« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

インフルエンザワクチン

 今日、インフルエンザの予防接種を打ちました。私の記憶する限り、最後に打ったの恐らく15年前くらいです。一生の間にも、インフルエンザの予防接種はほとんど打ったことがない気がします。そもそもインフルエンザに罹ったのも、数年前の年始に罹ったのを含めて、2回しかない記憶です。しかし、今年は打つことにしました。

 

 シーズン中に万一高熱が出た時に、切り分けを少しでも簡単にするためです。今シーズン万一高熱が出ると判断が厄介です。もちろん家に閉じこもりますが、ただの風邪なのか検査を受けに行くべきなのか、迷うでしょう。そのような時に、恐らくインフルエンザではない、という切り分けが出来るように、今年はワクチンを打ちました。

 

 今シーズンは、本当に風邪を引くと厄介そうですね。風邪にならないようにあの手この手の対策をしたいと思います。今日インフルエンザワクチンを打って、私にとっての今シーズンの風邪防衛臨戦態勢が起動しました。取り敢えず春のお彼岸までの5ヶ月間、日めくりカレンダーをめくるような気分で、毎日体調管理を実行したいと思います。最近ちょっと太り気味なので、トレーニングも一緒に毎日管理しようかなと。来年は東京オリンピックが開かれることを願って、オリンピックイヤーにふさわしい体型に少しでも近付くように、こちらも合わせて努力したいと思います!

 

|

オンライン時代

 来る日も来る日も、オンライン○○です。○○には会議、ディナー、飲み会、コンフェランス、面接、等々が入りますが、あらゆるものがオンラインで行われる時代です。思ったよりも何とかなることはなるのですが、どうしても得られないものがあります。それは雰囲気です。”におい”と云ってもいいかも知れません。

 相手をどう捉えるか・認識するかは、人間が生きていく上で極めて重要なことであり、或る意味究極の総合力の発揮だと思うのです。その中で、雰囲気・においは必須インプットです。この新型コロナ状況がいつまで続くか分かりませんが、雰囲気伝達ツールは、いずれ開発されるでしょうか?においが発射される装置とか?お互いにウソ発見器に座るみたいに、脳波と脳波を繋ぐような装置とか?

 或いはオンライン会議に入る前に、挨拶のような何かしらのやり取りをすることが、今は省略されがちですが、逆に却って重要になり、わざと多くの時間を使うようになるのかも知れませんね。私自身も色々工夫していきたいと思います。

|

天高く馬肥ゆる秋

 きょうの関東地方は雲ひとつなく晴れ渡り、「天高く馬肥ゆる秋」を実感す
るような秋晴れとなりました。

 

 実際にこの時期の晴れた空は、高いところまで見通せて高く感じます。「天
高く馬肥ゆる秋」の慣用句は広い草原で草をはむ馬を連想させ、のどかな秋晴
れを表現する言葉として使われます。

 

 ちなみにこの慣用句は古代中国で成立したもので、収穫の秋になると北方の
騎馬民族が大挙して秋の実りを略奪しにやってきたことから、「馬肥ゆる」に
は警告の意味が込められているそうです。

 

 ところで、フランスのマクロン大統領は「新型コロナウイルスはフランス全
土で、最も悲観的な予想さえも上回るスピードで感染が拡大している」として
全土で春以来2度目の厳しい外出制限を実施すると発表しました。

 

 また、ドイツでも感染の拡大に歯止めがかからず、状況を放置すれば数週間
以内に医療システムが崩壊する状況に直面しており、メルケル首相も飲食店や
娯楽施設などの営業を禁止する部分的なロックダウン(都市封鎖)の実施を発
表しました。

 

 新型コロナの感染再拡大に伴い、欧州では経済活動が再び急速に鈍化しつつ
あります。こうした事態を踏まえ、欧州中央銀行(ECB)への緩和圧力が強
まっており、ECBは今晩の理事会で予防的緩和策を導入するか、あるいは追
加緩和を示唆するメッセージを発するとみられます。

 

 

 

|

米大統領選挙

 米大統領選挙の投票日は火曜日になることがほとんどで、それには以下のよ
うな理由があります。

 

 米国では合衆国建国以前から選挙で選ばれた者が政治を行っていましたが、
当時は市民のほとんんどがキリスト教徒であり、礼拝を行ったり、家族と過ご
す大事な安息日の日曜日を投票日にあてるのは憚られました。

 

 月曜日を投票日にした場合、広大な米大陸では、投票所から遠くに住む人は
前日の日曜日を移動のために費やさなければならず、それでは日曜日が安息日
にはなりません。

 

 火曜日を投票日にすれば、安息日である日曜日はゆっくりと過ごし、月曜日
を移動に使っても投票に間に合います。そうした配慮と伝統から、米国の選挙
は火曜日が投票日になることが多いそうです。

 

 ところで、米与党・共和党は、威厳に満ち、強くて賢明な「象」をシンボル
にしており、党のイメージカラーは「赤」です。

 

 一方、米野党・民主党のシンボルは家庭的で誠実な「ロバ」で、党のイメー
ジカラーは「青」です。

 

 共和党は民主党のロバを「まぬけ」と揶揄し、民主党は共和党の象を「バカ
で尊大」の証と見ており、選挙戦では互いに非難しあうのが常です。

 

 

 

|

都道府県魅力度ランキング

 ブランド総合研究所が「都道府県魅力度ランキング」の最新版を発表。上位
は下記のようになっています。
                    ※カッコ内は前年順位。
  1位(1) 北海道

 

  2位(2) 京都府

 

  3位(4) 沖縄県

 

  4位(3) 東京都

 

  5位(5) 神奈川県

 

 

 魅力度を数値化して順位をつけており、北海道は12年連続のナンバー1。

 

 東京都は順位を一つ下げただけですが、魅力度の低下幅(マイナス7.4)
は47都道府県で最大。一方、昨年の10位から8位に順位を上げた長野県の
魅力度が最も大きな上昇(プラス5.7ポイント)となっています。

 

 尚、下位は45位が佐賀県、46位が徳島県、47位が栃木県となっており、
昨年まで7年連続で最下位だった茨城県は今回は42位に順位を上げました。

https://news.tiiki.jp/articles/4587


|

読書週間

 古代中国の唐代を代表する文人の韓愈(かんゆ)が残した詩の一節に「燈火
(とうか)親しむべし」とあります。

 

 「秋になると涼しさが気持ち良く感じられ、あかり(燈火)になじむように
なる」という意味で、秋は読書に適した季節であるとしたこの一節が「読書の
秋」の由来とされています。

 

 本日から読書週間が始まりました。参考までに、人材育成・教育研修のラー
ニングエージェンシーが経営者100人に聞いた「影響を受けた書籍」ベスト
5は下記のようになっています。

 

  1位)「7つの習慣」 スティーブン・R・コヴィー著

 

  2位)「生き方」 稲盛和夫著

 

  3位)「人を動かす」 デール・カーネギー著

 

  4位)「ビジョナリー・カンパニー」 ジム・コリンズ著

 

  5位)「ビジョナリー・カンパニー2」 ジム・コリンズ著

 

  5位)「マネジメント」 ピーター・ドラッガー著

 

 

 ちなみに著者別ランキングでは、稲盛和夫氏が1位となっています。

|

テディベア

 今から118年前の話ですが、秋のある日、アメリカの第26代大統領セオド
ア・ルーズベルトが趣味の熊狩りに出かけたそうです。

 

 その日はあいにく獲物を仕留められずにいましたが、同行していたハンター
が傷を負った小熊を見つけ、大統領に仕留めるよう促しました。しかし、大統
領は「瀕死の小熊を撃つのはスポーツマン精神に反する」として撃たなかった
そうです。

 

 この話が新聞記者によって広まり、おもちゃメーカーが熊のぬいぐるみに大
統領の通称の「テディ」をつけて販売したのがテディベアの始まりです。

 

 そのような経緯から、セオドア・ルーズベルトの誕生日の今日10月27日
は「テディベアの日」となっています。

 

 セオドア・ルーズベルトは日露戦争当時の大統領ですが、第二次世界大戦時
の第32代大統領フランクリン・ルーズベルトはセオドア・ルーズベルトの従
兄弟にあたります。

 

 フランクリン・ルーズベルトが大統領に就任する4年前の10月24日木曜
日のNY株式市場は後に「暗黒の木曜日」と呼ばれる大暴落に見舞われ、「世
界恐慌」へと拡大していきます。

 

 これ以降、日独伊にファシズムが台頭してくるのですが、アメリカでは不況
打開の期待を背にフランクリン・ルーズベルトが大統領に就任しました。

 

 彼のとった政策は、世界史の授業でも習うテネシー川流域開発公社に代表さ
れる『ニューディール政策』(新規まき直し政策)で、それまでの自由主義経
済を破棄し、国家が目標を設定し公共事業を中心に計画的な雇用増と所得増を
目指す経済政策でした。

 

 この政策は、戦後日本の経済政策にも大きな影響を与えています。

 

 

|

保守とリベラル

 11月3日の米大統領選挙まで2週間を切りましたが、現政権与党の米共和
党は保守的な中道右派の立場をとり、民営化や規制緩和で競争を促進、市場を
重視する一方で政府の介入を限定した「小さな政府」を指向する傾向がありま
す。

 

 一方の米民主党は中道左派的な立場で、福祉や社会保障、財政出動拡大を伴
う「大きな政府」を指向する傾向があります。

 

 参考までに、「右派」とは保守主義と同義で「伝統的な社会秩序や価値を尊
重・維持するスタンスを取り、急激な改革に反対する層」を指しており、従来
の体制下での既得権益を守る側はこちらになります。

 

 これが「右翼」となりますと、国粋主義(国独自の文化や伝統を礼賛するこ
とで国家意識の発揚をはかる思想)的な意味合いが強まり、極端に右翼的な思
想を持つ個人や集団を「極右」と呼びます。

 

 対する「左派」は、政治や主義において「より平等な社会を目指すための社
会変革を支持する層」を指し、富の再分配や福祉・社会保障を積極肯定する側
で、「リベラル」(弱者擁護的な自由主義)的なニュアンスも帯びています。

 

 これが「左翼」となりますと、急進的、革新的、革命的社会主義的、共産主
義的、無政府主義的な色彩が濃くなり、極端に左翼的な思想を持つ個人や集団
を「極左」と呼びます。

 

 このような区別はフランス革命時の国民議会に由来しており、旧体制の維持
を支持する王党派、貴族派、国教派などが議長席から見て右側の席を占め、急
進的な共和派が左側に座ったことから上記のような呼称・区別が生まれました。

 

 また、一般的に政党は右・左で呼ばれることを嫌い、右寄り(中道右派)は
「保守」、左寄り(中道左派)は「リベラル」を標榜しています。ちなみに、
英保守党や日本の与党の自由民主党なども中道右派に分類されます。

 

 尚、上記に挙げたような右・左の区別は相対的なものであり、何を「右」あ
るいは「左」と呼ぶのかについては、時代や国、立場や視点などによって変化
しています。

 

 また、一つの政党の中に右も左もあって、多種多様な主義主張が混在してい
るケースも珍しくありません。右・左のレッテルは政敵を攻撃する際にもよく
使われます。

|

コスモス

 秋の桜と書く「コスモス」があちらこちらで見頃を迎えています。

 

 コスモスは繊細な見た目とは違い、しっかりと大地に根を張り、踏まれても
薙ぎ倒されてもまた立ち上がり花を咲かせる、しぶとさを持った植物です。

|

国語に関する世論調査

 場面や立場によって言い回しが違ったりするため言葉選びは本当に難しく、
同じ言葉でも時代によって違う意味で使われたりするため尚更です。

 

 文化庁が先日発表した最新の「国語に関する世論調査」によりますと、言葉
の意味を尋ねた項目で、下記のように本来の意味ではない方を選ぶケースが多
く見られます。(いずれもaが本来の意味)

 

 

 「敷居が高い」 

 

    a)相手に不義理などをしてしまい、行きにくい   29.0%
    b)高級すぎたり、上品すぎたりして、入りにくい  56.4%

 

 

 「浮足立つ」

 

    a)恐れや不安を感じ、落ち着かずそわそわしている 26.1%
    b)喜びや期待を感じ、落ち着かずそわそわしている 60.1%

 

 

 

 言葉は時代によって変化するものです。調査をまとめた文化庁でも「本来の
意味とされてきたものとは異なる方が多く選択されている」と指摘してはいま
すが、「間違った使われ方」というスタンスではありません。

|

IMFと世銀

 毎年秋恒例の国際通貨基金(IMF)と世界銀行の合同年次総会が、12日
から18日までの日程でオンライン形式で開催されました。

 

 ちなみに、IMFと世銀はどちらも1944年に設立が決定された国際機関
で、IMFは国際収支上の問題が発生した加盟国に資金を融資して支援するな
ど、国際通貨体制の安定と維持・通貨危機の予防などを目的としており、各国
中央銀行の取りまとめ役のような役割も担っています。

 

 一方、世銀は発展途上国への開発援助と技術支援を主としています。IMF
と世銀は国連システムの中の姉妹機関で、業務は相互補完の関係にあり、共に
国際金融秩序の根幹を成しています。

 

 尚、当初は、先に設立された国際復興開発銀行(IBRD)を指して世界銀
行と呼んでいましたが、現在は国際開発協会(IDA)とあわせて世界銀行と
呼んでいます。

 

 IBRDとIDAに、国際金融公社(IFC)、多国間投資保証機関(MI
GA)、国際投資紛争解決センター(ICSID)の5機関を総称して世界銀
行グループと呼び、すべて世銀総裁の指揮・統括下にあります。

 

 また、IMFのトップには欧州出身者、世界銀行の総裁には米国人が就任す
るというのが慣例となっています。

 

 

 

|

紅葉前線

 木々が色づき始めるのは最低気温が8度を下回るようになってから。それか
ら約3週間後に紅葉が見頃となります。

 

 標高が100メートル高くなるごとに気温は0.6度下がり、北の方から、
高い山々からしだいに色づいてきます。

 

 紅葉前線は栃木県や群馬県の高地まで南下してきましたが、都内を含む南関
東はまだまだこれから。神奈川の平地や都内の紅葉は11月中旬ごろから見頃
を迎えるそうです。

|

オンライン診療

 菅首相が掲げる規制改革。中でも看板政策の一つ「オンライン診療」全面解
禁の恒久化に日本医師会が抵抗姿勢を示しています。

 

 

 日本医師会の反対理由の一つは、医療サービスの対価として受け取る「診療
報酬」が対面より少ない点です。また、不妊治療の保険適用に対しても産婦人
科医らを中心に収入が減少することから抵抗感が強いそうです。

 

 

 他にも、菅首相が掲げる規制改革は「押印撤廃」があり、はんこ業界にとっ
ては死活問題になりかねないだけに、業界団体との調整も課題となります。

 

 

 不動産取引での「対面原則の撤廃」という規制改革もありますが、菅首相は
来年9月に自民党総裁の任期を迎えます。衆院選も来年10月末までに実施さ
れます。

 

 

 こうした課題に立ち向かう菅首相の姿勢に国民の注目が集まり、長期政権を
築けるか否かの重要な要素となりそうです。

 

 

|

サツマイモ

 「食欲の秋」を代表する食材の一つ「サツマイモ」が旬を迎えています。「
野菜を凝縮(ぎょうしゅく)するとサツマイモになる」と言われるほど栄養価
が高く、リンゴの5倍以上のビタミンCを含み、過熱しても壊れにくいのが特
徴です。

 

 

 カロテンやビタミンB、カリウムも多く含まれ、コレステロールの吸収や血
糖の上昇を防ぎ、便秘解消にも役立つ繊維質も豊富、昨今は女性に大変な人気
があります。石焼き芋・ふかし芋・天ぷら・スイートポテト・大学イモ・キン
トン・干し芋・・・等々、いずれの調理法でも美味しいです。

 

 

 スーパーなどの店頭で選ぶ際は、全体の色が均一でよく太ったものが良いで
す。色が均一なのは痛んでいない証拠、太ったものは生育環境が良い証拠です。
毛穴が深いものや固いヒゲ根のあるものは固くなっているため避けるのが良い
です。

 

 

 国内での生産地は、鹿児島県・茨城県・千葉県・宮崎県・徳島県が全国のト
ップ5県であり、この5県で全国の約80%、特に鹿児島県は全国の35%を
生産しています。

 

 

 鹿児島と言えば芋焼酎ですが、県内生産の約半数が焼酎用です。茨城県と言
えば干し芋ですが、干し芋の生産量の9割以上は茨城県産です。

 

 全世界で見ますと日本のサツマイモの生産量は1%程度に過ぎず、トップの
中国が全世界生産量の約60%を占めています。

 

 

 

|

えびす講

 十月は全国の八百万(やおよろず)の神々が、来年の天候、農作物や酒の出
来不出来、人の縁結びなど諸々の相談のため出雲へ出払ってしまいます。

 

 そのため十月は「神無月」と呼ばれますが、神々が集う出雲には「神在月」
(かみありつき)との呼び名があります。

 

 神々が出払ってしまえば地域を鎮護する神様もいなくなってしまいますが、
そこはちゃんと留守を預かる留守神様がいます。

 

 その代表が、七福神の一柱で、烏帽子をかぶり、肩に釣竿、大きな鯛を抱え
たご機嫌なおじさんの恵比須さま(えべっさん)です。恵比須さまは、海と漁
業の神であり、農村にあっては田の神となり、商売繁盛の神でもあります。

 

 そして、恵比須さまを祭り、商売繁盛を祈念するのが「えびす講」で、関西
では正月十日の「十日えびす」が知られていますが、地域によって時期は様々
で、十月二十日に行うところもあります。

 

 なお、昔は中央の権力が及ばない異邦者のことを「えみし」とか「えびす」
と呼んでいたことから、恵比寿さまは海を渡ってきた外来の神であるとする説
もあります。

 

 また、恵比須さまにはいくつかの系統があり、少彦名神(すくなひこなのか
み)や事代主神(ことしろぬしのかみ)、もしくは蛭子神(ひるこのかみ)を
祭神として祀ります。

 

 その蛭子系恵比須の総本社が兵庫県の西宮神社で、毎年正月の十日えびすの
際は参拝の一番乗りを競う神事「福男選び」が大変有名です。

|

初ガツオと戻りガツオ

 この時期、スーパーなどで見かける『戻りガツオ』。春以降、黒潮にのって
太平洋岸を北上する『初ガツオ』(のぼり鰹)に対して、夏から秋にかけてU
ターンして南へ産卵のために下ってくるのが『戻りガツオ』です。

 

 

 餌を追いながらの長い航海によって体も春先に比べて一段と大きくなってい
るため、脂肪の乗りが倍加し、時にはマグロのトロより美味しいとまで言われ
ています。

 

 

 室町時代からカツオは非常に珍重され、織田信長などは産地から遠く離れた
岐阜城や清洲城に生の鰹(カツオ)を取り寄せて家臣に振る舞ったとされてい
ます。また、信長は「鰹節」を『勝男武士』と表して、勝ち戦の祈願にも使っ
たそうです。

 

 

 春の『初ガツオ』に比べて価格が半額程度ということもあり、秋の魚として
秋刀魚(サンマ)と人気を二分している『戻りガツオ』。たたきにしてショウ
ガ、ワケギ、ニンニクをかけてしょうゆかポン酢で食べるのが一般的ですが、
脂肪の乗った新鮮な刺し身はまた格別です。

|

統計の日

 今日は統計の重要性を国民によく理解してもらうために設けられた「統計の
日」です。

 

 日々様々な統計を見聞きしますが、統計データがすべて客観的かつ有用とは
言えず、望む結果を導きだすための作為を持って偏ったデータを抽出すれば印
象を操作することも可能です。

 

 マーク・トウェインが19世紀のイギリスの首相ベンジャミン・ディズレー
リの言葉として紹介した「嘘には三種類ある。嘘、大嘘、そして統計だ。」も
そのことを指摘しています。

 

 黒豆と白豆の入った大きな樽の中の、黒豆と白豆の割合を調べるにはすべて
数える方法(全量調査)が最も確かなやり方ですが、それでは時間も手間もか
かるため、樽からある程度の量を取り出して割合を調べるのが一般的です。

 

 いわゆるサンプル調査で、黒豆と白豆がよく混ざり、散らばり具合が均一で
あれば一握りの豆でかなり正確におおよその全体象を把握することができます
が、黒豆の層や白豆の層からサンプルを取り出したり、わずかな量で全体を測
ろうとすればデータの正確さは失われます。

 

 ネット上のアンケート調査で「〇〇な人が8割」などいう結果が出ましても
インターネットをよく利用する人で、そのアンケートに触れる機会があり、自
己申告をいとわなかった人に限られた意見とみなすことができます。

 

 官僚が持ち出す統計データの中には、嘘ではないにしても、政策実現のため
に都合の良いデータを選んで見せているケースがあるかもしれません。

 

 作為や主観によって統計データが影響される恐れはありますが、だからと言
ってすべての統計データが当てにならないというわけではありません。

 

 全体を推測し、判断の基となる仮説をたてるには統計データは必要不可欠な
ものです。

 

 

 

|

コーヒー

 温かいインスタントコーヒーが美味しい時期となりました。そのコーヒーを
毎日飲むと糖尿病の予防に効果があるそうです。日頃コーヒーを飲む人は飲ま
ない人に比べ、糖尿病やその一歩手前の「境界型」になるリスクが1~4割程
度低くなるそうです。

 

 

 調査をしたのは九州大学の研究グループで、糖尿病が発症する「相対危険度
」は、コーヒーを飲まない人を1としますと、1日に1~2杯飲む人は0.6。
3~4杯では0.7、5杯以上飲む人は0.8となっています。また、糖尿病
の境界型になる場合の危険度は、コーヒー1~2杯で0.8、3杯以上は0.
6となっています。

 

 

 コーヒーが糖尿病発症に及ぼす効果のメカニズムはまだ分からないそうです
が、コーヒーを飲む習慣に糖尿病の予防効果があることはほぼ確実としている
だけに、コーヒー通の方には、ちょっと嬉しい話です。

|

ブドウ

 紅葉が濃くなり、燕(つばめ)などの夏鳥と雁などの冬鳥が交代し、また菊
が咲き始め、蟋蟀(こおろぎ)などが鳴き止む頃とされています。

 

 

 この時期、スーパーなどの店先では旬のブドウが所狭しと並んでいますが、
このブドウを発酵させたものがワインであり、更に蒸留・熟成させるとブラン
デーとなります。

 

 

 ちなみに、ウイスキーもブランデーと同じく蒸留酒で製造方法はほとんど同
じですが、ウイスキーは穀物を原料とし、ブランデーはブドウ(現在は全ての
果実)を原料としているところに違いがあります。

|

行動経済学

 以前の経済学では、人間は経済的合理性のみに基づいて行動することを前提
にしていましたが、現実には人間の行動は経済的合理性では説明できないケー
スが多々あります。

 

 常に合理的な判断で行動を決定するという人はまれで、実際には多くの人が
気分や感情で動いています。そうした観点から、気分や感情で動いた結果の集
合体が経済であるという考え方が生まれ、人間心理の側面から経済を理解しよ
うとするのが「行動経済学」です。

 

 なぜ人は「合理的にものを考え、つじつまの合わないことをする」のかにつ
いて考え、それに一定の理由づけをするのが行動経済学です。

 

 たとえば、コツコツ稼いだお金とギャンブルなどで得たお金とでは、同じ金
額でありましても、いわゆる「あぶく銭」は浪費する傾向があるという「心の
会計」も行動経済学の代表的な概念です。

 

 また、自分の所有物となったモノに対しては、所有する前と比べてそのモノ
を高く評価する傾向が誰にでもあります。行動経済学ではこれを「保有効果」
と言い、銘柄に執着してなかなか手放せなくなってしまうのも保有効果の影響
とみることができ、保有する前の計画や予測と、所有した後での行動が違って
くるというケースです。

 

 また、「現状維持バイアス」と言って、現在の状況から変化するかしないか
の判断に関して、状況を分析して冷静に判断すべきであるのに、人は現状を維
持しようとする傾向があるということも行動経済学は指摘しています。

|

世界標準の日

 今日10月14日は、世界標準を策定した人たちに感謝する「世界標準の日」だそうです。

 

 日本には標準規格として日本工業標準調査会が定める「日本工業規格」があ
ります。一般的には「JIS」または「JIS規格」と呼ばれ、これがあるた
め例えば洋服の10号(サイズ)はどの日本メーカーのものでも同じサイズと
なっています。

 

 これがもし規格が統一されておらず、メーカー毎に違う規格であったなら、
消費者は混乱するばかりです。規格(標準)が統一されることで、そのモノや
事柄に対する判断も容易になり、利便性も向上するというわけです。

 

 ちなみに、JIS規格は、制定又は確認若しくは改正した日から少なくとも
5年を経過するまでに見直しを行うことが法律で定められており、時代の変化
に合わせた柔軟な対応が図られています。例えば同じ号数の洋服でありまして
も数十年前と現在とでは寸法が違います。

 

 国際的な標準である国際規格を策定する組織としては国際標準化機構(IS
O)があります。日本工業標準調査会など各国の代表的標準化機関が参加する
国際組織で、「ISO(アイエスオー、イソ)9000」シリーズや「ISO
14000」シリーズなど、数々の国際標準規格を策定しています。

 

 例えば「ISO14000」シリーズは環境関係の国際標準規格となってお
り、この認証の取得は環境に対する配慮が国際基準を満たしていることの証明
になります。

|

プライムデー

 ネット通販大手アマゾンによる年に一度の会員限定セール「プライムデー」
が午前0時から始まりました。

 

 オーストラリア、日本、中国、トルコ、欧州、米国、カナダ、ブラジルなど
世界19カ国で2日間にわたり行われる大規模セールで、当初7月に実施が予
定されていましたが、新型コロナの影響でこの時期まで延期されました。

 

 米年末商戦は、例年11月末の感謝祭翌日の「ブラックフライデー」から始
まりますが、今年はアマゾンのプライムデーの実施に合わせて米小売り最大手
のウォルマートなども大規模セールを開催していることから、10月13日が
実質的な米年末商戦のスタートとなりそうです。

 

 ちなみに昨年のアマゾン・プライムデーは、総販売額が約7600億円で、
同社の年末商戦初日のブラックフライデーや翌月曜日のネット販売が伸びるサ
イバーマンデーの販売実績を上回っています。

 

 11月の大統領選挙では新型コロナウイルス感染防止のため郵便で投票する
人が空前の規模になるとみられますが、同じ理由で今年の米年末商戦はネット
通販を利用する人が今まで以上に増えるとみられ、今回のプライムデーの売上
高に関しても前年比4割増の1兆円超が見込まれています。

|

城下町

 昔の城下町では、材木町、鍛治屋町、大工町などの町名が示しますように、

同業の職人は同じ地域に住んでいました。

 

 同じ業種が同じ地域に集まるというのは城下町に限らずで、合羽橋道具街の
ように同業が集積することによって客側も店側も非常に効率が良くなります。
それ以外にも同じ業種の企業が同じ地域に集まるといったケースは多々ありま
す。

 

 例えば、長野県に精密機器の工場が多いのは、製紙や製糸の工場跡や女工を
中心とした労働力が利用でき、京浜・中京地区に近いという立地を頼りに、世
界大戦中、航空機部品、光学機器、通信機、バルブ等の数百の工場が疎開して
きたことに端を発します。

 

 玩具のエポック社とバンダイ(現バンダイナムコグループ)の本社は台東区
駒形で近接しています。その昔、浅草を含むその地域はビニールやセルロイド
製のおもちゃ(キユーピーや怪獣の人形等)の生産が盛んで、おもちゃメーカ
ーがひしめきあっており、そういった企業の一つがエポックやバンダイでした。
 
 ピアノなどの楽器で世界的メーカーのヤマハと河合楽器の本社が、同じ浜松
市中区にあるのは、河合楽器の創業者・河合小市がもともとは山葉風琴製造所
(後のヤマハ)を創業した山葉寅楠(とらくす)の下で働いていた技術者だっ
たためです。

|

則天文字

 中国史上ただ一人の女帝、武則天(ぶそくてん・624~705)は、かなりワ
ガママな方で、今までの慣わしをどんどん変えてしまった方です。字も自分
の思うような字を作って、「この字は、どう読んで、何を意味するのじゃ」
と勝手に押し付けました。この武則天さんが作った漢字を「則天文字(そく
てんもじ)」と言うのですが、なんと、徳川光圀さんの「圀」の字も、武則
天さんが作った「国」を変形させた則天文字なのです。則天文字は、現代の
中国本土でも、ほとんど使用されていない字ばかりなのですが、「圀」の字
は、中国を超えて、日本で生き残った稀有な則天文字なのです。

|

気温と服装の目安

 肌寒い日が続いていますが、台風が過ぎた後は気温が上がり夏日となるとこ
ろもでてきそうです。

 

 寒暖差が大きいと体調管理も難しくなり、外出する人は着て行く服に迷うこ
とになりますが、参考までにその日の最高気温を基準にした「気温と服装の目
安」はおおよそ下記のようになっています。

 

 

   25度前後    半袖と長袖の分かれ目

 

   23度~20度  長袖
            薄手の上着と半袖の組み合わせ

 

   20度~15度  上着、セーターなど

 

   15度以下    冬服着用の目安

 

   10度以下    厚手の上着、コートなど

 

 

 もちろん個人差はありますが、最低気温が15度を下回るようになりますと
冬布団の出番だそうです。

|

日本の人口

 日本の総人口が前年比29万人減の1億2586万人と大幅に減少し、高齢
者人口は増え続けています(9月15日時点の人口推計:総務省調べ)。

 

 

 29万人と申しますとピンと来ませんが、福井県福井市の人口が26万人、
山梨県甲府市は18万人、兵庫県宝塚市は23万人、沖縄県那覇市が32万人
ですので、そうした市がなくなった計算となります。

 

 

 65歳以上の高齢者人口は前年比30万人増の3617万人と過去最多を更
新し、総人口に占める割合は28.7%。

 

 

 「団塊の世代」(1947~49年生まれ)を含む70歳以上の人口は78
万人増の2791万人。後期高齢者医療制度の対象となる75歳以上人口は2
4万人増の1871万人となっています。

|

赤い羽根共同募金

 松下幸之助の商売哲学に「商売は世の為、人の為の奉仕にして、利益はその
当然の報酬なり」、または「売る前のお世辞より売った後の奉仕、これこそ永
久の客を作る」というのがありますが、松下幸之助の経営哲学には「奉仕」と
いう概念が色濃く投影されています。

 

 欧米では奉仕の一形態に「ノブレス・オブリージュ」という考え方がありま
す。

 

 これは「富や名声を持つ者の社会的義務、自発的で無私の行い」という意味
の言葉で、ゲイツ夫妻が創設した世界最大の慈善基金団体に数兆円の私財を寄
付したウォーレン・バフェット氏のような例もあります。

 

 お金を出すことだけが「ノブレス・オブリージュ」ではなく、もちろん富や
名声がなくても、自分の経験や知識を他人に分け与えてもよく、地域のボラン
ティアに参加するのでも構いません。

 

 「与える」ことと「与えられる」ことは表裏一体。1日から始まった赤い羽
根共同募金などもその精神に則っています。

 

 ちなみに、赤い羽根共同募金は社会福祉法第113条によって定義された特
別な社会福祉事業で、民間団体の運営ではありますが実質的には民と官の共同
事業となっています。

 

 寄付をするともらえる1本あたり1.6円のあの赤い羽根は、三銃士やロビ
ンフッドのように、昔のイギリスでは勇気と正義のシンボルとして真の騎士道
精神を持った者だけが兜や帽子につけることを許されたそうです。

|

受賞者の言葉

◆江崎玲於奈(1973年 ノーベル物理学賞)

 

  「挑戦した結果が失敗であれば、そのことを踏まえて

 

   新しい方向へ頭を切り替えることができるという利点が発生します。

 

   私自身もたくさんの失敗を繰り返し、

 

   そこから学ぶ人生を送ってきました。」

 

 

  「従来の行きがかりに囚われすぎてはいけない。

 

   他人の影響を余り受けすぎてはいけない。

 

   無用なものは全て捨てなければならない。

 

   戦うことを避けてはいけない。

 

   何か絶対的なものを信じすぎてはいけない。」

 

 

 

◆アルベルト・アインシュタイン(1921年 ノーベル物理学賞)

 

  「人生における成功をA、仕事をX、遊びをY、

 

   口を閉じることをZすると、A=X+Y+Zが成立する。」

 

 

  「人生にはたった二つの生き方があるだけだ。

 

   一つは奇跡などないかのような生き方、

 

   もうひとつは、まるですべてが、奇跡であるかのような生き方だ。」

 

 

  「われわれが進もうとしている道が、

 

   正しいかどうかを、神は前もって教えてはくれない。」

 

 

 

◆湯川秀樹(1949年 ノーベル物理学賞)

 

  「取り返しのつかない大きな失敗をしたくないなら、

 

   早い段階での失敗を恐れてはならない。」

 

 

  「真実は、いつも少数派。」

 

 

 

 

|

トランプ劇場

 かつてこれだけ世界の世間の注目を集めたアメリカ大統領がいるでしょうか?もちろんJ.F.ケネディとかは、こんなもんじゃなかったのかも知れませんが、トランプの目立ち度は尋常ではありません。その言動に世界の報道は振り回され、そして世界のマーケットが振り回されています。

 今回の騒動で興味を惹いたことが二点ありました。ひとつはトランプが受けた治療の内容、もうひとつはトランプが新型コロナウィルスに感染したことに対する世間の反応です。

 治療内容は、やはりあけすけの国アメリカ。かなり詳細に公表されています。未承認の治療薬は、いずれにしても我々は手に入らないので参考にならないのですが、そのような特殊な薬の他に、亜鉛、ビタミンD、メラトニン、アスピリン、ガスターを服用したという情報は、今まで私が勝手に勉強して来た知識と概ね合致するので、とても参考になりました。要は自然免疫力を強め、血の凝固を防ぎ、受容体をブロックするということなのですが、引き続き自習を続けたいと思います。

 もうひとつは世間の反応。日本だと、病気で弱くなったりすると、急にその人に対して寛容に、優しくなったりしがちです。いわゆる判官びいきです。ところがアメリカのネット上での世論調査を見ていると、トランプの云うことを信じるか否かについては、相変わらず国が真っ二つに分かれるという状況なのですが、トランプが感染したこと自体については、ちゃんと予防してないから自業自得だよ、的な雰囲気が多勢を占めているのです。やはり自己責任の国アメリカなのかなぁと、そんなところにお国柄を感じました。

 いずれにしろ、どうやらトランプは早々に復帰するようです。なんだったんだこの数日の騒動は。トランプ劇場は、まだまだこれからが山場なのでしょう。

|

ノーベルウィーク

 今週はノーベル賞の各賞の発表されるノーベルウィーク。2015年に医学
生理学賞を受賞した北里大学特別栄誉教授の大村智氏の言葉が非常に印象に残
っていますのでご紹介させていただきます。

 

「やっぱり、やったことはだいたいみんな失敗する。思ったことよりもはるか
 に難しかったり、うまくいかなかったり。しかし、そのうちの5回か6回か
 7回するうちの1回とかびっくりするくらいうまくいく時がある。

 

 その味を味わっちゃうと後は何回失敗してもこわくない。それが研究の楽し
 さですね。1回失敗してそれでもってもうだめだと思ったらだめですね。こ
 れが必ず役に立つんだと思いながら研究を続けることが大事だと思います」

 

 

「いろいろやりたいことはあると思うんですけども、なんて言うかな、これは
 絶対無理とか、これやると失敗するというのではなくて、失敗してもいいか
 らやってみようという気持ちを絶えず起こさせなきゃならない。

 

 成功した人は、あまり失敗を言わないんですよ。だけど、人よりか倍も3倍
 も失敗していると思いますよ、へましているはず。そういうことから成功の
 あれが出てくる。だから1、2回失敗したからといって、どうってことない
 よと言いたい。失敗を繰り返して、やりたいことをやりなさいということを
 言いたい。」

 

 ノーベル賞受賞者が口にするのは異口同音、「諦めないこと、できると信じ
ることが大事で、諦めなければ到達できる」ということです。

 

 

 ちなみに、今回の各賞の発表日時(日本時間)は下記のようになっています。

 

   5日(月) 18:30以降 医学生理学賞
   6日(火) 18:45以降 物理学賞
   7日(水) 18:45以降 化学賞
   8日(木) 20:00以降 文学賞
   9日(金) 18:00以降 平和賞
  12日(月) 18:45以降 経済学賞 

 

 

 

|

トランプ米大統領

 新型コロナウイルスに感染したトランプ米大統領。世界的なコロナ禍にあっ
てその治療法が気になりますが、コロナ治療で効果があるとされる抗ウイルス
薬「レムデシビル」の投与を始めたそうです。

 

 

 レムデシビルは米製薬大手ギリアド・サイエンシズがエボラ出血熱の治療薬
として開発したもので、コロナ患者に投与したところ、回復を促したり死亡率
を下げたりする効果が7月に確認されています。

 

 

 米食品医薬品局(FDA)は重症患者に限ってレムデシビルの投与を認めて
いましたが、これとは別にトランプ大統領は臨床試験中のコロナの抗体医薬品
も服用しているそうです。

 

 

 

|

 「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」と正岡子規の俳句にありますが、その秋の
味覚「柿」が出回り始めています。

 

 

 柿にはビタミンC、カロチン、食物繊維、カリウム、タンニンなどが豊富に
含まれています。ビタミンCといえば、酸っぱいイメージがありますが、柿に
含まれているビタミンCはレモンやイチゴに負けていません。

 

 

 その他にも、ビタミンK、B1、B2、カロチン、タンニン(渋味の原因)、
ミネラルなどを多く含んでいるため、『柿が赤くなれば、医者が青くなる』と
いう言葉があるほど、柿の栄養価は高いのです。

 

 

 また、「二日酔いには柿」と言われる訳は、ビタミンCとタンニンが血液中
のアルコール分を外へ排出してくれるからで、豊富なカリウムの利尿作用のお
かげとも言われています。

 

 

 良い柿の選び方は、「ヘタ隙き」でなく、しっかりとヘタが実に張り付いて
いるもの、これが良いそうです。柿に4つの溝がありますが、その溝にそって
切れば、種を切ることはないそうです。

|

ノーベル賞

 今年は10月5日からノーベル賞各賞の受賞者が発表となります。

 

 18年は、体内の異物に抵抗する免疫ブレーキ役のたんぱく質を発見した京
都大学名誉教授の本庶佑(ほんじょ たすく)氏が医学生理学賞を、19年は
リチウムイオン二次電池を開発した旭化成名誉フェローの吉野彰氏が化学賞を
受賞しましたが、今年も日本人の受賞が期待されています。

 

 米学術情報サービス会社のクラリベイト・アナリティクスは、今年受賞が有
力視される研究者として世界6カ国の24人の名をあげており、日本人の化学
賞有力候補として分子どうしが自然に結びつく「自己組織化」の研究で業績を
上げた東京大学大学院卓越教授の藤田誠氏、医学生理学賞にはがんの個別化医
療の先駆的な研究をしたがん研究会がんプレシジョン医療研究センター所長で
東京大学名誉教授の中村祐輔氏が選ばれています。

 

 その他、タンパク質の品質を管理する「小胞体ストレス応答」という現象の
仕組みを解明した京都大学教授の森和俊氏、気体を貯蔵できる多孔性金属錯体
と呼ばれる新材料を開発した京都大学特別教授のの北川進氏なども引き続き有
力候補で、村上春樹氏には「今年こそ」の期待がかかります。

 

 

|

陽性反応

 トランプ大統領とメラニア夫人に、新型コロナウイルスの陽性反応が出たとのこと。二人とも頑丈そうなので、大事には至らないと思うのですが、一定の隔離は余儀なくされるでしょうから、終盤を迎えている米大統領選は、更に混迷を深めそうです。先日の討論会の往き来の際に移った可能性が高いようで、バイデン候補もどうなることやら。

 このニュースを受けて、米株の先物はガクンと売られました。それにつられて日本株もドルも売られました。このつぶやきの原稿を書いている夕方の時点では、まだ売られたところから戻って来てません。一国のリーダーが亡くなられたりした時にマーケットがどう反応するか?私はそういう場面を何度も見てきましたが、案外マーケットは非情もしくは皮肉で、株式市場は上がることの方が多いものです。亡くなった訳ではなく、突然の辞任でもやはり、マーケットは反応します。先日の安倍首相の辞任表明時は、日本株はガクンと売られ、しかしすぐに戻って来ました。今回はどうなるでしょう?

 マーケットは社会の鏡です。トランプが勝った方がマーケットにはいいと、やはり参加者の多くは思っているのでしょうか。米大統領選はただでさえ最高に AMUZING(面白い、愉快)ですが、これで更に訳が分からなくなって来ました。討論会は行われるのか?トランプはこの難局にどのような奇手を打ってくるのか?本当に文字通り目が離せませんね!

|

東証全面終日停止

 丸一日東証が全面的に止まってしまったのは初めてです。報道によると史上初とのこと。色々なことが起こるものです、世の中は。

 一極集中型のシステムは、効率的ではありますが、リスクも高いです。ここでいうシステムとは、ITシステムという意味に留まらず、広い意味での仕組みを指して使っています。

 このつぶやきは東証による記者会見の前に書いているので、何か重要な要素を私は気が付いてないかも知れませんが、今回のことは、中央集中から分散へのシステム変換、モデル変換を示唆しているのかも知れません。それは東証のシステムに限ったことではありません。

コロナの時代における最大のテーマは、この部分のような気がしてきています。

|

中秋の名月

 きょうは旧暦八月十五日で、今宵の月は十五夜、いわゆる「中秋の名月」で
す。ちなみに、昔は七月を「初秋」、八月を「仲秋」、九月を「晩秋」と言い、
八月十五日は仲秋の真ん中だから「中秋」なのだそうです。

 

 中秋の月を愛でる風習は大陸から伝わったもので、中国ではこの日を「中秋
節」と言って祝い、春節(旧正月)や端午節(五月五日)などと並ぶ伝統的な
祭日となっています。

 

 また、きょうは中国の建国記念日(国慶節)で、中国では中秋節と合わせて
8連休となります。

 

 行楽に適したこの時期、中国では「民族大移動」と形容されるほど大勢の人
が旅行に出かけるのが恒例となっており、昨年は国慶節の連休を利用して延べ
7億8200万人が中国国内を旅行し、700万人超が中国国外に渡航しまし
た。

 

 今年は新型コロナの影響で海外旅行はできませんが、中国国内では6億人が
旅行すると見込まれています。前年よりは減少しているものの、外出制限の反
動で旅行需要は急回復していると伝わっています。

 

 ちなみに、国慶節を含む昨年10月の中国からの訪日客数は73万人でした。
今年は訪日需要は全く見込めませんが、「Go To トラベル」が観光業を支
援することになります。

 

 中国側としても日本に旅行に行けなくて残念に思っている人が大勢いるかと
思いますが、そんな需要をあてにしてかどうか、広東省のショッピングセンタ
ーの一角に、突如として日本街が出現したことが話題になっています。

 

 中国では以前もパリの街並みが再現されたことがありましたが、今回は日本
の歓楽街の雰囲気をかなり忠実に再現しており、日本に行った気分になれると
して若者を中心に人気になっているそうです。

 

 

 

|

国慶節

 今から56年前の1964年(昭和39年)の本日には、時速200キロと
いう当時の世界最高速の東海道新幹線が開業となりました。そして、その9日
後の10月10日、第18回東京オリンピックが開幕しました。

 

 

 お隣の中国は本日10月1日に『国慶節』(建国記念日)を迎え、今年は建
国71年となります。1949年10月1日に故毛沢東主席が天安門で建国宣
言、中華人民共和国が正式に建国されたことにちなんでいます。毎年、首都北
京では大規模な軍事パレードがおこなわれます。

 

 

 その中国ではおよそ1週間の大型連休に入り、期間中は道路・鉄道・空路・
水路を利用する旅行者数は6~8億人に上ると言われています。

|

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »