« 三 策 | トップページ | ハイムリック法 »

年越し蕎麦

 これからは正月を迎える準備で日ごとに慌ただしくなりますが、大晦日の年越し蕎麦で諸事合わせてようやくお正月を迎える準備が整うような気がします。

 大晦日に食べる蕎麦については、晦日蕎麦、年越し蕎麦、つごもり蕎麦など言い方は様々ですが、由来もいくつかあるようです。

 一つは、その昔、あるお寺が、貧しくて年の越せない人々に蕎麦がき(蕎麦粉を熱湯でこねたもの)をふるまったところ、翌年から皆に運が向いてきたことから、「運そば」として広まったというもの。または、もともと商家では月末に蕎麦を食べる習慣があり、それが元になったとする説等々。

 金細工の職人が金粉を集めるのに、練った蕎麦粉を使っていたことから、蕎麦は金を集める縁起物として食され、またはその形状から細く長く達者に暮らせるように願ったとの話や、蕎麦は切れやすいことから、その年の苦労を切り捨て翌年に持ち越さないよう願ったという話もあります。

 痩せ地でも実を結ぶ蕎麦は、風や雨にも強い植物です。風に寝かされても、雨に打たれても翌日には起き直ります。このことから捲土重来(けんどちょうらい)を期す食べ物とも言われています。

|

« 三 策 | トップページ | ハイムリック法 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年越し蕎麦:

« 三 策 | トップページ | ハイムリック法 »