« 柿(2) | トップページ | 国会議員の給料 »

江戸期の両国界隈の地名

 葭町(よしちょう)=現・中央区日本橋人形町一丁目、三丁目を挟む地域。今の人形町交差点から江戸橋に抜ける道筋の街です。

 広小路、西両国から両国橋を渡り、東両国に至る両国のメインストリートです。江戸には、各所に「広小路」が存在しましたが、「両国広小路」と呼ばれる所です。

  (馬喰町)    │ 隅 │          
(浮世小路)    │ 田 │         
   西両国一帯│ 川 │東両国一帯    
━━━━━━━┿───┿━━━━━━━  
  西両国広小路│両国橋│東両国広小路   
━━━━━━━┿───┿━━━━━━━
   西両国一帯 │   │東両国一帯     
   横山町 米  │   │         
   (橘町)  沢  │   │         
 (田所町)   町 │   │         
(長谷川町)     │   │         
         葭町 │   │         
駿河町(小網町)│   │   北     
       (魚河岸)│   │   ↑     
─┤日├────┘       ─┼─    
  │本│神田川     │   │     
─┤橋├────┐            
        │        

 米沢町=現・中央区東日本橋二丁目両国橋西詰めの街。駿河台=現・千代田区神田駿河台一丁目と二丁目に位置する街。家康公が江戸に入った時、当時あった神田山と言う山を崩し、その土砂で日比谷入江を埋め立てて、下町一帯を築きました。神田山跡の台地は、江戸初期に、駿府(現・静岡市葵区)から江戸に移住した、家康公の家臣が居を構えたので、そのエリアを駿河台と呼ぶようになります。

 当時の隅田川、両国界隈の地図を、かなり大雑把ですが、アスキーアートで描くと、上図の様になります。あくまでも、大雑把な地図ですので、距離等はほとんど考慮していません。だいたいの位置関係を読み取っていただければ、と思います。なお、落語の中に出てくる名所地名も、( )で括って書き込んであります。「ああ、あの落語に出てくる●●町って、ここいら辺にあったんだ」なんて感じで、見て下さい。

|

« 柿(2) | トップページ | 国会議員の給料 »

つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸期の両国界隈の地名:

« 柿(2) | トップページ | 国会議員の給料 »