« 休眠預金法 | トップページ | ベストセラーランキング »

ノロウイルス

 東京都はインフルエンザの「流行開始」を発表した同じ日、ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎の「流行警報」も発表しています。

 ノロウイルスは感染力が非常に強く、感染すると一定の潜伏期間を経て、嘔吐(おうと)や下痢を繰り返す症状がみられます。

 以前は「お腹にくる風邪」や「風邪による下痢や腹痛」だったり、幼稚園などで感染が広がることが多いことから「子供の風邪」などと認識されていましたが、今は冬に多発する食中毒の原因として知られています。

 ノロウイルスには特効薬がなく、水分を補給することと吐き気止めや整腸剤などの薬を使用する対症療法が主で、通常は一日、二日で症状が落ち着きますが、免疫力の低い幼児や高齢者は重症化するケースもあります。

 ノロウイルスは、感染者の嘔吐物や糞便に触れた人の手、または乾燥し舞い上がったものを介して口から感染するケースが多く、ウイルスを含む牡蠣(加熱用の牡蠣)を生で食べるなどしても感染します。

 予防法としては、食事や調理の前、トイレの後などの石鹸による手洗いの徹底、食材の加熱処理、調理器具の消毒などが有効だそうです。

 ちなみに、昨年広がりを見せたノロウイルスは、遺伝子が変異した新型です。新型ノロウイルスに対しては免疫を持っている人がいないため、今期は新型が大流行する可能性が指摘されています。

|

« 休眠預金法 | トップページ | ベストセラーランキング »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノロウイルス:

« 休眠預金法 | トップページ | ベストセラーランキング »