、驚くほど伝線しにくく
  なる。

 ・仲の良い夫婦の事を「おしどり夫婦」というが、実際のおしどりは一夫多
  妻制で、むしろオスは浮気性である。

 ・腐敗と醗酵の違いは、人間にとって有用か否かの差だけ。

 ・指などの関節を「ポキッ」と鳴らすあの音の仕組みは、今現在、科学的に
  も医学的にも解明されていない

 ・うるち米で作ったものを「せんべい」、もち米で作ったものが「あられ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

君看双眼色

 昔は、夏休みになりますと真っ黒に日焼けした子供たちが大声を出して遊んでいる姿を見たものですが、最近は以前ほどそういった姿をあまり見なくなったような気がします。

  「夏休み セミよりうるさい母の声」 

 上の句は小学生が作ったものですが、どこにでもありそうな情景に微笑ましくもあります。


 ところで、古来から日本人に愛されてきたホタルは「火垂(ほたる)」とも書き、その様子を謡った恋歌に次のようなものがあります。

  「恋に焦がれて鳴く蝉よりも、鳴かぬ螢が身を焦がす」


 あまり口答えをしなくなった子供たちが増えているとも聞きます。声にださない声で何かを訴えている子供たちが少なくないのかもしれません。

 語らざれば憂いなきに似たり・・・これは、江戸中期の僧で富士山と並び称された白隠禅師が世に残し、良寛が愛し、相田みつをが紹介し皆が知るようになった詩(下記)の一節です。


  「君看双眼色(君看よ双眼のいろ)

   不語似無憂(語らざれば憂いなきに似たり)」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シ ソ

 暑い日が続き、そろそろ疲れが溜まる頃ですが、こんな時に試してみたいのが、「紫の葉で蘇(よみがえ)らせる」と書く『紫蘇』(シソ)です。
 中国では人を生き返らせる力のある植物とされています。せきやたんを鎮める効果があるとされ、強力な殺菌作用や防腐効果はよく知られていますが、最近では抗アレルギー効果が注目されています。

 また、栄養価が豊富で特にビタミンAやCが多く、カリウム、カルシウムなどミネラルも含まれ、砂糖と水で煮出して薄めて飲むと疲れを和らげる効果もあるそうです。


 葉が緑の青ジソと紫の赤ジソに大別され、青ジソの葉は「大葉」とも呼ばれ、元来の旬は夏。その香りと殺菌作用から刺し身のツマなどに適していますが、天ぷらや麺類の薬味など幅広い用途に使われています。


 赤ジソはシソジュースにしたり、梅干しを着色するのに使います。出回りますのはやはり初夏から7月。最近は、シソジュースブームで赤ジソの人気が高いようです。


 ちなみに、スーパーなどで選ぶ際は、色鮮やかで、葉がみずみずしく、葉先までピンとしているものを選ぶのが良いです。表面が乾燥しているもの、傷のあるもの、軸の切り口が黒く変色しているもの、葉が茶色くなっているもの、黒い斑点が出ているものは避けた方がよく、また、大きくなりすぎたものは味も香りも余りよくないためやはり避けたほうがよいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平均寿命

 厚生労働省の発表によりますと、2013年の日本人の平均寿命は女性が86.61歳、男性が80.21歳で、いずれも過去最高を更新し、男性の平均寿命は1891年の調査開始以来、初めて80歳を超えました。

 国際比較では日本人女性は2年連続の長寿世界一で、男性は3位と前年の4位から順位を上げています。ちなみに、2013年生まれの男性の23.1%、女性の47.2%が90歳まで生きると試算されています。


 ところで、幸若舞(こうわかまい)「敦盛」の一説「人間五十年。下天のうちをくらぶれば夢幻(ゆめまぼろし)のごとくなり」は、信長が好んだことで知られています。実際に信長は享年49歳で本能寺の変に倒れました。

 当時から見れば現在の寿命は20~30年延びているわけですが、もし信長に寿命を延ばしてやると言ったら彼はどう答え、何を為すでしょうか・・・。

 話を戻しますと、平均寿命が延びている理由は、衛生及び生活環境の向上、食生活・栄養状態の改善などの他に、医療技術の進歩があげられます。

 死亡要因の5割超を占める三大疾病(がん、心臓病、脳卒中)で死亡する人の数が減っていることが平均寿命の延びに大きく寄与しているのは事実で、厚労省では、医療技術の進歩によって、さらに平均寿命が延びる余地があるとしています。

 寿命が延びたらどうするか・・・これは現代に生きる私達に向けられた問いであり、直面する問題でもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペットボトル症候群

 熱中症予防のための水分補給は意識されていますが、その一方で近年は若年層を中心に「ペットボトル症候群」に陥る人が増えています。

 水分補給を手軽な清涼飲料水(炭酸などを含み、飲むと清涼感があって、甘味をもち、アルコールを含まない飲料)やジュースなどに頼ると、糖分の過剰摂取になる可能性があります。

 スポーツドリンクにも大量に糖分を含むものがありますが、一度に大量に糖分を摂取すると血糖値が上がり、血糖値が上がると本能的にそれを薄めようと水分を欲して喉が渇き、喉の渇きに任せてさらに甘い飲み物を飲むという悪循環に陥ってしまします。

 そうなってしまうと血糖値が上がった状態になり、血糖値を一定に保つインスリンの働きが一時的に低下。症状が悪化しますと意識がもうろうとしたり、とつぜん昏睡状態に陥ることもあるそうです。

 ペットボトル飲料のがぶ飲みから起こることが多い急性の糖尿病であることから「ペットボトル症候群」と呼ばれており、水分や塩分の補給を意識する一方で、糖分を摂り過ぎないよう注意が必要です。

 ちなみに、糖分の摂取量は1日に50グラム以下が望ましいとされています。一方、ものによって差はありますが、一般的な清涼飲料水は1リットル当たり100グラム前後の糖分が含まれています。つまり、1リットルの清涼飲料水を一度に飲んだ場合、1個5グラムの角砂糖を20個一度に摂取したのと同じことになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本田少年の夢

 話はさかのぼりますが、第二次世界大戦の戦前・戦中で培われた飛行機製造技術は、その多くを自動車産業が取り込みました。ちなみにドイツのダイムラーやBMWも飛行機製造技術を礎にしており、両社のロゴマークは共にプロペラに由来しています。

 当時、戦闘機の隼や零戦に搭載されたエンジンを製造していた中島飛行機は、戦後12社に解体され多くの技術者が流出。現在の富士重工業も旧中島飛行機がルーツです。

 富士重工が最初に製造した自動車には、同じく中島飛行機分割後の1社である富士精密のエンジンが提供されました。

 富士精密は後にブリヂストンに買収され、さらにはプリンス自動車(立川飛行機系)と合併。プリンス自動車は日本のレース界をリードし、後にスカイラインやグロリアなどを開発することになります。日産が「技術の日産」を冠するようになったのはプリンス自動車を吸収してからのことです。

 ホンダの場合、本田宗一郎氏が6歳の頃にみた自動車への憧憬がその後の快進撃の原動力となったわけですが、もう一つ、7歳の頃に浜松の練兵場で見た飛行機ショーでの複葉機の雄姿も本田少年の夢となりました。

 本田宗一郎氏は「日本のエジソン」とまで称えられるほどの発明家で、そのDNAはホンダの研究開発部門でありホンダ本体とは独立した本田技術研究所に受け継がれています。

 何事もゼロから研究開発をスタートする本田技術研究所が生み出してきたものは「ナビゲーションシステム」であり、2足歩行型ロボット「アシモ」であり、小型ジェットの「ホンダジェット」などです。

 もちろんホンダジェットの開発は本田宗一郎氏の肝いりであり、社内的に飛行機の開発を宣言してから50余年、実際に開発を初めてから約30年の歳月がかかりました。

 ゼロからの開発であったためそれだけの期間を要したわけですが、自由な発想ゆえに既存技術にとらわれず、新しいアイデアを有形にしたものがホンダジェットで、その象徴が主翼の上にエンジンを設置するあの独創的なスタイルです。

 ちなみに、航空機は翼の上を通る空気の流れを下面よりも速くすることで圧力を下げ、翼を上に持ち上げる揚力を発生させて浮揚します。空気の流れをスムーズにする必要性から、翼の上はできるだけ平滑に保つのが航空力学の常識とされてきました。その常識を覆してホンダジェットは存在しています。

 また、航空機産業は機体の開発・生産とエンジンの開発・生産は別個の企業が担当するのが普通で、ボーイングやエアバスは航空機エンジンを生産しておらず、両社の旅客機にはロールス・ロイス社製かゼネラル・エレクトリック社製、またはプラット&ホイットニー社(ユナイテッド・テクノロジーズの航空機エンジン部門)製のいずれかのエンジンが組み込まれます。

 ところが、ホンダの場合、航空機のジェットエンジンも自社で開発しており、ホンダジェットは機体もエンジンも自社製という世界に例を見ない、きわめて稀なケースとなっています。

 ホンダ製バイクの「ウイングマーク」は、女神ニケの翼をモチーフに世界に羽ばたく夢をシンボル化したものであり、本田が少年の頃から抱いていた「いつかは大空に」の夢をエンブレムにしたものだそうです。その夢が今ようやく大空に羽ばたこうとしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食べ合わせ

 暑さのために食欲が減退したり、冷たい水分の摂りすぎで体調をくずしたり、クーラーなどで身体を冷やし過ぎて内臓の機能が低下してしまうなどの症状を夏バテと言います。

 夏バテを予防・解消するためにも鰻を食べて精をつけておきたいものですが、鰻が苦手な方は鰻と同じく夏バテ解消に効果がある「とろろ」(山芋)が良いかもしれません。山芋の滋養強壮の効果はよく知られており、「山薬」または「山うなぎ」との別名があるほどです。

 ところで、一緒に食べると害があるとされる食物の組み合わせを「合食禁」(がっしょくきん)、一般的には「食い合わせ」または「食べ合わせ」と言い、昔からそれらを一緒に食べてはいけないとされてきました。

 その一つに「鰻と梅干」というのがありますが、医学的には根拠がなく、贅沢への戒めといった説が言われています。実際には、胃酸を濃くする梅干の働きが、鰻の脂分の消化を助けるのでかえって好ましく、味覚の面でも相性の良い組み合わせだそうです。

 ちなみに、「天ぷらとスイカ」「鰻とスイカ」と言った食い合わせは、油分の多い食べ物(天ぷらや鰻)と水分の多い食べ物(スイカ)を一緒に食べると消化不良を起こしやすく、体調を崩すことがあるため避けた方が無難です。

 また、「天ぷらとアイスクリームや氷」は水と油であり、一緒に食べると胃の負担が増加し消化に支障をきたすことが確認されているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

    夏

 夏の真っ白な入道雲、雷を伴なった夕立、木陰で涼しさを感じる一抹の風、かき氷、蝉の鳴き声、蚊帳、朝顔・・・等々、いろいろ思いつきます。

 朝顔といえば、

        「朝顔に釣瓶とられてもらひ水」

という有名な句を思い出しますが、この句は、江戸中期の加賀の松任の俳人、加賀千代女の句で、彼女は25歳の時に夫に先立たれ、幼子にも死別したという話を聞いています。

        「起きてみつ寝てみつ蚊帳の広さかな」

        「とんぼ釣りけふはどこまで行ったやら」

 この二句も彼女の句ですが、普段はこういうものに疎い私も、ついその感性にひかれてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニホンウナギ

 日本人の食文化と深い関わりを持つニホンウナギは将来の絶滅が危惧されています。生態も不明な点が多く、シラスウナギ(ウナギの稚魚)の不漁が続いていたかと思えば、今年は一転して豊漁となり、中国や台湾を合わせた養殖池への仕込み量は前年の4倍程度と大きく増えたそうです。

 ただ、捕獲した稚魚が成長するまでは半年から1年半かかるため今商戦には間に合わず、店頭価格は高止まりしています。


 ちなみに昔は土用の丑の日には「うの字つくもの」、梅漬、うどん、瓜などを食べ、水に浸かって心身を清める禊祓(みそぎはらえ)をする習慣がありました。

 江戸時代中頃に活躍した才人・平賀源内が鰻屋に「本日土用丑の日」と思わせぶりな看板を上げるよう知恵を授けて以来この日は鰻の日となったようです。

 鰻が栄養価が高いことはよく知られていますが、内蔵や目の粘膜などを強化し、免疫力を高めてくれるビタミンAの含有量はイワシの100倍、牛肉の200倍。若返り効果のビタミンEや、疲労回復に欠かせないビタミンB1、美肌効果のコラーゲン、血液サラサラ効果のEPAや脳の働きを高めるDHAなども豊富に含まれています。

 しかしながら、鰻がどうしても苦手という人もいます。

 「夏痩せて 嫌いなものは嫌いなり」(三橋鷹女)

 周りからあれこれ言われ、十分に分かってはいましても、本人としてはやりたくないことだったりします。上記の歌からはそんな気持ちが伝わってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱中症

 梅雨明け以降、多くの方々が「熱中症」で亡くなられたり、病院に搬送されています。「熱中症」とは暑熱環境で発生する障害の総称で、熱失神・熱疲労・熱射病・熱けいれんに分けられるそうです。


 室温や気温が高い中での作業や運動により、体内の水分や塩分(ナトリウム)などのバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体温上昇、めまい、体がだるい、ひどいときにはけいれんや意識の異常など様々な症状をおこします。家の中でじっとしていても室温や湿度が高いために、熱中症になる場合が多くあります。


 その予防に欠かせないのが水分補給です。特に、汗からは水と同時に塩分も失われ、塩分が不足すると熱疲労からの回復が遅れるため、水分補給には0.1%~0.2%程度の食塩水が適しているそうです。

 汗をなめると少ししょっぱい味がしますが、これは汗の中に塩分が含まれているからです。汗をかいて水分を失うと塩分も失うことになり、水分と同様に塩分も一緒に補給する必要があるそうです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アナゴ

 「アナゴ(穴子)とウナギ(鰻)、どう違うの?」と思われた方もいらっしゃると思いますが、そろそろそのアナゴが旬となります。今では1年中出回り、味もそれほど変わりませんが、やはり旬は夏場です。

 寿司や天ぷらのネタとして大変人気がありますが、一般にアナゴと呼ばれるのはマアナゴです。江戸前の寿司店では東京湾産のものが上物とされ、西日本では兵庫県明石市と淡路島の間の海域で水揚げされるアナゴが美味といわれています。 

 体長はオスで40~50センチ、メスで90センチ前後になりますが、食用に好まれますのは20センチ程度のもので、大きくなると骨が太くなって食べにくくなるためです。かば焼きやアナゴ飯、酢の物など様々な料理に使われますが、良質のたんぱく質やビタミンAが豊富で夏バテ防止用に高い人気があります。


 そのアナゴ(穴子)とウナギ(鰻)。どちらも細長く円筒形ですが、アナゴには側線(体の両側に線状に並んでいる感覚器)の各孔に白色点があり、背びれの下にも白色点が1列に並んでいるのが特徴です。また、頭部にも白色点がみられます。

 ウナギは淡水域に生息していますが、成熟した親は産卵のために海へ下ります。一方、アナゴは海に生息しており、海で一生を過ごします。また、食品としてみた場合の違いは、アナゴの脂質含有量はウナギの半分程度です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陽中の陰・陰中の陽

 古代中国の儒学者・孟子の言葉に「恒産なくして恒心なし」というのがあります。一定の職業や財産がないと安定した道徳心をもつことはできないという意味で、孔子の言う「衣食足りて礼節を知る」も同じ意味です。

 人間の精神は物質的な豊かさと密接な関係にあるということであり、日本のことわざ「貧すれば鈍す」も同様の意味を含みます。

 また、「窮すれば通ず」という言葉もあります。これは易経にある「窮すればすなわち変ず、変ずればすなわち通ず」からきた言葉で、「物事が行き詰まりまでくるとそこに変化が生じ、変化が生じればそこからまた新しい道が開けてくる」という意味です。

 白と黒の勾玉(まがたま)を組み合わせたような「大極図」はまさにこの事を表した意匠であり、「陰極まれば陽に変じ、陽極まれば陰に変ず」または「陽中の陰、陰中の陽」を表現しています。陰中の陽とは、大極図の陰の中央にある魚眼のような白色の点のことで、陰が強大になってもその中心には陽があり、変化の芽がすでにそこにあることを示唆しているそうです。

 そういった展開を頭に思い描いていないと、どん詰まりで窮して取り乱して誤った判断で進退を間違えるということにもなりかねません。慌てず、変化を恐れず、準備してその時を待つことが大切だということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最高気温

 「暑いねー・・・」が挨拶言葉になる頃ですが、記録に残る世界最高気温は、1921年7月8日にイラク南部の都市バスラで記録したセ氏58.8度だそうです。60度近い暑さともなりますと想像がつきませんが、ペルシャ湾の一番奥にあるこの一帯は世界で最も暑い地域の一つです。

 その暑さの経験者によりますと、「暑い」よりも「痛い」と感じるそうです。そのため、長袖のゆったりした衣服を着て、極力肌が直射日光に当たるのを避けるということです。


 ちなみに、国内の最高気温は昨年(2013年)8月12日に記録した高知県四万十市の41.0度です。それまでの最高気温は、2007年に埼玉県熊谷市と岐阜県多治見市で記録した40.9度でした。


 暑くなりますとどうしても食欲が減退して夏バテ気味になったりします。そんな時は、沖縄の代表的な野菜で今が旬の「ゴーヤ(ニガウリ)」を夏バテ対策に試してみるのも一法です。

 ゴーヤに含まれるビタミンCはキャベツの2倍で、加熱によってもほとんど壊れず、そのビタミンCや緑色のゴーヤに含まれるカロチンは疲労回復に大変効果的です。また、高血圧予防に役立つカリウムも多く含まれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

枝 豆

 ビールのおつまみの定番と言えば「枝豆」。今、その「枝豆」が最も美味しい季節です。

 今では1年中冷凍品が食べられますが、7~8月が本格的な旬です。日本では栄養豊富な食品として平安時代から食べる習慣があったそうですが、最近では米国でも健康食品として注目が集まっています。

 たんぱく質やビタミンB1、B2、カルシウム、食物繊維を含んでおり、ビタミンB1にはアルコールの分解を促す働きがあり、ビールのつまみにはもってこいです。

 枝豆を美味しくゆでるコツは、4%の濃度(水1リットルに塩40グラム、枝豆250グラム)で3~5分ゆでることだそうです。枝豆の場合、4%が最もバランスがとれた濃度であり、硬くならずに軟らかいまま、さらに水分を失わないので「プリプリ」、「ふっくら」。とても美味しく出来上がるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猛暑日

 これからは「猛暑日」、或いは「真夏日」という言葉を耳にする機会が増えますが、「真夏日と猛暑日、一体どう違うの?」という素朴な疑問を持たれる方もいらっしゃると思います。

 気象庁の用語を調べてみましたら、以下のように定義されています。


   ☆夏日 ・・・・日最高気温が25度以上の日

   ☆真夏日・・・・日最高気温が30度以上の日

   ☆猛暑日・・・・日最高気温が35度以上の日

   ☆熱帯夜・・・・夜間の最低気温が25度以上のこと

      

 ちなみに、「冬日」は日最低気温が0度未満の日となっており、「真冬日」は日最高気温が0度未満の日という違いとなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱中症

 熱中症で搬送されたとのニュースが増えてきました。

 人間は発汗してその汗が蒸発する際の気化熱によって体温調節を行っていますが、湿度が高い環境では汗は流れ落ちるばかりでほとんど蒸発しなくなり、体内の熱を放散することができなくなってしまいます。ゆえに湿度が高い暑い日、暑い部屋では熱中症になりやすいため注意が必要です。

 ちなみに、熱中症は症状によって以下の3段階に分類されており、「熱射病」と言われる重症型熱中症は、死亡率が30%に達する極めて危険な病態です。


 1(軽症) ・体に力が入らなかったり、こむら返り(ふくらはぎや足の裏
        の筋肉などが突然痙攣を起こし、強い痛みを伴うこと)。

        ※多量の発汗の後、塩分などの電解質が入っていない水のみ
         を補給した場合に起こりやすい。

       ・立ちくらみや数秒程度の失神。

        ※運動をやめた直後に起こることが多い。


 2(中等症)・顔面蒼白、めまい感、疲労感、虚脱感、頭痛、失神、吐き気、
        嘔吐などのいくつかの症状が重なる。


 3(重症) ・意識障害や過呼吸、立てないなどの症状が、中等症の症状と
        重なり合って起こる。



 尚、熱中症予防の観点から暑さに対して我慢は禁物です。外出を控えたり、冷房を適切に利用することも大切です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イノシシの習慣

 牙を研いでいるイノシシを見て、キツネが不思議そうに尋ねました。

  「イノシシさん。どうして君は牙を研いでいるの?

   猟師がいるわけでもないし、危険が迫っているわけでもないのに。」


 それを聞いてイノシシが答えます。

  「たしかにそうかもしれない。だけど、いざという時に牙を研いでいたら

   間に合わないからさ。面倒でも、こうして牙を研いでおけば、

   いますぐにその時が来ても大丈夫なんだよ。」


 この話はイソップ寓話の中の一つで、不断の努力と普段の準備の大切さを示唆しています。

 もちろんそのような努力や準備はいつ役立つか分からず、無駄になる可能性もあります。しかし、何があっても大丈夫なようにしておくことは精神の安定(落ち着き)をもたらし、状況に関わらず冷静に対応することを可能にします。

 チャンスに際してもピンチに際しても状況を有利に運ぶには、いざという時のために普段どのような準備をしているかということが大切です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

競争力

 我が国の構造的な労働力不足はこれから深刻になっていくでしょう。そこでよりフレキシブルな雇用体系や女性の活用が議論されています。しかし必要なのは労働人口ではなく、労働能力です。そう考える時、我が国でその活用が大きく遅れているのは、女性だけでなく若い人たちです。

 
 新卒大量一括採用から始まる我が国の年功序列システムは、かつて規格大量生産をする時代には効率的でしたが、現代では時代遅れのシステムです。規格大量生産よりも、知的・創造的な分野で世界の中で競争しなければいけない現代、そして人口構造もピラミッド型から逆ピラミッド型になった現代、安くて大量の若い労働力の上に年功序列のピラミッドを組むシステムはワークしません。

 
 プロ野球チームが、年功序列で選手を組んだら、勝てる筈がありません。知的労働をイメージするために、クイズの団体戦でもいいでしょう。男性中心年功序列で勝てますか?老若男女合わせて、適材適所でチームを組まなければ勝てないでしょう。我が国の競争力を強めるためには、単に時間外労働をフレキシブルにするとか女性の登用を考えるだけでなく、この年功序列という我が国に厳然と存在する、階級というか、非効率的な仕組みを、今こそ見直すべきだと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

枝 豆

 ビールのおつまみの定番と言えば「枝豆」。今、その「枝豆」が最も美味しい季節です。今では1年中冷凍品が食べられますが、7~8月が本格的な旬です。日本では栄養豊富な食品として平安時代から食べる習慣があったそうですが、最近では米国でも健康食品として注目が集まっています。


 たんぱく質やビタミンB1、B2、カルシウム、食物繊維を含んでおり、ビタミンB1にはアルコールの分解を促す働きがあり、ビールのつまみにはもってこいです。


 枝豆を美味しくゆでるコツは、4%の濃度(水1リットルに塩40グラム、枝豆250グラム)で3~5分ゆでることだそうです。枝豆の場合、4%が最もバランスがとれた濃度であり、硬くならずに軟らかいまま、さらに水分を失わないので「プリプリ」、「ふっくら」。とても美味しく出来上がるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »