« 辛 子 | トップページ | 半夏生 »

夏越の禊

 一年の区切りの大晦日に、その年の穢(けが)れを祓(はら)い、その先の
無病息災を願うのと同じように、明日の六月晦日も半年分の穢れを祓い、これ
からの息災を祈願する日となっています。

 

 各地の神社で六月の晦日に行われる「夏越の禊(なごしのみそぎ)」または
「夏越の大祓(おおはらい)」は古くから伝わる神事で、茅の輪くぐりや人形
(ひとがた)で厄払いを行います。

 

 生活環境が清潔で、何かあればすぐに医師に診てもらえ、薬も手軽に手に入
る今と違い、昔は無病息災でいることは心底からの願いだったはずです。

 

 夏越の禊も現代では夏の訪れを告げる風物詩ですが、昔の人にとりましては
半年を無事に過ごせた事を感謝し、残りの半年を大過なく過ごすための大切な
行事でした。

 

 ところで、お正月にはおせち、節分には恵方巻、ひな祭りはちらし寿司、春
のお彼岸にはぼた餅、花見に団子、端午の節句の柏餅、土用丑の日にうなぎ、
七夕にそうめんなど、季節ごとの行事にはその時に食べる特別な料理がありま
す。いわゆる「行事食」です。

 

 京都などでは夏越の禊に「水無月」を食べる習慣があります。水無月は白の
外郎(ういろう)の生地に小豆を乗せた三角形の和菓子で、小豆は邪気払い、
外郎とその形は暑気払いの氷片を模しているそうです。

 

 また最近は夏越の行事食として「夏越ごはん」といのもあります。

 

 夏越ごはんは、邪気を払うとされる豆などが入った雑穀ごはんの上に、茅の
輪をイメージした「緑」(ゴーヤ、枝豆など)と邪気を払う「赤」(パプリカ、
エビなど)の旬の食材を使った丸いかき揚げをのせ、百邪を防ぐと言われる旬
のショウガを効かせたおろしだれをかけた丼ぶり飯が基本ですが、雑穀入りの
ごはんと茅の輪をイメージさせる丸形の要素があればOKと聞きます。

 

 

 

|

« 辛 子 | トップページ | 半夏生 »

つぶやき」カテゴリの記事