« 紅葉前線 | トップページ | 国語に関する世論調査 »

IMFと世銀

 毎年秋恒例の国際通貨基金(IMF)と世界銀行の合同年次総会が、12日
から18日までの日程でオンライン形式で開催されました。

 

 ちなみに、IMFと世銀はどちらも1944年に設立が決定された国際機関
で、IMFは国際収支上の問題が発生した加盟国に資金を融資して支援するな
ど、国際通貨体制の安定と維持・通貨危機の予防などを目的としており、各国
中央銀行の取りまとめ役のような役割も担っています。

 

 一方、世銀は発展途上国への開発援助と技術支援を主としています。IMF
と世銀は国連システムの中の姉妹機関で、業務は相互補完の関係にあり、共に
国際金融秩序の根幹を成しています。

 

 尚、当初は、先に設立された国際復興開発銀行(IBRD)を指して世界銀
行と呼んでいましたが、現在は国際開発協会(IDA)とあわせて世界銀行と
呼んでいます。

 

 IBRDとIDAに、国際金融公社(IFC)、多国間投資保証機関(MI
GA)、国際投資紛争解決センター(ICSID)の5機関を総称して世界銀
行グループと呼び、すべて世銀総裁の指揮・統括下にあります。

 

 また、IMFのトップには欧州出身者、世界銀行の総裁には米国人が就任す
るというのが慣例となっています。

 

 

 

|

« 紅葉前線 | トップページ | 国語に関する世論調査 »

つぶやき」カテゴリの記事