« クリスマスツリー | トップページ | 今年の十大ニュース »

冬 至

 きょうの冬至は年間を通して夜が一番長く昼が最も短い日。ずっと昔はこの日が一年の始まりと考えられており、世界各地に残る冬至祭は、太陽の力が最も弱まった日が無事に過ぎ去り、太陽の復活を祝う日でした。

 冬至を指す「一陽来復」は「冬が去り、春が来ること」を意味すると同時に「悪い事が続いたあと、ようやく物事が良い方に向かうこと」でもあります。

 この日に「ん」がつく物を食べて、一陽来復の運気上昇にあやかり、無病息災を願う風習が各地に残ります。

 ちなみに、「ん」がつく食べ物とは、大根や蜜柑(みかん)もそうですが、よく言われるのは下記の7つです。

   南瓜(なんきん)かぼちゃ
   人参(にんじん)
   蓮根(れんこん)
   金柑(きんかん)
   銀杏(ぎんなん)
   寒天(かんてん)
   饂飩(うんどん)うどん


 上記がいわゆる「冬至の七種(ななくさ)」です。


 ところで、クリスマスはキリストの誕生日と一般に思われていますが、新約聖書にキリストの誕生日を特定する記述は無く、異教徒を取り込む過程においてその習俗(冬至祭)も一緒に取り入れてキリスト教の祭日としたのがクリスマスの始まりだそうです。

|

« クリスマスツリー | トップページ | 今年の十大ニュース »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬 至:

« クリスマスツリー | トップページ | 今年の十大ニュース »