« キノコ | トップページ | 発 酵 »

天気予報

 肌に心地よい季節となりましたが、普段、天気予報を見ていますと、「快晴」・「晴」といった言葉がよく出てきます。一体、どの程度の違いがあるのでしょうか。


 「快晴」とは、雲量が0から1までの場合を言い、空をグルリと見渡して、雲が全く無いのが雲量0で、見渡した空の1割まで雲のあるのが雲量1となります。この割合で、雲量が2から6までを「晴」と言い、雲量が7以上を「曇り」と言うそうです。


 一時晴、或いは一時曇りの「一時」とは、予報の時間帯のうち4分の1未満を言い、仮に1日分(24時間)の予報でしたら、24時間の4分の1未満、すなわち6時間未満までが「一時」ということになり、半日分(12時間)の予報の場合は、3時間までとなります。4分の1未満であれば、たとえ1分間でも「一時晴れ」もしくは「一時曇り」となる訳です。


 また、「時々晴」「時々曇り」の「時々」とは、現象が断続して数回起こり、その合計時間が予報期間の2分の1未満のとき、または一時連続して起こるが、その時間が予報期間の4分の1以上2分の1未満のときを言うそうです。


 早い話、1日分(24時間)の予報の場合ですと、降ったりやんだり、降ったりやんだりして、その降った分の合計が12時間未満ならば「時々雨」ということになります。「一時連続して起こるが・・・」の意味は、半日分(12時間)の予報なら、降ったりやんだりがそう度々なくても、その合計が12時間の4分の1以上2分の1未満、つまり3時間から6時間未満の場合となります。


 「ぱらつく」という表現もよく聞きますが、これは、雨の時間的でなく量的な表現で、雨量5ミリ以下のことを言うそうです。細かい定義は別にしまして、こういった区別があるということを頭に入れて天気予報を見ると、また見方が変わってきます。

|

« キノコ | トップページ | 発 酵 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天気予報:

« キノコ | トップページ | 発 酵 »