« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

3D横断歩道

 横断歩道を、白色の他に灰色なども使ってトリックアートのように3Dに見えるようにして書くと、車は思わずスピードを落とし、事故が激減するとのこと。元々インドのデリーで試されたようですが、アイスランドでも試されたことがあるようです。

 確かに宙に浮くように見える横断歩道が目の前に出てくると、思わずブレーキを踏みそうです。但し、トリックアートなのでそのように見える向きは決まっていて、横や反対から見ても3Dには見えません。それに、ドキッとし過ぎて急ブレーキを踏むと、それも却って危険にも思えます。更に、何回かそこを通ると慣れてしまうかも知れません。然しそれでも尚、これはかなり活用範囲のありそうなナイスアイデアだと思います。コストも安いですし。

 道路に限らず、色々な所で活用可能な気もします。オフィスの壁や天井も殺風景だし、何かこのアイデアを転用出来るかなぁ。あ、オフィスよりも、学校の教室に何か使えそうですね。アートの効用は、もっともっと広い分野で考えられるべきだと思いました。

| | トラックバック (0)

孫 子

 『孫子』。ご存知の方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、『孫子』は兵法書であり、戦争の法則性を研究し、勝つため、或は負けないための戦略戦術を追求したものです。


 その中に『風・林・火・山』という有名な一説があります。甲斐の武田信玄が、


  その疾(はや)きこと〈風〉のごとく、

  その徐(しず)かなること〈林〉のごとく、侵略すること〈火〉のごとく、

  動かざること〈山〉のごとく、知りがたきこと陰のごとく、

  動くこと雷霆(らいてい)のごとし


 という孫子の兵法書の一節から『風・林・火・山』の四文字をとって旗印としたことは広く知られていますが、作戦行動にさいしては、疾風のように行動するかと思えば、林のように静まり返る。燃え盛る火のように襲撃するかと思えば、山のごとく微動だにしない。暗闇に身をひそめたかと思えば、万雷のように轟きわたる。


 孫子ではこれが【勝利の条件】と言っているわけですが、甲州軍団率いる武田流軍学の特徴もこの静と動の組み合わせにあったといわれています。

| | トラックバック (0)

岡目八目

 落語の「碁どろ」は、好きな碁に熱中している登場人物が織り成すおもしろおかしい掛け合いが聞きどころ。この話に登場する泥棒はまさに岡目八目で、対極を傍から見ていて口を出さずにいられなくなってしまうところが話を盛り上げます。

 ところで、この「岡目八目(傍目八目)」という言葉は「関係のない者が語るいい加減な論評」という意味で使われることが多いようですが、本来は「傍で見ている者の方が、当事者よりも冷静に全体を俯瞰でき、物事の是非得失を当事者以上に判断できる(先々をよく見通すことができる)」という意味があります。

| | トラックバック (0)

所得の格差

 貧困の撲滅に取り組む国際非政府組織(NGO)オックスファムは先日、世界で最も裕福な8人の資産額(約48兆7千億円)は、世界の人口73億5千万人の所得が低い方の半分(36億7500万人)の資産合計額に相当するとの報告書を発表しました。

 ちなみに、世界の最も裕福な富豪とは以下の8名です。

    ビル・ゲイツ氏      (マイクロソフト創業者)
 
    アマンシオ・オルテガ氏  (ZARA創業者)

    ウォーレン・バフェット氏 (バークシャー・ハザウェイのトップ)

    カルロス・スリム氏    (グルポ・カルソ創業者)

    ジェフ・ベゾス氏     (アマゾン創業者)

    マーク・ザッカ─バーグ氏 (フェイスブック創業者)

    ラリー・エリソン氏    (オラクル共同創業者)

    マイケル・ブルームバーグ氏(ブルームバーグ創業者)


 以前、経済書としては異例の売れ行きを記録したトマ・ピケティ著の「21世紀の資本」は、長期的にみて資産の収益率は所得の伸びを上回るということを指摘しました。

 つまり、富裕層は巨額の保有資産を投資に回してさらに大きな収益を上げ、低所得者の賃金はわずかにしか増えないため、持つ者と持たざる者の格差は縮まるどころか広がる一方だということです。

 できれば富裕層の側に行きたいものですが、富裕層が大きな資産を保有することになったのは、ここぞという時にリスクを取ることを躊躇せず、積極的に投資を行った結果でもあります。

| | トラックバック (0)

リンゴ

 ミカンと並ぶ冬の果物といえばリンゴです。食物繊維やカリウムが豊富で、生活習慣病予防や胃腸の働きを促進する効果があります。

 リンゴを丸かじりすると、噛むことで歯肉がじょうぶになり、唾液の分泌もよくなって虫歯や歯肉炎などの予防効果があり、さらに大腸がん予防や便秘の解消・・・等々、幅広い効用があり、貴重な果物です。

 果汁が多い「ふじ」、酸味が少ない「つがる」、黄緑色の「王林」、甘酸っぱい「ジョナゴールド」が代表品種ですが、青森、長野の両県で国内生産量の7割以上を占めています。

 選ぶ際は、皮の色が濃く、ツルの周辺のくぼみが深いものが果肉が詰まっていて美味しいそうです。

| | トラックバック (0)

興行収入

 日本映画製作者連盟が昨日発表した2017年の全国映画概況によりますと昨年の邦画と洋画を合わせた全体の興行収入は2285億円で、過去最高を記録した2016年から2.9%減少しました。

 邦画に前年の「君の名は。」のような大ヒット作がなかったことが主因で、昨年の邦画部門の興収は前年比15.6%減と低迷しました。

 参考までに、昨年の興収上位5作品は下記のようになっています。※カッコ内は配給会社。


   1位 124億円 美女と野獣(ディズニー)

   2位  73億円 ファンタスティック・ビーストと
                   魔法使いの旅(ワーナー)

   3位  73億円 怪盗グルーのミニオン大脱走(東宝東和)

   4位  69億円 名探偵コナン から紅の恋歌(東宝)

   5位  67億円 パイレーツ・オブ・カリビアン
                  /最後の海賊(ディズニー)


 ちなみに、日本における歴代興収トップ3は、1位が「千と千尋の神隠し」(01年公開、308億円)、2位が「タイタニック」(97年公開、262億円)、3位が「アナと雪の女王」(14年公開、255億円)となっていますが、16年公開の「君の名は。」はロングラン上映により250億円にまで興収が伸びています。

| | トラックバック (0)

富士山

 伝えられているとおり、北の丸公園(東京都千代田区)の気象観測施設において、本日午前6時20分に氷点下4度を観測しました。1970年1月17日以来、48年ぶりの低温記録だそうです。

 本日は荒天となったところが多かったものの、都内は晴れ渡りました。こんな日は、さえぎるモノがなければ都内からも富士山を遠望することができます。

 ちなみに、富士山が見える最遠は、富士山頂から南西に332km離れた和歌山県那智勝浦町の色川富士見峠で、ほぼ真西に261km離れた京都府左京区久多川合町や、北北東に308km離れ北限とされる福島県川俣町と飯舘村にまたがる花塚山などからも富士山の写真が撮られています。

 尚、昔の名残で富士山が遠望できる場所や地域には「富士見」(富士見町、富士見台、富士見坂等)の地名が付いていることが多く、都内にも点在します。

 実際には富士山を望める北限とされる福島県よりも北の青森や北海道、西端の和歌山よりも西の大分などにも「富士見」の地名があります。

 山容が富士山に似ていたり、歴史的に富士山と何らかの関係がある山、またはその土地を代表する山を「○○富士」と呼び、昔から地元で親しまれてきた郷土富士(ご当地富士)は日本各地に300以上あるそうです。

| | トラックバック (0)

アレルギー性皮膚炎

 最近は老若男女を問わず、アレルギー性皮膚炎でお悩みの方が多いようです。なかなか原因が特定できないのが厄介ですが、金属が肌に触れて起こるアレルギー性の皮膚炎、例えばピアスなどのアクセサリーで発症するケースが増えているそうです。

 皮膚炎が起こるのは、金属が直接肌に触れる状態で汗をかくと、金属の一部が溶け出しイオン化し皮膚のたんぱく質と結合しアレルギー物質が作られるためだそうです。もちろん、体質などが影響しており、人によって原因となる金属もまちまちです。

 最も多いのがニッケルやコバルトで、まれに金やプラチナで発症することもあり、また虫歯の治療に使う金属が溶け出すことで、手足に水疱(すいほう)や膿(うみ)がたまる掌蹠濃疱(しょうせきのうほう)症などにもなるそうです。

 対策は、原因金属を触れないようにするしかなく、背中などに疑わしい金属を張り付けて反応を調べるパッチテストがあり、皮膚科などで受けられます。

 ピアス、ネックレス、ベルト、時計、眼鏡のフレーム、歯科材料・・・等々、アレルギー性皮膚炎の原因の一つとなる可能性があるそうです。

| | トラックバック (0)

大 雪

 御存知のように、東京を含めた広い地域で昨日は大雪となり、東京は雪に慣れていない為に、それなりの混乱を引き起こしました。私も雪のせいで、会う予定がキャンセルされたり、或いは思い掛けない触れあいがあったりと、ささやかではありますが、雪の影響を受けました。

 雪は、ちょっとだけ温度が高ければ水です。「 富士の高嶺に降る雪も 京都先斗町に降る雪も 雪に変りはないじゃなし とけて流れりゃ皆同じ」とは有名なお座敷小唄のフレーズですが、正にその通りです。しかしその水が、雪への変化を通して、様々な大きな影響を及ぼす。

 水は流動性、お金も流動性と呼ばれます。お金も水のようにその状態を変えることがあるでしょうか?一般にはそうは考えられていませんが、中央銀行による量的緩和や、或いは伝統的な金利政策は、お金の相対的価値の変化を通して、状態を変える行為だとも云えるかも知れません。仮想通貨の誕生も、広い意味でのお金の状態を変えているかも知れません。

 お金の状態が変われば、様々な影響が出ます。お金の流れを見ることの中には、このお金の状態の変化を見ることも含まれるでしょう。今年は色々な変化が起きそうです。しっかりと見ていきたいと思います。

| | トラックバック (0)

訪日外国人旅行者

 先週発表されたデータですが、昨年1年間に日本を訪れた外国人は前年から465万人(19.3%)増の2869万0900人で、その外国人が日本で使った金額は前年から6685億円(17.8%)増の4兆4161億円といずれも過去最高を記録しました。

 参考までに、訪日外国人の旅行消費額を国別・地域別に見てみると、中国の1兆6946億円が断トツで全体の38.4%を占めています。

 訪日外国人旅行者1人当たり旅行支出は15万3921円で、国別・地域別でみた場合の1人当たり旅行支出のトップ5は以下のようになっています。

    1位) 中国      23万0382円

    2位) オーストラリア 22万5866円

    3位) イギリス    21万5393円

    4位) スペイン    21万2572円

    5位) フランス    21万2443円
  

 1人あたりの買い物代は中国人旅行者の11万9319円が他を圧倒していますが、1人あたりの宿泊代は中国人旅行者が4万7690円なのに対し、イギリスからの旅行者は9万7303円、オーストラリアは8万9065円を宿泊代として使っており、他の欧州からの旅行者も宿泊費にお金をかけているのが特徴です。

| | トラックバック (0)

行徳塩

 昨日(20日)のブログで行徳塩のことが書かれていますが、その模様が書かれた文献がありましたのでご紹介します。

 江戸の天保年間(1830~44)に刊行された、江戸とその近辺の観光地を網羅した「江戸名所図絵」と言う本に、行徳塩の事が書かれておりますので、解説は付けますが、現代語訳せず、原文のままでお届けします(江戸言葉の文脈を堪能して下さい)。

 『塩濱(現・千葉県市川市、江戸川東岸の海岸) 同所海濱十八箇村に渉(わた)れりと云、風光幽趣(ふうこうゆうしゅ=奥ゆかしい、静かな眺め)あり。土人(どじん=その土地に生れ住む人)云、此塩濱の権輿(けんよ=はじまり)は最久しく(もっともひさしく=とても古く)其始をしらずといへり。然に天正十八年(1590)関東御入国(徳川家康江戸入り)の後、南総東金(現・千葉県東金市)へ御遊猟(ごゆうりょう=鷹狩り)の頃、此塩濱を見そなはせられ、船橋御殿(現・千葉県船橋市に設けた将軍用宿舎)へ塩焼(製塩業)の賎(しず=貧しい)の男を召し、製作の事を具(つぶさ)に聞き召され、御感悦(ごかんえつ=感じ入ってよろこぶ)のあまり御金若干(そこばく=いくらか)を賜り、猶(なお)末永く塩竈(しおかま)の煙絶ず営(いとなみ)て天が下の宝とすべき旨欽命(きんめい=天子の命令)ありしより・・・(中略)事跡合考(じせきがっこう=故事について記した本)に云、此地に塩を焼事(やくこと)は凡(およそ)一千有余年にあまれりと。又同書に、天正十八年御入国の後、日あらず此行徳の塩濱への船路を開かせらる々由(よし)みゆ、今の小名木川(当時の東両国から行徳に至る運河)是なり。此地の塩鍋(しおなべ=塩の事)は其製地に超(こえ)堅強(けんきょう=かたくてつよい)にして保(たもつ)事久しとぞ、東八州(かんはっしゅう=相模・武蔵・安房・上総・下総・常陸・上野・下野=現代の神奈川・東京・千葉・茨城・群馬・栃木)悉(ことごと)く是を用ひて食料の用とす。』とあります、

| | トラックバック (0)

江戸の塩事情

 塩は人間が生きて行く上で欠かせない養分です。日本は四方を海に囲まれていますので、海辺ならどこでも塩を作れる様な気がしますが、海水の塩分濃度は、わずか3.4パーセント程度です。気温が高く乾燥した土地ならば、海水を浅い器に入れて日に当てておけば、塩が出来ます。これは「天日製塩」と言う一番簡単な塩の製造法なのですが、日本の様に、雨が多く湿度の高い地域には向きません。そこで、海水を釜などで煮詰める「素水(そすい)製塩法」が開発され、さらに、干した海藻に海水を何度もかけて、濃度の濃い塩水を作って、それを煮詰める様になります。

 そして、製塩を行う「塩浜」は、ふたつの種類があります。一つは、潮の干満差が大きい地域で行われるもので、満潮時に海水を塩田(えんでん)と呼ばれる砂浜に引き込み、干潮になると、濃い塩分が残った砂を集め、さらに海水を掛けて煮詰める、「入浜(いりはま)式」と呼ばれる方法で、もう一つは、潮の干満差が少ない土地で行われるもので、満潮時に、海水を人力で塩田まで汲み上げるもので、こちらは「揚浜(あげはま)式」と呼ばれます。江戸期は、日本産の塩の大部分が、入浜式で作られ、特に瀬戸内海で大規模に行われました。また、江戸の町の近くですと、現在の東京ディズニーランドとディズニーシーがある辺り、現在の千葉県の浦安市から市川市行徳にかけて広がる塩田が有名でした。そのため、現代でもその近辺に、塩浜、塩焼、本塩(ほんしお)なんて地名が残っております。

 徳川幕府は、江戸近くの行徳での製塩を奨励し、最盛期には、三百七十ヘクタールの塩田が浜辺に広がっておりました。これは、東京ディズニーランドが五十一ヘクタール、ディズニーシーが四十九ヘクタールと言いますから、現代の東京ディズニーランドとディズニーシーを併せた面積の、四倍近い塩田が、江戸期のあの辺りの浜辺一帯に広がっていた事になり、そこで捕れた塩を、江戸では「行徳塩」と呼びました。

 そして、当時の塩は、お話ししている通り、塩田で作られますので、吸湿性の苦汁(にがり=塩化マグネシウム)を多量に含みます。そのため、常に湿気があり、湿度の高い夏場や、梅雨時には塩がドロドロになる事もあります。これを「荒塩(あらじお)」と呼び、その荒塩を火にかけて炙り、苦汁を取り除いたものが、「焼塩」と言うものになります。そして、その焼塩を売り歩くのは、多くはしがないお爺さんです。このお爺さん達は、個人営業ではなく、大手の塩店と契約をしていて、塩店から、塩を仕入れるだけではなく、籠桶、塩を量る升、天秤棒に至るまでレンタルで借り、商売が終わると、その日の売り上げから、天秤棒などのレンタル料金を差し引かれたものが、自分の収入になりますので、貧しい暮らしの方が多かったようです。

 上記文中の「行徳塩」についての文献は明日(21日)のブログにてご紹介しますので、ご興味のある方はお読みくだされば幸いです。

| | トラックバック (0)

大 寒

 日本には春夏秋冬の四季の他に、中国由来ではありますが、一年を二十四の季節に区分した「二十四節気」という表し方があります。

 明日の「大寒」も二十四節気の一つで、極寒の時季となります。厳しい寒気の中にありながらも、寒さに強く「雪中花」とも呼ばれる「水仙」が見頃を迎えています。

 「水仙」の名は「仙人は、天にあるを天仙、地にあるを地仙、水にあるを水仙」という中国の古典に由来しており、芳香を漂わせながら水辺に咲く佇まいが仙人のようであるとしてその名がつけられたそうです。

 また、ギリシャ神話に、美少年が泉に映った自分の姿に恋をして、毎日見つめ続けるうちにいつのまにか1本の花になってしまったという逸話があり、水辺に映った自分の姿を覗き込むかのように咲くこの花(水仙)に、少年の名にちなんで「ナルシサス」という名が与えられました。

 自己愛に陶酔する人のことを「ナルシスト」と言うのはここからきています。

 話がそれましたが、極寒の中で、水仙や梅のような寒さに強い花から咲き始め、しだいに春が準備されていきます。次の二十四節気はもう春(立春)です。

| | トラックバック (0)

タ ラ

 朝晩めっきり冷え込むようになりました。北日本や北陸では大雪に見舞われ、交通機関が乱れています。その「雪」に「魚」と書きますと『鱈』(タラ)となります。

 字の如く、雪の降る季節に産卵期を迎え、味が良くなります。すり身の原料にするスケソウダラなどもありますが、単に「タラ」と言う場合は「マダラ」(真鱈)を指すことが多いです。

 タラは食欲が旺盛で、貝や小魚、イカなどを手当たり次第に食べます。実際に食べ過ぎが原因で胃潰瘍にかかる魚もいるといいます。この大食いの性質から『鱈腹』(たらふく)という当て字が生まれたそうです。

 身は脂が少なく柔らかな白身で、たらちりなど鍋物にして食べるのが一般的です。世界でもタラはポピュラーな魚で、揚げたタラにフライドポテトを添えた英国の「フィッシュ&チップス」は有名です。

 ちなみに、「スケソウダラ」は水分が多く、鮮度が落ちやすいため、カマボコやチクワなど加工品の原料になることが多いです。雌(メス)の卵巣を塩漬けした「たらこ」や唐辛子で漬けた「からし明太子」の原料も「スケソウダラ」です。

| | トラックバック (0)

阪神・淡路大震災

 1995年1月17日、ほとんどの人が就寝中だった午前5時46分に淡路島北部沖を震源とするマグニチュード7.3の直下型地震が発生しました。その阪神・淡路大震災から今日で23年になります。

 阪神・淡路大震災では多くの方が亡くなりましたが、死因の約8割、調査によっては約9割が家屋の倒壊や家具の転倒による「窒息と圧死」とされています。

 ちなみに、阪神・淡路大震災では10万4906棟の家屋が全壊、14万4274棟の家屋が半壊したとされますが、倒壊した家屋のほとんどが1981年6月改正の新耐震基準以前の建物で、新耐震基準で建てられた建物で倒壊したケースはなかったと言われます。

 阪神・淡路大震災では285件の火災が発生し、7036棟の家屋が全焼しました。原因が判明した火災発生件数のうち6割は、電気が復旧した際に発火する「通電火災」とだったとされており、地震で避難する際にはブレーカーを遮断することが防災につながります。

 尚、阪神・淡路大震災では、電気の復旧に約1週間、ガスと水道の復旧に約3カ月。東日本大震災でも電気は大体1週間程度で復旧しましたが、ガスや水道の復旧にはかなりの日数を要しました。

 こうした過去の災害を教訓に、できることから備えることが大切です。

| | トラックバック (0)

バーナム効果

 普段は占いなど気に留めない人でも、ふいに自分の本質を言い当てられたりしますと、言い当てた人を自分の良き理解者と思いその人に傾倒してしまうことがよくあります。

 例えば、以下のような文章を読んでどのように感じるでしょう。

 
『あなたは人前では明るく振舞っていますが、実は傷つき易く、性格的に弱い部分を持っている人です。

 内向的で繊細な部分があり、ロマンチストで淋しがり屋でもあります。

 人に好かれたいという気持ちがあっても、なかなか自分を上手く表現できず、もどかしく思っていることがあるのではないでしょうか。

 現在は人間関係で悩みを抱えていますね。』


 結構当てはまっていると感じた人が多いのではないでしょうか。実はこれは誰にでも当てはまる可能性の高いことをただ並べたに過ぎない文章です。

 このように抽象的で曖昧なことや誰もが思い当たることが並べられ、それが自分に当てはまると信じてしまうことを心理学では「バーナム効果」と言います。

 また、医療現場でよく使われる用語に「プラシーボ効果」あるいは「プラセボ効果」というものがあります。薬でないものを薬として処方すると、それを信じて服用した人に何らかの改善効果が見られるというものです。

 実際にこの二つの心理的効果を利用した事例というのは世の中に少なくありません。

| | トラックバック (0)

祝 日

 今日は1月15日。2000年に1月の第二月曜日に変わるまでは成人の日だった日です。

 固定の日の方が由緒が正しいようでいいなぁとも感じますが、そもそも成人の日は、昭和21年に今の埼玉県蕨市が戦後の暗めの雰囲気の中で若者に希望を持たせようと「青年祭」なるものを企画・実行し、それが瞬く間に全国に拡がり、その影響を受けて政府が新しく出来た祝日法で「成人の日」として昭和24年から制定したとのことなので、由緒はあるが、戦後に新造されたものです。

 我が国の祝日はその後増え続け、今では世界でも最も祝日の多い国の一つとなっています。

 一方で働き方も休暇の過ごし方も、この数十年で大きく変わってきたので、祝日は多ければいいというものでもなくなってきているでしょう。天皇陛下もあと15ヶ月で変わられることだし、この辺りで祝日も一度考え方を整理した方がいいのではないでしょうか?。

| | トラックバック (0)

ヒラメ

 12月から1月にかけての寒い冬は特に美味しさが増す「ヒラメ」。白身魚の中でもタイと並ぶ高級魚であり、刺し身、煮つけや焼き物、西洋風に蒸し物など色々な食べ方を楽しむことが出来ます。

 高たんぱく・低脂肪の食材であり、特に背びれと尻びれの付け根に当たる縁側(えんがわ)は、寿司だねの中でも絶品であり、縁側には肌の若返りが期待できるといわれるコラーゲンが多く含まれています。

 天然物は裏側がピンクがかった白色であり、養殖物にはまだら模様があるため、簡単に見分けることが出来ます。買う時は切り身が多いかと思いますが、身が透き通っているもので、切り口から水気、血液が滲み出てないものを選ぶのが良いそうです。

 ちなみに、カレイに似ており、「左ヒラメの右カレイ」と申しますが、背鰭(せびれ)を上にして目が左側にあるのがヒラメ、右にあるのがカレイです。また、カレイに比べて口が大きく、鋭い歯があることでも区別できます。

| | トラックバック (0)

クレオパトラ

 古今東西、美人のチャンピオンと言えば、わが国では小野小町、お隣の中国では楊貴妃、エジプトではクレオパトラと相場が決まっております。エジプトの区役所へ彼女の戸籍謄本を取り寄せて見ますると、生まれたのはエジプトの大家で、プトレマイオス王朝と言う、ストレプトマイシンの兄弟分みたいな家柄。十七の時、父の遺言で結婚、その相手がなんとぐーんと年下のたった十歳の弟。実は親族同志の結婚と言うのは、エジプトの王家の習慣で、つまり姉と弟共同で国を治める事になっているんだそうです。しかし、花嫁は十七の娘盛り、花婿はたったの十歳、やれ忍者ごっこだ、やれ怪獣ごっこだと遊びまわっている年頃。これじゃクレオパトラも困ったでしょうな。

 クレオパトラ、こんなハナタレ小僧にかかり合っているよりも、何とか政権をわが手に収めたいと、お家騒動を起こしたが、戦い時に利あらず、クレオパトラはアラビヤ国境に追放の憂き目を見る。月日は流れて三年、ここに登場したのが、ローマの英雄、ジュリアス・シーザー。ローマ共和国の独裁者となった彼は、さらにエジプトへと足を延ばし、首都アレクサンドリアへやって来る。ある晩、一人の男が、シーザーの陣営に大きな包みを担いでやって来た。シーザーが開いて見ると、中から躍り出たのは一人の絶世の美女。シーザー「そ、そ、そなたは、な、な、何者じゃ?」
 
クレオパトラ「クレオパトラよ。オジサマ、どうぞこの生きた贈り物をお受け遊ばして。」
シ「おお、クレオパトラ。それでは、このシーザーに、そなたのすべてをクレオパトラか。」

 英雄シーザーも、クレオパトラの魅力の前には一たまりもない。シーザーと言う強力スポンサーをバックに、クレオパトラはここに事実上エジプトの王女となりました。半年ほどでシーザーはローマへ帰り、クレオパトラをローマへ招きまして、二人の甘い生活が続きますが、月に叢雲、花に風、オセンにキャラメル、アンパンにのしいか、シーザーはクーデターを起こした反対派の凶刃に倒れ、泣く泣くクレオパトラは、故国エジプトに帰ります。

 次に登場してくるのが、アントニゥスと言う男。元シーザーの騎兵隊長で、剛力無双のバンカラ勇士。忽ち亡君シーザーの暗殺者を攻め滅ぼして、余勢をかってローマ周辺の国々を攻略。シーザーの意志を継いだのだから、ついでにクレオパトラの方も継いでやろうと、遠征先のトルコからウナ電を打って、クレオパトラを呼びつける。アントニゥスがクレオパトラを一目見て、コロリと参る。アントニゥスがコロリでアンコロみたいに甘くなった。すっかりクレオパトラに魂を奪われたアントニゥス将軍、エジプトに住民登録を致しまして、クレオパトラとの夢の様な毎日に、ローマの事なぞ忘れておりましたが、ローマ(そうは)問屋が卸さない。アントニゥスのいない間に、メキメキ売り出してきた第三の男、これぞシーザーの養子のオクタヴィアヌス。アントニゥスに喧嘩状を送る。両軍相対しましたのが、ギリシャの北西、アクチュウムの湾内。いざ決戦と言う時に、クレオパトラの率いる一艦隊が退却し始めた。アントニゥス、すっかり心細くなって、命からがら首都アレクサンドリアへと退却。オクタヴィアヌスの軍勢はなおも進撃して参ります。

伝令「申し上げます、クレオパトラ様が、ご先祖の墓所でみずからお命を絶たれたそうであります。」
アントニゥス「あに、クレオパトラが自殺?そんだらばぁ、オラも生きてても仕方ねぇ、オラもおっ死ぬべぇ。」
 
 武人は武人らしく、短剣をわが胸へ突き立てました。
伝「申し上げます。クレオパトラ様が自殺なさったと言うのはデマで、まだ生きていらっしゃるそうで。」
 
ア「あに!そんなら早く言えや。オラぁ早まった事をした。あれの死亡証明書を見てからにすりゃ良かっただ。ガクン。」
 
 女に迷い、デマに迷い、あわれ風雲児アントニゥスは、一巻の終わり。
 
 肝心のクレオパトラは囚われの身となりましたが、わらわはエジプトの女王なり、エジプトの主権を保たねばならぬ、そのためにも、直ちにオクタヴィアヌスに乗り換えねばならぬ。オクタヴィアヌスの心をとろかそうとしましたが、なにしろこの将軍、ウルトラ級の堅物、石部金吉に鎧を着せて、コンクリートで固めた様な男。クレオパトラの色香におえど、散りぬるを、となりました。もはやこれまでとあきらめたクレオパトラ、捕虜となってローマへ連れ去られるのは女王のプライドがゆるさない。潔く自殺しようと、一匹の毒蛇を我が胸にあてがいます。放漫な両の乳房を見た毒蛇、フラフラっとなって、しばし気絶。私も蛇になりたかった。・・・花の命は短くて、亭主の数のみ多かりき。蛇によって命を絶ったクレオパトラ、これが本当の身(巳)の終わりでございましょう。

| | トラックバック (0)

百人一首

 100均が好きで、よく近所の「ダ〇ソー」へ買い出しに行きます。と言うか、貧乏ですので、身の回りの物は、なるべく100均で買い揃える様にしているのですが・・・100均の子供の玩具売り場には、ちゃんと「いろはカルタ(犬棒カルタ)」に並んで、「百人一首」のカルタも売っています。
 
 お正月気分が抜けない内に、皆さま、「百人一首」を100均で買って来て、その歌のすばらしい世界に浸るのも、よろしいのではないでしょうか。

| | トラックバック (0)

鏡開き

 本日は大安、そして鏡開きの日です。ご存知の通り、鏡開きとは、正月の20日ないし11日に、正月中飾っておいた鏡餅を割って、雑煮やお汁粉にして家族一同で食べる儀式です。

 そもそもは江戸時代に将軍と大名、大名と藩士たちが年頭に際し主の鏡餅を分け合うことによって主家の繁栄を祝福し、主従関係を固める意味合いがあったそうです。刃物で切るのは切腹を連想させるため、手で割ったり、木鎚で砕いたりしますが、「切る」という言葉を避けて「開く」という縁起の良い言葉を使っています。

 これを私たちの家庭にあてはめてみますと、家庭での家族間の結束を密にし、繁栄を祝福するのが鏡開きということになりそうです。

 ちなみに、元々は1月20日に行われていましたが、徳川家光が亡くなったのが20日(慶安四年四月)であったため1月11日に変更されて現在に至っています。今でも1月20日に行う地方があるほか、京都では1月4日に行われているそうです。

| | トラックバック (0)

今年のびっくり予想

 年初の風物詩となっている今年の「びっくり10大予想」を改めてご紹介したいと思います。

1)北朝鮮の核武装を許容できなくなった中国が、同国への燃料・食料の供給を断つ。

2)ポピュリズム、民族主義、無政府主義が世界に蔓延する。

3)米国の高い経済成長を背景にドル建て資産の人気が高まり、ドル円は120円に。

4)投機の行き過ぎからS&P500種指数は10%調整する。

5)原油先物(WTI)が1バレル=80ドルを超える。

6)米国の平均時給の伸びが4%を超え、米消費者物価の上昇率は3%を超える。

7)物価上昇に伴い、米金利も上昇。FRBは年内に4回利上げする。

8)トランプ大統領のTPP批判が止み、アジアで米国との2国間交渉が推進される。

9)11月の米中間選挙では、公約が実現しないことへの落胆から共和党が上下両院で過半数を失う。

10)中国の習首席が債務問題に本腰を入れ、事業借入の制限に踏み切る。それに伴い中国の経済成長は減速するが、世界経済への影響は軽微。

 上記は米投資会社ブラックストーン副会長のバイロン・ウィーン氏が「一般的な見方としては3分の1程度の可能性だが、ウィーン氏自身は50%以上の確率で起きると考える」10のシナリオを「テン・サプライズ」として毎年発表しています。

 ウィーン氏は上記10大予想とは別に、「ロシア・ゲートの捜査で、トランプ家とロシアの関係が証明できずに終わる」「AI普及が加速し、多くの職が自動化される」「ビットコインのリスクが大きくなりすぎ、規制当局が取引を制限する」などの項目もあげています。

| | トラックバック (0)

成人の日

 昨日の成人の日では、予約していた晴れ着が届かず、業者が失踪、300人ほどの新成人が被害に遭ったとみられます。せっかくのハレの日にひどい話です。

 今年は1997年4月2日から1998年4月1日生まれの約123万人が大人の仲間入りをしました。

 著名人ではフィギュアスケートの宇野昌磨選手やタレントの藤田ニコルさんなどが新成人となりますが、彼ら彼女らが生まれた1997年は三洋証券、北海道拓殖銀行、山一証券といった金融機関が相次いで経営破たんした年で、得体のしれない不安感や無力感といったものが世の中を覆っていました。

| | トラックバック (0)

入試問題

 大阪大学の去年の入試問題に誤りがあったとのこと。物理の問題ですが、間違っているとの指摘は去年の夏から行われていたにも関わらず、認めるのが年明けになったということは、詳しい経緯を知らないので何とも断定的に云えませんが、入試のミスと云うよりも、間違いを認めなかった姿勢に問題があり得ると思います。
 
 学校の先生が誤りを認めることは中々抵抗の強いことでしょう。しかしこの手のことは若い人の将来に影響を及ぼしかねないので、その対応は極めて重要な意味を持ちます。

| | トラックバック (0)

小野小町

 世界の三大美女と言えば、日本の小野小町、中国の楊貴妃、そして、クレオパトラ。こうしてクレオパトラをテーマにした落語が存在し、また、楊貴妃をテーマにした落語、楊貴妃もあるのに、落語の本家本元である日本の小野小町は、鶴満寺江戸艶笑小噺撰集洒落小町などの落語・小噺に、その歌などと一緒に紹介されるだけで、小野小町をテーマにした落語は存在しません。片手落ちだと思うんだけど、どなたか、小野小町を主人公にした落語、作ってくれませんかね。

 さてさて、私は、落語と江戸時代専門で、古代エジプト史やクレオパトラには詳しくありません(ゴメンナサイ)ので、もう少し、小野小町についてお話しします(小野小町は平安前期の人で、江戸時代じゃないだろうって?まぁ、そう堅い事おっしゃらずに・・・)。小野小町が詠んで、百人一首に選ばれた歌は、鶴満寺にも出ました通り、『花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに』です。優雅な歌ですね。この歌は、掛け言葉の多用によって二重の意味を展開しているのです。

 「花の色」は桜の花の色であるとともに、うら若い身の容色であり、「うつり」は花が色あせて散る事であるとともに、小町自身の容色の衰えを表します。「世」は一般のこの世であるとともに、男女の世界であり、「ふる」は「経る」とともに「降る」でもあります。そして、「ながめ」は物想う事であるとともに、長雨を表します。この歌は、外の風物の世界と、内の小町の内心の世界との二重構造を表裏に展開し、自然を叙しつつ、我が身の在り方を詠嘆しているのです。

 この歌の中心となる言葉は「ながめ」で、物をながめる小町の、宮廷生活の男女の交遊に疲れたものうさを顧みるうっとうしい心理と、その心理を助長する庭前の長雨に振り込められるほの暗い様とが併せて捉えられ、一首を展開している誠に巧妙な歌なんです。

 平生どころか、お正月でさえ、百人一首と無縁の現代に比べ、百人一首が、お正月のみならず、四季を問わず、大人も子供も遊べる玩具として、常に身近にあった江戸時代。風流な歌の調べを堪能できた江戸人達と、現代の世知辛い世の中に生息している私達と、どちらが文化的な生活を営んでいるのか、少し考えてしまいます。

| | トラックバック (0)

落語イロハガルタ

い 粋な事 「親子茶屋」にて ご対面
ろ ロケットか 閻魔も「味な こと」をする
は 番頭が 声を張り上げ 「二段目」じゃーい
に 二代目は 「うそつき村」の ニューヒーロー
ほ 牡丹餅を 「王子の狐」 怪しんだ
へ べらんめい 「江戸荒物」でぃ 買うとくれ
と とんだ行き 違いだ「お藤 松五郎」
ち 「茶目八」は 漬物石を 背負ってる
り 立派だろ 「如来さま」には 見えるまい
ぬ 盗人が 出るといけない 「締め込み」な
る 留守番の 「夜店ナンセンス」 ボロを出し
を 大当たり 「鶴亀」々々 八百両
わ 若旦那 「素人易者」に なりました
か 肝心の 私が死んでる 「つぼ」幽霊
よ 弥太郎が 「錦の袈裟」で 大モテに
た 「狸の化寺」金が擦れる擦れる
れ 歴史的 「学者の妻」の 大発見
そ ソレ全部 「蕎麦屋の笑」ハ 食ベルノデス
つ 「付き馬」が 早桶背負って 帰ってく
ね 寝てられぬ 「七ツ起き」にて 金拾い
な 「鍋草履」 鍋に草履の 忘れ物
ら 「落語家の 兵隊」お助け 下さいと
む 無茶苦茶な 「唐茶屋」で言う 唐言葉
う 「浮世風呂」 江戸の銭湯の 名描写
ゐ ゐかもので 「江島屋騒動」 呪い死に
の 呑んだなと 「交通事故」は ほくそ笑み
お お望みの ものを出します 「ほうじの茶」
く 「九段目」は 素人芝居の ボロを出し
や 山の穴 アナアナアナアナ 「授業中」
ま 真「正直」 親孝行の 徳があり
け 見料を 「近江八景」 払わない
ふ 「風呂敷」を 被って上手く 逃がしたな
こ この上に 首まで取るかと 「首吊り」は
え 縁を切る 「離婚相談」 いたしましょ
て 亭主殿 「悋気の独楽」で お泊りです
あ 「麻のれん」 蚊帳と間違え 蚊に食われ
さ さぁ大変 「おぶじぇ」の奥様 大怒り
き 灸据えて 「亀佐」の旦はん 起きなはれ
ゆ 「遺言」で 親父は川へ 流される
め 目障りじゃ 「将棋の殿様」 お飛び越し
み 「御船の戦争」武士は相見互い
し 「志那そば屋」 そば屋に絡む 酔っ払い
ゑ 縁が有り 「うしろ女房」と 結ばれる
ひ 一人勝ち 「髪結新三」の 悪大家
も 物知り婆 「峠の茶屋」を 営業中
せ 「生前の 報い」で美女と ねんごろに
す 済まぬ事 首でも括れと 「掛取」は
京 京阪の 神さん信じや 「八問答」

| | トラックバック (0)

サバイバル術

 チリ沖に小さな島があり、今から300年前にそこに取り残された船員が自給自足で生存し、4年4カ月後に助け出されたという実話があります。この実話を題材に書かれた小説は、幕末の頃には邦訳され日本でも多くの読者に親しまれてきました。

 後にこの島は、小説の主人公の名をとりロビンソン・クルーソー島と改名されました。

 ロビンソン・クルーソーの物語は、無人島に流れ着いた主人公が独力で生活してゆく冒険物語で、ロビンソン・クルーソーにとっての唯一の財産といえばいくつかの種子しかありませんでした。

 彼はまずどのようにその財産(種子)を増やすか考えるわけですが、はじめに蒔いた三分の二の種は天候が合わず全滅。次は種まきの時期を研究し、残した種の中からさらに一部を蒔くなど努力と工夫を重ね、ようやく収穫に成功します。

 ロビンソン・クルーソーは、こういった経験から、種を蒔く時期や栽培の方法などを学んでいきます。

 ロビンソン・クルーソーの物語は彼の孤島生活を綴った日記を紹介するという形式をとっています。主人公は、誰にも頼ることのできない状況下で、サバイバルの全記録を残しつつ、なおかつそのデータを次ぎの行動に活かすことで、最終的な目標である生還につなげていくといった内容です。

  限りある元手を増やしつつ生還するまでの過程を記したロビンソン・クルーソーの物語は、様々な視点で見ても示唆に富んでいます。

| | トラックバック (0)

都道府県別平均寿命

 先日、厚生労働省が2015年の都道府県別の平均寿命を発表しています。

 男性は滋賀がトップで81.78歳。女性は長野がトップで87.67歳となっています。2位は男性が長野で女性は岡山。3位は男性が京都で女性は島根です。

 一方、平均寿命が最も低いのは、男女とも青森で男性は78.67歳、女性は85.93歳となっています。 

 全国の平均寿命は男性が5年前の前回調査から1.18歳延びて80.77歳、女性は0.66歳延びて87.01歳です。

 全国の死因別の死亡確率のトップは男女とも「がん」で、男性は29.38%、女性は20.35%です。

| | トラックバック (0)

しらたきと糸こんにゃく

 すき焼きや煮物などに使われる「しらたき」、或いは「糸こんにゃく」。「一体、どうが違うの?」と思ったことはありませんか。

 結論から申し上げますと、どちらも成分は同じです。しらたきも糸こんにゃくも、こんにゃく芋を粉にして石灰乳を混ぜて固めたものです。ただし、両者は加工法が若干違います。

 しらたきは、こんにゃくの液をところてんのように突き、細くしてお湯に放して固めます。これに対して糸こんにゃくは、固まってこんにゃくになってから突いて細い麺状にします。つまり、『こんにゃくになる前に突くのがしらたきで、こんにゃくになってから突くのが糸こんにゃく』という訳です。

 ご存知の通り、見た目では白くて細いのがしらたきで、黒っぽくて太めなのが糸こんにゃくです。糸こんにゃくが黒っぽいのは、海草(アラメ・ヒジキ)やお茶などで着色しているからです。しらたきの白は、こんなにゃく芋の粉そのものの色なのです。

 ちなみに、すき焼きの時、肉と糸こんにゃくを並べて煮ると凝固剤のカルシウムイオンの作用で肉が固くなりますので、なるべく離して煮るようにするのがコツです。

| | トラックバック (0)

正月飾り

 正月飾りも今はずいぶんと簡略化されていますが、飾り物にもひとつひとつに意味があります。

 例えば、門松は歳神様が降りてくるときの目印となり、「松は千歳を契り、竹は万代を契る」との諺にもありますように松には長寿、竹には発展への願いが込められています。

 しめ飾りは不浄なものを寄せつけず、清らかな場所であることを示し、鏡餅は年神様の神霊が宿る神聖な供物であり、丸い形は円満を表します。

 また、赤い実の南天も、福寿草の花とセットで「難を転じて福となす」という縁起物として正月飾りに用いられます。

 ついでながら、金細工の職人が金粉を集めるのに練った蕎麦粉を使っていたことから蕎麦は金を集める縁起物です。年越し蕎麦には、蕎麦のように細く長く達者に暮らせるようにとの願いや、(蕎麦は切れやすいことから)その年の苦労を切り捨て翌年に持ち越さないようにとの願いも込められています。

 痩せ地でも実を結ぶ蕎麦は、雨や風にも強い植物です。風に寝かされても、雨に打たれても翌日には起き直ります。このことから捲土重来(けんどちょうらい)を期す食べ物とも言われています。

 お正月のお節(おせち)。来客の度に台所に立たなくてもいいように、日持ちのよい料理を重箱に詰めたお節料理も縁起の良い食材でいっぱいです。マメ(健康)に暮らせるようにと黒豆を、子孫を増やし家が繁栄するようにと数の子を、喜ぶことが多いようにと昆布巻きを、腰が曲がるまで長生きしたいとの願いで海老を、金運を呼ぶ栗きんとん(金団)、遠くまで見通せるレンコンなどなど。

 単なる縁起担ぎと笑う人もいるかもしれませんが、大事なのはそこに込められた気持ちです。

| | トラックバック (0)

お雑煮

 お正月に欠かせないものの1つに「お雑煮」があります。「お雑煮」には、土地の特産物を使った様々な作り方があり、その家ごとに、また風習よってもその作り方が異なります。

 子供の頃、母親が台所から「餅をいくつ入れるの?」と大きな声で聞いてきたのを思い出しますが、貴重な母親の味と言えるのかもしれません。

 全国的に多い味付けは「すまし汁」のようですが、近畿圏では「白味噌仕立て」、越前や四国の徳島・香川の一部地域では「赤味噌仕立て」、鳥取や島根では「あずき汁」を用いるところもあるそうです。

 餅の形は、一般的に東日本が「角餅」で西日本は「丸餅」が多いようですが、お雑煮には、野菜・肉・魚など様々な食材が入っているため、非常に栄養価の高いバランスのとれた食べ物です。

 お正月、都会から帰省する人達にとりましては、懐かしさを思い出させてくれる数少ない貴重な『ふるさとの味』かも知れません。

| | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »