« 注連縄 | トップページ | 大晦日をテーマにした江戸川柳 »

カシミヤ

 ヤギの毛が「カシミヤ」で羊の毛が「ウール」です。しなやかで軽く、暖かく、上品な光沢を持つその「カシミヤ」。貴族たちの間で大流行し、『繊維の宝石』とも呼ばれ、今では世界中で広く愛されています。

 かつては数万円もした高級品カシミヤ100%のセーターですが、最近は1万円以下で続々登場しています。


 『カシミヤ』は、中国の内モンゴル自治区からイラン、アフガニスタンにかけて放牧されているカシミヤ山羊(やぎ)に冬に生える産毛(うぶげ)で、春に櫛(くし)ですいて採集し、一頭から採れるのはわずか150グラム程度。セーター1枚編むのに約4頭分、コートになると約30頭分もの原毛が必要になるそうです。


 これまではヤクの毛を混ぜるなどの不正が見られましたが、最近は「カシミヤ100%」の虚偽表示は少なくなっているようです。ただ、最高品質とされる「内モンゴル産」(チャイニーズ・カシミヤ)には明確な基準がなく、また技術的に原料産地を特定するのは不可能であり、他産地の原料をブレンドしているケースが少なくないようです。

 購入時は、手で触ってチクチクする感じがないか確認し、同じデザインなら締りがあって重いほうを選ぶのが良いそうです。

|

« 注連縄 | トップページ | 大晦日をテーマにした江戸川柳 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カシミヤ:

« 注連縄 | トップページ | 大晦日をテーマにした江戸川柳 »