« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

慎重かつ大胆

 中国の古典「韓非子」の一節に次のようなくだりがあります。

  「彫刻をする際は、鼻はできるだけ大きく、目はなるべく小さくとってから始めたほうがよい。なぜなら、大きな鼻は小さくできるが、小さい鼻は大きくすることができない。小さい目は大きくすることができるが、大きな目は小さくすることができないからである。」

 そして次のように続きます。

  「これは彫刻だけでなく、どんなことにも通用する。修正がきかない部分を念入りに行えば、めったに失敗はしないものだ」と。


 言わんとするところは、物事を始めるときは、しっかりとフォローできる態勢を整えておけということです。そして、行ってしまってからの修正が難しい部分では慎重に事を運ぶ必要があるということです。

 また、「大胆は慎重の上に建つ」あるいは「慎重かつ大胆」という言葉は、例えば作戦家や指揮官が相手の失策や幸運に頼るのではなく、事前に慎重の上に慎重を重ねて戦略を練り、いざ実行に移すときには大胆に行動するようなことを言います。

 慎重になるべきところでいきなり大胆に行動したり、大胆に行動してからあれこれ考え慎重になったりと、上記と逆の例もよく目にしますが、せっかくの努力も水泡に帰すことになりかねません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくら

    「思い出す、様々のことさくらかな」 芭蕉


 街中で咲く桜にふと見入ってしまいます。この時期、「満開の桜並木に新入生の晴れ姿」という光景がふと瞼を閉じると想い浮かびますが、やはり日本人の文化と心に宿す花といえば桜かもしれません。

 「春のうららの・・・」で始まるメロディーを聞きますと、誰しも幼き日の思い出が蘇り、日頃の邪心は束の間消え失せるのではないでしょうか。


 この季節は、別れと出会いの人生の岐路に立ち、多くの涙を流し、多くの出会いに感動します。いにしえより貴賎貧富の差はなく、等しく公平に美の喜びを与え続け、それぞれの思い出と重なり合うという人も多いかと思います。


 また、桜に感じる魅力を「一斉に咲き、一斉に散るところにある」と言う人もいます。「同期の桜」の連帯感とハラハラと散る切なさ、一晩の嵐に散る「散り際の良さ」が日本人の心情にたまらないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震保険

 東日本大震災から5年。



 いま一度、地震保険について考えてみましょう。

 地震保険は、地震や噴火、津波によって生じた損害を補償する保険です。

 多い勘違いに次のようなことがあります。「地震や津波が原因の火災でも、火災保険に加入しているので補償される」

 これは、違います!
 同じ火災でも、地震、噴火、津波が原因であれば、火災保険では補償されませんので、注意してくださいね。


 地震保険は、火災保険とセットで加入することができます。
 つまり、火災保険に入っていないのに、地震保険だけに入ることはできません。

 マイホームに住んでいる方は、火災保険に入っていると思いますので、地震保険に入りたいなら、火災保険と同じ損害保険会社に連絡して「地震保険に入りたい!」と告げる必要があります。

 なお、火災保険の補償内容や保険料は、会社によって異なりますが、地震保険は、どの保険会社から入っても、補償内容・保険料は同じです。

 なぜなら、地震保険は、政府が関与しているからです。
 地震は損害が広範囲に渡る場合がありますので、保険会社単位では対応できないのです。


 保険金額には制約が設けられており、火災保険の保険金額の30%~50%の範囲内で設定します。
 さらに、建物5,000万円、家財1,000万円を超える保険金額を設定することはできないようになっています。

 たとえば、建物で5,000万円の火災保険に入っているとしましょう。
 この場合、地震保険は、最高2,500万円まで加入することができます。

 この建物に災害がふりかかり、竜巻で全壊したとします。その場合5,000万円の保険金が支払われます。
 地震で全壊した場合には、2,500万円が支払われます。


 なお、火災保険は、再調達価額を超える保険金額を設定しても、保険金は支払われません。つまり、5,000万円で建てた建物に6,000万円の保険金額を設定しても5,000万円までしか払われないのです。なぜなら、これに6,000万円を支払うようなことになれば、誰でも簡単に保険で大儲けすることができますから。

 そして、地震保険は最高でも火災保険の保険金額の50%までしか設定できないということは、地震保険の保険金では建物の再建できないということです。

 それでも地震保険に入っておいたほうがいいと思うのは、建物の再建はできなくとも、地震保険から払われる保険金を、壊れた生活の再建に活用することができるからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラス

 街中で大きなカラスを見かけます。「カーラースー、なぜ鳴くのー、カラスはやーまーにー・・・」と幼い頃の思い出がありますが、最近のカラスはそのほのぼのとしたイメージとはやや違うようです。ゴミが荒らされたり、時にはヒトに襲いかかったりと何かと被害が目立ちます。


 カラスは毎年3月下旬ごろから巣をつくり、4月ごろから子育てを始めます。繁殖のためにエサを求めてごみ集積所が荒らされたり、人への威嚇がみられます。市街地のカラスのエサは主に生ごみ、カラスの生息数はエサの量と大きくかかわっているため、エサとなる生ごみを与えないようにする必要があります。


 そのため、ごみの出し方として、

1.ふたのある容器で出すようにする

2.生ごみは新聞紙などに包み、袋の外から見えないようにする

3.集積所のカラスネットから、ごみがはみ出さないようにする

・・・等々の注意が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タ イ

 桜の咲くこの時期、産卵前で最も美味しいとされるのが「魚」に「周」(あまねく)と書く『鯛』(タイ)です。

 その名前の通り、日本周辺に生息しています。代表格は真鯛(マダイ)で、祝い事に用いる習慣は江戸時代に定着したそうです。3~4月の産卵期、内海に入ってくる天然物は脂が乗ってうまみが増し、体色も赤みを帯びて一段と冴えた色合いを見せてくれます。


 この時期の真鯛は体色が鮮やかなピンクとなり、見た目も美しく、桜の時期とも重なるため「桜ダイ」とも呼ばれます。ただ、最近は年間を通して安定供給できる四国などの養殖物が主流で、天然物に比べて浅場で育つため日焼けしてしまい、黒ずんだ色になっています。尾びれが丸いのが養殖物、力強くハネたものが天然物です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道新幹線

 本州と北海道とを結ぶ北海道新幹線が明日開業します。新函館北斗駅と新青森駅の間(149キロ)で運行が始まり、これにより東京と新函館北斗の間を最速4時間2分で行き来できるようになります。

 ちなみに、飛行機は羽田~函館間を約1時間10分で飛びます。料金面では、ANAの羽田~函館間の片道が4万4900円で、北海道新幹線は東京~新函館北斗間の普通車指定席で2万2690円、グリーン車は3万060円、グランクラスは3万8280円となっています。

 最近は列車での旅がブームのようになっており、時間や料金と言った数字では見えにくい魅力もありそうです。

 尚、明日の1番列車のチケットは新函館からの上り線が25秒、東京からの下り線は30秒で売り切れたそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イースター

 東京ディズニーランドで、春のスペシャルイベント「ディズニー・イースター」がきょうから始まりました。

 ちなみに「イースター」とは、金曜日に十字架にかけられ亡くなったキリストが、日曜日に復活したことを祝う日で「復活祭」とも呼ばれます。

 一般的な祝祭日は日付が決まっていますが、イースターの場合は「春分後の満月を過ぎて最初の日曜日」となっており、毎年移動します。

 イースターでは、誕生を意味する「卵」(ゆで卵)を食べてキリストの復活を祝ったり、彩色や装飾された卵(イースター・エッグ)を飾ったります。また、隠した卵を探す遊び(エッグハント)はイースターならではの楽しみ方で、多産のウサギ(イースター・バニー)もイースターの象徴です。

 ところで、ハロウィンは今でこそコスプレなどで一大イベントとなっていますが、以前は日本ではあまり馴染みのなかった行事でした。しかし、東京ディズニーランドが1990年代後半からハロウィン・イベントを始め、それがブームの火付け役となったそうです。

 東京ディズニーランドは2010年からイースターのイベントも行っており、イースターの認知度も少しずつアップし、関連商品も増えてきているようです。

 この時期は卒業や入学、就職、花見などイベントが多く、日付が固定されていないという点では難しい面もありますが、バレンタインはチョコレート、ハロウィンはコスプレのように、イースターもシンプルな意味づけ・楽しみ方ができれば日本でも定着する可能性はあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワサビ

 通年出回っているワサビ(山葵、本ワサビ)でも、卸したての新ワサビには春の訪れを感じる格別の清涼感があります。

 ワサビは徳川家康も愛好したことで知られ、大御所として駿府にいた頃、門外不出の御法度品にもなっています。

 日本食によく合うワサビと並ぶ香辛料にカラシ(芥子)があり、辛味の性質は全く異なる気がしますが、ワサビとカラシは同じアブラナ科の植物で、辛味成分も同じ物質(アリルイソチオシアネート)だそうです。ただ、ワサビにはグリーンノートという香り成分が含まれており、これが風味の違いを生み出しています。

 ワサビは特別の肥料や手間を必要としないのですが、競争力が弱く、天然のものはあまり大きくなりません。土壌を殺菌し、他の植物を寄せ付けない効果があるアリルイソチオシアネートを土中に出すワサビは、その効果のため自身の成長も阻害されます。

 それ故、生食用の沢ワサビは、常に新鮮な水が流れ、アリルイソチオシアネートが土中に留まらない水はけの良いところで大きく育てられます。尚、人間もアリルイソチオシアネートが原因で急性中毒症をおこすケースがあります。

 ちなみに、チューブ入りワサビの原料には、本ワサビの他に西洋ワサビ(ホースラディッシュ、ワサビダイコン)を緑色に着色したものが用いられており、本ワサビの量が50%以上あれば「本わさび使用」、50%未満であれば「本わさび入り」と表示されます。

 ワサビの風味は外側の緑の部分に多く、選ぶ際は外観が新鮮で緑が鮮やかなもの、茎が落ちた跡のらせん状の紋様が多いものを選ぶのがコツで、「真妻」(和歌山が発祥で、最近は伊豆産が有名)が高級品種として有名です。

 ワサビには、神経細胞の再生を促し記憶力や学習能力を改善させ、認知症予防に効果があるとされ、最近では花粉症の症状を抑える働きでも注目されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西 行

 一昨日は東京、昨日は長崎と熊本から桜の開花の便りが届きました。今日もどこかで桜が開花し、列島はしだいに桜色に染まります。


 ところで、今から900年ほど昔の話ですが、鳥羽上皇の御所の北面に詰め、上皇の身辺の警護に任じたいわゆる「北面の武士」の佐藤義清(さとうのりき)は、友人の死をきっかけに、あるいは高貴な身分の女性との恋の果て、仏道に帰依し出家したとされます。

 この佐藤義清が、歌人として知られる後の西行で、西行の下記の歌は皆様もよくご存知かと思います。


  「 願はくは花の下にて春死なむ そのきさらぎの望月の頃 」


 如月の望月(満月)の頃とは旧暦2月15日のことで、新暦で言えば今日です。今がそうであるように、ちょうど桜の時期で、その日(旧歴2月15日)は釈迦入滅の日でもあります。

 漂泊の歌僧・西行は釈迦が入滅したその日に、大好きな月と花の下で最後を迎えたいと願いました。実際に亡くなったのは16日で、西行の願いはほぼ叶ったといえます。

 ちなみに、西行の500回忌にあたる年、西行を偲び、その足跡を辿る「おくのほそ道」の旅に出たのが松尾芭蕉です。

 さらにその174年後、心酔する西行にあやかり「東行」(とうぎょう)と号したのが高杉晋作で、彼は「西へ行く人を慕うて東行く 我が心をば神や知るらむ」と詠んで幕府討伐を目指します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸運の女神

  = 幸運の女神がノックしたら、すぐにドアを開け =


と欧米の古い諺にあります。幸運(チャンス)は逃すな、という意味です。ご存知の通り、幸運の女神はそう度々訪ねてきてくれる訳ではありませんが、誰でも一生のうちに必ず何度かは訪ねてきてくれます。


 しかし、幸運の女神は気紛れですから、ノックしてもすぐにドアが開かないと他のところへ行ってしまいます。従いまして、幸運の女神がノックしたら、すぐにドアを開けて、迎え入れなければなりません。


 「幸運の女神は前髪を掴め」という諺もあります。一瞬のうちに通り過ぎてゆく幸運の女神を掴まえるためには、通り過ぎてから慌てて後ろ髪を掴まえることはできず、前髪をしっかりと掴まえろ、という意味です。



 「史記」に出てくる有名な「奇貨居くべし(きかおくべし)」(好機を逃してはならない)も類語の一つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の嵐

「春の嵐」との言葉がありますように、南北で寒暖の差が大きくなりがちな今の時期は強風が起きやすい時期でもあります。全国の観測点で風速10メートル以上の風を観測した平均日数が多い月は、台風シーズンの9月や10月ではなく、3月と4月です。

 それ故一たび火災が発生すればこの時期は特に延焼しやすく、江戸三大大火の「明暦の大火」「明和の大火」「文化の大火」はいずれも新暦の3月と4月に発生しています。春の全国火災予防運動がこの時期に行われるのも強風によって大火になりやすいからです。

 ところで、風は気圧や温度の変化によって発生しますが、一般的に海岸付近では昼夜で風向きが逆転します。(もちろん、上空に大きな低気圧や高気圧があった場合にはそちらに影響されます。)

 陸は暖まりやすく冷えやすい、海は暖まりにくく冷えにくいという比熱の差によって生じる現象で、日差しのある日中は(海風)海から陸へ、気温が下がる夜は(陸風)陸から海へと風向きが変化します。マリンスポーツに親しんでいる方は「オンショア」(海風)、「オフショア」(陸風)と言った方が通りがいいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心に残る名言

「若いときの自分は、金こそ人生でもっとも大切なものだと思っていた。
  今、歳をとってみると、その通りだと知った。」
                       by オスカー・ワイルド

 A「あなたが一番影響を受けた本はなんですか?」
 B「銀行の預金通帳だよ。」
                       by バーナード・ショー

「金がないから何もできないという人間は、
  金があってもなにも出来ない人間である。」
                       by 小林一三

「金を稼ごうと思ったら、金を使わなければならない。」
                       by プラウトゥス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡市

 大阪府の人口が883万8908人(2015年国勢調査)と5年前の前回調査と比べて0.3%の減少となっています。第2次世界大戦の影響で減った1947年の臨時国勢調査以来、68年ぶりの減少だそうです。


 政令指定都市では福岡市が元気であり、人口の増加数・増加率とも全国の政令市でトップとなっています。福岡市の人口は2015年10月1日時点で前回10年の調査から7万4767人増え、153万8510人と神戸市の153万7860人を上回って全国5番目となっています。


 福岡市は2021年に開催予定の世界水泳選手権の開催都市に立候補するとしており、招致に成功すれば、その福岡市も会場になる19年のラグビー・ワールドカップ、20年の東京五輪・パラリンピックに続いて、3年連続で世界規模のスポーツイベントが国内で開催されることになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あせらず、怒らず、度を過ぎず

 「気は長く 勤めは強く 色薄く 食細うして 心広かれ」


 上記は徳川家康の参謀として名高い南光坊天海が、長寿の秘訣を歌にして三代将軍の徳川家光に詠んで送ったもので、序文で紹介しました養生訓にも通じます。

 とかくままならない世の中だから、我慢や辛抱が必要で、欲に溺れず、心を穏やかに大きくもつことが大事、といった意であり、中国の清の時代の相場師陳雅山が残したとされる「富致録」には次のような一節があります。


 「心は広く 食細く 朝は早く 夜は早く 気品は高く

  頭は低く 色は薄く 情けは深く 仕掛け手早く

  常に修養なし富致の算数により売買なすなれば大成する事間違いなし」



 普段の節度と不断の努力、あせらず、怒らず、度を過ぎず(欲張らず)の心構えが必要であると説いており、「良く生きる」ことが人生の大成につながるとしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彼 岸

 春分の日(3月20日)とその前後3日間を合わせた7日間を「春彼岸」と言い、今日がその彼岸の入りです。

 「彼岸」とは、迷い苦しむ現世の人間界(此岸)に対する言葉で、「彼(か)の岸に至る」を意味するサンスクリット語の「パーラミター(波羅蜜多)」からきています。煩悩の束縛から解き放たれて悟りを開いた涅槃(ねはん)の境地が彼岸です。

 空間的には東が現世(此岸)で、西にあるのが極楽浄土(阿弥陀如来が建立したとされる極楽)となっています。太陽がほぼ真西に沈むこの時期は西方にある浄土(彼岸)に最も近いと考え、仏事が行われるようになったそうです。


 ところで、彼岸に欠かせないのが「ぼたもち」です。今は一年を通して「おはぎ」として売っている店もありますが、本来は季節の花にちなみ春の彼岸は「牡丹餅」、秋の彼岸が「お萩」。赤色系の花の色や、餡となる小豆には邪気を払う効力があるとされています。

 この二つ、違いは食べる時期や名前だけではなく、ぼたもちは牡丹の花をかたどり丸く大きく、おはぎは萩の花のように小ぶりで少し長め、元々はぼたもちはこし餡、おはぎはつぶ餡という違いもありました。

 ちなみに、夏のぼたもちは「夜船(よふね)」、冬のぼたもちには「北窓(きたまど)」という呼び名があります。

 ちょっとした言葉遊びになっていて、ぼたもちは餅米を使ってはいるものの杵と臼で搗(つ)くようなことはしないことから、「搗き知らず」→「着き知らず」→「いつ着いたのか分らない夜の船」ということで「夜船」。

 同じように「搗き知らず」→「月知らず」→「月が見えないのは北側の窓」ということで「北窓」と呼ぶそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開花宣言

 そろそろ、サクラの開花宣言が出る頃となりました。一番早い開花予想は東京で3月18日です。福岡は3月19日、大阪は3月23日、名古屋は3月21日、そして仙台は4月6日となっています。


 この時期になりますと、中国古典にある

   「花は半開を看る」(はなは、はんかいをみる)・・・采根譚

を思い出します。


 満開に咲き乱れている花は確かにきれいですが、すぐに見飽きてしまいます。それよりも五分咲きぐらいの方に、かえって風情があるようです。満ちたりた状態というのは、だれでも願うところです。しかし、それが果たして幸せなことなのかどうか、よくわかりません。


 まわりから見て、なんの不自由も心配もなさそうな人がいます。しかし、そんな人に限って意外に深刻な悩みをかかえていたりします。それに、満ち足りた状態というのはおおむね長続きしません。いや、そこまで登りつめたら、満開の花がすぐ散っていくように、転落する日も近いと覚悟すべきです。だからいよいよ悩みも尽きないということになるかもしれません。


 それを考えますと、満開、絶頂はあまり誉められた状態ではないかもしれません。むしろそこまで登りつめないで、ほどほどのあたりが理想ということになります。「花は半開を看る」、この時期、改めてこの言葉を噛み締めてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公的年金の資産構成

 公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が2015年10~12月期の運用成績を発表しました。

 15年12月末時点の運用資産額は139兆8249億円で、各資産の構成比率の変化は下記のようになっています。


       15年12月末   ←15年9月末

  国内債券  37.76%   ←38.95%

  国内株式  23.35%   ←21.35%

  外国債券  13.50%   ←13.60%

  外国株式  22.82%   ←21.64%

  短期資産   2.57%   ← 4.46%



 ちなみに、昨年9月末と12月末を比較して東証株価指数(TOPIX)は136ポイント(9.65%)、日経平均株価は1645円(9.46%)の上昇でした。

 同期間のGPIFの運用収益は4兆7302億円の黒字、期間収益率は3.56%で、構成資産別の収益の内訳(市場運用分)下記のようになっています。


  国内債券   3785億円の黒字

  国内株式 2兆9660億円の黒字

  外国債券   2179億円の赤字

  外国株式 1兆5854億円の黒字


 尚、年明け以降、運用環境が悪化したことから15年度通期では5年ぶりに運用損失が発生する可能性があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

犬も歩けば棒に当たる

 「急いては事を仕損じる」と申しますが、一方で「善は急げ」と言い、「渡る世間に鬼はなし」と思いきや「人を見たら泥棒と思え」と言ったりします。

 このように反対の意味を持つことわざがあるのは珍しくありませんが、一つのことわざが二つの正反対の意味を持つという例もあります。

 たとえば、いろは歌留多の一番に登場する「犬も歩けば棒に当たる」です。

 この札には棒で打たれて逃げ廻っている犬の絵柄が描かれていますように、用もないのにうろうろ出歩いていると災難に遭うという教訓を伝えていますが、一方でこの言葉は積極的に出歩いていると思いがけない幸運に出会うことがあるという意味でも使われます。この札が登場した江戸時代の半ば頃から、両方の意味が存在したそうです。

 他に、二つの意味を持つものとしては「斧を研いで針にする」(努力すれば成功する、ムダな骨折り)などもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

部門別ベストカー

 米大手消費者団体が発行する品質調査専門誌「コンシューマー・リポート」が、恒例の自動車信頼性ランキング(2016年版)を発表しました。

 このランキングは、数十回にも及ぶ路上試験を繰り返し、安全性、燃費、快適性、乗り心地などの項目を、同誌が独自に調査した結果に基づいて評価したもので、米消費者の購買動向に大きな影響を及ぼすと言われています。

 ちなみに、今年の部門別ベストカー及び全部門を通じての最優秀車は下記のようになっており、10部門のうち7部門で日本車がベストカーに選ばれています。

   ~部門~    ~車種~   ~メーカー/ブランド~

   <準小型車>   フィット   ホンダ

   <小型車>    インプレッサ スバル

   <中型車>    カムリ    トヨタ

   <ミニバン>   シエナ    トヨタ

   <小型SUV>  フォレスター スバル

   <中型SUV>  ソレント   起亜

   <高級SUV>  RX     レクサス

   <スポーツカー> MX-5   マツダ
   (4万ドル未満)(日本名ロードスター)

   <大型車>    インパラ   シボレー(GM)

   <ピックアップ> F-150  フォード

 同時に発表された、消費者に継続的に良いサービスを提供している自動車ブランドの総合ランキングは下記のようになっています。※カッコ内は昨年順位

    1位( 4) アウディ

    2位( 5) スバル

    3位( 1) レクサス

    4位( 6) ポルシェ

    5位(10) BMW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生の節

 どんなに楽しかったことも苦い経験も、長い時間も、過ぎてみればあっという間です。

 今はちょうど卒業のシーズン。学舎を巣立ってゆく子ども達もきっとそんな思いでいるのではないでしょうか。

 ところで、卒業の際にいただいて、今も心に残る言葉があります。

    節から芽が出る。


 望んだことではないのに、人は辛い目にあったり、苦しい境遇に置かれたりしますが、それこそが人生の節だというのです。そしてそこから新しい芽が出るのだと。

 たった一言、本当に短い言葉ですが、人生の途中途中で思い出されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

600度の法則

 昨日は真冬のような寒さとなり、昨晩は関東地方の沿岸部でも雪がちらつくところがあったようです。

 寒くて春が遠のいたような気さえしますが、都心の桜はあと10日もすれば咲き初め、月内には満開を迎える見通しです。


 ところで、桜の開花日と気温との関係には「600度の法則」があることが昔から知られています。

 600度の法則とは、2月1日からの最高気温を足して600度になると桜が開花するというものです。

 参考までに、昨晩のNHKの天気予報で、都心の桜の開花と積算気温の関係について過去5年のデータを用いて検証しておりましたのでご紹介させていただきます。


 ◎積算気温が600度になった日  実際の開花日

      2011年3月25日   3月28日 (3日遅れ)
      2012年3月29日   3月31日 (2日遅れ)
      2013年3月19日   3月16日 (3日早い)
      2014年3月25日   3月25日 ( 同日 )
      2015年3月22日   3月23日 (1日遅れ)


 積算気温が600度になった日と開花日の差がいずれも3日以内に収まっており、まずまずの精度です。

 ちなみに、予報をもとにこれからの都心の最高気温を積算していきますと18日には600度に到達するそうです。

 ただ、2011年がそうだったように、暖冬の年は開花が遅れる傾向があり、今冬は前半の気温が高めに推移したため、今年の桜の開花も積算気温が600度になった日から3日程度遅れ、21日頃になるというのが天気予報士の見立てです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緊急地震速報

 あの日以来、「緊急地震速報」の大きな警報音を聞きますと反射的に身構えるようになりました。

 気象庁で緊急地震速報の本格運用が始まったのは2007年10月のことで、08年ごろ以降に発売された携帯電話やスマホは、大きな警報音とともに緊急地震速報が受信できるようになっています。※揺れが予想される地域の利用者が受信します。

 地震発生時には、初期微動の小さな縦波(P波)と主要動の大きな横波(S波)が同時に発生しますが、P波の伝播速度は毎秒約7kmであるのに対し、S波は毎秒約4kmと、2つの地震波には速度差があります。

 気象庁はP波とS波の速度差を利用して、震源地に近い地点で観測したP波から主要動のS波の伝播を予測、震源や地震の規模を直ちに推定して、警報を発しています。

 尚、一般向けの緊急地震速報(警報)の発表条件は、地震波が2つ以上の地点で観測され、最大震度5弱以上と予想される場合だそうです。

 ほんの数秒前でも、大きな揺れが来ると分かれば、事前に身構えることができます。これは防災上、大きな利点です。

 ちなみに、このシステムを開発したのはNECです。日本以外でも、独自のシステムで緊急地震速報を運用している国はありますが、NECは日本で培った実績と技術力で、海外での緊急地震速報システムの受注獲得を目指しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京大空襲

 今から71年前となる1945年の本日3月10日。「東京大空襲」が行なわれ、10万人以上の都民が1夜にして命を失いました。

 本日は70年目の命日にあたり、広島と長崎の原爆の日(8月6日と9日)とともに、多くの人が犠牲になった忘れられない日です。

 3月9日の夜10時30分、アメリカ軍編隊が東京上空に飛来。ラジオにて放送中の軍歌が中断され、警戒警報が発令されました。同編隊は房総半島沖に退去して行ったため、警戒警報は解除。ここに大きな油断が生じ、9日から10日に日付が変わった直後の午前0時7分に爆撃が開始されました。


 約300のB-29爆撃機による爆撃は深川地区へ初弾が投下され、その後に城東地区、午前0時20分には浅草地区や芝地区にも投下され、人口過密地帯は火炎地獄と化します。そして、逃げ惑う市民には超低空のB-29から大量の榴弾(りゅうだん)や機銃掃射が浴びせられました。

 3月12日には名古屋大空襲、続いて3月13~14日に大阪大空襲がそれぞれ実行され、多数の死傷者を出しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガソリン価格

 7日時点のレギュラーガソリンの店頭価格(1リットル当りの全国平均)は前週比0.5円安の112.0円と3週連続の値下がりで、2009年3月30日以来およそ6年11カ月ぶりの低水準となっています。



 ちなみに、資源エネルギー庁のデータによりますと、レギュラーガソリンの店頭価格(1リットル当りの全国平均)の最高値は2008年8月4日の185.1円で、ハイオクの高値は同日の196.0円、軽油も同日の167.4円です。

 日本の指標原油はUAE産のドバイ原油ですが、手元にデータがある08年当時のNY原油先物(WTI)の値動きを振り返ってみますと、08年7月3日に終値ベースの最高値145.29ドル、同月11日には取引時間中の史上最高値の147.27ドルを付けています。

 当時の為替水準(対ドル)が100円台前半だったため、原油高の影響は幾分和らぎましたが、当時はレギュラーガソリンの店頭価格が200円を突破するとの声もありました。

 本日発表された今月7日時点のレギュラーガソリンの店頭価格(1リットル当りの全国平均)は112.0円、ハイオクは122.9円、軽油は97.1円となっており、それぞれピークから約40%、約37%、約42%値下がりしていますが、近所のガソリンスタンドではそれ以上に安くなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の時間の使い方

 「三寒四温」と申しますが、少しずつ春の気配を感じる今日この頃です。

 「春眠暁を覚えず」と申しますように、眠り心地の良い春はつい寝過ごしてしまいがちですが、世の中の流れは「早起き」に向かっているようです。


 NHK放送文化研究所は5年に1度、日本の時間の使い方(生活実態)に関して調査を行っており、最新の2015年調査の結果によりますと、午前5時~7時15分に起きている人が幅広い層で以前より増えています。

 また、平日は午前8時から仕事をする人が増加、平日夜は男性40代や女性30代など働き盛りの世代で就寝時間が早まり、全体として「朝型」にシフトしつつあるようです。

 尚、平日の平均睡眠時間は2010年の前回調査から1分増加の7時間15分で、これまで一貫して減少傾向にあった睡眠時間が下げ止まっています。


https://www.nhk.or.jp/bunken/research/yoron/20160217_1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六 曜

 冠婚葬祭などの日取りを決めるときに、「大安なので、この日に結婚式を・・・」とか、葬儀の日を決めるのに「友引なので、葬式を繰り上げよう・・・」といった話をよく聞きます。


 ここで使われている「大安」「友引」、そして「赤口」などは、古代中国の「六曜」(ろくよう)という暦の考え方にもとづいており、三国志で有名な諸葛孔明が戦いの際に、吉凶の日を知るのに利用したことに端を発しているそうです。


 この六曜が日本に伝わったのは江戸時代半ばで、現在使われている六曜のそれぞれの日には、次のような意味があります。


・先勝(せんしょう、せんがち)・・・午前が良く、午後は悪い

・友引(ともびき)      ・・・正午のみが凶

・先負(さきまけ、せんぶ)  ・・・午前が悪くて、午後が良い

・仏滅            ・・・1日じゅう最凶の日

・大安            ・・・1日じゅう良い日。大安吉日という。

・赤口(しゃっこう、しゃっく)・・・昼だけが吉。朝・夕は凶で災いに出合
                  いやすい


 本来は中国で、戦や争いごとの吉凶の日を占うものでしたが、次第に日本では日常生活全般に用いられるようになりました。


 なかでも「友引」は、その文字の連想から「友を引く」との意味に取られるようになり、葬儀などの弔事が避けられるようになったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

輸出額ランキング

 島国である日本の輸出入の手段は必然的に船か飛行機を使うことになり、全国の海港や空港を経由して貿易が行われます。

 全国の海港および空港の輸出額ランキングは、2011年までは成田空港が15年連続1位でしたが、2012年からはトヨタ自動車の本拠地に近い名古屋港が1位の座を維持しています。

 参考までに、主な海港および空港の2015年分の輸出実績は下記のようになっています。※税関の資料より


   <港 名>    <輸出額>    <前年比>

    名古屋港  11兆4767億円   0.9%増

    成田空港   8兆9135億円   9.9%増

    横浜港    7兆5320億円   5.8%増

    東京港    6兆2457億円   1.8%増

    神戸港    5兆5511億円   1.2%増

    関西空港   5兆3063億円   8.5%増

    大阪港    3兆4196億円   4.8%増


 尚、重量ベースでは海上貨物が圧倒的に多く、航空貨物の割合は1%に達しませんが、金額ベースでは航空貨物が輸出入の3割前後を占めています。

 航空貨物の運賃は船で運ぶよりも7倍程度高いといわれ、その価値は輸送にかかる時間にあります。東京─ロサンゼルス間を船で運ぶ場合、陸送部分や手続きにかかる時間を含めますと平均として4~5週間(港間は9日間)かかりますが、飛行機の場合は4日間(空港間は10時間)くらいで到着します。

 そのため鮮度が命の生鮮食品や切花、流行や需要にいち早く対応する衣料品などが飛行機で運ばれ、宝飾品や美術品、医薬品、時には競走馬や大型の産業機械なども航空貨物として空を飛び、欠品が出た際の手当てのため電子部品や自動車部品なども急ぎ空輸されます。

 ちなみに、海上輸送は日数がかかり大きなストレスになるため、海外からやってくる動物園や水族館の動物はほぼ100%(象を除く)が空輸だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

啓 蟄

 早いもので、今日は二十四節気の一つ「啓蟄」。ひな祭りも終わり、土中に冬ごもりしていた虫たちが一斉に春のことぶれを感じ取り、地上に顔をのぞかせる頃です。まだまだ寒い時節ではありますが、一雨ごとに気温が上がり、日差しも徐々に暖かくなってきます。


 奈良東大寺のお水取りも始まり、草木萌(も)え出る爛漫の春もすぐそこに来ています。


           『梅は匂い、桜は花、人は心ぞ、振りいらぬ』


という言葉を思い出しますが、梅はその香を、桜は花の美しさを、そして人は心を愛(め)でよ、といいます。


 そして、人は心があれば外見を飾りつけて装うことなどどうだっていいと言っています。単純なことを言っているようで、なかなかに含蓄が深く、日本古典の素晴らしさかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四苦八苦

 昨日は3月3日、「雛祭り」です。カレンダーを見ますと「耳の日」ともなっていますが、虫歯予防デーが6月4日、鼻の日が8月7日等々、日本人が数字を気にする習性は非常に強く、洞爺丸遭難が9月26日で伊勢湾台風も同じ9月26日だったりと重なりますと皆が9月26日を気にするようになったりします。

 また、奇数を好む人、偶数を好む人もそれぞれで、切符を買えば印刷された通し番号の数を見て、一喜一憂するサラリーマンも少なくありません。二で割り切れると吉で、三で割り切れる数は凶、と縁起をかつぐ人もいます。六の字嫌いの極端な人は九まで嫌います。おかしいようですが、「9」は「6」のさかさまだからやっぱりイヤというわけです。

 電話番号や車のナンバーで嫌がられるのをちょっとまとめてみますと、49─死苦、63─無産、79─泣く、86─病む、89─厄、0079─まるまる泣く(まるまるなくす)、1564─人殺し、1818─いやいや、3742─皆死に、4286─死に病む、4979─よく泣く、4989─四苦八苦・・・ときりがありません。

 ラッキー7ではありますが、一方で「七難九厄」ともいい、七、九のつく年を厄年にする地方もあるそうです。余りこだわりますと、それこそ四九八九することになりかねません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入社式

 今日は雛祭りです。最近はお雛様を飾らないご家庭が多いと聞きますが、使われなくなった雛人形を集めた町ぐるみの雛祭りがこの時季の風物詩となっています。


 ところで、今月下旬に卒業式・学位授与式を予定している大学が多い中で、ユニクロなどを展開するファーストリテイリングでは一足早く入社式が行われました。

 傘下企業4社に採用された約1000人の新入社員のうち、本日の入社式に出席したのは400人余りで、明日から1週間の研修の後、実店舗でOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)です。

 セブン&アイ・ホールディングスも例年3月中旬ごろに、グループ会社と合同で入社式を行っています。

 ちなみに、早めに入社式を行う理由を、セブン&アイでは「他の企業の新入社員を店頭でお迎えする」という配慮から、ファーストリテイリングでは「来店客が大幅に増える5月の大型連休に向けて少しでも早く仕事に慣れてもらうため」と説明しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おすすめの梅の名所

 以前の「おすすめの梅の名所」ランキングでは、1位が東京都青梅市の『吉野梅郷』(よしのばいごう)となっていました。

 もともと食用の梅農家が多かった地域に、青梅市が1972年に町おこしをねらって観賞用に「梅の公園」を整備。4万5000平方メートルの土地に赤、白、黄など1500本の梅が咲き誇るそうです。


 2位は神奈川県の『湯河原梅林』で、1996年から一般公開が始まりました。4000本の梅が紅白鮮やかに咲き、視覚を圧倒する風景が持ち味だそうです。


 3位は菅原道真ゆかりの『北野天満宮』(京都)で、道真の命日である2月25日に「梅花祭」が開かれます。「舞妓」(まいこ)や「芸妓」(げいこ)たちが梅の咲く境内で茶会を開く光景は京都ならではです。


 ちなみに、「舞妓と芸妓、どう違うの?」となりますが、「舞妓」と「芸妓」は、唄や踊り・三味線などの芸で宴席に興を添えることを仕事とする女性の事をいい、「舞妓」とは「芸妓」になる前の15歳から20歳くらいまでの未成年の少女のことを言い、「舞妓」として修行した後に「芸妓」になるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好きな漬物

 胃もたれ気味になっている時など、炊きたてご飯に漬物と熱いお茶さえあれば食が進みます。以前、その「好きな漬物」というランキングがありましましたが、第1位はキムチです。

 キムチは、激辛ブームや健康食ブームを追い風にここ10年ほどで急速に日本の家庭に普及しました。日本の漬物との大きな違いは、野菜と一緒に漬け込む材料の豊富さにあります。

 トウガラシ、ニンニク、小エビに似たアミ、小魚、果物などを混ぜて乳酸発酵させ、アミや小魚にはたんぱく質、トウガラシには脂肪を燃やす効果のあるカプサイシンなどが含まれています。


 「好きな漬物」ランキングは以下のようになっていました。


 1.キムチ・・・・・白菜キムチ、大根キムチ、水キムチなどが有名

 2.たくあん漬け・・江戸時代の僧・沢庵(たくあん)宗彭が考案という説

 3.野沢菜漬け・・・長野県を代表する漬物

 4.しば漬け・・・・京都を代表する漬物の一つ

 5.らっきょう漬け・整腸作用があるそうです

 6.千枚漬け・・・・しば漬けと並ぶ京都を代表する漬物

 7.福神漬け・・・・大根、茄子、鉈豆、蓮根、胡瓜、紫蘇、白ゴマの7種
           の野菜を「七福神」に見立てのが由来

 8.高菜漬け・・・・福岡や熊本など九州を代表する漬物

 9.べったら漬け・・大根のこうじ漬け

10.わさび漬け・・・静岡を代表する漬物

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »