« とんでも予想 | トップページ | 三 策 »

正月飾り

 昨日までクリスマス一色だったことが嘘のように、スーパーの売り場は正月用の飾り物や鏡餅などであふれ、すでに正月仕様となっています。

 正月飾りも今はずいぶんと簡略化されていますが、飾り物にもひとつひとつに意味があります。

 例えば、門松は歳神様が降りてくるときの目印となり、「松は千歳を契り、竹は万代を契る」との諺にもありますように松には長寿、竹には発展への願いが込められています。

 しめ飾りは不浄なものを寄せつけず、清らかな場所であることを示し、鏡餅は年神様の神霊が宿る神聖な供物であり、丸い形は円満を表します。

 ちなみに、正月飾りの飾り時について、29日の9は「苦」に通じるため、31日の大晦日に慌てて飾るのは、「一夜飾り」といって年神様に対し礼を失するとの理由で避けられます。

 となりますと飾るタイミングは自ずと限定されてきますが、一般的には28日までに飾るか、または30日に飾るのが良いそうです。

|

« とんでも予想 | トップページ | 三 策 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正月飾り:

« とんでも予想 | トップページ | 三 策 »