« 長寿の節目 | トップページ | マーク・トウェイン »

彼 岸

 「彼岸入り」の翌日から数えて3日後が「秋分」となり、さらにその3日後
が「彼岸明け」となり、この7日間が「彼岸」となります。「秋分」はその中
間に位置するため「彼岸の中日」とも呼ばれます。

 

 

 「彼岸」とは元々仏教用語で「煩悩に満ちた世界から解脱(げだつ)した悟
りの世界」、すなわち「亡くなった先祖達の霊が住む世界」を指すそうです。
その祖先の霊を供養するため、各家々ではお墓参りに行ったり、祖先を供養す
る「法会(ほうえ)」が行われたりします。

 

 

 秋分の日は「祖先を敬い、亡くなった人をしのぶ日」として1948年に法
律で制定されました。春分と同様に秋分では昼夜の長さがほぼ同じになります。

|

« 長寿の節目 | トップページ | マーク・トウェイン »

つぶやき」カテゴリの記事