« 土用入り | トップページ | 日の丸 »

国連事務総長

 国連の次期事務総長にポルトガル元首相のアントニオ・グテレス氏が選ばれることが内定しました。潘基文(パン・ギムン)現事務総長の任期満了を待って、来年1月に第9代事務総長に就任する見通しです。

 ちなみに、国連の事務総長は、特定の国や地域に権力が集中することを防ぐために、大国または先進国から選ばれることはなく、大陸ごとに順に選出ということが慣例化しています。


 ところで、今年12月末で任期が切れるパン・ギムン事務総長は、娘婿や友人を要職に就かせたり、本来「中立」であるはずの立場から逸脱したとっぴな発言や行動で国際社会のひんしゅくを買ったり、これといった実績もないことから批判が絶えない人物です。

 英エコノミスト誌はパン・ギムン事務総長を「歴代最悪の事務総長の一人」と評し、ニューヨーク・タイムズ紙も「国連史上最悪の事務総長の一人」との評価で、国際的な問題に対して何の対応もしないことを指して「何があっても見てるだけの透明人間」と痛烈に批判しています。

 そんなパン氏でも韓国国内では高い人気があります。韓国では国連事務総長は「世界の大統領」といった認識があり、来年12月に行われる韓国の大統領選挙に関連して「望ましい大統領候補」を聞いた最近の韓国世論調査では、パン氏が圧倒的な支持率でトップに立っています。

 こうした世論調査の結果は、韓国では「パン氏のような国際感覚のある人物が国を率いるべきだ」との意見が多いことを示していますが、もちろん韓国々内にはパン氏に批判的な意見もあります。

 国連事務総長という立場で中国の抗日戦争勝利70年記念行事に出席したり、竹島に関しては「日本の指導者は正しい歴史認識を持つべきだ」との発言をしており、もしパン氏が韓国の次期大統領になるようなことがあれば日韓関係はまたまた視界不良に陥る可能性があります。

|

« 土用入り | トップページ | 日の丸 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国連事務総長:

« 土用入り | トップページ | 日の丸 »